東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver
合流地点に戻り、再び新川を下っていこう。googlemapにプロットした流路のうち、中央やや下のエリアとなる。
2本の流れを合流したコンクリート蓋水路はしばらく道路沿いを進んだ後、如意輪寺の南から東側を回りこむかたちで流れていく。中を覗くと、水量は更に増しているようだが、水質はやや悪くなっているようにもみえる。暗渠上は一応遊歩道の扱いとなっている。如意輪寺に沿って背の高い生垣風に木が並び、土の上には枯れ葉が落ちていて、風情がある。
c0163001_1164775.jpg

寺の南東まで進んでいくと暗渠の上に突然歩道橋が現れる。道の東側にある泉小学校の生徒のためにつくられたらしい。歩道橋の上から東側(下流側)をみると、暗渠の水路が一段低くなって続いているのが見える。
c0163001_1165717.jpg

歩道橋をわたった地点。暗渠の真上に歩道橋の柱がたっている。この場所だけは車道よりもかなり低くなっていて、柵で囲まれていて入れない。この暗渠はしばらく進むと、この高さのまま車道と同じレベルの幅広のコンクリート蓋の下へと入っていく。 その接続部はまるで暗渠の上に更に蓋をした二重暗渠のようになっている。
c0163001_125855.jpg

再び暗渠沿いに東へ進んでいく。暗渠は道沿いに東へと流れていく。畑や屋敷林が点在し、のどかな風景が広がる。歩道橋より東は暗渠上の鉄柵がなく、中の水流の様子を窺うことは出来ない。
c0163001_1183039.jpg

川が道路から分かれる地点には、水道の水源があった。湧水の上にポンプを設置していると記しているサイトもあるが、このあたりの地下水位はたぶん7~10m程度であることを考えると平らな場所に水が湧き出るとは考えにくい。地下水をポンプで汲み上げているのだろう。
東京都の水道の水源に占める地下水の割合は1%にも満たないが、旧保谷市のエリアでは2割程度が地下水だといい、上水道のための井戸水源が19本あるという。このうち新川の流域の水道を供給する保谷浄水場は8本の井戸の水を東村山浄水場からの水にブレンドしているそうだ。ここの水源もそのひとつだ。
c0163001_117228.jpg

暗渠は建設中の多摩南北道路のひとつ「調布保谷線」を横切る。道路が完成したとき、この区間の水路はどうなるのだろうか。この先で市役所保谷庁舎(旧保谷市役所)の敷地内へと入っていく。
c0163001_1173333.jpg

暗渠は西東京市スポーツセンターのエントランスの下をくぐっている。というより暗渠の上に無理矢理エントランスが造られているといった方がよさそうだ。普通なら水路を付け替えたり、痕跡を消されてしまいそうなものだが、しっかり蓋があり、「この下は水路です。車の乗り入れ禁止」と注意書きまで記されているのが面白い。
c0163001_1191168.jpg

反対側に抜けると再び蓋暗渠。再び鉄柵が現れたので中を覗いてみるが、水は流れていなかった。先の歩道橋のあたりで別ルートに流されているのだろうか。1970年代、新川よりも南側を流れていた、富士街道沿いの田柄用水を暗渠化した際、水路の氾濫対策として石神井川にショートカットの地下水路を作り、水をそちらに流れるようにしたという。新川の暗渠化も1970年代前半〜半ばだが、同じように水を途中で石神井川の方に流しているのかもしれない。
c0163001_1192147.jpg

暗渠は役所を回りこみ南下していく。庁舎の南東側では、川沿いにまた地下水の水道水源「中町一号水源」があった。この先の区間は、右岸(西側)は島久保と呼ばれた低地、左岸は天神山と呼ばれた丘となっている。島久保は今でも植木畑や梅林として緑が保たれているが、徐々に宅地化されているようだ。
c0163001_1193153.jpg

暗渠沿いには梅林も残っていた。もう少し早い時期に来れば梅の花が見られただろう。
c0163001_1194226.jpg

流路は梅林の先でぐるっとΩ字に蛇行し、住宅地の中を抜けて碧山小学校の校庭にぶつかる。暗渠は校庭の地下を抜けているようだ。暗渠や川跡上に学校があるのはよくあるパターンだ。
c0163001_1195619.jpg

