東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

カテゴリ:北沢川とその支流( 14 )

前回に引き続き、「江下山堀」。今回は「あいおい損保中央研修所」の西側で分かれていた南側の流れを追っていこう。下の段彩図(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)は、前回掲載した段彩図よりもやや江下山堀をクローズアップしたもの。図の中央下方、途中から分かれるやや濃いオレンジのラインが今回辿る南側の流れだ。こちらの流路(跡)はその姿を次から次へと変えていき、なかなかにおもしろい川跡/開渠/暗渠となっている。
c0163001_23121932.jpg

二手に分かれてまず最初に現れるのは適度な幅のある普通の路地。だが、進んでいくと赤堤通りに出る地点に車止めがあって、ここが暗渠だとわかる。かつてはちょうど水路が二手に分かれる地点から、水路に挟まれて水田があった。というより、水田を潤すために二手に水路が分けられていたのだろう。各地にみられるパターンである。
c0163001_23122470.jpg

赤堤通りを越えると、水路の痕跡はいったんなくなってしまう。地形や敷地の区画、古い航空写真や古地図などから推測すると、経堂小学校の敷地北側に沿って流れていたと思われる。小学校の敷地と住宅地の間には不自然な隙間が残っている。経堂小学校は1941年開校。1965年に校舎が鉄筋化された前後で敷地が北側に拡張されたようだ。水路はそのときに埋められたのだろうか。
c0163001_23122957.jpg

次に現れるのはかなり放置気味のコンクリート蓋暗渠。前回記事の北側水路の開渠区間よりも一区画東から現れる。暗渠の始まりのところは蓋がとれて水路が露出しているが、中を覗くと水は全く流れておらず、川底は乾ききっている。
c0163001_2312344.jpg

南側水路のコンクリート蓋暗渠は、北側水路との間に住宅地を挟んで並行し東へと下っていく。コの字で回り込み、北側水路が暗渠となる地点のすぐ南側まで行くと、今度は開渠の水路となっていて、しかも水がサラサラと流れている。濁ってもおらず、臭いもしないので、北側水路と同じく、下水が流れ込んでいるというわけではなさそうだ。コンクリートの水路枠も苔生していて、湿度の高さを感じさせる。水路を挟む住宅の敷地からは排水管が逆L字に突き出している。
c0163001_23123893.jpg

さて、この地点から下流方向を見ると、次に現れたのは真新しい白色のコンクリート蓋暗渠だ。右岸側は崖となっていて、やはり逆L字型の排水管が暗渠の中へとつながれている。この区間はたいがいの地図ではまだ水路として描かれいて、かなり最近暗渠化されたことが伺われる。
c0163001_23124261.jpg

暗渠化されていてもその上に立ち入ることはできないので、再びコの字に回り込んでみると、「宮坂北小緑地」という小さな公園から、続きが確認できた。穏やかな土手の斜面の下に白いコンクリートの蓋が続いている。前回の上流部蓋暗渠と同じく、この辺りについても「世田谷の川探検隊」さんの記事で開渠だった頃の様子がうかがえる。
c0163001_23124617.jpg

コンクリート蓋暗渠は、古びたコンクリートの擁壁に突き当たって、土の下へと消えて行ってしまう。
c0163001_23125292.jpg

これより下流方向は更に姿を変え、未舗装の砂利敷き暗渠となる。先の写真からわかるように、埋め立てた際にもともとの水面よりもかなり高くまで土を入れ、周囲と同じ高さまで嵩上げされてしまったようだ。
c0163001_2312575.jpg

ここも立ち入れないので、赤堤通りに出て、前回取り上げたセブンイレブンの脇にある欄干のところから
北側水路の合流する北沢川傍流を少し下っていくと、東京電力上北沢変電所の裏手で、南側水路の合流地点に出る。写真左奥からの柵に阻まれた空間が先の砂利敷き暗渠の続きだ。嵩上げしてある分、段差ができている。
c0163001_2313175.jpg

近づいてみると、路上に数枚だけコンクリート蓋が残っていた。この蓋面がもともとの暗渠の高さだったのだろう。
c0163001_2313672.jpg

そして、その脇にはなぞのコンクリート建造物遺構がぽつんと。洗い場と焼却炉のようだが、位置関係がなんだか変だ。もともとこのように配置されていたようには思えないが、どのような由来があって、なぜ取り壊されずに残されているのか、謎である。焼却炉の上にはなぜかセメントで突起がつくられ、枯れ枝が挿されていた。
c0163001_23131078.jpg

江下山堀の南側の流れを併せた北沢川の傍流は、かつてこの地点のすぐ先でカクンと折れて北沢川に合流していた。この辺りの北沢川暗渠は、昔ながらのやや薄暗いうらびれた緑道となっている。
c0163001_23131417.jpg

少し上流側に引き返すと、暗渠は近年改修された明るい遊歩道になった。道路端には「江下山橋」の親柱モニュメントが立っている。ここから少し遡れば、以前の記事でとりあげた佐内弁財天、北沢川/北沢分水の水路の集積地点だ。
c0163001_2313195.jpg


アスファルト路地→消滅→細長い空き地→古いコンクリート蓋暗渠→開渠→新しいコンクリート蓋暗渠→砂利敷き暗渠→再び古いコンクリート蓋暗渠とその姿を次々と変える江下山堀の南側分流、如何だっただろうか。途中で分岐した水車堀やその上流の北沢分水上堀にも断片的に水路の痕跡が残されている。そちらも追々記事にしていく予定である。
[PR]
by tokyoriver | 2011-09-13 23:20 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
今年3月の取材なので、ちょっと季節外れの写真もあるが、久々に「北沢川源流域/北沢分水を辿る」シリーズのつづきを。
今回辿るのは通称「江下山堀」と呼ばれていた水路の暗渠/川跡/開渠。北沢分水の玉川上水からの取水口は1788年に上高井戸に移動したことでほぼ、現在痕跡の残るような、北沢川本流と一体化した形となった。北沢用水は京王線八幡山駅の北方、上北沢5丁目で上堀と下堀に分かれて南下していた。
東側を流れる下堀はそのまますぐに北沢川の谷筋に入って北沢川源流部に接続されていたが、上堀は谷の西側の台地(微高地)の上に開削された、純然たる人工の用水路だった。
この北沢用水上堀は、上北沢1丁目で二手に分かれていたのだが、片方は「水車堀」と呼ばれていた。そしてもう片方が今回辿る「江下山(えげやま、えぎやま)堀」もしくは「江下山ドブ」と呼ばれていた水路だ。
江下山堀は途中から北沢川の支流の谷に接続され、経堂赤堤団地の南側で北沢川に合流していた。その合流地点付近のかつての地名が「江下山」だ。江木(エギ)とは用水路を指す言葉だといい、用水路がそばに通る丘であることからその地名がついたと推定されている。この推定が本当だとすると、水路が通って、その結果地名がつき、その地名から水路の通称がつけられたというちょっと「行って来い」な経緯があったことになる。
c0163001_2329971.jpg

