東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:野川とその支流( 9 )

狛江市内にひろがる暗渠・水路跡の迷宮を辿るシリーズの4回目は、小田急線狛江駅前の緑地保全地区に残る「弁財天池」および「ひょうたん池」から流れ出していた「清水川」の上流部をとりあげる。

「清水川」はもともとは岩戸川に合流していた(岩戸川はその時点では野川の流路だった)が、六郷用水開通後のある時期以降に岩戸川から切り離され、岩戸、猪方、和泉の3地区の境界地点から掘割を開削して南下し、駒井地区と猪方地区の灌漑に利用されていた。この掘割の区間も含めて狛江エリアでは清水川と呼ばれていたという。流末は猪方用水の一流と合流したのち町田川へと接続されていたようだ。一方で源流部近くでは前回記事で取り上げた「相の田用水堀」の余水も取り入れられていた。
「清水川」「岩戸川」とその下流部「町田川」「宇奈根川」「喜多見川」の流路は自然河川も人工的な水路も複雑に絡み合っていてどの区間をどう呼ぶかには地域や研究者により諸説あるところだが、ここではこの狛江市内での呼称に従いたい。

まずは概略図を。今回取り上げる範囲は下の地図でピンクの枠で囲った中の、紫色のラインとなる。なお、地図に示された水路はすべて現存しない。
c0163001_21472052.jpg

***********

小田急線狛江駅の北側、駅のすぐ目の前に、駅舎よりも高い木も生える鬱蒼とした森「狛江弁財天池緑地保全地区」がある。緑地保全地区内は、立川段丘の末端に刻まれた浅い谷頭の窪みがあって、「ひょうたん池」と呼ばれる湧水池が残されている。そして北西に接している泉龍寺敷地の林の中にも「弁財天池」が残されている。泉龍寺は奈良時代に創建された歴史のある寺院だ。
かつては豊富な湧水量を誇っていて、周囲からは縄文時代中期、古墳時代、奈良時代といった各時代にわたる遺跡が発掘されており、湧水が古くから人々の生活を支えてきたことが伺える。湧水は和泉の地名の由来となったとも言われている。
c0163001_2147252.jpg

「弁財天池」の方は泉龍寺の敷地なので自由に立ち入りできるようになっている。池には昭和初期には毎分9000リットルもの水が湧き出ていたというが、周辺の開発などにより1960年代後半から度々枯渇するようになり、72年には完全に涸れてしまい、翌73年には復元のため工事が行われたという。2006年には深さ70mの井戸を掘り、地下水を供給するようになった。
c0163001_21472986.jpg

中島には1693年に建てられたという石祠が祀られている。
c0163001_21473436.jpg

弁財天池から溢れた水は南東側に接し一段低くなっている「ひょうたん池」に注いでいる。こちら周囲は保全地区となっており決められた日のみ公開されている。大正末期より一帯は高級料亭となり、池を囲い込んだことから池を利用する和泉の住民たちとの間で逮捕者のでる争いになったという。料亭は戦時下には廃業し陸軍大将の荒木貞夫の邸宅となった。
c0163001_21473790.jpg

池から流れでた清水川はすぐに相の田用水と合流し、狛江駅を南側にくぐっていた(前回記事参照)。1960年代半ばまでは駅の南側には開渠の水路が見られたが、駅前ロータリーとそれに続く通りの整備により暗渠化され、駅前には川を偲ばせるものは残っていない。駅前の通りを150mほど南東に進むとようやく、北側に車止めの設けられた暗渠道が現れる。
c0163001_21474275.jpg

少し進んで振り返ってみたところ。両側よりもわずかに低くなっている。道端の雑草がよい雰囲気。この辺りには水車があったという。
c0163001_21474620.jpg

草生す幅広の暗渠空間。第1回の記事で触れたようにここには間に土手を挟み2本の水路が並行して流れていた。その水路を書き込んでみた写真を第1回記事より再掲載。右側が清水川、左側は近くの揚辻(谷田部)稲荷の湧水池から流れだした川だ。水利権の事情でこのような形態となったのだろう。
c0163001_21475029.jpg

世田谷通りの南側にも2本の川とそれに挟まれたかつて水田だった土地が空き地で残っている。揚辻(谷田部)稲荷からの川は未舗装の道となっているが、清水川の方は水が涸れた状態で残っている。このエリアも第1回で取り上げたが、今回は清水川を主役に辿る。写真は半ば埋もれかけた清水川を上流方向に向かって撮影。護岸がしっかり残っている。
c0163001_21481694.jpg

こちらは下流方向に撮影したもの。立派なブロック護岸は比較的新しそうだ。
c0163001_21482050.jpg

しかしその先に少し進むと、水路はだいぶ埋もれてしまっている。
c0163001_21482553.jpg

一帯は浅い谷戸地形となっているが、谷戸の南側の斜面には緑が残り、その直下に川が流れていた面影を残している。右側の草地はかつて水田だった場所だ。
空堀沿いの空き地は最近「清水川跡地整備事業」として市民参加のワークショップ形式で意見がまとめられ、公園として整備されることが決まったという。2012年度内には着工されるとのことで、この風景が見られるのもあと少しだろう。清水川の空堀は保存されるらしいが、どの程度残されるのだろうか。
c0163001_21482936.jpg

清水川の痕跡は道沿いの窪地としてかろうじて続く。こちらは公園となったらなくってしまいそうだ。
c0163001_21483540.jpg

空き地を抜け、旧大山道と交差する地点。この写真も第1回より再掲載。清水川と揚辻稲荷から並行するの2本の流れに架けられた橋は、二ツ橋とも眼鏡橋とも呼ばれていた。ここから先は整備された緑道が現れ、そのすぐ先では岩戸用水からの分流(暗渠)にくわわるのだが、冒頭に記した通り六郷用水開通以後のある時期から、清水川の方はそちらには合流せず、写真右側の、舌状に飛び出した立川段丘末端の微高地を深い掘割で横断し、段丘の南側に落とされていた。
c0163001_21484144.jpg

言葉ではわかりにくいだろうから、下の段彩図を観ていただきたい。わかりやすいよう標高差を強調して色分けした。画面中央のあたり、「堀割の区間」と記したルートがそれだ。黄色く色分けされた微高地が、立川段丘の末端となる。緑系に色分けされた低地とは2mほどの標高差だが、その南側はいちおう「府中崖線」の続きとされていて、地元では「ハケ下」と呼ばれていたという。
c0163001_21484747.jpg

