東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今回は、小ネタを。以前別のところでも記した話題ではあるけど、記録の意味合いでこちらにも記事として残しておくことにする。JR山手線に乗り、田端駅から駒込駅に向かって行くと、切り通しを抜けた後に土手となって駒込駅に入り、駅の途中からは再び切り通しとなって巣鴨方面に続いていることがわかるだろう。ここで土手になっていたところがかつて谷田川が流れていた谷筋だ。駒込駅東口から、田端方面へ100mほど線路に沿って進むと、古そうなガードがある。
c0163001_23365827.jpg

線路の下を通っているのは谷田川通り。ここにかつて谷田川が流れていた。谷田川については以前この記事で「谷田橋」の遺構について取り上げたことがある。
さて、ガードの左側の土手下に注目して欲しい。何か欄干のようなものが見えないだろうか。
c0163001_2337462.jpg

近寄ってみるとこの通り。土手下のコンクリートの擁壁、というか土留めに埋め込まれて、コンクリート製の橋の欄干が残っている。両側には親柱もある。うまく嵌めこまれている上に手前に電柱や標識、放置自転車などもあってなかなか気がつきにくい場所だ。実はこの欄干の前は、子供の頃からそれこそ何百回も通っていたのだが、気がついたのはほんの数年前のことだ。
c0163001_23371373.jpg

電柱を避けて斜めから撮ってみる。欄干に開いた穴はシンプルだが、悪くない。大正後期の造作だろうか。親柱の、本来橋名が書かれているであろう場所は埋め込まれていて見ることができない。反対側の親柱も確認できなかった。長さはおよそ2mほどだろうか。ガードや現在の谷田川通りの幅に比べると短いが、暗渠化前は川沿いに道があって、ガード下も川沿いに通り抜けていたようだから、実際の川幅はこんなものだったのだろう。
c0163001_23371769.jpg

それにしても、なぜこんなところに欄干が残っているのだろう。近くに特に説明板があるわけでもなく、意図的に保存されているような雰囲気ではない。谷田川の暗渠化は大正時代、下流部より始まった。この近辺の暗渠化は1932年に始まり、1940年には完成したという。仮説としては、おそらくこの橋は線路沿いの道が谷田川を渡るところに関東大震災後に架けられ、暗渠化の際に、まだ新しいことから土留めとして転用され、この場所に埋め込まれた、といった変遷が考えられるが、ざっと調べてみた限りでは出自は明らかとならなかった。一体どういった由来があるのか、もしご存知の方がいたらぜひご教示願いたい。

さて、今度はガードの方に着目してみよう。この区間の山手線が開通したのは1903(明治36)年。その当時、ここには谷田川が流れていて、このガードは谷田川の谷を横切るための土手に掛けられた、川を渡る橋だった。
c0163001_23372482.jpg

その証拠が、ガードの名称に残っている。橋台に「中里用水ガード」の字が記された標識が付けられている。谷田川は最上流部では谷戸川と呼ばれ、以下、谷戸川、藍染川などと、地域によりその呼び名は異なっているが、中里用水という呼び名は聞いたことがない。中里はこの地の地名であることから「中里の用水路」といった意味合いで便宜的につけられた名称なのかもしれない。山手線の名も「山手電車」と記されているし、案外いい加減なものなのか。
c0163001_23372819.jpg

そして、湘南新宿ライン(貨物線)の線路側の田端寄りの橋台には赤煉瓦が残っている。開業当時の山手線は、現在の湘南新宿ラインの線路の場所を走っており、その後の1925(大正14)年の客貨分離により現在の線路の側に移ったという。とすると、この赤煉瓦は開業当初からのものであり、かつては谷田川の水面にその色を映していた可能性が高い。
c0163001_23373231.jpg

谷田川は戦前に暗渠化されたことから、その痕跡はほとんど見当たらないが、こうしてところどころに川であった証が残っているのを見ると、ちょっとは嬉しくなる。
[PR]
by tokyoriver | 2011-08-26 23:46 | その他のエリア | Comments(8)
今回とりあげるのは、国分寺崖線からちょっと引っ込んだ、仙川の流れる谷の崖線にあるスリバチ状の窪地から流れだす川の暗渠だ。下の段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)を見れば一目瞭然の盲腸のような形をしたこの窪地はスリバチ学会さんも訪れているようだ。形状からしておそらく崖線に湧き出す湧水が削りとって崖線が後退し出来た地形だろう。
c0163001_2334315.jpg