「北沢川源流域/北沢分水を辿る(5)桜上水支流(仮)北沢川合流地点まで」の記事 でも触れたように、とある郷土誌では、玉川上水が開通する以前、秦氏と鈴木家の手により、井の頭池から現在の玉川上水~北沢分水上堀~江下山堀を通る用水路が開削されていて、玉川上水の井の頭から高井戸の区間はその流路を流用したという説が唱えられている。井の頭池と、玉川上水の通る台地の上との標高差を考えると俄には信じがたいが、想像を掻き立てられる説ではある。

最近「善福寺川リバーサイド」さんが記事にしたばかりだし、その前には「暗渠徘徊の日々」の猫またぎさんも取り上げていた、暗渠家には人気のあるこの暗渠/川跡、今更ではあるが、上流方向からたどってみよう。

現在確認できる最上流部は、上北沢自動車学校敷地の東に沿って残る細長い空き地だ。北沢用水上堀はかつて、この自動車学校の北側で水車堀と江下山堀に別れていていたようだが、現在その痕跡は全く残っていない。台地上に掘削された用水路なので、いったん廃止されて埋められてしまうと、地形的に判断がつかなくなるのである。写真は空き地から続く水路跡の緑道から、空き地(上流)方向を眺めたもの。
c0163001_23291672.jpg

緑道は長徳寺の脇を遊歩道となって南下していく。人工的な水路らしく、直線で構成されている。
c0163001_23292052.jpg

荒玉水道道路を越えると、車道沿いの歩道となって南東へ下っていく。このあたりからだんだんと谷筋になってきて水路跡も蛇行し始める。もともとあった川に接続して利用したと考えられる。
c0163001_23292640.jpg

途中には広大な畑地が残る場所も見られる。真新しいアスファルトに覆われた川跡は、その蛇行以外はあまり水路であった気配はないが、ここはつい最近までコンクリート蓋暗渠だった。「世田谷の川探検隊」さんの記事でその当時の様子が確認できる。また、google ストリートビューではまさに進行中の工事の様子が、そして先に紹介した猫またぎさんの記事では工事が完了しかけている頃の写真が写っている。
c0163001_23293243.jpg

川跡沿いは緑が残る静かな住宅地となっている。春先だったのでメジロやシジュウカラ、ムクドリ、ヒヨドリといった鳥の姿が多く見られた。
c0163001_23294215.jpg

蛇行した川跡はやがて赤堤通りに交差する。通りを渡ると歩道が不自然に広く膨らんでいるが、これは暗渠を無理やり歩道に組み込んだことによるものだ。
左奥に見える「あいおい損保中央研修所」の中には湧水池なのかどうかは不明だが池があって、塀越しにその様子が垣間見えた。この近辺から流れは二手に分かれていた。今回は北側の流れの痕跡を追っていき、南側の流れは次回に取り上げる。
c0163001_23295136.jpg

川跡は洋服の青山の脇から赤堤通りを離れ、経堂小学校北側を回りこんでいく。アスファルトの歩道がかつての水路だ。ここも以前はコンクリート蓋暗渠だったような記憶がある。各地にひっそりと残る暗渠はこうしていつの間にか人知れず消えていっている。
c0163001_23295743.jpg

宮坂と桜上水の境界となるところから開渠が現れる。アスファルト歩道から、蓋暗渠を経ることなくいきなり開渠なので、やや唐突な感じ。開渠となった水路は曲がりながら北東へ向きを変えていく。
c0163001_2330324.jpg

水路は3面コンクリート張りで梁の渡された典型的な姿。わずかだが水があり、一応流れている。雨水なのか、それともコンクリートの隙間から微かに湧いているだろうか。
c0163001_23301062.jpg

コンクリートの橋も残っている。ここから先は水路沿いの道はなくなり、迂回しなければならない。すぐそばには南側の流れがやはり開渠となって並行している(次回記事にて紹介)。
c0163001_23301688.jpg

コの字に回りこんでみると、もうひとつ橋があった。コンクリートの欄干には簡潔だが意匠が施されている。
c0163001_23302279.jpg

橋から上流側を望む。水路の脇にわずかに土手が残されているため、暗渠の空間に圧迫感がなくいい感じだ。
c0163001_23302720.jpg

橋の下を覗いてみる。橋の下流側すぐのところに土管が小さな口を開けていて、水はそこに流れ込んでいる。突然現れ150mほど続いた開渠はここから再び暗渠となる。
c0163001_23303291.jpg

橋から下流側を見る。コンクリートの突起物の下に、前の写真の土管がある。そして、下流はまだ未舗装の暗渠が続いている。
c0163001_23303785.jpg

こちらも雑草も汚れが無く、まだ新しいことが伺われる。先ほどの開渠区間も、そう遠くない日にこのような姿になってしまうのだろうか。
c0163001_23304473.jpg

再び赤堤通りを北側に越える。階段で降りた先はアスファルトの路地になっていた。川の気配は消されているが、手許にある1989年の1万分の1地形図では、ここも開渠として描かれている。
c0163001_2332342.jpg

路地の先は経堂赤堤通り団地の敷地だ。1960年代に団地となるまで、一帯は北沢川沿いの谷筋に細長く伸びた水田で、江下山堀はここで、水田の西側を流れていた北沢用水の傍流に合流していた。写真左奥からの路地が辿ってきた川跡、右側の赤いコーンの立っている道が北沢用水の傍流の川跡だ。傍流は右から左に向け流れていた。
c0163001_2332208.jpg

