東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

国分寺崖線に沿って流れる丸子川を歩いていると、世田谷区から大田区へ入る手前のあたりで、急に水質が良くなっているところがあった。
c0163001_227438.jpg

護岸を見てみると、右岸側に合流口があって、そこからかなりの量の澄んだ水が音を立てて流れ落ちていた。
c0163001_22783.jpg

合流地点に行き北側を見ると、住宅地の間の細い隙間にコンクリートの水路があり、結構な速さで水が流れていた。水質や川底の様子などから見て、これは湧水に違いない。一体どこから流れてきているのだろう。
c0163001_2271277.jpg

川沿いに進むことができないので、"コの字ウォーク"(lotus62@東京peelingさん命名)で上流へと遡っていく。丸子川から1本北東側の道路に行くと、緩やかなV字の谷を描いている。
c0163001_2271582.jpg

谷底には水路の続きがあった。まだ先へと辿れるようだ。
c0163001_2271925.jpg

再度"コの字ウォーク"でもう一本北東側の道へ行ってみる。先の道よりもV字谷が深くなってきた。この道は両側を田園調布雙葉学園に挟まれていて、上流にあたる側(写真右)は擁壁となっている。谷底に降りて丸子川側(写真左)の学校敷地内を覗き込んでみるが、水路らしき草むらが見えるものの良くわからない。
c0163001_2272243.jpg

~~~
このときは、上流側に擁壁があることもあり、敷地内に水源があるのだろうと判断し、追跡をやめた。だが、後から調べてみるとこの谷筋は「籠谷戸(ろうやと)」と呼ばれるすり鉢状の急峻な谷で、水源もどうやらさらに上流にあるようだということが判った。そこで、機を見て再び現地を訪れてみた。
~~~
まずは前回の道よりさらに一本北東側の道に向かう。この道も両側が田園調布雙葉の敷地となっているのだが、上流側の敷地内に、タイルでカモフラージュされた暗渠らしき蓋の列が続いていた。
c0163001_2272541.jpg

この地点では谷の本筋は東へと向きを変えていて、北東側には枝谷が刻まれている。そちらの谷底には、あからさまなコンクリート蓋暗渠が残っていた。大き目の柵が設けられているものの、中は真っ暗で見えなかった。こちらは数十mで姿を消してしまうが、かつては枝谷の水を集めて合流していたのだろう。
c0163001_2274465.jpg

もとのカモフラージュ蓋に戻る。奥を良く見ると、延長線上に水面が光っているのが見えた。この蓋が暗渠であることは確定だ。さらに背後に山のように見える家々は、谷を囲む崖線の標高差がかなりあることを示している。
c0163001_2275065.jpg

通り抜けできそうではあるのだが、不審者と思われても面倒なので、またもや"コの字ウォーク"で、蓋暗渠の上流端側に回りこんでみる。足元の雨水枡からは音を立てて流れる水が見える。
c0163001_227558.jpg

振り返ると、反対側には下流と同じような姿の水路があった。隙間を縫って清冽な水が流れてきている。じっくり見たいが、すぐ隣の家の犬が吠えてくるので落ち着かない。ここもまた水路沿いに進むことができないので、更なる"コの字ウォーク"が要求される。
c0163001_227595.jpg

蓋暗渠の上流端の雨水枡には、この水路からの水のほか、右岸側からも道路脇のL字溝下の雨水用U字溝から、かなりの水が流れ込んできていた。"コの字ウォーク"がてら、こちらの水源を探ってみる。ところどころ設けられている柵から中を流れる水を確認しながら辿っていくと、吹上緑地と名付けられた猫の額ほどの緑地に出た。この緑地の前の雨水枡に、緑地側から湧水が流れ込んでいるのが確認できた。
c0163001_228562.jpg

下の写真は少し下流側の雨水枡の様子。水が綺麗だ。
c0163001_2281580.jpg

さて、"コの字ウォーク"でたどり着いた、谷を横切る次の道はこんなに凄いV字坂となっていた。
c0163001_2282014.jpg

谷底まで降り、谷の下流方向を見てみると、護岸に沿って暗渠らしき空間があった。
c0163001_2282472.jpg

暗渠の柵を覗き込むと、水が勢いよく流れていた。隙間から差し込む陽を受けて湧水で育った植物が花を咲かせている。
c0163001_228294.jpg

暗渠空間の奥は段差をつけながらかなり急な下りとなっている。どこか途中で水路が姿を現すのだろう。
c0163001_2293856.jpg

そして上流側はコンクリートで覆われた崖となっていた。坂の傾斜を示す「28%」と記された標識が立っていた。角度に換算すると約16度。
c0163001_2295271.jpg

