東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:入間川と深大寺(砂川)用水( 18 )

「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズの最後として、全体の地図、記事の目次、そして主要参考文献一覧をまとめました。この記事を参考に読みなおしたり、暗渠探索の参考にしていただけたら幸いです。

■「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズでとりあげた河川・用水マップ
(主要な流路のみ記載。分流などは各記事の地図をご参照のこと)
c0163001_20464412.jpg


■「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズもくじ

・第1回 深大寺用水東堀の上流部その1
 ー梶野新田分水接続の開始地点から西堀、東堀分流を分け三鷹通り沿い諏訪神社まで

・第2回 深大寺用水東堀の上流部その2
 ー東堀本流を三鷹通りから野が谷通り付近まで

・第3回 東堀分流の暗渠と入間川源流部、そして二段水路跡
 ー入間川の源流部、深大寺用水東堀分流を中央高速道北側まで。野が谷の二段水路跡

・第4回 隧道水路から旧金子村エリアへ。執拗に入間川の水系を避ける水路
 ー深大寺用水隧道から蛇窪の柴崎緑道を経て、狢沢の川と並行するまで

・第5回 仙川用水、入間川支流との交錯と、再びの隧道
 ー入間川西つつじヶ丘支流(狢沢の川)と、かつての仙川用水を利用し、甲州街道沿い隧道を抜けるまで

・第6回 深大寺用水東堀の流末と、いくつかの分流の痕跡
 ー甲州街道以南から野川合流地点までと大町堀、大町堀分流、八反田用水

・第7回 ほとんど痕跡のない、深大寺用水西堀上流部
 ー深大寺五叉路から絵堂地区を経て神代中学校付近まで

・第8回 開渠や湧水池の痕跡の残る深大寺用水西堀中流部
 ー神代中学校付近から甲州街道を越えるまでと、金子厳島神社からの流れ

・第9回 コンクリ蓋暗渠の続く深大寺用水西堀下流部
 ー甲州街道以南から、金子厳島神社から流れを利用し野川合流地点まで

・第10回 謎解き仙川用水その1ー品川用水上流部と深大寺用水下流部の母体
 ー仙川用水とは/仙川用水と品川用水の関係/品川用水から三鷹用水へ/柴田家と仙川用水開削時期の関係/境の分水地点/堀合通り/堀合地下道/さくら通り/品川用水と仙川用水の分岐点/仙川への導水路はどこか/2つあった分水口/幻の「野川」

・第11回 謎解き仙川用水その2ー幾重に交差する水路を紐解く
 ー仙川の谷を越える築堤/仙川上流部の開削時期/築堤がもたらした大浸水/梶野新田用水野崎支線/海上技術安全研究所を抜ける仙川用水と明治20年代開削説/消防大学校

・第12回 謎解き仙川用水その3ー島屋敷ルートと仙川源流地帯
 ーはっきり残る島屋敷ルート水路跡/島屋敷と仙川用水/野川宿橋への導水/勝渕神社と仙川の水源「丸池」/忘れられた仙川もうひとつの水源「ベンテンヤ」

・第13回 謎解き仙川用水その4ー入間川から金子方面導水路まで
 ー仙川用水入間川養水ルート/入間川を利用した「中仙川用水」の区間/再び入間川から分かれる仙川用水

・第14回 入間川中流部[中仙川遊歩道から入間川へ]
 ー中原の分流から甲州街道まで/公式な「入間川」の区間/実篤公園からの湧水

・第15回 入間川下流部と、周囲に残る支流の暗渠・痕跡
 ー現在の入間川下流部/あげ堀のコンクリート蓋暗渠/太古の入間川流路の痕跡?

・第16回 野川に切り離された、入間川の本当の下流部
 ー入間川と野川の流路の変遷/六郷用水/六郷用水の廃止と野川の改修/六郷用水開削前の入間川と野川/野川右岸に残る入間川旧流路跡/入間川流末の分流の暗渠/滝下橋緑道

■川・水路別 掲載記事

【用水路】

・深大寺用水東堀 第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回 | 第6回
・深大寺用水西堀 第7回 | 第8回 | 第9回
・梶野新田分水 第1回 | 第11回
・品川用水・仙川用水 第5回 | 第10回 | 第11回 | 第12回 | 第13回
・八反田用水 第6回
・野川大町用水 第9回
・六郷用水 第16回

【川】

・入間川 第2回 | 第13回 | 第14回 | 第15回 | 第16回
・仙川 第11回 | 第12回
・野川 第6回 | 第15回 | 第16回
・入間川狢沢支流 第5回 | 第13回
・厳島神社からの川 第8回
・幻の「野川」から水無川への排水路 第10回

【池・湧水】

・野が谷の「釜」跡 第3回
・らんせん池 第4回
・八反田の弁天池跡 第6回
・厳島神社の湧水池跡 第8回
・丸池、ベンテンヤ跡 第12回
・実篤公園湧水 第14回

■主要参考文献

角田陽次郎 1993−2000「深大寺用水私考(1)〜(8)」2004『調布史談会誌 合冊綴(自第21号至第30号)』
中西駿郎 1976「対話 深大寺用水」調布市郷土博物館
中西駿郎 1977「幻の深大寺用水」『調布史談会誌 第9号』
神代団地自治会 1995「金子田んぼがあったとき 神代団地30周年記念誌」
横山譲二 2007「深大寺用水が流れ水車が回っていた頃の暮らし」私家版 
調布市教育委員会編 2001「調布の古道、坂道、水路、橋 調布市文化財調査報告書」
調布市市史編集委員会編 1984「近世調布の村むら 調布市史研究資料2」
調布市市史編集委員会編 2000「図説 調布の歴史」
三鷹市教育委員会他編 2004「東京都三鷹市新川島屋敷遺跡発掘調査報告書3」
郷土中仙川作成委員会編 1982 「郷土中仙川」郷土中仙川作成委員会
小坂克信 1999「玉川上水系の用水の地域に果たした役割に関する調査ー砂川用水の水利用を中心にー」とうきゅう環境浄化財団
小坂克信 2003「三鷹の水車の歴史」三鷹市教育委員会

昌平坂学問所地理局 1810−30「新編武蔵風土記稿多磨郡巻之94」 芦田伊人編1996「新編武蔵風土記稿 第5巻」雄山閣 
井之口章次編 1984「文化財シリーズ第14集 三鷹の民俗5 上連雀」三鷹市教育委員会
井之口章次編 1985「文化財シリーズ第15集 三鷹の民俗6 下連雀」三鷹市教育委員会
井之口章次編 1987「文化財シリーズ第19集 三鷹の民俗10 新川」三鷹市教育委員会
井之口章次編 1987「文化財シリーズ第20集 三鷹の民俗11 中原」三鷹市教育委員会
富沢昭二 2001「上・下飛田給村 道生神社/大町村 八劔神社」「広報誌「まいんず」vol.38」JAマインズ
富沢昭二 2002「村と鎮守様略記 7 柴崎村稲荷神社」「広報誌「まいんず」vol.41」JAマインズ
富沢昭二 2003「村と鎮守様略記 10 金子村厳嶋神社」「広報誌「まいんず」vol.44」JAマインズ
富沢昭二 2006「村と鎮守様略記 22 入間村 糟嶺神社」「広報誌「まいんず」vol.56」JAマインズ

三田義春編 1989「世田谷の地名 区域の沿革・地誌・地名(下)」世田谷区教育委員会
世田谷区教育委員会編 1977「世田谷の河川と用水」
世田谷区教育委員会編 1989「あるじでえNo.5 小泉次大夫と次太夫堀」
世田谷区教育委員会編 1992「あるじでえNo.19 六郷用水(次大夫堀)の管理と利用」

品川用水普通水利組合編 1943「品川用水沿革史」
品川区教育委員会編 1994「 品川用水「溜池から用水へ」」
日本科学者会議運輸研究機関分会編 2002「船研の緑 山中賢次著作集」
環境省水・大気環境局水環境課編 2007「環境用水の導入事例集~魅力ある身近な水環境づくりにむけて~」
三鷹市企画部広報課編 2001「みたか観光マップ」
武蔵野市立第六中学校編 2011「学校だより 平成23年度第5号」
東京都建設局 2009 「多摩川水系 野川流域河川整備計画(変更)」

【市史】
調布市市史編集委員会編 1997「調布市史 下巻」 
三鷹市史編さん委員会編 1970「三鷹市史」
三鷹市史編纂委員会編 2000「三鷹市史補・資料編」
武蔵野市史編さん委員会編 1970「武蔵野市史」
武蔵野市編 2002「武蔵野市百年史 記述編2」
武蔵野市編 1994「武蔵野市百年史 資料編1 付図 武蔵野村地番図」
小金井市誌編さん委員会編 1967「小金井市誌2 歴史編」
狛江市史編さん委員会編 1985「狛江市史」

【地図】
陸地測量部 1886「2万分の1東京近傍図  東京近傍西部」
大日本帝国陸地測量部 1919「5万分の1地形図 東京西北部」
大日本帝国陸地測量部 1937「1万分の1地形図 吉祥寺」「同 井之頭」
日本地形社 1945「1万分の地形図 井之頭」
国土地理院 1984「1万分の1地形図 成城」「同 吉祥寺」「同 調布」「同 小金井」

有田元三郎著 1931「最新番地入東京郊外地図」文彰堂書店
塩沢榮八郎編 1939「東京府北多摩郡三鷹村土地宝典」
天野絢子編 1959「調布市土地宝典」朝日設計測図
中野弘道・青木昇編編 1985「市政30周年記念版調布市土地宝典」日本公図研究社
榛澤茂量 2003「郷土研究用地図vol.2 三鷹村復元圖」
清水靖夫編 2004「多摩地形図 1942(昭和17)-44(同19)年」之潮

公共施設地図航空編 1971「三多摩全域と伊豆七島小笠原諸島硫黄島1万分の1地形図編 昭和46年度版」
公共施設地図航空編 1969「全住宅案内地図帳 調布市」
公共施設地図航空編 1970「全住宅案内地図帳 三鷹市」
ゼンリン編「ゼンリン住宅地図 三鷹市」 1972〜1995年版の各冊
ゼンリン編「ゼンリン住宅地図 調布市」 1972〜1995年版の各冊
ゼンリン編 1972「ゼンリン住宅地図 狛江市」日本住宅地図出版(株)
ゼンリン編 1976「ゼンリン住宅地図 世田谷区西部(砧地区)」日本住宅地図出版(株)
エム・アール・シー編 2010「ブルーマップ 世田谷区」社団法人民事法情報センター

【webサイト】
国土地理院webサイト内 「国土変遷アーカイブ」
東京地形地図
goo地図
三鷹市教育センターwebサイト内「郷土学習資料 仙川の流れと新川の昔探し」


_______________________________
以上で、「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズは終了です。ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました。
[PR]
by tokyoriver | 2012-05-22 21:02 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(9)
「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズの最終回は、失われた入間川の下流部を辿る。まずは前回の記事でも取り上げた、入間川の河口。現在の入間川は、調布市入間町と狛江市東野川の境目で、野川に合流して終わっている。前回の記事では水の流れる2008年6月、涸れている2012年2月の写真を載せたが、今回の写真は2012年5月のもの。水はしっかり流れている。右側に見える別の合流口は、かつての合流式下水道の排水口らしく、今では使っていないそうだ。
c0163001_19321187.jpg

入間川と野川の流路の変遷

下の地図は、京王線以南から小田急線を挟んで二子玉川付近までの一帯の、現在見られる河川の流路を示している(一部暗渠)。野川が北西から南東に横切り、そこに入間川、仙川が合流している。また仙川は野川に合流する手前で丸子川を分け、そちらには途中から谷沢川が合流している。これらの川が現在のような流路となったのは1967年以降のことだ。
c0163001_19321671.jpg

1967年以前の流路は、下の地図のようになっていた。大きく異なるのは「六郷用水」の存在だ。また、狛江市内の野川は今よりも西側を流れていた。そして、小田急線喜多見駅付近の、現在野川が流れている辺りには、入間川が流れていた。この失われた入間川下流部が今回の記事の主題だが、その前に一帯の河川・用水の変遷について簡単に触れておこう。
c0163001_19322153.jpg

六郷用水

六郷用水は、江戸時代初期、1597(慶長2)年から1611(慶長16)年にかけて15年の歳月をかけてによって作られた、多摩川から分水した灌漑用水だ。開削を主導した小泉次大夫吉次にちなみ、「次太夫堀」とも呼ばれている。なお、多摩川を挟んだ反対側(川崎側)には同時期に二ヶ領用水が開削されている。
取水口のある狛江近辺の水路は1605(慶長10)年に開削が始まり、1609(慶長14)年には開通して現在の狛江と蒲田の間の本流が繋がった。そののち引き続き小堀(六郷領内の分流)が開削され1611年に完成した。その延長は23kmに及ぶ。当初は六郷領21ヶ村にのみ水利権があったが、のち1726(享保11)年に、世田谷領の14ヶ村についても利用が認められた。

六郷用水の廃止と野川の改修

300年以上にわたり、現在の世田谷区南部と大田区の田畑を潤してきた六郷用水は、流域の都市化に伴い1950年頃には使われなくなったという。そして取水口から狛江駅付近までの上流部は1965年に暗渠化された。
一方野川は、戦後相次いだ氾濫を契機に1962年に改修工事が開始し、狛江市内では入間川の流路への付け替えと直線化という大幅な改修となった。この工事は1967年に完成した。
取り残された水路のうち六郷用水の区間は1971年ころまでには暗渠化し、世田谷区内の区間は滝下橋緑道になった。そして、旧野川の区間も1974年から77年にかけて緑道化され、最初の地図に見られるような現在の姿となった。
なお、あわせて仙川の流末も野川に接続するようになり、取り残された六郷用水は丸子川として再出発した。

六郷用水開削前の入間川と野川

では六郷用水が開削される前の入間川や野川はどのような流路を流れていたか。下の地図がその想定図である。ルートは現在残っている関連する水路や水路跡をつなぎ推定で描いた。実際に必ずしもこのとおりだったわけではないだろう。
c0163001_19322633.jpg

これを見ればわかるように。六郷用水が開削される前、野川は現在の岩戸川(〜清水川・町田川・宇奈根川。いずれもほぼ暗渠化)の流路を経て多摩川に注いでおり、一方で入間川は現在の野川の流路を経て多摩川に注いでいて、それぞれは独立した川だった。
そこに六郷用水が開削されたことで、野川と入間川は、下流部を切り離されて六郷用水に取り入れられた。六郷用水が再び分かれた後の入間川の最下流部は、野川として扱われるようになった。六郷用水には、他にも仙川や谷戸川が取り入れられ、切り離された仙川の下流部は荒井吐、谷戸川の下流部は谷川として扱われるようになった。

段彩図で土地の高低差を見ると、かつての野川と入間川の流路が一目瞭然に浮かび上がる(国土地理院基盤地図情報5mメッシュ地図をカシミール3Dで加工)。野川の旧流路と岩戸川/清水川の谷筋は連続している。一方で入間川の谷筋との間には微高地があってはっきり隔たれている。
通説では野川は宇奈根付近で多摩川に直接合流していたとされており、図の流路描写はそれにあわせてあるが、地形の微高低差を見るとそこではなく、入間川に合流していた可能性もある(それらの低地は現在清水川や宇奈根川のルートとなっている)。
c0163001_19362254.jpg

