東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:石神井川とその支流( 12 )

 暗渠を辿って街を歩いたり、地域の旧地名を調べていたりすると、しばしば「羽」のつく地名に遭遇する。何となく鳥の羽根が連想され、軽やかなような、気品のあるような地名に感じられたりする。練馬区内の豊島台を刻み、石神井川に流れ込んでいたいくつかの支流の暗渠のひとつにも、そんな「羽」のつく地名を流域とするものがある。1960年代に暗渠化されたその川は、流域の地名「羽沢」をとって「石神井川羽沢支流」と呼ばれている。
 羽沢支流にはその源頭部に、千川上水からの分水路が接続されていた。こちらの分水路は下練馬村分水とよばれていたため、羽沢支流全体を下練馬村分水、あるいは羽沢分水と呼ぶこともあったようだ。分水路は江戸中期には開通していたようで、羽沢の谷戸の底には細長い水田が拓かれていた。
c0163001_23363659.jpg
(google earth経由「東京地形地図」に川・川跡をプロット)
 「羽沢」は現在では「はざわ」と読むが、もともとの地名は「羽根澤」と書いて「はねさわ」と読んだ。下練馬村の字名の一つだ。昭和初期の板橋区編入時に消滅した地名だが、1962年に羽沢として復活したという経緯を持つ。どうせ復活するならそのまま羽根沢にすれば良かったのに、なにか思惑があったのか。
 練馬区のサイトによれば、地名の由来としては鶴がたくさん飛んできて羽を落としていったからというよくわからない伝承があり、一方で「埴沢」つまり、埴輪の素材となるような、粘土質の土が採れる場所だったからだろうとされている。
 羽沢といってまず思い出すのは、渋谷川の支流「いもり川」の流れていた「羽沢」だ。こちらには源頼朝の飼っていた鶴がここに飛来して営巣し、卵から孵った雛がはじめて羽ばたいたところ、と、やはり鶴にかこつけた由来が残っている。羽から鶴への連想・変換というのはひとつの型だったのだろうか。(いもり川の記事はこちら「いもり川再訪(1)」「いもり川再訪(2)」。)
 おそらくもともとはどちらも粘土や泥を指す「はに」が語源なのだろう。古地図をみると練馬の羽根沢から続く台地のヘリには「羽根木」という字名があり、同じ地層の粘土が露出していたであろうと思われる。ちなみに「赤羽」の羽も同様に赤い粘土質の土がとれたことが語源とされている。
 粘土が語源だとすると羽根のイメージとはまったく異なってきてしまうわけだが、それでもなおハネという言葉の響きにはなにか惹かれるものがある。そんなわけで羽沢支流を千川上水の分水地点付近から河口までたどってみた。

c0163001_7365863.jpg
千川上水からの分水地点は、現在千川通りと環七通りの交差する地点付近だった。分水路が西武線を越えた地点から、水路跡の道が現れる。線路沿いに古い欄干のような柵が残っているが、水路と関係あるのだろうか。終戦直後の航空写真をみると、交差点の東側付近から分岐していたようにも見えるが、練馬区のサイトによれば、は環七の西側の側道が水路跡だという。環七の建設時に付け替えられたのかもしれない。
c0163001_737274.jpg
環七から離れてしばらく、分水路は古くからある道沿いを流れていた。現在はその道路と一体化していて一見その流路はわからなくなっている。
c0163001_737551.jpg
しかし、江古田駅から氷川台駅に抜ける道と交差する直前、歩道にあたる部分が急になくなり、そこから左を見ると氷川台方面への道沿いの歩道が不自然なほどに幅広になっている。ちょうどここを水路が流れ、直角に曲がっていた痕跡が残っているのだ。
c0163001_23382149.jpg
水路のルートを書き込んで見るとこんな感じとなる。この痕跡から水路は道路の右側に沿って流れていたことが推定できる。そして実際に暗渠化直前の航空写真を見てみると、その推定が正しいことがわかる。
c0163001_73785.jpg
氷川台方面への道沿いの不自然な歩道。車道と同じかそれ以上の幅があり、奥に行くにつれ狭くなっている。水路が道路に対し斜めに流れていたことを示す痕跡だ。そして歩道が狭くなった地点で、水路は「酒」の看板がある辺りに向かって右に折れ曲がっていた。
c0163001_7371192.jpg
酒の看板の脇には、車止めで仕切られた水路跡が残っていた。下り坂になっており、いかにもな川跡である。
c0163001_7371392.jpg
路上には、練馬区ならではの「水路敷」の字がしっかりペイントされている。
c0163001_7371613.jpg
水路敷は、カクカクとクランク状に曲がっている。右手の駐車場となっている場所には80年代初頭まで湧水が残っていたという。ここが本来の羽沢支流の源流だったのだろう。冒頭の地図ではそんなわけでここまでを下練馬村村分水として赤線で、それより下流を羽沢支流として青線で表記してみた。
c0163001_7371925.jpg
水路敷扱いの区間はすぐに終わり、普通の一車線程度の幅の道となる。暗渠化直前の航空写真を見ると、ちょうど歩道として仕切られたところに水路があったようだ。
c0163001_7372138.jpg
車道から離れる何ヶ所かでは、車止めの路地に戻ったりもする。ここの車止めの並び方は何となくボーリングのピンを思い浮かばさせる。
c0163001_7372430.jpg
途中にある「羽沢ふじ公園」。谷戸の斜面を利用した公園かと思いきや、「羽沢湯」という銭湯の跡地らしい。暗渠沿いに親水設備も作られている。現地を訪問したのは冬だが、夏には水が流されるのだろう。

2013.7.15訂正
羽沢湯はふじ公園の場所ではなく、100~200mほど下流寄りの四つ角を右に曲がった所にあったとのことです。TAKA様、ご指摘ありがとうございました。


c0163001_7372687.jpg
やがて谷戸の谷底の幅が広がり空が開けるところに出ると、都営住宅が現れる。「羽沢2丁目アパート」だ。都内各地の60~70年代に暗渠化された川沿いと同じく、1960年代に水田を潰して作られた団地のひとつだ。烏山川や北沢川、牟礼村用水といった大きな谷戸だけではなく、こんな小さな谷戸にも同じように団地が開かれたというのが当時の切迫した住宅事情をうかがわせる。
c0163001_7372916.jpg
都営住宅の敷地の東側にも並行した水路の跡とも言えるような道が通っている。斜面の上、写真に映るブロック塀の裏手には、一帯で信仰を集めた羽根澤稲荷神社が鎮座している。鎮守の森はなくなり、がらんと空いた空間に所在なげに社がたつのだが、神社名には「羽根澤」の地名がしっかり残されている。
c0163001_7373977.jpg
団地の北側は資材置き場や駐車場になっていて空間が開けていて、奥には谷戸の斜面に残る林も見え、かつての風景が何となくしのばれる。
c0163001_7373566.jpg
川は道路の左側、歩道となっているところを流れていたのだが、その脇には土が露出してちょっとした土手状になっているのもたまたま土が持ってあるのか或いは川が流れていた頃の名残なのかはわからないが長閑な雰囲気を醸し出している。土質が「埴」だったりすると面白いのだが、確認はしていない。
c0163001_7374268.jpg
その先の道路と交差するところでは、かつては左手から宿湿化味の谷から流れてきた支流が合流していた。川はそのまままっすぐ進み石神井川に合流していたが、宿湿化味支流が沿ってきた道沿いに右手に分水が伸び、石神井川との間に挟まれた水田への給水路になっていた時期もあったようだ(冒頭地図参照)。
c0163001_7374534.jpg
宿湿化味支流との合流地点から150mほど北上した地点で、川跡は石神井川にぶつかって終わる。「仲羽橋」のたもとには、ぽっかりと暗渠が口を開けている。
実際にたどってみると、何か取り立てて特徴や見どころのある川跡ではないが、何となく長閑でゆったりした空気が漂い、ふらと散歩するにはちょうどいい暗渠に思えたのはやはりその地名のもたらす感覚もあるのだろうか。宿湿化味の支流については前に記事にしているので、こちらもあわせてご一読あれ。

「水田のなかった谷戸。宿湿化味の谷の川跡を辿る。」
[PR]
by tokyoriver | 2013-05-30 23:23 | 石神井川とその支流 | Comments(6)
練馬区と板橋区の区境付近を流れていた石神井川の支流「エンガ堀」。流路は1960年代末から70年代初頭にかけて暗渠化されているが、いくつもの支流をもち、特徴的な名前や地形も相待って多くの暗渠者たちが訪れている。今回はそれらの中で、板橋区向原と大谷口の境界に流れを発していた支流の暗渠の上流部を辿ってみることにする。
c0163001_22501426.jpg
先立って、エンガ堀の全体像を段彩図で見てみよう(google earth経由「東京地形地図」に流路をプロットしたものをキャプチャ)。エンガ堀やその支流は、台地を鹿の角のように枝分かれして刻んだ谷を流れていた。そして台地の上にはエンガ堀の谷を迂回するように、千川上水が流れていた。黄色い矢印で示したところが今回辿る支流の谷筋だ。この支流には特に名前はつけられていなかったというが、流域の地名から仮に「向原支流」とでもしておこう。
c0163001_22502662.jpg
地下鉄有楽町線千川駅から北に数分。千川通りから裏手に入ると、急に細長い窪地が現れる。底にはマンションが立っている。
c0163001_22503371.jpg
窪地の片隅の崖下には、怪しい石碑と石造物があった。
c0163001_22503961.jpg
近寄って見てみると、それは「鯉供養の碑」だった。右奥の石積み上げたところにはかつて水が流れていたかのような赤茶色の痕跡があるが、何だろうか。
この窪地が上の地図で示した谷戸の谷頭で、かつて「田頭(でんがしら)」と呼ばれていた。そこには湧水を蓄えた溜池があり、谷の下流部の水田の水源となっていたという
古い地形図を見ると、溜池があったのは大谷口2−35付近。資料によれば上板橋に3箇所あった溜池のうちの2つで面積390坪ほどだったというが、地形図には1つしか描かれていない。
c0163001_22504475.jpg
写真は石碑のあった地点からすこし谷を下った地点で、谷頭の方向を振り返ったところ。写真奥の、青いマンションのところがちょうど地形図に描かれた溜池があった場所だ。そして、そこから流れ出していた川跡が、暗渠となって残っている。