小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から祖師谷みなみ商店街を南に進んでいく。3つあるウルトラマン商店街のひとつ。なみ商店街が荒玉水道道路と交わる近辺に円谷プロの本社があったことに由来するのだが、残念ながら2005年に本社は移転し、建物も何年か前に取り壊されてしまった。
台地上の平坦な道を600mほど進み西に逸れて少し行くと、耕雲寺という寺院が現れる。この耕雲寺は1952年に新宿の甲州街道沿いから移転してきたのだが、台地から下った窪地の谷頭に建てられている。そこが、今回辿る暗渠のかつての水源だ。谷頭の西側を迂回しながら谷底に下っていく道があったので、そこから寺院内を覗きながら進む。境内には川の痕跡はなさそうだ。その先、階段を下れば仙川の流れる大きな谷の底だ。台地の上の標高42m。谷底の標高は32m。一気に10mを下ることとなる。
c0163001_23343799.jpg

谷底には西側の崖線に沿って、くねくねと曲がった道が南に向かっており、その歩道が暗渠となっている。ちょうど写真の地点からコンクリート蓋暗渠が始まっている。
c0163001_23344054.jpg

その右側を見れば、「この先行き止まり」の看板と一本棒の車止めがついた怪しい路地。これがあの盲腸状の窪地の入り口であり、かつてここから川が流れ出していた。つまりこの路地も暗渠(川跡)だ。
c0163001_23344698.jpg

奥へと進んでいくと、両側に崖線の斜面が迫り、頭上からは竹がのしかかり、路上は竹の枯葉が埋め尽くしている。
c0163001_23345258.jpg

更に奥へと進むと、フェンスに阻まれ、行き止まりとなった。この先のどこかから、かつて水が湧き出ていたのだろう。郷土史誌「世田谷区上祖師谷・祖師谷誌」(佐藤敏夫 1993)に記された聞き書きによれば、1950年代にはこの竹やぶの下から清水が湧き出し、幅1間(約1.8m)ほどの小川となって流れ出していたというから、結構な水量があったに違いない。
c0163001_23345773.jpg

コンクリート蓋暗渠のところへ引き返し、下流へと下っていく。左岸側には崖線の緑が残っている所があり、暗渠上に濃厚な木陰を作っている。右岸側は東宝スタジオの敷地だ。前身のPCLスタジオが出来たのは1932年と、すでに80年近くこの地にある、由緒あるスタジオだ。1960年頃まではスタジオの敷地はもう少し西寄りのところまでとなっていて、暗渠の右岸側(スタジオ側)には水田が細長く伸びていて、その向こうには水田を挟んで並行するもう1本の水路があったようだ。
c0163001_2335072.jpg

蓋暗渠は竹林の下を流れていく。蓋に隙間がないので、現在でも中に水が流れているのか、ここではわからない。
c0163001_2335678.jpg

崖線の斜面が緩やかになると住宅地になってしまうが、一部には畑が残っていた。先の郷土史誌によれば、川では近所の人達が野菜を洗ったりする風景が見られたという。いずこの暗渠でもささやかな声で語り継がれ、やがて忘れられていく、少しだけ昔の風景の記憶。
c0163001_2335106.jpg

やがて暗渠は道を横切って、東宝スタジオの敷地の境界へと消えて行く。フェンスの向こうに続く、雑草に埋まりかけた蓋暗渠の上では、暗渠猫が訝しげに振り返ってこちらを見ていた。
c0163001_23351625.jpg

回りこんで先を探す。いったん祖師谷みなみ商店街から続く道に出ると、木々に囲まれた古そうな蕎麦屋があった。後で調べてみると、東宝スタジオで撮影中の俳優さんがお忍びで食事に来たりする老舗である一方、今年の5月にはとんねるずの番組で「きたなシュラン三ツ星」認定として紹介されたとか。
c0163001_23352090.jpg

そのまま進んでいくと、仙川に架かる「石井戸橋」に出た。ここから仙川沿いに遊歩道が続いているので、これを遡り先の暗渠の続きを探すことにする。
c0163001_23352625.jpg

