東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

釣堀となった溜池から流れ出していた小川ーエンガ堀向原支流(上流部)を辿る

練馬区と板橋区の区境付近を流れていた石神井川の支流「エンガ堀」。流路は1960年代末から70年代初頭にかけて暗渠化されているが、いくつもの支流をもち、特徴的な名前や地形も相待って多くの暗渠者たちが訪れている。今回はそれらの中で、板橋区向原と大谷口の境界に流れを発していた支流の暗渠の上流部を辿ってみることにする。
c0163001_22501426.jpg
先立って、エンガ堀の全体像を段彩図で見てみよう(google earth経由「東京地形地図」に流路をプロットしたものをキャプチャ)。エンガ堀やその支流は、台地を鹿の角のように枝分かれして刻んだ谷を流れていた。そして台地の上にはエンガ堀の谷を迂回するように、千川上水が流れていた。黄色い矢印で示したところが今回辿る支流の谷筋だ。この支流には特に名前はつけられていなかったというが、流域の地名から仮に「向原支流」とでもしておこう。
c0163001_22502662.jpg
地下鉄有楽町線千川駅から北に数分。千川通りから裏手に入ると、急に細長い窪地が現れる。底にはマンションが立っている。
c0163001_22503371.jpg
窪地の片隅の崖下には、怪しい石碑と石造物があった。
c0163001_22503961.jpg
近寄って見てみると、それは「鯉供養の碑」だった。右奥の石積み上げたところにはかつて水が流れていたかのような赤茶色の痕跡があるが、何だろうか。
この窪地が上の地図で示した谷戸の谷頭で、かつて「田頭(でんがしら)」と呼ばれていた。そこには湧水を蓄えた溜池があり、谷の下流部の水田の水源となっていたという
古い地形図を見ると、溜池があったのは大谷口2−35付近。資料によれば上板橋に3箇所あった溜池のうちの2つで面積390坪ほどだったというが、地形図には1つしか描かれていない。
c0163001_22504475.jpg
写真は石碑のあった地点からすこし谷を下った地点で、谷頭の方向を振り返ったところ。写真奥の、青いマンションのところがちょうど地形図に描かれた溜池があった場所だ。そして、そこから流れ出していた川跡が、暗渠となって残っている。

一帯の地名は暗渠を境に「大谷口」と「向原」に分かれる。向原では、干ばつの年には雨乞いが行われ、榛名神社の水を運びこの溜池に入れたという。榛名神社への講は他の地域でも聞いたことがあるが、100km以上離れた土地の山への信仰は何やら不思議な感じだ。谷頭から台地上に上がった千川通り沿いには、今でも雨乞地蔵が残されているという。google mapのストリートビューでもその姿が確認できるのだが、最近この地にマンションが建っており、現在も健在なのかは不明だ。

溜池は昭和初期には釣り堀になり、戦後もしばらく営業していたようで、「大谷口の釣堀」として親しまれていたという。信仰では向原なのに、通称が大谷口となったのはなぜなのか気になるところだ。
先の「鯉供養の碑」の裏面には昭和12年と刻まれておいたから、釣堀と何らかの関係があったのだろうか。水源となっていた湧水は近くを通る千川上水の暗渠化と同時期に涸れたといい、そのことから湧水は千川上水の漏水を受けていたと推測されている。

