東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中野区大和町3丁目~4丁目、駅で言うと中央線の高円寺駅と阿佐ヶ谷駅、西武新宿線の都立家政駅と野方駅のいずれからも同じくらいの距離の住宅地に、かつて妙正寺川に注いでいた小さな支流の暗渠が2つ残っている。ひとつは大和町3丁目からの流れ、もうひとつは大和町蓮華寺の池からの流れだ。早稲田通りの北側の台地を刻んで北に向かって流れていたこれら2つの小川は、いずれもかなり短く、目立った見所は数箇所しかないのだが、見所自体はなかなか味わい深いので、今回と次回で取り上げてみることにする。
(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。妙正寺川以外はすべて暗渠)
c0163001_22543986.jpg

まずは大和町3丁目からの流れから。以下、仮に大和町3丁目支流としよう。

今回は西武新宿線野方駅から現地に向かってみた。駅を降りて南に数分歩くと妙正寺川にたどり着く。環七通りの通る新昭栄橋西側には、環状七号地下調節池の取水口が見える。ここから神田川まで南へ4.5km、環七通りの地下40mに直径12mのトンネル状の地下調節池が埋まっている。大雨の際にはこの取水口からトンネル内に水が流れ込むようになっている。
c0163001_22271576.jpg

トンネルの敷地の隣には大きな屋敷がある。取水口の施設が出来る前までは川沿いまでが敷地で、池もあったようだが、空中写真を見る限り現在は池はなさそうだ。屋敷の西側には野方団地がある。全部で5棟と小規模だが、そのうち2つがいわゆる「スターハウス」となっている。1950年代半ばから60年代半ばにかけてのみ建てられた「スターハウス」は、いずれも老朽化が進んでおり、近いうちになくなってしまうだろう。
c0163001_22272176.jpg

川沿いに西へ500mほど進むと、大和町3丁目支流のかつての合流口に着く。丸い排水口が見える。かつてはもう少し西側で合流していた時期もあったようだ。
c0163001_22272786.jpg

川跡の道を遡っていく。道の傍らにそって川が流れていたようだが、現在では道の曲がり具合以外に痕跡はない。猫と目が合った。
c0163001_22273364.jpg

そろばん塾の看板にはそこはかとなく面白いものが多い。
c0163001_2227409.jpg

ゆるやかな登り坂になっているが、川を彷彿させるのは相変わらず道のカーブのみだ。もはや川の痕跡は残っていないのだろうか。
c0163001_22274518.jpg

道がやや谷筋らしくなってきたところで、ようやく少し風景が変わって来る。まずはこんなクランク状の地点に遭遇。車は通り抜けできなさそう。
c0163001_22275222.jpg

更に遡っていくと、道端に何やら現れた。
c0163001_222848.jpg

コンクリート蓋暗渠だ。細いながら、かなりしっかりした作りの蓋が並ぶ。
c0163001_22281127.jpg

蓋暗渠の上流端から下流方向を眺める。けっこうな下り坂になっている。
c0163001_22352994.jpg

蓋暗渠の上流端から上流方向を見ると、道を挟んだ向かい側になにやら怪しい空間が見える。
c0163001_22283128.jpg

そこにあったのは半ば埋もれた水路だった。ちょうど谷底となっていて、左側の短い階段もなかなか風情がある。
c0163001_22292073.jpg

大谷石の護岸の下に荒れた水路が奥から続いている。
c0163001_22293239.jpg

奥の方には半ば埋もれた水路の護岸らしきものも見えるが、さすがに立ち入るのはためらわれる。
c0163001_22293996.jpg

奥側に回り込んでみるが、変わった形の門のある家の敷地となっていた。この家の裏手から始まっているようだ。古地図を見ると、この家のある辺りに、戦後しばらくの時期まで池があったようだ。次回とりあげる蓮華寺の池と同じくらいの標高となっており、おそらく湧水池だったのだろう。
c0163001_22294785.jpg