現在仙川は下水場からの高度処理水が主水源となっている。そのためかどうかわからないが、あまり水質がよいとはいえない。そんな中にもカワウが生息していて、堰の上で羽を休めていた。餌となるような魚がいるのだろうか。
c0163001_23353542.jpg

少し遡っていくと、遊歩道の脇に立ち入り禁止となっている暗渠が現れた。先のフェンスのところからここにつながっているようだ。
c0163001_23354859.jpg

暗渠は僅かな区間仙川沿いに流れて・・・
c0163001_23355438.jpg

仙川に合流していた。驚いたことに四角い排水口からはかなりの量の水が流れ落ちていた。水は無色透明で、仙川を流れる水よりもだいぶ綺麗だ。特に臭いもせず、落ちて行く先でも泡立ったりしていない。
c0163001_2336192.jpg

仙川沿いを少し遡って、東宝スタジオ入り口の橋から合流地点を眺める。仙川の淀んだ水とはずいぶん様子が違うのがわかる。ここから崖線を少し仙川下流側に下っていけば、都営大倉住宅敷地内の湧水や大蔵運動公園の湧水といった、名立たる湧水が残っている。そんな湧水地帯だから、この暗渠から流れ出る水も、暗渠内のどこかで今でも水が湧き出しているのではないだろうか。
c0163001_23365610.jpg

全長400mほどの小さな川だけれど、ほぼ前区間にわたってコンクリート蓋暗渠として残っていて、合流口では水もみられるという、なかなか見ごたえのあるルートだった。これで谷頭の竹やぶの中に今でも湧水がひっそりと残っていたりしたら面白いのだが、想像の中でかつての泉の湧き出す谷頭の風景を補完しておこう。
[PR]
by tokyoriver | 2011-08-18 23:46 | 仙川とその支流 | Comments(2)
さて、3回にわたって石神井川の源流部を探索してきたが、最後に源流部の変遷について、現地の状況や様々な資料からわかった範囲で纏めておこう。

石神井川は25kmを越える流路を有する都内の中小河川を代表する川のひとつでありながら、その源流についてはまとまったかたちで検証がされることがなかったようだ。様々な文献を見ると、「かつては小平市鈴木町で、現在は小金井カントリー倶楽部敷地内の湧水」「小平市御幸町(小金井カントリー倶楽部の西側敷地)が源流」といった説明をよく目にするものの、カントリー倶楽部内の湧水は今では枯れているようだし、湧き出した水が何時頃どこをどう流れていたのかまではいずれも触れられていない。

そこで、古地図、公図、航空写真や、郷土誌、行政の刊行物、直接川とは関係のない資料などから石神井川源流部やそれに関連する水路の変遷について推定してみた。

(1)旧石器時代から江戸時代以前にかけての石神井川源流―鈴木遺跡

前回記事でも紹介した「鈴木遺跡」は1974年、鈴木小学校の建設時に発見された。旧石器時代後期、3万年前から1万年前の遺跡で、局部磨製石斧の発見で知られている。その規模は東西220m、南北330m(東西600m、南北670mとする資料も)にわたり、石神井川の流れる谷戸の源頭部(今の武蔵野団地)を囲む台地上にC字型に広がっていた。下の地図のオレンジ色の範囲にあたる(以下、地図はgoogle mapを加工)。
c0163001_2048549.jpg

この時期はヴェルム氷期の最終期にあたり、海面は今よりも100m低かったというから、遺跡近辺の標高は約170mほどとなり、現在の青梅のあたりと同じだ。そこで湧き出ていた水はおそらく多摩川からの伏流水で、水量も豊富だったのだろう。現在の落合川の源流のように、大量の地下水が一度に地上に姿を現していたのではないか。鈴木遺跡資料館の展示物にあった当時の想像図に描かれた湧水はかなりの規模だ。
c0163001_20481058.jpg

だが、縄文時代に入るとすでに水源はかなり東へ移り(現在の小金井街道付近か)、人々が生活するのに十分な水が得られなくなったという。そのため、鈴木遺跡周辺は生活の場から、狩猟採取の場に変化した。そして弥生時代になり農耕社会となると、水に乏しいことから一帯に人々が定住することはほとんどなくなったという。この状態は江戸時代に入るまで続いた。

