東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:丸子川とその支流( 2 )

前回に引き続き、国分寺崖線から丸子川に流れ込む湧水起源の水路を遡ってみよう。
今回取り上げる小流は、23区内唯一の渓谷として有名な等々力渓谷のすぐ隣りの小さな谷を流れている。今回訪問した時点では、合流点では水が枯れていたものの、しっかりとした水路が残っていた。そしてこの水路は地図にも描かれていて、仙川傍流の記事の場所と同じく、前々から気になっていた場所だ。
丸子川が、等々力渓谷から出てきた谷沢川と交差する地点の少し上流側。護岸の間に渡された不思議な青いパイプの向こうに天神橋が見える。今回辿る水路は、その橋の直下で丸子川に接続されている。
ちなみに丸子川と谷沢川の交差、サイフォン式にでもなっていれば面白いのだが、現在では実際には丸子川が谷沢川の上流側と下流側に分割されていて、上流側の水は谷沢川と合流して南下し、下流側については改めて谷沢川から揚水して流している。
c0163001_22525982.jpg

天神橋のたもと、「浄音寺坂」の道に沿った真新しく丈の長いコンクリート蓋暗渠は橋の歩道と連続していて、暗渠とは気づきにくいかもしれない。
c0163001_225333.jpg

だが、少し遡ると、古びたコンクリートの橋が、ここが暗渠であることをはっきりと主張している。自転車の先は町工場で、暗渠上は作業場所になっていた。
c0163001_2253765.jpg

坂が少し傾斜を増す地点で蓋は一旦終わり。暗渠は坂沿いを離れ、未舗装の私道と墓地に挟まれた空間へと分かれて行き、辿ることができなくなる。暗渠上の柵の中を見てみたが水が流れている様子は伺えない。
c0163001_22531130.jpg

未舗装道の脇(前の写真の中央奥の植え込みのところ)には、古そうな川本式ポンプ井戸が佇んでいた。
c0163001_22531840.jpg

暗渠から分かれた坂道を登って、フの字で水路の流れる谷筋を横切る道へ回りこんでみた。浅い窪地の底に降り立つ。
c0163001_22532331.jpg

谷底から下流側を見ると、おなじみの寂れたコンクリート蓋が並んでいた。何ヶ所か柵もあって、こちらからも侵入は出来ない模様。
c0163001_22532736.jpg

上流側を振り返ると、野菜の無人販売所の傍らに錆びた短いガードレール。その奥にはコンクリートの欄干。
c0163001_22533211.jpg

傍らに花咲くバラの刺を避けながら中を覗き込むと、コンクリート3面張りに梁を渡したおなじみハシゴ式水路があった。水は流れていないが、湿っている。
c0163001_22533736.jpg

再度コの字で上流へと回り込んでいく。先の道から1本北側の道から水路を眺めてみる。下流側は水がないが・・・
c0163001_22534191.jpg

上流側には水が流れていた。特に汚水は流れ込んでいないようだ。護岸の苔が水々しい。水路を下ってきた水は道路の下で下水か雨水菅に落とされてしまっているようだ。
c0163001_22534792.jpg

更にコの字に遡っていくと、水路の上流端らしき窪地に出た。水路は写真真中やや左寄りに見える水色の柵から左(南東)に向かって流れている。
c0163001_22535156.jpg

柵から水路を見る。右岸側につながれた雨水溝から水が流れ込んでいた。汚れてはおらず、泡だったりもしていないが、湧水なのかどうかは判断がつかない。
c0163001_22535661.jpg

道を挟んで水路の反対側を見ると、民家の前に「湧水」と刻まれた「てくたく」の石碑が立っていた。
c0163001_22535965.jpg

民家と石碑の間の、柵に囲まれた空間を覗き込んでみると、中には水が溜まっていた。もともとは近隣の洗い場だったのだろう。澄んではいるが、水面に動きはない。涸れてしまったのだろうか。
c0163001_225446.jpg

しばらく眺めていると、洗い場の傍らの民家に暮らしているらしき人がやって来て、話しかけてきてくれた。湧水はここで湧いているわけではなく、裏手の擁壁の下に湧き出した水を、パイプでここまで引いてきていたものだという。向いの水路の水源について尋ねると、ここから溢れた水が流れ込んでいたとのお答えで、この湧水が川の水源だということになる。
そして、最近その擁壁を作り替える工事があって、それ以来湧水が止まってしまったそうだ。施工業者は、2〜3週間したらまた水が出てくるはずだと言ったけれど、まだ全然出てこないんだ・・・と仰っていたので、工事があったのは数週〜数ヶ月前くらいなのだろうか。
西側の敷地が更地になっていたので、問題の擁壁を見てみた。写真左側の灰色の真新しいコンクリートが問題の擁壁のようだ。側面には水抜きの穴が点在している。湧水の洗い場は写真右端となる。斜面を階段状に造成して住宅を立てたことがわかる。
c0163001_22541396.jpg