崖の下、V字の谷底には2つの雨水枡が並んでいた。そして奥の枡が、水路を流れる水の水源だった。枡のの中で湧き出した水は、手前の枡に流れ込んでいた。
c0163001_22101165.jpg

手前の枡の蓋が簡単に持ち上がったので、隙間をつくって撮影。澄んできれいな水が絶え間なく注ぎ込んでいる。
c0163001_22102621.jpg

崖の先はさらに急になっていて、上り切ると台地の上に出た。籠谷戸を振り返ると、丹沢の山々、そして雲の間からはぼんやりと富士山が頭を覗かせていた。
c0163001_22103981.jpg


さて、最後に段彩図を見ながら全体像を振り返ってみよう。今回辿った流路の全長は400mほど。丸子川との合流地点は標高13mほどだが、湧水が流れ出す地点は34mと、わずかな区間で20m以上の標高差。そして湧水地点の背後の崖線上は標高45mにもなり、国分寺崖線の段丘上のなかでも一段と高くなっている。この台地は「田園調布台」と呼ばれていて新宿付近の「淀橋台」とならび、往年の多摩川が削り残した古い台地だ。
水源の湧水はその台地の下に湧き出していて、都の湧水台帳にもしっかりと掲載されていた。2006年からは大田区が毎年調査を行っていて、季節により変動するがおよそ毎分30リットル前後の水が湧き出しているという。
台地の上には「玉川浄水場」がある。取水口は東急東横線が多摩川を渡る地点の上流側に見える堰(調布取水施設)だ。水質の悪化により、1970年以降飲用水の供給を停止していて、現在は通常は工業用水を提供している。沈殿池も蓋をされたり埋められたりしているようだ。水源の湧水にここからの漏水が混じっていることも考えられなくはないのだが、水質調査のデータからは、少なくとも地下にある程度滞留した水が湧き出しているように見える。
そして水路の流れる「籠谷戸」。この谷は16世紀中ごろまで、多摩川の入り江だったという。そして、様々な物資がこの入り江を利用して荷揚げされ、現在の九品仏・浄真寺のところにあった「奥沢城」まで運ばれたという。国分寺崖線の下はもともと多摩川の氾濫原で、丸子川は六郷用水の残存水路ではあるのだが、もとを辿れば多摩川の往年の流路の一部でもある。「籠谷戸」が入り江だった頃は、多摩川が現在の丸子川の辺りまで、北に寄って流れていたということだろう。谷戸の底は長い間、水田として利用されていたようで、戦後、1970年代半ば頃までは先のカモフラージュ暗渠の脇、現在学校の敷地となっているところは釣堀となっていたようだ。いずれも谷に湧く湧水を利用していたのだろう。
c0163001_2211289.jpg

(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)

丸子川沿いには他にも湧水の流れ込む水路が数多く見られた。その中のいくつかをピックアップして、引き続き紹介していきたい。
[PR]
by tokyoriver | 2011-06-30 22:25 | 丸子川とその支流 | Comments(10)
今回は、前回とりあげた仙川左岸側のあげ堀の続きをとりあげる。前回記したように、仙川に架かるみどり橋の袂にはかつて堰があって、そこから両岸に、水田を灌漑するための用水路が分けられていた。今回とりあげるのは、そのうち左岸側を流れていたあげ堀で、前回の水路の余水を合わせて南下していた。

みどり橋から仙川の上流を眺めてみたところ。右岸側の護岸が面白い。このあたりに堰が設けられていた。
c0163001_23382018.jpg

しばらくは、曲がり具合以外には痕跡のない普通のアスファルトの道が続く。
c0163001_23382512.jpg

ちょっと面白い擁壁。
c0163001_23383354.jpg

水路跡の道の左岸(東側)はそのまま仙川の谷の斜面となっている。削って建物を建てているところもあるが、ここはその隙間に何故か擁壁が残っている。2階が繋がっているのに何でここだけ残っているのか、謎だ。この少し先には戦後しばらくまで湧水があったという。仙川からの分水だけではなく、崖線下の湧水も集めて流れていたのだろう。
c0163001_23383615.jpg

