東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小沢川は、丸ノ内線新高円寺駅近く、杉並区梅里から流れ出し、杉並区和田の丸ノ内線(支線)中野富士見町駅近くで神田川に注いでいた全長2kmほどの小川で、現在では全区間暗渠となっています。小さな支流ながら独立した呼称を持ち、なぜか暗渠好きの間では比較的有名な川(跡)でもあります。

川は、段彩図(数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)でみるとわかるように、桃園川と善福寺川〜神田川に挟まれた台地にかなりはっきりと刻まれた谷を流れています。主な水源は、谷が環七通りを横切るすぐ東側に現存する湧水池「新鏡ヶ池」とされていますが、それより上流にも谷が伸び、さらにその先の台地上にも人工と思われる水路の痕跡が残っています。
c0163001_2026348.jpg

年末に時間ができたので、4年ぶりにこの「小沢川」の暗渠を辿ってみました。上流部のカオスぶりは相変わらずでしたし、縁あって最上流部に密かに残る蓋暗渠や今まで行ったことのなかった"蛇窪"の支流跡にも足をのばすことができましたので、記事にしてみます。

既にいくつもの暗渠系サイト/ブログでとりあげられており(本ブログでも以前、主水源だった「新鏡ヶ池」を紹介しました)、あまり新鮮味はないかとは思いますが、おつきあいいただければ幸いです。

=============

「小沢川」の暗渠は、丸ノ内線新高円寺駅の近く、青梅街道から五日市街道が分かれる交差点のすぐ東側から始まります。といってもここから200mほどは直線の水路敷が続いており、本来の水源よりも上流部につくられた、人工的な水路だと思われます。かつて青梅街道沿いには南阿佐ヶ谷駅付近まで、千川上水の分水「六か村分水」がひかれていましたが、その余水がここまで到達していたのか、あるいは街道沿いの排水路がつながっていたのでしょうか。
c0163001_20264118.jpg

暗渠沿いの緑地は木々が生い茂っています。
c0163001_2026491.jpg

そして、この暗渠沿いには「金太郎の車止め」が集中しています。青梅街道からの入口にあるのはもちろん、このように暗渠につながる道の方に金太郎が設置されています(奥を左から右に横切っているのが暗渠です)。絵の状態も比較的良好です。
c0163001_20265442.jpg

進んでいくと、右岸側には僅かですが段差がある場所も出てきます。
c0163001_20265979.jpg

珍しい、2連の金太郎。しかもここも絵柄がしっかり残っています。
c0163001_2027580.jpg

その先、右岸側の斜めのアスファルトがちょっと面白い。この辺りから暗渠は少し不規則に曲がったりしていて、これより先は自然の流れだったように思われます。
c0163001_2027884.jpg

南南東へと向っていた暗渠は、堀ノ内斎場の脇で向きを東に変え、真盛寺の敷地にぶつかって塀の向こうに姿を消します。ぶつかった先の塀が一部分だけトタンとなっていて、その下の路上には変な構造物が見えます。
c0163001_20271425.jpg

真盛寺とそこから南へ400mほどの妙法寺にはさまれた環七通りの西側はちょっとした寺町になっています。妙法寺以外の寺院は、大正初期から戦前にかけて都心部より移転してきました。寺院の境内にはポンプ井戸もちらほら見られます。下の写真では猫が井戸番をしていました。
c0163001_20272130.jpg

こちらは古そうな掘り抜き井戸らしき石の枠組の中に、なぜか釜がはめられていました。釜には金網製の蓋まで用意されています。
c0163001_20272855.jpg

それらの寺院のなかのひとつで、特別に許可を頂き、境内を通っている小沢川の暗渠を見学させて頂きました。そもそも川が流れていたということ自体が理解して頂けるかどうか不安でしたが、ああ川ですね、ありますよ、といって案内された先には、驚いたことにコンクリート蓋の水路が残っていました。小沢川全区間で唯一の蓋暗渠です。脇に隙間のあるタイプで、水路の上にそのまま蓋をしただけのような感じです。写真奥の方から流れて来ていますが、奥は土に埋まっているようです。
c0163001_20273585.jpg

緑に囲まれ、ゆったりと蛇行する水路。蓋の下には小沢川の水路が残っている、と考えると、蓋を開けてみたい衝動に駆られます。
c0163001_20274059.jpg

途中には点検用の取っ手のついた小さな縦五連蓋も見えます。
c0163001_20274518.jpg

ここから先は寺院の私宅の庭先を通って、真盛寺の境内へと入っていくそうです。真盛寺の境内にはもはや痕跡はまったく残っていないと思われますので、蓋暗渠の区間はここだけということになります。
c0163001_20275012.jpg