かつての掘割は現在では埋められていて、普通に段丘の上まで上り坂の道となっている。写真は途中で振り返ったところで奥に見える車止めが「二ツ橋」の地点だ。右側の柵の下は擁壁となっていて、岩戸川緑道が手前右に向かって通っている。左手の木の生い茂る個人宅内には古墳が残されているらしい。
c0163001_21485332.jpg

段丘上の掘割跡の道。左岸側は天神森と呼ばれる鬱蒼とした土地で、掘割沿いの家屋には、水路に降りる洗い場が家ごとにあったという。現在の様子からはまったく想像がつかない。
c0163001_21494745.jpg

段丘を下り、狛江の水道道路を越えた地点。道路から浮かび上がっている歩道が水路の跡だ。清水川の水路はかつて写真左から流れてきて、ここで府中崖線に沿って西から流れてきた猪方用水の分流の流末を加えると同時に、南、東、北東の三方に分かれていた。猪方用水の分流、南側分流、東側分流は今ではふつうの道路となっていて水路の面影はないが、北東への分流だけは暗渠として残っている。写真右側、奥に伸びているコンクリートの段差がそれだ。
c0163001_21495942.jpg

その暗渠を下流方向からみたところ。コンクリートの蓋がしっかり残っている。奥に見える鳥居は白幡菅原神社でかつての猪方村の鎮守社だ。明治初期の神仏分離時に、別の場所にあった白幡神社がもともとあった天満宮の場所に移転・合併し白幡菅原神社となった。そのため菅原道真と源頼朝を祀っている(さらに徳川光圀公と井伊直弼まで祀っているそうだ)。神社の前には湧水が湧き、洗い場もあったそうだ。
c0163001_21501174.jpg

蓋暗渠は水道道路と交差して道路の北側、ぽつんと大木が生えている方へと向かっていく。そちらにも蓋暗渠が続いているが、ここから先は別の記事としよう。
c0163001_21505930.jpg


(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-08-09 22:47 | 野川とその支流 | Comments(0)
狛江市内にひろがる暗渠・水路跡の迷宮を辿る3回目は、前回の「内北谷用水」にひきつづき六郷用水の分水「相の田用水堀」をとりあげる。現在の小田急線狛江駅西方にあった旧和泉村田中地区の「相の田」と呼ばれた水田を灌漑し、泉龍寺の弁財天池から流れ出す清水川に合流していた用水路だ。下の地図でピンクの枠で囲った中の、青色のラインとなる。なお、地図上に描かれた水路はいずれも現存しない。
相の田用水堀はもともとは六郷用水から直接分水されていたが、寛文年間(1661〜72年)に猪方用水が開削されて以降は、猪方用水から分水されるかたちとなった。廃止時期ははっきりしないが遅くとも1960年代にはなくなっていたと推測される。
c0163001_23365825.jpg

現地を辿って見る前に、段彩図で地形を見てみよう(カシミール3Dで基盤地図情報を読み込み作成。緑が濃くなるほど低地)。先日の「東京人」の地形特集で訳の分からない記述があったが、六郷用水は段丘の下ではなく上を、掘割を開削して横切っていた。猪方用水も狛江駅南東の猪方の灌漑が主目的なので、和泉地区では本流は微高地上を通り、効率良く送水できるようになっている。一方、相の田用水堀は微低地を縫うように抜け相の田の低地に入り、その低地は清水川の谷筋の谷頭に繋がっている。
c0163001_2337796.jpg

前回の内北谷用水同様、この相の田用水堀についても資料は少ない、というかほとんどない。また、痕跡も断片的にしか残っておらず、知っていなければ水路がどのルートを流れていたのか判断するのが難しいかもしれない。しかし、この用水路が流域の水田の灌漑だけではなく、清水川の源流に接続して湧水を補うという重要な役割も果たしていた。そんな訳で地味ではあるが上流側よりその痕跡を辿っていくことにする。

*********

現在六郷さくら通りとなっている六郷用水跡。かつて猪方用水が分水されていた地点の付近から上流方向を望む。右手の林の公園一帯はかつては大塚山と呼ばれた高台で、六郷用水を偲んでか、人工のせせらぎが設けられている。猪方用水は分水された後4mほどの深い掘割で大塚山を抜けていたという。
c0163001_23371348.jpg

分水地点のすぐ東側には狛江市の運営する「むいから民家園」がある。敷地の北側、写真の道に沿って猪方用水が右手前から左奥に流れていた。むいから民家園は、かつて小田急線沿いにあった江戸後期の古民家江戸後期の古民家を移設し、2002年に開園した。庭先を含めて長閑な農家の風景が再現されている。
c0163001_23371679.jpg

民家園の茅葺き農家の中には、1935年前後の猪方用水分水地点付近の絵地図が展示されている。猪方用水の取水口のすぐ下流側に描かれている「日本水道採水場」では、ここから500mほど南東の狛江第三中学校のところにあった「狛江浄水場」の水を取り入れていた。狛江浄水場は1932年、日本水道株式会社が給水を開始した。当初は多摩川の伏流水を汲み上げて使用していたが、1934年〜36年にかけて拡張工事を行い、六郷用水からも導水するようになったという。採水場だった場所は現在田中橋児童遊園と名づけられた小さな公園になっている。そして絵地図の民家園の下、猪方用水から下にわかれるように描かれているのが相の田用水堀だ。
c0163001_23372470.jpg

下の写真が現在の相の田用水堀の分岐点。右奥に進む道が猪方用水で、中央で分かれている道がかつての相の田用水堀だ。水が流れていた頃を偲ばせるものは何一つ無い。
c0163001_23372871.jpg

猪方用水開削以前の相の田用水は、猪方用水分水地点よりやや下流の田中橋付近、「橋場」と呼ばれた辺りで分水されていたという。田中橋は全長10m、幅4mほど。橋の下の六郷用水は水面まで4mほどあったといい、橋の袂に洗い場があったものの、登り降りが大変だったという。現在は交差点にその名が残るほか、すぐそばの稲荷社の脇にコンクリート橋の親柱が残されている。写真手前の親柱には「田中橋」の名が、奥の親柱には「昭和4年2月」の竣工年が刻まれている。
c0163001_23373143.jpg

現在田中橋の交差点を南北に横切る新道が造成されている最中だが、その東側には相の田用水堀の水路跡が未舗装のまま残されている。
c0163001_23373827.jpg

未舗装区間はほんの数十mだが、なかなか風情がある。かつて水が流れていた頃の風景を想像できる唯一の場所かもしれない。
c0163001_23374466.jpg

下の写真は未舗装区間の終点を振り返ったところ。左右に横切っている道はかつて鎌倉道とも高井戸道とも呼ばれた古道で、高井戸から祖師谷を経由し、南下して多摩川を船で渡り登戸まで続いていたという。細いながらも現在でも都道扱いとなっている。
用水路は鎌倉道を潜ったのち写真左から右へ流れ、右端で手前に折れていた。その折れる地点に石造りの欄干が映っているのがわかるだろうか。
c0163001_23374852.jpg

