東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

地下鉄丸ノ内線/都営大江戸線の本郷三丁目駅のある、本郷通りと春日通りの交差点のやや北、本郷通りから北西に分かれて下って行く長い坂「菊坂」(きくさか)。本郷台地に細長く深く刻まれた谷を下る坂となっていて、界隈には昔ながらの風景が残っている。明治期には谷底の路地の借家に樋口一葉が暮らし、また大正から昭和にかけて台地の上にあった「本郷菊富士ホテル」 には多くの文人や知識人たちが滞留していたことで有名だ。

菊坂自体は、谷の一番深いところよりもやや上方を通っているのだが、谷底にはかつて小川が流れていた。この川は現在の東京大学本郷キャンパス構内より流れ出て、本郷通りを横切り、菊坂の谷を下っていた。永井荷風の「日和下駄」には、「本郷なる本妙寺坂下の溝川」と記されている。

小川は、文京区西片と本郷の境界線の谷を流れていた小流と合流したのち、文京区本駒込~白山の「鶏声が窪」~「指が谷」から流れてきた川に合流していたのだが、これらをあわせて、ある時期以降は、通称「東大下水」と呼ばれていた(「ひがし・おおげすい」。 「とうだい・げすい」ではない)。下水といっても、低地の排水路といったニュアンスであり、本郷台地を南下していた千川上水に対応した呼称ではないかとも思われる。菊坂の谷は、本郷台と豊島台に挟まれた低地の枝谷となっており、この低地の西側を流れていた谷端川(小石川)は、西大下水と呼ばれることもあったという。

小川の水源ははっきりしないが、東大構内のちょうど谷頭にあたるあたりに懐徳館の庭園があり、現在でも池があるようだ(通常非公開)。この池がかつての水源だったのだろうか。
川が本郷通り(中山道)を横切るところにあった橋は、わかれの橋、なみだ橋などと呼ばれた。そして橋を挟んで都心側が「見送り坂」郊外側が「見返り坂」と呼ばれていたという。

c0163001_23182295.jpg

すぐそばの春日通りと本郷通りの交差点にある「かねやす」店頭に、有名な「本郷もかねやすまでは江戸の内」の川柳が掲げられているように、18世紀中頃まではこの橋の辺りが江戸内外の境界線だった。江戸を追放された者が、ここで親族と別れを告げたという。

本郷通りをわたって菊坂を下って行くと、しばらくして一本南側に並行する道が現れる。川はこの通称「菊坂下道」と呼ばれる道に沿って流れていた。

c0163001_23191821.jpg


道の右側は崖となっており、階段がいくつもあって並行する菊坂につながっている。

c0163001_23253228.jpg


一方道の左側には、家々の間に細い路地がいくつも伸びている。石畳の路地も多く、古い木造家屋が残っていたり、植木鉢が並んでいたりと風情のある路地が多い。そして路地の奥にはポンプ式の井戸が点在している。

なかでも樋口一葉がかつて暮らしていたという路地とそこにある井戸は有名だ。井戸の前の路地には階段を挟んで3階建ての木造家屋がたち、その奥には門が構えられて半プライベートな空間となっている。

c0163001_23203279.jpg


かつて川沿いには、崖からの湧水を利用した金魚問屋があったとのことだ。現在、菊坂側の丘を少し登ったところに、カフェや釣り堀を併設した金魚問屋「金魚坂」が残っている。創業350年という。
c0163001_23212767.jpg


しばらく川跡を進むと、暗渠につきものの銭湯に突き当たる。菊水湯だ。

c0163001_23223014.jpg


川は銭湯の前で左に曲がり、流路を谷底南寄りに変える。道沿いにはっきりした暗渠が現れる。下水化された、コンクリート製の矩形の水路が直接地上に露出している。暗渠は谷底の南縁に沿って流れて行く。

c0163001_23234083.jpg


暗渠の右岸側には細い路地が何本も延び、両脇には平屋建ての家屋が並んでい る。物干竿を掛ける柱が並ぶ。緑も多い。

c0163001_2325419.jpg


写真は路地にいくつもある井戸のひとつ。20年前、初めてこの場所を訪れた時、この井戸はポンプさえなく、木の蓋 がしてあるだけだった。そして井戸端には先端に木桶がぶらさがった2.5m ほどの竿が立てかけてあって、これを井戸の底に入れて水を汲んでいたのだ。
ポンプ式井戸も十分風情はあるのだが、おそらく都区内唯一だったであろう現役の汲み取り井戸がなくなってしまったのは残念だ。