旧滝坂道を越えて祖師谷公園に入ると、コンクリート蓋暗渠が現れた。
c0163001_23384030.jpg

暗渠のほとりにはこのような看板が。水路はこの辺りでは「類さん川」と呼ばれていたというのだが、原島類蔵さんが住んでいたのががいったいいつ頃の話で、どれだけの間そう呼ばれていたのか、不明だ。そもそも住んでいただけで名前を取られるというのも不可思議な話で。上祖師谷の郷土誌をあたってみたが手がかりはなかった。もしかして看板を立てた「上祖師谷郷土研究会」のメンバーの誰かが子供の頃勝手にそう呼んでいただけとか、そんな話なのかもしれない。
c0163001_23384583.jpg

そんな「類さん川」、沿岸は植え込みに花が咲き、長閑な雰囲気を漂わせている。
c0163001_23384983.jpg

蓋暗渠は公園の東側に抜けるとしばらく車道に沿って南下していく。写真左側にみえるフェンスは支流の跡だ。
c0163001_23385533.jpg

フェンスの中を覗き込むとこちらにもコンクリート蓋暗渠が続いていた。上流は旧滝坂道沿いの蓋付き水路(側溝)に繋がっている。
c0163001_23385960.jpg

公園沿いをしばらく進んだ後、水路はクランク状に曲がり歩道から離れる。柵の先は開渠となっている。
c0163001_2339435.jpg

雑草が生い茂っている上に、梁の上にトタンが渡されていて、水路は良く見えない。
c0163001_23391048.jpg

回りこんでいくと、こんな立派な橋が現れた。祖師谷公園は戦前までその計画が遡れ、1975年には開園しているのだが、未だに周囲の土地を買収して拡張工事が続いていて、今でも公園の敷地のなかにぽつぽつと民家が残っている(2000年暮に起きた事件の現場となった家屋も残されている)。橋の周囲は草の生い茂る空き地となっているのだが、そのうちこの橋に見合うような整備がされるのだろうか。
c0163001_23391365.jpg

橋から水路を覗き込む。幅は狭いが、水面までの深さは結構ある。仙川に並行して南下していく。
c0163001_23392010.jpg

水路沿いは金網に囲まれたうえ、草木が茂っている。回りこんでいくと、仙川方向に直角に曲がって暗渠となる地点に出た。柵の中が開渠で、写真左手へ暗渠となって流れていく。
c0163001_23392553.jpg

柵の中を覗いてみたところ。この辺りは左岸(東)側に住宅地が迫っていて、公園との境界を流れている。ちなみにこの場所は十数年前に訪れたことがあるが、水量が減った以外は、あまり変わってはいないように思える。そのときはこの柵で諦めてしまっていて、まさか上流が仙川駅付近まで辿れるとは思いもよらなかった。
c0163001_23393195.jpg

祖師谷公園の中を蓋暗渠が仙川に向かって横切っていく。
c0163001_23393698.jpg

合流地点の手前にあった橋。
c0163001_23455898.jpg

仙川に合流。水が流れた痕跡はあるものの、この日は全く水が流れ出ていなかった。
c0163001_23461485.jpg

さて、最後に段彩図で復習。今回たどったのは図中央の水色のライン(車道化した区間)から、それに続く青いライン(蓋暗渠〜開渠〜再び蓋暗渠で仙川に合流)のところ。図を見ていただくとわかるように、実は直角に曲がって再び暗渠となる地点で、かつてはまっすぐに流れていく水路もあった(右下寄りの水色のライン)。こちらは近くの湧水池「つりがね池」から流れだす水と合流して、仙川左岸の水田の灌漑に利用されていた。水色のラインの部分については区画整理ですでに痕跡はないが、つりがね池からの流れについてはいずれ取り上げたい。そして、みどり橋(図中央の水色ラインの始まる地点)で仙川の両岸に分けられていた右岸側の水路も、実は痕跡が残っている。こちらについてもまたいずれ機会があれば記そう。
c0163001_23462881.jpg

(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)


