東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:その他のエリア( 4 )

今回は東京から少し離れた、山梨県の湧水を。長野県との境界近く、八ヶ岳山麓の北杜市長坂町にある「三分一湧水」は、JR小海線甲斐小泉駅から500Mほどの場所にあり、八ヶ岳からの伏流水が湧き出す湧水だ。1985年、日本名水百選に選定されたこの湧水には、三方の村に三等分に水を分配し用水路に流す施設が設けられていて、円筒分水の原型ともいえるような、素朴な味わいのある石組はちょっとした観光名所となっている。

現在湧水一帯は公園として整備されていて、森の中から清冽な水の流れる用水路が下ってきている。
c0163001_23511580.jpg

木立の中の斜面を登っていく。用水路を流れる水は渓谷のようだ。
c0163001_23513055.jpg

しばらく進むと、平坦となった場所に、分水施設がある。縦3.6m、横4.7mの石組みの枡状の池に、奥から水が流れ込んでいて、他の三辺のそれぞれから用水路が流れ出ている。
c0163001_23514124.jpg

まずは水源を見てみよう。長方形の池の北側から流れこむやや幅広の水路の先に、窪地が見える。
c0163001_23515454.jpg

窪地の中からは水が溢れるように流れ出ている。いわゆる「釜」と呼ばれるような湧水だ。
c0163001_2352371.jpg

最奥の湧水池点。水底から湧き出した水が噴水のように盛り上がっている。1日の湧水量は8500トンほどだという。
c0163001_23521371.jpg

こうして湧き出した水が先ほどの長方形の池に流れ込んで、等配分されるわけだ。
c0163001_23522210.jpg

湧水から導かれた水は小さな滝となって池に落ちていて、その正面には三角形の石が設置されている。
c0163001_2352316.jpg

この石によって水流の勢いが二手に分かれているのがよくわかる。頂点に引っかかっている木の枝が、水流の強さを物語る。
c0163001_23523930.jpg

この石によって、池の中の水流は攪拌され、特定の水路に卓越して向かう水流が出来ることが防がれて、池の水位を超えてあふれた水がそれぞれの分水口から流れ出すようになっている。分水口の幅はいずれも61cmと同じになっているので、等量の水が流れ出るという仕掛けだ。
c0163001_23524847.jpg

この石と分水施設について、かつて戦国時代に村で水争いが起こったときに、武田信玄が湧出口の分水枡に三角石柱を立てて、水を3等分するシステムを生み出したとの伝説があったようで、観光ガイド本などでは今でも目にするのだが、実は現在ある石は1947(昭和22)年に設けられたものだ。

調べてみると、現在の分水施設の原型がつくられたのは、江戸時代中期に起こった水争いがきっかけだったようだ。そして、当初は木造の施設で、水を配分する石も普通の自然石だったという。施設が石積みのものになったのは1923(大正12)年、そして1944(昭和19)年に現在見られる施設が完成、その後戦後になってから石が三角形のものに置き換えられたという。伝説と史実とはずいぶん異なるようである。そもそも三角形の石ひとつで水を三等分することは出来ないわけで、なぜこのような伝説が生まれたのか、興味深いところだ。

最後に池から流れ出る用水路を少し紹介。まずは池から流れ出す3つの水路のうち、東側と中央の水路。
c0163001_23525781.jpg

東側の水路は、V字谷の底を流れている。もともとあった谷筋なのか、それとも人工的に掘り下げたのだろうか。
c0163001_2353582.jpg

中央の水路はしばらくは平坦な森の中をゆるやかに曲がりながら流れていて、清々しい。
c0163001_23531435.jpg

そして西側の水路には、流れだしてしばらくの地点にコンクリート護岸の区間があった。
c0163001_23532393.jpg

近寄ってみると、小さな堰が設けられていて、導水管がつながれていた。どこかに更に分水して利用しているのだろう。
c0163001_23533289.jpg

これらの用水路の水はいずれも八ヶ岳山麓に切り開かれた水田に利用されている。水温は10度ほどとかなり低いから、そのまま直接稲作に利用するには厳しいはずだが、それでも水田を切り開いた先人たちの切実さはいかほどばかりであっただろうか。

参考:「『均等分水の妙』-三分一湧水-」安斎 忠雄 「土地改良」236号(2003年刊)所収


[PR]
by tokyoriver | 2011-11-18 00:03 | その他のエリア | Comments(0)
今回は、小ネタを。以前別のところでも記した話題ではあるけど、記録の意味合いでこちらにも記事として残しておくことにする。JR山手線に乗り、田端駅から駒込駅に向かって行くと、切り通しを抜けた後に土手となって駒込駅に入り、駅の途中からは再び切り通しとなって巣鴨方面に続いていることがわかるだろう。ここで土手になっていたところがかつて谷田川が流れていた谷筋だ。駒込駅東口から、田端方面へ100mほど線路に沿って進むと、古そうなガードがある。
c0163001_23365827.jpg

