東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京都の調査に記されている、小金井市中町4丁目にあるという2カ所の湧水を探しにいったん野川を離れる。中町4-13の金蔵院の境内に湧水があるとのことでまずはそちらに行ったが、湧水は見当たらず。隣接する4-12「はけの緑地2」に湧水を利用していたと思しき池を見つけたものの、ほとんど干上がっていた。
次に、金蔵院の東側の民家の中にも湧水があり、池になっているというということで向かってみる。都の当時の調査では1日343立方メートルの湧水があるという。野川沿いにあった小金井市設置の案内板にも「谷口家の湧水」と記されていた。そばまでいってみたが、敷地は広そうで中までは見えない。奥は崖線の斜面になっているようだ。
c0163001_081486.jpg

道路を挟んだ向かいに、草の生えた空き地があった。どうやら民家内の湧水の余水が、ここに流れ出ているらしい。写真手前の左から右へ横切る草の濃いところが水路のようだ。一方で写真左奥からも林に沿って水路がやってきて、手前で合流している。
c0163001_082653.jpg

林のところまで見に行ってみると、木製の護岸の水路が見える。水は流れていない。
c0163001_0837100.jpg

水路は道路につきあたって直角に折れ、不自然な歩道の暗渠が東に伸びる。暗渠はしばらく行くと途切れている。途切れたところを北側の国分寺崖線に向かってみると、先ほどの民家の裏手に続く斜面が「はけの緑地」となっていた。中には入れなかったが、敷地沿いの坂道を上ると看板がある。それによれば崖線の上には昭和20年代まで玉川上水小金井分水の支流が通っていて、そこから崖線を下る分水が引かれていたとのこと。どうやらこの歩道暗渠とそれに続く水路は、小金井分水支流の更に分水だったようだ。
c0163001_084833.jpg

ちなみに、さきほどの合流地点の空き地にはこのような看板が。
c0163001_08582.jpg

緑地の中の水路は草に覆われてよくわからなかったが、緑地から南に流れ出す水路には湧水が流れていた。
c0163001_09931.jpg

水路はすぐに折れ曲がって、中途半端な暗渠となる。そばの民家からのびる土管は下水なのだろうか。道路にぶつかって暗渠は姿を消している。
c0163001_092284.jpg

水路の行く先を追ってみる。道に沿ってしばらく進むと、再び道路沿いに蓋付暗渠が現れた。
c0163001_093288.jpg

暗渠はやがて幼稚園の敷地にぶつかって消えた。園庭に不自然に一列に木が並んでいるのが見える。どうやらそのあたりを暗渠が通っているようだ。幼稚園の南側に回りこむと、暗渠が現れた。すぐ先の自動車学校のほうへ向かっている。途中から開渠になっているのが見える。
c0163001_094321.jpg

水路沿いに道がないので、更に回り込んでみる。水路を見ることができたが、残念ながら枯れている。流れ込んでいた湧水はどこかで下水に落ちてしまっているのだろうか。
c0163001_0952100.jpg

野川沿いの端の下にに合流口があった。このあたりは野川の水量が多く、暗渠の中まで水が逆流している。
c0163001_010298.jpg

結局小金井分水の水路を辿ることになっってしまったが、これはこれで面白かった。この後、はけの森美術館庭園に残る湧水とそこからの流れも辿りにいったのだが、スペースが尽きた。湧水が続き、読まれる方もそろそろ飽きて来た頃だろうから、またの機会に紹介することとして、ひとまずこのシリーズを終えることとしよう。


[PR]
by tokyoriver | 2010-01-26 00:41 | 野川とその支流 | Comments(6)
湧水の道

新次郎池からの流れの合流点から野川北岸沿いの道を東へ100mほど進んでいくと、旧河道を利用した遊歩道が北に分かれる。少し進むと「湧水の碑」があり、すぐそばから水が湧き出して流れとなっている。後で調べたところでは、この次に取り上げる貫井神社の湧水を引いてきているとのことだ。
c0163001_23414326.jpg

水は遊歩道沿いを100メートルほど流れていったのち、少し先で野川に合流している。かなりの水量だ。
c0163001_23415480.jpg

合流地点のすぐさきの橋のたもとでも湧水が合流。橋の下に回りこんでいるので見えにくいが、こちらも水量がありそうだ。辿っていくと、道路沿いの側溝から流している様子。
c0163001_2342348.jpg

側溝を遡っていくと水は貫井神社から流れ出していた。貫井神社はもともとは湧水を祀った水神社だったという。参道の右手には、ちょっとした滝が作られていて水が側溝に流れ込み、左手にも池があって、滝が落ちている。
c0163001_23423482.jpg