学校側から暗渠を見る。橋の痕跡が残っている。暗渠上は一応自転車・歩行者道の扱いなので、欄干の上にスローブが付けられており、蓋が高くなっているので橋に対し下りになっている。
c0163001_1201243.jpg

校庭の東側から再び暗渠が始まるが、その地点の校庭には震災時用の井戸があった。306号ということは300本以上、このような井戸があるのだろうか。
c0163001_1202523.jpg

小学校の東から現れた暗渠は住宅街の中を抜けていく。
c0163001_1203579.jpg

200mほど進むと天神山交差点でかえで通りにぶつかる地点で暗渠はぷっつりと姿を消す。この先、白子川源流地点までは、わずかに残された痕跡と古い地図や航空写真、資料から推定して辿っていくことになる。
c0163001_1204560.jpg

(以下次回)

[PR]
by tokyoriver | 2010-04-16 07:00 | 白子川とその支流 | Comments(2)
「文京区本郷・菊坂の暗渠と井戸(東大下水)」の記事の後半でとりあげた、ポンプ式井戸。
c0163001_0481778.jpg

「20年前、初めてこの場所を訪れた時、この井戸はポンプさえなく、木の蓋がしてあるだけだった。そして井戸端には先端に木桶がぶらさがった2.5m ほどの竿が立てかけてあって、これを井戸の底に入れて水を汲んでいたのだ。」
と記したが、残念ながらその当時の写真がなく、現在の様子を示すにとどまった。

実は当時この場所を訪れたのは、高校の文化祭で上映するための8mm映画を撮影するためのロケハンがきっかけだったのだが、今回ようやく、その当時の風景が映る8mmフィルムをDVDにコンバートすることが出来たので、画像のキャプチャで紹介しよう。撮影は21年前、1989年の初秋。昭和から平成に変った年である。
(※動画で載せられればいちばんよいのだが、出演者に許可を得たわけではないので、顔がはっきりとは判らない画像を選んで静止画で掲載した。)


========
まずは遠景。奥の路地から近所のお年寄りが歩いてくるのが見える。
井戸の向かいの家の扉が、現在と違い木造となっている。
c0163001_0423694.jpg

そして近景。井戸には木の蓋がされ、木の竿につけられた木の桶がその上に置かれている。
背後の柱に立てかけられているときもあったように記憶している。
c0163001_042481.jpg

蓋を開ける。水位は地面よりは低かったと思う。
c0163001_043485.jpg

中を覗き込む。澄み切った水をたっぷり湛えていた。
c0163001_0431914.jpg

水をくみ出す。
c0163001_0433251.jpg

くみ出した水を流してみる。水は冷たかった。
c0163001_0434330.jpg

映画ではこの後、細野晴臣の「恋は桃色」をBGMに、井戸のある路地と並行する路地を通り、鐙坂を上って、樋口一葉旧居跡前の木造家屋の間の階段を下り、一葉の井戸へと至るシーンとなる。

♪ここは前に来た道 川沿いの道
  雲の切れ目からのぞいた 見覚えのある町・・・

その中で、前の記事でも紹介した平屋の並ぶ路地の写真を最後に紹介しよう。ちょうど平屋に住むお婆さんが洗濯物を干している様子が写っている。今よりも平屋の家々が多く、植木鉢も多い。路地全体が今よりも生活感にあふれている感じがする。
c0163001_0564478.jpg

あらためて20年ぶりに映画を見てみると、脚本の、特にせりふの稚拙さには赤面モノで、聴けたもんではないが、ロケ先が多岐にわたっているのはわれながら感心する。本郷菊坂のほかに、根津界隈や国立の谷保天満宮の湧水、ママ下湧水界隈、つつじが丘の入間川流域、荒川区の荒川土手、渋谷、原宿、代々木、西麻布・麻布十番・広尾界隈、山梨県の韮崎、東北本線内、上野駅、駒込、春日、駒場・・・
われながらよくこれだけあちこちに行ったものだと思う。時はバブルのピーク。都内の景観が大きく変っていく中で捜し求めた、昭和と平成の狭間に残された風景達も多く含まれているが、今では菊坂の井戸のほかにも、更に風景が変わってしまった場所もあるだろう。そもそもすでに、8mmフィルムというメディア自体がとうに終焉を迎えているし。