 お寺の方に伺った話では、区より歩行車道として整備したいとの話があったが、真盛寺で行き止まりになっていて通り抜けできないので意味がないことや、家の庭先を通っているため断ったとのこと。区からは水路敷は公有地だから、とごり押しされたが、では寺の前の道路は私道ではないか、と言ったところ引っ込んだとか。実は、真盛寺前を環七から堀ノ内斎場に抜ける道は近隣の寺院の私道(おそらくこのお寺の所有地も含まれるのでしょう)ですが、通行者の利便を図って開放しているそうなのです。確かに公有地だからといって杓子定規に行き止まりの歩道をつくるくらいなら、この私道を買い上げてもらった方がよっぽど住民の利便性にかなってますよね。

 そして、もともとは小沢川の南側までが堀ノ内だったのが、住居表示のときにこの私道が境界線になるように変更され、寺の敷地が梅里となってしまったという話も伺いました。調べてみると、この辺りの小沢川の流路はかつて、「杉並村~杉並町」と「和田堀内村~和田堀町」の境界線だったようです。川の南側は堀ノ内、北側は高円寺でした。そして、住居表示法にもとづいた、1966年の住居表示施行で「梅里」という地名が生まれた際に、境界線が変更されました(ちなみに梅里は青梅街道の通る里(=町)という意味で作られた地名だそうです)。そう聞くとますます、私道の方は放っておいて暗渠は公有地だから歩道に、というのが都合のいい話に思えます。ともあれ、歩道にならなかったおかげでこのコンクリート蓋水路が奇跡的に生き残ったわけです。

さて、暗渠の行き先真盛寺は、1631年湯島に開創し、1922年(大正11)にこの地に移転してきました。山門からして広大な境内が容易に想像できるこの寺は、三井財閥の三井家の菩提寺としても有名で、「三井寺」とも呼ばれているとか。そして、境内に現存する「新鏡ヶ池」は、最初に記したように、かつて小沢川の主な源流でした。池は寺が移転してくる前からあり、現在の池のおよそ倍の広さで、中島に弁天堂を祀る弁天池だったといいます。東側の現在環七通りとなっているところにも、かつて同じくらいの湧水池があり同じく小沢川の水源となっていたようですが、今では跡形もありません。
c0163001_20275996.jpg

真盛寺は現在、この手の広大な境内を持つ寺院としては珍しく、檀家以外の立ち入り禁止の表示が掲げられていますが、4年前に訪れた時には特に表示もなく普通に出入りできました(単に見落としていただけなのかもしれませんが、他にも普通の散歩客らしき人が参拝していました)。その時に撮影した「新鏡ヶ池」の様子です。放生池(捕獲した鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式「放生会」で、魚を放つ池)なので、魚が鳥に獲られないよう糸が張り巡らされています。「新鏡ヶ池」の名称は、寺が移転して来た時に当時の新劇俳優によって改めて名付けられたそうです。かつては豊富な湧水を誇っていたようですが、現在はおそらく枯れていると思われます。
c0163001_2028785.jpg

「新鏡ヶ池」の西側、墓地の入口にももうひとつ池がつくられていました。小沢川の水路は、これら二つの池の南側を流れていたようです。
c0163001_20294777.jpg

境内には水路の痕跡らしきものは見当たりませんでしたが、真盛寺に隣接する公園に、境内から流れ出ていた小沢川の水路跡の道が残っています。写真の柵の奥右側あたりが「新鏡ヶ池」で、水路は池の水を合わせて、手前の方に流れていました。
c0163001_2030632.jpg

下流側を振り返るとこんな感じです。川は真盛寺山門の参道沿いの塀の東側に沿って流れていました。写真の奥が環七通りになります。
c0163001_20302314.jpg

環七通りを越えると、はっきりとした谷筋が現れます。階段で下る谷底には、小沢川の暗渠が通っています。ここから先しばらくの区間は、見所にとんだ暗渠道が待ち構えています。
c0163001_20303716.jpg

(次回につづく)


2009fragmentsになってから初めて全編ですます調で通してみましたが、何だか調子が狂いますね、これ。自分で書いた文章に見えません。次回から今まで通りに戻すかもしれませんが、あしからず・・・
[PR]
by tokyoriver | 2011-01-23 22:18 | 神田川とその支流 | Comments(20)
妙正寺川天沼本村支流を辿る3回目は、最上流部。前回の最後、三峯神社わきから再び現れた川跡の路地は、ほぼ平坦な住宅地の中を抜けていく。