合流した先を追っていくと、三たび、赤堤通りに出る。セブンイレブンの脇には、一部で有名な欄干が残っていて、その先で、途中で分かれた南側の流れが合流していた。次回は、あいおい損保中央研修所のところまで戻って、西側の流れを追ってみる。
c0163001_23323218.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-09-08 23:52 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
記事の前に御礼を。「みちくさ学会の発表会」にご来場いただいた皆様、ならびにustreamでご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。おかげさまで客席は満員(200人弱くらいか)、ustream視聴者も400人に達していたとのことです。私の発表につきましては、丁寧に説明すると30分以上はかかりそうなスライドを10分で説明してしまったので、判り難いところも多々あったかと思いますし、もう少し個々の写真の説明もできればよかったなと思いました。もし機会があれば、ゆっくりと説明してみたいものです。

==============

連休を挟みだいぶ間があいてしまったが、北沢分水の最初のルートを探るシリーズ、最後に京王線上北沢駅を挟んで残る川跡/暗渠を辿ってみよう。「北沢分水の最初の分水口とルート」を巡る謎については、こちらの記事に再度お目通しいただけたらと思う。

「北沢川源流域/北沢分水を辿る(1)はじめに。謎めいた分水口。」

今回とりあげた流れは下の段彩図で、黄色い○で囲んだあたり(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。2回目から5回目にかけてとりあげたのは、その右側、桜上水駅付近の流れだ。なお、前半の写真は携帯電話のカメラでの撮影なので、余り綺麗に撮れていないがご容赦を。
c0163001_23355015.jpg

今回辿る川跡は、京王線上北沢駅付近に発し、桜上水5丁目の都営上北沢アパートの一角で北沢川の北側の流れに合流している。もともと浅い谷筋となっていて、仮にこれが北沢分水の最初のルートだった場合、玉川上水から水路を引いて谷頭の源流に接続したようなかたちであったと思われる。合流地点は桜上水公園になっていて、雨水を循環させた池とせせらぎがつくられている。ここから上流方向へ遡っていくことにしよう。川跡はアスファルトに覆われた普通の歩道となっているが、曲がり具合がかつてここが川であったことを示している。
c0163001_23344037.jpg

曲がりながら続いている。この辺りは浅い谷筋となっていて、自然河川だったことを伺わせる。
c0163001_2334441.jpg

歩道が車道から分かれていく川跡/暗渠ならではの風景。
c0163001_23345030.jpg

再び車道に沿ってジグザグに。歩道の上の花壇が暗渠の証。
c0163001_23345719.jpg

車道から離れて路地に。護岸の痕跡らしきコンクリートが残っていた。ここの区間は手許にある1984年の1万分の1地形図では開渠として描かれている。
c0163001_2335457.jpg

桜上水駅の南側で暗渠らしい路地は終っており、地形もほぼ平坦になる。1970年代の住宅地図では水路がここで西(写真右)に曲がって十数mほど続いているように描かれているものもある。さて、この先にも水路は続いていたのだろうか。駅の反対側を探索してみることにする。
c0163001_2335975.jpg

駅の北側に回り込んでみると、銭湯「北沢湯」があった。
c0163001_23351425.jpg

北沢湯の向いの路地に沿って、北へ続くコンクリート蓋の水路が残っていた。
c0163001_23351919.jpg

数十mほどで蓋暗渠は途切れてしまい、再び水路の痕跡は無くなる。北側を東西に通る甲州街道まで出てみる。一帯はかつての下高井戸宿で、現在甲州街道と首都高速4号線が分かれている辺りには、かつて日本橋から四里目(16km)の一里塚があった。そこから少し西に進むと、東京中央卸売市場・淀橋市場松原分場の跡地だ。1939年より営業を続けていた青果市場だったが、2008年に閉鎖。敷地は立ち入り禁止となっているが、建物はまだ残っている。
c0163001_23352623.jpg

この青果市場跡地の敷地の東側に、柵で閉ざされ、歩道内なのにガードレールが設置されたところがある。
c0163001_23353142.jpg

中をのぞくと、塀と柵に挟まれた細長い空間。奥は、玉川上水の暗渠上を通る首都高4号線が見え、そして地面には細いもののコンクリートの蓋をされた水路の遺構があった。
c0163001_23353616.jpg

北側に回り込んでみたが、こちらも塀で封鎖されていた。振り返ればもうそこは首都高速=玉川上水の暗渠だ。つまり、この水路跡は、玉川上水からの分水だった可能性がある。
c0163001_23354239.jpg

ここで、周囲の地図を見てみよう。赤い星印が、水路の遺構の北端で、そのすぐ北を通る紫色のラインが首都高速4号線かつ玉川上水の暗渠である。

地図に記された破線は世田谷区と杉並区の境界線なのだが、これはかつての上北沢村と高井戸村の境界線をそのまま踏襲したものだという。そして、見れば判る通り、この地点だけ、世田谷区=上北沢村のエリアが玉川上水の暗渠に接している。実はこの地点は、上北沢村が、唯一玉川上水に接していた場所なのだ。

1回目の記事に記した通り、北沢分水の取水口は当初「上北沢地内字牛窪ヘ、方一尺四寸、長九尺ノ樋口ヲ伏セ、玉川上水ヲ分水ス」(郡村誌)と、上北沢村のエリア内、もしくはそのすぐそばで玉川上水から分水されていたように記されている。ところが玉川上水は上北沢村内を通ってはいないので、この記述の解釈が非常に難しかった。
もしこの地点が最初の取水口だったらどうだろう。水路を管理するための上水沿いの敷地は水路と同じく高井戸村であっただろう。そしてその幅が9尺(約3m)程度だったとすると、ちょうど記録と辻褄があう。つまり、9尺の伏せ樋で上水の管理敷地を潜り、上北沢村地内から開渠水路となっていたようなイメージだ。あくまで推測に過ぎないのだが、いずれにしても、前回までとりあげた桜上水支流ルートではややすっきりとしない、上北沢地内に水を引いた、という記録が、こちらのルートにあてはめるとぴったりと来る。
また、2つ前の写真(先の閉ざされた空間の南端)の地点は、甲州街道のいくつかある「用水抜石橋」のうちのひとつがあった場所と一致していると思われ、この水路が甲州街道の北側から南側に抜けていたことははっきりしている。
ただし、一帯が牛窪と呼べるような窪地とはなっていないということと、上北沢駅南側までのルートが判らない、という点で疑問は残る。ちなみに「世田谷の河川と用水」では、この近辺を最初のルートとして推定している。

果たして1658(万治元)年に開削された北沢分水の最初のルートは、どれだったのだろうか。あるいは今回候補としてたどった3つのルート以外に、全く別のルートがあったのだろうか。