滝の水は一段高くなった境内にある弁天池の水から落ちてきている。
c0163001_23421335.jpg

弁天池には、かなりの水量の湧水が流れ込んでいる。たどってみると、神社の社殿の裏手の崖下に、湧水口があった。「東京の名湧水57選」にも選ばれている「貫井神社の御神水」だ。石で囲まれた中から水が流れ出している。冬なのに水量は多く、水の流れは早い。
c0163001_23422426.jpg

大正後期には神社の前に、この湧水を利用した「貫井プール」がつくられ、1977年まであったという。「貫井プールの碑」が神社の前に立っていた。

滄浪泉園からの流れ

再び野川沿いに戻る。新小金井街道を越えるあたりから川は流路を東から南東へ変える。このあたりは河川敷内に入れるようになっていて、水辺のすぐそばまで近づくことができる。夏場は子供が水遊びしたりもするのだろうか。しばらく進むと、また小川の合流点に遭遇。
c0163001_23425770.jpg

水は川沿いの小さな池にいったん溜まった後に注いでいる。池の向こうには暗渠のような道が見える。行ってみると遊歩道になっている。
c0163001_2343760.jpg

暗渠かと思いきや、道沿いには湧水の流れる小川が。
c0163001_23431710.jpg

辿っていくと道路を横切り・・・
c0163001_23432697.jpg

ごく普通の側溝となって・・・・
c0163001_23433514.jpg

途切れた先には崖線の緑。
c0163001_23434491.jpg

近づいて柵越しに覗いてみると、滄浪泉園の池から流れ出す水が見えた。今回は滄浪泉園が開いていなかったため、外から流出地点を確認するにとどまったが、こちらもまた、東京の名湧水57選に選ばれた湧水がある。園内は国分寺崖線の「ハケ」の地形が保存されており、殿ヶ谷戸庭園と同様、崖下に湧水があるという。
c0163001_23435372.jpg


国分寺崖線の湧水を辿るシリーズ、最終回の次回は玉川上水小金井分水の末流の痕跡などを。ちょっと暗渠も出てきます。


[PR]
by tokyoriver | 2010-01-20 23:34 | 野川とその支流 | Comments(0)
殿が谷戸庭園の「次郎弁天の清水」

まずは国分寺駅南側の「殿が谷戸庭園」。国分寺崖線の斜面を利用してつくられた庭園で、園内に湧水池がある。駅からすぐそばの門から中に入りしばらく進むと、急斜面に鬱蒼とした緑に囲まれた庭園と池が現れる。
c0163001_18453968.jpg

湧水は池の西側にあった。「次郎弁天の清水」と呼ばれた湧水だ。写真ではわかりにくいが、結構な水量の湧水がさらさらと流れ出し池に注いでいる。そばの看板には毎分37リットルの水が流れ出していると記されている。20年前の都の調査では庭園内に2箇所湧水があり、それぞれ一日380立方メートル、190立方メートルの水が湧き出していると記されている。この湧水のほかに水が流れ出しているのは、獅子脅しと、庭園に流れ込む渓谷風の流れの流出点。どちらだろう。
c0163001_18455250.jpg

池の南端には、排水口があってあふれた水は庭園の外に出て野川に注いでいるようだ。庭園をいったん出て野川沿いに行くと、注ぎ口と思われる土管から水が流れ出ていた。
c0163001_1846323.jpg


不動橋の湧水地点

殿が谷戸庭園からの合流点ののすぐ上流側に、元町用水と野川の合流地点があり、不動橋が架かっている。北側の崖下には橋の名前の由来となった小さな不動像が祀られ、手水鉢に澄んだ水が溜まっている。よく見ると水は少しずつあふれて流れ出している。これも湧水だ。
c0163001_18462256.jpg


東元町2-40の湧水地点

続いて向かったのは殿ヶ谷戸庭園からの水の合流点からやや北東の住宅地の中を流れる小川。
ブログ「国分寺から世界へ」さんのこちらの記事によると、玉川上水国分寺村分水(1657年開通)の流末のひとつだという。現在では東元町2-40の住宅地の中より水路が始まり、野川に平行して東に流れている。上記ブログ記事では殿ヶ谷戸庭園の水が流されていと書かれているが東京都の調査では、この現在の水路開始地点に湧水があるという。
この川は十数年前に訪れたことがあるのだが、そのときには、民家の玄関先から突然流れ出していたのを見られたような記憶がある。だが、今では周囲の家が建て替えられて、源流に近づくことはできない。写真は源流から100メートルほど東に行った地点。水が溜まり、川というより、細長い池のような状態。
c0163001_18463464.jpg