マンホールや雨水枡が無造作に並んでいる。
c0163001_12203554.jpg

両側をコンクリート板塀に囲まれた、回廊のような空間。
c0163001_12204213.jpg

ライオンがマンホールの見張り番。
c0163001_12204679.jpg

車止めは赤い逆U字型のもの。脇の家の大谷石の壁はコンクリート板塀とは連続していない。川沿いの塀は川が流れていたときはおそらく必要なかったはずで、暗渠化されたときに、あらためて板塀を設けたのではないか。
c0163001_12205066.jpg

天沼稲荷神社の裏手で川跡の路地は終ってしまう。稲荷神社は天沼本村の鎮守社で、いわば村の中核だった神社だ。

1936年測図の三千分の一地形図天沼には、天沼稲荷神社の裏側、写真左側の住宅地のところに池が描かれている。前回記した通り、「杉並とその周辺の昔話」によれば池がは大正頃まで先の三峯神社のところにあったとされているが、地図が間違いでないとすると2つ池があったのか、それとも三峯神社の池がなくなったのちに更に上流部に池がつくられたのか、あるいは三峯神社というのが記憶違いだったのだろうか。さらに、いわゆる「天沼本村池」がどちらの池を指していたのだろうか。地形的にはなかなか判断できないエリアだけに、真相が気になるところだ。
c0163001_12205522.jpg

川跡の終点から西側を望む。1950年代の1万分の1地形図には、この道沿いに更に西に水路が描かれているが、路上に痕跡はない。
c0163001_12205926.jpg

天沼稲荷神社の周囲を探ってみると、神社の南西側に、コンクリート蓋の細い暗渠が見つかった。
c0163001_1221393.jpg

蓋沿いには土の地面が残っていて、苔や木が生え、なかなかいい雰囲気だ。
c0163001_1221856.jpg

しばらく進むと蓋沿いはアスファルトで固められてしまった。紅葉した落ち葉が降り積もり色鮮やか。
c0163001_12211361.jpg

かくっと左(南)へ曲がる。
c0163001_12211785.jpg

まっすぐ。暗渠ギリギリまで建物がないのがいい。
c0163001_12212133.jpg

さらにかくっと右(西)へ。つまり、クランク状にながれているわけだ。曲がり角がいやに湿っぽい。
c0163001_12212582.jpg

ふたたびまっすぐ。先に見える青い自動販売機のところで蓋暗渠は終っている。
c0163001_12212980.jpg

出て来た道路をよく見ると、写真左上に見える青い自販機の暗渠出口の向いの駐車場に、怪しい排水溝と中途半端な位置の車止めがあった。ここを更にクランク状に流れて、手前の道を右に進んでいた、ということではないだろうか。
c0163001_12213259.jpg

試しに手前の道を西に進んでみると、古びて割れかかり、中が埋められていそうなマンホールがいくつか並んでいた。
c0163001_12213746.jpg

この道の先は丁字路になっているのだが、なぜか、幅1mにも見たない区間だけ植え込みがあり通り抜けできないようになっている。写真は植え込みの脇抜けて振り返ったところ。近所の子供たちもここを通りぬけていた。
c0163001_12214030.jpg

そしてその丁字路の「ー」の道には奇妙な車止めに仕切られた、いかにも水路の痕跡じみたスペースがあった。この先にも道路沿いに不自然な未舗装空間があったりした。「杉並とその周辺の昔話」によれば、ここから50mほど西にいった場所にかつて水源の湧水があったというが、駐車場と住宅があるのみだった。そして、源流部はほぼ平坦で、谷頭型や崖線型の湧水が湧くような場所はない。
c0163001_12224116.jpg

先の湧水は、「杉並とその周辺の昔話」によれば、「長島」と呼ばれる深い掘割に湧いていたという。そして、「流域一帯の島畠(湿潤地)の中を縦横に走っていた排水用の掘割より湧き出す水を合せて天沼本村の鎮守稲荷神社の裏を流れて」とある。
島畑(島畠)とは、本来の意味でいえば、水田地帯において、水を保つために水田の底を深く掘り下げて地下水位に近づけた際に、出た土を盛って畑として利用したものだ。畑が水田の中に浮く島のように見えることからその名がついたという。しかし、古地図を見る限り、この一帯には水田はなかったようだ。
ただ、天沼本村支流の源流部は「井荻天沼地下水堆」にかかっており、宙水があって地下水位が浅かった。段彩図の薄い水色のエリアが地下水堆で、特に天沼本村支流源流近辺は宙水と本体の地下水とが繋がっていて、地下水位が非常に浅かったようだ。(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_23203378.jpg