北沢川上流部や分水口が移設された1788年以降の北沢分水についても引き続き記事にしていくつもりだが、しばらく続いたのでここでひとまず区切る事としたい。

北沢川水系全体図
c0163001_23391173.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-05-11 23:40 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
北沢川桜上水支流(仮称)について、今まで桜上水駅の東側の支流と西側の支流を辿り、いちばん最初の北沢分水(上北沢分水)のルートとの関係を探って来たが、最後にふたつの支流があわさってから北沢川に合流するまでを辿って終わりにしよう。

桜上水駅の東側と西側から来た2つの流れ(の暗渠)は、区立松沢中学校の南西角で合流し、日大文理学部グラウンドの北側にそって歩道となりしばらく東進する。写真手前から横断歩道のところを渡り左へと続く歩道が流路跡。
c0163001_2355839.jpg

歩道はすぐに無くなり、暗渠は南に折れて、日大グラウンドと都立松原高校の間を南下する。
c0163001_236543.jpg

左側が松原高校の敷地、右の緑の塀の向こうが日大グラウンドだ。暗渠は微妙にジグザグに曲がっている。
c0163001_2361024.jpg

途中で向きを南東に変え、下高井戸駅前からの道へ至る。この辺りは学校敷地の増設で流路を改変されている。
c0163001_2361410.jpg

暗渠は下高井戸駅前からの道に出ると、道沿いにコンクリート蓋暗渠となって南西に流れていく。暗渠沿いは桜並木となっていて、春には花吹雪のトンネルとなる。
c0163001_2361825.jpg

見かけは隙間なくぴったりと蓋が並べられているが、歩くとゴトゴトと音がする。ところどころに、世田谷区の暗渠でお馴染みの四角い点検口が設けられている。
c0163001_2362218.jpg

しばらく進んで上流方向を振り返ってみたところ。うさぎねこさんのブログ「ここには昔、川があった」では、この辺りが開渠だったころ貴重な写真が紹介されている。そこに写っている護岸と下の写真にうつる護岸は同じものだろうか。
c0163001_236262.jpg

画面右奥から下って来たコンクリート蓋暗渠の区間は、日大グラウンドの南端の角で終る。ここで左側(北西側)から北沢分水上堀が合流していた時期があったようだ。グラウンドの辺りはかつて広大な水田地帯で、北沢川/北沢分水の流れはその中を幾筋にも分かれて流れていたようだ。
c0163001_2363079.jpg

川跡は普通のアスファルト舗装の歩道となり、曲がりくねりながら南西へと下っていく。右は日大櫻丘高校、左は日大文理学部の敷地だ。左岸側の段差は、谷戸の谷底に面した斜面の名残だろう。
c0163001_2363422.jpg

流路は日大櫻丘高校の敷地を南側に回り込んだ後、直角に曲がる。左の車止めのある歩道が暗渠の道。
c0163001_2363859.jpg

南に向う下流の方向を眺めてみる。まっすぐ一直線。
c0163001_2364227.jpg

振り返ると、柵で閉ざされた空間が見える。さきほどからの流れは写真右手からきているのだが、ここで北沢分水の分流が合流していたようだ。ちなみに十数メートル西には北沢川本流の暗渠が並行している。
c0163001_2364516.jpg

まっすぐの暗渠を進むと、弁天橋と書かれた石柱に出くわす。その先は遊歩道となっている。
c0163001_2365019.jpg

弁天橋から振り返ってみたところ。奥の柵が2枚前の写真の場所だ。北沢川はこ左手から流れて来て、ここで桜上水支流を合わせている。ここの少し手前では北沢分水水車堀が合流していて、かつては水路の集積する場所だったようだ。
c0163001_2365622.jpg

弁天橋の石柱の傍らには、北沢川左内弁財天の祠が祀られている。背後の木立のあたりにはかつて「弁天池」があり、そそのほとりにあった弁財天は鈴木佐内家の屋敷神だったという。鈴木家は16世紀後半に上北沢に居を構え、北沢分水の開設にあたっても尽力を尽くすなど、地域の有力者として活躍したようだ。当主は代々左内を名乗った。弁天橋の北西にある早苗保育園、緑丘中学校のあたりにその屋敷があったという。そして何度か記したように、この辺りから西側の微高地にかけてが、上北沢村の中心地だった。
c0163001_237059.jpg

そして、この左内弁財天にはいくつかのバリエーションのある縁起が伝承されている。傍らの解説板に記されているのは以下のとおり。

     *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
井の頭池に遊びにいったところ池の龍神に見初められた。龍神は若者に姿を変え、娘の前に現れた。2人は逢瀬を重ねたが、ある日若者が、自分は龍神であることを告げる。娘は龍神に嫁ぐことを決心するが、病に伏せる。日増しに容態の悪化する娘を心配した父母は娘を井の頭池に連れて行くと、娘は池に身を投げてしまう。すると水面に巨大な蛇が現れて水の中に消えていった。それ以来鈴木家は弁財天を祀るようになった。
     *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

白蛇に姿を変えた娘がこの場所にあった池に戻って来たため弁財天を祀ったというバリエーションもある。また、以下のような伝承もあるという。

     *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
鈴木家の娘が突然姿を消したのち、ある晩家の外から、鈴木家と村を守るために井の頭池の主に嫁いだとの声が聞こえる。戸を開けると草木をなぎ倒す一筋の道ができていた。辿っていくと井の頭池まで続いていたため、弁財天を祀った。
     *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

この伝承の背景には、井の頭池の南側から久我山にかけての土地の有力者であった秦氏と鈴木家との密接な関係があるようだ。大陸からの渡来人であった秦氏は北沢分水の上流域の管理も担ってたといわれ、また、実際に鈴木家の娘が2代に渡って嫁いでいるという。とある地域史家は、そもそも玉川上水が開通する以前、秦氏と鈴木家の手により、井の頭池から現在の玉川上水〜北沢分水上堀〜江下山堀を通る用水路が開削されていて、玉川上水の井の頭から高井戸の区間はその流路を流用したという説を唱えている。井の頭池と、玉川上水の通る台地の上との標高差を考えると俄には信じがたい説だが、いずれにせよ北沢分水の上流と下流に位置する久我山と上北沢とはただならぬ関係にあったようだ。

(段彩図は、数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_23111450.jpg

かつての弁財天は戦災で焼失し、弁天池も1979年には完全に埋め立てられたが、その際にかつての周囲の風景を偲んで再建されたのが、この弁財天の祠だ。現在祠の中には井の頭の弁財天の他、厳島神社、銭洗弁天のお札が祀られているという。