一帯の地名は暗渠を境に「大谷口」と「向原」に分かれる。向原では、干ばつの年には雨乞いが行われ、榛名神社の水を運びこの溜池に入れたという。榛名神社への講は他の地域でも聞いたことがあるが、100km以上離れた土地の山への信仰は何やら不思議な感じだ。谷頭から台地上に上がった千川通り沿いには、今でも雨乞地蔵が残されているという。google mapのストリートビューでもその姿が確認できるのだが、最近この地にマンションが建っており、現在も健在なのかは不明だ。

溜池は昭和初期には釣り堀になり、戦後もしばらく営業していたようで、「大谷口の釣堀」として親しまれていたという。信仰では向原なのに、通称が大谷口となったのはなぜなのか気になるところだ。
先の「鯉供養の碑」の裏面には昭和12年と刻まれておいたから、釣堀と何らかの関係があったのだろうか。水源となっていた湧水は近くを通る千川上水の暗渠化と同時期に涸れたといい、そのことから湧水は千川上水の漏水を受けていたと推測されている。

c0163001_23162347.jpg
(goo地図1948年航空写真より)
goo地図で1940年代末の航空写真を見ると、地形図に描かれた溜池と同じ場所に、中島のある池が確かに確認できる。池の中島には弁財天が祀られるのが普通だが、ここには不動尊が祀られていて、現在は八雲神社に移設されているという。
そして、先の鯉供養の碑がある辺りにもプールのような長方形の池や、それに隣接する台形の池の姿が認められる。昭和初期の地形図にも、昭和30年代の地図にも描かれていないこれらの池は、釣堀のために開削されたものだったのだろうか。1960年代初頭の航空写真ではこれらの池は消滅しており、中島のある溜池だけが写っている。溜池が埋め立てられたのはいつ頃なのだろうか。
c0163001_22504957.jpg
現地では気がつかなかったのだが、知人より、電信柱に名残の標識があると聞いた。上の写真右端の電柱の標識を拡大してみると確かに「釣堀支線」の字が読める。かつてここに釣堀があったことを示す確固たる痕跡だ。
c0163001_22505352.jpg
溜池のあった場所から、流れ出していた小川の暗渠を眺めてみる。右岸側には台地の斜面が迫っており、谷底となる左岸側もあまり開けてはいない。かなり狭い谷戸だ。
c0163001_22505920.jpg
暗渠を進んでいくと擁壁に突き出す排水管や鉄梯子が見られる。たまたま保管してあったのだろうが、ボートの置いてある家もあった。
c0163001_2251468.jpg
しばらく先の右岸側では、切り立った擁壁ではなく、斜面になった緑地としてかつて川が流れていたころの風景の名残をとどめていた。この斜面から丘の上にかけての一帯は「よし山」と呼ばれていたようだ。
c0163001_2251985.jpg
かなりしっかり「歩道」として整備された暗渠なのだが、それでも暗渠沿いの家から洗濯物がはみ出し、半私有地化している。
c0163001_22511467.jpg
暗渠を横切る道。谷戸というよりV字谷に近い。こんな谷筋にも細々と水田が開かれ、昭和30年頃まで残っていたというから驚きだ。
c0163001_22512099.jpg
暗渠は向原中学校に突き当たって一旦消滅する。
c0163001_22512654.jpg
向原中学校は、後者が丘陵の上、校庭が谷戸の谷底となっている。一帯はエンガ堀沿いに逆Yの字に分かれ広がっていた「向原たんぼ」の、東南端にあたり、「いずみ田」とも呼ばれていた。川は1970年頃までには暗渠化され校庭の下に消えたが、1979年、校庭の隅にいきなり水が湧き出し、調査の結果自然の湧水だということが判明した。湧水は「希望の泉」として整備されたという。今回その存在は確認できなかったのだが、今でも水は湧いているのだろうか。
c0163001_22513241.jpg
学校の敷地の北側に回り込むと車止めが現れ、再び暗渠道が始まる。
c0163001_22513811.jpg
暗渠の両側には比較的新しい建物が並んでいるが、そんな暗渠であっても、道沿いの足元には半私物化された暗渠路地の定石である鉢植えが並んでいるのが面白い。
c0163001_22514477.jpg
路地を抜けると「向原田んぼ」を埋め立てて作られた公団住宅の一角に出る。ここから先の暗渠は道路の歩道としてしばらく続いたのち、エンガ堀本流へ合流する流れと、台地の縁を流れ、大谷口上町の谷からの流れを合わせて大回りして石神井川に合流する流れに分かれる。後者の下流部にはnamaさん@暗渠さんぽがかつて「風呂釜支流」と名付けたコンクリート蓋暗渠も残っているがこちらは機会を改めて取り上げることにしよう。


参考資料:
板橋区地名調査団編 1995「文化財シリーズ第81集 板橋の地名」
板橋区教育委員会編 1986「文化財シリーズ第52集 いたばしの河川」
[PR]
by tokyoriver | 2013-02-27 23:21 | 石神井川とその支流 | Comments(11)
しばらく更新が滞ってしまいすみません。リハビリを兼ねて、原点の「fragments」に立ち返り、あえてあまり深追いせずに軽めの断章的な記事にてぼちぼち再開して行こうと思います。まずはすでに何名かの方が記事にしている練馬区内の小さな川跡を取り上げてみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

練馬区内を西から東に向かって流れる石神井川の右岸(南)側には、かつて数多くの支流が台地に小さな谷戸を刻んでいた。過去の記事でも「練馬白山神社支流」「豊島弁財天支流」「向山ケ谷戸支流」(いずれも仮称)と何箇所か取り上げてきた。今回たどった川跡もそんな谷戸を流れていた川のひとつだ。流域の旧字名「宿湿化味」から仮に「宿湿化味支流」とでも呼んでおこう。
c0163001_2334461.jpg

「宿湿化味」は「シクジッケミ」と読むようだ。他に石神井川の北側、現在の城北中央公園の西側一帯がかつて「湿化味(しけみ、しっけみ、しっかみ)」もしくは「前湿化味」という小字で、石神井川に架かる橋の名前に今でも「湿化味橋」として残っている。練馬区のサイトでは「宿湿化味」を石神井川沿いの低湿地を指す珍しい旧地名として紹介している。

そのような由来を聞くと、「宿湿化味」の谷も水が豊富で水田に利用されていたのではなかろうかと思うのだが、明治以降の地形図を見る限り、谷筋に水田が開かれた様子はみられない。わずか200mほどしか離れていない西隣りの谷戸には水田があったし、東隣りの羽沢の谷戸にも水田が連なり、あまつさえ千川上水から分水さえ加えられていたのにである。両隣の谷戸は水田として利用されていたのに、この宿湿化味の谷は違っていたのはなぜなのだろうか。水量が足りなかったのか、土地が適さなかったのか。

ちょっとだけ調べてみると「シケミ」に関係有りそうな地名「ケミ」につきあたった。「ケミ」は信州に多い小字名で、湿地や沼地、水辺や水田の中にある林地を示すという。その語源は不明だが「シッケミ」という言葉に関係があるのではないかという。そして興味深いのは「ケミ」には特に、

 「日陰や湿地となっていて、田畑として使用できないような土地」

を指すことがあるという(以上は塩入秀敏 (1998)「ヤチ地名とケミ地名 : 長野県の湿地地名方言について」『上田女子短期大学紀要 21号』による)。「宿湿化味」の地名もしかするとそのような語源を持つのではないだろうか。
川跡を調べていると、水が湧くような土地であっても泥地や湿地となっていて耕作に適さず、水温も稲の生育には低すぎて水田に適さなかったという場所に時折行き当たる。地名との関連は不明だが、きっと「宿湿化味」の谷もそんなところだったのだろう。

