東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:目黒川とその支流( 8 )

戸越銀座最深部の暗渠へ

山手線五反田駅から3両編成の東急池上線で3駅、戸越銀座駅で降り立つと、線路を踏切で横切って賑やかな商店街が東西に伸びている。「戸越銀座商店街」だ。全長1.3kmに及ぶ商店街は、近年特にメディア等でとりあげられることが多く、近隣以外からも人を集めている。
c0163001_23155059.jpg

商店街の通りができたのは昭和2年。現在商店街になっているところは浅い谷筋となっていて、かつては水はけの悪い低湿地で、水田などに利用されていた。宅地化されたのは関東大震災で都心から人々が移住してきたことがきっかけだ。関東大震災以前と以後で1万分の一地形図を見比べてみると、以前は中原街道以外は人家は街道沿いや台地の上に点在するだけで、谷底に沿って水田や池、川が見られるのに対し、以後は一気に市街化したことがわかる。
(地形図は東京時層地図より引用)
c0163001_7583845.jpg

底の水田は整地され中央には東西に伸びるまっすぐな道がつくられたが、この際に水捌けをよくするために、銀座から運ばれた煉瓦が舗装に使われた。北品川にあった品川白煉瓦製造所の仲介で譲り受けられた敷石用煉瓦で、銀座の道路の舗装に使われていたが、震災を契機とした敷き替えで不要になったものだという。そして、この煉瓦を由来に通りは「戸越銀座通り」と名付けられた。全国各地にある「○○銀座」地名の始まりである。

段彩図で地形をみてみると、今でも西から東に向かって徐々に深くはっきりしていく、目黒台に刻まれた谷戸の地形がはっきりと確認できる。山の手の他の谷戸と同様、かつて、この谷筋も川が流れていた。図で青いラインが今はなくなってしまった川、そして赤いラインは今はなくなってしまった用水路である。川の水源は中原街道を越えた西側の窪地だったようだ。台地の上には戸越銀座の谷を挟むように品川用水が通っており、そこからの漏水も加わっていたのだろう。段彩図には便宜的に一本のラインで表したが、実際には川は戸越の谷戸の両縁に沿って2〜3筋に分かれ、水田を潤しながら流れていた。そして、戸越銀座通りが作られた際に、一本にまとめられ、通りの下を暗渠で流れるように改修された。
現在は通りの直下に、「下水道戸越幹線」と呼ばれる2m四方ほどのコンクリートの暗渠が埋まっている。このように水路の改修と暗渠化、道路整備が同時に行われたため、戸越銀座の谷を流れていた川の痕跡はほとんど残っていない。
c0163001_7592669.jpg

さて、ほぼ一直線に近いこの谷だが、東急池上線戸越銀座駅付近で、十手の先のように北側にL字型に折れ曲がった枝谷が分かれている(段彩図でピンクの丸で囲ったところ)。そして、この谷筋に流れていた小川の痕跡は今でも暗渠として残っている。短い区間ではあるが風情のあるこの暗渠をたどってみよう。

ーーーーーーーー
戸越銀座駅の改札口を出て、五反田方面ホームの裏手の住宅地に入ると、家々の植栽に挟まれて、少し高くなったか細い路地がひそんでいる。これがかつての小川の跡だ。意識しないと見過ごしてしまいそうな、しかし一度気がつけば、暗渠者なら辿らずにいられなくなるような、暗渠路地である。
c0163001_23163246.jpg

奥へと入っていくと、家々の隙間をすり抜けるように、細いコンクリート敷の暗渠が続いている。下水道台帳を確認すると、足もとには幅60〜70cm、深さ1mほどの矩形の暗渠が下水道になって埋まっているようだ。
c0163001_23164195.jpg

しばらく進むと、路上にはマンホールが間隔を開けず次々に連なっていく。
c0163001_23165734.jpg

いずれも東京都(の下水道)の紋章がついたマンホールだが、中には、紋章の位置が中心からずれているものもあった。なぜだろう。
c0163001_23171422.jpg

道の両側には暗渠の入り口から途切れることなく、コンクリートの縁石が続いている。もともと水路にあった護岸の名残なのか、暗渠化したときに合わせてつくったのか。いずれにせよ路地の暗渠感を高めるのに一役買っている。
c0163001_23172242.jpg

やがて縁石はなくなり路地はさらに細くなっていく。路上はコンクリートの上からセメントを塗ったような、まばらな色合い。左側には擁壁が迫り、排水管の継手が何本か突き出して暗渠に接続されている。
c0163001_23173127.jpg