幾筋もの流れを合わせた北沢川は、ここから南東の経堂方向へと流れていた。かつて川沿いに一面に続いていた水田は埋め立てられて経堂赤堤通り団地となり、暗渠化された北沢川は緑道となって、親水施設のせせらぎがさらさらと流れていた。
c0163001_23115166.jpg


以上で、北沢川桜上水支流のシリーズは終わり。次回は、前回にふれたように、上北沢駅付近を流れる「上北沢分水」ルートのもうひとつの候補と目される支流をとりあげてみよう。
[PR]
by tokyoriver | 2011-04-18 23:17 | 北沢川とその支流 | Comments(4)
北沢川桜上水支流(仮称)について、前回、前々回と東側の流れを追ってみたが、今回は西側の流れの暗渠を辿ってみよう。前々回の冒頭、松沢中学校南西の角に戻り、上流方向(北西)に遡っていく。
c0163001_2357556.jpg

暗渠沿いには植え込みや隣接する住宅の庭の緑があって、雰囲気は悪くない。
c0163001_23571037.jpg

下流方向を振り返ってみるとこんな感じ。S字カーブを描いている。
c0163001_2357148.jpg

数百mほど進むと桜上水駅前からの道に交差する。先の僅かな区間は遊歩道風の舗装になっている。
c0163001_23571970.jpg

ここでも振り返ってみる。暗渠が緩やかに下りになっている事がわかる。かつて入谷と呼ばれた細長い谷筋だ。右岸側は並山と呼ばれた丘になっていて、戦前から戦後にかけては、牧場となっていた。
c0163001_23572470.jpg

遊歩道は荒玉水道道路を越える地点で終わり、その先は通行止めの区間となる。その延長線上には京王線桜上水駅のホームがある。
c0163001_23572860.jpg

通行止め区間の中をのぞいてみる。暗渠の上に植木鉢が並べられていた。高床式?になっていて、何だか変な置き方だ。
c0163001_2357334.jpg

上流側に回り込み、下流方向に向かってみたところ。新しそうな立派な柵が設けられている。後ろを振り返るとそこは京王線桜上水駅のホームと線路。
c0163001_23573750.jpg

川跡は線路にぶつかりいったんここで切れているのだが、地形図を見ると、駅の北側まで谷筋がのびている。そこで、線路を越えて反対側に行ってみた。かつての京王線の車庫は規模を縮小し、空いた敷地は住宅展示場となっている。敷地の北側の擁壁を見ると窪地になっていることがわかる。これが南側の谷筋の続きだ。
c0163001_23574162.jpg

辺りを探しまわってみると、谷底から少し西にずれた位置に北へと伸びるコンクリート蓋の暗渠が残っていた。
c0163001_23574554.jpg

奥は隣接する家の工事中で入れない。
c0163001_23574978.jpg

引き返して、暗渠に並行する道を甲州街道まで北上、続きを探してみると、甲州街道の南側に面する駐車場の脇にコンクリート蓋暗渠の続きがあった。手前の石は何か由緒がありそうだが、特に文字などは見受けられない。これより手前は土が盛られていて、暗渠は途絶えている。
c0163001_23575375.jpg

甲州街道の北側を見てみる。のしかかる高速道路の向こうには宗源寺の敷地が見える。
c0163001_2357572.jpg

資料に見られる、甲州街道に架かる「用水抜石橋」は、ここよりももう少し西側を通っている。その地点の辺りには甲州街道からジョナサンの下を通り玉川上水まで貫通する、細長い駐車場があった。写真は玉川上水沿いから甲州街道に向って見たところ。
c0163001_2358182.jpg

ただし、この駐車場や周囲は微高地となっていて、玉川上水から甲州街道に抜けるにはいったん上ってから下るかたちとなり、そのままでは水は流れる事ができない(下の段彩図で丸くかこってあるエリア)。かなり2、3mは掘り下げた掘割にするか、トンネルを掘るかしないと、玉川上水から先の暗渠の水路に水を通すことはできない。
この微高地は地形図ではあまり目立たないが、実際に現地を歩くとそれなりの丘になってることが実感できる。玉川上水もこの丘を避けるために、この区間は北側に飛び出して迂回するかたちとなっている。
(段彩図は、数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_2358796.jpg


ということで、このルートも北沢分水の最初の経路の候補ではあるが、この丘の存在を考えると、東側の水路に較べてその可能性は低いのではないだろうか。

さて、北沢分水最初のルートについて、ここまで2つの候補を見て来たが、今回のルートの西側にもうひとつ、候補がある。第1回目で触れたが「世田谷の河川と用水」では、こちらを最初のルートとして想定している。こちらは痕跡は少ないのだが、文献の記述だけから判断すると、ある意味桜上水支流よりも可能性があるルートといえる。次回は東側と西側の水路が合流してから北沢川本流に合流するまでを紹介し、次々回に、このもうひとつの北沢分水ルート候補を辿ることにしたい。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2011-04-09 00:06 | 北沢川とその支流 | Comments(2)
前回の続きから。コンクリート蓋の暗渠は住宅地の中を真っ直ぐ北にのびている。
c0163001_22125420.jpg

奥は立ち入り禁止となっていて、その先で左(西)に直角に曲がっていた。
c0163001_22125825.jpg

暗渠上を辿れないので、「コの字ウォーク」(lotus62@東京peelingさん命名)にて回り込んでみる。シュロの木が茂る個人宅の前を通っていた。
c0163001_2213284.jpg

暗渠はその先で、再び北(右)へと直角に曲がっていた。
c0163001_2213777.jpg

再度コの字ウォークにて回り込み、暗渠の先を探してみると、どうもしばらく北に進んだ後、甲州街道の手前で更に西へと折れ曲がってるようで、道を横切る続きらしき細長い空き地が見つかった。この空き地の先でまたもや北(右)に折れているようだ。
c0163001_22131268.jpg

折れた先がおそらくこちら。手前は甲州街道の南側の歩道だ。流路はここまで実に4回、ジグザグに折れ曲がっていたこととなる。
c0163001_22131630.jpg

甲州街道の北側を望む。高速道路がのしかかっている先にいなげやが見える。その横、木の繁っているところの左側に怪しい隙間が見える。
c0163001_22132270.jpg

