東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

松庵川(1)幻の川

一万分の1地形図をみると、中央線西荻窪駅の西、中央線の線路の北側の吉祥女子高校のあるあたりが窪地となっていて、そこから南東に谷筋がのびている。かなり浅い谷で、途中からははっきりしなくなるが、荻窪駅南の善福寺川まで続いている。ここを流れていたのが通称「松庵川」だ。


c0163001_19352049.jpg


現在痕跡の残る流路は、雨水や排水、そして中央線を建設した際に湧き出た水を集める排水路だったといい、西荻窪では「大宮下大下水」と呼ばれていたそうだ。ただ、谷頭は神田川水源の井の頭池や、善福寺川水源の善福寺池、石神井川の主要水源三宝寺池と同じく標高50mのラインに位置しており、太古は湧水と、それを源とする川が流れていたのかもしれない。また、環状7号線の東側より先は、元々柳窪と呼ばれていた窪地を経由して流れており、自然河川の流路がそのまま使われているのかもしれない。

流路は全区間が暗渠化されている。最下流部を除いて道路に併せて直角に曲がっており、地図を見ているだけでは、まったく判らない。記されている文献もごくわずかで、ほとんどの人に知られていないいわば幻の川かもしれない。しかし、現地を歩いてみると流路跡やコンクリート蓋の暗渠が断続的にではあるがはっきりと残されている。最上流部にはごく一部だが、開渠すらある。何回かに分けてとりあげてみようと思う。



c0163001_19362410.jpg


写真は神明通り沿いに残るコンクリート蓋暗渠。橋や、水路の柵も残っている。




[PR]
by tokyoriver | 2009-08-30 19:44 | 善福寺川とその支流 | Comments(4)
東京の中小河川には、川の上に高速道路がつくられているところが結構あるが、神田川には川の上に送電線の鉄塔が並んでいる区間があった。確か、杉並区の和田堀変電所から、善福寺川の上を経て、西新宿の淀橋変電所の区間だったかと思う。



c0163001_2339295.jpg


1985年8月、神田川と山手通りと交差する長者橋から2つ下流側の菖蒲橋から、上流方向を眺めた景色。奥に写っている橋は宝橋という。送電線は高速道路と違ってちゃんと川の上の空があって、独特の形をした鉄塔は風情が感じられる。



c0163001_23395238.jpg


こちらは上と同じ橋からほぼ同じアングルでみた、現在の姿。左側のマンションは当時と変わっていないが、送電線の鉄塔は見事に何の痕跡もない。そして、目につくのは沿岸の緑がだいぶ失われてしまったということ。護岸はずいぶんと綺麗になっているが、今の風景は何だか無機質だ。同じ人工的な水路でも、24年前の姿の方がしっくりとくるのは、単に見慣れていないからだけだろうか。




[PR]
by tokyoriver | 2009-08-25 23:56 | 神田川とその支流 | Comments(0)
1985年の夏、学校の夏休みの自由研究で、神田川を源流の井の頭池から河口の浅草橋まで歩いて調査した。そのときの写真から、いくつかピックアップして現在の状況と比較してみる。
まずは桃園川と神田川との合流地点。杉並区天沼にかつてあった弁天池を源流とし、杉並区から中野区を東に流れる神田川の主要な支流のひとつだ。現在は全区間が暗渠化されている。

まずは1985年の写真。桃園川は合流地点まで完全に暗渠となっているものの、護岸は船の舳先のような、暗渠化される前の姿が残っていて、二つの川がここで合流しているということがはっきりとわかる。


c0163001_2143042.jpg



そしてこちらは現在の姿。神田川の川底を掘り下げる改修があったようだ。それにあわせて、桃園川の合流口は、何とも味気ないものとなっており、知らない人がみたら、そこで川が合流しているとは気がつかないだろう。


c0163001_2144670.jpg




川だけではなく周囲の風景も激変している。1985年の写真の右端に写っているビルが、現在の写真の右端の奥に辛うじて姿を覗かせているのが、唯一のはっきりした目印だろうか。そして神田川の上流方向にそびえ立つ沢山の高層ビル。85年の時点ではそこには空があるだけだ。

高度経済成長期に東京の景色は激変した(そして数多くの川も暗渠化された)のだが、その後もバブルの時期や2000年代の大規模再開発を経て、大きく変化してしまっていることを改めて感じる。1985年はすでにノスタルジーの対象になりうる年代となってしまっているのかもしれない。


[PR]
by tokyoriver | 2009-08-22 21:12 | 神田川とその支流 | Comments(5)
調布市西つつじヶ丘。深大寺方面から続く国分寺崖線の下に、厳島神社がある。
かつて金子村(つつじヶ丘駅から柴崎駅にかけての地域)の鎮守社だったという。



c0163001_2352934.jpg



厳島神社の祭神「市寸島比売命(イチキシマヒメ)」は弁才天と習合している。
そして、弁才天といえば、池の中島に祀られた弁天様がよく見られるように、水と縁深い。
ここの厳島神社も、もともとは古代人が湧水のそばに祀った社がルーツといわれており、
境内には小さな池がある。ただ残念なことに、湧水は今は枯れており、池も干上がっている。
神社の敷地は崖線にやや食い込んだ窪地となっており、かつては豊富な湧水があったことを
うかがわせる。



c0163001_23522629.jpg



池からは、かつては小川が流れ出していた。現在もその水路の痕跡が残っている。
参道沿いにしばらく暗渠が続いた後、南に向かって小さなコンクリート蓋の水路が、
住宅地の隙間に向かって分かれて行く。
南側の道路に回りこんでみてみると、水路は開渠になっていたのだが、水の気配は
全くなく、そして、草むらに飛び出したマンホールに直結されていた。この即物的な
かたちは結構衝撃的だ。



c0163001_23524483.jpg



かつてはここの道路沿いに、深大寺用水西堀が流れており、ここで厳島神社からの流れが
合流していた。というか、ここから下流の区間はもともと厳島神社の池からの小川だった
ものを用水路に転用したのだろう。



