東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

タグ:小沢川 ( 4 ) タグの人気記事

小沢川、第3回は神田川との合流地点まで、蛇窪と呼ばれた谷からの支流の暗渠、そして蚕糸の森公園のそばに残る、支流の痕跡らしき路地をとりあげる。

小沢川の暗渠が道路と一体化した区間は、それ自体は味気ないが、すぐ脇には、こんな雰囲気のある路地が残っている。
c0163001_2322179.jpg

100mほど東へ進むと、南にほぼまっすぐにのびる暗渠が現れる。
c0163001_23222193.jpg

暗渠上には測量点も。そばにはなぜか電子レンジが廃棄されていた。
c0163001_23222567.jpg

車止めで仕切られた暗渠を200mほど南下していくと、最後に金太郎の車止めが出迎えてくれる。
c0163001_2322286.jpg

その先は行き止まりの暗渠路地。通り抜けができないためか、放置気味の雰囲気だ。
c0163001_2322354.jpg

暗渠の最奥。突き当たりに見えるのは神田川の護岸だ。
c0163001_23223969.jpg

引き返して、丸ノ内線中野富士見町駅のすぐ近く、神田川に架かる富士見橋から下流側を見てみると、左岸に小沢川の合流口を塞いだ四角い痕跡が残っている。下にある小さな水抜きの穴からわずかに水が流れ落ちている。実際の合流口(正確には川ではなく大雨時の雨水合流口だが)は現在富士見橋の下に矩形の口を開いている。
c0163001_23224211.jpg


蛇窪の川跡

さて、続いては「蛇窪」と呼ばれた谷筋を流れていた川の跡を遡ってみよう。下の地図の中で囲んだ2つの谷のうち東側(右側)が蛇窪だ。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_23224767.jpg

先ほどの、小沢川本流の暗渠が再び姿をあらわし真直ぐに南下する地点で北側を見ると、そちらからもまっすぐな暗渠が合流してきているのがわかる。これが蛇窪からの流れだ。
c0163001_2323587.jpg

遡っていくと、十貫坂下からの通りの北側に、こんな谷筋へ向う暗渠道が現れる。
c0163001_2323952.jpg

んでいくと、左手は珍しく未舗装の土手の斜面。遊んでいる子供がいた。
c0163001_23231389.jpg

更に奥に進むと、だれもがツッコミたくなる「自動車通行禁止」の看板が。通れる訳がない場所。そして看板の右下には中野区の文字。蛇窪の谷の北側は中野区と杉並区の境界線となっている。この看板より先は、暗渠は中野区に属している、ということだろう。
c0163001_23231810.jpg

とうとうアスファルトの舗装が尽きた。この先は草むらだ。
c0163001_23232424.jpg

冬なので、草は枯れ、足下はしっかりしている。谷筋はだいぶ細くなってきている。
c0163001_23233046.jpg

辿ることのできるいちばん奥はこんな感じ。左側の家の柵がはみ出してきている。写真はいったん谷を出て、右側に見える駐車場に回り込んで撮影したもの。中野区と杉並区の境界線はこの先で西(左)へ曲がっているが、川跡のスペースはまっすぐ北にのびていた。
c0163001_23233784.jpg

その駐車場から見える強烈なインパクトのある家。namaさんの暗渠さんぽでもとりあげられていた、建て増しに建て増しを重ね、カオス状態。家の下部を覆う蔦とブロック塀の間に、さきほどの川跡が通っている。
c0163001_23524142.jpg

2つ前の写真の場所から更に北上したところにある、行き止まりの路地。奥の車が止まっているところの裏手が先ほどのところに繋がっているようだ。古地図を見ると大正時代まで、ちょうどこの辺りに小さな池があったようだ。蛇窪の流れの水源だったのだろうか。
c0163001_23264073.jpg


蚕糸の森公園近くの支流跡?