足下には「あめ」と記してあるマンホール。雨水管なのだろう。
c0163001_22132620.jpg

西に僅かに進むと、朽ちかけた「水道局用地」の標石の立つ道があった。荒玉水道道路がここを南北に抜けているのだ。
c0163001_22142526.jpg

甲州街道を渡り、先の「怪しい隙間」のところに行ってみると、荒玉水道道路から左にそれる細い隙間があった。
c0163001_22133166.jpg

中を覗いたところ。水路跡とみてよいだろう。
c0163001_22133770.jpg

そのすぐ先には玉川上水緑道が東西に通っている。
c0163001_2214514.jpg

緑道の上から先の細い空間を見てみる。見づらいが画面中央の黒い柵のところだ。玉川上水に直接ぶつかっていることがわかる。
c0163001_22141115.jpg

この辺りの玉川上水は台地のへりのギリギリのところを通っている。写真は荒玉水道道路が玉川上水を横切る地点を北側に向って見たところだが、上水を越えたすぐ先が急な下り坂になっている。
c0163001_22141982.jpg


桜上水支流(仮)の東側の流れは、前回今回と見て来たように、ほぼ全区間が痕跡として残っており、かつそれは玉川上水に達している。地形的にも、ここから松沢中学校まではゆるやかな下りとなっており自然だ。

このルートが北沢分水の最初の分水ルートであり、水路跡が玉川上水緑道にぶつかる地点が最初の分水口であった可能性は十分にあると思われる。甲州街道を越える地点は、資料にある用水抜石橋の位置とも一致しているように見える。

最終的な北沢分水のルートが経由している北沢川上流部にはこのルートからだと給水されないが、当初の上北沢分水が飲用目的だったこと考えると、前回記したように集落中心部に最短距離で直接繋がるこのルートはおかしくないはずだ。長い距離を流れるほど、水のロスは多いはず。その場合「牛窪」にあたる窪地は、鉄板暗渠のあたりの窪地ということになるだろうか。
(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_22291753.jpg

ここで今度は同じく中心地への桜上水支流の西側の流れについても分水路の候補のひとつとして見てみたい。こちらははっきりとした細長い谷筋が続いている。この谷「入谷’」が「牛窪」である可能性も考えられる。そして、東側の支流ほどではないが、こちらも最終的な北沢分水のルートに較べれば集落中心地への距離は遥かに短い。

(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2011-03-30 22:30 | 北沢川とその支流 | Comments(4)
しばらく間があいてしまった。こんな状況下ではあるが、自分が今出来ることをする、という意味で、更新を再開することにする。

北沢川桜上水支流(仮)は、京王線桜上水駅近辺から流れ出している支流で、かつて「入谷」と呼ばれていた谷筋を流れている。駅の東側と西側から流れ出た2つの細流は松沢中学校の南西角で合流し、日大文理学部の北側から西側を下り、日大桜ヶ丘高校の南、経堂赤堤団地の北側で北沢川本流に合流する。この地点では北沢川上流部のいくつかの支流がひとつにまとまり、大きな流れとなる。
すぐ近くには16世紀末にこの地に移り住んだ実力者である鈴木佐内家の屋敷があったといい、菩提寺密蔵院は今でも健在だ。また近くの勝利八幡神社は1026年勧請と、鎌倉の鶴岡八幡宮よりも古く、世田谷区内最古の八幡社だという。
このように、北沢川の流れが集積する一帯は古くから集落が営まれ上北沢の中心地だったようだ(下図の○のあたり)。北沢分水は当初はおそらくこの辺りの飲用水(のちに灌漑用水)の必要性から引かれたのではないかと思われる。
そのことを前提に、いちばん最初の「上北沢分水」のルートを考えた時に、玉川上水からダイレクトに中心地に繋がる最短ルートともいえるこの支流に「上北沢分水」が接続されていた可能性は十分にあると思われる。
まずは東側支流を辿ってみよう。こちらがまさに玉川上水からの最短ルートとなる。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_22343221.jpg


松沢中学校南西の角で、2つの支流が合流している。左手の車止めが、桜上水駅南/西側からの流れ。今回追うのは駅東側の流れで、右奥へのびる路地がその暗渠。
c0163001_2140537.jpg

土止めが水路跡らしい。
c0163001_21405916.jpg

暗渠は松沢中学校の敷地沿いを回り込むようにジグザグに通っている。かつては敷地をまっすぐに横切って南へ流れていたが、学校の建設時に迂回させたようだ。
c0163001_2141473.jpg

飛び出す排水管、古そうな護岸。この区間が暗渠化されたのは比較的最近のようで、手許の1989年刊行の1万分の1地形図にはまだ水路として描かれている。家々はみな背を向けている。
c0163001_2141866.jpg

路地は学校の北側で向きを北に変え、その先は立ち入り禁止の区間となる。
c0163001_21411133.jpg

アスファルト舗装の凸凹は、もしかすると水路の梁が浮き出ているのかもしれない。そして立ち入れない暗渠に定番の物置。その裏は京王線の線路となっている。
c0163001_21411598.jpg

線路の北側に回り込むと、このような鉄板蓋の暗渠があった。正確には、隣の駐車場を水路の上に広げたようなかたちとなっていて、水路との間にずいぶんと隙間がある。
c0163001_21411969.jpg

鉄板より南寄り(線路寄り)は、開渠の上に資材置き場が造られている。
c0163001_2141232.jpg

その更に南側を見ると、水路の中にタイヤがしまわれていた。もちろん水は涸れているが、水路を完全に私物化している・・・
c0163001_21412767.jpg

鉄板暗渠の北側はこのように、歩道の分だけ道が太くなっていて、かつて道沿いに西(奥)から流れて来ていたであろうことがわかる。
c0163001_21413261.jpg

西へ少し進むと、突然歩道が無くなる。ここで水路が曲がっているようだ。
c0163001_21413613.jpg

右側(北側)を見ると、コンクリート蓋の暗渠が住宅地の中を通っていた。
c0163001_2141421.jpg


(以下、次回につづく)
[PR]
by tokyoriver | 2011-03-22 21:43 | 北沢川とその支流 | Comments(0)
◆北沢川

北沢川は、世田谷区上北沢2丁目、現在、都立松沢病院の敷地となっている一帯に滲み出していた湧水を水源とし、世田谷区内北東部を東へと流れていた全長6kmほどの川だ。川は北側から合流する何本もの支流の水を集め、世田谷区池尻で烏山川と合流し、目黒川となっていた。1960年代から70年代にかけ、暗渠化と下水幹線への転用が進み、現在はほぼ全区間が緑道となっていて、下流部には再生水を使ったせせらぎが続いている。(ただし、扱いとしては今でも「二級河川」のままだという)。また支流についてもほとんどの区間が暗渠化されている。
c0163001_12225839.jpg

