東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2年半ぶりの「神田川笹塚支流(和泉川)」シリーズ。今回は京王新線幡ヶ谷駅付近を流れていた支流をたどってみよう。

今までの記事はこちら
・神田川笹塚支流(和泉川)(1)「萩窪」の源流と幡ヶ谷分水
・神田川笹塚支流(和泉川)(2)最上流部・北側水路
・神田川笹塚支流(和泉川)(3)最上流部・南側水路

「神田川笹塚支流」もしくは「和泉川」という呼び方

 暗渠者の間で「神田川笹塚支流」もしくは「和泉川(いずみかわ)」と呼ばれるこの川は、杉並区和泉の地にその流れを発し、新宿区西新宿五丁目で神田川に合流する全長3kmほどの流れで、1960年代半ばに暗渠化されている。
 川は本流の他、並行する傍流や右岸側の台地に谷を刻む数多くの支流、そして玉川上水からの分水もあって、流域も杉並区、世田谷区、渋谷区、新宿区にまたがっており結構な規模があるのだが、なぜか固有の呼び名がなく、流路の大半を占める渋谷区の行政資料や地域資料では長いこと単に「神田川支流」という呼称で記されてきた。神田川の支流は他にもたくさんあるわけで、固有名詞というにはにはやや無理があるし、無個性で味気ない。
 一方でその暗渠は遺構が多く変化にも富み、数多くの暗渠者を引き寄せてきた。彼らの間ではいつしか「神田川支流」ではなく「神田川笹塚支流」と場所が分かる形で呼ばれるようになり、現在その呼び方は一般的にも定着してきているように思える。
 そんな「神田川支流」に「和泉川」という呼び方があったらしい、と判明したのは6、7年ほど前だっただろうか。庵魚堂さんの「世田谷の川探検隊」に当時あったBBSで、中野区の戦前の資料で見つかった名前として報告された「和泉川」の名称はかなり反響を呼んだ記憶がある。現在では和泉川の名前も少しづつ浸透している。本サイトではそんな経緯を踏まえて「神田川笹塚支流(和泉川)」として記載してきた。
 この「中野区の戦前の資料」の掲載箇所が長らく見つけられなかったのだが、今回記事を記すにあたって再度資料を確認して見たところ、やっと1943年に刊行された「中野区史上巻」において、中野区の地形をなす丘陵の説明の項に「幡ヶ谷丘陵」を分かつ河川として北に神田川、南に和泉川と記されているのを見つけることができた(ちなみにこの資料では桃園川を中野川としている)。ただ、この名称は他の資料には見当たらず、実際に現地でそう呼ばれていたのか、便宜上文中でそう記していたのか定かではない。いずれにせよ、川の流域に含まれていない中野区の資料だけに川の名前が記されているということは興味深い。
 
唯一名前の無い、幡ヶ谷の谷

 下の地図は神田川笹塚支流(和泉川)流域の段彩図だ(google earth経由東京地形地図にプロットしたものをキャプチャ)。青が河川の暗渠/川跡、赤が用水・上水の暗渠/川跡、水色が現存する河川、桃色が現存する用水路・上水路となる。
c0163001_014990.jpg

 源流部や支流の流れる谷戸には鶴が久保、萩窪、牛窪、地蔵窪、小笠原窪、とそれぞれ地名がついている。しかし、今回記事にする幡ヶ谷の支流の谷(上の地図で黄色い矢印で指したところ)には、古地図や資料をざっと調べた限りでは、地名がみあたらない。水田として利用されていなかったこともその理由かもしれないが、短いながら比較的はっきりした谷筋なだけにこれまた不思議な感じもする。ひとまずここでは「幡ケ谷支流」とでも呼んでおく。辿るに先立って、幡ヶ谷付近を拡大した段彩図をあげておこう。
c0163001_11392284.jpg

 川は玉川上水の近くに発し、京王線、甲州街道、水道道路を横切り和泉川に合流している。上流部は僅かな窪地となっている程度だが、中・下流の谷筋は幅が狭く、そして高低差がはっきりしている。そしてかつて淀橋浄水場に水を送っていた玉川上水の新水路だった「水道道路」が谷を横切ってダムのように塞ぎ、スリバチ界隈の方々が呼ぶところの「一級スリバチ」ができている。さっそく下流部から遡っていこう。

