東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回から3回にわけて、「妙正寺川天沼本村支流(仮称)」を下流側から上流に向けて辿っていく。この流れは、杉並区本天沼2丁目付近から始まり北東にのびる、妙正寺川の浅い枝谷を流れていた小川で、西武新宿線鷺ノ宮駅近くで妙正寺川に合流していた。下流部は杉並区と中野区の区界になっている。ここでは、上流域の旧村名から「妙正寺川天沼本村支流(仮称)」と呼ぶことにする。

この流れについては以前、namaさんが「暗渠さんぽ」で記事にされている。また、最近ではリバーサイドさんも善福寺川リバーサイドblogで記事にされている。

下の段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)で中央を左下から右上へと流れているのが、天沼本村支流とそれにつづく妙正寺川右岸傍流だ。なお、地図中央下の、桃園側に注ぐ本村用水?と記した流れの上流がかつて天沼本村支流に接続していて、いわば下流部が二股に分かれた流れだったとする説があるそうだ。ただ、等高線を見ると判るように、本村用水方面に水が流れるには尾根(微高地)を越えねばならず、あったとすれば自然の流れではなく、やや深く掘り下げられた人工水路だっただろう。
c0163001_2346838.jpg

「スケッチ散歩 杉並とその周辺の昔話」(森田金蔵・金作 1982 清水工房)
ではこの川の名を「天沼本村川(仮称)」と呼んでいる。同著にはこの川について、以下のように記されている。

「天沼本村川(仮称)というのは、現在の本天沼三丁目二十一番地付近よりの自然の湧水による俗称長島と言われていた深い掘割を水源地とし、更にこの流域一帯の島畠(湿潤地)の中を縦横に走っていた排水用の掘割より湧き出す水を合せて天沼本村の鎮守稲荷神社の裏を流れて、現在でもある天沼本村の弁天社と三峯神社の処に大正の頃まであった池に集りこれを水源地として真言宗の天沼山蓮花寺というお寺の前を東流して稍々行った処で流れを東北方へ変えて鷺ノ宮村と井草村との境を画して妙正寺川へ落入していました。そしてその河口の所はかなり高い断崖となっていて、妙正寺川の上流前面をさえぎるような地形となっていました」

この記述や各時代の地形図、住宅地図、空中写真などを参考にしながら、川跡をさかのぼっていくこととしよう。

====================

まずは天沼本村支流の下流のようになっている、妙正寺川右岸傍流から。この流れは、妙正寺川との間に細長く広がっていた水田に水をひくための水路で、余った水を妙正寺川に戻すようなつくりとなっている。

西武新宿線鷺ノ宮駅の南口に降り立つと、駅の南側すぐに妙正寺川が大きくカーブを描いて流れている。
c0163001_2346585.jpg

川沿いの歩道をしばらく西へ遡っていく。少し寂れた飲食店や店舗が並んでいる。写真はとある古本屋。
c0163001_234732.jpg

鷺の橋という比較的最近架けられたらしい橋のたもとから、右岸側(南西側)に、ぐねっと道が分かれていく。この道が、妙正寺川右岸傍流の川跡だ。現在は合流口も塞がれ跡形もないが、地図をみると1970年代まで現役の水路だったようだ。こちらを進んでいく。
c0163001_2347776.jpg

出だしこそ真新しいアスファルト舗装だったが、しばらく進むと御覧の通り、川跡感を漂わせた裏道となる。右側が、妙正寺川に挟まれた水田だった。水田は1950年代末に埋め立てられ、都営鷺宮西住宅となった。
c0163001_23471232.jpg

都営住宅の敷地内の広場につきあたったところに、短い区間だがコンクリート蓋暗渠が残っていた。水路は広場の下を抜けているようだ。
c0163001_23471836.jpg

