東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:品川用水とその支流( 2 )

c0163001_091253.jpg
京浜急行で品川駅から2駅、目黒川の流路に跨る新馬場駅から徒歩数分のところに、第一京浜と目黒川に挟まれて寺社が集まったエリアがある。そのなかのひとつ、大龍寺の参道途中から住宅地の中に分かれる路地に、奇妙な段差が出来ている。
c0163001_092478.jpg
路地の入口はではさほどの段差ではないが、奥に進むとその差は広がる。左側の道が高さを維持し、右側の道が下がっていっているようだ。

「しながわ観光協会」のサイトによれば、この段差の高い方の道は、品川用水の末流の痕跡だという。品川用水では低地を越えるために築堤を設けたり、迂回するために斜面の途中に段を設けて水路を通したりといった事例がしばしば見られる。ここもそれらのひとつなのだろうか。
c0163001_092934.jpg
100mほどたどっていくと、低い方の道も高い方の道も、民家の敷地にぶつかって行き止まりとなる。
c0163001_093476.jpg
低い方の道から、来た方向を振り返るとこんな感じ。石垣は苔むし、石積みの隙間を押し分けるように草が生えている。
c0163001_093819.jpg
水路跡だという高い方の道から振り返ると、言われてみれば確かにそれらしい雰囲気の漂うカーブを描いている。

さて、この水路跡の上流部と下流部はどうなっていたのだろうか。そもそもどちら側が上流なのか。古地図や地籍図を手当たり次第に確認してみたのだが、水路沿いの道を描いているものはいくつかあっても、それに並行する水路を描いた地図はひとつも見つからなかった。そしてこの水路に関する記述も、先にあげたサイト以外では見つからなかった。目黒川から100mほどしか離れていないこの場所で、低地を迂回させた目的は何だったのだろうか。そもそもここはほんとうに水路跡なのか。

いずれにせよ、品川区内でこのように品川用水の痕跡が残っているところはほとんどない。用水路は基本的には尾根筋を通っていたため、埋め立てられると地形的に跡形もなくなってしまうからだ。
また、特に東海道線以東については、古くから開発の進んだエリアであることも痕跡の消滅に拍車をかけたのだろう。例えばこの痕跡の少し西からJR東海道線の脇にかけてを敷地にしている「日本ペイント」は1896(明治)年以来この地に工場を構えている。
c0163001_011511.jpg
工場の一角には1909(明治42)年に竣工した煉瓦作りの建物が残っている。日本最古のニス工場であったこの建物は、国指定重要文化財となっていて、内部は現在明治記念館として公開されている。
日本ペイントと東海道線を挟んで並ぶ「三共製薬」の工場も明治後期にすでに操業していた。これらの工場は「碑文谷道」と呼ばれる古くからある道沿いに位置している。
c0163001_0115738.jpg
碑文谷道に面した天龍寺の墓地には赤煉瓦の塀が残っている。これも正確な時期は不明だが明治時代の建造という。

碑文谷道沿いから離れたエリアは、大正初期までは水田が残っていたようだ。その水源は主に品川用水の下蛇窪村・北品川宿・南品川宿・二日五日市村方面の分水路によっていたと思われる。分水路の流末はいく筋にも分かれ、それらの水田を潤しながら目黒川へと注いでいた。水田は大正後期には宅地化で消滅し、水路もなくなってしまった。ただ、その一部は路地や道路として断片的に残っている。
c0163001_01288.jpg
日本ペイントの敷地の向かいに、ちょっとかわった雨水溝が設けられた路地がある。こちらも品川用水からわけられた分水路の痕跡のひとつだ。奥に見える木のあたりは戦前までちょっとしたお屋敷で、その敷地を挟むように2本の水路が流れ、碑文谷道に出て合流し、日本ペイントの敷地内を抜けていたようだ。
c0163001_0123998.jpg
碑文谷道の南400mほどには、浅間台と呼ばれた控えめな台地がせり出している。その北側のふもとを西から東に向かって品川用水の南品川宿方面への分水が流れていた。写真の道沿いに、かつてその分水があった。分水より北側(写真左側)がかつて水田地帯で、1枚前の写真の分水路はこの分水から分けられていた。

この南品川宿方面への分水は、ゼームス坂下で向きを北に変え、ゼームス通りが碑文谷道にぶつかるまで通り沿いを流れていたのだが、そのぶつかる地点のすぐそばに、冒頭の水路跡がある。水路跡はこの分水路の流末だったのだろうか。
c0163001_0124669.jpg
水路跡の道を西へ遡上していくと、浅間台小学校の北側でJR東海道線の線路にぶつかり途切れるかたちになる。そこには欄干に見えなくもないようなコンクリートの構造物があった。欄干ではないのかもしれないけれど、かつて水路と道がこの先にも続いていたことを示す何らかの痕跡なのだろう。
線路の西側には、JR東京総合車両センターの広大な敷地が広がっている。かつての国鉄大井工場だ。1915(大正4)年に、広大な水田を潰して作られた。その水田の中で何本かに分かれていた品川用水は、その際に付け替えられたり埋め立てられたりして跡形なく消えた。
c0163001_0125220.jpg
コンクリート構造物の南側は浅間台に上る階段となっている。台地と低地の境目がはっきりわかる。
c0163001_0125975.jpg
そして階段の上から車両センター内を覗くと、そこにもまた煉瓦作りの建物が残っている。かつての大井町変電所で、1922(大正11)年に竣工したという。水路跡巡りがいつのまにか煉瓦巡りになっているような、そんなエリアだった。

最後に今回のエリアの段彩図を(google earth経由で東京地形地図をキャプチャしたものにプロット)。地図に示した水路のうち、目黒川以外はすべて現存していない。また濃い青は痕跡が確認できるもの、水色は推定のルートとなる。それらのうち黄色の矢印で示した3か所が今回とりあげた水路跡だ。左上に描かれた、冒頭にとりあげた水路跡のルートをみると、台地の末端の縁を、低地を避けるように通っていることがよくわかるし、そこに至る南品川宿方面分水も、浅間台の裾を経由したのち微高地を選んで北上していていることがわかる。そして、JR東京総合車両センターが大規模な造成地の上につくられていることも一目瞭然だ。
c0163001_0133548.jpg

車両センターの西側に再び断片的に痕跡を残す水路跡については回を改めてとりあげることにして、今回の記事はひとまずここまで。
[PR]
by tokyoriver | 2013-02-07 23:31 | 品川用水とその支流 | Comments(6)
東急大井町線下神明駅から少し北に歩いたところに、
暗渠とそこに架かる橋が残っている。
欄干には「古戸越橋」の名が刻まれている。


c0163001_23205148.jpg


ここに流れていたのは通称「古戸越川」。
戸越公園の池から流れ出し、品川用水の末流のひとつと
戸越銀座を流れていた川をあわせて目黒川に注いでいた。

戸越公園はもともとは江戸時代につくられた細川家の抱屋敷で、庭園の池の水を
得るために玉川上水から引かれた「戸越上水」が品川用水の前身。
そういう意味では古戸越川自体が品川用水の末支流のひとつといってよい。

品川用水は1950年代には廃止され、現在ほとんどその痕跡は残っていない。
橋が残っているのはここだけではないだろうか。

戸越公園からこの橋のあたりまではほぼ全区間暗渠が残っているが、
現在都道25号線の工事が進んでおり、かなりの部分が消滅してしまいそうだ。


[PR]
by tokyoriver | 2009-07-22 23:30 | 品川用水とその支流 | Comments(12)