近くから見ると側面に「鎌倉橋」の名が刻まれている。以前「「道角橋」と「田端橋」–失われた川に架かっていた2つの石橋の運命 」の記事で紹介したのと同じタイプの欄干だ。この欄干は昭和初期のものと伝えられており、前の写真の未舗装道終点のところに架かっていたと思われる。名前が鎌倉道に由来するのは間違い無いだろう。
c0163001_23375286.jpg

鎌倉橋欄干より先、相の田用水堀は写真の道に沿って東へと流れていた。右岸側(写真で道路の右側)がかつて相の田と呼ばれた水田だったところで、水田を挟んで南側には分水路が分かれていて、水田への水の出入りを制御していた。
c0163001_23375776.jpg

用水堀の本流はただの道路となっているが、こちらの分水の痕跡らしきものは住宅地の合間にぽつりぽつりと残っている。下の写真は水路敷と思われる細長い空き地。
c0163001_2338337.jpg

そしてこちらは水路敷が通っていたと思われる地点で両側の家の塀が不自然に切れている。
c0163001_2338920.jpg

泉龍寺の山門に続く道のところではついにはっきりした水路跡(暗渠?)が現れる。
c0163001_23381561.jpg

よくよく見てみると、雑草に囲まれてコンクリート蓋が続いているのがわかる。近づいて確認したいところだが、さすがにこの中に入っていくのは厳しい。
c0163001_23382236.jpg

反対側に回りこむとそこはもう狛江駅の目の前だ。水路跡の出口は防災倉庫で塞がれている。
c0163001_23395882.jpg

北東側に引いて見るとこんな感じ。水路は左奥の防災倉庫のところからおそらく手前に流れ、手前の不自然な車止めのあるあたりで、相の田用水堀本流と、写真右側外れにある泉龍寺の弁財天池・ひょうたん池から流れ出した清水川に合流していたと思われる。清水川はこの不自然な二重の車止めの辺りを右から左に向かって流れていた。
c0163001_23401340.jpg

ここから先は清水川の記事で改めて扱うことにしよう。最後に復習の地図を掲載。
c0163001_23403594.jpg


(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-07-24 23:12 | 野川とその支流 | Comments(0)
狛江市内にひろがる暗渠・水路跡の迷宮を辿る2回目は、六郷用水の分水「内北谷用水」。内北谷は旧和泉村の字名で、北側では同じ和泉村の北谷、南側では旧岩戸村に接している。かつてそこにあった水田を潤していた用水路が内北谷用水だ。下の地図でピンクの枠で囲った中の、青色のラインとなる。
※なお、地図に描画した水路はすべて現在では埋め立てもしくは暗渠化されている。
c0163001_22544565.jpg

前回も記したように、六郷用水は当初、六郷領のみに水利権があり、途中の世田谷領では1726(亨保11)年にようやく利用できるようになった。しかし、狛江では取水口提供の見返り、もしくは六郷用水で分断された野川の代替なのか、開通直後から分水が許されており、最終的には3本の分水路が引かれていた。内北谷用水はそのひとつにあたる。

内北谷用水について触れた文献は少なく、またネット上でもざっと見た限りこの用水路を取り上げたサイトはなかった。そんな忘れられた水路なのだが、今でもその痕跡は部分的に残っている。それらを辿っていこう。

内北谷用水本流

エコルマホールのそびえる狛江駅北口。現在ではかつての風景は抹消されているが、写真中央の歩道を手前から奥左側に向かって、1965年まで六郷用水が流れていた。写真の右側外れにはかつて狛江尋常高等小学校(現狛江市立第一小学校)があり、その前の通称「堰場」と呼ばれていた場所(おそらく写真手前か、正面の植え込みあたり)で、内北谷用水が分水されていた。
c0163001_22545931.jpg

歩道を東に歩いて行くと、エコルマホールの向いに、六郷用水に架かっていた「駄倉橋」の親柱が保存されている。明治後期には「めがね橋」と呼ばれたアーチ状の構造の橋。その駄倉橋のすぐ南側に、内北谷用水に架かる和泉橋があった。六郷用水は深い掘割を流れていたのに対し、内北谷用水はかなり浅かったようだ。
二つの橋の上を通っていたのは品川道/筏道と呼ばれる古道。多摩川を筏で下った筏乗りが、六郷の河口で筏を材木として引き渡した後、この道をたどって奥多摩まで帰ったことから筏道と呼ばれ、また、府中の大国魂神社での年1回の祭礼に使う海水を品川の海から運んだ道でもあることから、品川道とも呼ばれているという。
c0163001_2255579.jpg

駄倉橋の北側、エコルマ3の裏手には「駄倉塚」がかろうじて残されている。狛江は狛江百塚とも呼ばれるほど古墳が非常に多い土地で、駄倉塚も5世紀半ばにつくられた全長40m、高さ4mほどの円墳だった。明治後期の一時期には、この塚の松の木に旗をあげた天気予報告知が行われていたという。
c0163001_2255914.jpg

内北谷用水は和泉橋の先で、六郷用水を離れ南へと下っていた。少し前までは駅前に水路跡が残っていたようだが、現在は狛江エコルマ2ビルが建ち消滅してしまった。ただ、小田急線の線路の北側に、わずかな区間だけ行き止まりとなって水路の痕跡が残っている。
c0163001_22551676.jpg

そして線路の反対側に回ると、ちょうどその痕跡の延長線上に、砂利道となった水路跡が続いている。
c0163001_22552055.jpg

砂利道の区間が終わる地点から上流方向を振り返る。マンホールがあるが、暗渠(下水)となっているのだろうか。
c0163001_22554810.jpg

下流方向を見ると、中途半端な空き地があって、民家の庭の木戸へと続いているのだが、ここをかつて内北谷用水が流れていた。
c0163001_22555717.jpg

ここから先、水路は品川道/筏道のかたちに沿って逆「く」の字に曲がりながら流れていた。水路跡上を辿ることはできないので、コの字ウォークで回り込みながら確認していく。写真の地点では、水路の跡と思しき窪みが残っていた。
c0163001_2256464.jpg

その品川道/筏道は、今では静かな住宅地を通る何の変哲もない道となっているが、Y字路に庚申塔がぽつんと残っていた。花が供えられ、取り囲む木々も良い感じだ。
左を通るのが品川道/筏道、右は前回記した大山道へと繋がっている道で、庚申塔にもその旨道標が刻まれているようだ。かつて多くの筏師たちが、この庚申塔の前を府中方面へと向かい通りすぎていったのだろう。
c0163001_22561369.jpg