c0163001_23263552.jpg


暗渠は本郷弥生町(弥生式土器の由来地)から発する谷の流れの暗渠を あわせ、西へ進む。

c0163001_23271560.jpg


見事な暗渠が、住宅地の中を進んで行く。

c0163001_2328543.jpg


白山通りで痕跡は無くなる。かつてはこの先で、指が谷の流れと合流、更に少し西を流れていた谷端川(小石川)に合流し、JR水道橋駅の北側で、神田川にそそいでいた。

※なお、今回の写真は2005年秋に撮影したもので、現状とは異なる点があるかもしれない。


c0163001_23292557.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-11-30 23:30 | 神田川とその支流 | Comments(11)
複雑に入り組んでいる、杉並区方南1丁目と中野区南台4丁目の境界線。その大部分は道路上となっているが、一部に住宅地の裏側にくねくねとひかれた境界線がある。ここに、かつて神田川に流れ込んでいたであろう小川のなれの果てが、干涸びた開渠となって残っている。

c0163001_164812.jpg

家々に挟まれている上、区の境界線となっているために、エアスポットとなって残っているのだろうか。そういえば和泉川上流部も同じく渋谷区と杉並区、世田谷区と渋谷区の境界線だ。コンクリート水路の側壁に、無理矢理下水管のようなパイプが取り付けられているのが見える。
c0163001_1641911.jpg


水路はここから東へ200mほど伸びている。空中写真をみると、家々の間を縫うように水路が残っているのがわかるが、その間横切る道路が全くないために、直接見ることは不可能だ。ようやく道路にぶつかる地点では、既に水路はなくなっていた。あたりはわずかに窪地となっているが、この先水源だったと推測できるような場所は見当たらない。水路自体は小さいとはいえしっかりした造りなので、かつてはそれなりに水が流れていたと思われるのだが、謎である。



[PR]
by tokyoriver | 2009-11-26 18:23 | 神田川とその支流 | Comments(11)
南新宿駅付近に所用があったので、ついでに久々に小田急線南新宿駅を横切る原宿村分水(代々木川)の暗渠に立寄ってみた。

※原宿村分水(代々木川)については「東京の水2005Revisited」の下記記事以降18ページ分をご覧いただきたい(「次の記事へ」で順次見られます。なお、地図のポイントがlivedoorの地図の更新により、ずれてしまっていますのでご注意ください)。
http://blog.livedoor.jp/tokyowater/archives/27158232.html

暗渠は小田急線南新宿駅の北側に、変わらずにひっそりと佇んでいた。
c0163001_23544317.jpg


路上は湿度が高く、苔むしている。駅沿いの道から暗渠に降りる短い階段のわきには、真新しい手すりと点字ブロックが設置されていた。近隣のお年寄りが生活路に使ってでもいるのだろうか。
c0163001_2348865.jpg


南新宿駅ホームの下の橋(隋道)も、変わりなく残っている。わずかに隙間があり、反対側が見える。現在駅の改修工事がされているが、この遺構は大丈夫だろうか?
c0163001_23482974.jpg


ホームの南側の暗渠も変わらず。ホームの直下の暗渠上はほとんど私有地と化している。
c0163001_23484216.jpg


暗渠沿いの木陰にあるポンプ井戸も健在だった。
c0163001_23485375.jpg


井戸のまわりは綺麗に保たれていて、現役感がある。写真を撮っていると、たまたま近所の方が出てきて、話しかけてきた。飲むことはできないが、草木の水遣りなどに使っているとのこと。夏は水が冷たく気持ちがいいよ、飲めないのが残念だ、とおっしゃっていた。井戸を囲む5件ほどの家で共同管理されているそうだ。なんだか少し嬉しそうに話されていたのが印象的だった。
c0163001_2349438.jpg