左のカーブを抜けると、急に視界が開ける。かつての2つの水路の合流地点なのか、右側へと細い路地が分かれている。今辿ってきた暗渠はコンクリートの路面はその幅のまま、道幅は右側のアスファルトの分だけ広くなる。
c0163001_23174011.jpg

振り返って見ると、暗渠のコンクリート敷が路地の幅のままにカーブを描き、一種の美しさを醸し出している。
c0163001_23175082.jpg

コンクリート暗渠は道がクランク状に折れ曲がる地点まで続いて唐突に終わる。
c0163001_23182586.jpg

暗渠が尽きた地点から、下流側を望む。かつてはちょうどこの辺りに小さな池があったようだ。湧水や雨水を集めたため池だったのだろうか。ため池を流れ出たこの小川は、谷底の水田を潤していたはずだ。今、小川は下水となって、谷底の排水や雨水を集める。
c0163001_2319017.jpg

暗渠のなくなったやや上り坂のクランクを抜けると、そこは中原街道の新道だ。東に少し進んで、暗渠の道とは別の谷底に降りる道を駅方向に戻ると、さきほど分れた方の暗渠の"上流端"に出る。路上はうっすらと苔むしており、大谷石の擁壁も湿気を孕んで緑がかっている。50mほどの細い路地を抜けると先ほどの"合流地点"となる。
c0163001_23192876.jpg


ここまで辿ってきた暗渠は小さな谷戸の西側の縁に沿って流れているのだが、谷戸の東側にもかつて平行して水路があったようだ。そちらの痕跡もあまり暗渠らしさはないものの、路地として残っている。こちらもマンホールが点在していて、東京都の紋章が入った大きなものもいくつかあるが、なぜか下水道台帳にはこの路地には下水道は通っていないことになっている。どのような扱いになっているのだろうか。
c0163001_23194727.jpg

再び、戸越銀座駅。戸越銀座の発足と同じ年に開業したこの駅の開業は昭和2年と地下鉄の銀座駅より数年早い。そして、補修されてはいるものの、ホームは開業当時のままだという。いま辿ってきた川は、駅付近のどこかで戸越の谷の本流に合流していたはずだ。本流は駅ができた時にはすでに暗渠化されていたはずだが、今辿ってきた支流はどうだったのだろうか。90年前、できたばかりのホームに立ち電車を待つ人たちには、小川の水面は見えていたのだろうか。もっとも、地図を見る限り川沿いはすでに宅地化されているから、いずれにせよ小川はその役割をすでに終え、ドブになってしまっていたのかもしれない。ホームで電車を待ちながら、ふと何となくそんなことが気になった。
c0163001_2316245.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2015-06-26 22:51 | 目黒川とその支流 | Comments(6)

古戸越川(2)

前回に引き続き、古戸越川について、東急大井町線下神明駅前に残る「古戸越橋」の欄干より下流側を紹介しよう。古戸越橋の下流側は、前回の写真のように暗渠が空き地となって残っているが、奥の方は私有地状態になっていて入れない。そこで、まわりこんでいくと、湘南新宿ラインの土手を潜るガードが現れる。ガード下には「蛇窪支線」「古戸越ガード」と暗渠に関係する地名のダブル表記。湘南新宿ラインは貨物線を利用しているのだが、その正式名称が蛇窪支線のようだ。古戸越川の流れる一帯の旧地名が下蛇窪村だ。蛇窪は言うまでもなく、川や水に関係の深い地名だ。
c0163001_22572442.jpg

ガードの北側には、階段で降りるようになっている暗渠の路地があった。
c0163001_22573523.jpg

この暗渠は今度は横須賀線の土手(更にその上には新幹線の高架)に突き当たって行き止まりとなる。土手を覆うコンクリートには、もともとは川が抜けていたような痕跡がある。
c0163001_22574633.jpg

ここも仕方ないので、ぐるっと横須賀線の西側に回り込んでみると、線路沿いにコンクリート蓋の水路が残っているではないか。継ぎ目に空気穴が2つある、ちょっと変わったタイプの蓋だ。たまにJRの線路脇にみられるような水路の蓋にも似ているが、それらよりもだいぶ幅が広い。
c0163001_22575897.jpg