c0163001_23162347.jpg
(goo地図1948年航空写真より)
goo地図で1940年代末の航空写真を見ると、地形図に描かれた溜池と同じ場所に、中島のある池が確かに確認できる。池の中島には弁財天が祀られるのが普通だが、ここには不動尊が祀られていて、現在は八雲神社に移設されているという。
そして、先の鯉供養の碑がある辺りにもプールのような長方形の池や、それに隣接する台形の池の姿が認められる。昭和初期の地形図にも、昭和30年代の地図にも描かれていないこれらの池は、釣堀のために開削されたものだったのだろうか。1960年代初頭の航空写真ではこれらの池は消滅しており、中島のある溜池だけが写っている。溜池が埋め立てられたのはいつ頃なのだろうか。
c0163001_22504957.jpg
現地では気がつかなかったのだが、知人より、電信柱に名残の標識があると聞いた。上の写真右端の電柱の標識を拡大してみると確かに「釣堀支線」の字が読める。かつてここに釣堀があったことを示す確固たる痕跡だ。
c0163001_22505352.jpg
溜池のあった場所から、流れ出していた小川の暗渠を眺めてみる。右岸側には台地の斜面が迫っており、谷底となる左岸側もあまり開けてはいない。かなり狭い谷戸だ。
c0163001_22505920.jpg
暗渠を進んでいくと擁壁に突き出す排水管や鉄梯子が見られる。たまたま保管してあったのだろうが、ボートの置いてある家もあった。
c0163001_2251468.jpg
しばらく先の右岸側では、切り立った擁壁ではなく、斜面になった緑地としてかつて川が流れていたころの風景の名残をとどめていた。この斜面から丘の上にかけての一帯は「よし山」と呼ばれていたようだ。
c0163001_2251985.jpg
かなりしっかり「歩道」として整備された暗渠なのだが、それでも暗渠沿いの家から洗濯物がはみ出し、半私有地化している。
c0163001_22511467.jpg
暗渠を横切る道。谷戸というよりV字谷に近い。こんな谷筋にも細々と水田が開かれ、昭和30年頃まで残っていたというから驚きだ。
c0163001_22512099.jpg
暗渠は向原中学校に突き当たって一旦消滅する。
c0163001_22512654.jpg
向原中学校は、後者が丘陵の上、校庭が谷戸の谷底となっている。一帯はエンガ堀沿いに逆Yの字に分かれ広がっていた「向原たんぼ」の、東南端にあたり、「いずみ田」とも呼ばれていた。川は1970年頃までには暗渠化され校庭の下に消えたが、1979年、校庭の隅にいきなり水が湧き出し、調査の結果自然の湧水だということが判明した。湧水は「希望の泉」として整備されたという。今回その存在は確認できなかったのだが、今でも水は湧いているのだろうか。
c0163001_22513241.jpg
学校の敷地の北側に回り込むと車止めが現れ、再び暗渠道が始まる。
c0163001_22513811.jpg
暗渠の両側には比較的新しい建物が並んでいるが、そんな暗渠であっても、道沿いの足元には半私物化された暗渠路地の定石である鉢植えが並んでいるのが面白い。
c0163001_22514477.jpg
路地を抜けると「向原田んぼ」を埋め立てて作られた公団住宅の一角に出る。ここから先の暗渠は道路の歩道としてしばらく続いたのち、エンガ堀本流へ合流する流れと、台地の縁を流れ、大谷口上町の谷からの流れを合わせて大回りして石神井川に合流する流れに分かれる。後者の下流部にはnamaさん@暗渠さんぽがかつて「風呂釜支流」と名付けたコンクリート蓋暗渠も残っているがこちらは機会を改めて取り上げることにしよう。


参考資料:
板橋区地名調査団編 1995「文化財シリーズ第81集 板橋の地名」
板橋区教育委員会編 1986「文化財シリーズ第52集 いたばしの河川」
[PR]
Commented by リバーサイド at 2013-02-27 23:49 x
私は大谷口支流(仮)と名づけました(笑)

