東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

【お知らせ】季刊誌「kotoba」に寄稿しました。

 集英社刊行の総合季刊誌「kotoba」2015年秋号に、「地図から始める暗渠散歩」という6ページほどの記事を書かせていただきました。本号では、「地図を旅する。小地図からGoogleマップまで」と題し、140ページ、28本の記事を擁する充実した特集が組まれています。その中の記事の1本となります。
 ここ数年、各所でお話させていただいた「暗渠概論」をベースに、読者層にあわせてより初心者向けに自分の体験に引き寄せた切り口で、暗渠の愉しみ方について書いております。また、暗渠概論では、暗渠の3つの要素について詳しく触れてきましたが。今回は特集にあわせ、空間=地図の話をメインにおき、歴史や景観といった他の要素にはほとんどふれないかたちとしました。暗渠散歩のきっかけとなるような記事が書けたのではないかと思います。編集者のご尽力により、小さいながら出来の良い暗渠地図も載せていただきました。
 私の記事もさることながら、錚々たる執筆陣が様々な角度から地図について語られており、非常に読み応えのある特集となっています。よろしければぜひ御覧ください。
c0163001_23121880.jpg
なぜか表紙に名前をのせてもらえました。
c0163001_23123043.jpg
豪華執筆陣。

kotoba(ことば) 2015年秋号(amazon)

9月5日より、書店店頭やオンラインストアにて発売中です。
よろしくおねがいします。
[PR]
Commented by 宗玄 at 2015-09-21 12:31 x
最近始めた自転車等の雑感ブログに、こちらのブログのトップページのリンクを張らせていただきました。杉並区在住で、暗渠の話、本当に面白く読ませていただきました。問題あれば、すぐに削除するのでお知らせください。ブログを始めたばかりで、問い合わせの方法がよくわからず、コメントに書かせてもらいました。
Commented by tokyoriver at 2015-09-22 12:55
宗玄さま。
コメントありがとうございます。リンクの件、了解いたしました。ちなみにスリバチ本は、暗渠の本ではありません(笑)東京peelingの高山さんと暗渠さんぽの吉村さんが共著で出された「暗渠マニアック!」や私の編著名義となっている「東京暗渠散歩」がずばり暗渠を取り扱った本となっておりますので、ご参考まで。
by tokyoriver | 2015-09-16 23:16 | お知らせ | Comments(2)