こうしてみると、入間川は時代を追うごとにその流路を奪われ縮めてきたこととなる。まずは六郷用水の開通で下流部が六郷用水と野川に奪われ、流路が縮まった。そして1960年代の野川の改修にでは更に上流部で断ち切られたうえに、野川の支流扱いとなってしまった。現在入間川とされている流れは、かつての長さの半分くらいにすぎない。

六郷用水の開通から廃止、そして関連する河川の改修による水路の遷移は探っていくと面白い。また、かつての野川の流路を含む、清水川/岩戸川/町田川/宇奈根川とも呼ばれた川の流れるエリアは水路が複雑に交錯し、更に猪方用水や岩戸用水といった六郷用水からの分水路も絡んで複雑だが、詳細を記すとそれだけで数回分の記事となってしまうので、今回はこの程度で留めておき、主役の入間川を六郷用水開削後の合流地点付近まで追っていく。下の地図の紫色のラインで描いた水路跡・暗渠が、今回取り上げる区間である。
c0163001_22331828.jpg

野川右岸に残る入間川旧流路跡

野川にかかる「谷戸橋」を渡る道路を過ぎた地点から、はっきりとした水路跡が現れる。写真の箇所は左岸側のマンションの建設にあわせて整備されたようだ。
c0163001_19323458.jpg

その先の谷戸橋広場の脇には、草の生い茂る空き地となった水路跡が残っている。この辺りでメインの流路は二手に分かれていた。高低差を考えると東側の水路が本流で、西側の水路があげ堀的な傍流だったのだろう。その他にも水田の灌漑用に、幾筋かに分かれた水路が交錯していたようだ。
c0163001_19323740.jpg

まずは西側の傍流を辿る。空き地の水路跡を下流側から望む。これより下流は世田谷区に突入。いったん道路の歩道になる。
c0163001_19324068.jpg

だが少し進むと、細い水路跡の道が現れる。
c0163001_1933965.jpg

道端にはコンクリート蓋の溝渠が続く。処々で排水管の継手が突き出す。
c0163001_19334592.jpg

細い暗渠路地の終端から上流側を振り返る。右側の空き地にも実は水路跡が残っている。
c0163001_19333456.jpg

写真ではわかりにくいが、細長い窪地が写真左奥から右手前に続いている。これは東側の本流からの分水路で、前の写真の手前で、西側の水路に合流していた。
c0163001_19333711.jpg

窪地を上流側から見ると、水路敷の幅の分だけ空き地となっていてよく分かる。
c0163001_19335627.jpg

先ほどの細い暗渠路地の下流側は、再び道幅が広くなる。写真は下流側から上流方向を望んだところ。奥に見える草地がさきほどの合流地点。一段低くなっていて、護岸風の擁壁からは排水管の継手が突き出している。
c0163001_1934027.jpg

車止めのついた暗渠道は、喜多見駅の方に南下していく。
c0163001_1934497.jpg

ここで少し遡って東側の本流を。小田急線の車両基地でもあるふれあい広場の西側に沿って写真手前を右から左に川跡の遊歩道が続く。正面は西側の傍流との間をつなぐ水路跡だろう。下流側に進むと、先ほどの草叢の窪地を通る水路が分かれていた。
c0163001_19385171.jpg

川跡は遊歩道を抜けると、小田急の車庫に沿った道の歩道となって南下していく。微妙な曲がり具合が川を彷彿させる。
c0163001_19394528.jpg

何本かに分かれていた入間川の水路は、小田急線の線路の手前で一本に合流し、線路をくぐっていた。線路の南側、ちょうどかつて水路が通っていた地点には高架下に不自然な空間がつくられている。前後は一面の壁面となっているのだが、ここだけ高架下を抜けられるようになっている。だが、抜けた先に何かあるわけでもなく、通路ではなさそうだ。水路敷と関係あるのだろうか。
c0163001_19401475.jpg

小田急線を潜ってすぐ南側の地点にはかつて水車が掛かっていた。1878(明治11)年の設置で、直径は1丈5尺(約4.5m)あったという。その先の入間川は、現在の野川の河川敷の付近を蛇行しながら流れていた。
野川に架かる上野田橋の袂には石橋供養塔が保存されていた。側面には文化八年(1811年)と記されている。かつての入間川の流路に架かっていた橋の供養塔だろう。
c0163001_19402859.jpg

入間川流末の分流の暗渠

ここから先は、石橋供養塔の辺りで西側に分岐していた分流を追ってみる。歩道を写真手前から奥に。道路が細くなり歩道がなくなる地点から「歩行者自転車専用道路」との標識のある細い路地が分かれる。
c0163001_19402881.jpg

路地に入って行くと、入って行くとすぐに階段が現れる。降りた先はフェンスに囲まれたコンクリート蓋の暗渠となっている。
c0163001_1941332.jpg

写真は下流側から上流方向を望んだ様子。浅い谷の西側の縁に沿って暗渠が続く。
c0163001_19411958.jpg

川沿いの民家に出入りするための小さな橋も残っている。
c0163001_1941364.jpg

蓋暗渠はその先、世田谷通りに突き当たって消える。
c0163001_19415023.jpg

滝下橋緑道へ

世田谷通りを越えると、水路跡風のやや太めの路地。近くには「水車」の名がつけられたアパートがあった。ここより少し先のあたりにもかつて直径6mもある大きな水車があったそうだが、関係あるのだろうか。
c0163001_1942313.jpg

そして路地を抜けると、滝下橋緑道に出る。かつての六郷用水は、取水口から狛江駅付近までは道路になったり世田谷通りの歩道に取り込まれてしまっていて全く痕跡はないが、世田谷通りから分かれた後の世田谷区内の僅かな区間は「滝下橋緑道」として整備されている。

滝下橋の由来である字名「滝の下」は、六郷用水が世田谷通りから離れて緑道が開始する地点にあった「たんげいの堰」から落ちる水が滝のようであったことに由来するという。堰では六郷用水の北側に用水路が分かれ、入間川を掛樋で越えて国分寺崖線の直下を流れ、成城三丁目緑地からの現在も残る湧水を合わせた後再度六郷用水に戻っていた。
c0163001_19421670.jpg

緑道を100メートルほど進むと、とうとう野川に出る。のれんのかかった暗渠の口がぽっかりと開いている。ここの手前で、入間川は六郷用水に合流していた。90年代初頭までは野川のすぐ脇に並行して水路敷の窪地が残っていたようだが、今は歩行者道となっている。
c0163001_19422977.jpg

暗渠の出口の先には野川とその河川敷が広がる。かつて六郷用水が開削されるまでは、この先の流路も入間川として、多摩川まで続いていたわけで、少し下流側にある次大夫堀公園に残る六郷用水の水路もいってみれば入間川の流れだったのだ。
1960年代なかばの整備を経た現在の野川はほぼまっすぐに南東へと流れていく。河川敷は広くとられていて、空が広い。一時期は下水同然と化したその流れも今では澄んだものとなっている。それでも大雨の後は下水が流れ込み水質が悪化するし、雨が少ない年は瀬切れしてしまうといった問題は抱えている。

なお、野川の直線化改修には水路に並行して計画された外郭環状道路も関係していたという。こちらは1970年に大泉以南の計画が凍結されたのだが、近年になって地下道路として計画が復活していて、地下水脈や湧水への影響が懸念される。すでに白子川水系沿いの貴重な湧水群である「八の釜憩いの森」の湧水が外郭環状道路の整備で消滅することが明言されている。
c0163001_19424354.jpg

これより下流、六郷用水の開削やその後の河川改修に絡んだ野川、仙川、谷沢川、丸子川、谷川といった川の流路変更や、あるいはかつての野川流路(もっと遡れば多摩川の流路)だった岩戸川/清水川や町田川/宇奈根川といった川の複雑に残る暗渠も興味深いが、それらは別の話題となるるので、又の機会としよう。
そして、深大寺用水としての開削区間より上流側の砂川用水〜梶野新田分水についても、また機会があれば記したい。

半年、16回にわたっての入間川と深大寺用水のシリーズ、当初の構想よりもかなり扱う範囲やボリュームが増えてしまったが、これにてひとまずお開きとなる。深堀りしすぎたこともあり、「fragments」(断片)とはだいぶかけ離れてしまった。読みにくくなってしまったことはお詫びしたい。
最後に参考文献一覧を記す予定だったが、今回の記事が想定外に長くなりすぎたので、数日中にシリーズ全体の目次とあわせて別の記事としてアップすることにする。

(もう1回だけつづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-05-20 22:50 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(4)
入間川の中下流部編、2回目は実篤公園付近から野川の合流地点までと、周囲に残る分流の痕跡について取り上げる。まずは全体地図を(google mapよりキャプチャ)。前回と同じ説明となるが、図の中央を左上から右下に流れる赤紫色のラインが入間川で、甲州街道以南から、野川に注ぐまでの本流の区間が開渠、それ以外は暗渠か埋め立てられている。ピンクの矢印で示したのが今回取り上げる区間だ。
緑色のラインは前回まで取り上げた仙川用水に関係する水路。地図の区間ではその大部分は深大寺用水に取り込まれている。いずれも暗渠化もしくは埋め立てられている。
c0163001_22155043.jpg


現在の入間川下流部

さっそく前回の続きから辿っていこう。実篤公園の南東側には、車止めが設けられた遊歩道が設けられている。これはかつて入間川から灌漑用に分流されたあげ堀跡だ(上の地図で実篤公園南から始まる、やや濃い紫色のライン)。
c0163001_2215543.jpg

遊歩道は短い区間で終わるが、水路の跡はその先の道路に沿って不自然な歩道となって続いている。写真に見えるガードレールで縁取られた歩道は、数年前まではもっといい加減な舗装でいかにも水路跡の雰囲気を漂わせていた。
c0163001_22155851.jpg

あげ堀は若葉小学校の脇を通った後、その向いの調布市立第四中学校の敷地内に入ってしばらく痕跡を追えなくなるが、都営調布入間町2丁目アパートの南側付近から再び、よりはっきりした姿を現す。これについてはのちほど取り上げることにして、入間川本流に戻ろう。
第四中学校の脇の辺りでは、入間川の水路は谷筋の西側の崖線下を流れている。崖線の緑が色濃く残っている貴重なエリアだが、川沿いに道がなく見られないのが残念だ。
c0163001_2216359.jpg

崖線の上に上り少し上流側に戻ると、崖線の斜面の林が残されていて、川を見下ろすことができる。ただ、護岸を支えるはしご状の梁が邪魔をして、川面はあまり見えない。
c0163001_22161374.jpg

丘の上から南にしばらく下って行くと、ようやく入間川に沿った道となる。写真は上流側に向かって撮影したもの。道の両脇の木立がよい。
c0163001_22162386.jpg

仙川駅から狛江駅方面に抜ける通りを越え、都営調布入間町2丁目アパート(団地)脇に入ると、入間川の流路は深く掘り下げられ路面よりもかなり高い護岸が設けられていて、普通に歩いていると川面が見えない状態となっている。この辺りまで来ると、乾季(写真は12年2月)には、水が枯れてしまい、コンクリート3面張りの水路が虚しく続いている。上流に流れていた水は護岸の隙間から徐々に地面に染みこんでしまったのだろうか。
c0163001_22164877.jpg

水路の右岸(西)側は小高い急峻な丘となっていて、丘の上には明照院と糟嶺神社が鎮座している。明照院は室町時代後期(16世紀半ば)に創建された天台宗の寺院。今回見落としたが、入間川を挟んで反対側の国分寺崖線の下に弁天山と呼ばれる一角があり、この寺院が17世紀後半に竹生島より勧請した弁天祠が現存するという。当然ながらそこにはかつては湧水池があり、現在でも祠を囲むように池の痕跡が残っているそうだ(参考サイト)。
そして、糟嶺神社はそれより古く鎌倉時代の創建との伝承のある、かつての入間村エリアの鎮守社だ。糟嶺という名称は非常に珍しい。神社の縁起には農業の神「糟嶺大神」を祀るとあるというが、その神の名は他には聞かない。他の説としては、鎌倉時代に近隣に領地を持っていた糟谷氏が、ここの丘=嶺に先祖を祀るために、その1字をとって創建したという由来も伝わる。世田谷の地名粕谷もこの糟谷氏に由来する。また、神社の本殿が鎮座する場所は丘の上でもさらに一段小高くなっている(写真で石段が細くなる地点より上)が、これは古墳で、径40m、高さ5mの円墳となっている。
c0163001_2217168.jpg

神社の立つ丘の上から、入間川を下流方向に望む。右奥に見えるマンションの下はもう野川の流路だ。
c0163001_22171158.jpg

12年2月に訪れたときは水は完全に枯れ果てていて、野川の合流口から水路敷に入っていくことも出来た。
c0163001_22171428.jpg

こちらは2008年6月、糟嶺神社脇の流路。鴨が水浴びを出来る程度には水が流れている。水質もよさそうだ。
c0163001_22171980.jpg

野川との合流口はさらに水路が掘り下げられ、護岸がその分高くなっている。
c0163001_22173230.jpg

合流口を上から見たところ。水が流れている時期はこのように、平らな斜面になった水路全体を水が下っている。
c0163001_22173731.jpg

河口の辺りだけは狛江市が野川の北岸まではみ出していて、入間川が調布市と狛江市の境界となっている。
c0163001_22174053.jpg

野川が現在の流路になったのは1967年。それより以前の野川は現在の流路よりもよりもだいぶ南西を流れていた(現在は緑道となって残っている)。したがって入間川もそれまでは、ここではなくもっと南東、小田急線の喜多見駅の南側で野川(正確には六郷用水)に合流していた。
現在の合流口より先の区間は、野川の右岸(西)側、狛江市東野川から世田谷区喜多見にかけて、ほぼ暗渠や水路跡として残っており、辿ることができる。そちらは次回に紹介するとして、今回は野川合流地点より北側の水路跡・暗渠を2ヶ所ほど取り上げよう。

上げ堀のコンクリート蓋暗渠

まずは前回、今回の冒頭と断片的に取り上げてきた入間川のあげ堀の下流部にあたる暗渠を。現在、甲州街道以南の入間川の流路はその流れる谷底の西側の縁に沿って流れているが、それに並行してかつて谷のほぼ真ん中に入間川の「あげ堀(分水路)」が流れていた。谷底はかつて「入間たんぼ」と呼ばれる水田となっていて、それらに水を引き入れるための用水路がこのあげ堀だ。水田が埋め立てられて宅地となった今では、あげ堀のほとんどは埋め立てられて道路となっているのだが、一部の区間だけは忘れられたようにコンクリート蓋をされた暗渠となって残っている。
c0163001_2218989.jpg

暗渠は入間川左岸側、国分寺崖線の下に出来た小さな河岸段丘の縁に沿って曲がりくねりながら続いている。
c0163001_2221935.jpg

人が通ることが滅多にないからなのか、コンクリートの蓋は随分ぞんざいに架けられていて、隙間がかなり開いている。隙間から見える水路はかなり浅く、中には水気はなかった。
c0163001_2221252.jpg

暗渠は住宅地と再開発を待つ崖線下の空き地の間を300mほど続いた後、普通の道路の歩道に姿を変え、消える。たまたま残ってきたこの暗渠、隣接する空き地のマンション(?)建設が再開したらもしかすると道路になってしまうのかもしれない。

太古の入間川流路の痕跡?