最後は丸ノ内線東高円寺駅のそばにある蚕糸の森公園の東側の谷筋をとりあげてみる。蛇窪支流のところで掲載した段彩図上、丸でかこった2つの谷のうち、左側のほうだ。小さな枝谷があるのがわかるだろうか。ここの谷筋に、小沢川に注いでいた支流の痕跡ではないかと思われる細い路地が通っている。
蚕糸の森公園はかつて蚕糸試験場だった場所で、今でも立派な門が残されている。ここの谷筋に川があったという文献は見つけられなかったのだが、こちらのサイトの記事では、大雨の際に蚕糸試験場内の池が溢れて小沢川に流れ込み、とある。古地図を見る限り蚕糸試験場内に池は見当たらず、記事の出典もわからないのだが、これがほんとうだとすると、何かしら流れがあったのではなかろうか。

実際に現地に向かい谷筋を探して見ると、どうも水路の跡であってもおかしくはないのではないかと思われる路地が見つかった。谷の底を南へ向って緩やかな下り坂となっている。
c0163001_2327440.jpg

マンホールは点在しているのだが、下水道台帳には下水はおろかこの路地自体が表示されていない。
c0163001_2327177.jpg

車道が横切るその先にもなお、路地は続いている。車道奥側の歩道スペースが路地のところでぷっつりと切れている。
c0163001_23273555.jpg

路地はしばらくまっすぐ進んだのち、西に折れ高南中学校前の通りに出て一旦消滅する。
c0163001_23274850.jpg

少し南下すると再び左手に、車止めで仕切られたあやしいスペースが出現。
c0163001_2328021.jpg

奥にはこのような中途半端に舗装された路地が。ここのマンホールも下水道台帳には載っていない。更に奥はアパートの敷地となって行き止まりとなっていたが、その延長線上には小沢川本流が控えている。果たしてこれらの一連の路地は川跡なのだろうか。それとも妄想なのか。引き続き調べてみたいところだ。
c0163001_23282290.jpg


3回にわたってお届けした小沢川はこれにておしまい。1回目にも記したが、小沢川は暗渠好きの間で比較的人気が高いようだ。それは、ほどよい長さで、変化に富んでいて見所も多く、独特の雰囲気を持っているからだろう。暗渠に興味を持ち、試しにどこか辿ってみようかなと思っている方が行ってみても楽しめるように思える。
[PR]
by tokyoriver | 2011-02-08 00:22 | 神田川とその支流 | Comments(8)
さて、小沢川の第2回である。ですます調からもとの文体に戻して、前回の続き、環七通りの東側から始めていくこととしよう。明治初期の迅速測図を見ると、真盛寺(明治時代はまだ無いが)の池から流れ出た小沢川は、すぐに2本に分かれて並行して流れていたようだ。現在暗渠となって残っているのは南側の方の流路で、北側に並行して通る道もかつては水路だったと思われる。2本の水路の間には細長い水田が拓かれていた。

環七通りの歩道から階段を下りると、先ほどまでの寺町や、絶え間なく車の行き交う環七通りとは全く別の空気が漂った暗渠道となる。そこは街の表皮の縫い目が綻びて、中身が露出しているような、時空のずれたような、独特の雰囲気のある場所だ。
c0163001_17264437.jpg

一応舗装されてはいるものの、一見そうとは判らないくらい荒れた路上。右岸側には数メートルおきに異なる護岸。
c0163001_17264930.jpg

つっかえ棒のある家。この棒を外すと家が倒れて来たりするのか・・・?
c0163001_17265443.jpg

谷底らしく、苔むした一角も。
c0163001_17265790.jpg

無造作に積み上げられた護岸、蔦、笹、そして壁にはよくわからないミラー。
c0163001_1727240.jpg

あちこちに、暗渠沿いの家から、暗渠に降りる階段が見られる。
c0163001_1727732.jpg

暗渠沿いで最もまともな部類の立派な階段。
c0163001_17271257.jpg

道路との交差。路面の盛り上がり、マンホールを囲む格子、緑の車止め。暗渠は途中から、下水道和田本町幹線となっている。
c0163001_17271719.jpg

右岸の木製の階段も気になるが、左岸側の路面のでこぼこもなにやら怪しげ。
c0163001_17272269.jpg

でこぼこに接近。間隔を空けて、地中から何かが押し出ようとしている。何者だ!?
c0163001_17272731.jpg

暗渠沿いで最も細い部類の貧相な階段。
c0163001_17273123.jpg

暗渠に身を乗り出す擁壁。そのうち倒れそうだ。
c0163001_17273629.jpg

ここで一旦幅広の道路に出て写真左方向へ。写真右方向からは蚕糸の森公園方面から支流が流れて来ていたと思われる(次回にとりあげる)。
c0163001_17273983.jpg

