東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:未分類( 1 )

暗渠のマンホール

川跡や暗渠を探索していると、時折、このようなマンホールに出会う。

c0163001_22152597.jpg


これは、砂川用水〜深大寺用水のもと梶野分水だった区間、梶野築堤近くの水路跡にあるマンホール。コンクリートの円の中、隅に寄って鉄板の円の蓋がある。無地なのがちょっと珍しいかもしれない。



c0163001_22154644.jpg


これは溝が谷を流れる北沢川支流にあるマンホール。さっきのよりも外側のコンクリートの円がやや大きい。やはり中の蓋は隅に寄っている。



c0163001_2216936.jpg


これは善福寺川の荻窪を流れる支流のひとつにあるマンホール。大田黒公園と杉並中央図書館からの小流が合流する地点。ここまでくるとかなり大きい。google mapの空中写真でも確認できる。

google map


調べてみると、どうやらコンクリートの部分と同じ直径のマンホールが埋められている様子。マンホール内の出入りには大きな入口は不要なので、このような小さい蓋との組み合わせになっているようだ。それにしても、暗渠や川跡でしかこのようなコンクリート部を見かけないような気がするが、なぜだろう。
[PR]
by tokyoriver | 2009-08-09 22:35 | Comments(6)