東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今回は東京から少し離れた、山梨県の湧水を。長野県との境界近く、八ヶ岳山麓の北杜市長坂町にある「三分一湧水」は、JR小海線甲斐小泉駅から500Mほどの場所にあり、八ヶ岳からの伏流水が湧き出す湧水だ。1985年、日本名水百選に選定されたこの湧水には、三方の村に三等分に水を分配し用水路に流す施設が設けられていて、円筒分水の原型ともいえるような、素朴な味わいのある石組はちょっとした観光名所となっている。

現在湧水一帯は公園として整備されていて、森の中から清冽な水の流れる用水路が下ってきている。
c0163001_23511580.jpg

木立の中の斜面を登っていく。用水路を流れる水は渓谷のようだ。
c0163001_23513055.jpg

しばらく進むと、平坦となった場所に、分水施設がある。縦3.6m、横4.7mの石組みの枡状の池に、奥から水が流れ込んでいて、他の三辺のそれぞれから用水路が流れ出ている。
c0163001_23514124.jpg

まずは水源を見てみよう。長方形の池の北側から流れこむやや幅広の水路の先に、窪地が見える。
c0163001_23515454.jpg

窪地の中からは水が溢れるように流れ出ている。いわゆる「釜」と呼ばれるような湧水だ。
c0163001_2352371.jpg

最奥の湧水池点。水底から湧き出した水が噴水のように盛り上がっている。1日の湧水量は8500トンほどだという。
c0163001_23521371.jpg

こうして湧き出した水が先ほどの長方形の池に流れ込んで、等配分されるわけだ。
c0163001_23522210.jpg

湧水から導かれた水は小さな滝となって池に落ちていて、その正面には三角形の石が設置されている。
c0163001_2352316.jpg

この石によって水流の勢いが二手に分かれているのがよくわかる。頂点に引っかかっている木の枝が、水流の強さを物語る。
c0163001_23523930.jpg

この石によって、池の中の水流は攪拌され、特定の水路に卓越して向かう水流が出来ることが防がれて、池の水位を超えてあふれた水がそれぞれの分水口から流れ出すようになっている。分水口の幅はいずれも61cmと同じになっているので、等量の水が流れ出るという仕掛けだ。
c0163001_23524847.jpg

この石と分水施設について、かつて戦国時代に村で水争いが起こったときに、武田信玄が湧出口の分水枡に三角石柱を立てて、水を3等分するシステムを生み出したとの伝説があったようで、観光ガイド本などでは今でも目にするのだが、実は現在ある石は1947(昭和22)年に設けられたものだ。

調べてみると、現在の分水施設の原型がつくられたのは、江戸時代中期に起こった水争いがきっかけだったようだ。そして、当初は木造の施設で、水を配分する石も普通の自然石だったという。施設が石積みのものになったのは1923(大正12)年、そして1944(昭和19)年に現在見られる施設が完成、その後戦後になってから石が三角形のものに置き換えられたという。伝説と史実とはずいぶん異なるようである。そもそも三角形の石ひとつで水を三等分することは出来ないわけで、なぜこのような伝説が生まれたのか、興味深いところだ。

最後に池から流れ出る用水路を少し紹介。まずは池から流れ出す3つの水路のうち、東側と中央の水路。
c0163001_23525781.jpg

東側の水路は、V字谷の底を流れている。もともとあった谷筋なのか、それとも人工的に掘り下げたのだろうか。
c0163001_2353582.jpg

中央の水路はしばらくは平坦な森の中をゆるやかに曲がりながら流れていて、清々しい。
c0163001_23531435.jpg

そして西側の水路には、流れだしてしばらくの地点にコンクリート護岸の区間があった。
c0163001_23532393.jpg

近寄ってみると、小さな堰が設けられていて、導水管がつながれていた。どこかに更に分水して利用しているのだろう。
c0163001_23533289.jpg

これらの用水路の水はいずれも八ヶ岳山麓に切り開かれた水田に利用されている。水温は10度ほどとかなり低いから、そのまま直接稲作に利用するには厳しいはずだが、それでも水田を切り開いた先人たちの切実さはいかほどばかりであっただろうか。

参考:「『均等分水の妙』-三分一湧水-」安斎 忠雄 「土地改良」236号(2003年刊)所収


[PR]
by tokyoriver | 2011-11-18 00:03 | その他のエリア | Comments(0)