[PR]
by tokyoriver | 2009-11-21 00:01 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)
中野区南台2丁目を起点とする、東大附属中学と中野通りに挟まれた浅い谷に、神田川の支流の痕跡がある。全長1km弱、標高差10メートルほどの短い暗渠だが、全区間にはっきりと暗渠が残っている。

暗渠は南台商店街の一角の小さな公園の脇から突然に現れる。これより南にいくと、今度は神田川笹塚支流(和泉川)の谷となるので、このあたりがもともと源流だったのだろう。
c0163001_23253361.jpg

コンクリ蓋の暗渠?ただの敷石?
c0163001_23254622.jpg

暗渠は人がすれ違えないくらいの細い路地となって、北上していく。途中、クランチ状になったやや不思議な空間がある。路面のアスファルトが暗渠の枠が浮かび上がるかのようにでこぼこにへこんでいる。
c0163001_23255867.jpg

暗渠はこの先いったん車道となる。車道は大きく蛇行して方南通りに。通りの北側は栄町公園となっている。公園の北側から再び、細い暗渠が始まる。町名は変わり、弥生町を北に下っていく。
c0163001_2326998.jpg

この写真の先の区間は、つい最近まで未舗装の暗渠だったのだが、この夏にアスファルトで綺麗に舗装されてしまった。
c0163001_23262030.jpg

暗渠はいったん車道となって蛇行した後、まっすぐな路地となって結構な傾斜で谷をひたすら下って行く。終戦直後の空中写真でもすでにこの流路となっており、戦前には改修されていたのだろう。
c0163001_23263111.jpg

最終的に流路は丸の内線中野新橋駅の西方、柳橋の上流側で神田川に合流する。護岸に合流口が開いている。また、護岸のあちこちから水が滲み出しており、緑も色濃い。地下水脈があるのだろう。ここより400mほど上流側には小沢川の合流地点がある。
c0163001_23264239.jpg





[PR]
by tokyoriver | 2009-11-17 23:39 | 神田川とその支流 | Comments(10)
原の水神池からと滝王子稲荷からの2つの小川は合流したのち、品川区と大田区の境界線を南下し、池上通りに出る。通りのところには、かつて「山王橋」が架かっていた。暗渠の上の構造物は遠近感を強調していて少し面白いが、ここが川だったというような表示が全くないのが残念だ。山王橋の名前もみあたらない。
c0163001_03457.jpg


暗渠は通りを越えると、綺麗なS字形に蛇行して東に下って行く。かつては左岸はお屋敷で、川は鬱蒼とした森の中を流れていたという。暗渠沿いに並ぶ大木はその名残だろうか。
c0163001_23534614.jpg

暗渠はJRの線路に突き当たっていったん行き止まりとなる。線路沿いに左岸の斜面を上がったところが大森貝塚だが、直接は行けないので、いったん池上通りに戻り、品川区の大森貝塚遺跡庭園から回り込むこととなる。

大森貝塚はエドワード・S・モースが1877年、東海道線の車窓から発見、発掘した縄文時代後期の遺跡で、貝殻のほか、土器や土偶、人骨なども発見されており、日本考古学発祥の地とされる。

長らく正確な場所がはっきりせず、そのため大田区側にも大森貝墟の碑が立っているのだが、最終的に1984年に品川区側だったと判明した。つまり大森貝塚は大森ではなく大井にあったということだ。公園内に、縄文時代の近辺の様子を描いたイラストがあるが、ちょうど鹿島谷のところに小川と泉が描かれていた。縄文時代ここに暮らしていた人々はおそらく鹿島谷を流れる清水を生活に使っていたのだろう。
公園南東側の斜面を下った線路際に貝塚碑が建っている。
c0163001_23541538.jpg


遺跡庭園の北側の道路を東側に向かうと、JRの線路を「桐畑地下道」で潜って線路東側の低地に出ることができる。地下道の出口はちょうど荏原台の東端となっていて、片隅に湧水が湧き出している。石組みの小さな池に金魚が泳いでおり、あふれ出した湧水は側溝へ流れ込んでいる。
c0163001_23544180.jpg


線路沿いに南に進むと、先ほどの鹿島谷のちょうど向かいに、暗渠の続きがある。ここからは谷を出て、平地となる。縄文時代は海だった場所だ。
c0163001_033252.jpg