=======
余談だが、16歳の古地図好き少女、というなかなか面白い設定の主人公の漫画を本屋で見かけ、買ってみたところ、そこの1話で本郷菊坂が舞台となっていた。暗渠好き、散歩好きならきっと面白い作品だと思うので、書評記事にリンクしておく。

「ちづかマップ」著:衿沢世衣子
[PR]
by tokyoriver | 2010-02-10 21:40 | 神田川とその支流 | Comments(6)
JR目黒駅と恵比寿駅のちょうど中間、山手貨物線(湘南新宿ライン・埼京線)の長者丸踏切の辺りを谷頭として東~北に伸びる谷筋をかつて流れていた三田用水白金分水。恵比寿・白金という都心にありながら暗渠や湧水が残り、分水になる前は自然河川だったと思われるこの川跡を4年ぶりに訪ねてみた。

====================
白金分水についての詳細は「東京の水2005 Revisited」の以下の記事などを。
・「白金分水(1)白金御殿」
・「白金分水(2)長者丸と都電」
====================

長者丸踏切のあたりは目黒区内を山手線が通過する唯一の区間だ(目黒駅は品川区で、目黒区内に山手線の駅はない)。踏切の西側は台地となっていて、その上を三田用水が流れていた。白金分水は現在の日の丸自動車学校(赤い大玉のある不思議なビルが目印)のあたりから、この踏切の辺りに落とされていたようだ。このあたりの地名は目黒区三田。港区三田とは全然離れているが、もともとは両者とも武蔵国荏原郡御田郷(みたごう)に属していた。
c0163001_2384379.jpg

目黒区と品川区の区境になっている谷底の道を下っていくと、恵比寿ガーデンプレイスの南側の道路に出る。少し進むと暗渠が突然姿を現す。谷底を暗渠が東に向かって伸びている。柵で囲まれており一見入れないように見えるが、途中に暗渠に通じる抜け道がある。そこから下流に向けて撮った写真。
c0163001_23273143.jpg

暗渠区間の東端。山手線の内側でこれだけ暗渠っぽい空間も珍しい。このあたりは渋谷区と港区の境界線に、目黒区と品川区が食い込んだ複雑な区界となっており、そういったことも暗渠の残存に関係しているのかもしれない。
c0163001_23274535.jpg

暗渠区間の先は砂利道になったり、民家の裏手を抜けたりしたのち、並行して来た道路に出る。道路に出る場所はアスファルト舗装の道路敷が不自然な形になっているが、ここが流路の跡だ(右側手前から暗渠が合流)。ここから首都高速目黒線までの間は渋谷区と品川区の境界線になっている。両区が接する唯一の区間だ。なお、暗渠の1本南側に並行して、戦前に廃止された都電恵比寿長者丸線の痕跡も残っている。
c0163001_2328323.jpg

川は首都高速目黒線の下を抜け港区白金台5丁目に入り北東へ。ここでは白金の自然教育園からの流れがかつて合流していた。園内には谷頭の地形や湧水池、そこから流れ出る小川がかつての武蔵野の風景のまま残されている。詳細は「東京の水2005 Revisited」の以下の記事を。

・「白金分水(4)自然教育園の池」
・「白金分水(5)3つの水源と土塁」


川跡と思われる道をしばらく進むと道に沿ってコンクリート蓋の細い側溝が現れるのだが、今回そこに、途中で東から合流して来る側溝もあることに気がついた。
c0163001_23281326.jpg

辿ってみると、道の真ん中に井戸があった。
c0163001_23282542.jpg

本流のほうのコンクリート蓋の側溝の行き着く先にある排水枡(?)とそこから伸びる石蓋の暗渠もまだ残っていた。トタン板の塀を潜って民家の裏手に消えている。通りかかった近所の人に訊いたが、このあたりに三田用水(の分水)が流れていたことは知っているが、この石蓋の暗渠がそれなのかどうかは知らないとのことだった。
c0163001_23285198.jpg

外苑西通りを越え白金6丁目に入ると、曲がりくねったいかにもな暗渠が出現する。暗渠の縁に沿った大谷石はかつての護岸の痕跡かもしれない。
c0163001_2329380.jpg

