東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

大井・鹿島谷の湧水と川跡(2)滝王子稲荷の池からの流れ

大井・鹿島谷を流れる谷のもうひとつの水源は、滝王子稲荷神社(品川区大井5-12)だ。神社には小さな拝殿があり、その右手に小さな丘とタブノキがある。タブノキは推定樹齢300年という。

c0163001_23575018.jpg


タブの木の下に柵に囲まれた池がある。ここがかつての川の水源だ。池は谷頭に位置するが、きわめて浅い谷で、滝王子という名もそこに滝があったわけではなく、周囲の旧地名「大井滝王子町」に拠る。かつては湧水が豊富に湧き水は澄んでいたそうだが、今は濁っている。中には巨大化した赤い金魚が泳いでいる。三方は道路とコンクリートに囲まれているが、稲荷社のあるほうだけは石組みになっている様子。かつてはこちら側から水が湧いていたのだろうか。
c0163001_23594579.jpg


川は滝王子通りを越えて南東に流れ出していた。水神池の方と同様に、すぐ北を通る品川用水から水を引いていたようだ。暗渠らしい曲がりくねった道が2本平行して続いている。西側の暗渠は曲がりくねっているだけでなく、あちこち出っ張ったり引っ込んだりしている。

c0163001_00264.jpg


暗渠はいったん池上通りにぶつかり、姿を消す。通りの向かいには鹿島神社があり、境内には品川用水の記念碑が建てられている。「品川用水大井町内堀普通水利組合」が、1932年、周囲の市街地化に伴う用水の廃止時に記念として建てた碑。碑によれば、「内堀」とは品川用水から各村の田畑への分水を指し、本流は大堀、外堀と呼ばれていたという。神社のやや北の丘の上に、品川用水の末端が流れてきていた。

少し南下すると再び暗渠が始まる。ここから先の区間は水路敷扱いで、暗渠らしい道が続く。
c0163001_001542.jpg

鹿島庚塚児童遊園で水神池からの流れと合流する。写真左端から水神池の流れ。滝王子からの流れは一見正面の車止めのところから来るようにみえるが、実際には正面の家の裏手を回りこんで、右手の方から合流するかたちとなっている。植え込みになって柵に囲まれているところが流路だ。
c0163001_21123792.jpg

合流後はかなり立派な遊歩道になっている。
c0163001_21131462.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-11-12 23:04 | 呑川水系と荏原台の水 | Comments(0)