続いて、入間川の西側に並行する浅い谷に残る水路の痕跡をとりあげよう。
武蔵野台地上の浅い窪地に流れを発した入間川は中央高速道付近の一旦開渠となる辺りから谷を深く刻んで降り始め、甲州街道いなんで再度開渠になる辺りで国分寺崖線の下に出る。現在はその後崖線下の一段高くなった段丘上を流れて、野川沿いの低地に出ている。だが、段彩図をよくみるとその段丘上、入間川の流路の南東側にもう一つ浅い谷筋があるのがわかるだろう。
c0163001_22221462.jpg

そのあたりを拡大したのが下の段彩図。つつじヶ丘駅付近から、入間川の谷から二手に分かれた浅い谷が始まり、糟嶺神社の辺りで再度入間川の谷に接近して野川沿いの低地に繋がる。地形から推測すると、かつて入間川がこちら側の谷を流れていた時期があったのではないだろうか。また、狢沢から流れだした川が、甲州街道の北側では入間川に繋がらずに、入間川に並行してこちらの谷を流れていた可能性も考えられる。ただ、谷の規模を考えると前者のほうがより可能性が高いように思われる。
この谷筋に、かろうじて水路の痕跡が残っている。図にピンクで記したラインがそれだ。これを下流側から辿っていく。
c0163001_22223599.jpg

まずは図のピンクのラインの末端の少しだけ北側。かつての水路がクランク状に折れ曲がっていた地点。道端にガードレールで仕切られた未舗装の地面が残っている。これがかつての水路の痕跡だ。水路は写真左下から来て右下で直角に折れ曲がり、ガードレールの切れる少し先、自転車が止まっている辺りで再度直角に右に折れ下っていた。自転車の先にも水路跡の路地が残っている。
c0163001_22231554.jpg

下の写真は同じ場所から上流側を見たところ。直角に曲がる地点に暗渠に使われていたとおもわれるコンクリート蓋が3枚だけ重ねて置かれている。その先、道路を横断する部分はアスファルトが敷き直されている。
c0163001_22233462.jpg

敷き直されたアスファルトの先にはこのように水路敷が半ば私有化されて残っている。
c0163001_22235692.jpg

その水路敷を上流側に回りこんで下流方向を見てみると、このように路地が続いてきている。
c0163001_22242293.jpg

更に上流側。もはや路地すら無くなってしまうが、畑の中に水路跡のような窪地が続いている。写真は上流側から。左手前から右奥の雑木林の中に、窪地が続いている。下流側に行くほど窪地がはっきりしているようだ。
c0163001_22244110.jpg

畑の窪地の先には、住宅地の裏手に痕跡が残っている。写真の正面の家の左側、畑地に挟まれた雑然とした空き地がそれだ。ここが確認できる最上流端で、これより先は一旦痕跡がなくなったのち、道路となっている。延長線上を北上していくと、つつじヶ丘駅の南側にも痕跡らしき細長い路地があるが、資料からは水路跡かどうかの確認はとれなかった。
c0163001_222541.jpg

この水路は戦後しばらくまで残っていたようだ。周囲は畑地だし、湧水があったわけでもなさそうなので、実際は川というよりは雨水などを流す溝渠だったのだろう。ただ、そこは明らかに谷筋となっていて、かつて流れていた川の成れの果ての姿であったのあろうと思われる。

さて、次回は延々と続いてきた「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズの最終回として、入間川の失われた下流部について取り上げる。シリーズ全体の参考文献もあわせて最後にリストアップしたい(記事としては別立てとするかもしれない)。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-05-14 21:11 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(4)
半年近く続けてきた「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズもいよいよ終盤。これから3回にわけて、入間川の中流部から野川合流地点まで、そして更に、野川で分断されたかつての下流部をたどっていく。長々と続けてきてだいぶ飽きられているような気もするが、もう少しだけお付き合いを。文章少な目でお送りしたい。

まずは全体地図を(google mapよりキャプチャ)。図の中央を左上から右下に流れる赤紫色のラインが入間川だ。甲州街道以南から、野川に注ぐまでの本流の区間が開渠、それ以外は暗渠か埋め立てられている。ピンクの矢印で示したのが今回取り上げる区間だ。
緑色のラインは前回まで取り上げた仙川用水に関係する水路。地図の区間ではその大部分は深大寺用水に取り込まれている。いずれも暗渠化もしくは埋め立てられている。
入間川源流部についてはこちらの記事を、上流部については前回の記事をご参照を。
c0163001_23175259.jpg


中原の分流から甲州街道まで

入間川は、三鷹市中原1−13で仙川用水金子・大町方面ルートを分けている。今回辿るのはそれより下流側となるが、その前に中原公会堂裏の分流の暗渠だけ紹介しよう。上の地図では現在はっきり痕跡が残る区間だけを示しているため両端の接続先を記していないが、もともとは入間川沿いの水田に水を引き入れるための水路だった。住宅地の裏手、谷の斜面の縁を遊歩道となった暗渠が曲がりくねりながら抜けている。短い区間だが暗渠独特の寂しさや秘境感があり、風情がある。
c0163001_2318696.jpg

この分流が再び本流に合流するあたりが、入間川が仙川用水と分岐する地点だ。分岐の痕跡はほとんどないが、下の写真の地点では道路の幅にわずかに川の流れの名残がある。写真左奥で仙川用水を分けた川は現在道路となっているところにそって右下に向かって流れていたのだが、奥の民家の敷地に不自然に食い込む道路と、そこから並ぶマンホールが水路の名残だと思われる。
c0163001_23181649.jpg

そしてマンホールの並びが向かう方向を振り返ると、幅の広いコンクリート蓋が並ぶ暗渠が現れる。暗渠沿いのブロック塀を見るとやや下りとなっているのがわかるだろう。
c0163001_23182128.jpg

暗渠化されたのが比較的最近(80年代後半〜90年代初頭か)ということもあり、ほとんどの家々が暗渠に背を向けている。そしてそれ以前にこの暗渠上はふだんは通行禁止となっている。
c0163001_23183185.jpg

こちらは蓋暗渠の区間を下流側から眺めた様子。金網のゲートが設けられていて、普段は閉まっていて、大雨のときだけ開くという。この写真では開いているが、ロープが張られている。
c0163001_23183799.jpg

ゲートの下流側は再び「中仙川遊歩道」となる。前回の記事にも記した通り、「中仙川」は入間川の流れる三鷹市中原のかつての地名(村名)で、入間川自体は単に「用水路」や「中仙川用水」「大川」と呼ばれていたようだ。したがって「中仙川」と「仙川」の間に川として直接の関連性はない。
少し前まで川には汚水が流れ込んでいたが、現在では分流式の下水道が整備され、暗渠は雨水路の扱いとなっている。途中何ヶ所か、中に流れる水が見えるところがあるが、確かに雨水や湧水しか流れていないようだ。
c0163001_23184513.jpg

暗渠は入間川の谷の東側の崖線下を通っていく(前回取り上げた仙川用水は西側の崖線下を通っている)。かつてこの崖の近辺には、「弁天様」と呼ばれる湧水があったというが、その場所を見つけることはできなかった。他にもかつては何ヶ所か湧水があったようだが、今ではいずれも消滅している。
c0163001_23185118.jpg

甲州街道の手前で崖線の直下から離れる。道路と段差があるのは、川の護岸にそのまま蓋をしたからだろう。右の道路沿いには、かつて並行する水路が分かれていた。
c0163001_2319140.jpg

少し南下すると、西側からやや細い遊歩道が合流する。
c0163001_23191354.jpg

こちらは前回記事でとりあげた入間川のあげ堀と、狢沢からの流れが合流した水路の暗渠だ。この辺りは水路が複雑に入り組んでいるので、前回記事の地図を再掲載。丸で囲んだ辺りとなる。
c0163001_23192316.jpg

さかのぼっていくと細かく蛇行しながら前回記事ラストの地点にぶつかる。こちらも中仙川遊歩道と名付けられていて、複雑に入り組んだ暗渠・水路跡の解釈を難しくさせている。
c0163001_23195242.jpg


公式な「入間川」の区間

さて、甲州街道の南側に渡り、流域が三鷹市から調布市となると、ようやく入間川の水が再び姿を現す。公式な河川としての「入間川」はここが最上流端となる。コンクリート3面張りの味気ない水路だが、暗渠から澄んだ水が流れ出している。水量は2000年の計測では年間平均で毎秒0.005立方メートルだったという。野川中流で0.2立方メートルというから、水量は少ない。また、見た限りでは季節によってもかなり変動があるようで、浅い地下水と同様冬に少なく夏に多い傾向があるようだ。なお、水質自体は野川や仙川よりも良好だというから、やはり湧水と雨水しか流れていないのだろう。
c0163001_2324349.jpg

「入間川」の名は、これより下流域のかつての地名(村名)からとられたものだ。以前は川と地名の読み方の違いがトリビア的に言及されることが多かったが、最近統一されたようだ。下の写真の左側は2008年、右側が今年2012年のもの。上流端の標識が「いるまがわ」から「いりまがわ」に書き換えられていた。
c0163001_23245591.jpg

川沿いにはしばらく道がない。京王線の線路北側で回り込んでみると、右岸側にはかつての川沿いの風景を彷彿させる土手が残っている。この辺りから、川は谷筋の東縁から西縁へと場所を変える。つまり、右岸側が急斜面となっている。
c0163001_23252816.jpg

京王線の南側。斜面の下に見える緑色の柵が、入間川だ。谷を横切る京王線の土手をみると、逆台形状をした谷の断面がよく分かる。
c0163001_23255412.jpg

線路の下をくぐった水路は、梁が設けられた大型のハシゴ式水路となっている。
c0163001_23275695.jpg

ちなみにこの地点の東側には、前の方で取り上げた、段差のある地点から分かれる分水路の続きの痕跡が、行き止まりの路地として残っている。こちらは水田に水を引き入れるためのあげ堀で、入間川に並行して南東へながれ、実篤公園のそばで入間川に合流していた(後述)。
c0163001_23283557.jpg

住宅地の中を梁の渡された水路が続く。左岸側、先ほどのあげ堀とのあいだはかつては水田
となっていた。
c0163001_23291738.jpg

下の写真は夏期(08年6月)の撮影。水量は多く、護岸も湿気を含んだ苔が青々としている。梁の上を猫が歩いていた。
c0163001_23295356.jpg


実篤公園からの湧水

若葉町1−8付近で水路はクランク状に曲がるが、右岸側の護岸に開いた排水口から水が流れ込んでいるのが見られる。ここは本来、先ほどとりあげた京王線の南側の行き止まり水路跡から続く、水田用のあげ堀が合流していた地点だが、現在は近くにある実篤公園から流れでた湧水の流入口となっている。見かけは味気ないが、季節によってはそれなりの量の水が注いでいる。写真は夏期(08年6月)のもので、冬場はかなり水量が少なくなる。
c0163001_23305627.jpg

実篤公園はかつての武者小路実篤の旧宅を1985年に公園として開放したものだ。実篤は水の湧く土地を探してこの国分寺崖線の斜面に居を構えたという。敷地内には2つの池がある。下の写真は崖線の下の池。この池は一段高くなった場所にある池から水を引いている。池の主水源はそちらにある。
c0163001_23313660.jpg

こちらがその湧水池。「上の池」とも「にじますの池」とも呼ばれていて、1匹だけだがニジマスがすいすいと泳いでいた。そして写真奥の崖線の下から、水がわき出している。
c0163001_2332970.jpg

こちらがその湧水地点だ。崖線の斜面、ニジマスの池よりも更に少し高い地点に小さな窪地があって、そこからこんこんと水が湧き出している。近くに立ち入ることができないため水の湧く場所をはっきりと特定することはできなかったが、水は絶え間なく流れだし、ニジマスの池に注いでいた。
c0163001_23324928.jpg

湧水地点の近くからニジマスの池を見下ろす。写真左下、樹の根元のあたりで湧水が池に注いでいる。池の周りには武蔵野の雑木林が残されていて、鳥の鳴き声が長閑に響く。かつて入間川沿いにはこのような風景があちこちにひろがっていたのだろう。
c0163001_23333014.jpg


最後に今回取り上げた区間の段彩図をのせておく。本文と照らしあわせて理解の手助けになればと思う。
(googleearth経由東京地形地図に流路をプロット)

c0163001_23343059.jpg


次回は野川の合流口までと周囲に残る支流の痕跡を取り上げる。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-05-07 23:40 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(6)
「深大寺用水と入間川を紐解く」シリーズの中で、「仙川用水」の暗渠/水路跡を辿る回としては最後となる今回は、前々回の記事のラスト、消防大学校から辿り、入間川(中仙川)にいったん合流したのち、再度分離して金子方面に向かうまでの区間を取り上げる。

まずは地図を(google mapよりキャプチャ)。ピンクの矢印で示したのが今回取り上げる区間だ。緑色のラインが仙川用水に関係する水路、途中で経由する入間川(中仙川)とその分流は赤紫のラインで示してある。仙川、野川、入間川の京王線以南の区間と中央高速付近の一部以外の水路についてはすべて暗渠か埋め立てにより現在は存在しない。
c0163001_23113240.jpg


仙川用水入間川養水ルート

写真は前々回の記事ラストでとりあげた消防大学校敷地の南縁。中に立ち入ることは出来ないが、送電線の脇に見える並木が、かつての鎌倉街道の名残で、そこに沿って奥から手前に仙川用水のいわゆる「入間川養水ルート」が流れていた。鎌倉街道跡は、現在では三鷹市と調布市の境界でもある。消防大学校の敷地内ではかつて、前回記事にした「島屋敷ルート」の水路が分かれていた。
c0163001_23113871.jpg

先の写真の南側(中仙川西原交差点)には、鎌倉街道跡の道がまっすぐに南へ下っている。こちらもひきつづき三鷹市と調布市の境界となっている。水路は道路の東側(写真だと左側)を流れていたようだ。住宅地図の記載を信じれば、80年代初頭まで残っていたようだ。鎌倉街道跡の道は中央高速道にぶつかるまでまっすぐに続き、そこで入間川養水は入間川に合流していた。
c0163001_23114380.jpg