このような場所だから、雨の後などはじめじめして、そのままでは利用できないような土地だったのかもしれない。そこを畑として利用するために、排水を兼ねて「長島」などの掘割を作り、湧き出す水をそこに集め、掘り出した土を畑に盛って水はけのよい耕作地を得ていたのではないか。その畑を「杉並とその周辺の昔話」で「島畠」と呼んでいるのではないかと思われる。いわゆる「湧水群」があるような土地が持っているような豊かな水のイメージとは違った姿がそこにはあったのだろう。現在では地下水位もだいぶ下がって、土地も乾き、湧水は枯れてしまった。暗渠や川跡だけが、かつての土地の姿を彷彿させる痕跡なのかもしれない。

※2015年追記: 肥沃ではあるが湿り気の多い、黒土の土地を「島地」という場合がある。ここでの「長島」はそれにあたるのかもしれない。白子川上流の、雨が降って水が湧いた時のみ流れる川「シマッポ」は「島地の堀」が名称の由来との説があり、この「長島」も「シマッポ」同様、土地を指す「島地」が水路の名に転用された可能性もある。

[PR]
by tokyoriver | 2011-01-16 23:35 | 妙正寺川とその支流 | Comments(2)
みちくさ学会に記事を掲載しました。今回は蟹川です。写真はだいぶ絞り込んだのですが、それでも前後編に分けての掲載となりました。ご感想などありましたらぜひこちらにコメントいただけたらと思います。

新宿歌舞伎町から流れ出していた川「蟹川」の痕跡を辿る。(前編)

新宿歌舞伎町から流れ出していた川「蟹川」の痕跡を辿る。(後編)

後編で、蟹川が下末吉面と武蔵野面の境界線を流れていると記しました。段彩図(数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)を御覧になれば判るように、南〜東側の下末吉面の標高が高いことがわかるかと思います。新宿付近の台地「淀橋台」は大部分が古い段丘「下末吉面」で形成されているため、標高が高く、また無数の谷戸によって侵食されているのが特徴です。
c0163001_12493940.jpg

下の写真は下末吉面の段丘斜面に設けられた、東宝湯わきの石段。石段の上にも緩やかな坂道が続いています。
c0163001_1251542.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-01-13 12:51 | お知らせ | Comments(2)
妙正寺川天沼本村支流を辿る2回目は、妙正寺川傍流と合流する地点より、上流部までさかのぼってみよう。流路段彩図は記事の後半あたりを。

妙正寺川から離れた天沼本村支流は、しばらく中野区白鷺と杉並区下井草の境界線となって南へ続く谷筋を流れる。
c0163001_2046478.jpg

隣を通る車道よりも低くなっている。コンクリート板を縦棒で押さえた擁壁は護岸の名残だろうか。
c0163001_20465236.jpg

車道は登り坂へ、暗渠は谷筋へと分かれていく。
c0163001_20465780.jpg

暗渠は周囲よりも低くなっていて、段差を解消するための階段が、ところどころに設けられている。
c0163001_2047097.jpg

低くなっている分、なかなか水がはけないのだろう。路面に積み重なる落ち葉が湿っていて、苔も鮮やかな緑色。浅い角度で差し込む冬の陽射しは、眩しいが路上を乾かすほどの熱はない。
c0163001_204763.jpg

区界を離れ杉並区内に。ぐぐっと曲がって南東から南西へと向きを変える。金太郎の車止めが、杉並区の管理下にあることを示している(しかし、結局金太郎に遭遇したのはここだけだった)。道路との交差が橋跡の雰囲気を残している。
c0163001_2047983.jpg

赤い車止めが続く。暗渠上のアスファルトは新しそうだが、マンホールの蓋は古びた鉄筋コンクリート製のもの。
c0163001_20471565.jpg

暗渠は一旦早稲田通りに出て、通り沿いに少し西へずれた後、再び暗渠道となる。ここから先は本天沼に入り、谷筋はかなり浅くなる。
c0163001_20471842.jpg

暗渠を横切る道の方に、車止めがあった(暗渠は右から左へと横切っている方の道)。杉並区の暗渠でよく見られる路上の動物ペイントも、暗渠ではない方に描かれていた。
c0163001_20472247.jpg

