東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

山手通りと甲州街道の交差する初台交差点の東側。玉川上水の暗渠を三字橋で越えた道は、旧代々木山谷町の深く切れ込んだ谷へと下っていく。道の左手(東側)一帯は、かつて旧土佐藩の山内公爵家の屋敷だった場所。敷地内には水田もあり、敷地に食い込む谷頭には宇田川の支流「河骨川」の水源だった池があった。池から流れ出た川は、谷底に下りきった右手で、初台駅南側の谷からの流れと合流し、谷を南東へと流れていた。

※河骨川など宇田川水系については、詳しくは東京の水2005 Revisitedの記事をご参照下さい。

c0163001_23273445.jpg

谷底を横切る道を、南東から北西に向けて谷底を望む。河骨川の暗渠(川跡)は、右側の電信柱、道路が一番低くなっているところを左から右に横切っている。
c0163001_2327468.jpg

暗渠は最近では「春の小川」の標識も設けられ、すっかり有名になっている。何年か前に廃業になってしまった銭湯「第五良の湯」の脇は、川の面影を残していて、風情のある一角だ。銭湯は井戸水を利用していたという。そしてその排水は川にながされていたのだろうか。
c0163001_2328137.jpg

かつては、このいわば本流の暗渠に平行して、両側に2本の川が流れていた。先の谷を横断する写真でみると、手前(下)のちょうど写真が切れるあたりと、真ん中の横断歩道があるあたりになる。

もともと、河骨川の流れる谷底には細長く水田が拓かれていた。そして、谷の両斜面の直下に水路が設けられて水田に水を引き込み、中央の流れは、水田からの余水・排水を受ける役割を担っていた。流域の宅地化に伴って、導水路は不要となり、排水路であった中央の流れが最後まで残って暗渠化されたというわけだ。それらの流れをプロットしたのが下の地図となる。
c0163001_004199.jpg

(google earth経由「東京地形地図」の段彩図をキャプチャ)
これら2本の傍流の痕跡も、断片的ではあるが、本流の影に隠れてひっそりとその姿をとどめている。まずは西側の流路。河骨川本流の暗渠の隣の路地が、その痕跡だ。川の流れていたときのままに蛇行している(上の図のポイント「西側の流路」付近)。
c0163001_23282678.jpg

川跡はいったん車の通れる程度の道に出るが、しばらく進むと再び、道から分かれる未舗装の細い路地として現れる(上の図のポイント「西側の流路2」付近)。
c0163001_23291565.jpg

次に東側の流路。住宅街の中をクランク状に抜ける未舗装の路地の脇に、U字溝のような水路が残っている。これが東側の水路の痕跡だ(上の図のポイント「東側の流路」付近)。
c0163001_2329266.jpg

小田急線参宮橋駅の南西側には、この水路とつながっていた別の水路の、はっきりとした暗渠が残っている。この場所は10年位前までは、今よりも放置された感が漂っていた(上の図のポイント「東側の流路2」付近)。
c0163001_23293781.jpg

奥まで入っていくと参宮橋駅のホームに突き当たって終わってしまう。ホームの脇には小さな区民菜園がある。擁壁の下部には大谷石の石積みが残り、川跡の雰囲気を色濃く残している。
c0163001_23294856.jpg

大谷石の上で、ニホントカゲが日向ぼっこをしていた。
c0163001_23295994.jpg

河骨川に限らず、宇田川流域はかつて水田だったこともあり、その流路は幾筋にも分かれ、網の目のように絡み合っていた。関東大震災後の宅地化に伴う区画整理などにより、流路は次第に改廃整理され、東京オリンピック前後の暗渠化直前には、現在暗渠として辿れるような各支流1本の流路にまとめられた状態となっていた。流路がまとめられる前は、それぞれの流路はもしかしたら今の川の呼び名とは異なる様々な名前で呼ばれていたかもしれないし、逆に、当たり前にそこにあるものとして、特に呼び名などなかったのかもしれない。
これらの流路を、1935年(昭和10年)に刊行された地籍図をもとにプロットして、段彩図に重ねてみた。初台川流域はすでに区画整理が済んでおり川筋が1本にまとめられているが、河骨川や宇田川の上流部など、谷幅いっぱいに水路が錯綜していたことがわかる。
c0163001_002584.jpg


google mapにプロットしたものはこちらを(目視プロットで、元の図が縮尺や方位がバラバラで断片化されているため、必ずしも正確ではない部分があることにご留意を)。