下流側を見ると、水が流れ出していることが判る。川はこの先200メートルほど流れた後暗渠になっている。調査当時では一日467立方メートルとかなりの水量となっているが、いまは遥かに少なさそうだ。十数年前現地に行ったときと比べてもずいぶん水量は落ちているようにみえる。
c0163001_18465055.jpg


南元町2-3の湧水地点

この川が暗渠になる地点から北東に150メートルほど進んだ、東経大南交差点のそばにも湧水があるというので行ってみた。駐車場の裏に小さな谷があり水路が作られていた。位置的に判断すると、先ほどの流れの続き(下流部)のようだ。この水路の途中から水が湧き出していたと思われる。しかし、調査当時では一日323立方メートルもあったという湧水は影も形もなく、水路は枯れ果てていた。冬だから枯れているだけなのか、それともすでに枯渇してしまっているのか。夏~秋の湧水の豊富な時期に再訪してみたい。
c0163001_18472343.jpg


東京経済大学の新次郎池

気を取り直して東に進み、東京経済大学の敷地に。敷地は崖線の斜面に位置していて、崖下に、もともとはわさび田だったという湧水池「新次郎池」がある。調査時点では湧水量は一日4061立方メートルと豊富で、東京の名湧水57選にも選ばれているというが・・・

たどり着いた池は、半ば干上がっていた。写真は池の奥側から、流れ出す地点に向けて撮ったもの。
c0163001_1847338.jpg

説明版によると池の周囲には5箇所の湧水が見られるという。確かにそれらしき場所を5箇所、確認することはできた。しかし、その多くは枯渇しており、枯渇していない地点も水量はわずかで、落ち葉に隠れて見えにくい。
c0163001_18474669.jpg

もともと季節変動が大きく、冬場は湧水量が激減するという。それに加えて近年崖線上にある学校の校舎建替えなどで、そもそもの湧水量もかなり減ってしまったという。水をたっぷりとたたえた池に湧水が流れ込む姿を想像していただけにややがっかり。こちらも夏~秋の湧水の豊富な時期に再訪してみたいところだ。

池からは南に向かって川が流れ出している。水量が少ないため、水面は草むらに隠れて見えない。学校の敷地から出て道路沿いを流れているところで何とか流れを見ることができた。
c0163001_18475697.jpg

流れは野川に合流している。
c0163001_1848668.jpg

ここより下流の野川は小金井市内に入り、コンクリート張りの水路から土手に囲まれた川に姿を変える。引き続き小金井市内の湧水を追っていくこととしよう。
c0163001_1848168.jpg



[PR]
by tokyoriver | 2010-01-17 00:32 | 野川とその支流 | Comments(0)
国分寺崖線の湧水シリーズの途中だが、ちょっと別の話題。

「暗渠さんぽ」のnamaさんの、「桃園川支流を歩く その9北側支流(仮)、極狭支流(仮)」を読んでいてふと気がついた。11枚目の、舗装が新しくなっていて、おそらく以前はカーブのコンクリ暗渠があっただろうと書かれているところ、もしかしてあの場所ではないか・・・・

写真を引っ張り出してみると、民家のブロック塀&鉄柵が一致する。やっぱりここだ。
c0163001_23502290.jpg

川のカーブに合わせて丁寧にコンクリート蓋の隙間をひとつづつ埋めてあり、ある種芸術的とも言えるような見事なS字カーブを描いた暗渠だった。5年ほど前暗渠探検仲間に連れて行っていただいた場所で、近々再訪してみようと思っていたのだが、なくなってしまったとは・・・

下の写真は10枚目の写真と同じ場所だから、こっちは健在ということだ。
c0163001_23503436.jpg


杉並区内はコンクリート蓋暗渠の宝庫だが、このようにだんだんなくなっていっているのだろうか。やはり行けるときに行っておかなくては。


[PR]
by tokyoriver | 2010-01-14 00:02 | 神田川とその支流 | Comments(6)
続いては元町用水を上流に遡ってメジャーどころの湧水を一応押さえておこう。元町用水(別名清水川)は国分寺崖線の下に湧き出す湧水を集め東に向かって流れている野川の支流で、川沿いは「おたかの道」として整備されており、静かな散歩道となっている。現在元町用水には生活排水を流さないのはもちろんのこと、雨水さえも、雨水浸透枡を設置してなるべく直接流れこまず地下水として涵養されるように、環境が整備されているという。だから、川を流れる水はすべて湧水ということになる。
c0163001_0171161.jpg