更にコの字で下っていくと、水路跡が宅地の間から道路沿いへと出てくる。写真奥から、手前の道路沿いの未舗装地に続くラインが水路跡だ。木々の生え具合からは、程よく放置され、程よく手を入れられている様子が伺われる。
c0163001_22561987.jpg

その先は再び砂利道となって狛江通り(写真奥のバスが見えるところ)に出る。はっきりとした水路の痕跡はここで終わる。
c0163001_22562438.jpg

内北谷用水分流

ここまでたどっていきた水路跡の東側(右岸側)にはかつて「内北谷のたんぼ」と呼ばれた水田が広がっていて、その中に内北谷用水からさらに分かれた用水路が数本流れていた。小田急線北側の旧野川沿いの「北谷」地区が耕地整理された際、この「内北谷のたんぼ」もあわせて整理され、条理状の区画となった。その際に内北谷用水からの分水路も、区画にあわせ直線に改修された。その水路跡が1本残っている。
小田急線線路の南側、車止めに遮られた道がまっすぐに続いている。これが内北谷用水の分水跡だ。道端に未舗装のエリアが帯状に残っている。これがおそらく、最後にのこった水路の痕跡と思われる。
c0163001_22562964.jpg

未舗装のエリアは雑草が生えたり、植え込みに利用されたりしながらずっと道端に続いている。写真の地点では砂利敷になっており、マンホールもある。
c0163001_22563691.jpg

世田谷通りの手前で、この未舗装エリアは姿を消す。そして先の内北谷用水本流と合流したのち、さらにもう1本の内北谷用水分流と合流して、狛江三叉路の北東側で、六郷用水から分かれてきた岩戸用水と合流していた。大正時代までその水路は複雑だったが、昭和初期の耕地整理で、これらの合流水路も単純に整理されたようだ(地図参照)。
写真はその内北谷用水の3つの流れが合流していた辺り。奥から本流と奥右側から未舗装エリアつき分流が流れてきて合流し、手前に流れてもう1本の分流に合わさっていたようなのだが、全然痕跡はない。
c0163001_22564164.jpg

ただ、路上には「狛」の字が刻まれた古そうなマンホールがあった(現在のタイプは「こ」の字」)。
c0163001_22564634.jpg

狛江三叉路の辺りは前回の記事でも触れたようにかつて「銀行町」と呼ばれ、大正から戦前にかけては狛江随一の繁華街だった。現在はすっかり廃れているが、写真にうつる「鳥政」や「高麗家蕎麦」はその当時から続く店だ。
c0163001_2384117.jpg

その三叉路北東側で内北谷用水が合流する岩戸用水には、駅近辺では唯一のコンクリート蓋暗渠が残っているが、それについては次回以降とし、最後に復習の地図を。
c0163001_239299.jpg


(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-07-07 23:10 | 野川とその支流 | Comments(4)
狛江市南部一帯から世田谷区西南部、駅でいうと小田急線狛江駅から和泉多摩川駅の周囲とその南東側にかけてのエリアは、かつて清水川/岩戸川や宇奈根川/町田川と呼ばれる川やそれらから分かれていた水路が複雑に絡み合っていて、今でも多くの川跡・暗渠があちこちに残っている。このエリアの川跡・暗渠を辿り出すとそこはまさに迷宮だ。たどっているあいだにぐるっとまわって元の場所に戻ったりするし、どこかルートを定めて辿ろうとおもっても、あちこちに断続的に水路跡の空き地が残っていたりしてなかなか先に進めない。

普通なら宅地化が徐々に進み、主要な水路以外が埋め立てられたり主要な水路がより直線的に改修され、その後で暗渠化されるといったような何十年かかけた段階的なステップを辿りそうなものだが、このエリアは、水路に手を加える前に一気に宅地化と水路の廃止がおこったかのような様相となっている。

現在残存している暗渠・川跡や、古地図等から明確に川跡と判断できる道路に対して水路をプロットしたのが下の段彩図(カシミール3D経由の基盤地図にプロット)。網の目のように水路が絡みあい、何がなんだかよくわからない。戦前の地籍図を見ると、さらにたくさんの水路が描かれている。
c0163001_23332027.jpg

今回から何回かにわけて(断続的になるかもしれないが)、このエリアのうち主に狛江市内の川跡・暗渠を取り上げてみようと思う。まずさしあたって、上の水路図ではわけがわからないので、資料をもとにそれらの系統を推測し、色分けしてみたのが下の地図。わかりやすいよう主要な水路に絞って記してみた(多摩川、根川、野川以外はすべて現在暗渠もしくは川跡)。
c0163001_23571369.jpg

このエリアの川は「清水川」「岩戸川」とその支流として語られることが多いが、実は「六郷用水」からの分水が大きな位置を占めている。シリーズ「深大寺用水と入間川を紐解く」第16回でふれたように、六郷用水は1611(慶長16)年に開通し、1960年代から70年台初頭にかけて埋立て・暗渠化されるまでの間、多摩川の水を現在の世田谷・大田区方面に送り続けていた。

六郷用水はその名の通り、当初は六郷領のみに水利権があり、途中の世田谷領では1726(亨保11)年にようやく利用できるようになった。だが狛江では取水口があったためなのか、あるいは野川の流れが六郷用水で分断されたためなのか、開通直後から分水が引かれていたようだ。狛江市内の分水は大きく分けて3つあった。
まず「岩戸用水/岩戸川」。小田急線線路の南、駄倉保育園近辺で六郷用水から分岐した用水路は幾筋にも分かれて岩戸地区の水田を潤していた。この岩戸用水〜岩戸川のルートは、深大寺用水シリーズでも触れたように、六郷用水開通以前は野川の下流だったと推測される。
つぎに「内北谷用水」。こちらは現在の狛江駅北口付近で分水し、内北谷地区の水田を潤した後、岩戸川に接続していた。
そして「猪方用水」。こちらは前の2用水より後、寛文年間(1661〜72年)の開削と伝えられる。元和泉で六郷用水より分かれ、猪方地区を灌漑したのち駒井地区に流れていった。猪方用水からは「相の田用水堀」と呼ばれた用水路もわかれていて、泉龍寺の弁財天池から流れ出す清水川に接続されていた。
「清水川」はもともとは岩戸川につながっていたが、六郷用水開通後は岩戸、猪方、和泉の3地区の境界地点から掘割を開削して南下し、駒井地区と猪方地区の灌漑に利用されていた。この掘割の区間も清水川と呼ばれていたという。流末は猪方用水の一流と合流したのち町田川へと接続されていたようだ。