蓋暗渠の区間は30mほどで、すぐに真新しいアスファルトの敷かれた暗渠となる。
c0163001_2258971.jpg

横須賀線からはなれ、住宅地へと進んで行く。
c0163001_22582041.jpg

こぎれいなアスファルト暗渠は途中から、大谷石の擁壁、突き出した排水管、民家の勝手口といったアイテムの揃ったいかにもな暗渠になり、再び横須賀線の線路にぶつかる。その先は民家の私有地の中を通り、再度横須賀線の東側に抜けている。この私有地の中には、どうやら蓋暗渠が残っていそうだった。
c0163001_22583395.jpg

横須賀線の東側。高架の直下から、暗渠の路地が続いている。
c0163001_22584863.jpg

暗渠沿いの家の玄関の前に置かれた古い掘り抜き井戸の枠。この扉が使えないようにわざと置いてあるのだろうか。
c0163001_2259341.jpg

古戸越川の暗渠は、三ツ木通りに出て終わりとなる。かつて写真右から左に向かって、東急池上線戸越公園駅近辺を水源とし、戸越通り〜三ツ木通りに沿って川がながれており、そこに合流していた。この川はさらに東で品川用水の分流をあわせ、目黒川に注いでいた(前回の段彩図を参照のこと)。
c0163001_22591453.jpg



[PR]
by tokyoriver | 2010-06-06 23:40 | 目黒川とその支流 | Comments(6)

古戸越川(1)

古戸越川は、品川区豊町の戸越公園の池にその流れを発し、西品川1-10で、戸越銀座通り~三ツ木通りに沿って西から東へと流れていた川に合流する1kmちょっとの小さな川だ。合流した後は、さらに品川用水の末流をあわせ、東海道線と山手線が分岐する付近、広町1-2で目黒川に注いでいた。古戸越は「ことごえ」と読むそうで、近くの地名「戸越」ももともとは「とごえ」と読んでいたそうだ。ちなみに古戸越川の流路は戸越にはない。

下の段彩図で図の中央下側をU字型に流れている青いラインが古戸越川、左から右に横切り、古戸越川と合流して上にあがり目黒川(右上の太い青線)に合流している青いラインが戸越銀座を流れていた川だ。地形を見るとわかるように、古戸越川は小さいがはっきりとした谷を流れていて、もともと自然河川だったようだ。戸越公園の池と、その北にある国文学資料館の池には、現在でもわずかではあるが湧水が残っているという。
そして江戸時代前期には、その谷の谷頭を囲むように細川家の下屋敷がつくられた。上の地図を中央を見ると、戸越公園近辺を回り込むように道路が下向きのコの字型に曲がっているが、ちょうどこの「コ」が細川家の屋敷の輪郭だった。「コ」の中には戸越公園、大崎高校、戸越小学校といった施設が含まれており、現在戸越公園となっているのはその5分の1ほどの面積にしか過ぎない。
c0163001_23373289.jpg
(google earth経由「東京地形地図」の段彩図をキャプチャ)
谷頭には庭園がつくられ池が設けられた。湧水だけでは庭園の泉水をまかなえなかったのか、この屋敷の水利のために1663年、玉川上水から分水した戸越上水が引かれた。わざわざ庭園のためだけに、現在の中央線三鷹駅付近から、遠路はるばるここまで分水がひかれたわけだが、この戸越上水は数年後にいったん廃止された後、品川用水となって、品川区内の田畑を潤すこととなる。上の図の水色のラインが品川用水とその分流だ。尾根筋を通されているのがわかるだろう。庭園はその後三井家の所有となったのち、1935年に戸越公園として開放された。

古戸越川が暗渠化された時期はさだかではないが、その痕跡はほぼ全流域にわたって現在でも残っている。大井町線下神明駅の前に残る「古戸越橋」の欄干は一度記事にしたが、今回、次回と流域全体をあらためて取り上げたい。

今回は源流の戸越公園から、「古戸越橋」までの区間。この区間は都道補助26号線の予定地に重なり、現在工事が進行中だ(ちなみにこの道路は中野通りの延長線上にあり、井の頭線池ノ上駅東側の、北沢川溝が谷支流もつぶして通る予定となっている)。


戸越公園の池には、西側から渓流が注いでいる。もちろん庭園の造園時に人工的につくられたものだ。池の主水源は水道水だというが、この渓流がすべて水道水なのか、現在でもわずかに残る湧水(1990年調査で1日5立方m)が混ざっているのかは不明だ。戸越公園の北側の国文学資料館の池にも湧水が残っているというが(1990年調査で1日20立方m)、そちらの水の導水もあったりするのだろうか。
c0163001_23374663.jpg