余談だが、千葉県の「検見川」はこの「ケミ」系の地名で、また、花見川の「花見」も、もともとの読みは「ケミ」だったという。

さて、「湿化味」という地名のイメージがなんとなく掴めたような気になりながら、川跡を下流側から遡っていこう。
c0163001_23342757.jpg
石神井川の仲羽橋のたもと。護岸に暗渠の合流口が残っている。このあたりはまだ合流式の下水道で、大雨の時は暗渠を転用した下水道から溢れた水がここから川に放出されるのだろう。
c0163001_23344629.jpg
宿湿化味支流はここで石神井川羽沢支流と合流していた。直進しているのが羽沢支流、そして右奥に伸びている歩道が宿湿化味支流の暗渠だ。
c0163001_2334561.jpg
かつて道路が流路を越えていた様子を残し、川跡の歩道は道路の反対側に移る。
c0163001_2335666.jpg
川跡はしばらくは交通量に比べて幅広な歩道として続く。写真は下流方向を見た様子。左手の竹林のある屋敷は明治時代の地図にも見られるから、旧家なのだろう。
c0163001_23351584.jpg
やがて川跡は北に向かって大きくカーブする。この区間は道路沿いから離れ、そのまま辿ることができない。迂回する途中にあった小さな公園の奥を覗くと、公園と隣接する駐車場の間に細長い窪地が残っていた。国土地理院の1960年代の空中写真では、ここにハシゴ式の開渠水路が流れていた様子がわかる。川は70年代半ばまでには暗渠化されてしまったようだ。
c0163001_23411877.jpg
再び川跡が道路沿いとなる地点から下流方向を見てみる。緑色のフェンスに囲まれた空き地がかろうじて川跡の証拠ではあるが、隣りのマンションの敷地が水路敷の半分以上の幅を侵食している。
c0163001_23353222.jpg
開進第三中学校の脇を遡っていく。学校の敷地は一段高くなっていて、段差の土手が緑地帯となっている。
c0163001_233542100.jpg

その先はいよいよ練馬区名物「水路敷」路地のお出ました。路上にくっきり書かれた青地に白文字の主張。細さといい寂寥感といい申し分ない。
c0163001_2335518.jpg
入って行くと途中でカクっと曲がり・・・
c0163001_233604.jpg
あっという間に住宅地の中の普通の道に出てしまう。しかしよく注意してみてみると、道沿いの「この先行き止まり」と書かれた看板の裏手に、不自然な柵で囲まれた空間が続いている。
c0163001_23364628.jpg
行き止まりの奥まで進んでみると、擁壁の下に細々と営まれる猫の額の畑地が現れ、そしてその脇にはハシゴ式の開渠が残されていた。水の気配はまったくなく荒れ果てた様子ではあるが、様々な偶然によって埋め立てられずに生き延びてきたのだろう。
c0163001_23365514.jpg
水路沿いに沿って進むことはできないので、ぐるっと上流側に回り込んでみる。誰かのブログでも見覚えのあるバイクと、その奥に隠れるフェンス。
c0163001_233762.jpg
フェンスの中を覗きこむと、先ほどの開渠へと続くハシゴ式開渠の上流部があった。水こそ流れていないものの護岸には苔がむしていて、湿気の多さを伺わせる。まさに湿化味といったところか。

さて、先ほどのバイクフェンスの反対側には普通に住宅が建っていて、一見これより上流に水路があったようには見えないのだが、古い住宅地図などには更に上流に続く水路が描かれている。何か痕跡が残っていないか気を張りながら歩いて行くと、ぽっかりと開けた真新しい更地があった。そしてその奥に何やら怪しい気配があったので、ちょっと失敬して覗いてみた。
c0163001_23371591.jpg
するとそこには、先ほどの苔むした開渠の更に上流部となる開渠が残っていた。水路の底には土が溜り、草も生えている。写真は下流方向を見た様子だが・・・
c0163001_23372428.jpg
その上流方向は土砂で埋まり、さらにその上に住宅の敷地がはみ出していた・・・それはまさに、水路が暗渠化されずになくなっていく場合の消滅の過程の一段階の表出だった。

川や水路は本来公有地であり、それは暗渠化されても変わらない。そこを利用したり建物を建てたりするには払い下げを受けるのが正しい手順なのだろうが、実際にはこうしてなし崩し的に私有地化されていくケースもあるのだろう(もしかしたらここもきちんと手続きを経ている可能性もなくはないけれど)。
そのようにして上流側と下流側を塞がれたこの開渠は、入り口も出口もなく、誰も見ることの出来ない水路としてこの場所に残されてきたのだろう。今回たまたまその姿が見えるようになったわけだが、更地に建物が建てば再び人知れぬ水路に戻っていくことになるのだろう。
c0163001_23373355.jpg

さすがにそれより上流はもはや何の痕跡もなかった。昔の住宅地図には写真の道路沿いに水路が描かれているて、すぐ近くがその上流端となっている。おそらくその水路は、自然河川というよりは、本来の川の上流部を排水路として延長した公共溝渠だったのだろう。

石神井川の排水口から遡って、一旦姿を消したのち、再び徐々にその痕跡を明確にし、最後には開渠となったのち、ぷっつりとその痕跡を消した水路跡。次々と変化する宿湿化味のカワノボリは、その地名とも相まってなかなかに味わい深い探索となった。
[PR]
by tokyoriver | 2013-01-11 23:48 | 石神井川とその支流 | Comments(6)
さて、3回にわたって石神井川の源流部を探索してきたが、最後に源流部の変遷について、現地の状況や様々な資料からわかった範囲で纏めておこう。

石神井川は25kmを越える流路を有する都内の中小河川を代表する川のひとつでありながら、その源流についてはまとまったかたちで検証がされることがなかったようだ。様々な文献を見ると、「かつては小平市鈴木町で、現在は小金井カントリー倶楽部敷地内の湧水」「小平市御幸町(小金井カントリー倶楽部の西側敷地)が源流」といった説明をよく目にするものの、カントリー倶楽部内の湧水は今では枯れているようだし、湧き出した水が何時頃どこをどう流れていたのかまではいずれも触れられていない。

そこで、古地図、公図、航空写真や、郷土誌、行政の刊行物、直接川とは関係のない資料などから石神井川源流部やそれに関連する水路の変遷について推定してみた。

(1)旧石器時代から江戸時代以前にかけての石神井川源流―鈴木遺跡

前回記事でも紹介した「鈴木遺跡」は1974年、鈴木小学校の建設時に発見された。旧石器時代後期、3万年前から1万年前の遺跡で、局部磨製石斧の発見で知られている。その規模は東西220m、南北330m(東西600m、南北670mとする資料も)にわたり、石神井川の流れる谷戸の源頭部(今の武蔵野団地)を囲む台地上にC字型に広がっていた。下の地図のオレンジ色の範囲にあたる(以下、地図はgoogle mapを加工)。
c0163001_2048549.jpg

この時期はヴェルム氷期の最終期にあたり、海面は今よりも100m低かったというから、遺跡近辺の標高は約170mほどとなり、現在の青梅のあたりと同じだ。そこで湧き出ていた水はおそらく多摩川からの伏流水で、水量も豊富だったのだろう。現在の落合川の源流のように、大量の地下水が一度に地上に姿を現していたのではないか。鈴木遺跡資料館の展示物にあった当時の想像図に描かれた湧水はかなりの規模だ。
c0163001_20481058.jpg

だが、縄文時代に入るとすでに水源はかなり東へ移り(現在の小金井街道付近か)、人々が生活するのに十分な水が得られなくなったという。そのため、鈴木遺跡周辺は生活の場から、狩猟採取の場に変化した。そして弥生時代になり農耕社会となると、水に乏しいことから一帯に人々が定住することはほとんどなくなったという。この状態は江戸時代に入るまで続いた。

これらの状況を考えると、鈴木町近辺が石神井川の自然な源流、つまり、コンスタントに水が豊富に湧き出し流れ出る状態であったのは縄文時代までで、それ以降江戸時代までは、小金井街道近辺より上流の石神井川源流部は、じめじめした湿地で、季節や気候によって水が湧き出し流れる川筋があったのではないだろうか。そういう意味では、石神井川の北東方に流れる白子川の源流部「シマッポ」や、南方に流れる仙川の上流部のかつての姿、あるいは北西方を流れる黒目川の上流部の最近の姿と同じような様子だったのではないかと思われる。

(2)江戸時代から明治時代にかけての源流部―「鈴木田用水」と鈴木田んぼ

石神井川の源流の谷頭であった武蔵野団地から小金井カントリー倶楽部にかけての谷戸は、江戸時代には低湿地となっていて「長久保」と呼ばれていたようだ。18世紀前半、玉川上水を利用し現在の小平市一帯の武蔵野台地上で新田開発が行われた際、現在の鈴木町一帯も鈴木新田として開拓された。新田といっても大半は台地上の畑地開拓であったが、石神井川沿いの長久保には「鈴木たんぼ」と呼ばれる水田が拓かれた。

このときに玉川上水から「鈴木田用水」と呼ばれる分水が引かれた。時は1734(享保19)年。取水口は1尺四方。今でも鈴木街道沿いに残る玉川上水鈴木新田分水(1732(享保17)年開通)とは別物である。この分水の開通と水田開拓により、石神井川源流部は多少水量を増したと思われる。玉川上水やその分水による地下水の涵養効果で、湧水量も多少は回復していたかもしれない。ただ、伝承では湧水は雨天時のみ湧き、日照りのときには枯れていて、水田の収穫量は多くなかったという。また、石神井川上流部は悪水堀、つまり水田などの排水路の扱いであったようだ。

「鈴木田用水」は石神井川の源頭を囲むように南北に分かれ、水田に給水したのち石神井川に合流していた。鈴木遺跡資料館に展示されていた絵図には、二股に分かれ石神井川の源頭を囲む用水が描かれている。2本の分水は小金井街道を越えた先で石神井川につながっている。
c0163001_20481448.jpg