鍋屋横丁から妙法寺へと抜ける古道を越える地点から、再び暗渠が始まる。迅速測図では、ここで2本の水路が1本にまとまるように描かれている。アスファルトの舗装が真新しく、なにやら違和感を覚える風景だったが、帰宅後2007年の写真を見ると、ここには以前、金太郎の車止めがあった(写真右側)。
小沢川とは「小沢」と呼ばれていた谷に流れていたことがその名の由来のようだ。高円寺村は江戸時代初期までは小沢村だったそうで、小沢の地名はその後も字名として昭和初期まで残り続けた。現在の和田3丁目が東小沢、中小沢、そして梅里1丁目が西小沢にあたる。ただ、この妙法寺道より下流側の和田1丁目は「小沢」ではなく和田本村であり、川の呼び名ももしかすると下流では別のものがあったかもしれない。
c0163001_17274432.jpg

その先、和田中央公園の脇。古そうな大谷石の擁壁がアスファルトに埋まって頭だけ出している。
c0163001_17274843.jpg

進んでいくと、だんだん擁壁が姿を現して来た。
c0163001_1727519.jpg

いつのまにかこんな高さに。それだけ暗渠が下り坂になっているということだ。かつて水が流れていた頃は、早瀬だったのだろうか。この辺りから流路は東向きへと変わっている。
c0163001_17292753.jpg

車道の脇を抜けていく。ポールやアスファルトに埋まった境界線がはっきり川跡を峻別している。
c0163001_1732532.jpg

道は登り坂へ、暗渠は下りへ。
c0163001_1733484.jpg

都営和田アパートの前は見事な蛇行暗渠。右岸側は崖となっている。
c0163001_17331490.jpg

左岸側だけが、蛇行の形を残している。古地図を見ると小沢川沿いにはこの辺りを含めいくつも池があったようで、水の豊富な土地であったことを伺わせる。
c0163001_17334695.jpg

十貫坂上からの道との交差点で、小沢川の谷筋は神田川の谷筋に繋がっていて、周囲の見通しが開ける。そして暗渠は再び道路と一体化して姿を消す。
c0163001_17335766.jpg


次回は、神田川との合流地点まで、蛇窪と呼ばれた谷からの支流の暗渠、そして蚕糸の森公園のそばに残る、支流の暗渠らしき路地をとりあげる。
[PR]
by tokyoriver | 2011-02-01 00:12 | 神田川とその支流 | Comments(11)
小沢川は、丸ノ内線新高円寺駅近く、杉並区梅里から流れ出し、杉並区和田の丸ノ内線(支線)中野富士見町駅近くで神田川に注いでいた全長2kmほどの小川で、現在では全区間暗渠となっています。小さな支流ながら独立した呼称を持ち、なぜか暗渠好きの間では比較的有名な川(跡)でもあります。

川は、段彩図(数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)でみるとわかるように、桃園川と善福寺川〜神田川に挟まれた台地にかなりはっきりと刻まれた谷を流れています。主な水源は、谷が環七通りを横切るすぐ東側に現存する湧水池「新鏡ヶ池」とされていますが、それより上流にも谷が伸び、さらにその先の台地上にも人工と思われる水路の痕跡が残っています。
c0163001_2026348.jpg

年末に時間ができたので、4年ぶりにこの「小沢川」の暗渠を辿ってみました。上流部のカオスぶりは相変わらずでしたし、縁あって最上流部に密かに残る蓋暗渠や今まで行ったことのなかった"蛇窪"の支流跡にも足をのばすことができましたので、記事にしてみます。

既にいくつもの暗渠系サイト/ブログでとりあげられており(本ブログでも以前、主水源だった「新鏡ヶ池」を紹介しました)、あまり新鮮味はないかとは思いますが、おつきあいいただければ幸いです。

=============

「小沢川」の暗渠は、丸ノ内線新高円寺駅の近く、青梅街道から五日市街道が分かれる交差点のすぐ東側から始まります。といってもここから200mほどは直線の水路敷が続いており、本来の水源よりも上流部につくられた、人工的な水路だと思われます。かつて青梅街道沿いには南阿佐ヶ谷駅付近まで、千川上水の分水「六か村分水」がひかれていましたが、その余水がここまで到達していたのか、あるいは街道沿いの排水路がつながっていたのでしょうか。
c0163001_20264118.jpg