これらの状況を考えると、鈴木町近辺が石神井川の自然な源流、つまり、コンスタントに水が豊富に湧き出し流れ出る状態であったのは縄文時代までで、それ以降江戸時代までは、小金井街道近辺より上流の石神井川源流部は、じめじめした湿地で、季節や気候によって水が湧き出し流れる川筋があったのではないだろうか。そういう意味では、石神井川の北東方に流れる白子川の源流部「シマッポ」や、南方に流れる仙川の上流部のかつての姿、あるいは北西方を流れる黒目川の上流部の最近の姿と同じような様子だったのではないかと思われる。

(2)江戸時代から明治時代にかけての源流部―「鈴木田用水」と鈴木田んぼ

石神井川の源流の谷頭であった武蔵野団地から小金井カントリー倶楽部にかけての谷戸は、江戸時代には低湿地となっていて「長久保」と呼ばれていたようだ。18世紀前半、玉川上水を利用し現在の小平市一帯の武蔵野台地上で新田開発が行われた際、現在の鈴木町一帯も鈴木新田として開拓された。新田といっても大半は台地上の畑地開拓であったが、石神井川沿いの長久保には「鈴木たんぼ」と呼ばれる水田が拓かれた。

このときに玉川上水から「鈴木田用水」と呼ばれる分水が引かれた。時は1734(享保19)年。取水口は1尺四方。今でも鈴木街道沿いに残る玉川上水鈴木新田分水(1732(享保17)年開通)とは別物である。この分水の開通と水田開拓により、石神井川源流部は多少水量を増したと思われる。玉川上水やその分水による地下水の涵養効果で、湧水量も多少は回復していたかもしれない。ただ、伝承では湧水は雨天時のみ湧き、日照りのときには枯れていて、水田の収穫量は多くなかったという。また、石神井川上流部は悪水堀、つまり水田などの排水路の扱いであったようだ。

「鈴木田用水」は石神井川の源頭を囲むように南北に分かれ、水田に給水したのち石神井川に合流していた。鈴木遺跡資料館に展示されていた絵図には、二股に分かれ石神井川の源頭を囲む用水が描かれている。2本の分水は小金井街道を越えた先で石神井川につながっている。
c0163001_20481448.jpg

北側の水路には水車がいくつか設けられた。その中のひとつで、現在の鈴木小学校の体育館付近にあった「定右衛門水車」は、幕末には「焔硝合薬搗立所」となった。大型の水車が設置され幕府の火薬作りに利用されのだが、やがて爆発事故を起こし普通の水車に戻ったという。鈴木遺跡の発掘時に、この水車や前後の用水路の遺構も見つかっている。(なお、練馬区の資料ではこの水車のために玉川上水から水路が引かれたとあるが、上記のように誤りである。)

明治時代の後半になると、東京市の人口増加により、飲料水である玉川上水の水が逼迫してきた。水を確保するため、市から水田の耕作者たちに水利権の買取の打診があった。これに応じたことで1908(明治41)年、玉川上水から鈴木田用水への送水は止められ、水車もこの時廃止された。この結果、鈴木田んぼは耕作に十分な水を得ることができなくなり、次第に放棄され芦の茂る荒地になっていったという。北側の用水路は1940年代までは流れが見られたというが、これは湧水が流れ込んでいたのかもしれない。そして戦時中から戦後にかけて、食糧難により耕作地を得るために水路は埋め立てられてしまったという。

玉川上水からの分水のほとんどが何らかの形で保全され辿れる小平市内において、この鈴木田用水は早い時期に廃止されたためか、全く痕跡が残っていない。そのためか、資料で言及されることもほとんどなく、忘れ去られた存在となっている。いったいどこを流れていたのだろうか。
そのヒントはまずは明治時代の地形図にあった。迅速図や東京近傍図を見ると、玉川上水から石神井川につながる水路が描かれていて、現在の鈴木小学校近辺からは蛇行する流れとなっている。下は1880(明治13)年測量の東京近傍図(陸地測量部刊、1887(明治20)年)から。小さく見辛いが、国土地理院の引用基準に基づくものなのでご容赦を。青いラインが鈴木田用水から石神井川へのライン。右寄りを南北にまっすぐ横切っているのが小金井街道である。
c0163001_20484079.jpg