まずは真姿の池湧水群。環境庁の日本名水百選や、都の名湧水57選に選ばれている有名な湧水だ。
元町用水に北側から流れ込む、本流よりも水量の多い支流を100mほど遡ると湧水地点に辿り着く。
c0163001_0172486.jpg

崖下から突然大量の水が湧き出している。改修により玉石で囲まれているが、もともとは赤土の崖面だったという。
c0163001_0173770.jpg

湧出量は調査当時で1日2938立方メートル。換算すると1分で2040リットルと圧倒的な水量だ。
数年前に崖上にマンションが出来て水量がやや減ったというが、それでも豊富な水が流れ出している。
c0163001_0174936.jpg

道を挟んで湧水のすぐ西側には真姿の池。澄み切った水をたたえており、中島には弁財天が祀られている。先ほどの湧水から引いた水のほか、北側の崖線下からも湧水の流れが入っている。
c0163001_018579.jpg

野菜の直売所。これもあまりに有名だが、お約束ということで載せておこう。とれたての野菜を湧水で荒い、売っている。
c0163001_0182067.jpg

真姿の池からの流れの合流点より上流は、崖線がより近くなり、緑も色濃くなって東京とは思えない片田舎の山里のような風景となる。
c0163001_0183851.jpg

やがて水路は竹の柵に突き当たる。柵の向こう側の少し先、崖の下から湧き出す旧本多家屋敷内の湧水と、西側に隣接する武蔵国分寺境内の湧水が、元町用水の源流だ。旧本多家屋敷は2009年10月より「おたかの道湧水園」として公開された。ただし、邸内に3箇所あるという湧水は、湧水源保全地区となっていて近寄れない。
c0163001_0184882.jpg

柵の下からのぞいてみる。この先で屋敷内からの流れと国分寺からの流れが合流しているという。屋敷側からの湧水は当時で一日432立方メートル。一方国分寺からの湧水は518立方メートル。あわせて1000立方メートル近くの湧水がここから流れ出ていることになる。
c0163001_0185721.jpg

国分寺境内の湧水は庫裏の裏の崖下から湧き、元町用水に直接流れ込むほかに分水されて境内の本殿西側の池や本殿前の小庭園の水路にも使われている。水路の中に石臼が置かれていた。
c0163001_01975.jpg


次回は元町用水と野川との合流点より下流の、国分寺駅南側から東側にかけての湧水をとりあげてみる。



[PR]
by tokyoriver | 2010-01-09 21:35 | 野川とその支流 | Comments(8)
年末に、国分寺から武蔵小金井にかけて、野川に注ぐ国分寺崖線沿いの湧水をいくつか訪ねてきた。何度か訪れたことのあるエリアだが、今回は十年ほど前まで刊行されていた、東京都の湧水調査報告書に載っている湧水分布台帳に記載のあった湧水地点を全て探しだそうという試み。手元にある台帳のコピーは1990年のものと92、3年頃のもの。
このエリアは「真姿の池湧水群」が環境庁の日本名水百選にも選ばれていて全国的に知られているが、それ以外にもあちこちに湧水があり、野川の水源となっている。訪れてみると、それぞれの湧水からは小さな川が流れ出して野川につながっていた。当たり前といえば当たり前なのだが、下水に注ぐのではなくしっかりと川につながっているのが何だかうれしく、またこの流れを辿るのがなかなか面白かったので、何回かに分けて記事にしていこうと思う。

==============================================

まずは国分寺・東元町の住宅街の中にあるという湧水を探す。

国分寺の駅から南西に延びる道を下り、野川の谷を越えて野川に並行する道を南東へ。しばらく進むと、南西からの道沿いに、きれいな水が流れているのに遭遇。細い流れだが、側溝ではなくしっかり水路として作られている。小さいながら一応「野川の支流」とも言えよう。この先が目指す湧水だろう。流れてくる方向へと辿ってみる。
c0163001_2324614.jpg

緩やかな上り坂を100メートルほど進むと、水路はその先の路上の柵の中へ消えているように見える。あの柵の中から湧き出しているのだろうか。
c0163001_2324192.jpg

近づいてみると、水路は道路を渡り、向かいの家の下で消滅していた。家の中に池がある様子もなく、周囲にも水路の続きはない。この家の下から湧き出しているのだろうか。路上の柵の中も、水路の区間とは違って底面に砂が露出しており、そこからも湧き出しているのかもしれない。湧出量は当時で1日199(冬)〜354(夏)立方メートル。換算すると1分で138〜245リットルとなる。今見る限りではそんなにはなさそうだが、ある程度の水量があることは確かだ。
c0163001_23243194.jpg