途中まで引き返し、その蓮華寺の池から流れ出していた川の暗渠へと向う。途中にはこんなパイプの行列があった。
c0163001_22303353.jpg

(以下次回)
[PR]
by tokyoriver | 2011-02-24 23:06 | 妙正寺川とその支流 | Comments(2)
「みちくさ学会」に、「長野堰円筒分水と水路のジャンクション」という記事を掲載しました。群馬県高崎市にある円筒分水と、そこから流れ出る水路についての記事です。円筒分水もよかったのですが、その先にあった4車線水路は衝撃的でした。
なお、今回の写真はたまたま訪問したためカメラを持ち合わせておらず、携帯電話での撮影となっています。レタッチで何とかなるかなと思っていたのですが、やはり携帯のカメラだとそもそも明るいところが色飛びしていたり、細部の描写が甘かったりと、下手にレタッチするとかえって逆効果ですね。

円筒分水全景。
c0163001_2358088.jpg

上部の表面張力ぎりぎり(?)の水面が美しい。
c0163001_23541659.jpg

4車線水路のジャンクション。この迫力はちゃんとカメラで撮りたかった。止まれの標識とか、橋のガードレールとか、写りが酷い・・・
c0163001_23542743.jpg

おまけ。近くの道路で見かけたマンホール。洒落てます。
c0163001_23544066.jpg




[PR]
by tokyoriver | 2011-02-21 11:00 | お知らせ | Comments(6)
善福寺川が大きくその流路を曲げている杉並区成田西3丁目、流路の内側に囲まれた舌状台地の先端に、尾崎熊野神社が祀られている。参道に立つ解説板によれば、かつての成宗村字尾崎の鎮守社であり、鎌倉時代末期に熊野権現を勧請して建立されたという。「尾崎」とは小さな﨑に由来する地名で、土地の形状そのものを現している。他のこういった舌状台地と同様、神社が創建される以前から聖なる地だったのだろう。縄文時代の住居跡が発掘されているのもまた他の舌状台地と同様だ。

その参道の脇に、古い石橋の欄干がぽつんと据え置かれている。長さは3m弱くらいであろうか。
c0163001_18423691.jpg

欄干に刻まれたその名は「道角橋」。神社は台地の上にあるから、ここを川が流れていた訳ではない。「道角橋」はもともと、神社の300mほど南をを通る旧五日市街道が、善福寺川の「あげ堀」を渡る地点に架かっていた橋だ。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。青い線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_2005780.jpg

善福寺川は川沿いの水田の灌漑用に、両岸に「あげ堀」と呼ばれる、川に並行した導水用の水路がつくられていた。橋はそのうち右岸側のあげ堀に架かっていた。現在善福寺川に架かる尾崎橋の西側のあたりになる。欄干はあげ堀が埋め立てられた際に行方不明になっていたが、後年善福寺緑地の一角に放置されているのが発見され、神社の境内に保存されたという。
c0163001_18424524.jpg

欄干の真ん中に橋の名前が彫り込まれているのが特徴的だ。
c0163001_18425055.jpg

+ + + + + + + +
この意匠を見て思い出さずにはいられない、とある橋がある。
c0163001_1843994.jpg

どうだろう。やや質素ではあるものの、似ていないだろうか。
こちらは田端橋。渋谷川の支流宇田川のさらに支流である、宇田川初台支流(初台川)の最上流部、川跡上の路面に埋め込まれている橋だ。
橋の上流側から、川跡の路地を望む。この橋の遺構、初めて見たときは、橋の遺構であることは一目瞭然だったが、橋のどのパーツなのか、今ひとつ判らなかった。通常であれば、橋の名前は親柱に縦書きで記されるからである。こうして改めて遺構の全体像を見てみると、右上と左上の角にはRがつけられていて、ちょうど先の道角橋を一回り小さくした形であり、これで欄干片側まるまる全部であろうことがわかる。もしかすると道角橋と同じ職人/業者の手によるものなのかもしれない。
c0163001_18431978.jpg

欄干の長さは2mもないだろう。そうすると、橋の下にあった流れはかなり細く、そしてそんな細い流れにも関わらず、名前を記した立派な石橋が架かっていたことになる。道角橋は街道に架かる橋なのでそれなりに立派なのはわかるが、この場所を横切る道はおそらく昭和に入ってからのもので、通行量もそれほどあったとは思えない。そんな時期にこの規模の橋であればコンクリートで造りそうなものだが、なぜ石橋なのだろう。
一説によると、「田端橋」が実際にここに架かっていたのか、実はよくわからないのだという。初台川に架かっていた橋に関する文献や記録には、この場所をふくめ「田端橋」の名前はないというのだ。ではこの欄干は、単なる廃材としてどこか他の川に架かっていたものを持って来たものなのだろうか。

