東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

みちくさ学会に「明治神宮「清正の井」から流れだす川とその先の暗渠。」と題した記事を書きました。渋谷川の明治神宮南池支流です。基本的には「東京の水2005 Revisited」の記事の該当セクションのリライトではありますが、最新の写真に入れ替え、新たに判明した事実などを反映させて全面的に書き換えています。非常に話題のつきないエリアで例の如く写真も文も多めになってしまいましたが、それでも載せ切れなかったものを以下に上流側からご紹介します。基本的な情報はみちくさ学会記事に記しましたので、そちらをお読みの上、どうぞ。

==================
最初に段彩図で川の全体像を(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。画面左上が明治神宮の敷地で、そこに食い込む谷戸から右下(南東)に向かって通じている青いラインが今回記事にした明治神宮南池支流。途中山手線の土手が谷を塞いでいるのがわかるだろう。その北側にある神宮東池からもかつて川が流れだし、竹下通り周辺では南池支流と平行して渋谷川へと通じていた。2つの川の間がちょうど谷戸の谷底で、水田が広がっていた。南池支流は飴屋橋で二手に分かれ、ひとつは南下していた。
c0163001_9262944.jpg


ではまずは、記事で少し触れた、清正の井からの流れの西側にあって菖蒲田につながるもうひとつの水路から紹介しよう。明治神宮本殿の西側、西参道をみると途中がわずかに凹地になっていることがわかる。その左右に柵が写っているのがお分かりだろうか。これが水路に架かる橋だ。
c0163001_927289.jpg

近づいてみるとこのように小さいながら石の欄干も設けられている。
c0163001_927586.jpg

下を覗くと水は流れていない。だが落ち葉は積もっておらず、土には礫も混じっていて、時折ここを流れる水があることがわかる。写真は下流側を見たものだが、上流側にも同様に欄干があって、水路は森の中に曖昧に消えていっている。雨が降った後などに流れが生まれるのだろう。
c0163001_9271048.jpg

こちらは清正の井のすぐ下流側の地点。写真右から左下にかけて、清正の井から流れ出した、丸太の土留めの水路が通っている。右端の緑が濃いところが菖蒲田だ。写真ではややわかりにくいが、その奥にほぼ並行するように先の水路の続きが通っていて、菖蒲田の反対側に接続されている。
c0163001_9271586.jpg


次は同じく記事で触れた、代々木公園のバード・サンクチュアリの池からの流れ。神宮御苑の西側を抜ける道からその水路を垣間見ることができる。写真右下、暗渠を抜けた水路から水が流れ、南池に注いでいる。公園の池は地下水を汲み上げたもので、見ての通り水質は悪くなさそうだ。戦前までは代々木公園は「代々木練兵場」で、今の池のあたりには調整池があったという。明治42年、練兵場が開設された際、雨が降ると濁った水が谷戸を流れて直接南池に流れこむという事態が度々発生し、問題となった。その解決策として、雨水を一旦貯めて泥を沈殿させる調節池がつくられたという。
c0163001_9271928.jpg


続いては原宿駅東側の暗渠区間で載せられなかった写真を。

まずは「ブラームスの小径」の由来となったブラームス像。脇の飲食店が設置しているようだ。
c0163001_927231.jpg

続いて、「フォンテーヌ通り」の由来となった噴水(フランス語でフォンテーヌ)。こちらは商業ビルの中庭に設けられている。
c0163001_927277.jpg

病院の塀の黒いプレートに刻まれた「モーツァルト通り」の標識。背後の玄関(電信柱左側)上にモーツァルトのレリーフがある。もしかして左側の坂道のほうが「モーツァルト通り」?
c0163001_9273070.jpg


続いては、明治神宮東池と東郷神社からの川を。

まずは東郷神社の神池。一帯は、東郷神社が設立される以前は鳥取藩主であった池田氏の邸宅となっていて、当時の池は800坪あまりの広さがあり、冬には百羽を越える鴨の群れが来訪していたという。池は湧水を利用したほか、明治神宮東池からの川の水も引き込んでいた。東池からの川は池のある窪地とは丘を隔てて一本西側の谷筋を流れていたため、丘を暗渠で抜けさせ、滝をつくって池に水を引いていたという。
c0163001_9275133.jpg

東郷神社境内に残る「神橋」。かつてはここから川が流れ出て、東池からの川に合流していた。
c0163001_9281055.jpg

神橋の先には川の痕跡はないが、竹下通りの南側に怪しい私道がある。勝手に上下水道工事などをするなという標識がいくつも並ぶ。
c0163001_9281656.jpg

少し南下すると、明治神宮東池からの川跡の路地が現れる。東池からの流れは暗渠化時に別ルートに流されるなど大幅に改変されていて、川跡がはっきりとわかるのは竹下通り以南からとなる。
c0163001_9283325.jpg