宇田川水系の暗渠を辿っていると、本流以外にもあちこちに怪しげな路地が見つかるのだが、それらはかつての網の目に分かれていた流路の痕跡なのだろう。いずれそういった痕跡も紹介していきたい。

なお、この地籍図では初台川に架かる「初台橋」が「金冠橋」と記されていた。新たな謎がまたひとつ・・・
[PR]
by tokyoriver | 2010-05-26 00:02 | 渋谷川とその支流 | Comments(11)

いもり川再訪(2)

前回にひき続きいもり川沿いの風景を紹介していこう。

いもり川の暗渠は羽沢の谷の東側に沿って南下している。そのため、暗渠の左岸側(東側)が急峻な斜面となっている。

いもり川の谷の東側の崖に残る、大谷石の階段。登りきった先にも緩やかな階段が続いている。
c0163001_23265813.jpg

2005年撮影のこちらの写真は、いもり川東側沿いの坂とそこに面した、風情のある塀。タモリのTOKYO坂道美学入門にも、口絵に掲載されていて、さすが目の付けどころが、と思っていた。
c0163001_2327762.jpg

ところが今回訪れてみると、この家も塀も取り壊され、大規模な造成が始まっていた。
c0163001_23271727.jpg

先ほどの塀のあった場所といもり川の暗渠を挟んで反対側に、旧「羽沢ガーデン」の敷地の森がある。満鉄総裁や東京市長を務めた中村是公の邸宅を利用した、大正時代の家屋や庭園のある、結婚式場/レストランだったが、5年ほど前に閉園した。
c0163001_23272972.jpg

こちらも高層マンションになる計画があり、表示板には2010年5月竣工予定とあるが、今のところまだ着工されていないようだ。近隣住民からの反対により凍結されているらしい。
c0163001_23273833.jpg

地元の方々による「羽沢ガーデンの保全を願う会」のブログを見ると、豊かな緑を全てつぶしてしまうようだ。もったいない。地元の方々の会の他にも、文化人らによって結成された「羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会」もあるようだ。

暗渠の左岸沿いの崖には新旧入り乱れた擁壁が続く。この辺りは、思っていたよりは変化はなさそうだ。
c0163001_23274886.jpg

上の写真の奥に見えている真新しい白い擁壁の下には、水抜きの穴が並んでいたが、その一角に
常に水が染み出しているらしき場所があり、流れ出た水を雨水枡に導くように傾斜をつけた、ちょっとした仕掛けが縁石上に作られていた。
c0163001_23275744.jpg

もう少し下流に行くと、大谷石の擁壁とその上に見事な緑。崖の上には古い木造の屋敷が見える。
c0163001_2328395.jpg

見上げてみるとかなり高い。
c0163001_23285153.jpg

その下流側には、ふるいコンクリートの擁壁。蔦や苔が覆っている。
c0163001_23293477.jpg

暗渠から西に伸びる、細い路地。以前見たときは単なるコンクリートの敷石の路地だと思っていたが、lotus62さんの「東京peeling!」の記事で暗渠と書かれていたので、あれっ?と思っていた。
c0163001_2330744.jpg

確かに近付いてよく見てみると、敷石に見えていたのは護岸の枠にはめ込まれたコンクリート蓋だった。中は埋まっているようだが、かつていもり川が流れていた頃は機能していたのだろう。うれしい発見。
c0163001_23301813.jpg

暗渠の流れる羽沢の谷は、臨川小学校の北西で渋谷川の谷へと合流する。写真の左奥に伸びるのがいもり川の暗渠。ここの五叉路は好きな風景だ。
c0163001_23302910.jpg

臨川小学校前の道の、暗渠歩道。アスファルトは新しくなっているが、マンホールは古いままだった。この先数十メートル南下すると、渋谷川に突き当たる。
c0163001_23304136.jpg

