東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


本年7月に「2009 fragments」として再開した「東京の水 」、何とか更新を続けることができました。記事を読んでいた皆様、ありがとうございました。特に各記事にコメントをお寄せ下さった皆様には深く感謝します。来年も引き続きよろしくお願いします。2009年最後の記事は地味ですが、荻窪駅南東の小さな谷「高野ヶ谷戸(こやがいど)」の暗渠。下流から遡って追ってみます。
==========================================================
暗渠は荻窪3丁目、荻窪団地の北側から始まる。荻窪団地の北〜東に沿った曲がりくねった道は善福寺川の分流(あげ堀)の暗渠で、高野ヶ谷戸はこのあげ堀に合流していた。
c0163001_23182477.jpg

合流地点の向かいには荻窪団地の中でも異彩を放つ1~3号棟が聳え立つ。荻窪団地一帯はもともとは西田たんぼと呼ばれた水田で、高野が谷戸からの流れの水はこの水田の灌漑にも利用されていたそうだ。団地は現在立替が進められていて、この建物もそのうちなくなるのだろう。
c0163001_2318484.jpg

暗渠を遡っていくと、以前も紹介した大径マンホールに。ここで東側から流路が合流している。
c0163001_2319994.jpg

まずはこの合流してきた暗渠を辿る。こちらの暗渠は谷底の東縁に沿って流れている。道路沿いに車止めが並び、道路と暗渠の空間をはっきりとわけている。
c0163001_23194054.jpg

やがて暗渠はコンクリート蓋付暗渠に変わる。真っ赤な車止めが眩しい。
c0163001_2320480.jpg

住宅地の裏を北上していくと、草に埋もれた通行止めの標識。暗渠は更に続いているがこれより先には入れない。
c0163001_2320276.jpg

杉並区立中央図書館の脇からまわりこむと、暗渠が見える。ここのすぐ北側(写真手前)で暗渠は途切れている。
c0163001_23204533.jpg

そして、暗渠の行き着く先はビオトープの池になっていた。この場所は数年前までは空き地だったが、綺麗に整備されている。写真は上流(北)側から暗渠方面を望む。池があたかも暗渠の水源のような配置になっている。これより北、暗渠は更に荻窪体育館の西側へと続いている。かつて青梅街道沿いを流れていた千川上水の分水(六か村分水)から、水をひいていたという。
c0163001_2321383.jpg

再び本流に戻って、遡っていく。暗渠は大田黒公園の東側~北側に沿って北西へと伸びている。
公園内は谷戸の斜面を利用した庭園になっていて、流れや池がつくられている。かつては湧水を利用していたそうだが、今はどうなのだろうか。
c0163001_23215983.jpg

公園の北東でも、支流が合流している。こちらは住宅街の中を縫いつつ先ほどの東側の暗渠に接近し、先ほどの暗渠と同じ谷の西縁を北上。ビオトープの池のあった公園の西縁に出る。以前は暗渠の痕跡があったように思うが、公園の工事で消滅していた。二つの水路に挟まれた細長い低地は水田だったそうで、こちらの水路は水田からの排水を流すためのものだったのではないかと思われる。
c0163001_23214083.jpg

最後は北西へ向かう暗渠を辿る。大田黒公園の北側に沿った道が川跡だ。公園を越えると遊歩道となった暗渠が現れる。
c0163001_23222790.jpg

更にその先は、通るのがやっとの細さの暗渠に。
c0163001_2322553.jpg

暗渠は50mほど進んだ後北東に折れ曲がって、車道に出たところで消滅している。これより先にもしばらくいったところに怪しい未舗装の路地があったりするが、資料によるとこの細い暗渠のあるあたりと、先ほどの遊歩道暗渠のあたりの2箇所に、直径5mほどの湧水池が2つあって、川はそれらを水源としていたそうだ。池は谷筋の水田や西田たんぼへの給水を目的として人工的に掘られたもので、この近辺は地下水位が浅く掘り下げると水が湧き出るような土地だったという。浅い谷戸の谷頭なので、もともと水の湧いていた場所だったのだろう。

c0163001_23231531.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-12-29 23:41 | 善福寺川とその支流 | Comments(6)
JR目黒駅と恵比寿駅のちょうど中間、山手貨物線(湘南新宿ライン・埼京線)の長者丸踏切の辺りを谷頭として東~北に伸びる谷筋をかつて流れていた三田用水白金分水。恵比寿・白金という都心にありながら暗渠や湧水が残り、分水になる前は自然河川だったと思われるこの川跡を4年ぶりに訪ねてみた。