湧出地点から少し先に行った南側は丘になっており、崖下に三方を囲まれた窪地があった。中にはカバーをかけられたポンプ井戸があり、その奥にも、蓋だけされた井戸があった。あとで調べてみると、近隣の家々の自治会で管理する非常時用の井戸だそうで、湧水を利用しているらしい。場所的に、さきほどの湧水と同じ水脈のような感じなので、もしかすると先ほどの流れはこの井戸から自噴しているのかもしれない。
なお、最初の地点より下流は道路沿いの側溝となって流れたのち、暗渠で野川につながっている。
c0163001_23244225.jpg


==============================================

つぎに向かったのはこの丘の反対側(南側)にあるという湧水。

丘を回りこむ道を進んでいくと、道路端の土管から水が南に向けて流れ出し、小川をつくっている。水は北側の丘のほうから流れてきているようだ。
c0163001_23245432.jpg

水を辿って住宅の裏手に入っていくと、自然なままの水路があった。
c0163001_2325762.jpg

更に奥に進んでいく。昔ながら農家風の広い敷地の家と、リオン(補聴器などのメーカー)の工場敷地の境目となっている。水は澄み切っていて、さらさらと流れている。
c0163001_23251821.jpg

水辺には鳥の足跡が。水浴びでもしにきたのか。
c0163001_23253094.jpg

水はリオン敷地内の丘の下の窪みから湧き出していた。湧出点は橋の向こう側に隠れて見えない。
湧出量は当時で1日22(冬)〜328(夏)立方メートルと冬場と夏場の差が激しい。今は先ほどの湧水よりは水量はありそうだが、どの程度の水量なのだろう。
c0163001_23254122.jpg

流れは先程の土管の先でクランチ状に曲がり、小さな暗渠になった後、野川の支流の元町用水に注いでいる。
c0163001_23365080.jpg

つぎは元町用水の主水源である「真姿の池湧水群」のほうに向かう。



[PR]
by tokyoriver | 2010-01-06 23:43 | 野川とその支流 | Comments(7)
新年あけましておめでとうございます。本年も「東京の水」をよろしくお願いします。

本年最初の記事は新年らしく、国分寺崖線の湧水巡りを記事にしようと思っていましたが、河骨川(こうほねがわ。通称「春の小川」)の暗渠道を経由して代々木公園方面に向かっていたときにちょっとした発見がありましたので、そちらを先に(ちなみに新年初暗渠です)。

================= 
旧代々木山谷町にあった山内公爵邸(土佐藩の山内氏です)内の湧水池と、京王線初台駅南方の谷から発した河骨川は、小田急線を参宮橋駅の南方でくぐって線路の東側を南下していた。
現在、暗渠の道は小田急線の線路に突き当たったところで行き止まりとなり一旦姿を消すが、線路の向こう側に欄干らしき水色の柵と、草木の陰の怪しげな空間がある。
以前からこの場所がどうなっているのかを確かめたかったのだが、数年前までは、飲食店の並ぶ雑居ビルの裏手となっていて、全く様子を伺うことができなかった(写真は2005年)。
c0163001_1616305.jpg

ところが最近このビルが建て替えられ、欄干らしき場所の一帯がすっきりと片付き、暗渠が見えそうな場所に駐車スペースができた。これはことによると見えるかもしれない・・・
c0163001_16164213.jpg

思い切って駐車スペースに潜入、線路際まで行って橋らしき場所の方を覗いてみると・・・見えた!やはり鉄柵は橋の欄干だった。そして何と、線路の下から線路沿いにかけて、なかば土で埋められているものの水路が残っていた。地面には四角い鉄板の蓋も見える。
c0163001_16165394.jpg

水路はビルに突き当たって直角に曲がり、数メートルで無くなっている。もともとは手前まで伸びていたはず。水路のなくなる地点には四角い雨水枡の柵があって、下水の流れる音が轟々と聞こえる。
c0163001_1617539.jpg

下水道台帳を見ると、直径165cmの鉄筋コンクリート管がこの下を通っている様子。水路自体が残っているということは、この土の下に埋められているのだろうか。それにしても、こんなにはっきりとした形で川の遺構が残っているとは、驚きだった。

[PR]
by tokyoriver | 2010-01-03 20:12 | 渋谷川とその支流 | Comments(15)