現在の初台川暗渠のルートは、昭和初期の農地整理に伴って幾筋にも分かれていた流路を整理したときの流路だ。それらの流路の中のひとつに田端橋が架かっていた可能性もあるが、とある古地図を見ると、この場所から北東に600mほど離れた場所に「田端橋」という名の小橋が記されている。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。ブルーとピンクの線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_1948695.jpg

その橋は、現東京オペラシティ北側にあった「出羽様の池」から流れ出た小川が、「旗洗池」からの流れをあわせて神田川笹塚支流(和泉川)に注ぐ直前に架かっていた。初台川の田端橋とは距離はやや離れているものの、同じ旧幡ヶ谷村に属している。欄干がもし何処かから持ち込まれたものだとするならば、もしかするとこれなのかもしれない・・・。橋が架かっていた(かもしれない)場所に、別の場所から橋を運んでくるなど、まず考えられない話であるとは思うが、謎めいた欄干の存在はそんな空想を呼び起こす。

上の写真は6年ほど前のもので、現在は下の写真のように「田端橋」の字はだいぶすり減り、読みとるのも困難な状態となってる。何年か経てば刻字は消え去って、この路上の敷石がかつて橋だったことを知る人もいなくなり、道路整備などの機会に撤去されてしまうのだろう。行方不明になったものの無事見つかり、大事に保存されている道角橋とはずいぶんと扱いが違う。相似形をした2つの橋の運命は、明暗を分けているように思える。
c0163001_18432676.jpg

橋の埋まる斜面を下った左手、大谷石の擁壁の下の溝には、こんこんと湧き出す水が流れている。田端橋が歴史の中に消え去っていっても、この湧水は枯れることなく残り続けるだろうか。
c0163001_18433626.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-02-11 20:02 | 善福寺川とその支流 | Comments(6)
小沢川、第3回は神田川との合流地点まで、蛇窪と呼ばれた谷からの支流の暗渠、そして蚕糸の森公園のそばに残る、支流の痕跡らしき路地をとりあげる。

小沢川の暗渠が道路と一体化した区間は、それ自体は味気ないが、すぐ脇には、こんな雰囲気のある路地が残っている。
c0163001_2322179.jpg

100mほど東へ進むと、南にほぼまっすぐにのびる暗渠が現れる。
c0163001_23222193.jpg

暗渠上には測量点も。そばにはなぜか電子レンジが廃棄されていた。
c0163001_23222567.jpg

車止めで仕切られた暗渠を200mほど南下していくと、最後に金太郎の車止めが出迎えてくれる。
c0163001_2322286.jpg

その先は行き止まりの暗渠路地。通り抜けができないためか、放置気味の雰囲気だ。
c0163001_2322354.jpg

暗渠の最奥。突き当たりに見えるのは神田川の護岸だ。
c0163001_23223969.jpg

引き返して、丸ノ内線中野富士見町駅のすぐ近く、神田川に架かる富士見橋から下流側を見てみると、左岸に小沢川の合流口を塞いだ四角い痕跡が残っている。下にある小さな水抜きの穴からわずかに水が流れ落ちている。実際の合流口(正確には川ではなく大雨時の雨水合流口だが)は現在富士見橋の下に矩形の口を開いている。
c0163001_23224211.jpg


蛇窪の川跡

さて、続いては「蛇窪」と呼ばれた谷筋を流れていた川の跡を遡ってみよう。下の地図の中で囲んだ2つの谷のうち東側(右側)が蛇窪だ。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_23224767.jpg

先ほどの、小沢川本流の暗渠が再び姿をあらわし真直ぐに南下する地点で北側を見ると、そちらからもまっすぐな暗渠が合流してきているのがわかる。これが蛇窪からの流れだ。
c0163001_2323587.jpg

遡っていくと、十貫坂下からの通りの北側に、こんな谷筋へ向う暗渠道が現れる。
c0163001_2323952.jpg

んでいくと、左手は珍しく未舗装の土手の斜面。遊んでいる子供がいた。
c0163001_23231389.jpg

更に奥に進むと、だれもがツッコミたくなる「自動車通行禁止」の看板が。通れる訳がない場所。そして看板の右下には中野区の文字。蛇窪の谷の北側は中野区と杉並区の境界線となっている。この看板より先は、暗渠は中野区に属している、ということだろう。
c0163001_23231810.jpg