暗渠はしばらく続いたのち、区画整理された普通の道路になる。この先、しながわ水族館のあるしながわ公園近辺で東京湾に注いでいたはずだが、痕跡はない。

これにて鹿島谷の流れを辿り終えるが、最後に近くの湧水ポイントに寄り道。いったんJRの線路沿いに戻り、線路沿いの水神公園を北上、先ほどの地下道の湧水を通り過ぎて、更に北上すると、マンションに囲まれた交差点の一角に「大井水神社」がある。この境内に、(かつての)湧水池がある。ここも荏原台の東端の麓に位置する。台地の地下を流れて来た水が、低地に出るところで湧き出していたのだろう。この湧水はかつて、「柳の清水」と呼ばれる名水で、1685年に水神社が祀られた。近隣住民の貴重な飲用水や農業用水として利用された他、歯痛に効果もがあったとか(原の水神池は眼病)。湧水は70年代半ばにほぼ枯渇し、以後、地下水の汲み上げで維持されている。

池は澄みきっており、循環ではなくいわば掛け流しで地下水を流しているのだろう。それにしても、今回まわった3カ所の池はいずれも柵で囲まれており、いくら安全上の理由とはいえ水辺に近づけないのがとても残念だ。
c0163001_2355095.jpg


溶岩石で組まれた水神社の祠の前には、石で組まれた自噴井戸があり、わずかに水が流れ出ている。これがかつての湧水だったのだろうか。
c0163001_2355175.jpg


以上で荏原台の最東端の湧水と川跡を辿るシリーズは終わり。あまりなじみのない土地であったが、暗渠も湧水も、予想外に見所の多い谷だった。


[PR]
by tokyoriver | 2009-11-14 23:26 | 呑川水系と荏原台の水 | Comments(3)
大井・鹿島谷を流れる谷のもうひとつの水源は、滝王子稲荷神社(品川区大井5-12)だ。神社には小さな拝殿があり、その右手に小さな丘とタブノキがある。タブノキは推定樹齢300年という。

c0163001_23575018.jpg


タブの木の下に柵に囲まれた池がある。ここがかつての川の水源だ。池は谷頭に位置するが、きわめて浅い谷で、滝王子という名もそこに滝があったわけではなく、周囲の旧地名「大井滝王子町」に拠る。かつては湧水が豊富に湧き水は澄んでいたそうだが、今は濁っている。中には巨大化した赤い金魚が泳いでいる。三方は道路とコンクリートに囲まれているが、稲荷社のあるほうだけは石組みになっている様子。かつてはこちら側から水が湧いていたのだろうか。
c0163001_23594579.jpg


川は滝王子通りを越えて南東に流れ出していた。水神池の方と同様に、すぐ北を通る品川用水から水を引いていたようだ。暗渠らしい曲がりくねった道が2本平行して続いている。西側の暗渠は曲がりくねっているだけでなく、あちこち出っ張ったり引っ込んだりしている。

c0163001_00264.jpg


暗渠はいったん池上通りにぶつかり、姿を消す。通りの向かいには鹿島神社があり、境内には品川用水の記念碑が建てられている。「品川用水大井町内堀普通水利組合」が、1932年、周囲の市街地化に伴う用水の廃止時に記念として建てた碑。碑によれば、「内堀」とは品川用水から各村の田畑への分水を指し、本流は大堀、外堀と呼ばれていたという。神社のやや北の丘の上に、品川用水の末端が流れてきていた。

少し南下すると再び暗渠が始まる。ここから先の区間は水路敷扱いで、暗渠らしい道が続く。
c0163001_001542.jpg

鹿島庚塚児童遊園で水神池からの流れと合流する。写真左端から水神池の流れ。滝王子からの流れは一見正面の車止めのところから来るようにみえるが、実際には正面の家の裏手を回りこんで、右手の方から合流するかたちとなっている。植え込みになって柵に囲まれているところが流路だ。
c0163001_21123792.jpg