広場を迂回する道も、暗渠ではないがなかなか風情があった。片側の土手は保全緑地となっている。
c0163001_23472332.jpg

広場の反対側には、さきほどよりももう少し長い区間、コンクリート蓋暗渠が残っていた。蓋の上には植木鉢が並べられたりしていて、団地の風景にとけ込んでいた。蓋の先は、舗装された暗渠へと戻る。
c0163001_23472894.jpg

舗装暗渠を途中で下流方向に振り返る。左側は崖、右側の塀の向こうはかつての水田、現在の団地。谷底の平地一杯に水田が拓かれ、水路が崖沿いを流れていたことがわかる。
c0163001_23473281.jpg

団地の給水塔。小さいながら印象的なフォルム。
c0163001_23473662.jpg

団地の敷地が終る辺りでまた上流方向を振り返る。三つ子の車止め。
c0163001_2347418.jpg

しらさぎホームの脇からは、遊歩道に整備されていた。
c0163001_23474466.jpg

やがて、天沼本村支流の暗渠との接続地点に到達する。写真左手前から遡って来たかたちとなり、奥にのびているのが天沼本村支流、そして右へ進むとすぐに、妙正寺川との分岐地点となる。
c0163001_23474863.jpg

井草下橋のすぐそばの妙正寺川との分岐地点には、なぜかコンクリート蓋暗渠がほんの2、3mの区間だけ残されていた。
c0163001_2347528.jpg

妙正寺川の左岸から見てみると、暗渠の口もそのまま残されている。暗渠の板はかなり薄く、そして川底との落差が結構ある。
c0163001_23475746.jpg

さて、この暗渠の口は「妙正寺川天沼本村支流」が妙正寺川に注ぎ込む合流口だったのか、それとも傍流が妙正寺川から水を引き入れる分水口だったのか、どうにもよく判らない。実は2つ前の写真の接続地点は十字路になっていて、天沼本村支流の延長線上にも短い遊歩道が妙正寺川まで続いている。そしてこちらの合流口は、傍流のほうの延長線上にある。つまり、遊歩道がそのまま川だったとすると、二つの流路が交差していたことになる。

この地点はもともと堰場と呼ばれ、妙正寺川両岸の水田に水をひき入れるために堰が設けられていた。堰で水位を上げることで、両岸にあった傍流に水を引き入れていたのだ。今まで辿って来た傍流はその右岸側のものだ。

一方で「杉並とその周辺の昔話」では、天沼本村支流はここで妙正寺川に落入していたと記してあり、するとかつては傍流への引水と立体交差していたのか、あるいはいったん流れ込んだ後に改めて傍流へと水をひいていたのだろうか。

1963年の航空写真では、傍流がこの暗渠の口付近で妙正寺川から分流し、天沼本村支流はそこに合流しているように見える。そして、1973年の住宅地図でも、天沼本村支流はここでは合流せずに妙正寺川右岸傍流へと向っており、妙正寺川と接続する区間はまったく描かれていない。

蓋をされた水路の遺構は、この姿になった時点では果たして合流口と分水口のどちらだったのだろうか。いずれにしても以前の妙正寺川は現在よりも遥かに川底も水面も地表に近く、またこの場所で小さなS型に蛇行し、堰によって淀んだ渕となっていた。直線に改修され掘り下げられた現在の姿/地形だけからもとの様子を復元するのは難しい。

先の接続地点へと戻り、ぐぐっと南に向きを変える遊歩道を進むと、大きすぎる車止めから、天沼本村支流の川跡が本格的に始まる。ここから先しばらくは、中野区と杉並区の区界となる。
c0163001_2348132.jpg


以下、つづく。
[PR]
by tokyoriver | 2010-12-27 22:31 | 妙正寺川とその支流 | Comments(6)
「みちくさ学会」「これもまた川の痕跡。杉並の住宅地を縫う極細の暗渠/川跡をたどる」という記事を書きました。とりあげたのは、杉並区/中野区界隈の暗渠探訪者の間ではおなじみとなりつつある「桃園川たかはら支流(仮)」です。namaさんや味噌maxさんの秀逸な記事の後での二番煎じとなりましたが、ご容赦を。