北側の水路には水車がいくつか設けられた。その中のひとつで、現在の鈴木小学校の体育館付近にあった「定右衛門水車」は、幕末には「焔硝合薬搗立所」となった。大型の水車が設置され幕府の火薬作りに利用されのだが、やがて爆発事故を起こし普通の水車に戻ったという。鈴木遺跡の発掘時に、この水車や前後の用水路の遺構も見つかっている。(なお、練馬区の資料ではこの水車のために玉川上水から水路が引かれたとあるが、上記のように誤りである。)

明治時代の後半になると、東京市の人口増加により、飲料水である玉川上水の水が逼迫してきた。水を確保するため、市から水田の耕作者たちに水利権の買取の打診があった。これに応じたことで1908(明治41)年、玉川上水から鈴木田用水への送水は止められ、水車もこの時廃止された。この結果、鈴木田んぼは耕作に十分な水を得ることができなくなり、次第に放棄され芦の茂る荒地になっていったという。北側の用水路は1940年代までは流れが見られたというが、これは湧水が流れ込んでいたのかもしれない。そして戦時中から戦後にかけて、食糧難により耕作地を得るために水路は埋め立てられてしまったという。

玉川上水からの分水のほとんどが何らかの形で保全され辿れる小平市内において、この鈴木田用水は早い時期に廃止されたためか、全く痕跡が残っていない。そのためか、資料で言及されることもほとんどなく、忘れ去られた存在となっている。いったいどこを流れていたのだろうか。
そのヒントはまずは明治時代の地形図にあった。迅速図や東京近傍図を見ると、玉川上水から石神井川につながる水路が描かれていて、現在の鈴木小学校近辺からは蛇行する流れとなっている。下は1880(明治13)年測量の東京近傍図(陸地測量部刊、1887(明治20)年)から。小さく見辛いが、国土地理院の引用基準に基づくものなのでご容赦を。青いラインが鈴木田用水から石神井川へのライン。右寄りを南北にまっすぐ横切っているのが小金井街道である。
c0163001_20484079.jpg

多くの資料ではこの蛇行する部分を石神井川の最上流部と捉えているようだが、よくよく等高線をみると、小金井街道以西のラインは谷のもっとも低いところよりも北寄りを流れている。つまりこれは、この区間が人工的な水路であることを示しており、これが鈴木田用水の北側水路であることとなる。一方、水田の真ん中を流れているはずの石神井川の小金井街道以西の区間や、鈴木田用水の南側水路は描かれていない。
そこで、公図を簡易に参照できるブルーマップを見てみたところ、水路跡と思われる帯状の公図界がはっきりと描かれており、それらの位置関係は先の絵図とも一致していた。この情報と地形図に描かれた地形、そして終戦直後の航空写真を元に各水路のルートを推定してみたのが下の地図となる。長久保の谷戸の中で、石神井川が中央を流れ、谷戸の両縁を鈴木田用水が流れたいた様子が浮かび上がる。鈴木田んぼは2つの用水が石神井川につながる地点まで谷沿いに細長く広がっていたようだ。
c0163001_20484940.jpg

玉川上水(明治以降は玉川上水に並行する新堀用水)から分岐して鈴木小学校西側までの区間は、終戦直後の航空写真ではまだ痕跡を確認することができるが、現在は全くその姿を残していない。ただ、住宅地に斜めに横切る土地区画がごく一部に断続的に残っていて、それらをつなぐことでそのルートの一部はたどることが出来る。
c0163001_205035.jpg

なお、南側水路の農林中研修所以西の区間は、公図でも判断が付かないため、文献と地形からの推定でラインをひいた。もう少し東寄りで南北に分岐していた可能性もある。

(3)鈴木田用水の廃止以降と「経理排水」の開通

鈴木田用水の廃止以降、石神井川の源流部の水量は再び減り、「シマッポ」のような状態になったのではないかと思われる。郷土誌に記された古老の証言によれば昭和初期、現在の鈴木小学校のところに湧き水があったが、季節や降水量によってその水量は変動していたという。また、鈴木田んぼだった長久保一帯は大雨が数日続くと、水浸しになって何ヶ月も引かないような状態であったという。昭和初期の地形図には、東京近傍図とは異なり、現鈴木小学校の近辺まで、石神井川自体の流れが谷の一番低いところに描かれている。

1937年には長久保の北側斜面を利用した会員制ゴルフ場「小金井カントリー倶楽部」が開設された。その際、荒地となっていた谷頭部以外の元・鈴木田んぼも買収されゴルフ場の敷地となった。また、1940年にはカントリー倶楽部の南側から東側に隣接した土地が「小金井大緑地(現小金井公園)」として整備された。

1942年、現在の小平団地から関東管区警察学校にかけての広大な敷地に、陸軍経理学校が建設された。この際、敷地から石神井川源流を結ぶ「経理排水」と呼ばれる排水路がつくられた。この水路は石神井川の谷頭までは暗渠で続き、そこから開渠になって、小金井カントリー倶楽部内で石神井川に接続されていたという。
戦後直後の空中写真には、台地上に白いラインがまっすぐに続いているのが写っている。このラインは石神井川の谷に入ると黒くなる。白いライン=暗渠の区間が前回たどってきた緑道、黒いライン=開渠の区間が武蔵野団地内の「下水道管理用地」とそれに続く未舗装の区間である。
c0163001_20501949.jpg

戦後、経理排水は流域の排水路となったようだ。また、前回触れたように日立電子(現・日立国際電気小金井工場)の設立後は、経理排水に水(電子部品の洗浄水)を流すようになり、湧水が枯れた後は石神井川源流部の主水源となっていた。石神井川源頭部の窪地は戦後整地され畑などに利用されていたようだが、工場のできた1960年代はじめには、武蔵野団地として整備されはじめ、70年代にかけて住宅が立ち並んだ。この際に石神井川の源流部は跡形もなく埋め立てられたが、経理排水の武蔵野団地内の区間は1970年代初頭まで開渠が残っていた。

小金井カントリー倶楽部以東の石神井川の流れはどうだったのか。古い地図を確認すると、1956年の地図では、まだ小金井カントリー倶楽部西側の敷地内に断続的に水路が顔を出している様子が確認でき、西側敷地内東寄りの池から川が流れだして、小金井街道を越えカントリー倶楽部西側敷地内を流れている様子が描かれている。池より上流部はすでに経理排水からの水しか流れていなかった可能性が大きく、源流を「小平市御幸町(小金井カントリー倶楽部内)」とする記述はこの頃の状態を伝えるものかもしれない。嘉悦大学の手前はこの当時より暗渠だったようだ。この暗渠の出口は前々回の記事の写真でわかるようにかなり古そうで、もしかするとゴルフ場開設時からの暗渠かもしれない。1970年の地図になると、池から流れだす部分はなくなり、そして70年代半ば以降の地図では西側敷地内の水路はすべてなくなっていて、前回の記事に記した、東側敷地に今でも残る水路のみが描かれている。

(4)新たな水源になった「石神井幹線」

1960年代以降、石神井川流域は急速に宅地化が進んだ。一方で源流部一帯の下水道整備は遅れていた。1990年には下水道普及率100%を達成したものの、その後もしばらく汚水が川に流れこむような状態が続いていた。石神井川流域を含む小平市の東半分は分流式で整備が進められ、2000年代初頭には石神井川に汚水が流れ込まなくなったようだ。経理排水は、新小金井街道より西側は下水として再整備され、東側は雨水菅に転用されたようだが、処理能力が低かったため、2000年代半ばにかけて、小金井カントリー倶楽部内のかつての石神井川の流路の直下、地下4mほどの場所に雨水管「石神井幹線」が増設された。この雨水管は、小金井街道以西では直径1.5m、以東では直径2.8mとなり、小金井公園北側の公式な「石神井川上流端」の暗渠出口のところで、石神井川に接続された。

この雨水管は石神井川の川底よりも低い位置にあることからわかるように、実際には雨水の貯留管としての性格も兼ねている。貯留管内にたまった雨水は通常月2回、ポンプで汲み上げられ、石神井川上流端で川に放流されている。また、大雨が予測される直前にも組みだして空にするそうだ。前回の記事で触れた「石神井川のもうひとつの水源」がこれにあたる。
また、小金井街道が横切る地点で露出している開渠は、石神井川のものではなく、この石神井幹線に関連するものではないかと思われる。
一方でおそらくこの工事の前後に、小金井カントリー倶楽部東側の敷地内に残る開渠の流路は、嘉悦大学構内に残る水路と切り離され、その結果「上流端」までの区間は水が流れなくなったのではないかと思われる。
c0163001_20502660.jpg

(5)結局石神井川の最初の一滴は・・・

最後にもう一度、石神井川源流付近の水系図を載せておこう(前回記事の最後と同じ)。上がかつて存在した水路、下が現在残る水路と下水道管理用地である。
c0163001_20503345.jpg

c0163001_2050381.jpg

さて、こうしてみると、鈴木町の湧水がコンスタントに水の湧き出す源流だったのは縄文時代までで、その後は現在に至るまで、人工的な水路がおもな水源となっていたことがわかる。そして、様々な文献などに記されている「小金井カントリー倶楽部内の湧水」も枯れているということは、現在の石神井川が流れ出す源流は公式な「上流端」に一致するということになるのだろうか。