写真は中央高速道にぶつかる手前の入間川の暗渠。シリーズ第3回目で取り上げた区間の続きとなる。第3回の記事で取り上げたように、「入間川」は深大寺東町の「諏訪久保」に流れを発し、通称「野が谷」と呼ばれる谷筋をここまで流れてきている。この「諏訪久保」には、仙川の丸池周辺と同様、「釜」と呼ばれ、水が地面から釜を伏せたような形で吹き出す湧水があり入間川の主水源となっていたが、これが1855(安政2)年の安政大地震で涸れ、野が谷地区の水田が干上がったことが深大寺用水開削の第一の理由だった(詳細は第3回記事参照)。
川名の「入間」は京王線以南のかつての村名であり、当然ながら上流部ではそのような呼び方はされていなかった。深大寺地区では大川と呼ばれていた。
入間川の源流部は車道となっていて痕跡を残していないが、原山交差点から下流はコンクリートの幅の広い暗渠となって、野が谷を南東に流れていく。
c0163001_23115029.jpg

そして、下の写真が入間川と仙川用水入間川養水ルートの合流地点だ。右側の消防車が止まっている道路がかつての鎌倉街道と、仙川用水、そして中央やや左の通り名の標識の裏側、2軒の家屋に挟まれた空間が入間川だ。
これより先、入間川は調布市深大寺東町から三鷹市中原へと移る。中原はかつての中仙川村にあたる。なお、第3回の記事に記した通り、深大寺用水から入間川上流部に供給されていた水は、中仙川村にはその水利権がないことから、仙川用水が合流する手前で深大寺用水に再び回収されていた。
c0163001_23115449.jpg


入間川を利用した「中仙川用水」の区間

三鷹市内に入った入間川はしばらく開渠となる。しかし、中央高速道の下をくぐる区間には水はなく、土も被されているようだ。25年ほど前は、白濁した水が流れていたような記憶がある。
c0163001_2312079.jpg

水が流れなくなってから随分たつのか、川底からかなり立派な木が生えていた。写真ではややわかりにくいかもしれないが、護岸の梁の間から幹が伸びているのが見える。
c0163001_2312668.jpg

この近辺の入間川の流路は、かつては大きくカーブを描いていて、川に沿って水田が細長く続いていた。仙川用水の水利組合に加入する、上仙川、中仙川、金子、大町のうち二番目の中仙川村の水田だ。仙川用水の水はそれらの水田に引き入れられていた。
だが1960年代末には、水田は川の水の汚染で作付ができなくなり、1970年代半ばに埋め立てられて、中原団地と中央高速の敷地となり、水路は中央高速高架下の南側に沿って直線に改修された。
水がなく荒れ果てた水路をしばらく追っていくと、川底の真ん中に細い溝が作られてわずかに水が現れ始め、中原4−18の辺りからは護岸からかなりの量の水が流れこんで、水流が復活する。
c0163001_23121388.jpg

水は澄んでいて、季節により水量に変動はあるようだがコンスタントに流れ込んでいるようだ。上の写真は2011年秋、下の写真は2008年初夏の様子。どこかで湧き出した水を導水しているのか、あるいは雨水の貯留池でもあるのか、いずれにしても臭いや濁りは全くなく、水質は悪くはなさそうだ。
c0163001_23122088.jpg

川は水が流れるようになった地点で中央高速から離れ、向きを変えて中原4丁目団地の裏手を流れていく。せっかく綺麗な水が流れているのに、川沿いに道はなく、様子はところどころから垣間見ることしかできない。梁の上に置かれた植木鉢が落ちることはないのだろうか。
c0163001_23122627.jpg

そしてようやく様子を見られる様になったかと思うと、中原4−17に入る地点から先は暗渠となってしまう。写真は「中仙川遊歩道」となっている暗渠の区間から、上流方向の開渠区間を見たところ。フェンスの向こう側が水路だ。
c0163001_23123090.jpg

現在、三鷹市内では三鷹市内では入間川は「中仙川」と呼ばれていて、遊歩道の名前はそれに由来する。これは「仙川」に直接関係している訳ではなく、流域のかつての地名「中仙川」(中仙川村に由来)から名前をとったものだ。中仙川は1965年の住居表示施行時に現在の「中原」と改名された。
そして、かつては入間川の呼び名は特にはなく、単に「用水路」、あるいは「中仙川用水路」などと呼ばれたり、あるいは深大寺エリアと同様に「大川」と呼ばれていたようだ。

遊歩道の東側には、住宅地の隙間にかつての上げ堀の痕跡である溝渠が残っている。「郷土中仙川」(1982)によれば、水田に水を入れる4月になると、川の各所に土俵で堰を作り、上げ堀に水を分けて、川沿いに帯状に伸びる水田に水を引き入れていたという。中原4−10付近の「トヨのセキ」など、いくつかの堰には通称もつけられていたという。水田の水を抜く8月にはこれらの堰は撤去された。
c0163001_2312351.jpg

一方秋から冬にかけては、何ヶ所かに設けられた洗い場で、大根などの農作物を洗っていたという。かつては蛍の舞飛ぶ澄んだ流れだったというが、今では面影もなく、水田はすべて住宅地となっている。
c0163001_2312416.jpg

途中の植え込みに、橋の銘板がモニュメントのように残されていた。この「近幸橋」は1982年7月竣工と、かなり新しい橋だった。橋には歩道橋のような鉄柵の欄干が設けられていて、銘板はそこにとりつけられていた。その時点ではまだ暗渠化されていなかったということだ。
三鷹市内の入間川の暗渠化は1976年に始まったが、80年代後半までかなりの区間の水路が開渠のままだったようだ。近幸橋のあたりは1988年に暗渠化されたという。
c0163001_23124660.jpg

しばらく進み中仙川通りを越える地点には、中仙川橋の親柱が残されている。こちらは1953年3月竣工と、それなりに古い。この辺りのかつての字名は「羽毛」で、「ハケ」との関連を思わせる。
c0163001_23125121.jpg


再び入間川から分かれる仙川用水

中原1−13で、仙川用水は再び入間川から分かれ、水利権を持つ第3、第4番目の村、金子と大町方面に水を導いていく。
水路は入間川の谷の西側に沿って流れていく。暗渠には「中仙川遊歩道」と標識が掲げられているのだが、実際には中仙川(入間川)ではなく、用水路であるということは知る人ぞ知る、といった感じだろう。本来の中仙川=入間川は谷の東側の縁を流れていき、甲州街道の南側で再び開渠となる。暗渠の区間にもコンクリート蓋暗渠が残っていて、下を水が流れている。こちらについては次回辿ることにする。
c0163001_23145094.jpg

中仙川村の水田はこれより南にも続いているが、仙川用水の水路自体は金子、大町方面への導水路であるため、東側に並行してもう一本の水路が通っていて、そちらと入間川の間が水田となっていた。入間川とこの水路を利用して水田への給排水を行っていたのだろう。下の地図に、かつての入間川と仙川用水、そしてそれらから分かれていた主要な分水路と、水田のエリアを記した。
地図右下の緑色のラインが再び分かれた仙川用水。その右側の赤いラインが入間川本流で、間にある青いラインが水田の排水用水路。水田の排水用水路と仙川用水の間には水田がなかったことが分かるだろう。
c0163001_23151095.jpg

谷底の水田は1960年代初頭に京王電鉄の手により開発され、「つつじヶ丘住宅」と名付けられた分譲住宅となった。これに先立ち1957年には、「金子駅」が「つつじヶ丘駅」に改称された。水田をつぶし新たに区画から整理されたため、現在ではかつての水田の面影は全くなく、水田からの排水路も一部に名残を留める程度である。それにしても谷底なのに「丘」とはよくも名付けたものだ。

中原1−13で暗渠の遊歩道は一旦車道沿いを離れる(というか、車道の方が離れていくといったほうが正確か)。
c0163001_23155077.jpg

水路跡の遊歩道は入間川の流れる谷の西側の崖下を南下していく。この辺りは、谷底よりもわずかに高いところを通っていて、人工の導水路であることがわかる。写真に見える橋は、個人宅の出入り用の橋で、谷底に建つ家の2階に繋がっている。
c0163001_2316566.jpg

中仙川遊歩道は車道沿いに出ると、車道よりも幅のある歩道となる。ここでも左側の林の方が地面が低い。戦前の地図を見ると、この区間は2本の水路が並行して流れていたようだが、詳細はよくわからない。
c0163001_23162089.jpg

暗渠の東側に少し入ると、先ほどの地図で示した水田の排水路の痕跡がわずかに未舗装の路地となって残っている。
c0163001_23164067.jpg

甲州街道の滝坂下交差点の手前では、南西から流れてきた小川の暗渠とぶつかる。この川沿いはかつて「狢沢」と呼ばれていた。この地点で水路が複雑に入り組むが、これについては第5回の記事で触れた。
c0163001_23165564.jpg

そして水路跡の遊歩道は、滝坂下交差点に行き着く。ここから先、仙川用水は甲州街道に沿って西へと流れていて、数十m西側では深大寺用水東堀が合流していた。何度かふれたように、それより先の区間は1871(明治4)年の深大寺用水開通以降は、深大寺用水としての扱いとなる。第5回の記事で取り上げているのでそちらをご参照いただきたい。
なお、「深大寺用水私考(5)」には大正15年生まれの方の証言として「この用水(注:深大寺用水)は砂川用水といった。山岡鹿嶋屋酒店の東の方から来た用水(注;滝坂下以西の仙川用水)は品川用水といった」といった言葉が記されていて、仙川用水の水路が入間川(中仙川)とはっきり区別され、かつ品川用水から分水されていることも認識されていることがわかる。
c0163001_23171031.jpg


仙川用水については以上で終わりとなる。品川用水、仙川、入間川、梶野新田用水、深大寺用水など関連する川・用水路が複雑に絡み合うため、なるべく理解しやすいよう記したつもりではあったが、あまり反響がなかったのは、やはりわかりにくかったのかもしれない。ただ、謎の多い仙川用水について、今回の記事にあたっての調査でかなりの事実が判明したと思う。よろしければ再度目を通していただけたらと思う。

さて、深大寺用水と入間川にまつわる水路を紐解いていく一連のシリーズの最後として、入間川(中仙川)のうち、深大寺用水東堀の記事及び仙川用水の記事で取り上げなかった、仙川用水が分かれる地点より下流側の区間について、次回以降、2、3回ほどにわけて記事にしていく。入間川にはあまり知られていない支流や分流の痕跡もあり、それらもあわせて紹介していきたい。

※参考文献についてはシリーズの最後にまとめて掲載します。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-04-17 23:34 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(3)
仙川用水の暗渠/水路跡を辿る3回目は、仙川用水のいわゆる「入間川養水ルート」から分水し、仙川源流域の水田に給水していた水路をたどる。あわせて、それに関係する仙川のかつての水源地帯についても紹介しよう。

何度か記したように、仙川用水は、またの名を「上仙川・中仙川・金子・大町四ケ村用水」ともいうとおり、(A)入間川(中仙川)に水を引き入れることで(1)旧中仙川村エリアの水田に、そして(B)入間川から再度水を分けて、尾根筋を跨いで野川沿いの低地まで水路を引くことで(2)旧金子村・(3)旧大町村エリアの水田に給水していた。(B)については、甲州街道沿いに出て以西の区間は、深大寺用水東堀に転用されている。
そして、仙川沿いにある(4)旧上仙川村の水田への給水は、前々回の記事に記したとおり、入間川養水ルートとは別に「野川分水口」で品川用水から分水されるルートが存在していた。

一方で、前回の記事で触れたように、入間川養水ルートの分水口に設定された村別の水利権の中にも上仙川村(新川村)が含まれている。入間川養水は上仙川村エリアの水田を経由していないから、どこかから仙川に向かって分かれる水路があったことになる。

今回紹介するのはその水路の痕跡だ。まずはいつものように地図を(googlemapにプロットしたものをキャプチャ)。黄緑色のラインが仙川用水の水系、そして水色に塗ったエリアが、仙川用水が給水していた水田だ。この地図には旧上仙川村の水田と、旧中仙川村の水田の一部が入っている。
分水路は消防大学校の敷地内で仙川用水から東に分かれ、かつて島屋敷と呼ばれ、現在新川団地となっている丘のまわりを迂回するように幾筋かに分かれ、仙川に合流していた。以下、この水路を仮称「仙川用水島屋敷ルート」としておく。
c0163001_1411020.jpg


はっきり残る島屋敷ルート水路跡

消防大学校から中原3丁目交差点までの区間は、1940年代後半の航空写真や地形図でそのルートを確認することができるが、現在ではほとんど痕跡を留めていない。わずかに交差点の南東側の、敷地の区画にその名残が残っている。写真奥から手前左に向かってコンクリート塀が続いているが、これがかつて水路が流れていたルートだ。
c0163001_14111354.jpg

中原3丁目交差点の北東側からは、車止めで仕切られ、緩やかに曲がりくねりながら東へ進む、水路跡の暗渠道が現れる。尾根筋を流れる仙川用水から仙川に向かう下り坂になっているのがはっきりわかる。水路跡の北側には畑地が残っている。
c0163001_1411173.jpg

途中で道を横切るところでも、しっかりと車止めが設けられている。写真の場所から北側に少しだけ離れたところにも、別の水路跡が残っているが、そちらは綺麗に整備された遊歩道となっている。
c0163001_14112049.jpg

一方こちらは下って行くとだんだんといかにも暗渠っぽい、少し荒れたというか放置されたような雰囲気が増してくる。
c0163001_14112447.jpg

そして、新川団地の西側に突き当たって暗渠っぽい道は消滅する。新川団地の周りを道路が円状に囲んでいるが、水路はかつてそこにそって南北二手に分かれていた。今回は南側をたどっていく。写真は団地の南側を曲がりながら進む道。曲がりくねっているのは水路の名残か。団地側が高くなっているが、ここがかつて「島屋敷」と呼ばれた丘で、文字通り水田の中に島のように小高く盛り上がって浮かび上がっていた。
c0163001_14112795.jpg


島屋敷と仙川用水

島屋敷は、もともとは中世の武士団であった金子氏の居城だったという。そして、前々回にも記したように、1615年に柴田勝家の孫、勝重(1579-1632)が仙川の地を領地として与えられ、島屋敷に居を構えた。これらは長い間その実在が確認されず、伝承の域にとどまっていたのだが、2000年代に新川団地が建て替えられた際の発掘調査で、大規模な遺跡が見つかり、屋敷が実在していたことが確かめられた。島屋敷の地には古くは旧石器・縄文時代より人が暮らした痕跡があり、13世紀以降は継続して生活が営まれていたようだ。下の写真は、新川団地内に設置された説明板に掲載された、島屋敷遺跡の全景。中央の茶色になっているところが発掘されたエリアだ。仙川用水島屋敷ルートに関連する水路のうち、今回たどっている水路を青いラインで書き加えた。
c0163001_14113131.jpg

屋敷は島屋敷東部の小高くなったところに設けられ、心字の池もつくられていた。ここで思いつくのが、この柴田家屋敷と仙川用水の関係だ。玉川上水からの分水は、灌漑を目的とするものが多いが、しかし初期に開削された分水はいずれも飲用水目的が第一であった。そして前々回に記したように、仙川用水の開削時期は1663年以前とかなり早い。このような早い時期に仙川用水が開削できたのは柴田家の力によるものではないかとする説もあるようなのだが、もしそうだとすると、この島屋敷に至る分水ルートは、屋敷の飲用水を確保するために、仙川用水開削当初につくられたものだという可能性はないだろうか。
島屋敷一帯はそばに仙川の源流があり水は豊富なのだが、島屋敷自体は小高い丘となっていて、三方を低地が取り囲み、仙川流域から水を引くことはできない。そんな中で唯一水を引けそうなのが、西側の台地からのルートだ。仙川用水島屋敷ルートはまさにそこを通っている。