暗渠沿いの緑地は木々が生い茂っています。
c0163001_2026491.jpg

そして、この暗渠沿いには「金太郎の車止め」が集中しています。青梅街道からの入口にあるのはもちろん、このように暗渠につながる道の方に金太郎が設置されています(奥を左から右に横切っているのが暗渠です)。絵の状態も比較的良好です。
c0163001_20265442.jpg

進んでいくと、右岸側には僅かですが段差がある場所も出てきます。
c0163001_20265979.jpg

珍しい、2連の金太郎。しかもここも絵柄がしっかり残っています。
c0163001_2027580.jpg

その先、右岸側の斜めのアスファルトがちょっと面白い。この辺りから暗渠は少し不規則に曲がったりしていて、これより先は自然の流れだったように思われます。
c0163001_2027884.jpg

南南東へと向っていた暗渠は、堀ノ内斎場の脇で向きを東に変え、真盛寺の敷地にぶつかって塀の向こうに姿を消します。ぶつかった先の塀が一部分だけトタンとなっていて、その下の路上には変な構造物が見えます。
c0163001_20271425.jpg

真盛寺とそこから南へ400mほどの妙法寺にはさまれた環七通りの西側はちょっとした寺町になっています。妙法寺以外の寺院は、大正初期から戦前にかけて都心部より移転してきました。寺院の境内にはポンプ井戸もちらほら見られます。下の写真では猫が井戸番をしていました。
c0163001_20272130.jpg

こちらは古そうな掘り抜き井戸らしき石の枠組の中に、なぜか釜がはめられていました。釜には金網製の蓋まで用意されています。
c0163001_20272855.jpg

それらの寺院のなかのひとつで、特別に許可を頂き、境内を通っている小沢川の暗渠を見学させて頂きました。そもそも川が流れていたということ自体が理解して頂けるかどうか不安でしたが、ああ川ですね、ありますよ、といって案内された先には、驚いたことにコンクリート蓋の水路が残っていました。小沢川全区間で唯一の蓋暗渠です。脇に隙間のあるタイプで、水路の上にそのまま蓋をしただけのような感じです。写真奥の方から流れて来ていますが、奥は土に埋まっているようです。
c0163001_20273585.jpg

緑に囲まれ、ゆったりと蛇行する水路。蓋の下には小沢川の水路が残っている、と考えると、蓋を開けてみたい衝動に駆られます。
c0163001_20274059.jpg

途中には点検用の取っ手のついた小さな縦五連蓋も見えます。
c0163001_20274518.jpg

ここから先は寺院の私宅の庭先を通って、真盛寺の境内へと入っていくそうです。真盛寺の境内にはもはや痕跡はまったく残っていないと思われますので、蓋暗渠の区間はここだけということになります。
c0163001_20275012.jpg

 お寺の方に伺った話では、区より歩行車道として整備したいとの話があったが、真盛寺で行き止まりになっていて通り抜けできないので意味がないことや、家の庭先を通っているため断ったとのこと。区からは水路敷は公有地だから、とごり押しされたが、では寺の前の道路は私道ではないか、と言ったところ引っ込んだとか。実は、真盛寺前を環七から堀ノ内斎場に抜ける道は近隣の寺院の私道(おそらくこのお寺の所有地も含まれるのでしょう)ですが、通行者の利便を図って開放しているそうなのです。確かに公有地だからといって杓子定規に行き止まりの歩道をつくるくらいなら、この私道を買い上げてもらった方がよっぽど住民の利便性にかなってますよね。

 そして、もともとは小沢川の南側までが堀ノ内だったのが、住居表示のときにこの私道が境界線になるように変更され、寺の敷地が梅里となってしまったという話も伺いました。調べてみると、この辺りの小沢川の流路はかつて、「杉並村~杉並町」と「和田堀内村~和田堀町」の境界線だったようです。川の南側は堀ノ内、北側は高円寺でした。そして、住居表示法にもとづいた、1966年の住居表示施行で「梅里」という地名が生まれた際に、境界線が変更されました(ちなみに梅里は青梅街道の通る里(=町)という意味で作られた地名だそうです)。そう聞くとますます、私道の方は放っておいて暗渠は公有地だから歩道に、というのが都合のいい話に思えます。ともあれ、歩道にならなかったおかげでこのコンクリート蓋水路が奇跡的に生き残ったわけです。