====================
白金分水についての詳細は「東京の水2005 Revisited」の以下の記事などを。
・「白金分水(1)白金御殿」
・「白金分水(2)長者丸と都電」
====================

長者丸踏切のあたりは目黒区内を山手線が通過する唯一の区間だ(目黒駅は品川区で、目黒区内に山手線の駅はない)。踏切の西側は台地となっていて、その上を三田用水が流れていた。白金分水は現在の日の丸自動車学校(赤い大玉のある不思議なビルが目印)のあたりから、この踏切の辺りに落とされていたようだ。このあたりの地名は目黒区三田。港区三田とは全然離れているが、もともとは両者とも武蔵国荏原郡御田郷(みたごう)に属していた。
c0163001_2384379.jpg

目黒区と品川区の区境になっている谷底の道を下っていくと、恵比寿ガーデンプレイスの南側の道路に出る。少し進むと暗渠が突然姿を現す。谷底を暗渠が東に向かって伸びている。柵で囲まれており一見入れないように見えるが、途中に暗渠に通じる抜け道がある。そこから下流に向けて撮った写真。
c0163001_23273143.jpg

暗渠区間の東端。山手線の内側でこれだけ暗渠っぽい空間も珍しい。このあたりは渋谷区と港区の境界線に、目黒区と品川区が食い込んだ複雑な区界となっており、そういったことも暗渠の残存に関係しているのかもしれない。
c0163001_23274535.jpg

暗渠区間の先は砂利道になったり、民家の裏手を抜けたりしたのち、並行して来た道路に出る。道路に出る場所はアスファルト舗装の道路敷が不自然な形になっているが、ここが流路の跡だ(右側手前から暗渠が合流)。ここから首都高速目黒線までの間は渋谷区と品川区の境界線になっている。両区が接する唯一の区間だ。なお、暗渠の1本南側に並行して、戦前に廃止された都電恵比寿長者丸線の痕跡も残っている。
c0163001_2328323.jpg

川は首都高速目黒線の下を抜け港区白金台5丁目に入り北東へ。ここでは白金の自然教育園からの流れがかつて合流していた。園内には谷頭の地形や湧水池、そこから流れ出る小川がかつての武蔵野の風景のまま残されている。詳細は「東京の水2005 Revisited」の以下の記事を。

・「白金分水(4)自然教育園の池」
・「白金分水(5)3つの水源と土塁」


川跡と思われる道をしばらく進むと道に沿ってコンクリート蓋の細い側溝が現れるのだが、今回そこに、途中で東から合流して来る側溝もあることに気がついた。
c0163001_23281326.jpg

辿ってみると、道の真ん中に井戸があった。
c0163001_23282542.jpg

本流のほうのコンクリート蓋の側溝の行き着く先にある排水枡(?)とそこから伸びる石蓋の暗渠もまだ残っていた。トタン板の塀を潜って民家の裏手に消えている。通りかかった近所の人に訊いたが、このあたりに三田用水(の分水)が流れていたことは知っているが、この石蓋の暗渠がそれなのかどうかは知らないとのことだった。
c0163001_23285198.jpg

外苑西通りを越え白金6丁目に入ると、曲がりくねったいかにもな暗渠が出現する。暗渠の縁に沿った大谷石はかつての護岸の痕跡かもしれない。
c0163001_2329380.jpg

戦前には暗渠化されていたようで、この辺りの暗渠は下水道白金幹線として利用されている。路面にはかなり立派なマンホールが点在している。
c0163001_2385674.jpg