今回のいもり川に限らず、うっかり油断している間にどんどん変わり続けて行く東京の風景、気に入った場所はこまめに訪れて味わっておいた方がよいかもしれない・・・

[PR]
by tokyoriver | 2010-05-20 23:54 | 渋谷川とその支流 | Comments(12)

いもり川再訪(1)

ある晴れた日の朝、ひさびさにいもり川を訪れてみた。いもり川の詳細については「東京の水2005Revisited」の記事を。水源についてはこちら、由来についてはこちら

常陸宮邸前の東4丁目交差点の六叉路の南側にぽつんと残る秘密基地暗渠。以前は階段を下りて行くところから秘境じみていたが・・・(写真は2005年)
c0163001_21382328.jpg

階段脇の建物が取り壊され、日射しが差し込んでいた。
c0163001_2132349.jpg

階段の先は幸いにもそのまま。
c0163001_21321440.jpg

暗渠が崖下で大きく曲がる地点。路上に異様に苔が発育しているのも、謎の鉢植えが並べられているのも変わりない。
c0163001_21322327.jpg

かつての蛇行のかすかな痕跡である路地沿い。周辺では唯一の木造民家も健在だった。
c0163001_21323357.jpg

渋谷区ならではの看板。右側のイラストが何とも・・・
c0163001_21324272.jpg

かつて湧水池「羽沢の池」があった東京女学館の南側からいよいよ、いもり川階段に始まる川跡があるのだが(画面右端の車止めのところがいもり川階段)何だか雰囲気が違う。
c0163001_2145265.jpg

こちらが2005年の写真。階段を下りるとあたかも森の中の異界へと入って行くような雰囲気があったが・・・
c0163001_21325281.jpg

現在はこの通り。そう。左岸(東側)にあった緑がすっかりなくなってしまい、盛り土をされて駐車場になってしまったのだ。
c0163001_2133256.jpg

かつては下の写真のように、森の中から優雅に蛇行した暗渠が下っていた。護岸の大谷石のカーブも美しく、また流路の傾斜を強調していた。
c0163001_21332183.jpg

それが今では、右岸側(西側)はそのままであるものの、東側のきれいな大谷石は直線的に折れ曲がったコンクリートの壁になり、緑のかわりにフェンスが格子状の影を暗渠状に落としている。日が差し込むようになったことと緑が減ったことで、暗渠に漂う、森の中に入って行ったときのような空気までも失われてしまった。
c0163001_21333044.jpg

右岸側の石積みには何かを再利用したような石も組み込まれていたり、何かの痕跡めいたものもあったりして雰囲気があるのだが、これらもいずれ無くなってしまうのかもしれない。
c0163001_21331148.jpg

いもり川階段の先の区間は、長さにするとわずかではあるのだけど、かつての川が流れていた風景を彷彿とさせるような秘境感があって、とても気に入っていた。それだけに今回の変化はショッキングだった。絶え間なく変わり続けていくのが東京の風景の宿命だとはいえ、いもり川沿いは既に都市化や開発も進み、ある意味これ以上あまり変化のない安定した風景だとばかり思っていたが・・・
今回より下流側でも風景の変化が見られたので、変わっていない風景もあわせて次回にも紹介することとする。


[PR]
by tokyoriver | 2010-05-16 22:15 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)
白子川上流シリーズの最後に、大泉堀の支流「宮ノ脇川」を紹介しよう。宮ノ脇川は、西武池袋線保谷駅の北西、西東京市下保谷4丁目近辺にその流れを発し、下保谷3-2で大泉堀に合流している細流だ。300メートルほどの長さしかないが、しっかりと名前がついているようだ。宮ノ脇は合流地点近辺の古い地名のようだ。前回取り上げた練馬区内を流れる「野水」とちがい、こちらは大部分の区間はコンクリート蓋の暗渠となっている。行政区による違いや、暗渠化の時期による違いによるものなのだろうか。

googlemapにプロットした流路はこちら

合流地点。手前を左から右に大泉堀の暗渠が流れている。宮ノ脇川の暗渠には立ち入り禁止の表示。ライオンの看板が結構インパクトがある。
c0163001_23405284.jpg