擁壁の背後は木が疎らに茂る斜面となっていた。googleの空中写真を見ると、数年前まで斜面の木々は鬱蒼としていて、手前の更地も邸宅になっていたようだ。今後の更地の開発次第では、擁壁工事だけではなくって、そんな環境の変化も湧水に影響を及ぼしていくかもしれない。まずは擁壁からの湧水が見込み通り復活することを祈りたい。
c0163001_22545916.jpg

最後に例のごとく段彩図を。(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_22551340.jpg

図中央、等々力渓谷(谷沢川)の西側の、短い青いラインが今回たどった水路だ。等高線をみると、この界隈では国分寺崖線は2段構成になっていて、上段と下段の境目から湧き出す水が水源となっていたように見える。水路の延長線上、上の段丘上には野毛大塚古墳の等高線が浮かび上がっている。そして流れが丸子川に合流する直前の東側、谷沢川との間に挟まれた丘の上にもかつて「天神山古墳」があった。源流の洗い場は、かつては近隣の農家が利用していたというが、古墳をつくった古代人たちもこの湧水を生活に利用していたのだろうか。
[PR]
by tokyoriver | 2011-07-07 23:04 | 丸子川とその支流 | Comments(6)
国分寺崖線に沿って流れる丸子川を歩いていると、世田谷区から大田区へ入る手前のあたりで、急に水質が良くなっているところがあった。
c0163001_227438.jpg

護岸を見てみると、右岸側に合流口があって、そこからかなりの量の澄んだ水が音を立てて流れ落ちていた。
c0163001_22783.jpg

合流地点に行き北側を見ると、住宅地の間の細い隙間にコンクリートの水路があり、結構な速さで水が流れていた。水質や川底の様子などから見て、これは湧水に違いない。一体どこから流れてきているのだろう。
c0163001_2271277.jpg

川沿いに進むことができないので、"コの字ウォーク"(lotus62@東京peelingさん命名)で上流へと遡っていく。丸子川から1本北東側の道路に行くと、緩やかなV字の谷を描いている。
c0163001_2271582.jpg

谷底には水路の続きがあった。まだ先へと辿れるようだ。
c0163001_2271925.jpg

再度"コの字ウォーク"でもう一本北東側の道へ行ってみる。先の道よりもV字谷が深くなってきた。この道は両側を田園調布雙葉学園に挟まれていて、上流にあたる側(写真右)は擁壁となっている。谷底に降りて丸子川側(写真左)の学校敷地内を覗き込んでみるが、水路らしき草むらが見えるものの良くわからない。
c0163001_2272243.jpg

~~~
このときは、上流側に擁壁があることもあり、敷地内に水源があるのだろうと判断し、追跡をやめた。だが、後から調べてみるとこの谷筋は「籠谷戸(ろうやと)」と呼ばれるすり鉢状の急峻な谷で、水源もどうやらさらに上流にあるようだということが判った。そこで、機を見て再び現地を訪れてみた。
~~~
まずは前回の道よりさらに一本北東側の道に向かう。この道も両側が田園調布雙葉の敷地となっているのだが、上流側の敷地内に、タイルでカモフラージュされた暗渠らしき蓋の列が続いていた。
c0163001_2272541.jpg

この地点では谷の本筋は東へと向きを変えていて、北東側には枝谷が刻まれている。そちらの谷底には、あからさまなコンクリート蓋暗渠が残っていた。大き目の柵が設けられているものの、中は真っ暗で見えなかった。こちらは数十mで姿を消してしまうが、かつては枝谷の水を集めて合流していたのだろう。
c0163001_2274465.jpg

もとのカモフラージュ蓋に戻る。奥を良く見ると、延長線上に水面が光っているのが見えた。この蓋が暗渠であることは確定だ。さらに背後に山のように見える家々は、谷を囲む崖線の標高差がかなりあることを示している。
c0163001_2275065.jpg

通り抜けできそうではあるのだが、不審者と思われても面倒なので、またもや"コの字ウォーク"で、蓋暗渠の上流端側に回りこんでみる。足元の雨水枡からは音を立てて流れる水が見える。
c0163001_227558.jpg