戦前には暗渠化されていたようで、この辺りの暗渠は下水道白金幹線として利用されている。路面にはかなり立派なマンホールが点在している。
c0163001_2385674.jpg

しばらくいくと暗渠は川跡らしい道から、直線の道路の下に移る。道路端のドブ板(「白金分水(14)道路沿いのドブ」参照)も健在だった。すぐ近くの路地に入ると、風情のある中華料理店が。あとで調べたらラーメン350円、老夫婦がつくる昔ながらの東京ラーメンとのこと。入ってみればよかった。
c0163001_23291725.jpg

暗渠は旧白金三光町の白金北里通り商店街と交差する。商店街は戦前から残る看板建築の商店が並び下町風な風景が残っている。
c0163001_23292978.jpg

商店街を越えた先は白金5丁目。この辺りの川は幾筋かに分かれ、湿地帯になっていたようだ。暗渠化され下水となった川はこの道の下を流れている。
c0163001_23293932.jpg

川は狸橋の下流側で渋谷川(古川)に合流していた。民家の下の護岸に四角い合流口が見える。この辺りの渋谷川の護岸は戦前のものがそのまま残っているのだが、とうとう改修工事が始まっていた。合流口はどうなるのだろうか。
c0163001_23295012.jpg


[PR]
by tokyoriver | 2009-12-21 23:24 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)
地下鉄丸ノ内線/都営大江戸線の本郷三丁目駅のある、本郷通りと春日通りの交差点のやや北、本郷通りから北西に分かれて下って行く長い坂「菊坂」(きくさか)。本郷台地に細長く深く刻まれた谷を下る坂となっていて、界隈には昔ながらの風景が残っている。明治期には谷底の路地の借家に樋口一葉が暮らし、また大正から昭和にかけて台地の上にあった「本郷菊富士ホテル」 には多くの文人や知識人たちが滞留していたことで有名だ。

菊坂自体は、谷の一番深いところよりもやや上方を通っているのだが、谷底にはかつて小川が流れていた。この川は現在の東京大学本郷キャンパス構内より流れ出て、本郷通りを横切り、菊坂の谷を下っていた。永井荷風の「日和下駄」には、「本郷なる本妙寺坂下の溝川」と記されている。

小川は、文京区西片と本郷の境界線の谷を流れていた小流と合流したのち、文京区本駒込~白山の「鶏声が窪」~「指が谷」から流れてきた川に合流していたのだが、これらをあわせて、ある時期以降は、通称「東大下水」と呼ばれていた(「ひがし・おおげすい」。 「とうだい・げすい」ではない)。下水といっても、低地の排水路といったニュアンスであり、本郷台地を南下していた千川上水に対応した呼称ではないかとも思われる。菊坂の谷は、本郷台と豊島台に挟まれた低地の枝谷となっており、この低地の西側を流れていた谷端川(小石川)は、西大下水と呼ばれることもあったという。

小川の水源ははっきりしないが、東大構内のちょうど谷頭にあたるあたりに懐徳館の庭園があり、現在でも池があるようだ(通常非公開)。この池がかつての水源だったのだろうか。
川が本郷通り(中山道)を横切るところにあった橋は、わかれの橋、なみだ橋などと呼ばれた。そして橋を挟んで都心側が「見送り坂」郊外側が「見返り坂」と呼ばれていたという。

c0163001_23182295.jpg

すぐそばの春日通りと本郷通りの交差点にある「かねやす」店頭に、有名な「本郷もかねやすまでは江戸の内」の川柳が掲げられているように、18世紀中頃まではこの橋の辺りが江戸内外の境界線だった。江戸を追放された者が、ここで親族と別れを告げたという。

本郷通りをわたって菊坂を下って行くと、しばらくして一本南側に並行する道が現れる。川はこの通称「菊坂下道」と呼ばれる道に沿って流れていた。

c0163001_23191821.jpg


道の右側は崖となっており、階段がいくつもあって並行する菊坂につながっている。

c0163001_23253228.jpg


一方道の左側には、家々の間に細い路地がいくつも伸びている。石畳の路地も多く、古い木造家屋が残っていたり、植木鉢が並んでいたりと風情のある路地が多い。そして路地の奥にはポンプ式の井戸が点在している。