◆北沢分水

川の流域は主に水田として利用されていたが、谷筋が浅いことからも分かるように水量は少なかった。そのために玉川上水から北沢川に水を引き入れるために分水されたのが、北沢分水だ。玉川上水が開通したのは1654(承応3)年だが、北沢分水はそのわずか4年後の1658(万治元)年に「上北沢分水」として供用を開始した。まずは飲料水として、そして玉川上水拡張後の1670年には農業用水に転用され、後には北沢川自体とあわせて「北沢用水」と呼ばれるようになった。段彩図の青いラインが北沢川水系、オレンジ色のラインが、それに接続された最終的な北沢分水の流路となる。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_12215797.jpg

◆分水口の変遷

分水への給水が途絶えたのはいつの頃か定かではないが、現在、杉並区久我山1丁目の玉川上水岩崎橋の近くに、北沢分水の分水口遺構が残っている(上の段彩図で3代目分水口と記してある地点)。写真奥が堰跡で、せき止めて水位を上げ、手前の取水口から地下に埋められた伏樋に水を引き入れていた。少し西側には、烏山分水の分水口も残っている。
c0163001_12223917.jpg

実は分水口がこの場所になったのは1871(明治4)年のことで、ここを含めて3回、分水口の場所は変えられている。北沢分水はここで分水された後1.5kmほど、玉川上水の南側に並行して流れたのち、上高井戸2丁目(※下高井戸と誤記していたため、訂正しました)で南下していたのだが、2番目の分水口は1788(天明8)年から1871(明治4)年までの間、その南下する地点、かつての下高井戸村字第六天前にあった(上の段彩図で2代目分水口と記してある地点)。玉川上水通船のための水路拡張工事の結果、現在の場所に移ったという(ちなみにこのように玉川上水に並行して水路を延ばし、分水口を付け替える手法は他の分水でも行われている)。では1788(天明8)年より前、分水が開通した当初の分水口はどこだったのだろうか。

◆最初の分水口と上北澤分水

ざっと資料をあたった限りでは、分水口の変遷については、「東京市史稿 上水篇(水道篇)第1」(東京市役所編 1919)の記事がもっとも詳しかった。北沢分水はそこでは下北澤分水として紹介され、「新編武蔵風土記稿」「郡村誌(荏原郡村誌か)」「武蔵通志」より該当部分が抜粋転載されている。最も詳しい「郡村誌」によれば、当初の分水口は「上北澤地内字牛窪」 方1尺4寸、長さ9尺の樋口を伏せ、とある。「新修世田谷区史 上巻」(世田谷区 1962)及び「世田谷の河川と用水」(世田谷区教育委員会 1977)にも同様に記されているが、いずれもこの「東京市史稿」を出典としたものだろう。

ということで「上北澤地内字牛窪」が当初の分水口となるのだが、ここで問題がある。まず、玉川上水は上北澤村内を通っていないのだ。そして、「上北澤地内字牛窪ヘ(略)樋口ヲ伏セ、玉川上水ヲ分水ス」を「牛窪へ向って」と解釈すると、では分水口自体のあった場所はどこなのか、ということと、牛窪とはどこなのか、という問題が生じる。分水口自体もさることながら、この「牛窪」がどこだったのかが全く分からない。近隣で牛窪といえば、京王線笹塚駅南側、神田川笹塚支流(和泉川)の枝谷があり玉川上水が大きく迂回している地点くらいしかみあたらないが、こちらは幡ヶ谷村だし、ずいぶん離れていて全く関係ない。

◆最初の分水口はどこか?

「世田谷の河川と用水」では、当初の分水地点について、京王線上北沢駅の北東に1カ所、北西に1カ所、そして八幡山駅の北方に1カ所の計3カ所の候補を挙げている。上北沢駅の北西には確かに痕跡らしきものが残っているし、駅の南東に残る北沢川の支流を北へ延長してみると、駅北東の玉川上水にぶつかる(下の段彩図で「三田説A〜C」)。
また「甲州道中高井戸宿(文化財シリーズ26)」(杉並区教育委員会 1981)に掲載されている「下高井戸宿復元鳥瞰図(江戸後期)」には玉川上水と北沢川流域の間を東西に通る甲州街道に、3カ所の「用水抜石橋」が描かれている(下の段彩図で「用水抜石橋」のポイント)。
一方「杉並の川と橋」(杉並区立郷土博物館 2009)に掲載されている「五街道分間延絵図」からの高井戸宿の概略図にも、甲州街道を横切る水路を渡る「用水抜石橋」や「悪水抜石橋」がいくつも描かれている。こちらでは「甲州道中高井戸宿」の「用水抜石橋」に対応すると思われる橋はいずれも「悪水抜石橋」となっていて(下の段彩図で「悪水抜石橋」のポイント)、現在の北沢分水流路(暗渠)に対応する地点が「字山谷石橋」となっている。
これらの橋の位置からは、「世田谷の河川と用水」で挙げている上北沢駅の北西に対応するであろう用水路、そして上北沢駅北東の地点からやや東にずれた用水路、そして桜上水駅の北東の用水路が甲州街道を横切っていたことがわかる。そして、それらに対応するように、甲州街道の南側には北沢川の支流が何本か、その痕跡を残している。このなかのひとつが最初の分水路の名残なのではないか。
c0163001_12221878.jpg

◆謎めいた分水路を探して

北沢川/北沢分水は比較的著名な存在でありながら、この最初の分水口については資料・文献もあまりなく、話題にする人も少なく、謎めいている。現世田谷区のエリア内の利水のための分水でありながら、分水口が杉並区の南端に位置していることも、資料や研究が手薄になっている一因かもしれない。
この北沢分水最初の分水口探索については、 「世田谷の川探検隊」の庵魚堂さんのブログ 「庵魚堂日乗」でずいぶん前に断続的に探索の成果が発表されていたが、今のところまとまった形での発表には至っていないようだ。