最後にささやかな情報を付け加えておこう。1970年代前半、鈴木小学校の造成が始まる前まで、鈴木町の源頭には川の流れはなくなってしまったものの、谷頭の東端崖下に湧水が見られたという。そして、この湧水と同じ場所かどうかはわからないが、2007年、小学校の敷地内に湧き水が復活した。この湧水を使って「古代の泉」と名づけられた小さな池が整備された。
この水が「石神井幹線」に流れ込んでいるとすれば、今でも3万年前と変わらずに、石神井川の最初の一滴は鈴木町から流れ出しているといえそうだが、さて、どうだろうか。いずれ確認してみたいところだ。

長くなったが、以上で、石神井川源流の探索をひとまずおしまいにすることとする。
[PR]
by tokyoriver | 2011-08-03 20:58 | 石神井川とその支流 | Comments(18)
さて、1回目、2回目と石神井川の「上流端」付近を探索してきたが、今回はその更に上流部、かつての水源であるとされる小平市鈴木町近辺を探索してみよう。ここを訪れたのは、前回の記事の更に1年後、2010年のこと。なお、当初は今回で完結の予定だったが、写真や文章が長くなりそうなので、探索の後の謎解きについてはまとめて次回に分けて記すこととする。

小金井街道の西側に更に広がる小金井カントリー倶楽部。かつて、その中を石神井川の最上流部が通っていたが、東側と同様立ち入ることはできないので、ぐるっと敷地の西側まで回りこむこととなる。カントリー倶楽部の西端に沿って南北に通る道は古地図にも記されている古い道だ。石神井川の源頭の窪地を横切る地点にはカントリー倶楽部の通用門があって、そこから西にT字路になっている(写真のカーブミラーのある地点)。
c0163001_21201560.jpg

そのT字路に入ると、いきなり路上に「下水道管理用地」の文字がペイントされている。しばらく先で道路は右へと反れていくが、管理用地の延長には未舗装の空間が先へと続いている。
c0163001_21201968.jpg

未舗装の空間を抜けた先から振り返るとこんな感じ。コンクリートの矩形の構造物が飛び出していて、上にはマンホールが設けられている。
c0163001_21202493.jpg

更に西に向かって、植え込みだったり雑草の生えた空間が細長く続いている。左側(南側)の柵の中は日立国際電機の工場だ。カントリー倶楽部の通用門からこの辺りまでは1970年代まで、開渠の水路があった。そして、日立国際電機工場の設立(1960年頃か。当時は日立電子)以降は、電子部品の洗浄に使われた水の排水が、石神井川の主な水源となっていたという。では、この開渠の水路が石神井川の源流で、「下水道管理用地」はその暗渠か、というと、結論からいえばそうではない。これについては次回にまとめて説明しよう。
c0163001_21202861.jpg

たどっていくと、途中には先ほどと同じような突き出しマンホール。
c0163001_21203119.jpg

この細長い空間はしばらくは石神井川の谷頭の南側に沿っているのだが、だんだん道路=谷底よりも高くなっていき、谷のどん詰まりで日立国際電機の北西端から農林中金研修所の敷地へと消えて行く。
c0163001_21203540.jpg

石神井川の源頭は、三方を囲まれ東(小金井カントリー倶楽部方面)に開けた窪地となっていて、窪地の底は「武蔵野団地」と呼ばれる住宅地となっている。団地といっても、そこに並ぶのは普通の一戸建ての家屋であるところが特徴的だ。どの路地に入っても道路の両端がRを帯びていてかまぼこの背のようになっており、両側にU字溝が設けられている。水はけの悪い土地であることを示しているといえる。ただ、石神井川の流れを想起させるような痕跡は全く残っていない。
c0163001_21203898.jpg

谷頭から西側の台地上に上がると、新小金井街道に出る。街道の東側には、鈴木小学校がある。谷底に建てられているので、街道から見えるのは3階くらいか。その脇には、鈴木遺跡の解説板が立っている。1974年、小学校が建設された際に、ここで3万年前から1万年前までにわたる旧石器時代の遺跡が発見され、数年にわたって発掘調査が行われた。
c0163001_21204231.jpg

解説板の裏側には小さな空き地。一見この空き地だけが鈴木遺跡のように見えるが、実際には石神井川の源流部、ちょうど武蔵野団地となっている窪地を取り囲むかのようにC字型に広がった大規模な遺跡であった。新小金井街道の反対側には鈴木遺跡資料館がある。石神井川の源流とこの遺跡の関係については、次回にまとめて記すことにする。
c0163001_21204653.jpg

さて、新小金井街道を少し南下していくと、「下水道管理用地」と、それに続く車止めの空間があった。奥に見える緑は農林中央金庫研修所。そして、ここはさきほどの日立国際電気小金井工場の脇の暗渠の延長線上にあたる。
c0163001_21205083.jpg

新小金井街道の反対側には、一直線に緑道が西へと伸びていた。
c0163001_21205576.jpg

沿道には果樹畑が残る場所もあり、一見のどかな暗渠のようだ。
c0163001_21205810.jpg

道路を横切る場所にも、路上に色分けがされている。
c0163001_2121221.jpg

緑道は回田町を横切って西へと続いている。途中玉川上水の分水である田無用水を横切っていく。この辺りの田無用水、は道路の歩道に組み込まれ整備されている。
c0163001_2121548.jpg

喜平町の小平団地につきあたって、緑道は終わった。脇には「下水道管理通路」の標石が埋め込まれていた。
c0163001_212186.jpg

つきあたった道路に沿って、南北に鈴木用水(大沼田用水)のコンクリート蓋暗渠が通っていた。この暗渠はだいぶ老朽化しているが、その下にはしっかり水が流れていて、しばらく北に進むと、綺麗な水の流れる開渠となる(過去記事「どっこい生きてる鈴木用水」参照)
c0163001_2121154.jpg


さて、ここまで辿ってきた暗渠のような「下水道管理通路」は、石神井川と何か関係があるのか。1回目の記事で触れた、現在の主水源のひとつは何なのか。2回目の記事で記した、小金井街道脇にあった開渠はどこにつながっているのか。そして結局石神井川の源流はどこなのか。これらについては、説明が長くなりそうなので、回を分けて次回に記すこととしよう。予告として、石神井川上流域の水系図を最後に載せておく(google map 地形図を使用)。

下の地図が現在残る水路や暗渠。青のラインが石神井川、ピンクのラインが玉川上水からの分水。オレンジのラインが先ほど辿ってきた「下水道管理通路」だ。
c0163001_21223494.jpg

そしてこちらが、かつてあった水路も含めて記した水系図だ。
c0163001_21225078.jpg


本文は数日中に公開する予定なので、しばしお待ちを。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2011-07-31 21:33 | 石神井川とその支流 | Comments(8)
(前回からのつづき)
次に訪れたのは16年後の2009年。前回と同じく花小金井駅から、上流端の標識へと向かう。途中横切る鈴木用水(玉川上水鈴木新田分水)も様子をうかがってみる。小平市では用水路の大部分は保全していく方針となっているので、一見今にもなくなってしまいそうな、こんな轍のような水路が残されている。
c0163001_23575648.jpg

久しく水の流れた形跡はないが、芥止めの柵もそのまま残されている。これらの水路の末端はかつて石神井川に流れ込んでいた。ここにもかつて動脈と静脈の関係があったのだ。
c0163001_2358324.jpg

16年ぶりの、小金井公園北側の、上流端。
c0163001_2358749.jpg

白濁した水はなくなっていて、三面コンクリート張りの水路の底に刻まれた溝にわずかに水が流れている。普及の遅れていた石神井川上流域の下水道は、この間に分流式で整備されて、川に下水が流れ込まなくなった。その分、水量はほとんどない。
c0163001_23581148.jpg

上流端の少し先では、右岸側の護岸に穴が開き、水が流れ込んでいた。
c0163001_23581528.jpg

すぐわきの小金井公園の敷地には、鬱蒼とした木々に囲まれた池がある。ここからの水が流れ込んでいるのだろうか(実はこの近隣には他にも現在の石神井川の「主水源」がある。それについては次回記事で)。
c0163001_2358192.jpg

池の傍らの区間は、三面コンクリート張りではなく、川底に土が露出していた。ただ、こんな上流だというのに水路はかなりの深さに掘り下げられており、背伸びをしないと川底が見えない。写真は背伸びの上にカメラを持った手を伸ばして撮影したもの。
c0163001_23582276.jpg

コンクリート蓋の区間はそのままだった。
c0163001_23582638.jpg

嘉悦大学の敷地に突き当たる。
c0163001_23583125.jpg

嘉悦大学の脇の開渠は残っていたが、水は枯れ果て、すっかり空堀となっていた。嘉悦大学自体も警備が厳しくなって、門は閉ざされており流路の先が現在どうなっているのかを確認することはできない。
c0163001_2358363.jpg


さて、前回たどったのはここまでだったのだが、この間に、インターネットの普及により、流路を検証する手立ては大きく変った。最大のツールは詳細まで判読できる地図や空中写真だろう。google mapを見ると小金井カントリー倶楽部内、ちょうどかつて石神井川の源流部があったと思われる谷に沿って、水路が描かれている(下図ピンク枠内。埋め込みができないのでキャプチャ。直接googlemapで見る場合はこちらを
c0163001_23584260.jpg