明治通りを越えた先にも路地となって残っている。
c0163001_928414.jpg


最後に、飴屋橋で南にわかれた支流界隈を。

この支流の痕跡は明治通りの開通によって大部分が消滅してしまったようで、はっきりしない。穩田商店街など、暗渠のような雰囲気の路地はいくつかあって、それぞれ風情がある。下の写真はそれらの路地の一つ。道の中央にコーンが置かれている。私道だろうか。コーンの先には道の真中に雨水枡があった。
c0163001_9285121.jpg

渋谷川暗渠のY字路。支流はこの近辺で左側から渋谷川に合流していた。写真右側が渋谷川の暗渠だ。左側に別れる道もやや怪しいが、川跡かどうかは不明。
c0163001_9285659.jpg

渋谷川の暗渠を少し下った地点にある、有名な戦前の消火用給水孔。東京府の紋章が見える。この場所には「八千代橋」が架かっていて、1960年代の暗渠化後も橋の構造が残っているが、給水孔はその橋の上に2ヶ所ある。川沿いから水を取るのが困難で、欄干越しだとホースが折れてしまうので橋上に設置したのだろうか。
c0163001_929453.jpg


他にもいくつか紹介したい場所があるが、本編よりも写真の枚数が多くなってしまったので、この辺で終わりとしておこう。
[PR]
by tokyoriver | 2011-09-23 10:40 | 渋谷川とその支流 | Comments(2)
前回に引き続き、「江下山堀」。今回は「あいおい損保中央研修所」の西側で分かれていた南側の流れを追っていこう。下の段彩図(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)は、前回掲載した段彩図よりもやや江下山堀をクローズアップしたもの。図の中央下方、途中から分かれるやや濃いオレンジのラインが今回辿る南側の流れだ。こちらの流路(跡)はその姿を次から次へと変えていき、なかなかにおもしろい川跡/開渠/暗渠となっている。
c0163001_23121932.jpg

二手に分かれてまず最初に現れるのは適度な幅のある普通の路地。だが、進んでいくと赤堤通りに出る地点に車止めがあって、ここが暗渠だとわかる。かつてはちょうど水路が二手に分かれる地点から、水路に挟まれて水田があった。というより、水田を潤すために二手に水路が分けられていたのだろう。各地にみられるパターンである。
c0163001_23122470.jpg

赤堤通りを越えると、水路の痕跡はいったんなくなってしまう。地形や敷地の区画、古い航空写真や古地図などから推測すると、経堂小学校の敷地北側に沿って流れていたと思われる。小学校の敷地と住宅地の間には不自然な隙間が残っている。経堂小学校は1941年開校。1965年に校舎が鉄筋化された前後で敷地が北側に拡張されたようだ。水路はそのときに埋められたのだろうか。
c0163001_23122957.jpg

次に現れるのはかなり放置気味のコンクリート蓋暗渠。前回記事の北側水路の開渠区間よりも一区画東から現れる。暗渠の始まりのところは蓋がとれて水路が露出しているが、中を覗くと水は全く流れておらず、川底は乾ききっている。
c0163001_2312344.jpg

南側水路のコンクリート蓋暗渠は、北側水路との間に住宅地を挟んで並行し東へと下っていく。コの字で回り込み、北側水路が暗渠となる地点のすぐ南側まで行くと、今度は開渠の水路となっていて、しかも水がサラサラと流れている。濁ってもおらず、臭いもしないので、北側水路と同じく、下水が流れ込んでいるというわけではなさそうだ。コンクリートの水路枠も苔生していて、湿度の高さを感じさせる。水路を挟む住宅の敷地からは排水管が逆L字に突き出している。
c0163001_23123893.jpg

さて、この地点から下流方向を見ると、次に現れたのは真新しい白色のコンクリート蓋暗渠だ。右岸側は崖となっていて、やはり逆L字型の排水管が暗渠の中へとつながれている。この区間はたいがいの地図ではまだ水路として描かれいて、かなり最近暗渠化されたことが伺われる。
c0163001_23124261.jpg

暗渠化されていてもその上に立ち入ることはできないので、再びコの字に回り込んでみると、「宮坂北小緑地」という小さな公園から、続きが確認できた。穏やかな土手の斜面の下に白いコンクリートの蓋が続いている。前回の上流部蓋暗渠と同じく、この辺りについても「世田谷の川探検隊」さんの記事で開渠だった頃の様子がうかがえる。
c0163001_23124617.jpg

コンクリート蓋暗渠は、古びたコンクリートの擁壁に突き当たって、土の下へと消えて行ってしまう。
c0163001_23125292.jpg

これより下流方向は更に姿を変え、未舗装の砂利敷き暗渠となる。先の写真からわかるように、埋め立てた際にもともとの水面よりもかなり高くまで土を入れ、周囲と同じ高さまで嵩上げされてしまったようだ。
c0163001_2312575.jpg