池。この日は大雨の直後で濁っていた。
c0163001_23375556.jpg

公園の南東から、暗渠が始まる。東急大井町線のガードを潜る直前には大径マンホールがある。ちなみに、潜ったすぐ先にも同じような大径マンホールがある。
c0163001_2338527.jpg

ガードの南側は都道の予定地となっていて柵に囲まれており、暗渠もルートを変えられ、地上の痕跡はなくなってしまっている。しかし、しばらく東に進むと、まだ暗渠が残っている区間が現れる。雑草が生い茂り、荒廃感が漂っている。奥に見えるのは東海道新幹線の高架だ。その下には横須賀線が走っている。
c0163001_23381580.jpg

路上にぽつぽつと見える赤い点々はヘビイチゴの実。
c0163001_23383664.jpg

写真右側は、工事が始まる前は普通の住宅地だったようだ。当時は暗渠も生活路として使われていただろうから、これほど荒れていなかったのではないか。
c0163001_23384538.jpg

大谷石の擁壁に突き出す、古そうな陶管。
c0163001_233856100.jpg

新幹線と横須賀線/湘南新宿ライン、そして東急大井町線が交差する下を抜けると、川跡は曲がりくねった路地となる。
c0163001_23391065.jpg

しばらく進んで行くと、古戸越橋の欄干のところに出る。昭和8年に架けられた橋は、周囲の風景が変わっていく中、そのままの姿で佇んでいる。
c0163001_23392141.jpg

橋の下流側には、かつての護岸らしき石積みを緑が被っている。
c0163001_23402235.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2010-06-02 00:20 | 目黒川とその支流 | Comments(8)

空川(5)

空川の暗渠は、分流をあわせた後すぐ先で、淡島通りにかかる新遠江橋をくぐる。
c0163001_7271160.jpg

遠江橋を越えると、再び本流の東側に小さな暗渠が現れる。
c0163001_7272586.jpg

この暗渠は途中で山手通りに阻まれて消滅してしまうが、かつてこの辺りには精米所があり、そこの動力源の水車を回すために分水していたようだ。
c0163001_7273879.jpg

本流の方は、谷の一番低いところを道路となって南下して、山手通りと玉川通りの交差点に達している。
c0163001_7275064.jpg

これより下流の痕跡は山手通りなど道路の整備で跡形もない。かつては何本かに分かれて周囲の水田を潤した後、目黒川に合流していたようだ。
写真はかつての合流地点付近の目黒川。
c0163001_728211.jpg


[PR]
by tokyoriver | 2009-10-14 07:38 | 目黒川とその支流 | Comments(0)
空川は駒場東大前駅西口で、ケルネル田圃からの流れと東大駒場キャンパスからの流れをあわせ、東へ流れていた。以前は駅前のマクドナルドと花屋に挟まれたところに隙間があって暗渠があったが、現在暗渠がはっきりとわかるのはその先の一角からだ。
暗渠は谷戸の南縁、東京工業高校敷地北側の崖に沿って進んでいる。暗渠の上はしばらくの区間は立ち入り禁止となっていて、横切る道路から眺めるしかない。
c0163001_2344313.jpg

途中、通行できる区間の風景。
c0163001_2344448.jpg

一方、駒場東大前駅東口を経て東大に抜ける道を越えたところで、谷戸南縁の崖線沿いの暗渠のほかに、谷底中央を並行して東進する暗渠が現れる。恐らく二つの水路にはさまれた低地は、かつて水田だったのだろう。
c0163001_23445768.jpg

こちらはしばらく進むと車道となり、一二郎池からの流れと合流して谷の東側の崖下を進んでいく。大部分はすでに民間に払い下げられて建物が建っているが、暗渠の名残と思われる物件も見られる。
c0163001_23451552.jpg

こちらの水路には、すぐそばの丘の上を流れていた三田用水からの分水(駒場口分水か)も引き込まれていたようだ。山手通りと淡島通りの交差点の北西側から、その水路跡ではないかと思われる下り坂の道がある。道の中央には排水溝が通っている。(写真は下りきった地点から)
c0163001_23452980.jpg


[PR]
by tokyoriver | 2009-10-08 23:55 | 目黒川とその支流 | Comments(5)

