東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

前回に引き続き、矢川緑地保全地域より下流側の矢川を辿って行こう。

みのわ通りを越え、矢川緑地に入る矢川。すぐ北側は住宅地となっている。ここに暮らす人たちは目の前が前回紹介した湿地ということになる。
c0163001_23384646.jpg

川は深緑の中を抜けていく。
c0163001_2338584.jpg

保全地域の北側、矢川から少し離れたところにも別の小さな湿地があり、湧水が流れ出している。
c0163001_23391631.jpg

流れ出す川。水量は多い。こちらもすぐ北側には普通の住宅地が隣接している。
c0163001_23392970.jpg

水は澄み切っており、さらさらと流れていく。 
c0163001_23394061.jpg

しばらく流れた後、写真奥の突き当たりで右側(西側)から流れて来た矢川本流に合流している。
c0163001_23395076.jpg

緑地を出た直後の矢川。そこはかとなくワイルド。
c0163001_2340170.jpg

道路に沿って流れて行く。このあたりは穏やか。緑が川面にせり出している。
c0163001_23401057.jpg

水面では、あちこちに魚が泳いでいる。すばしっこいうえ、保護色になっているのでなかなか写真に撮れなかった。下の写真には水底に黒い影を落とす2匹の姿が見えるが、実際にはもっと沢山いる。
c0163001_2341045.jpg

国立第6小学校を西側から南側に沿って。この一角は小学校の敷地らしい。右岸には水を引き込んだ小さな池もある。子供たちが網を持って水遊びをしていた。
c0163001_2341963.jpg

小学校の南側。ホタルが棲んでいるとの標識があった。
c0163001_23412255.jpg

この辺りでは護岸はつくられているものの柵はなく、川の存在は身近だ。川沿いの個人宅専用の橋が並ぶ。
c0163001_23413295.jpg

それらの個人橋のたもとには必ずといってよいほど洗い場があった。
c0163001_23414150.jpg

奥多摩街道を越えると川は深くなる。いよいよ青柳段丘を浸食しながら下り始める。矢川沿いにときおり見られる玉石の護岸は昭和初期に多摩川から運んで来たらしい。左岸にある保育園では夏場、この流れに下り水遊びをするとか。先の小学校にしても、綺麗な水の流れる川が子供たちの日常の中にあるのはうらやましい。
c0163001_23415081.jpg

滝乃川学園の森の中、青柳段丘の崖線を下って行く。写真には木の生えた中島が見える。護岸もなく自然のままの姿だ。滝乃川学園は日本最初の知的障害児者の社会福祉施設として1891年に創設され、1928年に北区滝野川からこの地に移転してきたという。本館は国の登録文化財となっている。
c0163001_23422187.jpg

すぐ近くには「東京都水道局谷保2号水源」があった。青柳段丘の下の帯水層から水をくみ上げているのだろう。
c0163001_23423347.jpg

矢川が滝乃川学園の敷地を南側に抜けると、段丘の下を東に流れる、府中用水の谷保方面への支流に合流して終わる。合流地点は「矢川おんだし」と呼ばれている。写真右側の流れが矢川、左側の流れは青柳段丘の崖線下に湧き出している「ママ下湧水群」から流れてくる清水川だ。水温が最も高い府中用水と、湧水が水源だがしばらく流れて来たことでやや水温の高い矢川、そして、湧水からすぐに流れ込むため最も水温の低い清水川という、3種類の温度の川の水がここで混じり合っており、それぞれに棲む水生生物もここまで来るため、様々な水生生物が見られるという。
c0163001_23424494.jpg

府中用水は5月中旬から9月下旬までしか多摩川からの水が入らないのだが、谷保方面の支流には矢川と清水川の水が流れ込むため、矢川おんだしより下流は通年水が流れている(さらにここより下流では谷保天満宮付近の湧水もいくつも流れ込んでいる)。ちょうど多摩川の水を通水し始めたばかりでいよいよ水田に水が引き込まれる直前のためか、水量は非常に多い。水路は水をたっぷりとたたえてかなりの早さで流れている。ここも川沿いには縁石があるだけで水面と路面の高低差もほとんどなく、水の流れがとても身近に感じられる。
c0163001_23425315.jpg

