東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:立会川とその支流( 2 )

だいぶ間があいてしまったが、「立会川上蛇窪谷戸支流」(仮称)の2回目は、上流部の暗渠(川跡)。まずは流域の全体像をみてみよう。5mメッシュ地図をgoogleearth「東京地形地図」経由の段彩図で。
c0163001_1559143.jpg

水色のラインが品川用水。東急大井町線の戸越公園駅北側で東側と南側に分流している。尾根筋を選んで通されているのがわかるだろう。東側の流れの北側、図の右上にある青いラインが以前取り上げた「古戸越川」だ。
一方、画面下方を左から右へと流れている青いラインが立会川。浅いが幅の広い谷を流れている。品川用水の南下する流れは、かつて立会川の谷を越えるため、築堤を流れた後、立会川を石造りの橋で越えて、川の南側の台地上を東へと流れていた。

そして、先の品川用水の分岐点の南側から、東~南東へと浅い谷筋を下って西大井駅付近で立会川に合流しているのが、「立会川上蛇窪谷戸支流」だ。支流と記したが、図をみるとおわかりの通り、源流部は品川用水に繋がっている。明治時代の2万分の1地形図にもこの流路が描かれている。もともと自然に川が流れていたところに、品川用水から助水をひいたのだろう。流域は「谷戸耕地」と呼ばれていたそうで、川沿いの浅い谷筋に沿って水田が細長くのびていたようだ。

ほぼ同じ範囲の地図。

なお、今回の流れを含め、品川用水の目黒区~品川区エリア、立会川、古戸越川についてgoogle mapにプロットしてみた。こちらを。

古戸越川/立会川/品川用水(目黒区以南)

では流路跡をたどっていこう。大井町線戸越公園駅の南側、花屋の脇にいかにも暗渠な細い路地があり、南東へとわずかに下っている。ここで上流部を振り返っても痕跡はないのだが、戸越公園駅の北側に線路を越えると、車止めのある流路跡が品川用水跡の道路まで続いている。そちらは道幅も広くあまり暗渠然とはしていないが、下水道台帳を見るとしっかり「水路敷」と表示されている。
c0163001_15592186.jpg

道端のコンクリートには苔が生え、湿度の高さをうかがわせる。
c0163001_15592781.jpg

細い路地は、蛇行しながら南東へと下っていく。民家のトタン塀がよい雰囲気を出している。
c0163001_15593274.jpg

品川区戸越から豊町に入るあたりから、車1台程度は通れるほどの幅となる。が、あまりメンテナンスはされていなさそうで、アスファルトはでこぼこし、路面の表示もかすれ気味だ。
c0163001_15593946.jpg

途中、北東側から合流してきていたコンクリート蓋の暗渠。暗渠というよりはまあ排水溝なのだが、少し離れた別の場所でも同様の暗渠を見かけた。品川区独特のものなのだろうか。民家の隙間に取り残され生き残っている、猫でもない限り通り抜けられない細長い空間。
c0163001_1559464.jpg

戸越公園駅から300mちょっとで、川跡は蛇行した細い暗渠から、普通の幅の道路となる。道沿いにあった「日本海洋生物研究所」の外壁。パイプが機能的?にめぐらされていて印象的だった。
c0163001_1559519.jpg

この先下っていくと、道はそのまま前回紹介した「のんき通り」になる。終戦直後の空中写真を見ると、道路の右側(西側)に沿って水路が流れていたようだ。そのためか、交通量が少ないにしては道幅が中途半端に広い。
c0163001_15595786.jpg


「立会川上蛇窪谷戸支流」(仮称)は、おそらく特に名前もないような川だったのだろうが、上流部の路地、下流部の蓋暗渠と、なかなかにポイントを押さえた暗渠だった。
なお、これより西側、池上線荏原中延駅西側から大井町線中延駅西側にかけても、かつて同じように南下する立会川の支流が流れていた。こちらも上流部にわずかながら暗渠っぽい路地などが残っている(googlemapのプロット参照)
[PR]
by tokyoriver | 2010-08-23 20:00 | 立会川とその支流 | Comments(4)
日中の暑さがやや和らいだ、とある夜、横須賀線西大井駅に降り立った。駅前には「立会川」が暗渠化された「立会道路」が東西に走っている。戦後暗渠化された川にしては珍しく、緑道ではなく道路として整備されていて、知らなければ全くこの道が川だったとはわからない状態だが、横須賀線(+東海道新幹線)の跨線橋には「立会川ガード」の名前が残っていた。
c0163001_0382322.jpg