奥のほうを見てみると、コンクリート蓋の両岸に、玉石やコンクリートブロックの護岸が見える。手前のコンクリ護岸は大部分が苔に覆われていて、湿気の高さが伺える。
c0163001_2341994.jpg

上流側に回り込んでみると、こちらにも立ち入り禁止の看板が立っている。暗渠は道路から人の背丈ほど低くなっている。
c0163001_23411928.jpg

こちらから奥を見ると、柵で囲まれた区間が見える。そしてここにも玉石の護岸が。暗渠化される前の、わりと深い谷筋を流れていた様子がわかる。雑草の緑が色濃い。
c0163001_23413170.jpg

ここより南の上流側、いったん川は姿を消し、普通の道路となる。道路は民家に突き当たってしまうが、反対側に回りこんでみると延長線上に再びコンクリート蓋の暗渠が現れる(蓋暗渠の下流側はブロック塀に囲まれた民家で、その北側にさきほどの暗渠がある)。この場所だけ、暗渠上に鉄柵が見られた。
c0163001_23414191.jpg

上の写真の地点から上流方向を望む。暗渠沿いには土が露出し緑が見られる。両岸は最近まで畑だったようだ。造成中の住宅もあった。
c0163001_23415345.jpg

鉄柵から中を覗き込むと、わずかながら水が流れている。臭いもせず、濁りもない。下水ではないようだ。
c0163001_2342348.jpg

暗渠は虫食い状の宅地の中を曲がりながら流れている。日当りがよく、のどかな雰囲気がただよっているが、数年後には家々に囲まれてしまうのだろうか。
c0163001_23421222.jpg

東西に直線に伸びる新しい車道を越えると、暗渠はアスファルト舗装となり、マンションの裏手へと向かっている。舗装されているとはいえ道端には雑草が生い茂り、そこはかとない秘境感がただよっている。
c0163001_23422378.jpg

途中から下流方向を振り返る。アスファルト舗装はかなり適当なようで、雑草ははみ出しているし、コンクリート蓋が露出している場所もある。
c0163001_23423447.jpg

マンションの南側で西に折れると、再びコンクリート蓋が露出する。川幅ぎりぎりまで塀が迫っている。
c0163001_2342461.jpg

下保谷4-3で暗渠は消滅する。これより上流側には痕跡は残っていないが、かつてはもう少し西側まで伸びていたようだ。このあたりはかつては湿地だったという。
c0163001_23425735.jpg


以上で、白子川上流のシリーズはひとまずおわり。白子川本流の沿岸には第4回目でとりあげた源流部より下流にもあちこちに湧水が残っており、こちらもいずれ訪問してみたい。


[PR]
by tokyoriver | 2010-05-12 00:32 | 白子川とその支流 | Comments(4)
しばらく間があいてしまったが、白子川上流のシリーズの最後に、白子川の支流「大泉堀」の支流を取り上げる。今回紹介するのは練馬区南大泉5丁目から西大泉2丁目にかけて流れていた2つの小さな支流で、地元ではいずれも「野水(のみず)」と呼ばれていたという。下の段彩図で東側を横切る太い水色のラインが白子川で、東西に流れているのが大泉堀、そして小泉橋で合流している支流と丸山東橋で南側から合流しているのがその2つの「野水」だ。等高線を見ると、いずれも浅い谷筋を流れていることがわかる。どちらも暗渠化され、それもコンクリート蓋ではなく普通の道になっている。
c0163001_1419957.jpg

googlemapにプロットした流路はこちら

========
まずは小泉橋で合流している流れを遡ってみよう。

写真右から手前にのびている遊歩道が大泉堀の暗渠、そして左から合流する、車止めのついたアスファルトの道が「野水」の暗渠(川跡)だ。大泉堀と違ってこちらはヒューム管が埋められ下水道化されてしまっている。
c0163001_2325253.jpg

一見ただの道路にも見えるが、路上に「水路敷」の字が書かれている。杉並区の暗渠のランドマークが金太郎の車止めだとすれば、練馬区の暗渠のランドマークといえるのがこの路上の、ずばりそのものの表記だ。
c0163001_23253956.jpg