線路の下を通っているのは谷田川通り。ここにかつて谷田川が流れていた。谷田川については以前この記事で「谷田橋」の遺構について取り上げたことがある。
さて、ガードの左側の土手下に注目して欲しい。何か欄干のようなものが見えないだろうか。
c0163001_2337462.jpg

近寄ってみるとこの通り。土手下のコンクリートの擁壁、というか土留めに埋め込まれて、コンクリート製の橋の欄干が残っている。両側には親柱もある。うまく嵌めこまれている上に手前に電柱や標識、放置自転車などもあってなかなか気がつきにくい場所だ。実はこの欄干の前は、子供の頃からそれこそ何百回も通っていたのだが、気がついたのはほんの数年前のことだ。
c0163001_23371373.jpg

電柱を避けて斜めから撮ってみる。欄干に開いた穴はシンプルだが、悪くない。大正後期の造作だろうか。親柱の、本来橋名が書かれているであろう場所は埋め込まれていて見ることができない。反対側の親柱も確認できなかった。長さはおよそ2mほどだろうか。ガードや現在の谷田川通りの幅に比べると短いが、暗渠化前は川沿いに道があって、ガード下も川沿いに通り抜けていたようだから、実際の川幅はこんなものだったのだろう。
c0163001_23371769.jpg

それにしても、なぜこんなところに欄干が残っているのだろう。近くに特に説明板があるわけでもなく、意図的に保存されているような雰囲気ではない。谷田川の暗渠化は大正時代、下流部より始まった。この近辺の暗渠化は1932年に始まり、1940年には完成したという。仮説としては、おそらくこの橋は線路沿いの道が谷田川を渡るところに関東大震災後に架けられ、暗渠化の際に、まだ新しいことから土留めとして転用され、この場所に埋め込まれた、といった変遷が考えられるが、ざっと調べてみた限りでは出自は明らかとならなかった。一体どういった由来があるのか、もしご存知の方がいたらぜひご教示願いたい。

さて、今度はガードの方に着目してみよう。この区間の山手線が開通したのは1903(明治36)年。その当時、ここには谷田川が流れていて、このガードは谷田川の谷を横切るための土手に掛けられた、川を渡る橋だった。
c0163001_23372482.jpg

その証拠が、ガードの名称に残っている。橋台に「中里用水ガード」の字が記された標識が付けられている。谷田川は最上流部では谷戸川と呼ばれ、以下、谷戸川、藍染川などと、地域によりその呼び名は異なっているが、中里用水という呼び名は聞いたことがない。中里はこの地の地名であることから「中里の用水路」といった意味合いで便宜的につけられた名称なのかもしれない。山手線の名も「山手電車」と記されているし、案外いい加減なものなのか。
c0163001_23372819.jpg

そして、湘南新宿ライン(貨物線)の線路側の田端寄りの橋台には赤煉瓦が残っている。開業当時の山手線は、現在の湘南新宿ラインの線路の場所を走っており、その後の1925(大正14)年の客貨分離により現在の線路の側に移ったという。とすると、この赤煉瓦は開業当初からのものであり、かつては谷田川の水面にその色を映していた可能性が高い。
c0163001_23373231.jpg