さて、暗渠の行き先真盛寺は、1631年湯島に開創し、1922年(大正11)にこの地に移転してきました。山門からして広大な境内が容易に想像できるこの寺は、三井財閥の三井家の菩提寺としても有名で、「三井寺」とも呼ばれているとか。そして、境内に現存する「新鏡ヶ池」は、最初に記したように、かつて小沢川の主な源流でした。池は寺が移転してくる前からあり、現在の池のおよそ倍の広さで、中島に弁天堂を祀る弁天池だったといいます。東側の現在環七通りとなっているところにも、かつて同じくらいの湧水池があり同じく小沢川の水源となっていたようですが、今では跡形もありません。
c0163001_20275996.jpg

真盛寺は現在、この手の広大な境内を持つ寺院としては珍しく、檀家以外の立ち入り禁止の表示が掲げられていますが、4年前に訪れた時には特に表示もなく普通に出入りできました(単に見落としていただけなのかもしれませんが、他にも普通の散歩客らしき人が参拝していました)。その時に撮影した「新鏡ヶ池」の様子です。放生池(捕獲した鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式「放生会」で、魚を放つ池)なので、魚が鳥に獲られないよう糸が張り巡らされています。「新鏡ヶ池」の名称は、寺が移転して来た時に当時の新劇俳優によって改めて名付けられたそうです。かつては豊富な湧水を誇っていたようですが、現在はおそらく枯れていると思われます。
c0163001_2028785.jpg

「新鏡ヶ池」の西側、墓地の入口にももうひとつ池がつくられていました。小沢川の水路は、これら二つの池の南側を流れていたようです。
c0163001_20294777.jpg

境内には水路の痕跡らしきものは見当たりませんでしたが、真盛寺に隣接する公園に、境内から流れ出ていた小沢川の水路跡の道が残っています。写真の柵の奥右側あたりが「新鏡ヶ池」で、水路は池の水を合わせて、手前の方に流れていました。
c0163001_2030632.jpg

下流側を振り返るとこんな感じです。川は真盛寺山門の参道沿いの塀の東側に沿って流れていました。写真の奥が環七通りになります。
c0163001_20302314.jpg

環七通りを越えると、はっきりとした谷筋が現れます。階段で下る谷底には、小沢川の暗渠が通っています。ここから先しばらくの区間は、見所にとんだ暗渠道が待ち構えています。
c0163001_20303716.jpg

(次回につづく)


2009fragmentsになってから初めて全編ですます調で通してみましたが、何だか調子が狂いますね、これ。自分で書いた文章に見えません。次回から今まで通りに戻すかもしれませんが、あしからず・・・
[PR]
by tokyoriver | 2011-01-23 22:18 | 神田川とその支流 | Comments(20)

新鏡ヶ池(小沢川水源)

神田川の支流「小沢川」についてはいずれとりあげようと思っていたのだが、「暗渠さんぽ」さんより水源「新鏡ヶ池」の写真のリクエストをいただいたので、先にここだけとりあげておこう。

「新鏡ヶ池」は杉並区梅里にある真盛寺境内入って右手にある池だ。真盛寺はもともとは江戸時代初期に湯島で開創された寺で、大正11年にこの地に引っ越して来た。かなり広大な境内を持つ寺だ。


c0163001_21513734.jpg


もともとこの地には湧水池があり、杉並区和田を東進〜南下して丸ノ内線中野富士見町駅付近で神田川に合流する通称小沢川の主水源となっていた。この池を境内に取り込み、放生池としたのが「新鏡ヶ池」だ。命名者は当時の俳優だとか。なぜ新なのか、よくわからないが・・・現在は水は湧いてないと思われる。


c0163001_2152176.jpg


境内に入って左手、墓地の入口にももうひとつ池がある。この池の北西の延長線上、隣接する本佛寺〜妙祝寺との境界線に沿って、五日市街道方面からもうひとつの流れが来ていたようだ。これらの話も含め、小沢川自体についてはまたそのうち。


c0163001_2152859.jpg


なお、これらの写真は2007年3月、春の彼岸時のもので、現在寺の境内には一般の人は入れないそうであるのでご注意を。





[PR]
by tokyoriver | 2009-09-23 22:08 | 神田川とその支流 | Comments(3)