水道道路北側の深い谷

c0163001_022448.jpg

和泉川本流の暗渠を遡って行き、六号通りを過ぎて中幡小学校の前で暗渠が車道と合流する地点が、幡ヶ谷支流が和泉川に合流していた場所だ。写真の手前は和泉川の橋跡で、右から左に向かって川が流れていた。そして写真左奥の住宅地の中から出てくる路地がかつての幡ヶ谷支流だ。
c0163001_024124.jpg
 暗渠路地の入り口には、欄干の痕跡のようなものが残っている。明治中頃から大正後期にかけては、この地点より20mほど西寄りに水車用の分水路の合流口があり、字中幡ヶ谷と字原の共用水車が回っていた。この水車については後ほど記す。
c0163001_03115.jpg
 路地の入り口は直線だったが、遡って行くとすぐに優雅なカーブを描く暗渠道となる。
c0163001_031058.jpg
 角ばったS字に曲がっていく。この少し先で、両側に家々が迫る路地からいったんぽっかりと空が開けた窪地となる。そこには「原中橋」(おそらく「原」と「中幡ヶ谷」の字名からとったのだろう)と呼ばれた小さな橋が架かっていて、先の水車用の分水路がそこから分けれられていたようだ。
c0163001_034536.jpg
 原中橋が架かっていた地点を過ぎてすぐに、暗渠は再び崖下に沿う路地となる。
c0163001_04298.jpg
 暗渠は奥に進んでいくにつれてどんどんプライベート感を増し、やがて半ば家の裏庭になりかかっ先で、水道道路に阻まれて行き止まりとなる。
c0163001_042688.jpg
  振り返るとこんな感じだ。鉢植えや自転車、梯子、そして何故か扇風機。この暗渠路地に入ってくる部外者は郵便配達くらいなものなのだろう。

玉川上水新水路と、谷に落とされた水車用の水

c0163001_044342.jpg
 途中まで引き返し、谷底から水道道路の上に上がる。道沿いには都営住宅が続き、その先には初台のオペラシティのビルが見える。左側の歩道沿いにみえる緑のフェンスのあるところが、暗渠の谷が横切っている地点だ。
c0163001_045594.jpg
 フェンスのところまでくると高低差がよくわかる。水道道路はかつての玉川上水新水路の跡だ。玉川上水新水路は、東京の上水道近代化を目的としてつくられた淀橋浄水場へ水を供給するために1897(明治31)年に完成した。水路は従来の玉川上水と異なりほぼ直線で建設され、そのため、従来の玉川上水が迂回していた谷筋を越えるため土手が築かれた。ここで見られる高低差はまさにその土手の名残だ。新水路の高い土手は幡ヶ谷の地を分断し、住民はかなりの不便を強いられたという。
c0163001_051529.jpg
 水路沿いの住民は新水路建設にあたり労役も提供したというから、いわば骨折り損のくたびれ儲けだったわけだが、わずかながらの見返りとして、新水路の落水を水車の動力に使用することが許可されたという。その水車が先に記した幡ヶ谷支流(の分水)と和泉川の合流地点に設けられた水車だ。
 和泉川流域に水車が登場したのは明治初期だったという。流域は全体的に高低差が少なかったため設けられた水車も3箇所のみだった。そのうちの一つの中幡ヶ谷水車が移設され、新水路の水を利用するようになった。写真の通り高低差が大きかったため水流が早く、水車の回転も速かったという。水車は大正末まで20軒ほどの農家に共同利用されていたという。
 専ら浄水場への送水を目的とした新水路から水が落とされていたというのはにわかには信じがたいが、わざわざ水車を移転したのだから事実なのだろう。そうだとするならば普通に考えればこの写真の地点で水が落とされていたことになるだろう。
 なお、玉川上水新水路は関東大震災の際には堤防が決壊し幡ヶ谷一帯に洪水をもたらした。これを機に住民からは水路の撤去要請の声が高まり、甲州街道の拡幅時に淀橋浄水場への送水管が地下に埋設され1932(昭和7)年に新水路は廃止された。しかし土手はその撤去途中で戦争に突入し、大部分はそのまま残って水道道路となっている。