しばらくいくと暗渠は川跡らしい道から、直線の道路の下に移る。道路端のドブ板(「白金分水(14)道路沿いのドブ」参照)も健在だった。すぐ近くの路地に入ると、風情のある中華料理店が。あとで調べたらラーメン350円、老夫婦がつくる昔ながらの東京ラーメンとのこと。入ってみればよかった。
c0163001_23291725.jpg

暗渠は旧白金三光町の白金北里通り商店街と交差する。商店街は戦前から残る看板建築の商店が並び下町風な風景が残っている。
c0163001_23292978.jpg

商店街を越えた先は白金5丁目。この辺りの川は幾筋かに分かれ、湿地帯になっていたようだ。暗渠化され下水となった川はこの道の下を流れている。
c0163001_23293932.jpg

川は狸橋の下流側で渋谷川(古川)に合流していた。民家の下の護岸に四角い合流口が見える。この辺りの渋谷川の護岸は戦前のものがそのまま残っているのだが、とうとう改修工事が始まっていた。合流口はどうなるのだろうか。
c0163001_23295012.jpg


[PR]
by tokyoriver | 2009-12-21 23:24 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)
1985年8月に神田川を撮影した写真からの紹介シリーズ、忘れた頃にやって来た4回目は谷端川の合流部である。

今までの記事はコチラ
神田川1985(1)桃園川合流地点
神田川1985(2)川の上の送電線
神田川1985(3)神田川最上流

谷端川(やばたがわ)はかつて豊島区から文京区にかけて流れていた川だ。豊島区要町2丁目の粟島神社に現存する弁天池などを水源とし、そこから千川上水の分水を併せていったん南下したのち、西武池袋線椎名町駅付近より北上、JR埼京線板橋駅付近で向きを南東に変え、山手線大塚駅を経由し、小石川を流れて水道橋で神田川に合流していた。下流部では小石川、礫川、西大下水、また千川上水の水を引いていたことからか千川とも呼ばれていた。

c0163001_23313660.jpg


中・下流部は戦前に、上流部も1970年代までには全区間が暗渠化された。現在上流部は遊歩道に、中下流部は大塚三業通りや千川通りといった道路になっている。最下流部は現在雨水幹線「千川幹線」となっていて、幅4.2m深さ4.7mの矩形暗渠が東京ドームシティを横切っている。

1985年当時、水道橋駅北側の神田川北岸に、河岸が十数メートルほどだけ凹んだ形で、谷端川の合流部が開渠で残っていた。感潮域であるためか河口にも水があり、鯉が泳いでいるのが見える。

c0163001_23312714.jpg

2009年現在、河口は船着場となってしまった。「神田市兵衛河岸防災船着場」の看板が掲げられ、浮き桟橋が設置されていて、河岸には階段がつくられている。向かいに見える水道橋駅の駅舎は窓の配置まで以前のままだ。
c0163001_23314040.jpg

駅のホームから見ると様子がよくわかる。凹みはずいぶん短くなってしまっており、河口も塞がれている。
c0163001_23315229.jpg

谷端川の河口はどこへ行ってしまったのか?調べてみると、谷端川の暗渠(千川幹線)は、どうやら現在は神田川に平行して、北側の外濠通りの下に流れている暗渠「水道橋分水路」に合流しているようだ。神田川の下流部は川幅を広げる土地の余裕がないため、並行する道路の下などにバイパスの暗渠をつくることで洪水対策を行っている区間がいくつかある。おそらく水道橋分水路が出来た時点で、この合流口は用無しになりふさがれたのだろう。今ではここがかつて川の合流地点だったということに気がつく人はいないのではないだろうか。


[PR]
by tokyoriver | 2009-12-14 23:24 | 神田川とその支流 | Comments(4)
京王線代田橋駅から環七通りを南へ500メートルほど進むと、環七通りが窪地に沿ってわずかに下って、上っているのがわかる。ここから東側(写真左側)に伸びる谷の、谷頭の窪地が「代田」の地名の由来になった巨人「だいだらぼっち」の足跡との伝承の残る場所だ。
c0163001_23462064.jpg