今後数回にわたって、北沢川源流域/北沢分水をとりあげていこうと思うが、この最初の分水口〜分水路との関係を念頭に置きながら、まずは桜上水駅付近の、かつて「入谷」と呼ばれていた谷筋を流れる、北沢川の支流「桜上水支流(仮称)」を辿ってみようと思う。下の段彩図中央やや右、二股に分かれている青いラインがそれにあたる。次回は東側の流れについてとりあげてみる。
c0163001_12233027.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-03-10 12:32 | 北沢川とその支流 | Comments(0)
京王線代田橋駅から環七通りを南へ500メートルほど進むと、環七通りが窪地に沿ってわずかに下って、上っているのがわかる。ここから東側(写真左側)に伸びる谷の、谷頭の窪地が「代田」の地名の由来になった巨人「だいだらぼっち」の足跡との伝承の残る場所だ。
c0163001_23462064.jpg


民俗学者柳田國男の「ダイダラ坊の足跡」には、「ダイタの橋から東南へ五六町、その頃はまだ畠中であった道路の左手に接して、長さ約百間もあるかと思ふ右片足の跡が一つ、爪先あがりに土深く踏みつけてある、と言ってもよいやうな窪地があった。内側は竹と杉若木の混植で、水が流れると見えて中央が薬研になって居り、踵のところまで下るとわづかな平地に、小さな堂が建ってその傍に湧き水の池があった。即ちもう人は忘れたかも知れないが、村の名のダイタは確かにこの足跡に基いたものである。」とある。ダイタの橋とは、玉川上水に架かっていた「代田橋」、薬研とはV字型の溝を指す。5、6町は550~660メートル、百間は180メートルだ。日本各地に残るダイダラボッチの伝説、そのひとつがここにある。

この記述に基くと、環七を跨ぐやや浅い窪地がつま先、そしてその東側に伸びる深い窪地の底、世田谷区立守山小学校の北東側のあたりが踵となり、つま先から踵までは小川が流れていて、踵のところに湧水池があったということになる。

この「だいだらぼっちの足跡」の湧水を水源として、南に下り、下北沢駅の南方で森厳寺川(北沢川下北沢東支流)に合流していた小川が北沢川下北沢西支流、通称「だいだらぼっちの川」だ。

写真の道路にそってかつて川が流れており、道路の手前右手のあたりに湧水池があったという。現在は住宅が立ち並び、往時の姿を想像するのは難しい。
c0163001_23463020.jpg


川の流れる谷は幅は狭いが、谷の斜面はかなり急で、はっきりした谷となっている。
c0163001_2346543.jpg

各所に川の名残が残る森厳寺川に比べ、こちらはほとんど川の痕跡はないが、井の頭線を越えるところは唯一川跡らしい。
c0163001_2347568.jpg

そして、何と井の頭線の線路を越える前後のわずかな区間だけは、開渠が残っている。写真は線路を越えた南側の様子だ。右側の土管からわずかだが綺麗な水が落ちており、また左側からかなりの量の水が流れ込んでいて、水の流れ込む音が鳴り響いている。
c0163001_23471760.jpg

この水は井の頭線の線路沿いの側溝から流れ込んで来ている。実は井の頭線はここから新代田駅にかけての区間、だいだらぼっちの谷の枝谷につくられている。この側溝はいつきても綺麗な水が流れており、もしかするとこの側溝は川の名残で、流れる水は谷に湧く湧水かもしれない。
c0163001_23473297.jpg

ここより先、流路は東向きに変わる。しばらく痕跡がはっきりしなくなるが、おそらく谷底の一番低いところを通っている道が川跡の暗渠であろう。向かう先には小田急線が見える。
c0163001_23474344.jpg

小田急線はだいだらぼっちの川の谷を土手で越えている(写真は2004年頃)。
c0163001_23475293.jpg

小田急の土手の南側から、ふたたび暗渠の道が現れる(写真は2004年頃で、現在小田急線の工事で土手は見えない)。暗渠は谷の西側の縁に沿って、谷底よりもやや高いところを流れている。もしかすると並行する流路があったかもしれない。
c0163001_2348286.jpg

しばらく写真のような暗渠らしい道が続いた後、川は下北沢駅南口の商店街の道に出る。
その先は、道沿いにしばらく南下した後に森厳寺川に合流していた。
c0163001_23481295.jpg


c0163001_0222088.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-12-11 00:23 | 北沢川とその支流 | Comments(10)
川は小田急線の線路を南側に越える。こちら側にも数年前までは、水の流れなくなった流路が露出していた。これらも小田急線の立体化工事に伴い現在では消失している。
c0163001_23423887.jpg

流路が暗渠に飲み込まれていた地点。
c0163001_2342493.jpg

線路南側の未舗装の暗渠区間は今でも健在だ。この先で並行した2つの流れは1本にまとまっていたようだ。
c0163001_2343135.jpg

暗渠はいったん茶沢通りに出る。かつては左側に見える踏切の方、下北沢一番街の谷から流れてきた小流がこの場所で合流していたようだ。
c0163001_23431417.jpg

暗渠はすぐに茶沢通りから離れて通りと並行して南下し、井の頭線の土手の下を潜って行く。土手より南側、森厳寺の手前までの区間は90年代半ばまで開渠だったが、現在では暗渠となって、遊歩道として整備されてしまった。今思えば写真を撮っておけばよかったと後悔。
c0163001_23432577.jpg

暗渠は谷の東側の崖沿いに流れている。流域は緑が色濃い。
c0163001_23433526.jpg

代沢三叉路のそばでは、下北沢駅と新代田駅の間に横たわる「だいだらぼっち」の窪地から流れ出ていた川(だいだらぼっち川)と合流していた。写真左側から来る道路の片側に歩道があるが、これがだいだらぼっち川の暗渠の跡だ。だいだらぼっち川については次回取り上げる予定。
c0163001_23435020.jpg

川は森厳寺の西側を回り込んでいく。森厳寺は「淡島の灸」と針供養で有名だ。江戸時代後期、滝坂道(現在の淡島通り)を通って森厳寺参りをし灸を受けて、その帰りに神泉の弘法湯に寄る、というのが庶民の行楽として流行したという(神泉については、「東京の水2005Revisited」の「神泉谷・松濤の支流(3)神泉谷」前後の記事を参照してください)。
c0163001_2344173.jpg

川は森厳寺の南に出たのち、代沢小学校の脇を南下して北沢川に合流していた。北沢川もすでに暗渠となっているが、現在暗渠上にはせせらぎが造られている。せせらぎは出来た当初はやや違和感があったが、地元住民の声を生かした施策の甲斐があってか、現在ではかなり風景にとけ込んでいるように思える。
c0163001_23441657.jpg




[PR]
by tokyoriver | 2009-12-10 00:16 | 北沢川とその支流 | Comments(2)