谷田川は戦前に暗渠化されたことから、その痕跡はほとんど見当たらないが、こうしてところどころに川であった証が残っているのを見ると、ちょっとは嬉しくなる。
[PR]
by tokyoriver | 2011-08-26 23:46 | その他のエリア | Comments(8)
今回とりあげるのは、私の暗渠探訪のルーツのひとつである、「谷田川」と「谷田橋」だ。
~~~~~
上野飛鳥山台地の北東の崖下に位置する田端駅。高架の駅舎を出ると、田端駅前通りが台地を切り通しで横切り南西へと伸びている。切り通しを抜け、本郷台地との間の低地に出たところに「谷田橋交差点」がある。標識はないが、交差点には「谷田橋」の名を冠した薬局がある。ここで交差しているのが「谷田川通り」。昭和初期に暗渠化された谷田川の流路である。そして、この川に架かっていたが「谷田橋」だ。正確には現在の駅前通りではなく、数メートル西側、薬局の裏手にある旧道(薬局の右奥の白いビルとの間の道)の方に架かっていた。
c0163001_2336747.jpg


谷田川は、北区西ヶ原の旧外東京語大学敷地と豊島区駒込の染井霊園(ソメイヨシノ発祥の地)にあった長池を水源とし、上野飛鳥山台地と本郷台地との間の谷を南東に流れて上野の不忍池に注いでいた川だ。(不忍池からは更に忍川となって東京湾に注いでいた)。

かつては石神井川の流路だったが、その後石神井川は飛鳥山で台地を横切って低地に出る流路になった。これは谷沢川と九品仏川のような河川争奪だったとも、神田川の御茶ノ水界隈のような人工的な開削だったとも云われている。また、下流部では藍染川とも呼ばれていた。有名な谷中のへび道も藍染川の暗渠だ。(なお、大正中期に洪水対策としてつくられた、西日暮里で分岐し三河島方面へ抜ける排水路も藍染川と呼ばれていた)。川は大正後期から暗渠化が始まり、昭和初期にはほぼ全区間が暗渠となっている。

c0163001_23373368.jpg


谷田橋の架かっていた場所には今や何の痕跡もないが、交差点から少し駅方向に戻った田端八幡神社の参道に、谷田橋の欄干が保存されている。

c0163001_23383590.jpg


全長2メートルほどの石橋で、明治期につくられたもののようだ。昭和初期に、暗渠化の際に記念に移設されたという。キックボードに乗った小学生の女の子が颯爽とやってきて、橋のたもとで神社に手を合わせ、去って行った。彼女はこの橋に気がついているだろうか?

c0163001_23401618.jpg


参道のとなりには「赤紙仁王」が2体。1641年の造立とされる。もともとは神社の参道にあったが、明治時代の神仏分離策で、隣の東覚寺境内に移った。病気のある箇所に赤紙を貼って祈願し、治ったらわらじを奉納するという信仰があり、今でも時期によっては仁王像の表面が見えなくなるほど赤紙が貼られている。

c0163001_23411493.jpg


赤紙仁王の前から谷田橋交差点にかけては、現在区画整理事業が進行中で、風景が大きく変わりつつある。関東大震災後に計画され、終戦直後に起こった区画整理事業で途中まで建設されたものの、中途で挫折していた道路建設が、数年前から再開されたのだ(仁王像自体が、道路予定地のため場所を移動している。)。80年以上の歳月をかけて完成する道路に果たして意味はあるのだろうか・・・

~~~~~
幼少期から社会人になるまで過ごした町を横切る「谷田川通り」。日々の生活での通り道として、あるいは自転車で谷中・上野方面へ行くときのルートとして、幾度となく通ったこの通りがかつて川だったのを知ったのはいつの頃だろう。おそらく最初に聞いたのは祖父母の話からだったように思う。そして、小学校のときに学年の先生が中心となって編纂した、地域に昔から住む人からの聞き書き集では、様々な人が、この川について触れていた。
今では曲がり具合以外には何の面影もない道に秘められた、川の記憶。
今では失われてしまった、「故郷」の風景。
神社の片隅にひっそりと残る橋。道路の下に埋もれ、流れるかつての川。
そういったものへの思いが、その後の自分の川跡への興味へとつながっているような気がする。


[PR]
by tokyoriver | 2009-12-03 23:53 | その他のエリア | Comments(4)

駒沢給水所

レトロな双子の給水塔で知られる、駒沢給水所。普段は無人施設で、たとえ取材でも入ることはできないそうだが、年に1回開かれる見学会のときだけは構内に入り、給水塔のそばまで近寄ることができる。といったわけで、その見学会に参加してきた。

駒沢給水所は、蛇崩川とその支流にはさまれた標高46mの高台に位置する。渋谷町(現渋谷区)への給水用として、1923年に完成し、完成直後の関東大震災も、その後の空襲も潜り抜けた。現在は震災時用の応急施設として、水を溜めている。

給水塔の高さは30mほど。
c0163001_054637.jpg

二つの塔の間を鉄橋が結んでいる。
c0163001_06734.jpg

何のためかと思ったら、点検の際に、一つの塔に登って、降りて、また2つ目の塔に登って、という手間を省くためだそうだ。
c0163001_06284.jpg

上部の王冠状の装飾と小さなドームが美しい。
c0163001_064946.jpg

蔦が這い上がって来ている
c0163001_07110.jpg

構内はもともともう一つ給水塔が建つ予定だったこともあってか、広々としている。木々や草の緑は色濃く、朽ち果てた洋風の小屋があったり、倒れた石造物があったり、石塔や池があったりと、管理者が消え、風化しつつある庭園のような雰囲気もある。「天空の城ラピュタ」のイメージとも重なり合うところがある。

洋風の円形池。ライオンの口から水が流れている。池の中の円形の構造物は、かつてはペンギンの口から水が出ていたのが、いつの間にか亀になってしまったそうだ。
c0163001_072487.jpg

和風の心字池。中を覗きこむと、アメンボやメダカ、小魚が沢山泳いでいる。先ほどの円形池とこちらの池はいずれも給水塔の水と同じ水が使われており、池の中の小生物は、いわば「鉱山のカナリヤ」的な役目を果たしていたという。
c0163001_073723.jpg



平日ながら老若男女問わず大勢の見学客が来ており、人気の程を伺わせた。そして水道施設ながら何故か暗渠好きの方々も・・・





[PR]
by tokyoriver | 2009-10-05 00:34 | その他のエリア | Comments(8)