民俗学者柳田國男の「ダイダラ坊の足跡」には、「ダイタの橋から東南へ五六町、その頃はまだ畠中であった道路の左手に接して、長さ約百間もあるかと思ふ右片足の跡が一つ、爪先あがりに土深く踏みつけてある、と言ってもよいやうな窪地があった。内側は竹と杉若木の混植で、水が流れると見えて中央が薬研になって居り、踵のところまで下るとわづかな平地に、小さな堂が建ってその傍に湧き水の池があった。即ちもう人は忘れたかも知れないが、村の名のダイタは確かにこの足跡に基いたものである。」とある。ダイタの橋とは、玉川上水に架かっていた「代田橋」、薬研とはV字型の溝を指す。5、6町は550~660メートル、百間は180メートルだ。日本各地に残るダイダラボッチの伝説、そのひとつがここにある。

この記述に基くと、環七を跨ぐやや浅い窪地がつま先、そしてその東側に伸びる深い窪地の底、世田谷区立守山小学校の北東側のあたりが踵となり、つま先から踵までは小川が流れていて、踵のところに湧水池があったということになる。

この「だいだらぼっちの足跡」の湧水を水源として、南に下り、下北沢駅の南方で森厳寺川(北沢川下北沢東支流)に合流していた小川が北沢川下北沢西支流、通称「だいだらぼっちの川」だ。

写真の道路にそってかつて川が流れており、道路の手前右手のあたりに湧水池があったという。現在は住宅が立ち並び、往時の姿を想像するのは難しい。
c0163001_23463020.jpg


川の流れる谷は幅は狭いが、谷の斜面はかなり急で、はっきりした谷となっている。
c0163001_2346543.jpg

各所に川の名残が残る森厳寺川に比べ、こちらはほとんど川の痕跡はないが、井の頭線を越えるところは唯一川跡らしい。
c0163001_2347568.jpg

そして、何と井の頭線の線路を越える前後のわずかな区間だけは、開渠が残っている。写真は線路を越えた南側の様子だ。右側の土管からわずかだが綺麗な水が落ちており、また左側からかなりの量の水が流れ込んでいて、水の流れ込む音が鳴り響いている。
c0163001_23471760.jpg

この水は井の頭線の線路沿いの側溝から流れ込んで来ている。実は井の頭線はここから新代田駅にかけての区間、だいだらぼっちの谷の枝谷につくられている。この側溝はいつきても綺麗な水が流れており、もしかするとこの側溝は川の名残で、流れる水は谷に湧く湧水かもしれない。
c0163001_23473297.jpg

ここより先、流路は東向きに変わる。しばらく痕跡がはっきりしなくなるが、おそらく谷底の一番低いところを通っている道が川跡の暗渠であろう。向かう先には小田急線が見える。
c0163001_23474344.jpg

小田急線はだいだらぼっちの川の谷を土手で越えている(写真は2004年頃)。
c0163001_23475293.jpg

小田急の土手の南側から、ふたたび暗渠の道が現れる(写真は2004年頃で、現在小田急線の工事で土手は見えない)。暗渠は谷の西側の縁に沿って、谷底よりもやや高いところを流れている。もしかすると並行する流路があったかもしれない。
c0163001_2348286.jpg

しばらく写真のような暗渠らしい道が続いた後、川は下北沢駅南口の商店街の道に出る。
その先は、道沿いにしばらく南下した後に森厳寺川に合流していた。
c0163001_23481295.jpg


c0163001_0222088.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-12-11 00:23 | 北沢川とその支流 | Comments(10)
川は小田急線の線路を南側に越える。こちら側にも数年前までは、水の流れなくなった流路が露出していた。これらも小田急線の立体化工事に伴い現在では消失している。
c0163001_23423887.jpg