ここも立ち入れないので、赤堤通りに出て、前回取り上げたセブンイレブンの脇にある欄干のところから
北側水路の合流する北沢川傍流を少し下っていくと、東京電力上北沢変電所の裏手で、南側水路の合流地点に出る。写真左奥からの柵に阻まれた空間が先の砂利敷き暗渠の続きだ。嵩上げしてある分、段差ができている。
c0163001_2313175.jpg

近づいてみると、路上に数枚だけコンクリート蓋が残っていた。この蓋面がもともとの暗渠の高さだったのだろう。
c0163001_2313672.jpg

そして、その脇にはなぞのコンクリート建造物遺構がぽつんと。洗い場と焼却炉のようだが、位置関係がなんだか変だ。もともとこのように配置されていたようには思えないが、どのような由来があって、なぜ取り壊されずに残されているのか、謎である。焼却炉の上にはなぜかセメントで突起がつくられ、枯れ枝が挿されていた。
c0163001_23131078.jpg

江下山堀の南側の流れを併せた北沢川の傍流は、かつてこの地点のすぐ先でカクンと折れて北沢川に合流していた。この辺りの北沢川暗渠は、昔ながらのやや薄暗いうらびれた緑道となっている。
c0163001_23131417.jpg

少し上流側に引き返すと、暗渠は近年改修された明るい遊歩道になった。道路端には「江下山橋」の親柱モニュメントが立っている。ここから少し遡れば、以前の記事でとりあげた佐内弁財天、北沢川/北沢分水の水路の集積地点だ。
c0163001_2313195.jpg


アスファルト路地→消滅→細長い空き地→古いコンクリート蓋暗渠→開渠→新しいコンクリート蓋暗渠→砂利敷き暗渠→再び古いコンクリート蓋暗渠とその姿を次々と変える江下山堀の南側分流、如何だっただろうか。途中で分岐した水車堀やその上流の北沢分水上堀にも断片的に水路の痕跡が残されている。そちらも追々記事にしていく予定である。
[PR]
by tokyoriver | 2011-09-13 23:20 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
今年3月の取材なので、ちょっと季節外れの写真もあるが、久々に「北沢川源流域/北沢分水を辿る」シリーズのつづきを。
今回辿るのは通称「江下山堀」と呼ばれていた水路の暗渠/川跡/開渠。北沢分水の玉川上水からの取水口は1788年に上高井戸に移動したことでほぼ、現在痕跡の残るような、北沢川本流と一体化した形となった。北沢用水は京王線八幡山駅の北方、上北沢5丁目で上堀と下堀に分かれて南下していた。
東側を流れる下堀はそのまますぐに北沢川の谷筋に入って北沢川源流部に接続されていたが、上堀は谷の西側の台地(微高地)の上に開削された、純然たる人工の用水路だった。
この北沢用水上堀は、上北沢1丁目で二手に分かれていたのだが、片方は「水車堀」と呼ばれていた。そしてもう片方が今回辿る「江下山(えげやま、えぎやま)堀」もしくは「江下山ドブ」と呼ばれていた水路だ。
江下山堀は途中から北沢川の支流の谷に接続され、経堂赤堤団地の南側で北沢川に合流していた。その合流地点付近のかつての地名が「江下山」だ。江木(エギ)とは用水路を指す言葉だといい、用水路がそばに通る丘であることからその地名がついたと推定されている。この推定が本当だとすると、水路が通って、その結果地名がつき、その地名から水路の通称がつけられたというちょっと「行って来い」な経緯があったことになる。
c0163001_2329971.jpg

「北沢川源流域/北沢分水を辿る(5)桜上水支流(仮)北沢川合流地点まで」の記事 でも触れたように、とある郷土誌では、玉川上水が開通する以前、秦氏と鈴木家の手により、井の頭池から現在の玉川上水~北沢分水上堀~江下山堀を通る用水路が開削されていて、玉川上水の井の頭から高井戸の区間はその流路を流用したという説が唱えられている。井の頭池と、玉川上水の通る台地の上との標高差を考えると俄には信じがたいが、想像を掻き立てられる説ではある。

最近「善福寺川リバーサイド」さんが記事にしたばかりだし、その前には「暗渠徘徊の日々」の猫またぎさんも取り上げていた、暗渠家には人気のあるこの暗渠/川跡、今更ではあるが、上流方向からたどってみよう。

現在確認できる最上流部は、上北沢自動車学校敷地の東に沿って残る細長い空き地だ。北沢用水上堀はかつて、この自動車学校の北側で水車堀と江下山堀に別れていていたようだが、現在その痕跡は全く残っていない。台地上に掘削された用水路なので、いったん廃止されて埋められてしまうと、地形的に判断がつかなくなるのである。写真は空き地から続く水路跡の緑道から、空き地(上流)方向を眺めたもの。
c0163001_23291672.jpg