ピンク枠内を拡大して航空写真で見てみると、地図に描かれているよりも更に上流まで、水路がしっかり写っている。今でも水が流れているように見える。
c0163001_2358465.jpg

国土地理院の国土変遷アーカイブで戦前から1970年代にかけての空中写真を見ても、同じ場所に石神井川の流路が写っている。ネットの資料ではないが、1970年代前半の地図にも水路が記されていた。
鈴木町の源流が枯れた後長い間、小金井カントリー倶楽部内の湧水が源流であった時期があったというから、この小川はもともとは石神井川源流の流れであったのだろう。小金井カントリー倶楽部は会員制のゴルフ場の中でも格式が高いそうで、中に入ることはできず直接確認することができないのだが、様々な情報から推測すると、現在はカントリー倶楽部内の湧水は枯れていてまた現在流れている水は人工的なもので、また水路は今では直接石神井川にはつながっていないようだ。

そして、更に上流にも痕跡があった。カントリー倶楽部の敷地の中央を小金井街道が南北に横切っているのだが、ちょうど石神井川の流れる谷を横切るかたちとなっている。道が一番低くなる地点の道端。道路は盛土をして高くなっていて、敷地を見下ろすようになっている。
c0163001_23585822.jpg

道路の東側から見下ろすと、そこにはコンクリートに囲まれ、開渠があった。底には水が溜まっている。
c0163001_2359299.jpg

道路の西側にも、敷地を覗いてみると谷底にコンクリートで舛状に囲われた怪しい窪地が見えた。
c0163001_2359878.jpg

これらの窪地は石神井川の暗渠なのだろうか。その正体については、とある施設との関連が推測されるのだが、これについては次回記事の最後に記すこととしよう。

さて、石神井川のかつての水源は、この地点の更に西、小金井カントリー倶楽部の西側の窪地なのだが、かなりの遠回りをしないと辿り着くことができない。そのため、このときは小金井街道で力尽きてしまった。そちらを訪れたのはさらにその1年後、2010年となった。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2011-07-27 00:08 | 石神井川とその支流 | Comments(0)
この7月10日で、東京の水の「2009 fragments」バージョンを開設して2周年となりました。途中何度か中弛みしつつも続けてくることができたのは、他の暗渠好きの皆様のブログや、寄せていただいたコメントのおかげです。感謝の念に堪えません。東京の水オリジナル版から数えるとはや15年目、スローペースではありますが、今後も地味に更新を続けていく所存ですので、何卒よろしくお願いします。

今回は、石神井川の源流部を、18年前に訪問したときの写真からはじまります。
____
石神井川は小平市、西東京市、練馬区、板橋区、北区にまたがって流れる、都内北部の代表的な中小河川だ。小平市花小金井南町1-2の小金井公園と小金井カントリー倶楽部の境界の地点に上流端の標識が立っている。ここが現在公式な「上流端」であるが、かつてはその源流はさらに西の、小平市鈴木町であったという。

旧滝野川区のエリアで育った自分にとっては、滝野川の地名の由来となった石神井川は、近所を流れているというわけでは無かったものの、比較的身近な存在であった。小学校4、5年の頃だったか、学生社刊の「北区史跡散歩」旧版に掲載されていた「石神井川の源流」の写真を目にして、いたく関心を惹かれた。
c0163001_22171068.jpg

(「北区史跡散歩」(学生社刊 1978年) より)

川と比較できるものが写っていないのでどのくらいの川幅なのかさっぱり見当がつかないが、森の中から流れ出しているのか、水がたまっているのか、いずれにしても自然のままの姿と思われる川の姿がそこには写されていた。これを見て以来、石神井川の源流が気になっていた。

気になったまま時を経て1993年、思い立ってようやくその源流地帯を訪問した。西武新宿線花小金井駅を南側に出て、途中、多摩湖から境浄水場に至る水道管上に設けられた多摩湖自転車道(狭山・境緑道)を経由し南東へ700mほど。鈴木街道の両側を通る鈴木用水の遺構を渡り、都立小金井公園の中央を南北に横切る道に入ると、谷地形が現れる。谷底の、小金井公園への入り口脇に「石神井川 上流端」の標識があった。
c0163001_2217145.jpg

標識から東に向かって、梁の渡されたコンクリート張りの水路があった。幅、深さとも意外とあり、白濁した水が流れていた。小平市東部は下水道整備が遅れており、この頃はまだ川に汚水が流れ込んでいたようだ。上流端の雰囲気にはあまりそぐわない汚れた水は、覚悟はしていたものの残念であった。
c0163001_22172052.jpg

上流端の標識の西側には小金井公園の敷地に沿ってコンクリート蓋の幅広の暗渠が続いていたので、さらに上流へと遡ってみる。
c0163001_22172681.jpg

暗渠を100mほど遡ると、嘉悦大学の境内で蓋がとれた。
c0163001_22174928.jpg

その先には、護岸のされていない自然のままの水路が残っていた。
c0163001_221896.jpg

残念ながら、そこを流れる水は先ほどと同じく白濁していたけれど、水路自体は「北区歴史散歩」掲載の写真のイメージに近く、源流にふさわしい。
c0163001_22181622.jpg

嘉悦大学と小金井カントリー倶楽部の間を流れる水路を200mほど遡ると、カントリー倶楽部の柵の向こうになってしまった。柵越しには、かなり古そうな、トンネルのような暗渠から流れ出る石神井川が見えたが、その先の様子は木の茂みに隠れてわからない。このときは、ここまで辿って終わった。
c0163001_22182233.jpg

次に現地を訪れたのは更に16年たった、2009年。前回と同じく花小金井駅から、上流端の標識へと向かった。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2011-07-23 22:41 | 石神井川とその支流 | Comments(6)
貫井川を辿るシリーズの最後は、貫井弁財天のところで北東に分かれる分流と、その分流に注ぐ支流の川跡をとりあげる。下は今回のエリアを拡大した段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。貫井川最下流部流域は石神井川の低地に沿った水田地帯となっていて、分流と本流の間にも何本か水路があったようだ(図水色のライン)。貫井川の分流は水田地帯だった低地の外縁部に沿うように流れていた。そしてそこに合流する、細く、はっきりとした谷戸を流れる支流があった。この谷戸の東側の台地に名付けられていた小字名「向山ヶ谷戸(こやまがやと)」から、この支流を向山ヶ谷戸支流(仮称)と呼んでおこう。
c0163001_23261563.jpg


ではまずは貫井川分流から。
==============

前回の記事でもとりあげた貫井弁財天の敷地。赤い鳥居は後から移設されてきた御嶽神社の祠で、その右側に見える塗装のない鳥居が貫井弁財天だ。写真手前から左奥に横切る道路沿いが貫井川本流で、車止めを通って右へのびる道が分流だ。路上には暗渠サインの水色ペイントがある。この地点にはかつて「聖橋」が架かっていたという。
c0163001_23262062.jpg

分流は弁財天の東側を抜け北東へ向かう。この先は目白通りの旧道につきあたって行き止まりとなる。道路とは2mほどの段差があり、かつては「貫東橋」が架かっていたという。
c0163001_23262553.jpg

「貫東橋」跡の北側にまわると、再び川跡の道が現れる。
c0163001_23263087.jpg

しばらくは、蛇行以外は川跡の痕跡のない道が続くが、石神井川に近い地点にはこのような暗渠区間も残っている。現在でも水路敷扱いのこのあたりにはかつて水車があったという。
c0163001_23263684.jpg

川跡はカーブして東へと向きを変え、台地の縁を進んでいく。右岸のコンクリート壁の上は畑となっている。
c0163001_23264929.jpg

半円状にカーブを描く区間の出口。かすれているが水路敷のペイントが残る。
c0163001_23265740.jpg

この先は石神井川に並行した直線の暗渠が遊歩道となっている。私が今回使った1万分の1地形図(1989年刊)では、先のカーブからこの直線区間にかけてはまだ開渠として描かれている。この直線区間は大正末期の耕地整理の際に石神井川の改修とあわせつくられた水路と思われる。
c0163001_2327331.jpg

唐突に現れたパンダ2頭。手前の鳥は何ものだろう?
c0163001_2327847.jpg

川は200メートルほど続く直線区間の後、直角に曲がり石神井川に注いでいた。かつての合流口のあたりには痕跡は何もないが、やや下流の橋の下に雨水管が口を開けている。
c0163001_23271237.jpg

=========
「貫井川向山ヶ谷戸支流」

さて、続いては「向山ヶ谷戸支流」をとりあげよう。猫またぎさんが以前記事にされていた暗渠だ。全長700mほど。こちらでは下流から上流へと遡ってみる。緑色の車止めから、遊歩道となった暗渠が始まる。
c0163001_23271676.jpg

一応遊歩道風にはなっているが、路上は苔むし、道端には雑草が生えていてなかなかいい感じ。秋の日はつるべ落としで、写真は夕刻5時頃のものだが既に夜のようだ。
c0163001_23272111.jpg

緑も多く、谷底独特の湿度が夕闇で増感される。猫が暗渠を横切っていく。
c0163001_23272425.jpg

横切った猫は別の路地を覗きこんでいた。
c0163001_2327285.jpg

谷を横切る道は両側とも坂や階段になっていた。その一つ。暗渠は手前を右から左に向っている。
c0163001_23273318.jpg

更に上流へと進んでいく。右岸(左側)はコンクリート擁壁だが、左岸(右側)にはちょっとした土手も残っていた。上流部は谷が細く谷底の平地がわずかだったためか、水田に利用されることもなく、木々が茂る森となっていたようだ。
c0163001_23273867.jpg