水道道路南側のスリバチエリア

c0163001_053565.jpg
 さて、六号通りを経由して、水道道路の南側の「一級スリバチ」状になった谷筋に続く上流部を目指す。水道道路沿いの都営住宅の裏には、水道道路に並行して谷筋へと降りていく側溝があった。
c0163001_055253.jpg
 側溝を下り切った地点から振り返る。こちらも谷の断面がよくわかる。
c0163001_061311.jpg
 谷底に再び現れる暗渠らしき路地。水道道路の土手の擁壁とその上に建てられた都営住宅が聳え立つ。
c0163001_063272.jpg
 そこから上流方向を眺めたところ。いかにも暗渠な雰囲気だ。ただ、戦前の地籍図を見ると、実際の水路はこの路地よりもやや西寄りに描かれていて、この先の地点でクランク状に曲がってからこの路地のルートとなっている。一方で戦後の地図や航空写真ではこの路地が水路となっている。どこかのタイミングで付け替えられたのだろう。
c0163001_064954.jpg
  暗渠道がやや太くなる地点の脇には「観音湯」。戦前の地図にも別の名称ではあるが銭湯が確認できる。写真には写っていないが東側(右側)には上り坂が六号通りに続いていて、スリバチ地形がよくわかる。
c0163001_07645.jpg
 幡ヶ谷の駅近く、飲み屋などを伴いながら緩やかな登り坂となって暗渠が続く。路地自体は甲州街道まで続くが、水路は甲州街道の手前でクランク状に折れ曲がり西方にシフトしていた(冒頭2枚目地図参照)。現在は土地の境界にその名残を残す程度で暗渠はいったん痕跡を消す。

甲州街道の南側の痕跡と玉川上水

c0163001_072791.jpg
 甲州街道を越え、京王線の線路の南側の住宅地の中に入っていくと水路跡は三たび姿を現す。この辺りでは川沿いはほぼ平坦になっている。自然河川の上流部を排水用に延長したパターンにも思えるが、幡ヶ谷郷土史によると、一帯では水が湧いていたようだ。
c0163001_07473.jpg
 狭い路地だが、駅への近道になっているのか絶え間なく人通りがある。水の流れが人の流れに入れ替わったとでも言えようか。
c0163001_08197.jpg
 数十mで車止めが現れ、水路跡は終わる。すぐ先には玉川上水の暗渠が通っている。ここが幡ヶ谷支流の痕跡の最上流端だ。
c0163001_081535.jpg
  すぐそばの玉川上水の暗渠には、1980年代末期にリニューアルされ半ばモニュメント化された山下橋が架かる。奇遇にもその意匠には水車のモチーフが取り入れられている。左奥の植え込みの後ろに道路を挟んで先ほどの幡ヶ谷支流の暗渠がある。
 これだけ玉川上水と幡ヶ谷の支流の水源が接近していると分水が引かれていたのではないかという気にもなるが、先に記したとおり一応湧水があったようだ。ただ、上水がその湧水を涵養していた可能性は否定できないだろう。

 幡ヶ谷支流の探索はこれにておわり。名無しの支流ではあるが、玉川上水新水路からおそらく唯一の分水を受け、そして旧水路からはその漏水を受け、と新旧ふたつの玉川上水と縁深かったこの川。果たして呼び名はあったのだろうか。いつしか「和泉川」のようにその名前が発見されてもおかしくない、個性のある川であったように思う。

【主要参考文献】

「幡ヶ谷郷土誌」 堀切森之助編 1978 渋谷区立渋谷図書館刊
「東京市渋谷区地籍図下巻」1935 内山模型製図社刊
「渋谷の水車業史」 渋谷区立白根記念郷土文化館編 1986 渋谷区教育委員会刊
「中野区史 上巻」 1943 東京市中野区役所編・刊

c0163001_083553.jpg

(おまけ)山下橋の傍には、かつての橋の親柱がひっそりと保存されていた。
[PR]
by tokyoriver | 2013-01-27 01:42 | 神田川とその支流 | Comments(1)
しばらく更新が滞ってしまいすみません。リハビリを兼ねて、原点の「fragments」に立ち返り、あえてあまり深追いせずに軽めの断章的な記事にてぼちぼち再開して行こうと思います。まずはすでに何名かの方が記事にしている練馬区内の小さな川跡を取り上げてみます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

