東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

松庵川(5)下流域その2

環八方向からの支流の合流地点より下流は、蛇行して松渓中学校の北側を回りこんでいる。このあたりは水路の跡や暗渠が複雑に入り組んでいるが、暗渠の残存の様子の違いなどを見ると、以下のような流路の変遷の過程があったのではないかと想像される。


c0163001_23142630.jpg


1)もともとは地図A地点からの支流がE、D、を経てB地点で松庵川に合流。松庵川は東へ流れていた。

2)C地点より下流の松庵川が埋め立てられ、水を善福寺川に流すためにCからDへの水路と、EからFへの水路がつくられた。

3)DからEの区間は、水路に手を加え、水が流れる方向が逆になった。DからBの区間は埋め立てられた。

4)結果、松庵川はCからもともとの水路より西にそれ、A地点からの支流をEであわせてFで善福寺川に注ぐようになった。

DからEの区間に、橋の痕跡が残っていた。


c0163001_23144283.jpg


EからFへの水路。なお、A地点は、住宅街の真ん中の道路端でコンクリート蓋暗渠が唐突に終っており、そこから上流部の痕跡は全くない。


c0163001_23145553.jpg


Fの合流地点。善福寺川の護岸に丸い穴があいている。大雨時に水量が多くなることもあったのか、穴の直下の川底が水でえぐられないようにコンクリートで固められている。


c0163001_23151150.jpg



本来の松庵川流路は、松渓中学校の北側に回りこんだあと、善福寺川の松渓橋のすぐそばまで来るが、ここでは合流せずに、現在老人ホームが建っているところを抜けて善福寺川の蛇行にそって、その右岸を蛇行し南下していた。
この区間はもともとは善福寺川のあげ堀(灌漑用の、並行分水路)だったのかもしれない。水路は普通の道路となってしまっており、道の曲がり具合以外に川の痕跡はないが、下水道台帳を見るとしっかり「水路敷」扱いとなっている。

そして、最後の最後、道路から左に分かれるコンクリート蓋の暗渠が現れる。金太郎の車止めつきだ。


c0163001_23152376.jpg


暗渠は善福寺緑地入口にかかる神通橋の手前で善福寺川に合流している。護岸には穴があいているが、水はまったく枯れ果てている。


c0163001_23154134.jpg


松庵川は、大正後期に開削されたが、昭和初期には周囲の急速な宅地化ですでに下水化していたという。そして、戦後には氾濫対策として、中流域(川が神明通りからいったん離れて南に向かっている地点)から北に向かう暗渠をつくって、直接善福寺川に水が流れるようにしたという(合流地点直前の暗渠は現在でも水路敷扱いとなっている)。その時点で上流部と下流部は分離されたのだろう。その後下水道の整備で不要となった川は、蓋をされ、あるいは埋め立てられて姿を消した。
(下流部が比較的痕跡をとどめているのは、前にも記したようにもともと柳窪から流れていた小流があったからではないかと思われる。)
そのような意味では、松庵川が全区間つながってひとつの川として存在していたのは、ほんの数十年の期間だったといえる。
[PR]
Commented by lotus62 at 2009-09-15 09:05 x
・・・すごく面白いです!
私も早くこんな分析ができるようになりたし!
いつにも増して内容の濃い記事でした。写真の説得力もあるし・・・一冊の本を読んだみたいです。
Commented by tokyoriver at 2009-09-15 22:17
ありがとうございます。ちょっと褒めすぎでは(笑)?史料が少ないだけに、パズルを解くような楽しみのある川でした。正解が出ているのかどうかはわかりませんが。
Commented by タクロウ at 2009-10-08 21:38 x
僕は自転車で荻窪の善福寺川へサイクリングに何度も行ったことがある。暗渠となった松庵川の蓋の上を自転車で通ったからだ。荻窪の松庵川に蓋をされたのは汚水を流したり、ゴミを捨てたりしたのが原因で住宅地に住んでる方が迷惑したんだ。神田川と善福寺川の支流は暗渠化されてるから残念ながら流路を見ることが出来ない。
Commented by tokyoriver at 2009-10-08 22:41
松庵川の場合はもともと「大下水」としてつくられていたこともあり、他の川に較べると暗渠化の過程はやや異なっていたようにも思えます。
そして、「住宅地に住んでる方が迷惑」なのではなく、その住宅地に住んでいる人自身が汚水を流していたのだということはお忘れなく。
by tokyoriver | 2009-09-14 23:28 | 善福寺川とその支流 | Comments(4)