流路が暗渠に飲み込まれていた地点。
c0163001_2342493.jpg

線路南側の未舗装の暗渠区間は今でも健在だ。この先で並行した2つの流れは1本にまとまっていたようだ。
c0163001_2343135.jpg

暗渠はいったん茶沢通りに出る。かつては左側に見える踏切の方、下北沢一番街の谷から流れてきた小流がこの場所で合流していたようだ。
c0163001_23431417.jpg

暗渠はすぐに茶沢通りから離れて通りと並行して南下し、井の頭線の土手の下を潜って行く。土手より南側、森厳寺の手前までの区間は90年代半ばまで開渠だったが、現在では暗渠となって、遊歩道として整備されてしまった。今思えば写真を撮っておけばよかったと後悔。
c0163001_23432577.jpg

暗渠は谷の東側の崖沿いに流れている。流域は緑が色濃い。
c0163001_23433526.jpg

代沢三叉路のそばでは、下北沢駅と新代田駅の間に横たわる「だいだらぼっち」の窪地から流れ出ていた川(だいだらぼっち川)と合流していた。写真左側から来る道路の片側に歩道があるが、これがだいだらぼっち川の暗渠の跡だ。だいだらぼっち川については次回取り上げる予定。
c0163001_23435020.jpg

川は森厳寺の西側を回り込んでいく。森厳寺は「淡島の灸」と針供養で有名だ。江戸時代後期、滝坂道(現在の淡島通り)を通って森厳寺参りをし灸を受けて、その帰りに神泉の弘法湯に寄る、というのが庶民の行楽として流行したという(神泉については、「東京の水2005Revisited」の「神泉谷・松濤の支流(3)神泉谷」前後の記事を参照してください)。
c0163001_2344173.jpg

川は森厳寺の南に出たのち、代沢小学校の脇を南下して北沢川に合流していた。北沢川もすでに暗渠となっているが、現在暗渠上にはせせらぎが造られている。せせらぎは出来た当初はやや違和感があったが、地元住民の声を生かした施策の甲斐があってか、現在ではかなり風景にとけ込んでいるように思える。
c0163001_23441657.jpg




[PR]
by tokyoriver | 2009-12-10 00:16 | 北沢川とその支流 | Comments(2)
だいぶ間があいてしまったが、森厳寺川(北沢川下北沢東支流)の第3回。
今までの記事はこちら。
森厳寺川(北沢川下北沢東支流)(1)三田用水からの分水
森厳寺川(北沢川下北沢東支流)(2)二つの源流

川は井の頭通りを越えると2本の平行した流れとなる。南側(西側)の流れは早い時期に暗渠化されたようで、下水道代沢幹線となっている。一方、北側(東側)の流れはかなり最近まで開渠だったためか、比較的川の気配が残っている。

遊歩道風になっている区間。この辺りは、暗渠沿いに小公園がいくつかあって、一体化して整備されたようだ。
c0163001_23112356.jpg

ふたつの暗渠を挟んで公園がある。奥の道が南側の水路。その後ろには谷底から丘に登る急坂が見える。
c0163001_23113324.jpg

北側の水路には一部未舗装の区間も残っている。
c0163001_23114474.jpg

下水道幹線となった南側(西側)の暗渠は普通の車道となっているが、蛇行に川の名残がある。
c0163001_23115449.jpg

北側の水路は、三田用水からの分水と合流したのち、こんな暗渠に。植え込みのところが水路だったようだ。
c0163001_2312540.jpg

道の真ん中に排水用の凹みがある。この辺りは谷の東側の斜面がかなり急になっている。暗渠となった今でも谷底で雨水が集まり易いのだろう。
c0163001_23121577.jpg

下って行くと小田急線の線路に突き当たる。現在は小田急線の立体交差化の工事で周囲は激変してしまったが、写真のように数年前までは谷を跨がる線路の土手の下を潜って行く、流路の遺稿が見えた。
c0163001_23122457.jpg