練馬区内を西から東に向かって流れる石神井川の右岸(南)側には、かつて数多くの支流が台地に小さな谷戸を刻んでいた。過去の記事でも「練馬白山神社支流」「豊島弁財天支流」「向山ケ谷戸支流」(いずれも仮称)と何箇所か取り上げてきた。今回たどった川跡もそんな谷戸を流れていた川のひとつだ。流域の旧字名「宿湿化味」から仮に「宿湿化味支流」とでも呼んでおこう。
c0163001_2334461.jpg

「宿湿化味」は「シクジッケミ」と読むようだ。他に石神井川の北側、現在の城北中央公園の西側一帯がかつて「湿化味(しけみ、しっけみ、しっかみ)」もしくは「前湿化味」という小字で、石神井川に架かる橋の名前に今でも「湿化味橋」として残っている。練馬区のサイトでは「宿湿化味」を石神井川沿いの低湿地を指す珍しい旧地名として紹介している。

そのような由来を聞くと、「宿湿化味」の谷も水が豊富で水田に利用されていたのではなかろうかと思うのだが、明治以降の地形図を見る限り、谷筋に水田が開かれた様子はみられない。わずか200mほどしか離れていない西隣りの谷戸には水田があったし、東隣りの羽沢の谷戸にも水田が連なり、あまつさえ千川上水から分水さえ加えられていたのにである。両隣の谷戸は水田として利用されていたのに、この宿湿化味の谷は違っていたのはなぜなのだろうか。水量が足りなかったのか、土地が適さなかったのか。

ちょっとだけ調べてみると「シケミ」に関係有りそうな地名「ケミ」につきあたった。「ケミ」は信州に多い小字名で、湿地や沼地、水辺や水田の中にある林地を示すという。その語源は不明だが「シッケミ」という言葉に関係があるのではないかという。そして興味深いのは「ケミ」には特に、

 「日陰や湿地となっていて、田畑として使用できないような土地」

を指すことがあるという(以上は塩入秀敏 (1998)「ヤチ地名とケミ地名 : 長野県の湿地地名方言について」『上田女子短期大学紀要 21号』による)。「宿湿化味」の地名もしかするとそのような語源を持つのではないだろうか。
川跡を調べていると、水が湧くような土地であっても泥地や湿地となっていて耕作に適さず、水温も稲の生育には低すぎて水田に適さなかったという場所に時折行き当たる。地名との関連は不明だが、きっと「宿湿化味」の谷もそんなところだったのだろう。

余談だが、千葉県の「検見川」はこの「ケミ」系の地名で、また、花見川の「花見」も、もともとの読みは「ケミ」だったという。

さて、「湿化味」という地名のイメージがなんとなく掴めたような気になりながら、川跡を下流側から遡っていこう。
c0163001_23342757.jpg
石神井川の仲羽橋のたもと。護岸に暗渠の合流口が残っている。このあたりはまだ合流式の下水道で、大雨の時は暗渠を転用した下水道から溢れた水がここから川に放出されるのだろう。
c0163001_23344629.jpg
宿湿化味支流はここで石神井川羽沢支流と合流していた。直進しているのが羽沢支流、そして右奥に伸びている歩道が宿湿化味支流の暗渠だ。
c0163001_2334561.jpg
かつて道路が流路を越えていた様子を残し、川跡の歩道は道路の反対側に移る。
c0163001_2335666.jpg
川跡はしばらくは交通量に比べて幅広な歩道として続く。写真は下流方向を見た様子。左手の竹林のある屋敷は明治時代の地図にも見られるから、旧家なのだろう。
c0163001_23351584.jpg
やがて川跡は北に向かって大きくカーブする。この区間は道路沿いから離れ、そのまま辿ることができない。迂回する途中にあった小さな公園の奥を覗くと、公園と隣接する駐車場の間に細長い窪地が残っていた。国土地理院の1960年代の空中写真では、ここにハシゴ式の開渠水路が流れていた様子がわかる。川は70年代半ばまでには暗渠化されてしまったようだ。
c0163001_23411877.jpg
再び川跡が道路沿いとなる地点から下流方向を見てみる。緑色のフェンスに囲まれた空き地がかろうじて川跡の証拠ではあるが、隣りのマンションの敷地が水路敷の半分以上の幅を侵食している。
c0163001_23353222.jpg
開進第三中学校の脇を遡っていく。学校の敷地は一段高くなっていて、段差の土手が緑地帯となっている。
c0163001_233542100.jpg