合流後はかなり立派な遊歩道になっている。
c0163001_21131462.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-11-12 23:04 | 呑川水系と荏原台の水 | Comments(0)
JR大森駅の北側、荏原台の最東端に刻まれた谷の谷頭に湧く水と、谷を流れていた川跡を辿ってみた。当初「荏原台の川と水」のシリーズでとりあげるつもりだったのだが、思いのほか見所があったので、別のシリーズとして数回に分けて紹介してみる。

谷筋はJR横須賀線の西大井駅南東から始まり、JR京浜東北線の大森駅の北方に至っている。谷頭には「原の水神池」(品川区西大井3-1)があり、かつては川が流れ出していた。一方やや東方にはもう一つ浅い谷頭があり、滝王子稲荷神社の池(品川区大井5-12)がある。ここからも川が流れ出していた。
二つの川は池上通りの西側で合流し、JR京浜東北線/東海道線を越える。JRの線路のあたりがちょうど台地の最東端となっていて、ここで谷から平地へと出た川はそのまま東進して直接東京湾に注いでいた。

かつては台地のすぐ下までが海で、谷の出口はそのまま海につながっていた。そして、谷の出口の北側の斜面で発見されたのが、かの有名な大森貝塚だ。つまり、この谷の川に流れていた水を、大森貝塚に暮らしていた縄文人が利用していた可能性がある、ということになる。

川に特に名前はなかったようだが、流域の旧地名のひとつに大井村鹿島谷がある(現在の大井6丁目)。他に谷筋はないので、この谷が鹿島谷なのだろう。ということで、鹿島谷(仮称)と標記することにする。

《追記:水神池のほうの谷は、水源周辺の地名から「出石谷」と呼ばれることがあったらしい。そして、「鹿島谷」は滝王子稲荷からの流れの谷〜水神池からの谷と合流してJR線に至る手前までの谷を指していたようだ。》

まずは、原の水神池からの流れを辿ってみよう。原の水神池は、住宅地の中の小さな児童遊園の一角に、ひっそりと残っている。かつては池の底から水が豊富に湧き出し、近隣の農家が野菜を出荷する際の洗い場としても利用されていたという。今では池の周囲は金網で囲まれており、池の中央部は上にもなぜかネットが張られている。池はややにごっているが、鯉や亀が泳いでいる。
c0163001_23505286.jpg


池の後背の石崖に設けられたパイプから、湧水が落とされている。水は崖を流れ落ち、池に注いでいる。
c0163001_2351839.jpg


後背の崖の上には水神社が祀られており、貴重な湧水だったことが伺われる。また、池の水は眼病に効き目があり、治るとお礼に鯉を放っていたという。その鯉の供養のためか、神社の脇には水神池の石碑と並んで鯉塚が立てられていた。
c0163001_23512521.jpg


かつて池をあふれた湧水は。南東に向かって川となって流れ出していた。明治後期の地図には、この川自体は記載されていないものの、現在のJR西大井駅付近を流れていた品川用水からこの水神池近辺に至る分水路が描かれており、品川用水から川に水を引いていた時期があったようだ。川の水は農業用水や生活用水として使われていたのだろう。

川筋はどうやら谷底で2、3に分かれていたようで、くねくね蛇行する暗渠らしき道が並行している。その中の一番南側の川跡はいかにも暗渠らしい姿を残しており、下水道台帳を見ても水路敷扱いとなっている。
c0163001_23521829.jpg


途中には、ほんの数メートルの区間だが、コンクリ蓋の暗渠が残っていた。谷の中央の流れから合流していた水路のようだ。
c0163001_2352458.jpg


しばらく進んでいくと、暗渠は普通のアスファルトの道路となってしまうが、道端に橋の親柱がぽつんと残されていた。庚塚(かのえづか)は、このあたりの旧町名で、すぐわきに庚塚町会の事務所がある。竣工の年月も、説明もなにもないが、確かに川が流れていたことを証明する貴重な遺構だ。
c0163001_23525897.jpg


