東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver
東久留米市内から流れ出す黒目川とその支流たちは、都内の中小河川では珍しく今でもあちこちに湧水の水源が残っていて、川の水も綺麗で、かつての神田川水系や北沢川水系もこのような感じだったのだろうと思わせる。

そんな黒目川の支流のひとつ、西妻川。
東久留米駅(西武池袋線)と花小金井駅(西武新宿線)のちょうと中間にある滝山団地の一角、白山公園にその源流を発し、北に向かって流れている。
古い地図をみるともともとはもっと南まで谷筋と川が延びていたが、滝山団地の造成でなくなったようだ。

滝山団地は1960年代に造成されたマンモス団地だ。原武史「1974滝山コミューン」という70年代の団地の小学校に出現した奇妙な集団主義教育のルポが面白い。西妻川の湧き出す白山公園は、この団地の遊水地としてつくられている。





公園全体が谷底の平地となっており、いつもじめじめしていて、雨の多い時期には水浸しになるという。公園の中を歩いていくと、北に進むにつれ、草むらの中の土が湿っぽくなる。公園の真ん中にかかる橋を過ぎると、西側の隅からいよいよ水が湧き出し、川が始まる。


c0163001_052072.jpg


まるで田舎の田園風景の中を流れているように見える。


c0163001_05426.jpg


川は公園から流れ出した後は普通のコンクリート水路となり、黒目川に注ぐ。


c0163001_055930.jpg


この近辺には黒目川やその支流の出水川、揚柳川や落合川といった川の水源も集中している。
共通の地下水脈があるのだろうか。
[PR]
# by tokyoriver | 2009-08-06 00:09 | 黒目川・落合川とその支流 | Comments(0)

大刀洗川

赤坂から赤坂見附に向かい一ツ木通りを進んでいくと、下り坂が途中で上り坂に変わり、谷を横切っているのがわかる。その谷の底、立ち並ぶビルの隙間を覗くと、人一人が通れるかどうかの細い空き地が南西に向かって伸びている。これが「太刀洗川」の跡だ。高橋是清翁記念公園東側の窪地あたりに流れを発し、一ツ木通りの東側で、四谷鮫河橋から赤坂御所を経て溜池に沿って流れる鮫川〜赤坂川〜桜川に合流していた短い川だ。


c0163001_234786.jpg


大刀洗川についての史料はほとんどないが、戦国時代に著名な武将が太刀を洗ったことに由来するといった伝承が複数存在する。周囲の市街地化に伴い、江戸時代にはすでに下水と化していたようだ。明治時代初期の地形図にはしっかりと流路が描かれている。戦前の赤坂区史にも、下水の項にわずかに記述がある。

川跡は細く西に伸びる谷底、家々の隙間にひっそりと残っている。谷底にある浄土寺の庭園には池があり(非公開)、かつての川との関連を思わせる。


c0163001_2343738.jpg




[PR]
# by tokyoriver | 2009-07-31 22:55 | 渋谷川とその支流 | Comments(0)
京王井の頭線の駒場東大前駅と池の上駅の間を南北に走る深い谷「溝が谷」。
ここにかつて北沢川の支流が流れていた。

上流部は水路自体の痕跡はほとんどないが、北沢川と合流する直前の区間は
一部に暗渠が残っている。下水道台帳をみると、蓋掛けの区間は下水道に組み込まれて
おらず、「共溝渠(蓋掛け)」となっている。


c0163001_23394575.jpg


そして、淡島通りの淡島交差点近く、淡島湯の脇の路地にそった暗渠は、
「水路敷(区道扱い)」として記載されており、川扱いされているようだ。
たしかに小ぶりだがかなりしっかりした暗渠となっている。


c0163001_23401456.jpg




[PR]
# by tokyoriver | 2009-07-26 23:28 | 北沢川とその支流 | Comments(3)
東急大井町線下神明駅から少し北に歩いたところに、
暗渠とそこに架かる橋が残っている。
欄干には「古戸越橋」の名が刻まれている。


c0163001_23205148.jpg


ここに流れていたのは通称「古戸越川」。
戸越公園の池から流れ出し、品川用水の末流のひとつと
戸越銀座を流れていた川をあわせて目黒川に注いでいた。

戸越公園はもともとは江戸時代につくられた細川家の抱屋敷で、庭園の池の水を
得るために玉川上水から引かれた「戸越上水」が品川用水の前身。
そういう意味では古戸越川自体が品川用水の末支流のひとつといってよい。

品川用水は1950年代には廃止され、現在ほとんどその痕跡は残っていない。
橋が残っているのはここだけではないだろうか。

戸越公園からこの橋のあたりまではほぼ全区間暗渠が残っているが、
現在都道25号線の工事が進んでおり、かなりの部分が消滅してしまいそうだ。


[PR]
# by tokyoriver | 2009-07-22 23:30 | 品川用水とその支流 | Comments(12)
駒場東大前駅周辺の谷筋から流れ出し、目黒区大橋で目黒川に注ぐ短い小川「空川(そらかわ)」。
淡島通りの松見坂に架かっている新遠江橋はもともとその空川に架かっていた橋だ。
流路はほとんど全て暗渠になっているが、その源流は現在も生きている。

空川の水源は3箇所。
ひとつは東大駒場キャンパス東側の通称「一二郎池」。
もうひとつは駒場東大前駅西側の駒場野公園にある近代農業発祥の地「ケルネル田圃」とその水源池。
そして最大の水源が東大駒場キャンパス西側にある湧水だ。駒場東大前駅の改札を出てすぐのところに
このような清流が残っているのは奇跡的といってよいだろう。


c0163001_18294246.jpg


湧水は駒場小学校の下あたりから土管で流れ出て、しばらくせせらぎとなって流れ、暗渠となる。
数十メートルのわずかな区間だが、いつみても枯れることなくきれいな水が流れている。そのまま
下水に流しているようで、少々勿体無い気がする。



一二郎池には十数年前潜入したことがあるが、池を囲む土の斜面の割れ目から水が湧き出していた。
すぐ近く山手通り地下の高速道路の建設が進んでいるが、今も湧水は枯れずに残っているだろうか。

ケルネル田圃も現在では公園内のプールの再処理水を主水源としているそうだが、
水源池にはわずかながら湧水が残っているようである。
[PR]
# by tokyoriver | 2009-07-15 23:30 | 目黒川とその支流 | Comments(2)