あのマンションの辺りに池があったことは、
時層地図で確認できましたが、まさか釣り堀だったとは・・・。

千川上水からの落水もあったのでは…とも思いましたが、
付近が工事中だったこともあり、痕跡はわかりませんでした。
その辺り、どうだったのでしょうね。
Commented by lotus62 at 2013-02-28 09:27 x
おお、暗渠本で私がばっさり切り捨てた(笑)支流ですねw
執筆準備段階でいろいろ調べてる時に、偶然会社の同僚でこの向原中出身という方を見つけました。ちょうど、校内に「希望の泉」ができた翌年に入学したそうです。「そういえばそういう池があったかも」という認識だったそうですが、なんだか身近に生き証人を見つけた気分でしたw
Commented by tokyoriver at 2013-02-28 23:37
リバーサイドさん。
こちらの支流には千川上水からの導水はなかったようです。
ただ、漏水はそれなりにあったんでしょうね。
Commented by tokyoriver at 2013-02-28 23:38
lotus62さん。
なんと!おもしろい偶然があるものですね!
今でも湧水が残っているといいんですが。
Commented by etwas at 2013-12-31 02:44 x
釣り堀といえば、江古田駅北口の浅間神社の東方にも昭和45年くらいまで釣り堀がありましたね。たぶん今は小竹町の江古田駅北公園になってる所です。あれは湧水を使ってたのかな、なんて思ったり…
Commented by tokyoriver at 2014-01-01 17:12
etwasさん。
コメントありがとうございます。貴重な証言ありがとうございます!その場所はエンガ堀と呼ばれた川の源流にあたります。古地図等では釣堀は確認できないので、ある一時期に存在していたのだとおもいますが、湧水や川と関係があったのではないかと思います。
Commented by 通りすがり at 2016-01-03 15:47 x
なるほど、ここは川だったんですね。
小さい頃近所に住んでいたので懐かしいです。
他にも路地や不思議な建物がたくさんあって、よく探検してました。
今でも思い出すとわくわくします。
Commented by tokyoriver at 2016-01-03 19:48
通りすがりさま。
コメントありがとうございます。
この付近は川跡の路地がいくつもあって、地形もいりくんでおり、今探検しても面白いと思いますよ。
Commented by ぐすたふ at 2016-02-07 16:48 x
こんにちは。
暗渠マニアほどではないですが、地形を読んで昔の川を推測したりするのが好きな昭和生まれですw
この近くの大谷口1丁目生まれで、6才まで住んでいました。
その後も祖父・叔父の家があったことから、数年前亡くなるまで毎年帰っており、思い入れがある場所です。
もう家はありませんが去年も帰省(?)して、まさしくこの川の痕跡を訪ね歩いたばかりです。

記憶では昭和50年代半ば頃までは、釣り堀がありました。
[大谷口から向原の谷筋へ屈曲して下りる道の右側=ブログの写真で「水田か池かわからない」とある場所です]
幼少時にはすでに川はなく、釣り堀跡と谷間地形から暗渠だと推測しましたが、当たりでした!
両親(共に大谷口出身)に聞くと、この川のことは覚えていませんでしたが、旧.向原住宅の辺りが田圃だったこと・そこを流れるエンガ堀(この名も初聞きで、「大川」と呼んでいたとか?)やそこに橋がかかっていた事は聞きました。

いろいろ探してこのHPを見つけましたが、鯉供養碑や「むか中(向原中学)」の泉など、元地元民でも知りませんでした。
素晴らしい情報をありがとうございます♪
これをもとにまた探訪してみようと思います。
Commented by tokyoriver at 2016-02-08 21:46
ぐすたふさま。
貴重な証言ありがとうございます。釣り堀、比較的最近まで残っていたのですね。大川、という呼び方はここに限らずどの地域でも、そこで相対的にいちばん大きな川を呼ぶ名称としてあったようですが、エンガ堀もそう呼ばれていたというのもまた貴重な証言です。重ねてありがとうございます。
Commented by ぐすたふ at 2016-02-09 21:32 x
こんばんは。
お返事ありがとうございます。
釣り堀跡地について調べなおしてみましたら、私の記憶違いで埋められたのはもっと古いことでした。
まず大谷口から向原へ向かう谷間を横切る道の左側(上流=谷頭部)は私の記憶前の昭和45年にマンションが建っていたようです。
また右側(下流部)にあった釣り堀も昭和49年に埋められてマンションが建ったようです。
釣り堀のあったことはよく覚えているのでもっと新しい時期かと思っていましたが、意外と古かったです・・・
それだけ印象深かったのでしょうね。

この大谷口辺りは昭和30年代は畑の広がるのどかな場所だったようで、釣り堀目当てにここへ引っ越してきた釣り好きな友人の話など、亡くなった祖父や叔父・父から色々話を聴いています。
近年立て替えられた大谷口の水道タンク、やはり近年まであった大谷口上町の貧民街(部落と呼んでいた)、このエンガ堀支流や千川上水跡の暗渠etc・・・
今年も生地帰還を兼ねて探訪してみようとおもいます。
by tokyoriver | 2013-02-27 23:21 | 石神井川とその支流 | Comments(11)