府中用水も面白そうだが、あまりにも水路が多岐にわたるため、その全貌を捉えるにはなかなか時間がかかりそうだ。

[PR]
by tokyoriver | 2010-06-28 00:02 | 多摩川の支流 | Comments(8)
立川市南東部から国立市南西にかけて流れる矢川は、現在の全長は2kmに満たない短い小川だが、立川段丘の崖線下に湧き出す豊富な湧水を水源とし、豊かで澄んだ水の流れる川として知られている。
現在の主水源は、JR南武線西国立駅から南に500m、立川市羽衣町にある「矢川緑地」の湧水だ。東京の名湧水57選に選ばれている著名な湧水だ。矢川はここから南東に立川段丘の崖線の下に沿って流れ、ひとつ下の青柳段丘の斜面を下って、府中用水の谷保支流に合流している。(府中用水は国立市青柳で多摩川より分水され国立市内、府中市内を網の目のように分岐したのち再びまとまって多摩川に戻る用水路で、流域の一部は今でも水田が残り、現役の農業用水路として使われている)。

矢川緑地内を流れる矢川。写真の右側には湧水と矢川の水をひいた池が、左側には湿地帯が広がる。
c0163001_23313158.jpg

湿地帯は高原の風景のようなすがすがしさ。
c0163001_23314347.jpg

さて、一般的には矢川の源流は「矢川緑地」とされることが多いのだが、実際には川は緑地の中央を東西に抜け、さらに西に延びている。

矢川緑地の西側を南北に通る「みのわ通り」東側から矢川緑地方面を望むと、矢川の流れが見える。
c0163001_2331543.jpg

「みのわ通り」をくぐって、50mほど西側に進んだ、矢川弁財天の北側に接する一画が、現在辿れる矢川の流れの最上流端だ。写真はみのわ通りからみた最上流端。
c0163001_2332695.jpg

みのわ通りの下は、めがね型のトンネルとなっている。実は「みのわ通り」自体が、JR立川駅北側から南に下って多摩川に注ぐ人工河川「緑川」の暗渠で、矢川とはここで立体交差していることになる。このトンネルは緑川が開渠だったころからあるものだろう。2つの水路の高低差と、強度の問題からめがね型になっていると思われる。
c0163001_23321638.jpg

最上流端では、川を覆う鉄板の下から清冽な水が流れ出しており、それより先は暗渠となっている。暗渠から流れだす湧水は澄み切っていて、水量も多い。水面も妙に揺れており、暗渠の中を延々とながれて来たのではなく、暗渠に入ってすぐの辺りで湧き出していそうだ。
c0163001_23322474.jpg

鉄板を上からみたところ。鉄板の先はアスファルトの道路。右側(南側)は矢川弁才天の敷地となっている。
c0163001_2332337.jpg

暗渠の中をのぞいてみると、少し奥からコンクリートの水路が続いてきているようだが、奥までは見えない。
c0163001_23324370.jpg

隣接する矢川弁才天の敷地には、湧水(自噴の井戸?)を利用した池が作られている。ただ、水量が足りないのか、水を循環させているようで、池の水質は矢川に比べかなり落ちる。
c0163001_23325253.jpg

明治初期の迅速図や明治後期の地形図を見ると、これより先、水路はやや蛇行しながら西にのび、現在の立川市立第七小学校の辺りまで描かれている。昭和初期から10年前後にかけ立川駅南側一帯は耕地整理がされて、格子状に道路がつくられた。明治後期に耕地整理法が施行されて以降、東京近郊各地で将来の宅地化を見越した耕地整理が行われたようだが、このエリアもそのひとつのようだ。その際に、あわせて矢川の上流部も暗渠化されたようだ。
かつての水源まで、川の痕跡を探し遡ってみた。

上流端のすぐ西側、都立多摩職業能力開発センターの北側にそった道。終戦直前の地図では、この区間までは水路として描かれている。「改訂版・立川の歴史散歩」(1990年 立川市教育委員会)によればこのあたりの湧水が現在の矢川の水源ということだが、先の鉄板の下をさしているのか、それともこの道の下に湧水地点があるのか。
c0163001_2333457.jpg

古そうな日本家屋の立つ一角から先は、耕地整理時に暗渠化された区間となる。川は暗渠化された際に直線化され、この道の地下を通されたと思われる。
c0163001_23331569.jpg

立川崖線の下をまっすぐに伸びる道路。右側(北側)が、立川崖線の斜面となっている。川は本来この道より左側(南側)を曲がりながら流れていたようだが、現在その痕跡はまったくない。
c0163001_2333249.jpg

立川通りを越えしばらくいくと、ようやく南側に曲がりくねった暗渠の道が分かれる。立川市立第七小学校の敷地の北側に沿った道は、いかにも川跡の雰囲気を漂わせている。
c0163001_23333538.jpg