桃園川支流を歩く その17たかはら支流(仮)は七変化(「暗渠さんぽ」)
桃園川たかはら支流(仮)の驚愕。(A Midsummer Night's Hole)

短いながら変化と見所に富んだたかはら支流、本文中にスペースや都合上掲載できなかった写真が多かったので、こちらに補完として掲載してみます。流路の全体像や詳しい説明は「みちくさ学会」の方に記しましたので、そちらの記事とあわせてお読みいただけたらと思います。
=====================
まずは段彩図。特に中央線以南の谷筋はかなりはっきりしていることがわかる。(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。
c0163001_025318.jpg

夜の最上流暗渠。さすがにこの中に入って行く勇気はない。
c0163001_025394.jpg

夜の中央線南側暗渠。猫に出会った。
c0163001_0254627.jpg

夜の橋遺構。奥は闇だ。
c0163001_0255296.jpg

最上流の開渠。大谷石の護岸に挟まれた、埋まりかけの細い水路。
c0163001_026055.jpg

やはりここの区間はハイライト。
c0163001_026893.jpg

なぜか暗渠状に放置されていた「止まれ」標識。
c0163001_0261310.jpg

出鱈目に載せられた蓋の上を枯れた雑草が這い、護岸もいろいろと塗り重ねられていて、訳が判らない状態。
c0163001_026172.jpg

工事現場足場を蓋にしている。
c0163001_0262259.jpg

もうひとつの欄干の遺構。
c0163001_0262660.jpg

妙に気になった扉。
c0163001_0263147.jpg

鉄板の蓋。
c0163001_0263727.jpg

ブロック状の蓋。
c0163001_0264190.jpg

開渠。
c0163001_0264642.jpg

たかはら支流の南東で発見した怪しい路地。
c0163001_0265171.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2010-12-22 10:00 | 神田川とその支流 | Comments(8)
貫井川を辿るシリーズの最後は、貫井弁財天のところで北東に分かれる分流と、その分流に注ぐ支流の川跡をとりあげる。下は今回のエリアを拡大した段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。貫井川最下流部流域は石神井川の低地に沿った水田地帯となっていて、分流と本流の間にも何本か水路があったようだ(図水色のライン)。貫井川の分流は水田地帯だった低地の外縁部に沿うように流れていた。そしてそこに合流する、細く、はっきりとした谷戸を流れる支流があった。この谷戸の東側の台地に名付けられていた小字名「向山ヶ谷戸(こやまがやと)」から、この支流を向山ヶ谷戸支流(仮称)と呼んでおこう。
c0163001_23261563.jpg


ではまずは貫井川分流から。
==============

前回の記事でもとりあげた貫井弁財天の敷地。赤い鳥居は後から移設されてきた御嶽神社の祠で、その右側に見える塗装のない鳥居が貫井弁財天だ。写真手前から左奥に横切る道路沿いが貫井川本流で、車止めを通って右へのびる道が分流だ。路上には暗渠サインの水色ペイントがある。この地点にはかつて「聖橋」が架かっていたという。
c0163001_23262062.jpg

分流は弁財天の東側を抜け北東へ向かう。この先は目白通りの旧道につきあたって行き止まりとなる。道路とは2mほどの段差があり、かつては「貫東橋」が架かっていたという。
c0163001_23262553.jpg

「貫東橋」跡の北側にまわると、再び川跡の道が現れる。
c0163001_23263087.jpg

しばらくは、蛇行以外は川跡の痕跡のない道が続くが、石神井川に近い地点にはこのような暗渠区間も残っている。現在でも水路敷扱いのこのあたりにはかつて水車があったという。
c0163001_23263684.jpg