その先はいよいよ練馬区名物「水路敷」路地のお出ました。路上にくっきり書かれた青地に白文字の主張。細さといい寂寥感といい申し分ない。
c0163001_2335518.jpg
入って行くと途中でカクっと曲がり・・・
c0163001_233604.jpg
あっという間に住宅地の中の普通の道に出てしまう。しかしよく注意してみてみると、道沿いの「この先行き止まり」と書かれた看板の裏手に、不自然な柵で囲まれた空間が続いている。
c0163001_23364628.jpg
行き止まりの奥まで進んでみると、擁壁の下に細々と営まれる猫の額の畑地が現れ、そしてその脇にはハシゴ式の開渠が残されていた。水の気配はまったくなく荒れ果てた様子ではあるが、様々な偶然によって埋め立てられずに生き延びてきたのだろう。
c0163001_23365514.jpg
水路沿いに沿って進むことはできないので、ぐるっと上流側に回り込んでみる。誰かのブログでも見覚えのあるバイクと、その奥に隠れるフェンス。
c0163001_233762.jpg
フェンスの中を覗きこむと、先ほどの開渠へと続くハシゴ式開渠の上流部があった。水こそ流れていないものの護岸には苔がむしていて、湿気の多さを伺わせる。まさに湿化味といったところか。

さて、先ほどのバイクフェンスの反対側には普通に住宅が建っていて、一見これより上流に水路があったようには見えないのだが、古い住宅地図などには更に上流に続く水路が描かれている。何か痕跡が残っていないか気を張りながら歩いて行くと、ぽっかりと開けた真新しい更地があった。そしてその奥に何やら怪しい気配があったので、ちょっと失敬して覗いてみた。
c0163001_23371591.jpg
するとそこには、先ほどの苔むした開渠の更に上流部となる開渠が残っていた。水路の底には土が溜り、草も生えている。写真は下流方向を見た様子だが・・・
c0163001_23372428.jpg
その上流方向は土砂で埋まり、さらにその上に住宅の敷地がはみ出していた・・・それはまさに、水路が暗渠化されずになくなっていく場合の消滅の過程の一段階の表出だった。

川や水路は本来公有地であり、それは暗渠化されても変わらない。そこを利用したり建物を建てたりするには払い下げを受けるのが正しい手順なのだろうが、実際にはこうしてなし崩し的に私有地化されていくケースもあるのだろう(もしかしたらここもきちんと手続きを経ている可能性もなくはないけれど)。
そのようにして上流側と下流側を塞がれたこの開渠は、入り口も出口もなく、誰も見ることの出来ない水路としてこの場所に残されてきたのだろう。今回たまたまその姿が見えるようになったわけだが、更地に建物が建てば再び人知れぬ水路に戻っていくことになるのだろう。
c0163001_23373355.jpg

さすがにそれより上流はもはや何の痕跡もなかった。昔の住宅地図には写真の道路沿いに水路が描かれているて、すぐ近くがその上流端となっている。おそらくその水路は、自然河川というよりは、本来の川の上流部を排水路として延長した公共溝渠だったのだろう。

石神井川の排水口から遡って、一旦姿を消したのち、再び徐々にその痕跡を明確にし、最後には開渠となったのち、ぷっつりとその痕跡を消した水路跡。次々と変化する宿湿化味のカワノボリは、その地名とも相まってなかなかに味わい深い探索となった。
[PR]
by tokyoriver | 2013-01-11 23:48 | 石神井川とその支流 | Comments(6)