振り返ると、反対側には下流と同じような姿の水路があった。隙間を縫って清冽な水が流れてきている。じっくり見たいが、すぐ隣の家の犬が吠えてくるので落ち着かない。ここもまた水路沿いに進むことができないので、更なる"コの字ウォーク"が要求される。
c0163001_227595.jpg

蓋暗渠の上流端の雨水枡には、この水路からの水のほか、右岸側からも道路脇のL字溝下の雨水用U字溝から、かなりの水が流れ込んできていた。"コの字ウォーク"がてら、こちらの水源を探ってみる。ところどころ設けられている柵から中を流れる水を確認しながら辿っていくと、吹上緑地と名付けられた猫の額ほどの緑地に出た。この緑地の前の雨水枡に、緑地側から湧水が流れ込んでいるのが確認できた。
c0163001_228562.jpg

下の写真は少し下流側の雨水枡の様子。水が綺麗だ。
c0163001_2281580.jpg

さて、"コの字ウォーク"でたどり着いた、谷を横切る次の道はこんなに凄いV字坂となっていた。
c0163001_2282014.jpg

谷底まで降り、谷の下流方向を見てみると、護岸に沿って暗渠らしき空間があった。
c0163001_2282472.jpg

暗渠の柵を覗き込むと、水が勢いよく流れていた。隙間から差し込む陽を受けて湧水で育った植物が花を咲かせている。
c0163001_228294.jpg

暗渠空間の奥は段差をつけながらかなり急な下りとなっている。どこか途中で水路が姿を現すのだろう。
c0163001_2293856.jpg

そして上流側はコンクリートで覆われた崖となっていた。坂の傾斜を示す「28%」と記された標識が立っていた。角度に換算すると約16度。
c0163001_2295271.jpg

崖の下、V字の谷底には2つの雨水枡が並んでいた。そして奥の枡が、水路を流れる水の水源だった。枡のの中で湧き出した水は、手前の枡に流れ込んでいた。
c0163001_22101165.jpg

手前の枡の蓋が簡単に持ち上がったので、隙間をつくって撮影。澄んできれいな水が絶え間なく注ぎ込んでいる。
c0163001_22102621.jpg

崖の先はさらに急になっていて、上り切ると台地の上に出た。籠谷戸を振り返ると、丹沢の山々、そして雲の間からはぼんやりと富士山が頭を覗かせていた。
c0163001_22103981.jpg


さて、最後に段彩図を見ながら全体像を振り返ってみよう。今回辿った流路の全長は400mほど。丸子川との合流地点は標高13mほどだが、湧水が流れ出す地点は34mと、わずかな区間で20m以上の標高差。そして湧水地点の背後の崖線上は標高45mにもなり、国分寺崖線の段丘上のなかでも一段と高くなっている。この台地は「田園調布台」と呼ばれていて新宿付近の「淀橋台」とならび、往年の多摩川が削り残した古い台地だ。
水源の湧水はその台地の下に湧き出していて、都の湧水台帳にもしっかりと掲載されていた。2006年からは大田区が毎年調査を行っていて、季節により変動するがおよそ毎分30リットル前後の水が湧き出しているという。
台地の上には「玉川浄水場」がある。取水口は東急東横線が多摩川を渡る地点の上流側に見える堰(調布取水施設)だ。水質の悪化により、1970年以降飲用水の供給を停止していて、現在は通常は工業用水を提供している。沈殿池も蓋をされたり埋められたりしているようだ。水源の湧水にここからの漏水が混じっていることも考えられなくはないのだが、水質調査のデータからは、少なくとも地下にある程度滞留した水が湧き出しているように見える。
そして水路の流れる「籠谷戸」。この谷は16世紀中ごろまで、多摩川の入り江だったという。そして、様々な物資がこの入り江を利用して荷揚げされ、現在の九品仏・浄真寺のところにあった「奥沢城」まで運ばれたという。国分寺崖線の下はもともと多摩川の氾濫原で、丸子川は六郷用水の残存水路ではあるのだが、もとを辿れば多摩川の往年の流路の一部でもある。「籠谷戸」が入り江だった頃は、多摩川が現在の丸子川の辺りまで、北に寄って流れていたということだろう。谷戸の底は長い間、水田として利用されていたようで、戦後、1970年代半ば頃までは先のカモフラージュ暗渠の脇、現在学校の敷地となっているところは釣堀となっていたようだ。いずれも谷に湧く湧水を利用していたのだろう。
c0163001_2211289.jpg

(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)

丸子川沿いには他にも湧水の流れ込む水路が数多く見られた。その中のいくつかをピックアップして、引き続き紹介していきたい。
[PR]
by tokyoriver | 2011-06-30 22:25 | 丸子川とその支流 | Comments(10)