とうとうアスファルトの舗装が尽きた。この先は草むらだ。
c0163001_23232424.jpg

冬なので、草は枯れ、足下はしっかりしている。谷筋はだいぶ細くなってきている。
c0163001_23233046.jpg

辿ることのできるいちばん奥はこんな感じ。左側の家の柵がはみ出してきている。写真はいったん谷を出て、右側に見える駐車場に回り込んで撮影したもの。中野区と杉並区の境界線はこの先で西(左)へ曲がっているが、川跡のスペースはまっすぐ北にのびていた。
c0163001_23233784.jpg

その駐車場から見える強烈なインパクトのある家。namaさんの暗渠さんぽでもとりあげられていた、建て増しに建て増しを重ね、カオス状態。家の下部を覆う蔦とブロック塀の間に、さきほどの川跡が通っている。
c0163001_23524142.jpg

2つ前の写真の場所から更に北上したところにある、行き止まりの路地。奥の車が止まっているところの裏手が先ほどのところに繋がっているようだ。古地図を見ると大正時代まで、ちょうどこの辺りに小さな池があったようだ。蛇窪の流れの水源だったのだろうか。
c0163001_23264073.jpg


蚕糸の森公園近くの支流跡?

最後は丸ノ内線東高円寺駅のそばにある蚕糸の森公園の東側の谷筋をとりあげてみる。蛇窪支流のところで掲載した段彩図上、丸でかこった2つの谷のうち、左側のほうだ。小さな枝谷があるのがわかるだろうか。ここの谷筋に、小沢川に注いでいた支流の痕跡ではないかと思われる細い路地が通っている。
蚕糸の森公園はかつて蚕糸試験場だった場所で、今でも立派な門が残されている。ここの谷筋に川があったという文献は見つけられなかったのだが、こちらのサイトの記事では、大雨の際に蚕糸試験場内の池が溢れて小沢川に流れ込み、とある。古地図を見る限り蚕糸試験場内に池は見当たらず、記事の出典もわからないのだが、これがほんとうだとすると、何かしら流れがあったのではなかろうか。

実際に現地に向かい谷筋を探して見ると、どうも水路の跡であってもおかしくはないのではないかと思われる路地が見つかった。谷の底を南へ向って緩やかな下り坂となっている。
c0163001_2327440.jpg

マンホールは点在しているのだが、下水道台帳には下水はおろかこの路地自体が表示されていない。
c0163001_2327177.jpg

車道が横切るその先にもなお、路地は続いている。車道奥側の歩道スペースが路地のところでぷっつりと切れている。
c0163001_23273555.jpg

路地はしばらくまっすぐ進んだのち、西に折れ高南中学校前の通りに出て一旦消滅する。
c0163001_23274850.jpg

少し南下すると再び左手に、車止めで仕切られたあやしいスペースが出現。
c0163001_2328021.jpg

奥にはこのような中途半端に舗装された路地が。ここのマンホールも下水道台帳には載っていない。更に奥はアパートの敷地となって行き止まりとなっていたが、その延長線上には小沢川本流が控えている。果たしてこれらの一連の路地は川跡なのだろうか。それとも妄想なのか。引き続き調べてみたいところだ。
c0163001_23282290.jpg


3回にわたってお届けした小沢川はこれにておしまい。1回目にも記したが、小沢川は暗渠好きの間で比較的人気が高いようだ。それは、ほどよい長さで、変化に富んでいて見所も多く、独特の雰囲気を持っているからだろう。暗渠に興味を持ち、試しにどこか辿ってみようかなと思っている方が行ってみても楽しめるように思える。
[PR]
by tokyoriver | 2011-02-08 00:22 | 神田川とその支流 | Comments(8)
さて、小沢川の第2回である。ですます調からもとの文体に戻して、前回の続き、環七通りの東側から始めていくこととしよう。明治初期の迅速測図を見ると、真盛寺(明治時代はまだ無いが)の池から流れ出た小沢川は、すぐに2本に分かれて並行して流れていたようだ。現在暗渠となって残っているのは南側の方の流路で、北側に並行して通る道もかつては水路だったと思われる。2本の水路の間には細長い水田が拓かれていた。