柴田家の統治は1698年まで続き、以後、上仙川、中仙川は幕府の直轄地となった。一方で、遺跡の発掘調査の中で、18世紀に入って玉川上水の水を引くようになり、客土で嵩上げして水田を拡張したことが判明した場所がある。そんなことから、もしかすると仙川用水は当初柴田家屋敷の飲用水として開削され、17世紀末に柴田家から直轄地になってから灌漑にも本格利用され始めた、そして灌漑の効果を上げるために野川口分水が補助的に追加された、といった経緯があったのかもしれないt、といったような想像も思い浮かぶ。

島屋敷への分水路の開削時期については全く資料がなく、以上はまったくの推測ではある。柴田家とは関係なく、もっと後に追加して開削されたルートなのかもしれない。ただ、いずれにしても入間川養水ルートに引き入れられた水量のうち明治前期の時点で、三分の1が上仙川村の水利権となっており、その水量は直接仙川上流部に繋がる野川口ルートの5倍近くもあることから、この島屋敷ルートの分水が上仙川村エリアの水田の灌漑用水としてのメインルートであったことは明らかだ。

幕府の直轄地になってからの島屋敷は畑地となり、柴田家の屋敷も江戸後期には痕跡を残すのみだったようだ。1924(大正13)年には、畑地の中に漢方薬で知られる津村順天堂(現ツムラ)の薬用植物園が開設され、終戦直後まで続いた。そして、その後、1959年には、新川団地が完成した。島屋敷の地はもともとは今よりも凹凸があり、屋敷跡を囲むように緩やかに馬蹄形をした丘となっていたが、団地造成時にだいぶ削られたという。

さて、島屋敷の南東から仙川までの間、再び水路跡らしい区間が現れる。見るからにそれらしい路地だ。
c0163001_14113453.jpg

そして、住宅地の中をS字に曲がる、くたびれたアスファルトの道がその先に続く。両脇は50年前までは島屋敷を囲むようにドーナツ状に広がる水田だった。
c0163001_14113883.jpg

道を抜けると仙川に行き着く。すぐ南側には中央高速道が通り、向かいにはかつての砦跡ともいわれる天神山の緑地が残る。護岸に口を開ける土管はかつての島屋敷ルート合流口の名残だろうか。
仙川用水島屋敷ルートについての話題はここでひとまず終わるが、続いてここから仙川を少しさかのぼり、仙川の水源にまつわるポイントをいくつか辿って行こう。まずは、写真右側、川面から護岸に繋がる水色の配管に注目して欲しい。
c0163001_14114137.jpg


野川宿橋への導水

この配管は、仙川の河床の伏流水を取水し、仙川の上流部に送水する施設「樋口取水場」のものだ。1970年代初頭の大規模な改修以降、仙川の上流部は水量が減り、水質悪化や悪臭が発生した。これらを解消するために、下流部の豊富な湧水を上流に送って流すという解決策がとられ、1989年に稼働が開始された。この「樋口取水場」では川底の4箇所から伏流水を汲み上げ、一旦貯留した後に、1.6km上流の野川宿橋のたもとまで送水している(野川宿橋については前回記事で取り上げている)。「樋口」の名は、かつてこの場所に下流部のあげ堀に水を取り入れれる堰があったことに由来しているという。当初は3000立方m/日、現在では1300立方m/日が取水されており、これにより水質、水量とも大幅に改善し、川には魚や水鳥が戻ったという。

ユニークなのは、川沿いに導水管を通す土地がなかった区間では、河川敷の中、護岸に沿って導水管を通していることだ。下の写真は樋口取水場から800mほど上流の勝渕橋から下流方向を望んだものだが、護岸の下に白い導水管があるのがわかるだろう。これより上流は、川沿いの道の下を通しているという。
c0163001_14114497.jpg


勝渕神社と仙川の水源「丸池」

そして勝渕橋のたもと、やや小高くなった場所に、勝渕神社(勝淵神社とも)が鎮座している。もともと水神が祀られた地だったようだが、柴田勝重が社殿を設け、祖父柴田勝家の兜を埋めて勝渕神社として祀ったという。現在の祭神は灌漑用水や井戸の神として信仰されている、水波能売命(ミヅハノメ)だという。本殿の脇には兜塚が再建されている。
c0163001_14114863.jpg

鳥居の脇には「御神水」としてなぜか古びたポンプ井戸があった。しかし、残念ながら水は完全に涸れていた。
c0163001_14115427.jpg

勝渕神社のまわりはかつて湿地となっていて、あちこちで湧水が湧き出していたという。その様子はいくつもの釜を伏せたようであったことから「千釜」と呼ばれ、一般的には、これがのちに訛って「仙川」になったとされている。
湖沼学者吉村信吉の調査(1940)によって、一帯の地下には「仙川地下水堆」があることがわかっている。「地下水堆」は局所的に地下水位が浅くなっている場所で、千釜の湧水もこの地下水堆の水が地上に現れたものだったのだろう。勝渕神社付近から先ほどの樋口取水場辺りまでは「どぶっ田」と呼ばれるぬかるんだ田圃で、特に勝渕神社周辺は沼地のようになっていたという。

そして、これらの湧水のうち、勝渕神社の南東にあった湧水池「丸池」が、もともとの仙川の源流だったとされる。丸池は「勝ヶ渕」とも呼ばれていたようだ。現在ある丸池は場所や形は以前とほぼ同じではあるが、2000年に復元されたものだ。
かつての丸池は、そばを流れる仙川が改修工事により河床が掘り下げられた結果、池に湧き出すべき水が仙川に流出して干上がってしまい、1970年前後に埋め立てられた(その仙川に湧く水自体もその後の宅地化により地下水位が下がって仙川上流では湧き出さなくなり、先に紹介した導水に至る)。
その後丸池を復活させる動きがおこり、埋められた後も地下水が健在であることが確認されたことから、池が復元された。現在、3つの浅井戸から、あわせて1日80立方mの水が供給されている。湧水の吹き出し口は、池の底につくられていて、かつての「釜」で水が湧く様子が再現されている。
c0163001_14115971.jpg

池のまわりは「丸池の里」として整備されており、仙川のほとりには水田も作られている。水田の両脇には水路がつくられていて、かつての周囲の水環境を偲ばせる。
c0163001_141252.jpg


忘れられた仙川もうひとつの水源「ベンテンヤ」

丸池から流れだした水は、梶野新田用水の末端と、仙川用水野川口ルートからの水の流れ、そして辺りの湧水や雨水を排水する水路(現在の勝渕橋以北の仙川とほぼ同じルート)に合流し、仙川となって下って行っていた。
さて、この近辺には丸池のほかにもうひとつ、仙川の主な水源だった湧水池があったという。その池は「ベンテンヤ」と呼ばれていた。「三鷹の民俗10 新川」には、「昔の仙川は丸池の水と、丸池から50mくらい離れたベンテンヤの水が合流したものを水源としていた。水位は同じくらい。ベンテンヤはカマ(水の湧く所)があちこちにあって水がたまっており、湿地帯のようになっていた。」と記されている。これによれば、はっきりした池というよりは湿地状になっていたのだろう。
一方で、三鷹市史(1970)には、1950年代に入って、上仙川地区に引かれた三鷹用水(つまり仙川用水)に汚水が流入するようになり、苗代用として不適当になったため、新川本村の「弁天池」を仙川に導水する「仙川用水路頭首工」が1956年に竣工し、灌漑に利用したと記されている。「頭首工」とは用水路の取水口施設のことだ。また「仙川用水路」とは仙川を指していると思われる。また、400mの用水路整備もあわせて三鷹用水土地改良区により実施されたとあるが、これがどこの区間を指しているのかはわからない。
こちらの記述が正しいとすると、弁天池はもともとは仙川にはつながっていなかったことになる。真相はどうだったのか。

下の地図は、東京都北多摩郡三鷹村土地宝典(1939)から水路を抽出し、googlemapに重ねあわせたものだ。仙川用水島屋敷ルートや、改修前の仙川の流れがよくわかるのだが、これを見ると、丸池の西に、ひょうたん型のような池があったこともわかる。丸池からの距離はちょうど50mほどあり、これが「ベンテンヤ」なのではないか。
c0163001_14143257.jpg

池からは二手に分かれて水路が流れ出していて、戦前から仙川につながっていたことがわかる。では三鷹市史の記述をどう捉えるのか、ということになってくる。「ベンテンヤ」は湧水池とはいえ湿地状だったということから、これを池として整備し、水路もはっきりと区画されたものに改修して、灌漑に利用できるようにしたのではないかとの推測もしてみたが、これ以上の情報が得られず、よくわからない。

ベンテンヤのあった場所は、今ではアパートや駐車場となっている。その一角、勝渕橋の西側に、道路の脇が凹んだ区画となっていて、そこに古びた祠が祀られている(5枚前の、勝渕橋からの写真で、右端護岸上のガードレールとカーブミラーが見える所)。
祠の中には変なお地蔵さんのようなものが置かれているが、これはおそらくかなり最近、かってに置かれたもので、本来この祠は弁天様だったと思われる。ベンテンヤの名前の由来はおそらくこの祠だ。側面にははっきり読み取れないものの安政年間に再建、との刻字があり、台座には上仙川村をはじめ仙川流域下流に至るまでの多くの村々の名前が彫られている。
c0163001_14144655.jpg

丸池や勝渕神社が今でも大切に扱われているのに対し、この祠は半ば放置され、特に標識や説明板もなく、存在感は薄い。しかし、台座に刻まれた村名からは、ここで湧き出し仙川を流れた水は、かつて流域の村々の水田を潤す貴重な水であったこと、そして小さな祠には、その水が涸れないようにという切実な祈りが込められていたであろうことが伝わってくる。
c0163001_013115.jpg


次回からは再び仙川用水入間川養水ルートに戻り、入間川(中仙川)の流末までたどっていく。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-04-01 00:20 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(0)
今回は、三鷹市新川の品川用水と仙川用水(いわゆる「入間川養水」のルート)の分岐点から辿って行こう。今回取り上げる区間は下の地図で矢印で示した区間(google mapにプロットのうえキャプチャ)。黄緑のラインが仙川用水・品川用水に関連する水路だ。ここに、仙川(青緑のライン)や梶野新田用水野崎支線(水色のライン)が複雑に絡まっている。流域全体の地図については前回の記事を参照していただきたい。
c0163001_23274144.jpg

品川用水と分かれた仙川用水(入間川養水ルート)は、人見街道までの僅かな区間だけは、車止めに仕切られ舗装の色を変えた、暗渠や川跡によくあるような姿となっている。
c0163001_2328487.jpg


仙川の谷を越える築堤

人見街道を越えると水路跡は普通の道となって、新川の交差点の東~南を回りこみ、西へ向きを変える。そして、現在仙川が流れている谷を横切っていく。谷をまたぐ区間はかつては築堤が築かれていて、水路はその上を西に向かって流れていた。仙川に至る手前には新川児童遊園があり窪地となっている(写真右側)が、水路はこの窪地ではなく少し高くなっている道路のところを通っていた。
築堤はかなりの高さと幅があったようだ。武蔵野市史には、南側からみると二十数尺の高さ(6m以上)があったと記されている。また、築堤があった当時の地形図から判断すると、水路両岸の土手もかなりの幅と高さが取られていたようで、水路の水面よりもかなり高く築堤を築いた上で、そこに深い溝をつくって水路を通していたように見える。土地条件図では仙川沿いの谷は埋め立てられているように記されており、築堤の土手が削られ谷が埋めたてられたことで、現在はそこまでは高低差がないのだろう。
c0163001_2328111.jpg

新川児童遊園の西端で流路跡の道は仙川を渡る。車道側の橋には「長久保一之橋」とあるのだが、上流側(歩道側)にはもうひとつ名前のない橋が掛っていて、高さが異なっている。これはかつての築堤と関係あるのかもしれない。仙川用水を暗渠化・道路化した際に多少築堤が削られてこの橋が架けられ、その後さらに土手が削られて道路が拡幅され、橋だけがもとの高さで残ったのではないだろうか。
c0163001_23281616.jpg

橋の上から仙川の上流方向を眺めると、人見街道に架かる野川宿橋が見え、その下から川が急に太くなっているのがわかる。野川宿橋より上流側はほとんど水が流れておらず、カミソリ護岸の狭く深い水路となっているが、橋の東側の袂からは、下流部で取水した地下水を流して、川の流れを復活させている。こちらについては次回詳しく紹介する。
c0163001_23282116.jpg

仙川上流部の開削時期

かつて仙川はここより1kmほど下流の勝渕神社付近を源流としており、それより上流の水路はあとから開削されたと言われている。仙川用水が通っていた築堤の下の谷筋には、それまでは仙川は流れていなかったことになる。
「世田谷の河川と用水」には1950〜51年に上流部が開削とあるが、1935年頃の地籍図や1947年撮影の空中写真には、築堤より南側には水路がみえる。築堤北側の窪地は戦前は「ハキボリ」と呼ばれる湿地だったというが、おそらく「捌き堀」の意だろう。そこから築堤を潜って南側に排水する水路があったのだろうか。そして、築堤より上流の水路は、1947年7月の航空写真には影も形も見えず、一方1948年3月の航空写真には現在と同じルートの水路がはっきりと見えることから、少なくともこの近辺では1947年夏から1948年春の間に開削されたことになる。

一方で、中央線の武蔵境駅付近より北側の水路は、それより前から存在していたようだ。江戸時代に開削された小金井分水や梶野新田分水から分岐した何本かの用水路の流末もこの水路につながっていることからも、その古さが伺える。小金井市誌によれば、現在の仙川は「長窪の水流」と呼ばれる悪水路で、大雨のたびにあふれていた。梶野新田分水が仙川の上を越える築堤が今でも残っているが、悪水路の氾濫で度々この築堤が破壊されたという。
一方で、境村(現武蔵野市境)では、水害を避けるためにこの悪水路(=現在の仙川)の流れる谷に3箇所にわたり厳重に築堤を築き、それより下流側の窪地に水が来ないようにしていたという。この築堤を巡って宝暦から明和にかけて梶野新田と堺村の間で争いが起こり、1754(宝暦4)年には「悪水堀築留取払いお願いの状」が出されている。
この仙川上流部の流路については武蔵野市史でも、低地帯にある昔からの出水路で、普段は枯渇していて降雨の後数日は水が流れたとし、砂漠の「ワジ」に例えられている。また、1919年(大正8)刊行の5万分の1東京西北部や1931(昭和6)年刊行の最新番地入東京郊外地図でも、小金井付近から武蔵境駅以北の区間までは水路が描かれていて、少なくとも江戸期から戦前に至るまで継続して水路が存在していたことがうかがわれる。
これらの事実から判断すると、人口的に開削されたとされる仙川上流部は、上流部から武蔵境付近までは悪水路として存在していたことは間違いない。そしてそこは降雨時のみ水が流れる、いわゆる「シマッポ」「マツバ」のような水路で、余程のことが無い限りは武蔵境付近より下流は伏流水として地中に消えていたのだろう。伏流水の区間はその後の開発に伴い、排水対策として1948年ころにしっかりした水路を開削して、仙川につなげたのだろう。(※「シマッポ」については白子川上流部の記事参照)。
なお、水路が開削され仙川につながった後も、勝渕神社より上流部はしばらくは仙川とは別扱いだったようだ(武蔵野市内では「武蔵川」として管理されていた)。全区間が「仙川」として管理されるようになったのは1964年のことだという。
c0163001_23283197.jpg