多くの資料ではこの蛇行する部分を石神井川の最上流部と捉えているようだが、よくよく等高線をみると、小金井街道以西のラインは谷のもっとも低いところよりも北寄りを流れている。つまりこれは、この区間が人工的な水路であることを示しており、これが鈴木田用水の北側水路であることとなる。一方、水田の真ん中を流れているはずの石神井川の小金井街道以西の区間や、鈴木田用水の南側水路は描かれていない。
そこで、公図を簡易に参照できるブルーマップを見てみたところ、水路跡と思われる帯状の公図界がはっきりと描かれており、それらの位置関係は先の絵図とも一致していた。この情報と地形図に描かれた地形、そして終戦直後の航空写真を元に各水路のルートを推定してみたのが下の地図となる。長久保の谷戸の中で、石神井川が中央を流れ、谷戸の両縁を鈴木田用水が流れたいた様子が浮かび上がる。鈴木田んぼは2つの用水が石神井川につながる地点まで谷沿いに細長く広がっていたようだ。
c0163001_20484940.jpg

玉川上水(明治以降は玉川上水に並行する新堀用水)から分岐して鈴木小学校西側までの区間は、終戦直後の航空写真ではまだ痕跡を確認することができるが、現在は全くその姿を残していない。ただ、住宅地に斜めに横切る土地区画がごく一部に断続的に残っていて、それらをつなぐことでそのルートの一部はたどることが出来る。
c0163001_205035.jpg

なお、南側水路の農林中研修所以西の区間は、公図でも判断が付かないため、文献と地形からの推定でラインをひいた。もう少し東寄りで南北に分岐していた可能性もある。

(3)鈴木田用水の廃止以降と「経理排水」の開通

鈴木田用水の廃止以降、石神井川の源流部の水量は再び減り、「シマッポ」のような状態になったのではないかと思われる。郷土誌に記された古老の証言によれば昭和初期、現在の鈴木小学校のところに湧き水があったが、季節や降水量によってその水量は変動していたという。また、鈴木田んぼだった長久保一帯は大雨が数日続くと、水浸しになって何ヶ月も引かないような状態であったという。昭和初期の地形図には、東京近傍図とは異なり、現鈴木小学校の近辺まで、石神井川自体の流れが谷の一番低いところに描かれている。

1937年には長久保の北側斜面を利用した会員制ゴルフ場「小金井カントリー倶楽部」が開設された。その際、荒地となっていた谷頭部以外の元・鈴木田んぼも買収されゴルフ場の敷地となった。また、1940年にはカントリー倶楽部の南側から東側に隣接した土地が「小金井大緑地(現小金井公園)」として整備された。

1942年、現在の小平団地から関東管区警察学校にかけての広大な敷地に、陸軍経理学校が建設された。この際、敷地から石神井川源流を結ぶ「経理排水」と呼ばれる排水路がつくられた。この水路は石神井川の谷頭までは暗渠で続き、そこから開渠になって、小金井カントリー倶楽部内で石神井川に接続されていたという。
戦後直後の空中写真には、台地上に白いラインがまっすぐに続いているのが写っている。このラインは石神井川の谷に入ると黒くなる。白いライン=暗渠の区間が前回たどってきた緑道、黒いライン=開渠の区間が武蔵野団地内の「下水道管理用地」とそれに続く未舗装の区間である。
c0163001_20501949.jpg

戦後、経理排水は流域の排水路となったようだ。また、前回触れたように日立電子(現・日立国際電気小金井工場)の設立後は、経理排水に水(電子部品の洗浄水)を流すようになり、湧水が枯れた後は石神井川源流部の主水源となっていた。石神井川源頭部の窪地は戦後整地され畑などに利用されていたようだが、工場のできた1960年代はじめには、武蔵野団地として整備されはじめ、70年代にかけて住宅が立ち並んだ。この際に石神井川の源流部は跡形もなく埋め立てられたが、経理排水の武蔵野団地内の区間は1970年代初頭まで開渠が残っていた。