環七通りの歩道から階段を下りると、先ほどまでの寺町や、絶え間なく車の行き交う環七通りとは全く別の空気が漂った暗渠道となる。そこは街の表皮の縫い目が綻びて、中身が露出しているような、時空のずれたような、独特の雰囲気のある場所だ。
c0163001_17264437.jpg

一応舗装されてはいるものの、一見そうとは判らないくらい荒れた路上。右岸側には数メートルおきに異なる護岸。
c0163001_17264930.jpg

つっかえ棒のある家。この棒を外すと家が倒れて来たりするのか・・・?
c0163001_17265443.jpg

谷底らしく、苔むした一角も。
c0163001_17265790.jpg

無造作に積み上げられた護岸、蔦、笹、そして壁にはよくわからないミラー。
c0163001_1727240.jpg

あちこちに、暗渠沿いの家から、暗渠に降りる階段が見られる。
c0163001_1727732.jpg

暗渠沿いで最もまともな部類の立派な階段。
c0163001_17271257.jpg

道路との交差。路面の盛り上がり、マンホールを囲む格子、緑の車止め。暗渠は途中から、下水道和田本町幹線となっている。
c0163001_17271719.jpg

右岸の木製の階段も気になるが、左岸側の路面のでこぼこもなにやら怪しげ。
c0163001_17272269.jpg

でこぼこに接近。間隔を空けて、地中から何かが押し出ようとしている。何者だ!?
c0163001_17272731.jpg

暗渠沿いで最も細い部類の貧相な階段。
c0163001_17273123.jpg

暗渠に身を乗り出す擁壁。そのうち倒れそうだ。
c0163001_17273629.jpg

ここで一旦幅広の道路に出て写真左方向へ。写真右方向からは蚕糸の森公園方面から支流が流れて来ていたと思われる(次回にとりあげる)。
c0163001_17273983.jpg

鍋屋横丁から妙法寺へと抜ける古道を越える地点から、再び暗渠が始まる。迅速測図では、ここで2本の水路が1本にまとまるように描かれている。アスファルトの舗装が真新しく、なにやら違和感を覚える風景だったが、帰宅後2007年の写真を見ると、ここには以前、金太郎の車止めがあった(写真右側)。
小沢川とは「小沢」と呼ばれていた谷に流れていたことがその名の由来のようだ。高円寺村は江戸時代初期までは小沢村だったそうで、小沢の地名はその後も字名として昭和初期まで残り続けた。現在の和田3丁目が東小沢、中小沢、そして梅里1丁目が西小沢にあたる。ただ、この妙法寺道より下流側の和田1丁目は「小沢」ではなく和田本村であり、川の呼び名ももしかすると下流では別のものがあったかもしれない。
c0163001_17274432.jpg

その先、和田中央公園の脇。古そうな大谷石の擁壁がアスファルトに埋まって頭だけ出している。
c0163001_17274843.jpg

進んでいくと、だんだん擁壁が姿を現して来た。
c0163001_1727519.jpg

いつのまにかこんな高さに。それだけ暗渠が下り坂になっているということだ。かつて水が流れていた頃は、早瀬だったのだろうか。この辺りから流路は東向きへと変わっている。
c0163001_17292753.jpg

車道の脇を抜けていく。ポールやアスファルトに埋まった境界線がはっきり川跡を峻別している。
c0163001_1732532.jpg

道は登り坂へ、暗渠は下りへ。
c0163001_1733484.jpg

都営和田アパートの前は見事な蛇行暗渠。右岸側は崖となっている。
c0163001_17331490.jpg

左岸側だけが、蛇行の形を残している。古地図を見ると小沢川沿いにはこの辺りを含めいくつも池があったようで、水の豊富な土地であったことを伺わせる。
c0163001_17334695.jpg

十貫坂上からの道との交差点で、小沢川の谷筋は神田川の谷筋に繋がっていて、周囲の見通しが開ける。そして暗渠は再び道路と一体化して姿を消す。
c0163001_17335766.jpg


次回は、神田川との合流地点まで、蛇窪と呼ばれた谷からの支流の暗渠、そして蚕糸の森公園のそばに残る、支流の暗渠らしき路地をとりあげる。
[PR]
by tokyoriver | 2011-02-01 00:12 | 神田川とその支流 | Comments(11)