さらに「三給堀(さんきょうぼり)」と呼ばれる用水路もあった。これは六郷用水からではなく根川の水を導水していた。どういうことかというと、根川の流れを六郷用水取水地点付近で掛樋で越えさせて導水したのだ。今では涸れ川となっている根川だが、当時は上流部の灌漑に使っても余るほどの湧水が流れていたという。こちらは天保年間(1830〜43年)に開削され、西河原地区の水田を潤した後、和泉玉川駅の西方で猪方用水に接続していた。

こうして見ると、清水川/岩戸川は六郷用水からの分水に組み込まれていたこと、狛江エリアでは2つの川は別物として捉えられていたことがわかる。
なお「世田谷の河川と用水」では泉龍寺弁財天池の源流から喜多見で野川に合流するまでを「清水川」、慶現寺付近から分かれたのち宇奈根地区南側を回りこんで合流する流れを「町田川(宇奈根川)」としており、また岩戸川の名称の記載はない。当然ながら地域によってそれぞれの呼び方があったのだろう。今回の記事では狛江市での呼び方に倣ってすすめていく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ざっと全体像を把握したところで、いよいよ実際に暗渠・川跡を辿っていこう。
まず最初にとりあげるのは狛江駅のすぐ近く、揚辻稲荷から流れ出していた小川だ。下の地図の中央から右下にかけての細い青いラインがその川だ。すぐそばの紫色のラインは清水川である。
c0163001_23435464.jpg

狛江駅南口、ロータリーの北側の飲食店が雑然と並ぶ一角を奥に入って行くと、すぐに周囲は宅地となり、その一角に揚辻稲荷神社がある。敷地は狭いもののしっかりした鳥居や参道の敷石、刈り込まれた木などからは、今でも信仰されている様子が伺われる。
c0163001_234434.jpg

揚辻稲荷は別名「谷田部稲荷」とも呼ばれ、狛江地区の旧家である谷田部一族の祀る稲荷社だ。狛江の谷田部氏は甲斐武田家に仕えた後、16世紀後半に狛江に土着した一族であるという。
社殿の裏側に回りこむと、かつての湧水池が石垣に囲まれた窪地となって残っている。
c0163001_2344858.jpg

現在はまったく涸れ果てているが、1960年代初頭までは滾々と水が湧き出していたという。狛江駅北側、泉龍寺の弁財天池からは200m足らず。同じ水脈だったのだろうか。社殿の裏手から湧水に降りる階段も設けられている。いわゆる釜のような湧水だったのだろうか。
c0163001_23441514.jpg

東側には川の流れ出していた跡も残っている。水路の幅は1.5mほどだったといい、農業用水として利用されていた。
c0163001_23442075.jpg

とても通り抜けられる様子ではないので、反対側に回りこむ。川跡の草叢が続いている。灌漑に利用されるようになってからは、水路はここで直角に左側の路地の方に折れていた。左手前の白いブロック塀の辺りには戦前には洗い場が設けられていたそうだ。
c0163001_23443034.jpg

その路地の入口には、水門の跡のような構造物がある。この辺りの水路跡を探索した人にはわりと知られている物件だが、半ばアスファルトに埋もれた部分はともかく上側のブロック塀に設けられている溝は何なのだろうか。
路地の突き当りは清水川の暗渠が右から左に流れている。
c0163001_23443829.jpg

突き当り左(東)側にぽっかりと現れる水路敷の風景。一見かなり幅広の川が流れていたように見えるが、実はここには2本の水路が並行して流れていた。
c0163001_23444481.jpg

水路のイメージを描き加えてみると、下の写真のようになる。幅の広い水路敷のうち右端を清水川が、左端を谷田部稲荷からの川が流れていた。地元では前者を「お寺の川」、後者を「お稲荷さんの川」とも呼んでいたようだ。二つの水路の間には土手が築かれていたという。
揚辻稲荷からの水は岩戸地区の灌漑に、清水川の水は岩戸地区には入らず猪方地区の灌漑に使われており、それぞれの水の用途を厳密に区分するためにこのような並行する2本の水路となったと思われる。
清水川源流の泉龍寺には駒井地区、猪方地区から毎年末に「水年貢」が納められたといい、なんと1967年までその慣習が続いたという。一方で揚辻稲荷にも稲荷講の際に岩戸地区などの湧水利用者からわずかながらやはり水年貢が献上されていたという。
この並行水路は1960年代空中写真でも確認でき、暗渠化直前まで残っていたのだろう。
c0163001_23445014.jpg

水路敷はやがて世田谷通りを越える。2本の水路を渡る橋は「溝橋」と呼ばれていた。ここから通りを150mほど北東に向かった狛江三叉路付近には、1900年に旭貯金銀行狛江支店が開業して以降、飲食店や商店、カフェ、芝居小屋が集積し「銀行町」と呼ばれる繁華街となっていた。先の揚辻稲荷は、銀行町で商いを営む人々からも信仰を集めたという。1960年代に世田谷通りが拡幅されたことで銀行町は衰退し、今ではほとんどその面影はない。
通りの先には砂利敷の道とその脇の奇妙な空き地が続いている。
c0163001_23451710.jpg

砂利道に入るとすぐに、右側に半ば埋もれた護岸つきの水路が現れる。清水川の流路だ。こちらも面白いのだが今回の主役は揚辻稲荷からの川。
c0163001_23453036.jpg

右隅に少し見えるコンクリート護岸が清水川の流路、そして左側の砂利道のところが揚辻稲荷からの川の跡となる。
c0163001_2335592.jpg

2本の川跡はゆっくりカーブを描いてその向きを南東から東に変える。下の写真は途中で振り返った様子。左側の茂みと草地の境目に清水川の空堀が窪地となって残っている。2本の水路に挟まれた草地のところはかつては水田だった。今でも何となくその姿が想像できる。
c0163001_23351291.jpg

こちらは空き地の終点付近。この辺りでは2本の川はかなり接近していた。右側に続く浅い窪みが清水川の跡だが、左側に埋もれて続いているコンクリートの構造物は揚辻稲荷からの川の護岸跡だろうか。
c0163001_23354515.jpg

空き地を抜けた地点。車止めのところを左右に抜ける道はかつての大山道だ。ここには
2本の水路に橋が連続して架かっていて「二つ橋」と呼ばれていたという。
c0163001_2336233.jpg