川跡はカーブして東へと向きを変え、台地の縁を進んでいく。右岸のコンクリート壁の上は畑となっている。
c0163001_23264929.jpg

半円状にカーブを描く区間の出口。かすれているが水路敷のペイントが残る。
c0163001_23265740.jpg

この先は石神井川に並行した直線の暗渠が遊歩道となっている。私が今回使った1万分の1地形図(1989年刊)では、先のカーブからこの直線区間にかけてはまだ開渠として描かれている。この直線区間は大正末期の耕地整理の際に石神井川の改修とあわせつくられた水路と思われる。
c0163001_2327331.jpg

唐突に現れたパンダ2頭。手前の鳥は何ものだろう?
c0163001_2327847.jpg

川は200メートルほど続く直線区間の後、直角に曲がり石神井川に注いでいた。かつての合流口のあたりには痕跡は何もないが、やや下流の橋の下に雨水管が口を開けている。
c0163001_23271237.jpg

=========
「貫井川向山ヶ谷戸支流」

さて、続いては「向山ヶ谷戸支流」をとりあげよう。猫またぎさんが以前記事にされていた暗渠だ。全長700mほど。こちらでは下流から上流へと遡ってみる。緑色の車止めから、遊歩道となった暗渠が始まる。
c0163001_23271676.jpg

一応遊歩道風にはなっているが、路上は苔むし、道端には雑草が生えていてなかなかいい感じ。秋の日はつるべ落としで、写真は夕刻5時頃のものだが既に夜のようだ。
c0163001_23272111.jpg

緑も多く、谷底独特の湿度が夕闇で増感される。猫が暗渠を横切っていく。
c0163001_23272425.jpg

横切った猫は別の路地を覗きこんでいた。
c0163001_2327285.jpg

谷を横切る道は両側とも坂や階段になっていた。その一つ。暗渠は手前を右から左に向っている。
c0163001_23273318.jpg

更に上流へと進んでいく。右岸(左側)はコンクリート擁壁だが、左岸(右側)にはちょっとした土手も残っていた。上流部は谷が細く谷底の平地がわずかだったためか、水田に利用されることもなく、木々が茂る森となっていたようだ。
c0163001_23273867.jpg

擁壁から突き出した排水管。
c0163001_23284929.jpg

暗渠は目白通りに突き当たり階段となって終る。谷戸自体もここが谷頭となっていて、古地図にはこのあたりに小さな池が描かれているものもある。
c0163001_23285976.jpg

階段の脇の擁壁からは水抜きの穴から水が滲み出していた。
c0163001_23291035.jpg

階段を登って目白通りから暗渠を振り返る。階段の反対側、目白通りの南側には特に目立った谷地形も川の痕跡もないが、戦前「練馬製氷所」があったようだ。地下水をくみ上げていたのだろうか。
c0163001_23292075.jpg


以上で貫井川のシリーズは終わり。練馬区内は他にも豊島台を刻んで石神井川に注ぐ谷筋の暗渠/川跡が沢山あり、どれもおもしろそうだ。大部分は猫またぎさんが記事にされているが、こちらでも折をみてまたとりあげたい。
[PR]
by tokyoriver | 2010-12-13 23:52 | 石神井川とその支流 | Comments(4)
貫井川の記事に入る前に、以前の記事にひとつ追記を。
今回記事を書くにあたって、都の湧水台帳をみていたところ、90年代前半のリストに「豊島弁財天」が記されていました。「練馬駅北側の2つの暗渠(2)石神井川豊島弁財天支流(仮称)」でとりあげた、暗渠が突然行き止まりで終わる地点にある弁財天です。湧水量の記載はなく、弁財天の敷地内にあったのか、行き止まりの崖下に湧いていたのかも不明ですが、あの場所には源流の水源が確かにあったということになります。「豊島弁財天」自体、由来のはっきりしない謎めいた存在なのですが、そこにまたひとつ謎が増えました。いったい湧水はどのような姿をしていたのでしょう・・・
======
さて、貫井川の2回目は西武池袋線以北から石神井川へ合流するまでの区間をとりあげる。下は下流部を拡大した段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。貫井川は上流部が浅い谷だったのに対し、下流部は深く大きな谷筋を流れていたことがわかる。このU字型の谷は「蕪ケ谷戸(かぶらがやと)」 と呼ばれていた。その形が蕪のようであることから名付けられたという。谷戸は石神井川に面した出口よりも奥の方がやや広く、袋状になっている。この谷戸の真ん中にはかつて貫井池があった。
c0163001_23301211.jpg