深大寺用水(〜梶野分水〜砂川分水)と、それに関連する入間川や仙川分水(四か村組合用水)
については、だいたい謎が解けてきたのでおってぼちぼち紹介していこうと思う。
[PR]
by tokyoriver | 2009-08-19 23:56 | 入間川と深大寺(砂川)用水 | Comments(2)

空川(2)一二郎池

空川の3つの水源のひとつ、一二郎池は、東京大学駒場キャンパスの東端にある。
三方を斜面に囲まれた典型的な谷戸地形の谷底に、細長い池が横たわっている。

かつては鬱蒼としてやや荒れた森に囲まれており、秘境のようだったが、
十数年ぶりに訪れてみると、ちょうど周囲を公園として整備中だった。
名称も学内の公募で、「駒場池(通称一二郎池)」となったようだ。



c0163001_21243248.jpg


谷頭側の薮が整備で切り払われ、谷頭から池が見えるようになっていた。池の中に見える橋は整備前からあったものだ。十数年前に訪れた時には、この橋の右側手前の斜面に土が露出しているところがあって、その割れ目から綺麗な水が湧き出していた。そして、谷頭は高原の湿地にあるような水生植物が茂っていた。ずいぶんと様子が様変わりしてしまったが、現在でも湧水は枯渇していないのだろうか。



c0163001_2125162.jpg


南側の、谷の出口側の様子はあまり以前と変わりなかった。池は土手によって谷を堰き止めてできているようで、もともとは川だったのだろう。土手を越えるとその南側にも窪地があり、東大の職員住宅が建っている。以前は空き地だったような記憶がある。この場所にも、古地図を見ると池が描かれている。この先、水路の痕跡はないが、かつて池から流れ出た水は、ここから井の頭線の下をくぐり、空川に合流していたようだ。




[PR]
by tokyoriver | 2009-08-13 21:26 | 目黒川とその支流 | Comments(0)

暗渠のマンホール

川跡や暗渠を探索していると、時折、このようなマンホールに出会う。

c0163001_22152597.jpg


これは、砂川用水〜深大寺用水のもと梶野分水だった区間、梶野築堤近くの水路跡にあるマンホール。コンクリートの円の中、隅に寄って鉄板の円の蓋がある。無地なのがちょっと珍しいかもしれない。



c0163001_22154644.jpg


これは溝が谷を流れる北沢川支流にあるマンホール。さっきのよりも外側のコンクリートの円がやや大きい。やはり中の蓋は隅に寄っている。



c0163001_2216936.jpg


これは善福寺川の荻窪を流れる支流のひとつにあるマンホール。大田黒公園と杉並中央図書館からの小流が合流する地点。ここまでくるとかなり大きい。google mapの空中写真でも確認できる。

google map


調べてみると、どうやらコンクリートの部分と同じ直径のマンホールが埋められている様子。マンホール内の出入りには大きな入口は不要なので、このような小さい蓋との組み合わせになっているようだ。それにしても、暗渠や川跡でしかこのようなコンクリート部を見かけないような気がするが、なぜだろう。
[PR]
by tokyoriver | 2009-08-09 22:35 | Comments(6)
東久留米市内から流れ出す黒目川とその支流たちは、都内の中小河川では珍しく今でもあちこちに湧水の水源が残っていて、川の水も綺麗で、かつての神田川水系や北沢川水系もこのような感じだったのだろうと思わせる。

そんな黒目川の支流のひとつ、西妻川。
東久留米駅(西武池袋線)と花小金井駅(西武新宿線)のちょうと中間にある滝山団地の一角、白山公園にその源流を発し、北に向かって流れている。
古い地図をみるともともとはもっと南まで谷筋と川が延びていたが、滝山団地の造成でなくなったようだ。

滝山団地は1960年代に造成されたマンモス団地だ。原武史「1974滝山コミューン」という70年代の団地の小学校に出現した奇妙な集団主義教育のルポが面白い。西妻川の湧き出す白山公園は、この団地の遊水地としてつくられている。





公園全体が谷底の平地となっており、いつもじめじめしていて、雨の多い時期には水浸しになるという。公園の中を歩いていくと、北に進むにつれ、草むらの中の土が湿っぽくなる。公園の真ん中にかかる橋を過ぎると、西側の隅からいよいよ水が湧き出し、川が始まる。


c0163001_052072.jpg


まるで田舎の田園風景の中を流れているように見える。


c0163001_05426.jpg


川は公園から流れ出した後は普通のコンクリート水路となり、黒目川に注ぐ。


c0163001_055930.jpg


この近辺には黒目川やその支流の出水川、揚柳川や落合川といった川の水源も集中している。
共通の地下水脈があるのだろうか。
[PR]
by tokyoriver | 2009-08-06 00:09 | 黒目川・落合川とその支流 | Comments(0)