擁壁から突き出した排水管。
c0163001_23284929.jpg

暗渠は目白通りに突き当たり階段となって終る。谷戸自体もここが谷頭となっていて、古地図にはこのあたりに小さな池が描かれているものもある。
c0163001_23285976.jpg

階段の脇の擁壁からは水抜きの穴から水が滲み出していた。
c0163001_23291035.jpg

階段を登って目白通りから暗渠を振り返る。階段の反対側、目白通りの南側には特に目立った谷地形も川の痕跡もないが、戦前「練馬製氷所」があったようだ。地下水をくみ上げていたのだろうか。
c0163001_23292075.jpg


以上で貫井川のシリーズは終わり。練馬区内は他にも豊島台を刻んで石神井川に注ぐ谷筋の暗渠/川跡が沢山あり、どれもおもしろそうだ。大部分は猫またぎさんが記事にされているが、こちらでも折をみてまたとりあげたい。
[PR]
by tokyoriver | 2010-12-13 23:52 | 石神井川とその支流 | Comments(4)
貫井川の記事に入る前に、以前の記事にひとつ追記を。
今回記事を書くにあたって、都の湧水台帳をみていたところ、90年代前半のリストに「豊島弁財天」が記されていました。「練馬駅北側の2つの暗渠(2)石神井川豊島弁財天支流(仮称)」でとりあげた、暗渠が突然行き止まりで終わる地点にある弁財天です。湧水量の記載はなく、弁財天の敷地内にあったのか、行き止まりの崖下に湧いていたのかも不明ですが、あの場所には源流の水源が確かにあったということになります。「豊島弁財天」自体、由来のはっきりしない謎めいた存在なのですが、そこにまたひとつ謎が増えました。いったい湧水はどのような姿をしていたのでしょう・・・
======
さて、貫井川の2回目は西武池袋線以北から石神井川へ合流するまでの区間をとりあげる。下は下流部を拡大した段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。貫井川は上流部が浅い谷だったのに対し、下流部は深く大きな谷筋を流れていたことがわかる。このU字型の谷は「蕪ケ谷戸(かぶらがやと)」 と呼ばれていた。その形が蕪のようであることから名付けられたという。谷戸は石神井川に面した出口よりも奥の方がやや広く、袋状になっている。この谷戸の真ん中にはかつて貫井池があった。
c0163001_23301211.jpg


===
西武池袋線の高架を越えると、再び暗渠が現れ、団地の脇を抜けて北~東北東へと向かっていく。所々では、練馬区名物「水路敷」のペイントが見られる。
c0163001_23302839.jpg

この先しばらく進むと、暗渠のカーブを最近開通した環八通りが横切っていて、環八の北西側に、三日月状に川跡のカーブが取り残されている。幸いにも環八の下敷きとなった区間以外には影響はなく、その先には再び車止めの設けられた暗渠が続いている。暗渠は大きくカーブを描き、東から南東へと向きを変えて、「蕪ケ谷戸」の谷底へと下っていく。
===
かつての護岸の痕跡のようなコンクリート壁が、アスファルトの舗装に埋もれかけていた。
c0163001_23303298.jpg

暗渠沿いの土地とは段差があるところが多い。ところどころ、暗渠に降りる階段が設けられていた。
c0163001_23303684.jpg

このように、車道の歩道になっている区間もあった。歩道の色をわざと変え、申し訳程度に車止めも設置してある。
c0163001_23304232.jpg

この場所は最近まで川が流れていたような雰囲気だ。
c0163001_23304763.jpg

かつて本貫井橋が架かっていたあたり。湿度が高く、だいぶ谷底まで下ってきたような気配となる。水を流す溝がつくられているのは水が集まりやすいからだろうか。
c0163001_23305042.jpg

暗渠部に段差がついている。コンクリートの古び方はかつての護岸の痕跡のようにも思えるが、幅が細いのでそうではないのかもしれない。
c0163001_23305382.jpg

かつて貫井橋があった地点。暗渠はここで向きを変え、東へと向かっている。また、ここでは南西から来る支流が合流していた(段彩図で左下から中央)。こちらも暗渠(川跡)として痕跡が残っている。
c0163001_23305945.jpg

支流の方をさかのぼってみる。しばらく歩道や道路の区間が続くが、やがて遊歩道風に舗装された暗渠が現れる。
c0163001_2331567.jpg

マンホール蓋が短い間隔で並ぶ。
c0163001_2331107.jpg

暗渠は西武池袋線の北側で終わっている。
c0163001_23311413.jpg

現在はこれより上流部の痕跡はないようだが、かつては線路の南側まで繋がっていて、途中富士見台1ー13の都営住宅付近にあった池を挟み、千川上水まで繋がっていたという。練馬区の資料によると、公式な分水ではなく、表向きは水量調節用の悪水路扱いだったようで、地元では「ほりっこ」と呼ばれていたという。
===
さて、貫井川本流に戻って下っていこう。幅広の遊歩道となった暗渠を東へ進んでいくと、貫井中学校の南側に出る。ここでは暗渠は二つの道に挟まれた帯状の遊歩道と緑地帯になっている。
c0163001_23311880.jpg

このあたりで「蕪ヶ谷戸」の谷底が最も広くなっている。中学校の敷地以北の一帯、谷戸を望む斜面からは、旧石器・縄文・弥生・奈良・平安・近世の各時代にわたる遺構や遺物が出土しているという。水の利がよく、古くから人が暮らしていたのだろう。
そして、右側のマンションの建っている一帯には、かつて「貫井池」「貫井の池」と呼ばれる湧水池があった。この池を潤していた湧水が、貫井の地名の由来となっているという。伝承としては、かつて一帯が水不足で苦しんでいたとき、弘法大師が訪れ、持っていた杖で地面を突くと、そこから泉が湧き出した、という日本各地によくありそうな由来譚が残っている。地面を貫いて湧き出した井で貫井というわけだ。一方で「ぬくい(貫井、温井)」は、地面から湧水が湧き出している地点を指すという地名だと言われている。同じ「貫井」では小金井市貫井が、湧水に恵まれた土地として有名で、貫井神社の湧水は現在でも野川の水源のひとつとなっている。

貫井池は大正末まであったというが、明治末の地図ではすでに湿地として描かれている。その後湧水は枯れ、池の跡地は水田や荒れ地、資材置き場といった変遷を辿り、70年代の一時期にはプールなどのレジャー施設もつくられていたらしい。現在はマンションが立ち並び、池を忍ぶ痕跡はまったくない。ただ一つ、かつて池の傍ら祀られていた水天宮が、後に紹介する円光院のわきに移設され現存しているという。

暗渠が北へと向きを変える地点では南側から短い暗渠が合流してきている。流路はかつての池の東縁にあたり、谷が西武線の南まで食い込んでいる。この流路の傍らに湧水があったように描かれている資料もある。後で地図を見て気がついたのだが、暗渠の突き当りには小さな神社の祠があるようだ。湧水と関係する物件なのだろうか。
c0163001_23312252.jpg

ここから先は貫井川遊歩道として、かなり整備された姿となって北へと続いている。川沿いはかつては水田として利用されていたようだが、今は住宅地となっている。
c0163001_23312962.jpg

目白通りを越える辺りは谷戸のボトルネックとなっていて、通りを越えた先はもう石神井川の谷筋だ。暗渠沿いにちょっとした空き地があって、貫井弁財天と御嶽神社の祠が並んでいた。元禄年間の創設という。御嶽神社のほうはどこかから移設されてきたようだ。このあたりにもかつて湧水があったらしいが、詳細は定かでない。弁財天があるくらいだから池でもあったのだろうか。ここで東側に分流が分かれていく。こちらについては次回とりあげる。
c0163001_23313538.jpg

暗渠上の植え込みに混じって、1箇所、遊具のようなオブジェがあった。公園によくあるカバやサイとはずいぶん趣きが異なっている。
c0163001_2333744.jpg

暗渠は円光院という大きな寺院の脇を北上していく。
c0163001_23331955.jpg

円光院は正式には「南池山貫井寺円光院」といい、かつて寺の南に大きな池がことから「南池山」と号し、地名を取って「貫井寺」と称したという。大きな池は貫井池のことをさしているのか、あるいは貫井弁財天のところに池があったのだろうか。山門の脇には古そうな石仏が並んでいる。
c0163001_23333226.jpg

暗渠は円光院を過ぎると、車道と同じくらいの幅の歩道となる。このあたりは石神井川沿いの水田地帯で、東側に並行して2本ほど支流が流れていた。
c0163001_2333474.jpg

貫井川の川跡/暗渠は向山4丁目で石神井川に合流して終わりとなる。護岸に口を開けた暗渠が見える。貫井川下流の暗渠は下水道貫井幹線となっているのだが、円光院より北側の数百メートルの区間は下水は別ルートへ分かれ、暗渠は雨水路となっている。
c0163001_23335797.jpg

暗渠の合流口の下側は堰状になっていて、そこに空けられた穴から水が流れ出ている。練馬区の調査によると、この水は湧水だそうだ。暗渠の雨水路となっている区間のどこかで湧き出した水が、暗渠内を流れてここで石神井川に注いでいるという。貫井川はほとんどがもはや川跡としかいえないような姿だが、ここだけは暗渠の中に堆積した土とその上を流れる水も見え、川が生き残っているかのようだ。
c0163001_2334558.jpg


