東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:善福寺川とその支流( 7 )

善福寺川が大きくその流路を曲げている杉並区成田西3丁目、流路の内側に囲まれた舌状台地の先端に、尾崎熊野神社が祀られている。参道に立つ解説板によれば、かつての成宗村字尾崎の鎮守社であり、鎌倉時代末期に熊野権現を勧請して建立されたという。「尾崎」とは小さな﨑に由来する地名で、土地の形状そのものを現している。他のこういった舌状台地と同様、神社が創建される以前から聖なる地だったのだろう。縄文時代の住居跡が発掘されているのもまた他の舌状台地と同様だ。

その参道の脇に、古い石橋の欄干がぽつんと据え置かれている。長さは3m弱くらいであろうか。
c0163001_18423691.jpg

欄干に刻まれたその名は「道角橋」。神社は台地の上にあるから、ここを川が流れていた訳ではない。「道角橋」はもともと、神社の300mほど南をを通る旧五日市街道が、善福寺川の「あげ堀」を渡る地点に架かっていた橋だ。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。青い線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_2005780.jpg

善福寺川は川沿いの水田の灌漑用に、両岸に「あげ堀」と呼ばれる、川に並行した導水用の水路がつくられていた。橋はそのうち右岸側のあげ堀に架かっていた。現在善福寺川に架かる尾崎橋の西側のあたりになる。欄干はあげ堀が埋め立てられた際に行方不明になっていたが、後年善福寺緑地の一角に放置されているのが発見され、神社の境内に保存されたという。
c0163001_18424524.jpg

欄干の真ん中に橋の名前が彫り込まれているのが特徴的だ。
c0163001_18425055.jpg

+ + + + + + + +
この意匠を見て思い出さずにはいられない、とある橋がある。
c0163001_1843994.jpg

どうだろう。やや質素ではあるものの、似ていないだろうか。
こちらは田端橋。渋谷川の支流宇田川のさらに支流である、宇田川初台支流(初台川)の最上流部、川跡上の路面に埋め込まれている橋だ。
橋の上流側から、川跡の路地を望む。この橋の遺構、初めて見たときは、橋の遺構であることは一目瞭然だったが、橋のどのパーツなのか、今ひとつ判らなかった。通常であれば、橋の名前は親柱に縦書きで記されるからである。こうして改めて遺構の全体像を見てみると、右上と左上の角にはRがつけられていて、ちょうど先の道角橋を一回り小さくした形であり、これで欄干片側まるまる全部であろうことがわかる。もしかすると道角橋と同じ職人/業者の手によるものなのかもしれない。
c0163001_18431978.jpg

欄干の長さは2mもないだろう。そうすると、橋の下にあった流れはかなり細く、そしてそんな細い流れにも関わらず、名前を記した立派な石橋が架かっていたことになる。道角橋は街道に架かる橋なのでそれなりに立派なのはわかるが、この場所を横切る道はおそらく昭和に入ってからのもので、通行量もそれほどあったとは思えない。そんな時期にこの規模の橋であればコンクリートで造りそうなものだが、なぜ石橋なのだろう。
一説によると、「田端橋」が実際にここに架かっていたのか、実はよくわからないのだという。初台川に架かっていた橋に関する文献や記録には、この場所をふくめ「田端橋」の名前はないというのだ。ではこの欄干は、単なる廃材としてどこか他の川に架かっていたものを持って来たものなのだろうか。

現在の初台川暗渠のルートは、昭和初期の農地整理に伴って幾筋にも分かれていた流路を整理したときの流路だ。それらの流路の中のひとつに田端橋が架かっていた可能性もあるが、とある古地図を見ると、この場所から北東に600mほど離れた場所に「田端橋」という名の小橋が記されている。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。ブルーとピンクの線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_1948695.jpg