仙川以外でも、神田川や善福寺川、妙正寺川など、現在も水の流れる川沿いには、かつての灌漑用分水路の暗渠や川跡が残っている。これらをたどるとかつての水田風景や谷底の地形が浮かび上がってきて、通常の支流を辿るのとはまた違った面白みがある。これらについてもまた追々。
[PR]
by tokyoriver | 2011-06-25 23:49 | 仙川とその支流 | Comments(4)
今回の記事では、前回の記事最後に記した、仙川の左岸(北〜東)側のコンクリート蓋暗渠をたどってみる。出発点は京王線が仙川を渡る地点。水路はかつて写真手前のあたりで仙川に設けられた堰から分かれていたようだ。現存するコンクリート蓋暗渠は写真に映る架線柱の向こう側から始まっているのだが、行き止まりとなっていてこちら(西)側から直接アプローチすることはできない。
c0163001_011488.jpg

ぐるりと回りこんで線路の向こう側にたどり着くと、私有地と化し勝手に屋根(?)まで作られた暗渠が現れる。背後には先程の架線柱が見える。
c0163001_011932.jpg

暗渠は仙川に並行して住宅地の中を緩やかに下っていく。写真では見えにくいが、立派なコンクリ蓋暗渠である。仙川との間に挟まれた右側の宅地はかつて水田だったはずだが、なぜか擁壁がある。造成にあたって盛土でもしたのだろうか。
c0163001_012232.jpg

蓋の色合いが微妙に違っていて縞々に見える。
c0163001_012694.jpg

道路を横切った先は車道から独立。右奥に見えるのは仙川に架かる黒橋。その背後に見える烏山小学校の裏が、前回取り上げた右岸側の傍流の暗渠だ。
c0163001_012913.jpg

この暗渠はよく手入れされていて、緑に囲まれた遊歩道風となっている。
c0163001_013325.jpg

給田南住宅の手前で大きくカーブ。
c0163001_013724.jpg

道路に挟まれた緑地帯の真ん中を抜けていく。分かりにくいがここも蓋暗渠。
c0163001_014155.jpg

緑が多く、かつ陽だまりのようになっていてジメジメ感もなく、曲がり具合も絶妙。雰囲気のいい暗渠だ。
c0163001_014419.jpg

継ぎ手物件。
c0163001_014757.jpg

手作りの階段があった。ところどころ暗渠の蓋に通気口が開けられているところを見ると、下水ではなく雨水などを流しているのだろう。特に臭気もない。
c0163001_015090.jpg

緑のグラデーションと木漏れ日が美しい。ここに水が流れていたらどんなに気持良い風景だろう。
c0163001_015416.jpg

はみ出して生える木。というより蓋の方が後なのか。
c0163001_015789.jpg

しばらく行くと京王線の南側から途切れることなく続いていたコンクリート蓋暗渠の区間は、佼成学園幼稚園の前で終了してしまった。
c0163001_02039.jpg

給田ゴルフセンターの脇を、整備された歩道となって続く。
c0163001_0234.jpg

仙川に架かるみどり橋の袂に排水口があき、わずかながら水が流れ出ていた。現在暗渠はここに繋がっているようだ。
c0163001_02794.jpg

が、古地図や古い航空写真を見ると、かつてこの地点で仙川から分水する別の上げ堀があって、コンクリート蓋暗渠となっている水路は、以前は仙川ではなくその上げ堀に合流して更に南へと続いていたようだ。こちらの分水路はみどり橋よりしばらくは道路となってしまっているのだが、下流の区間は現在も開渠として残っている。次回はそちらを取り上げてみることとしよう。

最後に今回のルートを段彩図で。
c0163001_025240.jpg

(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
[PR]
by tokyoriver | 2011-06-21 00:09 | 仙川とその支流 | Comments(0)
あるときネット上の地図を眺めていると、京王線仙川駅の東側、線路が仙川を渡る地点のすぐ西側に、細い水路が描画されているのに気がついた。



いったん気がつくと気になって仕方ない。水路の前後の道路のかたちなどを見ると、おそらく仙川の分流のようではあるが、いったいどうなっているのだろう。多摩方面に所要のあった帰り道、途中下車して現地を確認してみることにした。

仙川駅から東へ向かって歩くこと5分ほど、甲州街道から旧道が分岐し、坂を下って仙川を渡る大川橋に至る。上流方向を見ると、甲州街道の仙川橋越しに、かつての水田を潰して造成された緑ヶ丘団地が並んでいる。夕空に浮かび上がる給水塔が印象的だ。仙川を流れる水は、ここから1kmほど上流の川沿いにある三鷹市東部下水処理場からの再生水を受け、水質はあまり良いとはいえないものの潤沢だ。
c0163001_23374881.jpg