空川(3)ケルネル田圃

空川の3つの水源について、東大駒場キャンパス西の湧水、東大駒場キャンパス東の一二郎池ととりあげてきたが(タグの「空川」をクリックすると一覧が表示されます)、最後のひとつが駒場野公園内にある「ケルネル田圃」とその用水池となる。


c0163001_035867.jpg



ケルネル田圃は近代農業発祥の地として有名だ。そして現在でも現役の水田である。谷戸地形の谷底に細長く水田が延びている。谷頭には水田を潤す用水池が作られており、水門から流れ出した水は橋を潜って水田に注ぐ。


c0163001_042139.jpg



用水池は鬱蒼とした木々に囲まれていて、昼間でも薄暗い。本来の谷頭は用水地より更に北、井の頭線をこえて東大先端技術研究所の敷地内まで伸びていたようだ。用水池の水はもともとは湧水や雨水によるものだが、現在では公園の敷地内にある屋内プールで使った水の再生水を主に取り入れているという。


c0163001_04397.jpg



水田のあぜ道に沿って、細い水路を水が流れる。渋谷から2駅とは思えない風景が広がる。かつては都内各地の中小河川の谷頭はこのような風景だったのだろう。


c0163001_05990.jpg



水田を潤した水は、東端の雑草の生い茂る一角で暗渠に吸い込まれる。


c0163001_05265.jpg



暗渠は線路沿いを自転車置き場となって進む。そして、駒場東大前駅西口の改札前で駒場キャンパスの湧水からの流れと合流する。


c0163001_055266.jpg







[PR]
by tokyoriver | 2009-10-01 00:18 | 目黒川とその支流 | Comments(3)

空川(2)一二郎池

空川の3つの水源のひとつ、一二郎池は、東京大学駒場キャンパスの東端にある。
三方を斜面に囲まれた典型的な谷戸地形の谷底に、細長い池が横たわっている。

かつては鬱蒼としてやや荒れた森に囲まれており、秘境のようだったが、
十数年ぶりに訪れてみると、ちょうど周囲を公園として整備中だった。
名称も学内の公募で、「駒場池(通称一二郎池)」となったようだ。



c0163001_21243248.jpg


谷頭側の薮が整備で切り払われ、谷頭から池が見えるようになっていた。池の中に見える橋は整備前からあったものだ。十数年前に訪れた時には、この橋の右側手前の斜面に土が露出しているところがあって、その割れ目から綺麗な水が湧き出していた。そして、谷頭は高原の湿地にあるような水生植物が茂っていた。ずいぶんと様子が様変わりしてしまったが、現在でも湧水は枯渇していないのだろうか。



c0163001_2125162.jpg


南側の、谷の出口側の様子はあまり以前と変わりなかった。池は土手によって谷を堰き止めてできているようで、もともとは川だったのだろう。土手を越えるとその南側にも窪地があり、東大の職員住宅が建っている。以前は空き地だったような記憶がある。この場所にも、古地図を見ると池が描かれている。この先、水路の痕跡はないが、かつて池から流れ出た水は、ここから井の頭線の下をくぐり、空川に合流していたようだ。




[PR]
by tokyoriver | 2009-08-13 21:26 | 目黒川とその支流 | Comments(0)
駒場東大前駅周辺の谷筋から流れ出し、目黒区大橋で目黒川に注ぐ短い小川「空川(そらかわ)」。
淡島通りの松見坂に架かっている新遠江橋はもともとその空川に架かっていた橋だ。
流路はほとんど全て暗渠になっているが、その源流は現在も生きている。

空川の水源は3箇所。
ひとつは東大駒場キャンパス東側の通称「一二郎池」。
もうひとつは駒場東大前駅西側の駒場野公園にある近代農業発祥の地「ケルネル田圃」とその水源池。
そして最大の水源が東大駒場キャンパス西側にある湧水だ。駒場東大前駅の改札を出てすぐのところに
このような清流が残っているのは奇跡的といってよいだろう。


c0163001_18294246.jpg


湧水は駒場小学校の下あたりから土管で流れ出て、しばらくせせらぎとなって流れ、暗渠となる。
数十メートルのわずかな区間だが、いつみても枯れることなくきれいな水が流れている。そのまま
下水に流しているようで、少々勿体無い気がする。



一二郎池には十数年前潜入したことがあるが、池を囲む土の斜面の割れ目から水が湧き出していた。
すぐ近く山手通り地下の高速道路の建設が進んでいるが、今も湧水は枯れずに残っているだろうか。

ケルネル田圃も現在では公園内のプールの再処理水を主水源としているそうだが、
水源池にはわずかながら湧水が残っているようである。
[PR]
by tokyoriver | 2009-07-15 23:30 | 目黒川とその支流 | Comments(2)