線路の反対側にも数年前まで貴重な遺構があったのだが、これは次回の下流篇で。




[PR]
by tokyoriver | 2009-12-06 23:38 | 北沢川とその支流 | Comments(0)
今回とりあげるのは、私の暗渠探訪のルーツのひとつである、「谷田川」と「谷田橋」だ。
~~~~~
上野飛鳥山台地の北東の崖下に位置する田端駅。高架の駅舎を出ると、田端駅前通りが台地を切り通しで横切り南西へと伸びている。切り通しを抜け、本郷台地との間の低地に出たところに「谷田橋交差点」がある。標識はないが、交差点には「谷田橋」の名を冠した薬局がある。ここで交差しているのが「谷田川通り」。昭和初期に暗渠化された谷田川の流路である。そして、この川に架かっていたが「谷田橋」だ。正確には現在の駅前通りではなく、数メートル西側、薬局の裏手にある旧道(薬局の右奥の白いビルとの間の道)の方に架かっていた。
c0163001_2336747.jpg


谷田川は、北区西ヶ原の旧外東京語大学敷地と豊島区駒込の染井霊園(ソメイヨシノ発祥の地)にあった長池を水源とし、上野飛鳥山台地と本郷台地との間の谷を南東に流れて上野の不忍池に注いでいた川だ。(不忍池からは更に忍川となって東京湾に注いでいた)。

かつては石神井川の流路だったが、その後石神井川は飛鳥山で台地を横切って低地に出る流路になった。これは谷沢川と九品仏川のような河川争奪だったとも、神田川の御茶ノ水界隈のような人工的な開削だったとも云われている。また、下流部では藍染川とも呼ばれていた。有名な谷中のへび道も藍染川の暗渠だ。(なお、大正中期に洪水対策としてつくられた、西日暮里で分岐し三河島方面へ抜ける排水路も藍染川と呼ばれていた)。川は大正後期から暗渠化が始まり、昭和初期にはほぼ全区間が暗渠となっている。

c0163001_23373368.jpg


谷田橋の架かっていた場所には今や何の痕跡もないが、交差点から少し駅方向に戻った田端八幡神社の参道に、谷田橋の欄干が保存されている。

c0163001_23383590.jpg


全長2メートルほどの石橋で、明治期につくられたもののようだ。昭和初期に、暗渠化の際に記念に移設されたという。キックボードに乗った小学生の女の子が颯爽とやってきて、橋のたもとで神社に手を合わせ、去って行った。彼女はこの橋に気がついているだろうか?

c0163001_23401618.jpg


参道のとなりには「赤紙仁王」が2体。1641年の造立とされる。もともとは神社の参道にあったが、明治時代の神仏分離策で、隣の東覚寺境内に移った。病気のある箇所に赤紙を貼って祈願し、治ったらわらじを奉納するという信仰があり、今でも時期によっては仁王像の表面が見えなくなるほど赤紙が貼られている。

c0163001_23411493.jpg


赤紙仁王の前から谷田橋交差点にかけては、現在区画整理事業が進行中で、風景が大きく変わりつつある。関東大震災後に計画され、終戦直後に起こった区画整理事業で途中まで建設されたものの、中途で挫折していた道路建設が、数年前から再開されたのだ(仁王像自体が、道路予定地のため場所を移動している。)。80年以上の歳月をかけて完成する道路に果たして意味はあるのだろうか・・・

~~~~~
幼少期から社会人になるまで過ごした町を横切る「谷田川通り」。日々の生活での通り道として、あるいは自転車で谷中・上野方面へ行くときのルートとして、幾度となく通ったこの通りがかつて川だったのを知ったのはいつの頃だろう。おそらく最初に聞いたのは祖父母の話からだったように思う。そして、小学校のときに学年の先生が中心となって編纂した、地域に昔から住む人からの聞き書き集では、様々な人が、この川について触れていた。
今では曲がり具合以外には何の面影もない道に秘められた、川の記憶。
今では失われてしまった、「故郷」の風景。
神社の片隅にひっそりと残る橋。道路の下に埋もれ、流れるかつての川。
そういったものへの思いが、その後の自分の川跡への興味へとつながっているような気がする。


[PR]
by tokyoriver | 2009-12-03 23:53 | その他のエリア | Comments(4)