ここから先は、緑道となった暗渠が始まる。現在残る痕跡からは、清水川がこの暗渠につながっていたように見えるが、実際にこの暗渠の方に流れていたのは揚辻稲荷からの川の方だ。
清水川はここで南に向きを変え、南側の微高地を掘割で猪方の低地に抜けていた。写真右の車が止まっている道のところにかつてその掘割が通っていたのだが、現在は完全に埋め立てられて全くわからない状態になっている。
揚辻稲荷からの川跡は、緑道に入ってすぐに、左側から来る岩戸用水の分流+内北谷用水からの余水を受けた流れの暗渠に合流して終りとなる。
c0163001_23361618.jpg

最後に復習の地図を載せて今回の記事は終了。
c0163001_23364760.jpg

狛江の暗渠・川跡の全てを取り上げるのはまず不可能なので、こんな感じで次回以降もポイントをしぼって紹介していきたい。参考文献はどこかのタイミングでまとめて記すことにする。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-06-27 23:45 | 野川とその支流 | Comments(2)
東京都の調査に記されている、小金井市中町4丁目にあるという2カ所の湧水を探しにいったん野川を離れる。中町4-13の金蔵院の境内に湧水があるとのことでまずはそちらに行ったが、湧水は見当たらず。隣接する4-12「はけの緑地2」に湧水を利用していたと思しき池を見つけたものの、ほとんど干上がっていた。
次に、金蔵院の東側の民家の中にも湧水があり、池になっているというということで向かってみる。都の当時の調査では1日343立方メートルの湧水があるという。野川沿いにあった小金井市設置の案内板にも「谷口家の湧水」と記されていた。そばまでいってみたが、敷地は広そうで中までは見えない。奥は崖線の斜面になっているようだ。
c0163001_081486.jpg

道路を挟んだ向かいに、草の生えた空き地があった。どうやら民家内の湧水の余水が、ここに流れ出ているらしい。写真手前の左から右へ横切る草の濃いところが水路のようだ。一方で写真左奥からも林に沿って水路がやってきて、手前で合流している。
c0163001_082653.jpg

林のところまで見に行ってみると、木製の護岸の水路が見える。水は流れていない。
c0163001_0837100.jpg

水路は道路につきあたって直角に折れ、不自然な歩道の暗渠が東に伸びる。暗渠はしばらく行くと途切れている。途切れたところを北側の国分寺崖線に向かってみると、先ほどの民家の裏手に続く斜面が「はけの緑地」となっていた。中には入れなかったが、敷地沿いの坂道を上ると看板がある。それによれば崖線の上には昭和20年代まで玉川上水小金井分水の支流が通っていて、そこから崖線を下る分水が引かれていたとのこと。どうやらこの歩道暗渠とそれに続く水路は、小金井分水支流の更に分水だったようだ。
c0163001_084833.jpg

ちなみに、さきほどの合流地点の空き地にはこのような看板が。
c0163001_08582.jpg

緑地の中の水路は草に覆われてよくわからなかったが、緑地から南に流れ出す水路には湧水が流れていた。
c0163001_09931.jpg

水路はすぐに折れ曲がって、中途半端な暗渠となる。そばの民家からのびる土管は下水なのだろうか。道路にぶつかって暗渠は姿を消している。
c0163001_092284.jpg

水路の行く先を追ってみる。道に沿ってしばらく進むと、再び道路沿いに蓋付暗渠が現れた。
c0163001_093288.jpg

暗渠はやがて幼稚園の敷地にぶつかって消えた。園庭に不自然に一列に木が並んでいるのが見える。どうやらそのあたりを暗渠が通っているようだ。幼稚園の南側に回りこむと、暗渠が現れた。すぐ先の自動車学校のほうへ向かっている。途中から開渠になっているのが見える。
c0163001_094321.jpg

水路沿いに道がないので、更に回り込んでみる。水路を見ることができたが、残念ながら枯れている。流れ込んでいた湧水はどこかで下水に落ちてしまっているのだろうか。
c0163001_0952100.jpg

野川沿いの端の下にに合流口があった。このあたりは野川の水量が多く、暗渠の中まで水が逆流している。
c0163001_010298.jpg

結局小金井分水の水路を辿ることになっってしまったが、これはこれで面白かった。この後、はけの森美術館庭園に残る湧水とそこからの流れも辿りにいったのだが、スペースが尽きた。湧水が続き、読まれる方もそろそろ飽きて来た頃だろうから、またの機会に紹介することとして、ひとまずこのシリーズを終えることとしよう。


[PR]
by tokyoriver | 2010-01-26 00:41 | 野川とその支流 | Comments(6)
湧水の道

新次郎池からの流れの合流点から野川北岸沿いの道を東へ100mほど進んでいくと、旧河道を利用した遊歩道が北に分かれる。少し進むと「湧水の碑」があり、すぐそばから水が湧き出して流れとなっている。後で調べたところでは、この次に取り上げる貫井神社の湧水を引いてきているとのことだ。
c0163001_23414326.jpg

水は遊歩道沿いを100メートルほど流れていったのち、少し先で野川に合流している。かなりの水量だ。
c0163001_23415480.jpg

合流地点のすぐさきの橋のたもとでも湧水が合流。橋の下に回りこんでいるので見えにくいが、こちらも水量がありそうだ。辿っていくと、道路沿いの側溝から流している様子。
c0163001_2342348.jpg

側溝を遡っていくと水は貫井神社から流れ出していた。貫井神社はもともとは湧水を祀った水神社だったという。参道の右手には、ちょっとした滝が作られていて水が側溝に流れ込み、左手にも池があって、滝が落ちている。
c0163001_23423482.jpg

滝の水は一段高くなった境内にある弁天池の水から落ちてきている。
c0163001_23421335.jpg

弁天池には、かなりの水量の湧水が流れ込んでいる。たどってみると、神社の社殿の裏手の崖下に、湧水口があった。「東京の名湧水57選」にも選ばれている「貫井神社の御神水」だ。石で囲まれた中から水が流れ出している。冬なのに水量は多く、水の流れは早い。
c0163001_23422426.jpg

大正後期には神社の前に、この湧水を利用した「貫井プール」がつくられ、1977年まであったという。「貫井プールの碑」が神社の前に立っていた。

滄浪泉園からの流れ

再び野川沿いに戻る。新小金井街道を越えるあたりから川は流路を東から南東へ変える。このあたりは河川敷内に入れるようになっていて、水辺のすぐそばまで近づくことができる。夏場は子供が水遊びしたりもするのだろうか。しばらく進むと、また小川の合流点に遭遇。
c0163001_23425770.jpg

水は川沿いの小さな池にいったん溜まった後に注いでいる。池の向こうには暗渠のような道が見える。行ってみると遊歩道になっている。
c0163001_2343760.jpg

