東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

「道角橋」と「田端橋」–失われた川に架かっていた2つの石橋の運命

善福寺川が大きくその流路を曲げている杉並区成田西3丁目、流路の内側に囲まれた舌状台地の先端に、尾崎熊野神社が祀られている。参道に立つ解説板によれば、かつての成宗村字尾崎の鎮守社であり、鎌倉時代末期に熊野権現を勧請して建立されたという。「尾崎」とは小さな﨑に由来する地名で、土地の形状そのものを現している。他のこういった舌状台地と同様、神社が創建される以前から聖なる地だったのだろう。縄文時代の住居跡が発掘されているのもまた他の舌状台地と同様だ。

その参道の脇に、古い石橋の欄干がぽつんと据え置かれている。長さは3m弱くらいであろうか。
c0163001_18423691.jpg

欄干に刻まれたその名は「道角橋」。神社は台地の上にあるから、ここを川が流れていた訳ではない。「道角橋」はもともと、神社の300mほど南をを通る旧五日市街道が、善福寺川の「あげ堀」を渡る地点に架かっていた橋だ。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。青い線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_2005780.jpg

善福寺川は川沿いの水田の灌漑用に、両岸に「あげ堀」と呼ばれる、川に並行した導水用の水路がつくられていた。橋はそのうち右岸側のあげ堀に架かっていた。現在善福寺川に架かる尾崎橋の西側のあたりになる。欄干はあげ堀が埋め立てられた際に行方不明になっていたが、後年善福寺緑地の一角に放置されているのが発見され、神社の境内に保存されたという。
c0163001_18424524.jpg

欄干の真ん中に橋の名前が彫り込まれているのが特徴的だ。
c0163001_18425055.jpg

+ + + + + + + +
この意匠を見て思い出さずにはいられない、とある橋がある。
c0163001_1843994.jpg

どうだろう。やや質素ではあるものの、似ていないだろうか。
こちらは田端橋。渋谷川の支流宇田川のさらに支流である、宇田川初台支流(初台川)の最上流部、川跡上の路面に埋め込まれている橋だ。
橋の上流側から、川跡の路地を望む。この橋の遺構、初めて見たときは、橋の遺構であることは一目瞭然だったが、橋のどのパーツなのか、今ひとつ判らなかった。通常であれば、橋の名前は親柱に縦書きで記されるからである。こうして改めて遺構の全体像を見てみると、右上と左上の角にはRがつけられていて、ちょうど先の道角橋を一回り小さくした形であり、これで欄干片側まるまる全部であろうことがわかる。もしかすると道角橋と同じ職人/業者の手によるものなのかもしれない。
c0163001_18431978.jpg

欄干の長さは2mもないだろう。そうすると、橋の下にあった流れはかなり細く、そしてそんな細い流れにも関わらず、名前を記した立派な石橋が架かっていたことになる。道角橋は街道に架かる橋なのでそれなりに立派なのはわかるが、この場所を横切る道はおそらく昭和に入ってからのもので、通行量もそれほどあったとは思えない。そんな時期にこの規模の橋であればコンクリートで造りそうなものだが、なぜ石橋なのだろう。
一説によると、「田端橋」が実際にここに架かっていたのか、実はよくわからないのだという。初台川に架かっていた橋に関する文献や記録には、この場所をふくめ「田端橋」の名前はないというのだ。ではこの欄干は、単なる廃材としてどこか他の川に架かっていたものを持って来たものなのだろうか。

現在の初台川暗渠のルートは、昭和初期の農地整理に伴って幾筋にも分かれていた流路を整理したときの流路だ。それらの流路の中のひとつに田端橋が架かっていた可能性もあるが、とある古地図を見ると、この場所から北東に600mほど離れた場所に「田端橋」という名の小橋が記されている。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。ブルーとピンクの線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_1948695.jpg