曲がりくねった湿っぽい路地の北側は崖や斜面となっていて、いかにも川跡といった雰囲気だ。「改訂版・立川の歴史散歩」によれば、かつて立川市立第七小学校の北側正門付近に「井戸端」と呼ばれる湧水池があり、ここが矢川の源流だったという。
c0163001_23334537.jpg

北側正門の先にも、暗渠らしき道は続いている。道端には雨水溝。道はどんどん細くなって、登り坂となっていく。ブロック塀の下にわずかにある玉石の護岸は、水が流れていたころのものだろうか。
c0163001_23335332.jpg

川跡の道は錦中央通りに出て終わりを告げる。振り返ってみてみると、かなり細い下り坂の路地。下りきったあたりが最上流端だったのだろうか。
c0163001_2334323.jpg



ちなみに、明治初期の地図には、この地点のすぐ西側、都立立川高校の東側の道に沿って南北に水路が描かれている。これを残堀川の旧水路としている文献もある。
狭山丘陵を水源とし、玉川上水と交差し昭和記念公園を横切って流れる残堀川は、江戸時代以降何回にもわたって人工的に流路が付け替えられている。玉川上水の開鑿以前は、矢川につながっていて、現在の府中用水のところを流れていた多摩川に注いでいたらしい。
そんなことから、先の文献では、この最上流の地点と先の南北の水路がつながっていたと考えたのだろう。ただ、立川市刊行の史料では、残堀川の旧水路は立川駅の東側を回りこんで南武線にほぼ平行して南東に流れ、矢川緑地の東側の方で矢川に合流していたような描き方をされている。地形をみても、立川高校の脇は平坦で、自然河川が流れていたとは考えにくく、少なくとも立川駅以南は、おそらく用水路だったのではないかと思われる。

次回は矢川緑地より下流の矢川を取り上げる。暗渠はまったく登場しないが、かつての都区内の川はこうだったかもしれないというような風景が残されている。
[PR]
by tokyoriver | 2010-06-22 23:46 | 多摩川の支流 | Comments(6)

みちくさ学会

3月に続き6月頭に、またもやパソコンがクラッシュしてしまい、更新が滞っておりました・・・

さて、このたびライブドアの"ブログメディア"サイト「みちくさ学会」に寄稿することとなり、先日第1回の記事「暗渠歩きへのいざない」が掲載されましたので、お知らせします。何を載せるべきかいろいろと悩みましたが「“みちくさ”の楽しみ方を提案するブログメディア」とのことですので、入門編的な内容としてみました。ですので、読まれても、な〜んだ、そんなのわかってるよと思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、ご容赦下さい。とりあえず何回か寄稿する予定です。といいつつ次回のネタもパソコンクラッシュの件もあり全く白紙です。こんなネタはどうか、などご意見ありましたらぜひコメント下さい。また、私の記事はともかくとして、給水塔や琺瑯看板、水門から換気口まで、なかなか面白そうなテーマが並んでいますので、よろしければ覗いてみて下さい。
[PR]
by tokyoriver | 2010-06-19 16:21 | お知らせ | Comments(0)
小平市喜平町。
小平団地の東側を南北に伸びる道路の歩道に、ひっそりと古びたコンクリート蓋が続いている。300mほど南には玉川上水の水路。そう、この蓋暗渠は玉川上水からの分水路なのだ。
c0163001_12331840.jpg

蓋暗渠の南側は歩道のアスファルトに飲み込まれ、このようにどこへ続いているのかはっきりとわからない。蓋もだいぶ古びていてあちこち壊れ、歩道を通る人も特に気にする様子もない。一見すると、すでに役割を終えた水路の残骸のようにも見える。数百メートル北上すると、蓋は姿を消す。
c0163001_12332775.jpg

ところが。道の反対側に渡ってみると、そこから水路が姿を現している。
c0163001_1233393.jpg

木板で土留めされた水路には、澄んだ水がとうとうと流れている。
c0163001_12335153.jpg

この水路は「鈴木用水」。武蔵野台地上の新田開発のために、今から300年以上昔に、玉川上水から分けられた用水だ。明治時代の初期、玉川上水の通船に伴う取水口の統合により、玉川上水の北側に沿って新堀用水が開削されて以降は、新堀用水から分水されている。
現在玉川上水は小平監視所より下流は再生水が流されているのだが、面白いことに、新堀用水は小平監視所まで流れてきている多摩川の水を取り入れている。これは、用水を今でも現役の農業用水として使っている地域があるためだという。そんなわけで、多摩川上流部で取水された清冽な水が、先のおんぼろの暗渠を通ってここまで流れてきている。