緑道は長徳寺の脇を遊歩道となって南下していく。人工的な水路らしく、直線で構成されている。
c0163001_23292052.jpg

荒玉水道道路を越えると、車道沿いの歩道となって南東へ下っていく。このあたりからだんだんと谷筋になってきて水路跡も蛇行し始める。もともとあった川に接続して利用したと考えられる。
c0163001_23292640.jpg

途中には広大な畑地が残る場所も見られる。真新しいアスファルトに覆われた川跡は、その蛇行以外はあまり水路であった気配はないが、ここはつい最近までコンクリート蓋暗渠だった。「世田谷の川探検隊」さんの記事でその当時の様子が確認できる。また、google ストリートビューではまさに進行中の工事の様子が、そして先に紹介した猫またぎさんの記事では工事が完了しかけている頃の写真が写っている。
c0163001_23293243.jpg

川跡沿いは緑が残る静かな住宅地となっている。春先だったのでメジロやシジュウカラ、ムクドリ、ヒヨドリといった鳥の姿が多く見られた。
c0163001_23294215.jpg

蛇行した川跡はやがて赤堤通りに交差する。通りを渡ると歩道が不自然に広く膨らんでいるが、これは暗渠を無理やり歩道に組み込んだことによるものだ。
左奥に見える「あいおい損保中央研修所」の中には湧水池なのかどうかは不明だが池があって、塀越しにその様子が垣間見えた。この近辺から流れは二手に分かれていた。今回は北側の流れの痕跡を追っていき、南側の流れは次回に取り上げる。
c0163001_23295136.jpg

川跡は洋服の青山の脇から赤堤通りを離れ、経堂小学校北側を回りこんでいく。アスファルトの歩道がかつての水路だ。ここも以前はコンクリート蓋暗渠だったような記憶がある。各地にひっそりと残る暗渠はこうしていつの間にか人知れず消えていっている。
c0163001_23295743.jpg

宮坂と桜上水の境界となるところから開渠が現れる。アスファルト歩道から、蓋暗渠を経ることなくいきなり開渠なので、やや唐突な感じ。開渠となった水路は曲がりながら北東へ向きを変えていく。
c0163001_2330324.jpg

水路は3面コンクリート張りで梁の渡された典型的な姿。わずかだが水があり、一応流れている。雨水なのか、それともコンクリートの隙間から微かに湧いているだろうか。
c0163001_23301062.jpg

コンクリートの橋も残っている。ここから先は水路沿いの道はなくなり、迂回しなければならない。すぐそばには南側の流れがやはり開渠となって並行している(次回記事にて紹介)。
c0163001_23301688.jpg

コの字に回りこんでみると、もうひとつ橋があった。コンクリートの欄干には簡潔だが意匠が施されている。
c0163001_23302279.jpg

橋から上流側を望む。水路の脇にわずかに土手が残されているため、暗渠の空間に圧迫感がなくいい感じだ。
c0163001_23302720.jpg

橋の下を覗いてみる。橋の下流側すぐのところに土管が小さな口を開けていて、水はそこに流れ込んでいる。突然現れ150mほど続いた開渠はここから再び暗渠となる。
c0163001_23303291.jpg

橋から下流側を見る。コンクリートの突起物の下に、前の写真の土管がある。そして、下流はまだ未舗装の暗渠が続いている。
c0163001_23303785.jpg

こちらも雑草も汚れが無く、まだ新しいことが伺われる。先ほどの開渠区間も、そう遠くない日にこのような姿になってしまうのだろうか。
c0163001_23304473.jpg

再び赤堤通りを北側に越える。階段で降りた先はアスファルトの路地になっていた。川の気配は消されているが、手許にある1989年の1万分の1地形図では、ここも開渠として描かれている。
c0163001_2332342.jpg

路地の先は経堂赤堤通り団地の敷地だ。1960年代に団地となるまで、一帯は北沢川沿いの谷筋に細長く伸びた水田で、江下山堀はここで、水田の西側を流れていた北沢用水の傍流に合流していた。写真左奥からの路地が辿ってきた川跡、右側の赤いコーンの立っている道が北沢用水の傍流の川跡だ。傍流は右から左に向け流れていた。
c0163001_2332208.jpg

合流した先を追っていくと、三たび、赤堤通りに出る。セブンイレブンの脇には、一部で有名な欄干が残っていて、その先で、途中で分かれた南側の流れが合流していた。次回は、あいおい損保中央研修所のところまで戻って、西側の流れを追ってみる。
c0163001_23323218.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-09-08 23:52 | 北沢川とその支流 | Comments(6)