築堤がもたらした大浸水

境村に築かれていた築堤がどうなったのかは不明だが、仙川用水の築堤も谷をダムのように塞いでいることから、仙川上流部が開削される以前は大雨が降るとその上流側にあたる人見街道沿いが水浸しになったという。戦前の出水時の写真には、一帯が湖のようになって人々が舟で行き来する様子が写っており、おそらく1941年7月の水害の時のものと思われる。この水害は記録的なものだったという。7日間に続く豪雨の影響で中央線の北側では現在仙川上流部が流れる谷に沿って、長さ3km、幅が最大で200mにわたって湖のようになり、水深は深い所で4mにもなったという。そして三鷹町内でも仙川用水築堤の北側で、人見街道に沿って出水した。「三鷹の民俗6 下連雀」では、下連雀の子供たちが現三鷹市立第一小学校に通うため、井の頭公園の池からボートを5、6艘借りてきたことが記されている。
この築堤を巡っては、水浸しになって困る上流側と、逆に水が来られると被害を被る下流側で度々争いが起こったと伝えられている。「三鷹の民俗6 下連雀」では、仙川用水の土手が水を止めるため大雨の際に水浸しになること、新川の人が土手を切らせないために夜警を出し、けんかになったこともあったと記している。これは仙川沿いの水田への被害阻止を巡る攻防だろう。
また、「深大寺用水私考」には、「三鷹の新川の方の土手は、雨が降ると水が溢れて地元が困るので土手を切る。土手を切られると金子に田のあった内野氏などは、逆に水がきて困るので、土手を切られないように見張りにいったという」といった聞き書きが記されている。仙川用水の築堤を普通にをまるごと切ってしまうとその水は仙川方面に流れるので金子村方面には水は行かないし、仙川用水自体が使い物にならなくなってしまう。ここで言っているのは築堤上の仙川用水を挟む土手のうち、北側を切って、築堤の北側に溜まった水を仙川用水に逃すということではないかと思われる。

そんな築堤も今では撤去され、仙川も改修により深く掘り下げられて、このような水害が起こることはなくなった。
橋を渡ると道路に沿って右手(北側)に小高くなった細長い緑地帯があり、かつての築堤の名残を留めている。
c0163001_23285677.jpg

築堤の西端付近から仙川の谷を振り返ると、今でも高低差があることが分かる。水路は写真中央のコンクリート擁壁の上を中央から左手に抜けていた。
c0163001_2329143.jpg

ここで仙川の谷を渡りきった仙川用水は、今度は長久保と呼ばれる窪地を避けるようにその縁を西〜南へと向きを変えて進む。水路跡の道路の南側、数メートル段差のある窪地が長久保で、現在では農業公園とJA東京むさし三鷹緑化センターが設けられている。
c0163001_23291356.jpg

そしてここで仙川用水は「梶野新田用水野崎支線」と交差していた。仙川用水の北側には高低差がないため、どのようにして交差していたのか不明だが、おそらく野崎支線の方を掘り下げて仙川用水の下を抜け、長久保に出ていたのではないか。流路の跡は現在、農業公園と住宅地の境界線として残っている.下の写真は仙川用水と野崎支線が交差していた地点。手前の道路のところを仙川用水が左から右に流れており、青緑のフェンスのところを右手前から左奥に向かって野崎支線が流れていた。フェンスの裏側が長久保の低地で、2〜3mほどの高低差がある。
c0163001_23292481.jpg


梶野新田用水野崎支線

「梶野新田用水」は今まで取り上げてきた深大寺用水の母体となった玉川上水の分水で、基本的には新田集落の飲用水として開削された。その開削時期は1734(享保19)年頃とされる。小金井で分けられた水路は「梶野新田外五ケ村呑用水組合」に属する梶野新田、染谷新田、南関野新田、境新田、井口新田、野崎新田を経由し、上仙川村に至っていた。上仙川村だけは灌漑用としての利用だったという。余水は仙川源流一帯の水田を巡る用水路に落とされていた。1825年の記録では「上仙川村畑直り新田用水」として「上仙川村本田用水」への助水も行なっていたとあるが、これは仙川もしくは仙川用水の"野川分水口ルート"を指すと思われる。1871(明治4)年に深大寺用水が開通して以降は、野崎から下仙川に至る水路は支流扱いとなったようで、「三鷹市史」(1970)によれば、戦後作成された「砂川用水実態図」には、野崎支線と記されているという。
梶野新田用水野崎支線は三鷹市野崎の交差点からしばらく人見街道に沿って流れたのち、現在の三鷹市役所付近で向きを変えて南東南東に直線に流れ、仙川用水をくぐり現在の仙川の上仙川橋付近で仙川用水野川分水口ルートの水路と合流したのち、勝渕神社方面に流れていた。
流路が複雑に交錯しているので、再度地図を掲載しよう。
c0163001_23293371.jpg

流路跡自体は全く残っていないが、上仙川橋付近までは土地区画の境界線として辿ることができる。また、上仙川橋より下流部はそのまま現在の仙川の流れと一致する。航空写真(google mapよりキャプチャ)の上は三鷹市役所の東側、下は仙川用水との交差地点付近。野崎支線の水路跡(水色のライン)がそのまま土地の区界となっていることがよくわかる。
c0163001_23294638.jpg

梶野新田用水野崎支線はいつ頃まで水が流れていたのだろうか。「三鷹の民俗10 新川」には玉川上水から新川の水田に至る2本の用水路として、ひとつは前回とりあげた仙川用水のの"野川分水口ルート"、もうひとつは「K家の方(から、新川本村の田の)西側にくる」ともある。K家の屋敷はかつて仙川用水と野崎支線が交差する地点の東側にあったことから、ここでのもうひとつの用水路が「梶野新田分水野崎支線」を指していると思われる。この記述は聞き書きをベースにしており、おそらく昭和初期の様子と思われる。ただ、1935(昭和10)年の地籍図にはすでに野崎支線の記載はない。一方で先に記したように戦後作成されたという「砂川用水実態図」には記載があるといい、1948年の航空写真でもそのルートははっきりと写っている。

JAの裏手で、仙川用水跡は再び車止めに遮られた暗渠らしい道となる。
c0163001_2330323.jpg

カーブを描いて南へと向きを変えていく。
c0163001_2330854.jpg

東八道路につきあたったところで水路跡は姿を消す。かつてはこの先、海上技術安全研究所の中へと続いていた。品川用水との分岐点から海上技術安全研究所に入るまでの区間は、仙川用水・品川用水の中でも最後まで水路が残っていた区間のようだ。住宅地図でその変遷を追う限りは、1976年ころまでは開渠として残っており、その後段階的に暗渠化が進み、最後まで残ったJAの北側の区間は1986年の地図で姿を消している。ただし、情報の更新にタイムラグはあって、実際にはもう少し早い時期に無くなっていたかもしれない。
c0163001_233013100.jpg


海上技術安全研究所を抜ける仙川用水と明治20年代開削説

海上技術安全研究所の構内に入った仙川用水は、三鷹市と調布市の境界に突き当たったのち、その境界にそってほぼまっすぐに、南南東に下って行っていた。この境界線は、かつての鎌倉街道でもあった。現在では水路の痕跡はほとんど残っていないようだが、鎌倉街道に沿った並木が続いていて水路のルートも示しているかたちとなっている。

ただ、海洋技術研究所の前身である中央航空研究所が作られた1940年頃、構内の南半分はルートを変更した上、暗渠化された。そして1958年には新たに造成された実験用プールを迂回するため北半分もルートが変更され、海洋技術研究所内の仙川用水は、実際には鎌倉街道沿いとは離れた場所を流れるようになった。

さて、研究所内に残る鎌倉街道跡沿いには、「仙川分水」の解説板が設置されているようだ。今回の取材で見学することはできなかったが、研究所のウェブサイトにその写真と、解説板に記された文章が掲載されている。そこには仙川分水は明治20年代に開削されたと書かれている。仙川用水に関する情報が皆無に近いためか、あるいは公的機関に掲示された解説板であるためか、この明治20年代開削説はネットを中心に各所で引用されている。これは一方で、仙川用水が品川用水よりも古い、江戸前期に開削されたということと矛盾するため、今まで個人的に謎であった。今回の調査で、この解説板の設置経緯と、情報の出所が明らかになった。結論から言えば、この明治20年代開削説はおそらく誤りであろう。
情報の出どころは、研究所内で刊行されていた、社内報のような刊行物「雑木林 」で1979年9月に刊行された23号を始め、何回かにわたって仙川用水と鎌倉街道のことが取り上げられている。ここで、仙川用水に関する公的な記録は1962年ころに「砂川水利組合」(砂川用水の水利組合か、あるいは品川用水の聞き間違いか不明)に一括譲渡されてしまい、三鷹市には一切何も残っていないこと、市の市民相談室職員の説として、仙川分水が明治20年代から30年代にかけて開削されたのではないかと述べていることが記されている。そしてその根拠は仙川用水が明治13年の地図には載っておらず、明治40年代の地図には掲載されていることだとしている。つまり、なにか文献に基づくものではなく、地図からの推測である。
ここで言われている明治13年の地図とは2万分の1縮尺の「東京近傍図 :東京近傍西部」(明治13年測量19年製版)、明治40年代の地図は5万分の1地形図「東京西北部」(明治42年測量)だと思われる。確かに前者には仙川用水のルートは描かれていない。しかし、東京近傍図にはほかにも入間川など描かれていない川や用水路も数多く有り、これを根拠にすることはできない。

前回記事でも記したように、仙川用水の入間川養水ルートは江戸期から存在し、江戸時代後期や末期の記録にも残っていることから、一時的なものならともかく、長期にわたって断絶した期間があるとも考えにくい。そして明治20年代説の直近で言えば、明治16年時点で、品川用水からの各村ごとの寸積(分水量)として以下の記録が残っている。

[字稲荷前口から=入間川養水ルート] 新川村:3坪5合2勺、中仙川村:3坪1合4勺、金子村:1坪5合3勺、大町村:1坪5合4勺
[野川分水口から] 新川村:6合9勺

新川村は1874年に野川村と上仙川村が合併してできた村だ。このことひとつをとってみても、明治20年以降ではないことがわかる。
ちなみにここで注意すべきは、入間川養水ルートにも新川村=旧上仙川村の水利権があるということだ。そして中仙川村以上の水利権が確保されていて、これが水田用であることが伺われる。一方で入間川養水ルート〜入間川沿いには旧上仙川村の水田はない。水田があるのは仙川沿いだ。つまり、入間川養水から旧上仙川村エリア=仙川流域に向かって分水路が引かれていたことになる。この分水路については次回に詳しく記そう。

明治20年代開削説はこのようにおそらく間違いなのだが、上記の「雑木林」の続く号では、鎌倉街道と仙川用水の保全の働きかけ、その結果としての解説板の設置といった経緯が記されている。解説文が参考にしたのは当然ながら「雑木林」での記述だった。その結果、明治20年代説がひとり歩きするようになったようだ。1980年代の三鷹市の広報紙でもこの説が採用されており、仙川用水を巡る情報が錯綜していく一因となったと思われる。

敷地内に残る鎌倉街道跡の並木道を塀越しに眺めてみる。水路の跡はなさそうだ。
c0163001_23321264.jpg

船舶技術研究所を抜けた仙川用水跡/鎌倉街道はいったん普通の車道となる。この近辺にも70年代まで開渠が残っていたそうだ。
c0163001_23323370.jpg

そして100mほど南下すると、今度は消防大学校の敷地に突き当たる。敷地の北側を横切る歩道にはなぜか水路の流れていたルートにそって斜めに敷石のようなものが埋められていた。
c0163001_23325310.jpg


消防大学校

消防大学校の中もひきつづき仙川用水跡/鎌倉街道は三鷹市と調布市の境目となって南南東に下っていく。こちらの敷地内にも街道沿いの並木が保存されている。その入口は遊歩道風となっていて、やはり解説板が設置されていた。守衛さんに頼んで入り口だけ撮影させてもらった。鎌倉街道を辿ってくる人は時々訪れるというが、用水路を辿ってくる人はいないようだ。
c0163001_2333875.jpg

構内図には街道跡を示す並木が描かれている(2列に連なる緑の点)。
c0163001_23332063.jpg


かつてこの敷地内で、先程ふれた仙川流域の水田へと向かう分水路が分かれていた。長くなったので、以降は次回の記事としよう。

(つづく)

※参考文献リストはシリーズの最後にまとめて掲載します。
[PR]
by tokyoriver | 2012-03-22 23:33 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(4)
【一部追記修正】3月10日、11日にかけ、記述・地図の追加、修正をしています。

今まで9回にわたって深大寺用水(一部入間川も)を追ってきたが、今回からは深大寺用水と入間川に関係の深い「仙川用水」と入間川の残る区間について取り上げていく。紛らわしいが「仙川用水」は「千川上水」とも「仙川」とも異なる、かなり古い時期に玉川上水より分けられた用水路である。

仙川用水とは

「仙川用水」は「上仙川村、中仙川村、金子村、大町村組合用水」とも呼ばれた玉川上水の分水で、現武蔵野市境で分水され、現三鷹市中部で入間川の中流部と仙川の(本来の)源流部に接続されていた。引かれた水は、仙川の源流部に広がる上仙川村(現三鷹市新川)の水田、入間川の中流沿いに広がる中仙川村(現三鷹市中原)の水田を潤し、また、入間川へ引き込まれた水は途中で再び別の用水路に分かれて、野川沿いの金子村(現調布市西つつじヶ丘)、大町村(現調布市菊野台)の水田を潤した後、野川に注いでいた。用水の開削時期は17世紀半ばと推定されるが、正確な時期はなぜか記録に残っていない。玉川上水より上仙川村に入るまでの区間は17世紀後半に「品川用水」に、そして下流の入間川から分かれて以降は明治初期に「深大寺用水東堀」に利用された。

下の地図で黄緑色のラインが仙川用水と品川用水の水路である。左上から右下に横切る青緑色のラインが仙川、右下のエリアが今まで取り上げてきた深大寺用水と、入間川の流れるエリアだ。
c0163001_081622.jpg


