東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

みちくさ学会記事「元麻布・麻布十番に潜む川跡と湧水をたどる」

「みちくさ学会」に記事を書きました。3月はお休みさせていただきましたので、2ヶ月ぶりの記事となります。

内容については、以前にこちらで掲載した3つの記事

・六本木、麻布十番、元麻布の川跡(1)がま池からの流れ
・六本木、麻布十番、元麻布の川跡(2)旧麻布宮村町の湧水の流れ
・六本木、麻布十番、元麻布の川跡(3)六本木ヒルズ~麻布十番の流れ

の、ダイジェスト版ですが、写真は大部分が最近撮り直したものです。
段彩図を見てみると、見事な谷筋が判るかとおもいます。
(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_23404418.jpg


あちらにはちょっと載せるのをやめた写真を2枚ほど。

まずはがま池を、例の場所から。特に様子に変化はないようです。ブラタモリではガマ池を庭としているあのマンションの一室からの映像が出ていました。マンションの脇にたつほとんど消えかかった説明板には、見学できるので管理室に申し出て下さいとの旨が書かれていますが、実際には長らく見学の許可がでない状態が続いています。いつの日か、普通に見学できるようになるのでしょうか。
c0163001_23405211.jpg

そして、旧麻布宮村町の湧水の流れる小川。
某公有地から。郊外のどこかの、のどかな風景のように見えます。?ここは(ここも)自己責任で・・・
c0163001_23405934.jpg


また、5月7日(土)の夜にお台場の東京カルチャーカルチャーにて開催される『みちくさ学会の発表会』にて、短い時間ではありますが、発表をすることとなりましたので、一応お知らせします。詳細はリンク先をご参照下さい。

『みちくさ学会の発表会』

では皆様良い連休を。
[PR]
Commented by 庵魚堂 at 2011-04-28 18:58 x
おひさしぶりです。
宮村の湧水の流れの途中にある「小さな欄干」ですが、あれ欄干ではないようです。
もともと坂道に沿って作られていたガードレール(にしては古風ですが)が撤去され、あそこだけ残ったもののようです。
坂を下っていくと、同じものがもう一か所残っています。
Commented by tokyoriver at 2011-04-29 08:36
庵魚堂さん
おひさしぶりです。そうなんですよね!私も今回再訪して初めて気がつきました。記事では便宜上、欄干にしておきましたが、なんかガードレールみたいですね。湧水の流れの北の方にあるのもそうなんでしょうね。
Commented by igu-kun at 2011-05-10 22:15
こんばんは。
がま池は私も是非見学してみたいと思っています。
2枚目の小川の風景は初めて見ましたが貴重ですね。
濃い緑が何とも心地よいです。
Commented by tokyoriver at 2011-05-11 23:44
igu-kunさん。
こんばんは。この小川、ほんとに奇跡のように残っています。すぐ近くには小川の水を引き込むよう設計されたビオトープもあるのですが、今では上手く水が入ってきていないのが残念です。
by tokyoriver | 2011-04-28 11:00 | お知らせ | Comments(4)