その橋は、現東京オペラシティ北側にあった「出羽様の池」から流れ出た小川が、「旗洗池」からの流れをあわせて神田川笹塚支流(和泉川)に注ぐ直前に架かっていた。初台川の田端橋とは距離はやや離れているものの、同じ旧幡ヶ谷村に属している。欄干がもし何処かから持ち込まれたものだとするならば、もしかするとこれなのかもしれない・・・。橋が架かっていた(かもしれない)場所に、別の場所から橋を運んでくるなど、まず考えられない話であるとは思うが、謎めいた欄干の存在はそんな空想を呼び起こす。

上の写真は6年ほど前のもので、現在は下の写真のように「田端橋」の字はだいぶすり減り、読みとるのも困難な状態となってる。何年か経てば刻字は消え去って、この路上の敷石がかつて橋だったことを知る人もいなくなり、道路整備などの機会に撤去されてしまうのだろう。行方不明になったものの無事見つかり、大事に保存されている道角橋とはずいぶんと扱いが違う。相似形をした2つの橋の運命は、明暗を分けているように思える。
c0163001_18432676.jpg

橋の埋まる斜面を下った左手、大谷石の擁壁の下の溝には、こんこんと湧き出す水が流れている。田端橋が歴史の中に消え去っていっても、この湧水は枯れることなく残り続けるだろうか。
c0163001_18433626.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-02-11 20:02 | 善福寺川とその支流 | Comments(6)

本年7月に「2009 fragments」として再開した「東京の水 」、何とか更新を続けることができました。記事を読んでいた皆様、ありがとうございました。特に各記事にコメントをお寄せ下さった皆様には深く感謝します。来年も引き続きよろしくお願いします。2009年最後の記事は地味ですが、荻窪駅南東の小さな谷「高野ヶ谷戸(こやがいど)」の暗渠。下流から遡って追ってみます。
==========================================================
暗渠は荻窪3丁目、荻窪団地の北側から始まる。荻窪団地の北〜東に沿った曲がりくねった道は善福寺川の分流(あげ堀)の暗渠で、高野ヶ谷戸はこのあげ堀に合流していた。
c0163001_23182477.jpg

合流地点の向かいには荻窪団地の中でも異彩を放つ1~3号棟が聳え立つ。荻窪団地一帯はもともとは西田たんぼと呼ばれた水田で、高野が谷戸からの流れの水はこの水田の灌漑にも利用されていたそうだ。団地は現在立替が進められていて、この建物もそのうちなくなるのだろう。
c0163001_2318484.jpg

暗渠を遡っていくと、以前も紹介した大径マンホールに。ここで東側から流路が合流している。
c0163001_2319994.jpg

まずはこの合流してきた暗渠を辿る。こちらの暗渠は谷底の東縁に沿って流れている。道路沿いに車止めが並び、道路と暗渠の空間をはっきりとわけている。
c0163001_23194054.jpg

やがて暗渠はコンクリート蓋付暗渠に変わる。真っ赤な車止めが眩しい。
c0163001_2320480.jpg

住宅地の裏を北上していくと、草に埋もれた通行止めの標識。暗渠は更に続いているがこれより先には入れない。
c0163001_2320276.jpg

杉並区立中央図書館の脇からまわりこむと、暗渠が見える。ここのすぐ北側(写真手前)で暗渠は途切れている。
c0163001_23204533.jpg

そして、暗渠の行き着く先はビオトープの池になっていた。この場所は数年前までは空き地だったが、綺麗に整備されている。写真は上流(北)側から暗渠方面を望む。池があたかも暗渠の水源のような配置になっている。これより北、暗渠は更に荻窪体育館の西側へと続いている。かつて青梅街道沿いを流れていた千川上水の分水(六か村分水)から、水をひいていたという。
c0163001_2321383.jpg

再び本流に戻って、遡っていく。暗渠は大田黒公園の東側~北側に沿って北西へと伸びている。
公園内は谷戸の斜面を利用した庭園になっていて、流れや池がつくられている。かつては湧水を利用していたそうだが、今はどうなのだろうか。
c0163001_23215983.jpg