なかでも樋口一葉がかつて暮らしていたという路地とそこにある井戸は有名だ。井戸の前の路地には階段を挟んで3階建ての木造家屋がたち、その奥には門が構えられて半プライベートな空間となっている。

c0163001_23203279.jpg


かつて川沿いには、崖からの湧水を利用した金魚問屋があったとのことだ。現在、菊坂側の丘を少し登ったところに、カフェや釣り堀を併設した金魚問屋「金魚坂」が残っている。創業350年という。
c0163001_23212767.jpg


しばらく川跡を進むと、暗渠につきものの銭湯に突き当たる。菊水湯だ。

c0163001_23223014.jpg


川は銭湯の前で左に曲がり、流路を谷底南寄りに変える。道沿いにはっきりした暗渠が現れる。下水化された、コンクリート製の矩形の水路が直接地上に露出している。暗渠は谷底の南縁に沿って流れて行く。

c0163001_23234083.jpg


暗渠の右岸側には細い路地が何本も延び、両脇には平屋建ての家屋が並んでい る。物干竿を掛ける柱が並ぶ。緑も多い。

c0163001_2325419.jpg


写真は路地にいくつもある井戸のひとつ。20年前、初めてこの場所を訪れた時、この井戸はポンプさえなく、木の蓋 がしてあるだけだった。そして井戸端には先端に木桶がぶらさがった2.5m ほどの竿が立てかけてあって、これを井戸の底に入れて水を汲んでいたのだ。
ポンプ式井戸も十分風情はあるのだが、おそらく都区内唯一だったであろう現役の汲み取り井戸がなくなってしまったのは残念だ。

c0163001_23263552.jpg


暗渠は本郷弥生町(弥生式土器の由来地)から発する谷の流れの暗渠を あわせ、西へ進む。

c0163001_23271560.jpg


見事な暗渠が、住宅地の中を進んで行く。

c0163001_2328543.jpg


白山通りで痕跡は無くなる。かつてはこの先で、指が谷の流れと合流、更に少し西を流れていた谷端川(小石川)に合流し、JR水道橋駅の北側で、神田川にそそいでいた。

※なお、今回の写真は2005年秋に撮影したもので、現状とは異なる点があるかもしれない。


c0163001_23292557.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-11-30 23:30 | 神田川とその支流 | Comments(11)
南新宿駅付近に所用があったので、ついでに久々に小田急線南新宿駅を横切る原宿村分水(代々木川)の暗渠に立寄ってみた。

※原宿村分水(代々木川)については「東京の水2005Revisited」の下記記事以降18ページ分をご覧いただきたい(「次の記事へ」で順次見られます。なお、地図のポイントがlivedoorの地図の更新により、ずれてしまっていますのでご注意ください)。
http://blog.livedoor.jp/tokyowater/archives/27158232.html

暗渠は小田急線南新宿駅の北側に、変わらずにひっそりと佇んでいた。
c0163001_23544317.jpg


路上は湿度が高く、苔むしている。駅沿いの道から暗渠に降りる短い階段のわきには、真新しい手すりと点字ブロックが設置されていた。近隣のお年寄りが生活路に使ってでもいるのだろうか。
c0163001_2348865.jpg


南新宿駅ホームの下の橋(隋道)も、変わりなく残っている。わずかに隙間があり、反対側が見える。現在駅の改修工事がされているが、この遺構は大丈夫だろうか?
c0163001_23482974.jpg


ホームの南側の暗渠も変わらず。ホームの直下の暗渠上はほとんど私有地と化している。
c0163001_23484216.jpg


暗渠沿いの木陰にあるポンプ井戸も健在だった。
c0163001_23485375.jpg


井戸のまわりは綺麗に保たれていて、現役感がある。写真を撮っていると、たまたま近所の方が出てきて、話しかけてきた。飲むことはできないが、草木の水遣りなどに使っているとのこと。夏は水が冷たく気持ちがいいよ、飲めないのが残念だ、とおっしゃっていた。井戸を囲む5件ほどの家で共同管理されているそうだ。なんだか少し嬉しそうに話されていたのが印象的だった。
c0163001_2349438.jpg






[PR]
by tokyoriver | 2009-11-21 00:01 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)