======
次回は、貫井弁財天で分かれた分流と、そこに注ぐ支流(仮に向山ケ谷戸支流とした)を取り上げる。後者は以前猫またぎさんが記事にしていたところだが、こちらでは逆向きに下流側からさかのぼっていってみる。
[PR]
by tokyoriver | 2010-12-09 00:23 | 石神井川とその支流 | Comments(2)
貫井(ぬくい)川は、西武新宿線上井草駅の北方、練馬区下石神井5丁目近辺にその流れを発し、石神井川と千川上水の間を北東に流れて練馬区向山4丁目で石神井川に注いでいた、全長4kmほどの川で、現在は全区間が暗渠となっています。その名前は、下流部の地名「貫井」からとられていますが、その「貫井」の地名は貫井川下流にかつてあった大きな池「貫井の池」に由来します(語源など詳しくは次回に記します)。下流部は「蕪ヶ谷戸」と呼ばれた比較的大きな谷筋で湧水もあり、谷底は水田として利用されていたのに対し、上流部は谷筋は浅く、荒野や畑地を流れる悪水路(雨水や湧水の排水路)として扱われていて、川の呼び名もとくになかったようです。(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_2320491.jpg

川が暗渠となったのはおそらく1970年代後半から80年代末頃にかけてと比較的最近だったようですが(今回歩くのに使った、私の手許にある1万分の1地形図(1989年発行)には、下流部の一部区間は開渠として描かれています)、ほとんどの区間は完全に下水道化されていて、その流路も途中何ヶ所かで分断されており、暗渠というよりは川跡といったほうがよさそうです。

そんな貫井川を、今回から数回にわけ、いくつかある支流や分流もあわせて紹介していきます。まずは上流部分を辿ってみましょう。

+++++++++

西武新宿線上井草駅から北方へ歩くこと10分ほど。貫井川の痕跡が残る最上流端は、井草通りと新青梅街道の交差点の北東側にある。駐車場の脇に、一段窪んだ細長い空き地が残っている。1960年代の空中写真や1970年代半ばの住宅地図をみると、ここまで水路があったことがわかるが、現在では雑草が生い茂っていて川の痕跡を確認するのは難しい。道路との接点はゴミ集積所になっていて、冴えない上流端だ。ここより西側にも浅い窪地がしばらくのびており、戦前の三千分の1地形図には井草通りの西側の方まで水路が描かれている。ちなみに、この地点から北に1km行くと石神井池・三宝寺池、一方南に1kmほど行くと、妙正寺川上流部である井草川の源流地帯(現在は暗渠となり湧水も枯渇)となっている。
c0163001_23203669.jpg

水路はかつて、新青梅街道に突き当たった後に街道の南側を流れ、再び北側へと戻っていたようだが、現在ではその痕跡は全くない。再び川跡がはっきりするのは下石神井四丁目交差点よりやや東側、新青梅街道から北東へと離れて行くゆるやかな下り坂の道の歩道だ。
c0163001_23204197.jpg

しばらくは、まったく車の通らない道に不自然に幅の広い歩道、というかたちで北東に進んでいく。川の痕跡自体はまったくないが、路上のアスファルトにはあちこちに苔が生えていて、水の気配が濃厚だ。貫井川の上流部は地下水位が浅いという。川はおそらく、明確な湧水地点から流れ出していたというよりは、あちこちの地面から滲み出した水を何となくじわじわと集めて流れていたのだろう。以前とりあげた、白子川上流部の新川(シマッポ)などがまさにそのタイプだ。こちらは地表へ現れる水は枯れてしまったが、土の下にはまだ水がひそんでいるのかもしれない。

川跡は石神井小学校の近くで歩道から離れクランチ状に曲がり、急に川跡らしくなる。
c0163001_23204693.jpg

小学校の南側でいったん歩道になったのち、練馬区の暗渠サイン「水路敷」のペイントとともに暗渠らしい道が始まる。このあたりはかつての字名を「上久保」といったそうで、貫井川の谷に由来する地名だったのだろう。
c0163001_2320519.jpg

暗渠沿いに古そうなコンクリート擁壁が残っていた。護岸の痕跡だろうか。
c0163001_23205526.jpg

進んでいくと遭遇した猫と銭湯。暗渠の定番が2つそろった目出度い(?)風景。貫井川沿いではたくさんの飼い猫や野良猫に遭遇した。暗渠は銭湯のボイラー室の脇を抜けていく。
c0163001_23205963.jpg

貫井川の暗渠はくねくねと蛇行していて、辿っていて決して飽きることはないのだが、しかしなぜか、実際の距離以上に長く感じられる。
c0163001_2321570.jpg

旧早稲田通りを横切ると、川跡は大きく向きを変える。そこにはかつて、川に沿って「喜楽沼」があった。写真の住宅となっているところは、かつて喜楽沼の北端があったところで、土台から水が滲み出し、苔むしている。
c0163001_232194.jpg

苔は水を吸って生き生きしている。
c0163001_23211356.jpg

暗渠は南ヶ丘中学校に突き当たって南下する。右側の住宅地のところに喜楽沼があった。左側は南ヶ丘中学校で、かつては中学校の校庭となっているところを横切っていたが、学校の建設時に現在の水路敷のところに移されたようだ。
c0163001_23212343.jpg

「喜楽沼」は少し謎めいた存在だ。沼は下の地図のように、4つに分かれ、南北に細長い台形をしていた。ネット上をみると、もともと沼があって、そこが後に釣堀になったとする説が多い。しかし、ざっとみたところ区史や郷土資料などで「喜楽沼」の名をみかけることはなかった。そして、航空写真を時代別に追ってみてみると、1960年代半ばになるまでこの場所に池や沼らしきものは写っていないのだ。地図をみても、同じく1960年代半ばまで、池や沼を記したものはない。
おそらく、「喜楽沼」は1960年代後半に、釣堀として人工的につくられた沼だったのではないだろうか。貫井川上流部は、ちょうどこのあたりまでが地下水位の浅いエリアだという。したがってもともと湿地になっていたのかもしれないし、少し掘れば水が湧き出たのかもしれない。調べてみると、都内では1960年代後半に釣り堀ブームがあったらしい。「喜楽沼」は、その流れにのって作られた釣堀のひとつだったのではないか。ここで連想されるのが、さきほども触れた白子川上流部の新川(シマッポ)の暗渠沿いに一時期存在した「保谷フィッシングセンター」だ。こちらも1960年代後半から70年代にかけて存在していたらしいが、今はあとかたもなく消え去っている。
喜楽沼は1970年代半ばにまず北側が、ついで80年代に真ん中が埋め立てられ、順次宅地となった。最後に残った南側の池は90年代に入ってから埋め立てられた。かつてここに沼があったことを示しているのは旧早稲田通りにあるバス停「喜楽沼」くらいだ(かつての釣堀経営者だった「合名会社喜楽沼」は、現在でも不動産管理業者として残っているようだ)。
c0163001_23212880.jpg

貫井川の暗渠は南ヶ丘中学校の南側で再び向きを東に変え、環八通りと笹目通りの分岐点につきあたる。ここの環八通りは、2006年、最後の区間として開通したばかりだ。トンネルも地下にあり、暗渠は完全に分断されている。通りの東側に渡ると、川跡の道自体は無事に残っていた。右岸は古そうな苔むした大谷石の擁壁、左岸は草の生えた土手と、川が流れていたころの様子を髣髴させる。
c0163001_23213697.jpg

ここから先しばらく、川跡らしい道が続く。護岸から水が滲み出しているところがあった。
c0163001_23214320.jpg

路上のマンホールや雨水枡の柵。コンクリートの隙間から生える雑草。湿気に蝕まれたブロック塀。いかにも暗渠らしい雰囲気が漂っている。
c0163001_23214895.jpg

どこでもドア?
c0163001_2331254.jpg

やがて暗渠は道路沿いに出る。暗渠の上には等間隔に車止めが設けられて、歩道としては歩きにくそうだ。
c0163001_23314188.jpg

石神井東小学校の敷地に沿って、歩道となって北東へ進んでいく。
c0163001_2332442.jpg

暗渠沿いの道路が暗渠の右側から左側に筋を違える地点に、橋の痕跡が残っていた。路面の細長いコンクリートが、ここに確かに川が流れていたことを主張している。
c0163001_233229100.jpg

上流方向に振り返る。欄干の痕跡。
c0163001_23324840.jpg

橋跡のすぐさきで、川跡は西武池袋線の高架に突き当たる。暗渠の歩道の先、建物のあいだがすっぽりと抜けた怪しい空間になっている。
c0163001_23325830.jpg

近づいてみると、コンクリート蓋暗渠が残っていた。貫井川流域で唯一の蓋暗渠だ。脇の酒屋の荷物置き場と化していて中に入ることはできない。
c0163001_2333933.jpg

足下には欄干の痕跡と思しき構造物も残っていた。
c0163001_23332099.jpg


+++++++++
ここから先、西武池袋線より北側の区間以降は次回以降に紹介していきます。
[PR]
by tokyoriver | 2010-11-29 23:45 | 石神井川とその支流 | Comments(14)