程よく鄙びた感じの暗渠が続く。
c0163001_2047263.jpg

緑に囲まれた暗渠はかつてのせせらぎを想像させる。谷が浅かったこともあってか、川沿いには水田はなく、畑や荒れ地、雑木林だったようだ。
c0163001_20473168.jpg

きれいなS字カーブが美しい。アスファルトを苔が侵蝕している。
c0163001_20473417.jpg

暗渠は消防庁天沼寮の裏手を抜けていく。寮の南側を通る小道はかつての鎌倉道のひとつらしく、川を越えるところには土橋がかかっていたという。「杉並とその周辺の昔話」によれば、夜遅くにその橋を渡ろうとすると、下流の暗闇から小豆婆が小豆を磨ぐ音が聴こえて来たという伝承があるそうだ。ちょうど天沼寮のあたりが、小豆婆のいたところとなる。川が急流になって音をたてていたのだろうか。
c0163001_20473967.jpg

暗渠の道は蓮華寺前の幅広の車道に出て、いったん姿を消す。川はかつて、この車道の南側(写真右側)に沿って流れていた。1963年の空中写真には梯子状の水路が写っているが、70年代前半の住宅地図ではすでに消えており、その間に暗渠化されたのだろう。
c0163001_20474215.jpg

ゆるやかにカーブする道の北側は、真言宗室生寺派の天沼山蓮華寺(蓮花寺)の敷地。室町時代の創建という古い寺だ。境内の弁天堂の前には弁天池があった。建物自体は比較的新しそうだが、池はいつからあったのだろうか。ちなみに真東へ1.4kmほどの中野区大和町にも同名の蓮華寺(日蓮宗泉光山蓮華寺)があり、こちらには湧水池とそこから流れ出していた短い川跡の暗渠が残っている。
c0163001_20474648.jpg

この寺の前付近から、南の桃園川に向けて「本村用水」が分岐していたという説もあるそうだが(下段彩図の緑色のライン)、前回記したように南側は桃園川水系と妙正寺川水系の分水界の微高地となっていて、水路を通すには掘り下げなければならない。わざわざ分水するほどの水量があったようにも思えないが、果たして本村用水は天沼本村支流まで繋がっていたのだろうか。桃園川は探求をされている方が多いようなので、真相をきいてみたいところだ(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。
c0163001_065644.jpg

道端にあった、なぞの石材。川関連のものだったら面白いが、ただの車止めかもしれない。
c0163001_20475173.jpg

厳島神社と三峯神社が祀られた三角形の敷地のところで、再び暗渠の道が分かれる。路上に降り積もる銀杏の落葉の黄色が鮮やかだ。このあたりに、大正まで周囲の湧き水をあつめた池(一名 天沼本村池)があり、天沼本村支流の主水源となっていたという。厳島神社は大雑把に言えばほぼ弁財天と同じであり(「杉並とその周辺の昔話」で弁天社と言っているのは厳島神社のことだろう)、弁財天は池や湧水の近くに設けられることから、近辺に池があったのは確かだろうが、古地図を時系列で見ていってもここに池を描いたものはなく、正確にはどこにあって、どの程度の規模だったのか、よくわからない。実はもう少し上流に池を記した地図はあったのが、その話は次回に。
c0163001_20493129.jpg

三峯神社の小さな祠。敷石のカーブが綺麗だ。この奥には同じくらいの大きさの、厳島神社の祠があって、同じようにカーブを描いた敷石の参道がつくられている。境内は祠の大きさに比して奇妙に空間があり、池があったとしてもおかしくはない。
c0163001_2049498.jpg

この先の水源地帯については次回にとりあげる。
[PR]
by tokyoriver | 2011-01-06 00:14 | 妙正寺川とその支流 | Comments(10)

謹賀新年2011

2009年よりexcite blogへ引っ越した「東京の水」、何とか2011年を迎えることができました。2010年は3月のムック「東京ぶらり暗渠探検」刊行や6月からの「みちくさ学会」連載など、暗渠づいた1年でした。そして、今までにない動きだったのが、"暗渠系ブログ"の方々の活発な活動です。元来熱しにくく醒め易い性分のため、なかなかこういったものをコンスタントに継続していくのはしんどいタチなのですが、皆様のブログの頻繁な更新や、こまめにいただけたコメントに刺激され、何とか続けてこられました。本年もよろしくお願いいたします。ROMの方も、励みになりますので、ぜひお気軽にコメントいただけると嬉しいです。

c0163001_1803235.jpg

伊豆の町でみかけた、水上喫茶店。
[PR]
by tokyoriver | 2011-01-01 18:16 | お知らせ | Comments(8)