仙川用水と品川用水の関係

深大寺用水東堀については前回までの記事をみていただくこととし、ここでは「品川用水」について軽くふれておこう。品川用水は「戸越上水」を前身とする灌漑用水路だ。「戸越上水」は玉川上水開通(1654年)の10年後の1663年から1664年にかけて、品川領戸越、蛇久保両村入会地(現品川区豊町、戸越、東中延)にあった熊本藩細川家の下屋敷の庭内の泉池(現在の戸越公園と元国文学研究資料館(過去記事参照))の用水として、仙川用水からの分水のかたちで開削された。庭園のためだけに延々20km以上もの水路を開削した戸越上水だが、わずか2年後の1666年には廃止されてしまった。敷地内の湧水で事足りたからとも、維持費が負担になったからともいわれるが真相はわからない。いずれにしてもせっかく通した水路を灌漑用水として利用したいとの要請が品川領各村より幕府に上がり、1667年に許可がおりる。そして1669年には細かった水路が拡張整備され、戸越上水は品川用水として再出発することとなる。玉川上水からの分水地点から品川用水と仙川用水が分岐する現三鷹市新川までの区間は、もともと仙川用水だったが、このときに品川用水として扱われることとなり主従関係が逆転したようだ。
c0163001_083538.jpg


品川用水から三鷹用水へ

品川用水を巡るあれこれについては本題ではないのでここではふれず、時代は一気に1947年に飛ぶ。戦後の食糧危機により仙川用水沿いの水田でも耕作強化が図られることとなり、品川用水普通水利組合に対して三鷹町長、神代村長から水利権譲渡申請書が出された。品川用水の水はこの時点ですでに仙川用水系でしか利用されていなかったため、この要望はスムーズに通り、用水路は1948年、三鷹町長管轄下におかれ、1952年に品川用水は三鷹用水土地改良区として再出発した。この際に旧金子村地区の農家でも水利権買収金の負担があったというから「三鷹用水」は実質的に「仙川用水」の復活だったといってよいだろう。ただ、このしばらく後から三鷹市内の工業地化、宅地化が進み、汚水が流入することで用水路の水質は急速に悪化していく。仙川上流部の旧上仙川村エリアでは、水質が稲作に適さないとして、1956年に三鷹用水からの取水を取りやめた。そして三鷹用水と深大寺用水の水を利用していた旧金子村、大町村エリアの「金子田んぼ」でも、深大寺用水の記事で記したように1961年には稲作をとりやめ、は神代団地となった。こうして1960年代初頭には用水はその役割を終えたと思われる。既に水の流れなくなった品川用水は1960年代後半から1970年代にかけ暗渠または埋め立てられていった。三鷹用水にはしばらくは水の流れはあったようだが、70年代前半までには暗渠化されたようだ。
※なお、70年代などの一部の地図には、烏山川の支流である水無川(中川)を三鷹用水と記しているものもあるが、正しくはこの品川用水/仙川用水が三鷹用水である。

柴田家と仙川用水開削時期の関係

先に記したように、仙川用水の開削は戸越上水の引かれた1663年以前であることは確かだが、その正確な時期ははっきりしない。玉川上水からの分水は、上水開通翌年に出来た野火止用水(1655年)が最初で、その後に砂川分水(1657年)、北沢分水(1658年)、烏山分水(1659年)、青山上水(1660年)、三田上水(1664)と続く。この間に仙川用水も開通していたことになる。このような早い時期に分水をひくことができたのは、上仙川村・中仙川村を領地とした柴田家の力によるものではないかという説もあるようだ。柴田勝家の孫、勝重(1579-1632)がこの地を領地としたのは1615年。大坂の役(1615)の戦功により幕府より与えられたという。勝重は中世の武士団金子氏の居城だったと伝えられる「島屋敷」に居を構え、仙川水源近くの勝渕神社には柴田勝家の兜が埋められ祀られてたと伝わっている。柴田家は1698年に三河に移るまでこの地を統治し、以後は上仙川、中仙川は幕府の直轄地となった。玉川上水からの分水は、その初期はいずれも飲用水としての利用がメインであり、仙川用水もそうだったとすると、柴田家との関わりもあながち無くはなさそうだ。これに関連するかもしれない水路については次回に取り上げる。
そして、仙川用水が明治20年代に深大寺用水への補水を目的として開削された、という説もネット上に出回っているのだが、今回調べてみて、これは間違いであることがはっきりした。こちらについても追々取り上げる。

そのほかにも、仙川用水を巡っては今までわからないことが多かったのだが、今回調査してみてだいぶ判明してきたので、記事の中で順を追って記していく。現在品川用水/仙川用水の痕跡はほとんど残っていないので、上流から要所要所をかいつまんで紹介していこう。

境の分水地点

まずは境の分水地点から。武蔵境通りが玉川上水を渡る桜橋から下流に向かって東に100mほど下った地点、武蔵野市境3丁目に、今でも品川用水/仙川用水の分水口が残っている。すぐそばは境浄水場だ。下の写真は左岸(北)側から見た取水口の全体像。玉川上水は写真右手前から左奥に流れており、左上に見える堰で水かさを上げて、右端の凹んだ護岸の中腹に開いた水門から取水していた。
c0163001_09997.jpg

取水用の堰。支柱の上流側は水流の勢いを削ぐために三角形となっている。そして堰の板を差し込む溝が残っている。
c0163001_091812.jpg

取水口をクローズアップ。この前後の玉川上水はコンクリートの護岸がつくられているが、ここだけは古い石積みの護岸となっている。そして枯葉に埋もれて赤く錆びた鉄の水門で塞がれた、四角い取水口があるのがわかるだろうか。取水口の大きさは時代により何度も変遷があったようだ。江戸時代末期の記録では2尺5寸(75cm)四方と記されている。今残っているのもそのくらいの規模に見える。ここで取り込まれた水はしばらく地中を流れてから開渠となっていた。
c0163001_092317.jpg

こちらは右岸側、真上から取水口を見たところ。写真右上の端に堰が写っている。取水口の上には水門を開閉するハンドルの残骸が残っている。かたわらの土手には品川区と武蔵野市が連名で設置した「品川用水取水口跡」の説明板があるが、戸越上水や仙川用水のことは触れられていない。
c0163001_092965.jpg


堀合通り

玉川上水から離れた水路は市立第六中学校となっているところを横切り、その裏手の八坂神社の敷地を抜けて、南東へと下っていた。中央線の線路の辺りまで続く、玉川上水との間に挟まれた細長い土地は堀合と呼ばれていた。用水路は変哲のない道路となっていて水路の痕跡は見る影もないが、交差点名や通りそのものの名前として堀合の名が残り、かつて水路があった証となっている。

 2012.3.10追記
かつて玉川上水から分かれたばかりの品川用水が通っていた場所にあたる、武蔵野市立第6中学校の敷地内に「水吐橋の碑」がある。1971年、学校の校舎を建設中にみつかった橋の遺構を使ったものだという。水吐橋は大正12年8月31日に完成したが、翌日関東大震災で破壊された。このため一夜橋とも呼ばれた(コメントいただいた「な」さん、ありがとうございました)。


c0163001_09333.jpg

品川用水の水路は跡形もなく平凡な道路となっているが、途中まるで水路跡のような細長い公園を2つ横切る。一つは境浄水場への専用線跡。大正後期に浄水場への資材運搬用として敷設されたものだという。そして武蔵野市から三鷹市に入るともうひとつ、グリーンパーク遊歩道(堀合遊歩道)と交差するが、ここは戦後のごく一時期、三鷹駅から武蔵野競技場前駅まで運行されていた武蔵野競技場線の線路敷跡である。

歩道の一部には、古そうな四角い蓋が残っていた。品川用水の暗渠と関係はあるのだろうか。
→2012.3.11追記:関係ないとのことです(T様、情報有難うございました)。
c0163001_093633.jpg


堀合地下道

品川用水跡の堀合通りはやがて三鷹駅の西側で中央線の線路に突き当たる。
c0163001_094140.jpg

突き当たった先には「堀合地下道」があって駅の南側に通り抜けできるようになっている。
c0163001_094554.jpg

この地下道は、三鷹市史によればもともと品川用水の水路だったものを改造した地下道だという。
c0163001_010862.jpg

言われてみれば、側壁の微妙なすぼみや天井の低さと線路までの薄さは、水路を彷彿とさせる。
c0163001_0101279.jpg


さくら通り

地下道を抜けた南側には、堀合通りから連続したカーブを描いて、徐々に南東に向きを変えていく。
c0163001_0101791.jpg

品川用水の跡の通りは三鷹駅南側からは「さくら通り」となる。かつてこの通り沿いを流れていた品川用水は、1952年に暗渠化された。これは失業対策の土木事業として施工されたといい、この工事によってさくら通りは市内初のアスファルト舗装道になったという。
c0163001_0104147.jpg

さくら通りより先、品川用水の水路はむらさき橋通りでて通り沿いを南下し、下連雀6丁目で離れ南南東へ、そして現在三鷹市立第6小学校の校庭となっているところを横切り、更に東に向きを変えて吉祥寺通り近辺を再び南下、人見街道の北側に並行する三鷹市新川と下連雀の境界となっている道に突き当たったところで品川用水と仙川用水に分岐していた。この区間は特に痕跡はないので、一気に仙川用水の分岐点まで飛ぶことにしよう。

品川用水と仙川用水の分岐点

東西に抜ける古くからの街道「人見街道」の両側にはかつて「アイノミチ」と呼ばれた小径が並行していた。新川と下連雀の境目の道はそれらの名残のひとつである、そしてその道の傍らに、品川用水と仙川用水の分岐点が残っている。右側に曲がる赤茶色の舗装の道がかつての仙川用水跡、そして正面の草の生えた窪地が品川用水の跡だ。背後はかつては日産の工場で、現在は高層マンションとなっている。
c0163001_011661.jpg

品川用水の跡はよく見ると、半ば埋もれてはいるようだが水路がそのまま残っている。ここはおそらく品川用水で唯一水路が現存している場所だ。仙川用水の方の痕跡はないが、もともとここまでの水路は仙川用水であったこともあり、ここの分水口は品川用水の数ある分水口の中でも別格扱いだったようだ。1689(元禄2)年、品川領9ヶ村の訴えにより井伊領(現世田谷区内)の各村の分水口は閉塞されたときも、上仙川村の分水口は対象外であり、翌年上仙川分水口が訴えられたときも、分水量の調整と厳格な管理を実施するということで話が付けられている。
「品川用水沿革史」に収められている現地の視察記(1941年11月)ではこの分岐点は「新川分水口」として厳格に管理されたコンクリート造りの樋口だと記されている。そして、この時点で品川用水側の水路は砂俵でせき止められて通水していなかったという。そちら側の水路がこうして残っているのはどういった経緯があったのだろうか。
c0163001_0174161.jpg

水路が残っているのは20mほどだろうか。その先は土に埋もれて曖昧になり、新川宿公会堂とその裏手の八幡社に続いている。
ここは玉川上水とその分水で最初の水車が設置された場所でもある。1697(元禄10)年、現千代田区麹町にあった粉屋がここに挽臼 2 台を備えた水車を設置した。この水車は無許可で設置されたもので、すぐに撤去されたという。
c0163001_018294.jpg

新川宿公会堂の南側。前を横切っているのが人見街道だ。そして品川用水の水路は公会堂の左側に見える電話ボックスのあたりから街道沿いに出て、手前に写っている歩道のところを東(右手前)に流れていた。公会堂の周りには八幡社や古い石像を収めた祠などが集まっていて、古くからの地域の要所であったことをうかがわせる。
c0163001_0185468.jpg



仙川への導水路はどこか

さて、分水地点で分かれた「仙川用水」「入間川養水」とも呼ばれ、最後は入間川へ注ぐ水路だ。仙川用水は4つの村の水田の灌漑用に引かれたわけだが、そのうち上仙川村以外の3村の水田については、この「入間川養水」経由で水が供給されていた。一方で上仙川村は入間川流域ではなく仙川流域なので、仙川用水から仙川方面に至る別の水路もあったことになる。
三田義春「世田谷の川と用水」には、品川用水開通以前は仙川用水との分岐点の地点より南下し勝渕神社脇の丸池に注ぐ水路があり、品川用水開通時に廃止された(仙川養水)とあるが、出典が不明であり、ほかの資料にはこのような記述は見当たらない。
仙川への導水路については長らく私の中で謎だったが、今回記事をまとめるにあたって調べた結果、少なくとも2つのルートがあったことが判明した。

2つあった分水口

まず一つ目のルートだが、品川用水絵図(1858(安政5))には、仙川用水(上仙川村、中仙川村、金子村、大町村組合用水)取水口1尺2寸(36cm)のほかに、野川村之内、仙川用水口として埋樋で高2寸五分(7.5cm)横4寸(12cm)の取水口があったことが記されている。仙川用水には2つの分水口があったということになる。また、「品川用水沿革史」(1943)に引用されている江戸期の別の資料にも「上仙川分水口」として、上仙川村字稲荷前に4寸四方の分水口が、「野川分水口」として野川村字北裏耕地に2寸四方の分水口があると記されている。明治16年の記録でも変わりはなく、2つの分水口が記録されている。そしてどうやら、それぞれの記録に記されている2つの分水口のうち後者が、仙川へ水を導く分水口だったようなのだ。

水路のルート

ではそれは具体的にはどこだったのか。「野川分水口」があったと記されている野川村字北裏耕地は、現在の市立第一小学校以東のエリアにあたる。そして、「三鷹の民俗10 新川」(1987)に掲載されている戦前の新川宿を記した概略図には、第一小学校の東側に、品川用水から分かれ南下する水路が途中まで描かれ、幅6尺(1.8m)ほどの水路が新川本村の田に引かれていたと記されている。
一方で「品川用水沿革史」の現状視察記(1941年11月)には、国民学校の手前の分水口も敷石が崩れ荒廃しているといった状況が記されている。この国民学校は市立第一小学校のことだ。
そして、1947年に撮影された空中写真では、第一小学校の南側から、現在の仙川のルートを通ってもともと仙川の水源地帯だった勝渕神社周辺に至る水路が写っている。
野川分水口からの水路がいつから存在していたのかどうかは不明だ。品川用水開通後に後追いで作られた可能性もあるし、戸越上水が「野川村」から分けられた、という記録からすると最初からあった可能性もある。だが少なくとも江戸時代後期から戦前にかけて、入間川方面の分水口とは別に、品川用水から仙川に分かれる水路が存在していたことになる。そしておそらくこういった水路が存在したゆえか、仙川自体を「仙川用水」として記す文献も散見される。先の三鷹用水もそうだが、このような呼称の錯綜が、水路の関係をわかりにくくしている側面がある。
c0163001_0193267.jpg


幻の「野川」

そしてもうひとつ、入間川ルートから分かれて仙川に至る水路の存在も確認できたのが、こちらについては次回の仙川用水入間川ルートの記事に記すことにする。最後に「野川」について触れておこう。これは国分寺から流れてくる「野川」とは全く別の川で、伝承によればこの川は品川用水と仙川用水の分岐点の辺りから流れだし、人見街道から60mほど奥まった、かつての牟礼村と野川村の境目に沿って、新川2丁目の天神社のあたりの窪地まで流れていたという。この川は仙川用水からの分水だったとも、また品川用水の開通でなくなったとも言われているが、資料に乏しく詳細は定かではない。そして、野川村の名の由来がこの水路で、新川という地名(のち、1874年に上仙川村と野川村が合併して新川村となる)は品川用水に由来するとの伝承もあるという。
なお、この野川が通じていたという窪地は、地形図で見ると周囲より1mほど低くなってる程度の非常に浅いものだが、谷筋のかたちとなっていてかつて川のルートであった可能性がある。そしてその谷筋を下っていくと「東京peeling!」さんが記事にしていた水無川の北野3丁目方面からの支流の上流部につながっている、ということも非常に興味深い。