その「立会川ガード」から2つ北寄りのガードの西側に、淋しげな街灯の照らす怪しい路地が家々の隙間へとのびていた(写真右下、赤いコーンの左側のところ)。
c0163001_038315.jpg

近寄ってみると、この界隈ではもはや残っていないと思っていたコンクリート蓋の暗渠だった。空気抜きの穴があるところなど、古戸越川に残っていたコンクリート蓋暗渠と何となく似た雰囲気がある。
c0163001_0383812.jpg

住宅地の裏側に続いている暗渠を、上流方向(北)に遡ってみた。蓋は古そうで、歩くとガタガタ音がする。幅は狭いが、その曲がり具合には暗渠らしさがにじみ出ている。
c0163001_0384656.jpg

進んで行くと、何と小さな橋まで残っていた。道路の幅は車1台分くらいあるのに、橋は自転車がやっと通れるほどだ。渡ってすぐのところには車止めもある。しばらく見ていると、犬の散歩の人などが橋を渡っていく。どれだけの人がこれを橋として意識しているだろうか。
c0163001_0385322.jpg

橋の先も、さらにコンクリート蓋が続いている。街灯があるので、一応通路として扱われているのだろうか。
c0163001_039217.jpg

100メートルちょっとを過ぎたくらいの場所で、車道に突き当たって蓋暗渠は姿を消す。これより上流側は会社の敷地となっていた。かつてはその中をもう少し北まで続いていたような雰囲気だ。
c0163001_039963.jpg

会社の敷地が尽きた少し先には、銭湯があった。暗渠のサインポストだ。というよりも実は、この銭湯の前の道にかつて小さな川が流れていた。この川は東急大井町線戸越公園駅近辺を水源として浅い谷を南下し、西大井駅付近で立会川に合流していた。流域の旧町名「上蛇窪」と水源近辺の字名「谷戸」から、ここでは便宜上「立会川上蛇窪谷戸支流」と呼ばせてもらおう。
今回西大井に立ち寄ったのは、以前上流部を辿ったことのあったこの「立会川上蛇窪谷戸支流」の下流部を見てみようという目的だったのだが、そこで思わぬ収穫となったのが、先の蓋暗渠だったというわけだ。おそらく銭湯の前あたりで分岐し、西大井駅のそばで再び合流していた傍流だと思われる。
c0163001_0391625.jpg

再び最初のコンクリート蓋暗渠発見地点へ戻ってみる。蓋暗渠の南側には、横須賀線/新幹線の土手に沿って、壊れかけた軽トラックやらバイクやらが無造作に置かれた、怪しい空間があった。ここがおそらく蓋暗渠区間の下流部だったのではないか。
c0163001_0392343.jpg

この空間の先を確認しに、一つ南側のガード脇に行ってみる。「のんき通り」とあるのが銭湯から続いている「立会川上蛇窪谷戸支流」の川跡。正面に、怪しい空間の末端が見える。ここで傍流が再度合流していたのだろうか。
c0163001_0392920.jpg

ちなみに、「立会川ガード」の西側にも、立会川に合流していた別の暗渠が残っていた。こちらはアスファルトで舗装されている。あとで下水道台帳を見ると、今でも一部の区間は水路敷扱いとなっていた。
c0163001_0393524.jpg

この暗渠は、大部分は直線だが、遡って行くともう川跡としかいいようのない路地となる。こちらは住宅地の中を150メートルほど北上して、忽然と消える。これも「立会川上蛇窪谷戸支流」の傍流だったのだろうか。
c0163001_0394059.jpg




[PR]
by tokyoriver | 2010-08-11 23:38 | 立会川とその支流 | Comments(6)