少し下ると、かわいらしい水門が現れる。ここで、左に大沼田用水が分かれていく。
c0163001_1234317.jpg

水門の手前に小さな堰があり、水路は等幅に分けられている。澄んだ水が結構勢いよく流れている。
c0163001_12341973.jpg

水門を裏側から見るとこんな感じ。大沼田用水の水門の方が立派だ。
c0163001_12343537.jpg

二つに分かれた水路。
c0163001_12345440.jpg

右側の鈴木用水は、土管で道路の下を抜け・・・
c0163001_12351354.jpg

民家の林の中を流れていっている。素掘りの水路がそのまま残っていそうだ。水路はこの先東に進み、西武新宿線花小金井駅の南東に至る。
c0163001_12352455.jpg

大沼田用水のほうは、よくあるコンクリートの梁付の水路となって北上し・・・
c0163001_12353510.jpg

しばらくすると、再びコンクリート蓋暗渠の中に消えていく。この先、西武新宿線小平駅の東まで続いているはずだ。
c0163001_12354763.jpg

小平市内を流れる玉川上水の分水は、今でも水が流されているところが結構ある。そして、水が流れていなくても、素掘りや簡単な護岸の水路があちこちに残っていて、これらを辿っていくのは川の暗渠を辿るのとはまた違った楽しみがある。


[PR]
by tokyoriver | 2010-06-11 07:30 | 玉川上水とその支流 | Comments(8)

古戸越川(2)

前回に引き続き、古戸越川について、東急大井町線下神明駅前に残る「古戸越橋」の欄干より下流側を紹介しよう。古戸越橋の下流側は、前回の写真のように暗渠が空き地となって残っているが、奥の方は私有地状態になっていて入れない。そこで、まわりこんでいくと、湘南新宿ラインの土手を潜るガードが現れる。ガード下には「蛇窪支線」「古戸越ガード」と暗渠に関係する地名のダブル表記。湘南新宿ラインは貨物線を利用しているのだが、その正式名称が蛇窪支線のようだ。古戸越川の流れる一帯の旧地名が下蛇窪村だ。蛇窪は言うまでもなく、川や水に関係の深い地名だ。
c0163001_22572442.jpg

ガードの北側には、階段で降りるようになっている暗渠の路地があった。
c0163001_22573523.jpg

この暗渠は今度は横須賀線の土手(更にその上には新幹線の高架)に突き当たって行き止まりとなる。土手を覆うコンクリートには、もともとは川が抜けていたような痕跡がある。
c0163001_22574633.jpg

ここも仕方ないので、ぐるっと横須賀線の西側に回り込んでみると、線路沿いにコンクリート蓋の水路が残っているではないか。継ぎ目に空気穴が2つある、ちょっと変わったタイプの蓋だ。たまにJRの線路脇にみられるような水路の蓋にも似ているが、それらよりもだいぶ幅が広い。
c0163001_22575897.jpg

蓋暗渠の区間は30mほどで、すぐに真新しいアスファルトの敷かれた暗渠となる。
c0163001_2258971.jpg

横須賀線からはなれ、住宅地へと進んで行く。
c0163001_22582041.jpg

こぎれいなアスファルト暗渠は途中から、大谷石の擁壁、突き出した排水管、民家の勝手口といったアイテムの揃ったいかにもな暗渠になり、再び横須賀線の線路にぶつかる。その先は民家の私有地の中を通り、再度横須賀線の東側に抜けている。この私有地の中には、どうやら蓋暗渠が残っていそうだった。
c0163001_22583395.jpg

横須賀線の東側。高架の直下から、暗渠の路地が続いている。
c0163001_22584863.jpg

暗渠沿いの家の玄関の前に置かれた古い掘り抜き井戸の枠。この扉が使えないようにわざと置いてあるのだろうか。
c0163001_2259341.jpg

古戸越川の暗渠は、三ツ木通りに出て終わりとなる。かつて写真右から左に向かって、東急池上線戸越公園駅近辺を水源とし、戸越通り〜三ツ木通りに沿って川がながれており、そこに合流していた。この川はさらに東で品川用水の分流をあわせ、目黒川に注いでいた(前回の段彩図を参照のこと)。
c0163001_22591453.jpg



[PR]
by tokyoriver | 2010-06-06 23:40 | 目黒川とその支流 | Comments(6)

古戸越川(1)

古戸越川は、品川区豊町の戸越公園の池にその流れを発し、西品川1-10で、戸越銀座通り~三ツ木通りに沿って西から東へと流れていた川に合流する1kmちょっとの小さな川だ。合流した後は、さらに品川用水の末流をあわせ、東海道線と山手線が分岐する付近、広町1-2で目黒川に注いでいた。古戸越は「ことごえ」と読むそうで、近くの地名「戸越」ももともとは「とごえ」と読んでいたそうだ。ちなみに古戸越川の流路は戸越にはない。