公園の北東でも、支流が合流している。こちらは住宅街の中を縫いつつ先ほどの東側の暗渠に接近し、先ほどの暗渠と同じ谷の西縁を北上。ビオトープの池のあった公園の西縁に出る。以前は暗渠の痕跡があったように思うが、公園の工事で消滅していた。二つの水路に挟まれた細長い低地は水田だったそうで、こちらの水路は水田からの排水を流すためのものだったのではないかと思われる。
c0163001_23214083.jpg

最後は北西へ向かう暗渠を辿る。大田黒公園の北側に沿った道が川跡だ。公園を越えると遊歩道となった暗渠が現れる。
c0163001_23222790.jpg

更にその先は、通るのがやっとの細さの暗渠に。
c0163001_2322553.jpg

暗渠は50mほど進んだ後北東に折れ曲がって、車道に出たところで消滅している。これより先にもしばらくいったところに怪しい未舗装の路地があったりするが、資料によるとこの細い暗渠のあるあたりと、先ほどの遊歩道暗渠のあたりの2箇所に、直径5mほどの湧水池が2つあって、川はそれらを水源としていたそうだ。池は谷筋の水田や西田たんぼへの給水を目的として人工的に掘られたもので、この近辺は地下水位が浅く掘り下げると水が湧き出るような土地だったという。浅い谷戸の谷頭なので、もともと水の湧いていた場所だったのだろう。

c0163001_23231531.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-12-29 23:41 | 善福寺川とその支流 | Comments(6)
環八方向からの支流の合流地点より下流は、蛇行して松渓中学校の北側を回りこんでいる。このあたりは水路の跡や暗渠が複雑に入り組んでいるが、暗渠の残存の様子の違いなどを見ると、以下のような流路の変遷の過程があったのではないかと想像される。


c0163001_23142630.jpg


1)もともとは地図A地点からの支流がE、D、を経てB地点で松庵川に合流。松庵川は東へ流れていた。

2)C地点より下流の松庵川が埋め立てられ、水を善福寺川に流すためにCからDへの水路と、EからFへの水路がつくられた。

3)DからEの区間は、水路に手を加え、水が流れる方向が逆になった。DからBの区間は埋め立てられた。

4)結果、松庵川はCからもともとの水路より西にそれ、A地点からの支流をEであわせてFで善福寺川に注ぐようになった。

DからEの区間に、橋の痕跡が残っていた。


c0163001_23144283.jpg


EからFへの水路。なお、A地点は、住宅街の真ん中の道路端でコンクリート蓋暗渠が唐突に終っており、そこから上流部の痕跡は全くない。


c0163001_23145553.jpg


Fの合流地点。善福寺川の護岸に丸い穴があいている。大雨時に水量が多くなることもあったのか、穴の直下の川底が水でえぐられないようにコンクリートで固められている。


c0163001_23151150.jpg



本来の松庵川流路は、松渓中学校の北側に回りこんだあと、善福寺川の松渓橋のすぐそばまで来るが、ここでは合流せずに、現在老人ホームが建っているところを抜けて善福寺川の蛇行にそって、その右岸を蛇行し南下していた。
この区間はもともとは善福寺川のあげ堀(灌漑用の、並行分水路)だったのかもしれない。水路は普通の道路となってしまっており、道の曲がり具合以外に川の痕跡はないが、下水道台帳を見るとしっかり「水路敷」扱いとなっている。