その橋は、現東京オペラシティ北側にあった「出羽様の池」から流れ出た小川が、「旗洗池」からの流れをあわせて神田川笹塚支流(和泉川)に注ぐ直前に架かっていた。初台川の田端橋とは距離はやや離れているものの、同じ旧幡ヶ谷村に属している。欄干がもし何処かから持ち込まれたものだとするならば、もしかするとこれなのかもしれない・・・。橋が架かっていた(かもしれない)場所に、別の場所から橋を運んでくるなど、まず考えられない話であるとは思うが、謎めいた欄干の存在はそんな空想を呼び起こす。

上の写真は6年ほど前のもので、現在は下の写真のように「田端橋」の字はだいぶすり減り、読みとるのも困難な状態となってる。何年か経てば刻字は消え去って、この路上の敷石がかつて橋だったことを知る人もいなくなり、道路整備などの機会に撤去されてしまうのだろう。行方不明になったものの無事見つかり、大事に保存されている道角橋とはずいぶんと扱いが違う。相似形をした2つの橋の運命は、明暗を分けているように思える。
c0163001_18432676.jpg

橋の埋まる斜面を下った左手、大谷石の擁壁の下の溝には、こんこんと湧き出す水が流れている。田端橋が歴史の中に消え去っていっても、この湧水は枯れることなく残り続けるだろうか。
c0163001_18433626.jpg

[PR]
Commented by lotus62 at 2011-02-13 09:46 x
田端橋、いちばん上だったんですね;;;下かと思ってましたw
いずれにしろもういちどちゃんと見に行かなくちゃ。
それと、「もうひとつの」ほうも。
コネタだなんてとんでもない、すごく面白い記事でした。
道角橋の遺構も、なんだか眠っているような佇まいですね。
少なくともふんづけられてるよりいいかw
とも思いますが、なんか役目を終えても暮らしに溶け込んでいる田端橋に愛着を感じます。
Commented by nama at 2011-02-14 11:23 x
とても興味深い記事でした。
善福寺川のことが頭に残りながら読んでいたので、田端橋から(善福寺川の)西田端橋を思い出しました。昔じつは善福寺川に田端橋という橋もかけようとしていて、杉並の職人さんがこれをつくり、計画がとん挫して「えーい、もう要らんわ!」って捨ててあったのを持ってきて・・・という、かなり無理のある妄想をしましたw すみません、スルーしてくださいw
Commented by tokyoriver at 2011-02-15 00:00
lotus62さん。
もうひとつの田端橋は、もうまったく川跡すら痕跡がありませんが、出羽様の池からの川跡自体はなかなかいいですよ。
Commented by tokyoriver at 2011-02-15 00:01
namaさん。
そうそう、尾崎熊野神社のすぐそばが田端でしたよね。妄想は自由ですからw。そんなエピソードがあったら面白いですよね。
Commented by 庵魚堂 at 2011-02-16 17:32 x
こんにちは。
田端橋の欄干については私のサイトでも、
> この文字も、最近ではだいぶうすれてきました。
> 写真を撮った当時はまだくっきりしていたのですが。
と書いてしまっています。
少し前に気づいたことですが、どうも単に磨り減ったとは思えないふしがあります。古い写真でも文字が薄くてほとんど読めないものがあるのです。
どう撮っても文字が見えないので、「水でも流し込んだろか」と思ったこともありました。
天候や時間帯によって見え方が変わるのだろうと思います。
この場所を通る人の量を考えると、数年で字が薄くなるとは言い難いですしね。

欄干保存の類型とでもいいますか、こんなのもどうぞ。
北野天神社(大田区)境内に保存されている、六郷用水(南堀)に架かっていたと思しき橋の欄干です。
http://tanken.life.coocan.jp/weblog2/?p=326
Commented by tokyoriver at 2011-02-17 22:40
庵魚堂さん。
湿気を吸うと文字が浮かび上がったりするんでしょうかね。ご紹介の記事、拝見しました。踏み石扱いとはあんまりですねえ。ちゃんと橋と書いてあるのに。
by tokyoriver | 2011-02-11 20:02 | 善福寺川とその支流 | Comments(6)