下の段彩図で図の中央下側をU字型に流れている青いラインが古戸越川、左から右に横切り、古戸越川と合流して上にあがり目黒川(右上の太い青線)に合流している青いラインが戸越銀座を流れていた川だ。地形を見るとわかるように、古戸越川は小さいがはっきりとした谷を流れていて、もともと自然河川だったようだ。戸越公園の池と、その北にある国文学資料館の池には、現在でもわずかではあるが湧水が残っているという。
そして江戸時代前期には、その谷の谷頭を囲むように細川家の下屋敷がつくられた。上の地図を中央を見ると、戸越公園近辺を回り込むように道路が下向きのコの字型に曲がっているが、ちょうどこの「コ」が細川家の屋敷の輪郭だった。「コ」の中には戸越公園、大崎高校、戸越小学校といった施設が含まれており、現在戸越公園となっているのはその5分の1ほどの面積にしか過ぎない。
c0163001_23373289.jpg
(google earth経由「東京地形地図」の段彩図をキャプチャ)
谷頭には庭園がつくられ池が設けられた。湧水だけでは庭園の泉水をまかなえなかったのか、この屋敷の水利のために1663年、玉川上水から分水した戸越上水が引かれた。わざわざ庭園のためだけに、現在の中央線三鷹駅付近から、遠路はるばるここまで分水がひかれたわけだが、この戸越上水は数年後にいったん廃止された後、品川用水となって、品川区内の田畑を潤すこととなる。上の図の水色のラインが品川用水とその分流だ。尾根筋を通されているのがわかるだろう。庭園はその後三井家の所有となったのち、1935年に戸越公園として開放された。

古戸越川が暗渠化された時期はさだかではないが、その痕跡はほぼ全流域にわたって現在でも残っている。大井町線下神明駅の前に残る「古戸越橋」の欄干は一度記事にしたが、今回、次回と流域全体をあらためて取り上げたい。

今回は源流の戸越公園から、「古戸越橋」までの区間。この区間は都道補助26号線の予定地に重なり、現在工事が進行中だ(ちなみにこの道路は中野通りの延長線上にあり、井の頭線池ノ上駅東側の、北沢川溝が谷支流もつぶして通る予定となっている)。


戸越公園の池には、西側から渓流が注いでいる。もちろん庭園の造園時に人工的につくられたものだ。池の主水源は水道水だというが、この渓流がすべて水道水なのか、現在でもわずかに残る湧水(1990年調査で1日5立方m)が混ざっているのかは不明だ。戸越公園の北側の国文学資料館の池にも湧水が残っているというが(1990年調査で1日20立方m)、そちらの水の導水もあったりするのだろうか。
c0163001_23374663.jpg

池。この日は大雨の直後で濁っていた。
c0163001_23375556.jpg

公園の南東から、暗渠が始まる。東急大井町線のガードを潜る直前には大径マンホールがある。ちなみに、潜ったすぐ先にも同じような大径マンホールがある。
c0163001_2338527.jpg

ガードの南側は都道の予定地となっていて柵に囲まれており、暗渠もルートを変えられ、地上の痕跡はなくなってしまっている。しかし、しばらく東に進むと、まだ暗渠が残っている区間が現れる。雑草が生い茂り、荒廃感が漂っている。奥に見えるのは東海道新幹線の高架だ。その下には横須賀線が走っている。
c0163001_23381580.jpg

路上にぽつぽつと見える赤い点々はヘビイチゴの実。
c0163001_23383664.jpg

写真右側は、工事が始まる前は普通の住宅地だったようだ。当時は暗渠も生活路として使われていただろうから、これほど荒れていなかったのではないか。
c0163001_23384538.jpg

大谷石の擁壁に突き出す、古そうな陶管。
c0163001_233856100.jpg

新幹線と横須賀線/湘南新宿ライン、そして東急大井町線が交差する下を抜けると、川跡は曲がりくねった路地となる。
c0163001_23391065.jpg

しばらく進んで行くと、古戸越橋の欄干のところに出る。昭和8年に架けられた橋は、周囲の風景が変わっていく中、そのままの姿で佇んでいる。
c0163001_23392141.jpg

橋の下流側には、かつての護岸らしき石積みを緑が被っている。
c0163001_23402235.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2010-06-02 00:20 | 目黒川とその支流 | Comments(8)