そして、最後の最後、道路から左に分かれるコンクリート蓋の暗渠が現れる。金太郎の車止めつきだ。


c0163001_23152376.jpg


暗渠は善福寺緑地入口にかかる神通橋の手前で善福寺川に合流している。護岸には穴があいているが、水はまったく枯れ果てている。


c0163001_23154134.jpg


松庵川は、大正後期に開削されたが、昭和初期には周囲の急速な宅地化ですでに下水化していたという。そして、戦後には氾濫対策として、中流域(川が神明通りからいったん離れて南に向かっている地点)から北に向かう暗渠をつくって、直接善福寺川に水が流れるようにしたという(合流地点直前の暗渠は現在でも水路敷扱いとなっている)。その時点で上流部と下流部は分離されたのだろう。その後下水道の整備で不要となった川は、蓋をされ、あるいは埋め立てられて姿を消した。
(下流部が比較的痕跡をとどめているのは、前にも記したようにもともと柳窪から流れていた小流があったからではないかと思われる。)
そのような意味では、松庵川が全区間つながってひとつの川として存在していたのは、ほんの数十年の期間だったといえる。
[PR]
by tokyoriver | 2009-09-14 23:28 | 善福寺川とその支流 | Comments(4)
大宮前体育館の北側、川幅のガードレールで仕切られた細長い空間がある。木々や雑草が生い茂っているが、これが松庵川の水路の跡だ。この先しばらくの区間は、松庵川のルートはまったく判らなくなる。


c0163001_2120083.jpg


古い地図によれば、水路は、大宮前体育館近辺を南限にして張り出した微高地を回りこむようにして、宮前けやき緑地のあたりで再び北上、神明通り沿いにぶつかった後は再び通り沿いに環八方面に向かっていた。

googlemapの航空写真を見ると、民家と民家の間に、道路に平行してコンクリート蓋の水路のようなものが北上しているのが見える。別の地図でも、水路敷らしき道が描かれている。これ自体は家に囲まれまったく近づいたり踏み入ることはできなさそうだが、どこかで神明通りに出るところがあるはずだ。

散々探し回った結果、とある民家の庭先でそれを発見した。水路は神明通りにぶつかる直前で、右(東)に曲がっていた。


c0163001_21201470.jpg


北に向かっていた水路はこの民家の裏手で右に直角に曲がっているようで、曲がった直後のコンクリート蓋水路が柵越しに見える。しかし、水路は民家の敷地内、道路にぶつかる地点で途絶えており、そこから先(東)は確認できない(ちなみに道路に面したところはブロック塀で塞がれている)。

駐車場の境界線など、怪しい空間がいくつか東に断続的に続いているが、これらを通って最終的に神明通り沿いに出ていたようだ。通り沿いには全く痕跡は残されていない。

松庵川は、通常の河川や水路と違い、もともと水路敷のほとんどが私有地であったという。このため、水路が使用されなくなると、土地所有者の都合によっては敷地はすぐに転用された。これが、痕跡が断続的である原因のひとつのようだ。

環状八号線を越え、高井戸東4丁目の交差点を過ぎてすぐのところで、北上するはっきりとした水路跡が現れる。この一帯は柳窪と呼ばれていた窪地で、ここから下流は松庵川が掘削される以前から存在していたのかもしれない。細い路地が時折曲がりくねりながら、北上している。


c0163001_21203274.jpg


途中、左側(南西)から支流が合流する。支流の合流地点は三角形の空間になっていて、松庵川も支流もコンクリ蓋の暗渠になっている。


c0163001_21204569.jpg


支流の方は全区間、コンクリート蓋の暗渠が続いている。暗渠はまっすぐ南西にのびており、環状8号線の東側すぐそばのマンホールでぷっつりと切れている。


c0163001_212103.jpg


今回辿った区間


c0163001_21211741.jpg


[PR]
by tokyoriver | 2009-09-12 21:26 | 善福寺川とその支流 | Comments(7)

松庵川(3)中流域

(2)の金太郎看板区間はすぐに終わり、川は直角に北北東(左)に曲がり、更にすぐに再び東南東(右)に。ここでいったん痕跡が消えるが、古い地図を見るとNTT社宅(最近取り壊され更地に)の中をジグザグに流れ郵便局のところで神明通りに出ていたようだ。ここからしばらくは神明通りの南側沿いを南東に向かって流れていた。郵便局を過ぎるとすぐに、川の痕跡が現れる。