暗渠かと思いきや、道沿いには湧水の流れる小川が。
c0163001_23431710.jpg

辿っていくと道路を横切り・・・
c0163001_23432697.jpg

ごく普通の側溝となって・・・・
c0163001_23433514.jpg

途切れた先には崖線の緑。
c0163001_23434491.jpg

近づいて柵越しに覗いてみると、滄浪泉園の池から流れ出す水が見えた。今回は滄浪泉園が開いていなかったため、外から流出地点を確認するにとどまったが、こちらもまた、東京の名湧水57選に選ばれた湧水がある。園内は国分寺崖線の「ハケ」の地形が保存されており、殿ヶ谷戸庭園と同様、崖下に湧水があるという。
c0163001_23435372.jpg


国分寺崖線の湧水を辿るシリーズ、最終回の次回は玉川上水小金井分水の末流の痕跡などを。ちょっと暗渠も出てきます。


[PR]
by tokyoriver | 2010-01-20 23:34 | 野川とその支流 | Comments(0)
殿が谷戸庭園の「次郎弁天の清水」

まずは国分寺駅南側の「殿が谷戸庭園」。国分寺崖線の斜面を利用してつくられた庭園で、園内に湧水池がある。駅からすぐそばの門から中に入りしばらく進むと、急斜面に鬱蒼とした緑に囲まれた庭園と池が現れる。
c0163001_18453968.jpg

湧水は池の西側にあった。「次郎弁天の清水」と呼ばれた湧水だ。写真ではわかりにくいが、結構な水量の湧水がさらさらと流れ出し池に注いでいる。そばの看板には毎分37リットルの水が流れ出していると記されている。20年前の都の調査では庭園内に2箇所湧水があり、それぞれ一日380立方メートル、190立方メートルの水が湧き出していると記されている。この湧水のほかに水が流れ出しているのは、獅子脅しと、庭園に流れ込む渓谷風の流れの流出点。どちらだろう。
c0163001_18455250.jpg

池の南端には、排水口があってあふれた水は庭園の外に出て野川に注いでいるようだ。庭園をいったん出て野川沿いに行くと、注ぎ口と思われる土管から水が流れ出ていた。
c0163001_1846323.jpg


不動橋の湧水地点

殿が谷戸庭園からの合流点ののすぐ上流側に、元町用水と野川の合流地点があり、不動橋が架かっている。北側の崖下には橋の名前の由来となった小さな不動像が祀られ、手水鉢に澄んだ水が溜まっている。よく見ると水は少しずつあふれて流れ出している。これも湧水だ。
c0163001_18462256.jpg


東元町2-40の湧水地点

続いて向かったのは殿ヶ谷戸庭園からの水の合流点からやや北東の住宅地の中を流れる小川。
ブログ「国分寺から世界へ」さんのこちらの記事によると、玉川上水国分寺村分水(1657年開通)の流末のひとつだという。現在では東元町2-40の住宅地の中より水路が始まり、野川に平行して東に流れている。上記ブログ記事では殿ヶ谷戸庭園の水が流されていと書かれているが東京都の調査では、この現在の水路開始地点に湧水があるという。
この川は十数年前に訪れたことがあるのだが、そのときには、民家の玄関先から突然流れ出していたのを見られたような記憶がある。だが、今では周囲の家が建て替えられて、源流に近づくことはできない。写真は源流から100メートルほど東に行った地点。水が溜まり、川というより、細長い池のような状態。
c0163001_18463464.jpg

下流側を見ると、水が流れ出していることが判る。川はこの先200メートルほど流れた後暗渠になっている。調査当時では一日467立方メートルとかなりの水量となっているが、いまは遥かに少なさそうだ。十数年前現地に行ったときと比べてもずいぶん水量は落ちているようにみえる。
c0163001_18465055.jpg


南元町2-3の湧水地点

この川が暗渠になる地点から北東に150メートルほど進んだ、東経大南交差点のそばにも湧水があるというので行ってみた。駐車場の裏に小さな谷があり水路が作られていた。位置的に判断すると、先ほどの流れの続き(下流部)のようだ。この水路の途中から水が湧き出していたと思われる。しかし、調査当時では一日323立方メートルもあったという湧水は影も形もなく、水路は枯れ果てていた。冬だから枯れているだけなのか、それともすでに枯渇してしまっているのか。夏~秋の湧水の豊富な時期に再訪してみたい。
c0163001_18472343.jpg


東京経済大学の新次郎池

気を取り直して東に進み、東京経済大学の敷地に。敷地は崖線の斜面に位置していて、崖下に、もともとはわさび田だったという湧水池「新次郎池」がある。調査時点では湧水量は一日4061立方メートルと豊富で、東京の名湧水57選にも選ばれているというが・・・

たどり着いた池は、半ば干上がっていた。写真は池の奥側から、流れ出す地点に向けて撮ったもの。
c0163001_1847338.jpg

説明版によると池の周囲には5箇所の湧水が見られるという。確かにそれらしき場所を5箇所、確認することはできた。しかし、その多くは枯渇しており、枯渇していない地点も水量はわずかで、落ち葉に隠れて見えにくい。
c0163001_18474669.jpg

もともと季節変動が大きく、冬場は湧水量が激減するという。それに加えて近年崖線上にある学校の校舎建替えなどで、そもそもの湧水量もかなり減ってしまったという。水をたっぷりとたたえた池に湧水が流れ込む姿を想像していただけにややがっかり。こちらも夏~秋の湧水の豊富な時期に再訪してみたいところだ。

池からは南に向かって川が流れ出している。水量が少ないため、水面は草むらに隠れて見えない。学校の敷地から出て道路沿いを流れているところで何とか流れを見ることができた。
c0163001_18475697.jpg

流れは野川に合流している。
c0163001_1848668.jpg

ここより下流の野川は小金井市内に入り、コンクリート張りの水路から土手に囲まれた川に姿を変える。引き続き小金井市内の湧水を追っていくこととしよう。
c0163001_1848168.jpg



[PR]
by tokyoriver | 2010-01-17 00:32 | 野川とその支流 | Comments(0)
続いては元町用水を上流に遡ってメジャーどころの湧水を一応押さえておこう。元町用水(別名清水川)は国分寺崖線の下に湧き出す湧水を集め東に向かって流れている野川の支流で、川沿いは「おたかの道」として整備されており、静かな散歩道となっている。現在元町用水には生活排水を流さないのはもちろんのこと、雨水さえも、雨水浸透枡を設置してなるべく直接流れこまず地下水として涵養されるように、環境が整備されているという。だから、川を流れる水はすべて湧水ということになる。
c0163001_0171161.jpg

