東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

つつじヶ丘・厳島神社の池と小川

調布市西つつじヶ丘。深大寺方面から続く国分寺崖線の下に、厳島神社がある。
かつて金子村(つつじヶ丘駅から柴崎駅にかけての地域)の鎮守社だったという。



c0163001_2352934.jpg



厳島神社の祭神「市寸島比売命(イチキシマヒメ)」は弁才天と習合している。
そして、弁才天といえば、池の中島に祀られた弁天様がよく見られるように、水と縁深い。
ここの厳島神社も、もともとは古代人が湧水のそばに祀った社がルーツといわれており、
境内には小さな池がある。ただ残念なことに、湧水は今は枯れており、池も干上がっている。
神社の敷地は崖線にやや食い込んだ窪地となっており、かつては豊富な湧水があったことを
うかがわせる。



c0163001_23522629.jpg



池からは、かつては小川が流れ出していた。現在もその水路の痕跡が残っている。
参道沿いにしばらく暗渠が続いた後、南に向かって小さなコンクリート蓋の水路が、
住宅地の隙間に向かって分かれて行く。
南側の道路に回りこんでみてみると、水路は開渠になっていたのだが、水の気配は
全くなく、そして、草むらに飛び出したマンホールに直結されていた。この即物的な
かたちは結構衝撃的だ。



c0163001_23524483.jpg



かつてはここの道路沿いに、深大寺用水西堀が流れており、ここで厳島神社からの流れが
合流していた。というか、ここから下流の区間はもともと厳島神社の池からの小川だった
ものを用水路に転用したのだろう。



深大寺用水(〜梶野分水〜砂川分水)と、それに関連する入間川や仙川分水(四か村組合用水)
については、だいたい謎が解けてきたのでおってぼちぼち紹介していこうと思う。
[PR]
Commented by imakenpress at 2009-11-15 10:55 x
tokyoriverさん こんにちは。imakenpressです。深大寺用水は、流域に生まれ育った私としては、子どもの頃から非常になじみ深い水路です。
国分寺崖線、入間川谷、仙川谷などが入り組んだ地形上に敷いた複数の用水路の関係が非常に面白い場所だと思います。
多段水路や隧道など全貌がまだよく判らない部分が多く私も資料をあさっているところです。
また、歴史的にも深大寺用水以前の江戸期に開削されていた崖線下地区の水路も非常に興味があります。
tokyoriverさんの今後の調査、楽しみにしています!!
Commented by tokyoriver at 2009-11-15 23:04
imakenpressさん。
こんばんは。コメントありがとうございます。深大寺用水以前の水路については、やはり仙川分水(入間川養水/四か村組合用水)の解明が鍵になるかと思っています。ぼちぼち紹介していく予定ですのでよろしくお願いします。
by tokyoriver | 2009-08-19 23:56 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(2)