商店の軒先に、コンクリート蓋の暗渠が残っていたり、川幅分のスペースがあったり。


c0163001_2325884.jpg


水路敷を部分的に民間に払い下げたのか、建物や民家が水路敷まで張り出している部分もあるが、しばらく行くと、(1)で紹介したような、橋や川沿いの欄干などが残された区間も出現する。


c0163001_23252826.jpg


やがて神明通りが微高地にさしかかりわずかに登り坂になると、松庵川は微高地を迂回するように通りを離れ、南南西(右)に直角に曲がる。

コンクリート蓋の水路は民家の立ち並ぶ隙間を縫うように、ジグザグに曲がりながら、南南西に進んで行く。


c0163001_23254421.jpg


微高地の南端にあたる慈宏寺境内で、川は南東に向きを変える。境内の墓地から続く、一見ただの石畳に見える道。これが暗渠である。


c0163001_23255850.jpg


暗渠は寺の境内を抜けると、大宮前体育館の北側に草薮となってその痕跡をとどめているが、その先姿を消してしまう。


今回とりあげた区間
c0163001_23262067.jpg


前回とりあげた区間
c0163001_23334011.jpg


[PR]
by tokyoriver | 2009-09-08 23:32 | 善福寺川とその支流 | Comments(0)

松庵川(2)上流域

前回記した通り、松庵川は、西荻窪駅北西にあった「松庵窪」に流れを発していた。現在、西荻窪駅の南西側の道路沿いから南に伸びる何本かの道を見ると、その先が明らかに窪地となっているのがわかる。


c0163001_2348239.jpg



窪地の最低部を南東に走る路地の中に、川跡らしき道が見受けられるが、はっきりと確認できるのは西荻南2丁目に残る開渠からだ。


c0163001_23482389.jpg


住宅の立ち並ぶ隙間に、北北東から細いコンクリート溝が伸びて来ているのが確認できる。当然ながら水は全くなく、草が生い茂っている。


水路はこの地点で東南東に直角に向きを変え、通称そよかぜ通りと呼ばれる高井戸第四小学校の前を通る一直線の道沿いに流れていた。現在通りの北側に不自然に太い歩道があるが、これが水路敷だ。

途中、川が通りをくぐって道の北側から南側に移っていた場所では、歩道がそのままに南側に移っている。


c0163001_23484558.jpg


そして、開渠が見える地点から800メートルほど進み、再び川が通りの北側に移った地点から、いよいよ暗渠らしい姿となってくる。


c0163001_2349171.jpg


ぼろぼろではあるが、杉並区でおなじみの、金太郎の車止めで囲われた区間。杉並区内で暗渠を見つけるときのランドマークだ。
[PR]
by tokyoriver | 2009-09-03 00:06 | 善福寺川とその支流 | Comments(8)

松庵川(1)幻の川

一万分の1地形図をみると、中央線西荻窪駅の西、中央線の線路の北側の吉祥女子高校のあるあたりが窪地となっていて、そこから南東に谷筋がのびている。かなり浅い谷で、途中からははっきりしなくなるが、荻窪駅南の善福寺川まで続いている。ここを流れていたのが通称「松庵川」だ。


c0163001_19352049.jpg


現在痕跡の残る流路は、雨水や排水、そして中央線を建設した際に湧き出た水を集める排水路だったといい、西荻窪では「大宮下大下水」と呼ばれていたそうだ。ただ、谷頭は神田川水源の井の頭池や、善福寺川水源の善福寺池、石神井川の主要水源三宝寺池と同じく標高50mのラインに位置しており、太古は湧水と、それを源とする川が流れていたのかもしれない。また、環状7号線の東側より先は、元々柳窪と呼ばれていた窪地を経由して流れており、自然河川の流路がそのまま使われているのかもしれない。

流路は全区間が暗渠化されている。最下流部を除いて道路に併せて直角に曲がっており、地図を見ているだけでは、まったく判らない。記されている文献もごくわずかで、ほとんどの人に知られていないいわば幻の川かもしれない。しかし、現地を歩いてみると流路跡やコンクリート蓋の暗渠が断続的にではあるがはっきりと残されている。最上流部にはごく一部だが、開渠すらある。何回かに分けてとりあげてみようと思う。



c0163001_19362410.jpg


写真は神明通り沿いに残るコンクリート蓋暗渠。橋や、水路の柵も残っている。




[PR]
by tokyoriver | 2009-08-30 19:44 | 善福寺川とその支流 | Comments(4)