まずは真姿の池湧水群。環境庁の日本名水百選や、都の名湧水57選に選ばれている有名な湧水だ。
元町用水に北側から流れ込む、本流よりも水量の多い支流を100mほど遡ると湧水地点に辿り着く。
c0163001_0172486.jpg

崖下から突然大量の水が湧き出している。改修により玉石で囲まれているが、もともとは赤土の崖面だったという。
c0163001_0173770.jpg

湧出量は調査当時で1日2938立方メートル。換算すると1分で2040リットルと圧倒的な水量だ。
数年前に崖上にマンションが出来て水量がやや減ったというが、それでも豊富な水が流れ出している。
c0163001_0174936.jpg

道を挟んで湧水のすぐ西側には真姿の池。澄み切った水をたたえており、中島には弁財天が祀られている。先ほどの湧水から引いた水のほか、北側の崖線下からも湧水の流れが入っている。
c0163001_018579.jpg

野菜の直売所。これもあまりに有名だが、お約束ということで載せておこう。とれたての野菜を湧水で荒い、売っている。
c0163001_0182067.jpg

真姿の池からの流れの合流点より上流は、崖線がより近くなり、緑も色濃くなって東京とは思えない片田舎の山里のような風景となる。
c0163001_0183851.jpg

やがて水路は竹の柵に突き当たる。柵の向こう側の少し先、崖の下から湧き出す旧本多家屋敷内の湧水と、西側に隣接する武蔵国分寺境内の湧水が、元町用水の源流だ。旧本多家屋敷は2009年10月より「おたかの道湧水園」として公開された。ただし、邸内に3箇所あるという湧水は、湧水源保全地区となっていて近寄れない。
c0163001_0184882.jpg

柵の下からのぞいてみる。この先で屋敷内からの流れと国分寺からの流れが合流しているという。屋敷側からの湧水は当時で一日432立方メートル。一方国分寺からの湧水は518立方メートル。あわせて1000立方メートル近くの湧水がここから流れ出ていることになる。
c0163001_0185721.jpg

国分寺境内の湧水は庫裏の裏の崖下から湧き、元町用水に直接流れ込むほかに分水されて境内の本殿西側の池や本殿前の小庭園の水路にも使われている。水路の中に石臼が置かれていた。
c0163001_01975.jpg


次回は元町用水と野川との合流点より下流の、国分寺駅南側から東側にかけての湧水をとりあげてみる。



[PR]
by tokyoriver | 2010-01-09 21:35 | 野川とその支流 | Comments(8)
年末に、国分寺から武蔵小金井にかけて、野川に注ぐ国分寺崖線沿いの湧水をいくつか訪ねてきた。何度か訪れたことのあるエリアだが、今回は十年ほど前まで刊行されていた、東京都の湧水調査報告書に載っている湧水分布台帳に記載のあった湧水地点を全て探しだそうという試み。手元にある台帳のコピーは1990年のものと92、3年頃のもの。
このエリアは「真姿の池湧水群」が環境庁の日本名水百選にも選ばれていて全国的に知られているが、それ以外にもあちこちに湧水があり、野川の水源となっている。訪れてみると、それぞれの湧水からは小さな川が流れ出して野川につながっていた。当たり前といえば当たり前なのだが、下水に注ぐのではなくしっかりと川につながっているのが何だかうれしく、またこの流れを辿るのがなかなか面白かったので、何回かに分けて記事にしていこうと思う。

==============================================

まずは国分寺・東元町の住宅街の中にあるという湧水を探す。

国分寺の駅から南西に延びる道を下り、野川の谷を越えて野川に並行する道を南東へ。しばらく進むと、南西からの道沿いに、きれいな水が流れているのに遭遇。細い流れだが、側溝ではなくしっかり水路として作られている。小さいながら一応「野川の支流」とも言えよう。この先が目指す湧水だろう。流れてくる方向へと辿ってみる。
c0163001_2324614.jpg

緩やかな上り坂を100メートルほど進むと、水路はその先の路上の柵の中へ消えているように見える。あの柵の中から湧き出しているのだろうか。
c0163001_2324192.jpg

近づいてみると、水路は道路を渡り、向かいの家の下で消滅していた。家の中に池がある様子もなく、周囲にも水路の続きはない。この家の下から湧き出しているのだろうか。路上の柵の中も、水路の区間とは違って底面に砂が露出しており、そこからも湧き出しているのかもしれない。湧出量は当時で1日199(冬)〜354(夏)立方メートル。換算すると1分で138〜245リットルとなる。今見る限りではそんなにはなさそうだが、ある程度の水量があることは確かだ。
c0163001_23243194.jpg

湧出地点から少し先に行った南側は丘になっており、崖下に三方を囲まれた窪地があった。中にはカバーをかけられたポンプ井戸があり、その奥にも、蓋だけされた井戸があった。あとで調べてみると、近隣の家々の自治会で管理する非常時用の井戸だそうで、湧水を利用しているらしい。場所的に、さきほどの湧水と同じ水脈のような感じなので、もしかすると先ほどの流れはこの井戸から自噴しているのかもしれない。
なお、最初の地点より下流は道路沿いの側溝となって流れたのち、暗渠で野川につながっている。
c0163001_23244225.jpg


==============================================

つぎに向かったのはこの丘の反対側(南側)にあるという湧水。

丘を回りこむ道を進んでいくと、道路端の土管から水が南に向けて流れ出し、小川をつくっている。水は北側の丘のほうから流れてきているようだ。
c0163001_23245432.jpg

水を辿って住宅の裏手に入っていくと、自然なままの水路があった。
c0163001_2325762.jpg

更に奥に進んでいく。昔ながら農家風の広い敷地の家と、リオン(補聴器などのメーカー)の工場敷地の境目となっている。水は澄み切っていて、さらさらと流れている。
c0163001_23251821.jpg

水辺には鳥の足跡が。水浴びでもしにきたのか。
c0163001_23253094.jpg

水はリオン敷地内の丘の下の窪みから湧き出していた。湧出点は橋の向こう側に隠れて見えない。
湧出量は当時で1日22(冬)〜328(夏)立方メートルと冬場と夏場の差が激しい。今は先ほどの湧水よりは水量はありそうだが、どの程度の水量なのだろう。
c0163001_23254122.jpg

流れは先程の土管の先でクランチ状に曲がり、小さな暗渠になった後、野川の支流の元町用水に注いでいる。
c0163001_23365080.jpg

つぎは元町用水の主水源である「真姿の池湧水群」のほうに向かう。



[PR]
by tokyoriver | 2010-01-06 23:43 | 野川とその支流 | Comments(7)