大川橋から西に30mほど、仙川の右岸側からやや離れて並行する住宅街の道路沿いに蓋をされた側溝のような水路があった。これが、地図上でみた水路に繋がっているはずだ。ここより北側、上流方向には水路の痕跡はなく、そのすぐ先は仙川なので、やはり水路はこの辺りで仙川から分けられていたのだろう。
c0163001_23375319.jpg

はじまりはふつうの側溝と見分けがつかないくらいの幅だったコンクリート蓋暗渠は、下流方向に進んでいくにつれやや幅広となり。
c0163001_23375614.jpg

そして、橋の痕跡があったその先には柵に囲まれた幅2、3mの緑地帯が現れた。
c0163001_2338016.jpg

緑地帯の中を見ると、中央に蓋のとれた水路が通っていた。これが地図に描かれていた青いラインに相違ない。幅は狭いが、深さは結構あり、底には水が溜まっている。両岸の緑地には緩やかなV字の傾斜がついている。かつてはもっと幅のある流れだったのだろう。
c0163001_2338431.jpg

水路は50mほど続いた後、京王線の線路にぶち当たり、その下に潜っていく。はてこの先や如何に。
c0163001_2338916.jpg

ぐるっと遠回りをして線路の南側に回りこんで見てみると、そこにはしっかりと、小さな鉄橋が掛っていた。手前には草生したコンクリート護岸の水路がわずかな区間続いた後、暗渠の中へと消えていた。これが本来の川幅なのだろうか。
c0163001_23411996.jpg

鉄橋より下流側は、車道沿いの平凡なアスファルト歩道となって、左手(東〜北側)を流れる仙川とは一定の距離を置きながらくねくねと曲がり東へ続いている。
c0163001_23412329.jpg

仙川と反対側(西〜南側)は少し路地に入ると段差となっていて、風情のある階段もいくつか見られた。
c0163001_2341308.jpg

すでに埋め立てられてしまったのだろうかと思いつつ、くねくねと曲がる歩道をしばらく進んでいくと、突然歩道がコンクリート蓋暗渠に姿を変えた。
c0163001_23413451.jpg

そのまましばらくコンクリート蓋暗渠が続いていく。隙間なくしっかり並べられた蓋はそれほど古くはなさそうだ。
c0163001_23414275.jpg

途中に設けられた点検孔は通常世田谷区で見られる区の紋章入のものではなく、まだ錆びていない新しそうなもの。
c0163001_234148100.jpg

蓋暗渠は100mほど続いたのち、鬱蒼と茂る森に突き当たって途絶えた。
c0163001_23415457.jpg

森は「六所神社」の鎮守の森であった。かつての給田村の村社であり、16世紀に、府中の六所宮(現・大国魂神社)を分霊したとの伝承が残っているという。境内は広く、拝殿はあまりみかけない神明造をしている。
c0163001_23415799.jpg

神社の敷地の北側を見ると、烏山小学校との間に車止めで区切られた未舗装道が続いていた。水路はどうやらここを流れていたようだ。
c0163001_2342195.jpg

200mほど進むと仙川にぶち当たった。護岸には排水口が口を開けており、かつてここで合流していたのだろう。すぐそばには「黒橋」がかかっている。
c0163001_2342821.jpg

あとから古地図やgooの航空写真で改めて確認してみると、やはりこの水路は仙川橋のたもとで仙川から分水された、いわゆる上げ堀(川沿いの水田に水を引き込むための水路)だったようだ。かつては水路と仙川の間の低地には水田が広がり、水路の右岸側の丘陵には雑木林の生い茂る長閑な風景が広がっていた。1963年の航空写真を見ると、水田は潰され始めているが、まだ改修前の仙川は複雑に蛇行していて、今回たどった水路もコンクリート梁を渡したはしご状の水路として、はっきり写っている。

そして、今回帰り際に気がついたのだが、仙川の左岸(北〜東)側にもおなじような上げ堀の名残であるコンクリート蓋暗渠があり、その下流は意外なところまで続いていた。数日後にこちらもたどってみたので、記事にしてみようと思う。
[PR]
by tokyoriver | 2011-06-10 23:50 | 仙川とその支流 | Comments(4)