道に沿って不自然な未舗装のエリアが続いている。
c0163001_23255216.jpg

しばらく遡ると、川跡は白子川に並行して南西へと向きを変える。おそらくもともとは大泉堀ではなく、もう少し南で白子川に合流していたのだろう。それを水田の灌漑用につけかえたものと思われる。あるいはこの並行する区間は白子川の傍流だったのかもしれない。なにも知らなければ普通の道にしか見えないが、「水路敷」の字がここが川跡であることを主張している。
c0163001_2326577.jpg

川跡は妙福寺の南側で白子川を離れ西へと向かう。細い路地はいかにも川跡らしい。「水路敷」の字がだめ押ししている。水路上を塞ぐようにそびえ立つ木はいつから生えているのだろう。
c0163001_2326208.jpg

細い川跡を遡って行くと、蔦に覆われた一見廃屋のようにも見える古そうなアパートが数棟、現れる。アパートの間の道は中庭のように使われていて、かなり趣のある空間だったが、調べてみると主に外国人向けのゲストハウスだった。ホームページを見ると、外見に反して室内はかなり綺麗そうだ。
c0163001_23263779.jpg

ヨシダハウスの西側からは、車止めのついたいかにも川跡らしい路地が住宅の間を縫っていく。
c0163001_2326513.jpg

宅地を抜けると、ビニールハウスの裏手を未舗装の路地になって進んでいく。ここは私道風で入れそうにないので、回り込んで川跡を探してみる。
c0163001_232747.jpg

西武池袋線の北側を並行して、大泉学園駅から保谷駅に向かう道路のそばに、干上がった水路を発見。ここはたぶん「白子川を知っていますか」に紹介されていた区間と思われる。20年以上前のその写真には畑の間を流れる水が写っていたが、今では看板と塀の影に隠れ、消滅寸前だ。
c0163001_23271828.jpg

水路の延長線上を探ると、「水路敷」の文字の書かれた路地が現れた。「この先行きどまり」の看板は入るなと言っているようなものだ。
c0163001_23273575.jpg

侵入していったものの、途中で路地を横切って張られたクモの巣が行く手を阻んでいた。すべての家々は背を向けていて、本当に誰も通らないようだ。それなら一体何のために舗装して整備したのやら・・・クモの巣を壊す気も起こらず、ここで誰も使えないトマソン路地の暗渠を引き返した。もともとこの路地のある南大泉5-32が最上流部で、浅い谷筋に集まる雨水や湧水が流れていたようだ。
c0163001_23274955.jpg


===========
次に、丸山東橋で大泉堀に合流するもう一つの野水を簡単に紹介しよう。
写真右奥に見える緑の車止めの蓋付き暗渠が大泉堀の流れ、そして左側の遊歩道風の路地が野水の暗渠(川跡)だ。こちらも先の野水と同じく、ヒューム管が埋められ下水道化されてしまっている。
c0163001_2328054.jpg

川跡は遊歩道に整備されているが、住宅地の裏側の一段窪んだ場所を通っていて、何となく湿度が高く薄暗い。あまり積極的には通りたくないような雰囲気だ。写真のようにわずかに畑地も残っている。塀をみると意外と傾斜があるのが判る。
c0163001_23281428.jpg

暗渠沿いの民家に、井戸水でも利用していると思しき澄んだ水をたたえた池があった。丸々と太った鯉が泳いでいた。
c0163001_23282525.jpg

暗渠の上流端近くから下流方向(北)を見る。擁壁に突き出した排水パイプは、この川がドブ川となり、そして下水道化されたことを示している。この先、南大泉6-10の小さな公園のまわりを回り込んだのち、暗渠は住宅街の中で突然に姿を消す。この公園がかつての水源だったのだろうか。
c0163001_2328355.jpg

次回の「宮の脇川」で、長々とつづいた白子川上流シリーズを終わりとしたい。西東京市内を流れるこちらは、練馬区内の「野水」と異なりコンクリート蓋の暗渠となっている。


[PR]
by tokyoriver | 2010-05-09 23:38 | 白子川とその支流 | Comments(6)