→実際に水路があったことが判明しましたので、下地図を修正しました(流路は1935年頃の時点のルート)。品川用水からの悪水を落としていたと思われます。(2012.5.19)。

c0163001_21263138.jpg

(2012.3.11地図追加。2012.5.19修正。窪地の表記は標高51mライン。)

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-03-10 00:25 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(9)
前回に引き続き深大寺用水西堀3回目の記事。最後となる今回は甲州街道以南、野川に合流するまでの区間をとりあげる。まずは地図を(google mapにプロットしたものをキャプチャ)。青い線と黄緑の線で用水路、紫色と水色の線で自然河川を示している。たくさん水路があるように見えるが、野川と、入間川の甲州街道以南の区間以外は全て現存せず、暗渠化されているか、埋め立てられている。
c0163001_2314352.jpg

深大寺用水西堀は、甲州街道の南側からコンクリートの蓋がけ暗渠となっている。暗渠沿いには植え込みが設けられ「菊野台緑道」といった名前もつけられているようだ。
途中からは、前回記事最後にとりあげた厳島神社からの流れと合流する。そちらは普通の舗装された道となっていて、一見水路跡とはわからない。この辺りより下流は、厳島神社からの川(かんがい用水)をそのまま利用している(地図で紫色となっている区間)。東堀の記事でも触れたように、甲州街道南側には西堀と東堀の間に網目状に水路が分かれて流れているが、これらは深大寺用水開通以前からすでに存在していた。それらは17世紀後半に開削された仙川用水(上仙川、中仙川、金子、大町四ケ村用水)の末流にあたる。深大寺用水東堀はその水路を利用している(地図で黄緑色となっている区間)。
c0163001_231441100.jpg

やがて暗渠は、緑道からガードレール付の歩道に変わる。護岸のあったところにそのまま蓋をしているせいか、並行する路面より高くなっている。橋のような痕跡もある。水路の左岸側(東側)は、かつての字名を曲田といい、東堀との間に水田が細長く伸びていた。(写真は上流方向を振り返った様子)。
c0163001_23144470.jpg

しばらく行くと、京王線の線路につきあたる。水路はそのまま線路の下を抜けているようだが、踏切も何もないので、反対側(南側)にはぐるっと迂回してまわりこむこととなる。
c0163001_23144756.jpg

線路の反対側は、周囲が空き地になっていて鄙びた雰囲気だ。
c0163001_23145112.jpg

暗渠上、線路際に設けられたマンホールには「うすい」の文字。雨水幹線として扱われているのだろう。
c0163001_23145627.jpg

夏は両脇は雑草が生い茂っている。周囲の緑がかつての水路の様子を偲ばせる。
c0163001_2314594.jpg

その先は、S字に蛇行しながら蓋暗渠が続いている。こちらは菊野台第2緑道と名付けられている。
c0163001_2315891.jpg

両岸の植え込みはそれなりに手入れされている。暗渠上には所々に鉄蓋があった。こっそり開けてみたが、水路に水は流れておらず乾いていた。
c0163001_23152246.jpg

深大寺用水西堀は、京王線の南側から、深大寺用水東堀の分流「大町堀」と40mほど離れて並行して流れていく。2つの水路の間は線路の北側からつづく、字「曲田」。その名の通り、流路にそって曲がった水田となっていた。この水田のところは金子村が大町村にプラグ状に食い込んだかたちとなっていた。
下の地図に、1955年ころの深大寺用水流域の水田と旧村名を示した。黄緑色に塗ったエリアが水田だった場所、黄緑色のラインは深大寺用水東堀(かつては仙川用水末流)の水系だ。この金子村の食い込みの他にも、深大寺村の飛び地がぽつりとあったりと、村々(神代村への統合後は大字か)の境界線はいりくんでいた。なお、西堀が京王線を越えたあたりから南西〜南に水路が分かれていたとの推測もあるようだが、そのような水路は資料や地籍図からは確認できない。地図からわかるように、大町村の水田は野川沿いに集中しており、そちらは野川から分水した通称「野川大町用水」を利用していた。地図では簡略化して記したが、実際には網の目状に水路が張り巡らされていた。野川沿いにいくつか口を開ける排水口はこの用水路の名残だ。こちらの水田には深大寺用水の水は一切引かれていなかったという。
c0163001_23153132.jpg

品川通りに出て緑道は終わり、そこから先は普通に暗渠としての道が続く。畑の脇を抜けたり、花が咲き乱れていたりと、すこし長閑になってくるが、周囲の宅地化はここ数年でも進んでいるようだ。
c0163001_23154128.jpg

旧大町小学校の脇からは車道沿いを敷地にそって流れていく。大町小学校は1999年に、隣接する野川小学校に併合して調和小学校となった。すぐそばには旧大町村の鎮守社である八剱神社がある。14世紀の創建で、御神体は十一面観音像と、神仏習合の名残がみられる珍しい事例となっている。深大寺用水西堀は柴崎村、金子村、大町村の3つの村の鎮守社のそばを通っていることになる(柴崎、金子は前回記事参照)。
c0163001_23154795.jpg

この区間は、コンクリート蓋の並びが綺麗で印象的だ。こちらは上流方向に振り返った様子。脇に隙間のあるタイプが連なる様は蛇や竜のようにも見える。
c0163001_23155273.jpg

隙間から見ると、中の水路は梁を渡したコンクリート枠の水路で、蓋のすぐぎりぎりまで幅があることがわかる。
c0163001_23155757.jpg

旧大町小学校敷地の南東側で、暗渠は急カーブを描いて北に向きを変える。
c0163001_2316244.jpg

そしてS字に曲がって再び向きを変えた後は、野川に向かって南下していく。かつてはここで、ここまで並行してきた大町堀と合流していたが、大町堀の方は今では痕跡がなくなっている。
c0163001_2324718.jpg

調和小学校と東電の変電所の間を南下していく。川沿いに花壇があって気分を和ませる。
c0163001_23244461.jpg

ここは水路ですという看板があった。不法工作物とは何なのだろう。
c0163001_2325353.jpg

小学校の敷地の南西側に至ると、目の前に野川の護岸が見えてくる。
c0163001_23252368.jpg

そして野川に合流。蓋暗渠にもかかわらず合流地点は円管となっていて、弁が設けられている。
先の地図にも記したように、この辺りには野川から引かれた野川大町用水ともいうべき水路が幾筋かにわかれて流れており、大町田んぼと呼ばれた水田を潤した後、一部は西堀末流に合流していた。
c0163001_23254826.jpg

以上で、9回にわたり取り上げてきた深大寺用水を辿り終えたことになる。深大寺用水が開通したのは1871年。そして上流部の砂川用水も含めた「砂川村他7ヶ村水利組合」が解散したのは1962年2月だ。その水路が利用されたのは100年にも満たないが、その短い間には、水を巡る切実なドラマが数多く紡がれてきた。組合が解散して今月でちょうど50年。水路の大部分は失われ、流域の風景も激変して、もはや深大寺用水を省みる人はほとんどいない。今残る蓋暗渠などの痕跡も、近い将来その姿を消し、水路を巡る記憶もまた忘れ去られていくのだろう。

最後におさらいで、梶野新田用水から分流して以降の、全体の地図を掲載しておく。
c0163001_23263422.jpg

深大寺用水本流の記事はこれでいったん終わりだが、次回からは、品川用水の前身であり、深大寺用水とも深い関係のある「仙川用水」の上流部、そして「入間川」の中流部以降の区間について、何回かに分け取り上げていく予定だ。今回、参照した文献も多岐に渡るので最後にそのリストも付け加えようと思う。今しばらくのお付き合いを。
[PR]
by tokyoriver | 2012-02-22 23:33 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(7)
前回に引き続き、深大寺用水西堀を今度は甲州街道付近まで追っていく。まずは今回のとりあげる区間の地図を(google mapにプロットしたものをキャプチャ)。青い線(深大寺用水系といわゆる佐須用水系)と黄緑の線(もと仙川用水系)で用水路、紫色と水色の線で自然河川を示している。たくさん水路があるように見えるが、野川、マセ口川、逆川以外の水路は全て現存していない。台地上を流れていた深大寺用水西堀水路は、晃華学園の南側で国分寺崖線を下り野川沿いの低地に出ていた(前回記事最後)。
c0163001_22445517.jpg

神代中学校の南側から出てきた深大寺用水西堀は、上ノ原公園の南側を東に下っていく。ここでも斜面の下ではなく中腹を横切っているのがいかにも用水路らしい。このあたりから流域は旧佐須村エリアから柴崎村エリアへと変わる。
c0163001_2245017.jpg

公園の先に進むと、生コンクリート工場の裏手に未舗装の水路跡が残っていた。
c0163001_2245470.jpg

上流方向を振り返る。奥右手に見えるのが上ノ原公園だ。水路跡が現れる地点からは、かつては南(写真左方向)に、柴崎村内を南下し野川に注ぐ細い分流があった。水田用ではなく、生活用水として引かれていたという。
c0163001_2245856.jpg

車道が崖線を登っていくのに対し、水路跡はその下を進んでいく。
c0163001_22451098.jpg

工場の先、コープとうきょうの裏手からは、とうとう開渠が現れる。
c0163001_22451529.jpg

近寄ることはできないが、開渠の始まりの地点には土管が口を開けている。水は全く流れていない。
c0163001_22451893.jpg

開渠の水路はゆったりとカーブを描きつつ東へ流れていく。この深大寺用水全区間を通じて唯一水路の残る貴重な区間がなぜ残されているのかよくわからないが、おそらくたまたま、なのだろう。既に役割を終えたこの水路はきっとそう遠くない未来に、気がつかれないうちに消滅してしまうに違いない。
c0163001_22452190.jpg

下流側に迂回してみると、そこはすでにコンクリート蓋の暗渠になっていた。
c0163001_22452589.jpg

緑色のフェンスの奥が暗渠、奥に見えるのは柴崎稲荷神社だ。左手からやって来た暗渠はかつてここで、崖線の下をまっすぐに進む水路と、神社の参道(手前)に沿って南に向かう水路のに分かれていたが、現在は南への水路だけが残っている。
柴崎稲荷神社はかつての柴崎村の鎮守社で、もとは天満宮山王稲荷合社と呼ばれており、その名の通り、天満宮、山王社、稲荷社を併せ持った神社であった。創建年代は不祥だが、少なくとも16世紀頃からこの地にあったようだ。崖線の斜面、長い石段を登った上に拝殿がある。雑木林に囲まれ鎮守の森にふさわしい立地だ。
神社の背後の台地上、現在マンションとなっている一角にはかつて日本針布の工場があり、戦時中は風船爆弾に使う和紙の風船をつくっていたという。そして一説によれば、この工場からの排水が1950年代末から深大寺用水西堀に流れこむようになって、一気に水質が悪化したという。同時期に東掘には、仙川用水経由で三鷹の工場排水が流れ込むようになり、金子田んぼの廃業につながったようだ。
c0163001_22452844.jpg

参道沿いに古いコンクリート蓋暗渠が歩道となって続く。柴崎村にはあまり深大寺用水を利用した水田はなかったが、ここの水路の両岸には戦後まで水田が広がっていた。特に左岸側、現在島田理化工業となっている敷地はすべて水田で、崖線沿いに分かれた水路から水を引き入れていたと思われる。
c0163001_22453118.jpg

100mほど南下すると、広い車道(中溝通り)に出る。コンクリート蓋はここで消えるが、かつて水路はここで再び東に向きを変え、甲州街道方面に向かっていた。現在は普通に舗装された歩道となっている。
c0163001_22453416.jpg

旧金子村のエリアへ入ると、中溝通りから脇道にそれる。緩やかにカーブする道に少しだけ水路の名残がある。ブロック塀の下の土留めが思わせぶりだ。
c0163001_224538100.jpg

水路跡の道は自動車教習所やワンダーシティ調布など商業施設の集まる一角の中を抜けて、甲州街道に突き当たる。そしてその南側から再びコンクリート蓋暗渠が始まる。写真は甲州街道南側から上流方向を望んだもの。
c0163001_22454152.jpg

ここから先、野川への合流地点までは次回に取り上げることとして、いったん柴崎稲荷神社の近辺まで戻ろう。神社の前で分かれた水路は、崖線の下を東進して、厳島神社の湧水池から流れ出す小川に接続していた。深大寺用水西堀下流部は、この小川の流れを利用している。厳島神社は柴崎神社から200mあまり東の、崖線下の窪地に立つ神社で、こちらは旧金子村の鎮守社だ。
創建年代は不明であるが、この地に土着し湧水を飲用や生活に利用していた人々が池端に祀った弁天祠が発祥となったといわれている。新編武蔵風土記稿には、この地に「牛首」と呼ばれる周囲7m、深さ6mの井戸のような水の溢れ出す湧水があり、童子が牛の首に乗って出現したという伝承が記されている。
c0163001_2245489.jpg

鳥居の右手には、小さな乾涸びた池が残っている。かつては崖線下に湧く豊富な湧水をためた130平米ほどの池があり、田用水に利用していたが、1960年代前半の社殿改築時にその大部分が埋め立てられてしまったという。古い地図を見ると神社本殿の周りにぐるっと水路を回してから流れだすように描かれている。
神社の周囲はかつて「経水山」と呼ばれ、池の水で弁慶等が大般若経を書写したという言い伝えも残っている(このような伝説は府中の「弁慶硯之水井」など各地にあるようだ)。しかし今では湧水はおろか水の気配は一切無く、崖線の上にはマンションが立ち並んでいる。
c0163001_22504218.jpg

東南東にまっすぐのびる神社の参道沿いには、暗渠が歩道となっていて、ところどころには小さな蓋が設けられている。
c0163001_2251145.jpg

歩道の尽きたところから、ごくささやかなものではあるが、小さなコンクリート蓋暗渠が現れる。何も知らなければただの側溝だが、かつてはここを湧水が流れていたのだ。
c0163001_2251391.jpg

更にその奥からは、水路はU字溝の開渠となる。水路自体の細さに比べ広く取られた左右の土揚敷のスペースは、かつて水が豊かに流れていたことを偲ばせる。
c0163001_2252246.jpg

その水路の行き着く先は突き出したマンホールだった…。かつてはここで、柴崎稲荷前で分かれた水路が左から来ていて、厳島神社からの流れに合流し右(南東)へ流れていた。
c0163001_2253913.jpg

この流路は車道になってしまっていてほとんど痕跡はないが、一部は車止めの設けられた路地として残っている。水路は甲州街道を越えた先で西堀本流と合流していた。甲州街道脇の本流と挟まれた区間は中溝と呼ばれる低湿地帯だったという。
c0163001_22534260.jpg


(以下つづく。次回で深大寺用水西堀編は完結します。)
[PR]
by tokyoriver | 2012-02-14 22:58 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(4)