===
西武池袋線の高架を越えると、再び暗渠が現れ、団地の脇を抜けて北~東北東へと向かっていく。所々では、練馬区名物「水路敷」のペイントが見られる。
c0163001_23302839.jpg

この先しばらく進むと、暗渠のカーブを最近開通した環八通りが横切っていて、環八の北西側に、三日月状に川跡のカーブが取り残されている。幸いにも環八の下敷きとなった区間以外には影響はなく、その先には再び車止めの設けられた暗渠が続いている。暗渠は大きくカーブを描き、東から南東へと向きを変えて、「蕪ケ谷戸」の谷底へと下っていく。
===
かつての護岸の痕跡のようなコンクリート壁が、アスファルトの舗装に埋もれかけていた。
c0163001_23303298.jpg

暗渠沿いの土地とは段差があるところが多い。ところどころ、暗渠に降りる階段が設けられていた。
c0163001_23303684.jpg

このように、車道の歩道になっている区間もあった。歩道の色をわざと変え、申し訳程度に車止めも設置してある。
c0163001_23304232.jpg

この場所は最近まで川が流れていたような雰囲気だ。
c0163001_23304763.jpg

かつて本貫井橋が架かっていたあたり。湿度が高く、だいぶ谷底まで下ってきたような気配となる。水を流す溝がつくられているのは水が集まりやすいからだろうか。
c0163001_23305042.jpg

暗渠部に段差がついている。コンクリートの古び方はかつての護岸の痕跡のようにも思えるが、幅が細いのでそうではないのかもしれない。
c0163001_23305382.jpg

かつて貫井橋があった地点。暗渠はここで向きを変え、東へと向かっている。また、ここでは南西から来る支流が合流していた(段彩図で左下から中央)。こちらも暗渠(川跡)として痕跡が残っている。
c0163001_23305945.jpg

支流の方をさかのぼってみる。しばらく歩道や道路の区間が続くが、やがて遊歩道風に舗装された暗渠が現れる。
c0163001_2331567.jpg

マンホール蓋が短い間隔で並ぶ。
c0163001_2331107.jpg

暗渠は西武池袋線の北側で終わっている。
c0163001_23311413.jpg

現在はこれより上流部の痕跡はないようだが、かつては線路の南側まで繋がっていて、途中富士見台1ー13の都営住宅付近にあった池を挟み、千川上水まで繋がっていたという。練馬区の資料によると、公式な分水ではなく、表向きは水量調節用の悪水路扱いだったようで、地元では「ほりっこ」と呼ばれていたという。
===
さて、貫井川本流に戻って下っていこう。幅広の遊歩道となった暗渠を東へ進んでいくと、貫井中学校の南側に出る。ここでは暗渠は二つの道に挟まれた帯状の遊歩道と緑地帯になっている。
c0163001_23311880.jpg

このあたりで「蕪ヶ谷戸」の谷底が最も広くなっている。中学校の敷地以北の一帯、谷戸を望む斜面からは、旧石器・縄文・弥生・奈良・平安・近世の各時代にわたる遺構や遺物が出土しているという。水の利がよく、古くから人が暮らしていたのだろう。
そして、右側のマンションの建っている一帯には、かつて「貫井池」「貫井の池」と呼ばれる湧水池があった。この池を潤していた湧水が、貫井の地名の由来となっているという。伝承としては、かつて一帯が水不足で苦しんでいたとき、弘法大師が訪れ、持っていた杖で地面を突くと、そこから泉が湧き出した、という日本各地によくありそうな由来譚が残っている。地面を貫いて湧き出した井で貫井というわけだ。一方で「ぬくい(貫井、温井)」は、地面から湧水が湧き出している地点を指すという地名だと言われている。同じ「貫井」では小金井市貫井が、湧水に恵まれた土地として有名で、貫井神社の湧水は現在でも野川の水源のひとつとなっている。