小金井カントリー倶楽部以東の石神井川の流れはどうだったのか。古い地図を確認すると、1956年の地図では、まだ小金井カントリー倶楽部西側の敷地内に断続的に水路が顔を出している様子が確認でき、西側敷地内東寄りの池から川が流れだして、小金井街道を越えカントリー倶楽部西側敷地内を流れている様子が描かれている。池より上流部はすでに経理排水からの水しか流れていなかった可能性が大きく、源流を「小平市御幸町(小金井カントリー倶楽部内)」とする記述はこの頃の状態を伝えるものかもしれない。嘉悦大学の手前はこの当時より暗渠だったようだ。この暗渠の出口は前々回の記事の写真でわかるようにかなり古そうで、もしかするとゴルフ場開設時からの暗渠かもしれない。1970年の地図になると、池から流れだす部分はなくなり、そして70年代半ば以降の地図では西側敷地内の水路はすべてなくなっていて、前回の記事に記した、東側敷地に今でも残る水路のみが描かれている。

(4)新たな水源になった「石神井幹線」

1960年代以降、石神井川流域は急速に宅地化が進んだ。一方で源流部一帯の下水道整備は遅れていた。1990年には下水道普及率100%を達成したものの、その後もしばらく汚水が川に流れこむような状態が続いていた。石神井川流域を含む小平市の東半分は分流式で整備が進められ、2000年代初頭には石神井川に汚水が流れ込まなくなったようだ。経理排水は、新小金井街道より西側は下水として再整備され、東側は雨水菅に転用されたようだが、処理能力が低かったため、2000年代半ばにかけて、小金井カントリー倶楽部内のかつての石神井川の流路の直下、地下4mほどの場所に雨水管「石神井幹線」が増設された。この雨水管は、小金井街道以西では直径1.5m、以東では直径2.8mとなり、小金井公園北側の公式な「石神井川上流端」の暗渠出口のところで、石神井川に接続された。

この雨水管は石神井川の川底よりも低い位置にあることからわかるように、実際には雨水の貯留管としての性格も兼ねている。貯留管内にたまった雨水は通常月2回、ポンプで汲み上げられ、石神井川上流端で川に放流されている。また、大雨が予測される直前にも組みだして空にするそうだ。前回の記事で触れた「石神井川のもうひとつの水源」がこれにあたる。
また、小金井街道が横切る地点で露出している開渠は、石神井川のものではなく、この石神井幹線に関連するものではないかと思われる。
一方でおそらくこの工事の前後に、小金井カントリー倶楽部東側の敷地内に残る開渠の流路は、嘉悦大学構内に残る水路と切り離され、その結果「上流端」までの区間は水が流れなくなったのではないかと思われる。
c0163001_20502660.jpg

(5)結局石神井川の最初の一滴は・・・

最後にもう一度、石神井川源流付近の水系図を載せておこう(前回記事の最後と同じ)。上がかつて存在した水路、下が現在残る水路と下水道管理用地である。
c0163001_20503345.jpg

c0163001_2050381.jpg

さて、こうしてみると、鈴木町の湧水がコンスタントに水の湧き出す源流だったのは縄文時代までで、その後は現在に至るまで、人工的な水路がおもな水源となっていたことがわかる。そして、様々な文献などに記されている「小金井カントリー倶楽部内の湧水」も枯れているということは、現在の石神井川が流れ出す源流は公式な「上流端」に一致するということになるのだろうか。

最後にささやかな情報を付け加えておこう。1970年代前半、鈴木小学校の造成が始まる前まで、鈴木町の源頭には川の流れはなくなってしまったものの、谷頭の東端崖下に湧水が見られたという。そして、この湧水と同じ場所かどうかはわからないが、2007年、小学校の敷地内に湧き水が復活した。この湧水を使って「古代の泉」と名づけられた小さな池が整備された。
この水が「石神井幹線」に流れ込んでいるとすれば、今でも3万年前と変わらずに、石神井川の最初の一滴は鈴木町から流れ出しているといえそうだが、さて、どうだろうか。いずれ確認してみたいところだ。

長くなったが、以上で、石神井川源流の探索をひとまずおしまいにすることとする。
[PR]
by tokyoriver | 2011-08-03 20:58 | 石神井川とその支流 | Comments(20)