川はこの先、鹿島庚塚児童遊園の敷地内で、滝王子稲荷からの流れと合流していた。合流点については次回に取り上げる。

[鹿島谷の湧水と暗渠 全体図]
c0163001_2353944.jpg



[PR]
by tokyoriver | 2009-11-10 00:05 | 呑川水系と荏原台の水 | Comments(2)
現在確認できる、森厳寺川(北沢川下北沢東支流)の源流(最上流部)は2つある。ひとつは笹塚駅の南方、北沢5-38付近から始まる暗渠だ。かつて湧水池があったという辺りは、緩やかな窪地のどん詰まりに住宅に囲まれた小さな駐車場があるくらいで、痕跡はない。ここから南に、暗渠が伸びている。途中から未舗装となり、北沢中学校の敷地に突き当たる。

c0163001_2332040.jpg


もうひとつの源流は大原1-12付近から北上~東新する暗渠だ。住宅街の家と家の隙間に、細い暗渠がある。ここが確認できる最上流端だ。

c0163001_23321595.jpg


暗渠はここから北上していくが、次に確認できるポイントでは、暗渠は蓋付となっていて、道路を横切るところには見事な痕跡が残っている。

c0163001_23322849.jpg


流路は更に北上して、井の頭通りの北側で向きを東に変える。駐車場の片隅に暗渠の痕跡が埋もれている。ある時期までは、写真中央部は開渠で、右の穴が見え、蓋掛けがしてあるところから先が暗渠となっていたようだ。

c0163001_23323989.jpg


近づいてみると、中にヒューム管が見える。

c0163001_23325346.jpg


こちらの流れも、この先北沢中学校の敷地に入って行く。かつては中学校の校庭となっているところで2本の流れが合流していて、大きな池となっていた時期もあったという。

川は井の頭通りを南に越えたあと、2本の並行する流れとなって南東に下る。写真は東側の流路。かなり川跡らしさを残した暗渠となっている。なお、西側の流路は下水道幹線に姿を変えている。

c0163001_2333734.jpg



c0163001_23331899.jpg



※次回はいったん森厳寺川から離れて、荏原台を刻む大森・鹿島谷の湧水と暗渠を取り上げる予定です。


[PR]
by tokyoriver | 2009-11-07 23:48 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
渋谷から井の頭線に乗ると、明大前駅までの区間でいくつもの川/暗渠を越えていく。神泉で、宇田川の支流。駒場東大前で、空川。池の上の手前で北沢川溝が谷支流。下北沢の手前で森厳寺川(北沢川下北沢東支流)。新代田の手前でだいだらぼっち川(北沢川下北沢西支流)。東松原の手前で北沢川羽根木支流。東松原~明大前で、北沢川松原支流。
今回のシリーズはその中の森厳寺川(北沢川下北沢東支流)。京王線笹塚駅の南方より流れを発し、下北沢駅の東を下って、だいだらぼっち川(北沢川下北沢西支流)を合わせて北沢川に注ぐ流れだ。

まずは三田用水からこの森厳寺川に引かれていた分水を辿ってみよう。非常に短い区間だが趣がある。暗渠が残っているのは北沢小学校の北西側。けっこう勾配があり、尾根上を流れる用水から、谷底へと水を落としていた様子がわかる。
c0163001_22431452.jpg

この区間は90年代前半は開渠だった。別のサイトでも一度紹介したが、1992年当時の写真。
c0163001_2243273.jpg

小学校の脇を抜けた先には銭湯「山の湯」が出現する。木造で、ボイラー周りは煉瓦つくりとなっている。
c0163001_22434014.jpg

よく見ると、地面の土の中に水路が埋まっている。ここも90年代前半は開渠で、上にモノが置かれている状態だった。
c0163001_22435350.jpg

銭湯を正面からよく見ると看板建築。かなり古そうな建物だ。調べてみるとどうやら昭和初期からの建物らしい。
c0163001_2244541.jpg

銭湯の裏手にあたるあたりにはかつて水車があったというが、銭湯より先はほとんど痕跡がなくなっている。唯一はっきりと暗渠がわかるのが、南西へと下って行った道沿いに残る不自然に膨らんだスペース。植え込みやら柵で囲まれている。水路は写真手前右から来て、この区間をクランチ状に曲がり、この先で左に曲がっていたらしい。
c0163001_22445123.jpg

右に曲がってしばらく進むと森厳寺川の暗渠に突き当たる。





[PR]
by tokyoriver | 2009-11-04 23:08 | 北沢川とその支流 | Comments(5)