貫井池は大正末まであったというが、明治末の地図ではすでに湿地として描かれている。その後湧水は枯れ、池の跡地は水田や荒れ地、資材置き場といった変遷を辿り、70年代の一時期にはプールなどのレジャー施設もつくられていたらしい。現在はマンションが立ち並び、池を忍ぶ痕跡はまったくない。ただ一つ、かつて池の傍ら祀られていた水天宮が、後に紹介する円光院のわきに移設され現存しているという。

暗渠が北へと向きを変える地点では南側から短い暗渠が合流してきている。流路はかつての池の東縁にあたり、谷が西武線の南まで食い込んでいる。この流路の傍らに湧水があったように描かれている資料もある。後で地図を見て気がついたのだが、暗渠の突き当りには小さな神社の祠があるようだ。湧水と関係する物件なのだろうか。
c0163001_23312252.jpg

ここから先は貫井川遊歩道として、かなり整備された姿となって北へと続いている。川沿いはかつては水田として利用されていたようだが、今は住宅地となっている。
c0163001_23312962.jpg

目白通りを越える辺りは谷戸のボトルネックとなっていて、通りを越えた先はもう石神井川の谷筋だ。暗渠沿いにちょっとした空き地があって、貫井弁財天と御嶽神社の祠が並んでいた。元禄年間の創設という。御嶽神社のほうはどこかから移設されてきたようだ。このあたりにもかつて湧水があったらしいが、詳細は定かでない。弁財天があるくらいだから池でもあったのだろうか。ここで東側に分流が分かれていく。こちらについては次回とりあげる。
c0163001_23313538.jpg

暗渠上の植え込みに混じって、1箇所、遊具のようなオブジェがあった。公園によくあるカバやサイとはずいぶん趣きが異なっている。
c0163001_2333744.jpg

暗渠は円光院という大きな寺院の脇を北上していく。
c0163001_23331955.jpg

円光院は正式には「南池山貫井寺円光院」といい、かつて寺の南に大きな池がことから「南池山」と号し、地名を取って「貫井寺」と称したという。大きな池は貫井池のことをさしているのか、あるいは貫井弁財天のところに池があったのだろうか。山門の脇には古そうな石仏が並んでいる。
c0163001_23333226.jpg

暗渠は円光院を過ぎると、車道と同じくらいの幅の歩道となる。このあたりは石神井川沿いの水田地帯で、東側に並行して2本ほど支流が流れていた。
c0163001_2333474.jpg

貫井川の川跡/暗渠は向山4丁目で石神井川に合流して終わりとなる。護岸に口を開けた暗渠が見える。貫井川下流の暗渠は下水道貫井幹線となっているのだが、円光院より北側の数百メートルの区間は下水は別ルートへ分かれ、暗渠は雨水路となっている。
c0163001_23335797.jpg

暗渠の合流口の下側は堰状になっていて、そこに空けられた穴から水が流れ出ている。練馬区の調査によると、この水は湧水だそうだ。暗渠の雨水路となっている区間のどこかで湧き出した水が、暗渠内を流れてここで石神井川に注いでいるという。貫井川はほとんどがもはや川跡としかいえないような姿だが、ここだけは暗渠の中に堆積した土とその上を流れる水も見え、川が生き残っているかのようだ。
c0163001_2334558.jpg


======
次回は、貫井弁財天で分かれた分流と、そこに注ぐ支流(仮に向山ケ谷戸支流とした)を取り上げる。後者は以前猫またぎさんが記事にしていたところだが、こちらでは逆向きに下流側からさかのぼっていってみる。
[PR]
by tokyoriver | 2010-12-09 00:23 | 石神井川とその支流 | Comments(2)