東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

タグ:森厳寺川 ( 5 ) タグの人気記事

京王線代田橋駅から環七通りを南へ500メートルほど進むと、環七通りが窪地に沿ってわずかに下って、上っているのがわかる。ここから東側(写真左側)に伸びる谷の、谷頭の窪地が「代田」の地名の由来になった巨人「だいだらぼっち」の足跡との伝承の残る場所だ。
c0163001_23462064.jpg


民俗学者柳田國男の「ダイダラ坊の足跡」には、「ダイタの橋から東南へ五六町、その頃はまだ畠中であった道路の左手に接して、長さ約百間もあるかと思ふ右片足の跡が一つ、爪先あがりに土深く踏みつけてある、と言ってもよいやうな窪地があった。内側は竹と杉若木の混植で、水が流れると見えて中央が薬研になって居り、踵のところまで下るとわづかな平地に、小さな堂が建ってその傍に湧き水の池があった。即ちもう人は忘れたかも知れないが、村の名のダイタは確かにこの足跡に基いたものである。」とある。ダイタの橋とは、玉川上水に架かっていた「代田橋」、薬研とはV字型の溝を指す。5、6町は550~660メートル、百間は180メートルだ。日本各地に残るダイダラボッチの伝説、そのひとつがここにある。

この記述に基くと、環七を跨ぐやや浅い窪地がつま先、そしてその東側に伸びる深い窪地の底、世田谷区立守山小学校の北東側のあたりが踵となり、つま先から踵までは小川が流れていて、踵のところに湧水池があったということになる。

この「だいだらぼっちの足跡」の湧水を水源として、南に下り、下北沢駅の南方で森厳寺川(北沢川下北沢東支流)に合流していた小川が北沢川下北沢西支流、通称「だいだらぼっちの川」だ。

写真の道路にそってかつて川が流れており、道路の手前右手のあたりに湧水池があったという。現在は住宅が立ち並び、往時の姿を想像するのは難しい。
c0163001_23463020.jpg


川の流れる谷は幅は狭いが、谷の斜面はかなり急で、はっきりした谷となっている。
c0163001_2346543.jpg

各所に川の名残が残る森厳寺川に比べ、こちらはほとんど川の痕跡はないが、井の頭線を越えるところは唯一川跡らしい。
c0163001_2347568.jpg

そして、何と井の頭線の線路を越える前後のわずかな区間だけは、開渠が残っている。写真は線路を越えた南側の様子だ。右側の土管からわずかだが綺麗な水が落ちており、また左側からかなりの量の水が流れ込んでいて、水の流れ込む音が鳴り響いている。
c0163001_23471760.jpg

この水は井の頭線の線路沿いの側溝から流れ込んで来ている。実は井の頭線はここから新代田駅にかけての区間、だいだらぼっちの谷の枝谷につくられている。この側溝はいつきても綺麗な水が流れており、もしかするとこの側溝は川の名残で、流れる水は谷に湧く湧水かもしれない。
c0163001_23473297.jpg

ここより先、流路は東向きに変わる。しばらく痕跡がはっきりしなくなるが、おそらく谷底の一番低いところを通っている道が川跡の暗渠であろう。向かう先には小田急線が見える。
c0163001_23474344.jpg

小田急線はだいだらぼっちの川の谷を土手で越えている(写真は2004年頃)。
c0163001_23475293.jpg

小田急の土手の南側から、ふたたび暗渠の道が現れる(写真は2004年頃で、現在小田急線の工事で土手は見えない)。暗渠は谷の西側の縁に沿って、谷底よりもやや高いところを流れている。もしかすると並行する流路があったかもしれない。
c0163001_2348286.jpg

しばらく写真のような暗渠らしい道が続いた後、川は下北沢駅南口の商店街の道に出る。
その先は、道沿いにしばらく南下した後に森厳寺川に合流していた。
c0163001_23481295.jpg


c0163001_0222088.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2009-12-11 00:23 | 北沢川とその支流 | Comments(10)
川は小田急線の線路を南側に越える。こちら側にも数年前までは、水の流れなくなった流路が露出していた。これらも小田急線の立体化工事に伴い現在では消失している。
c0163001_23423887.jpg

流路が暗渠に飲み込まれていた地点。
c0163001_2342493.jpg

線路南側の未舗装の暗渠区間は今でも健在だ。この先で並行した2つの流れは1本にまとまっていたようだ。
c0163001_2343135.jpg

暗渠はいったん茶沢通りに出る。かつては左側に見える踏切の方、下北沢一番街の谷から流れてきた小流がこの場所で合流していたようだ。
c0163001_23431417.jpg

暗渠はすぐに茶沢通りから離れて通りと並行して南下し、井の頭線の土手の下を潜って行く。土手より南側、森厳寺の手前までの区間は90年代半ばまで開渠だったが、現在では暗渠となって、遊歩道として整備されてしまった。今思えば写真を撮っておけばよかったと後悔。
c0163001_23432577.jpg

暗渠は谷の東側の崖沿いに流れている。流域は緑が色濃い。
c0163001_23433526.jpg

代沢三叉路のそばでは、下北沢駅と新代田駅の間に横たわる「だいだらぼっち」の窪地から流れ出ていた川(だいだらぼっち川)と合流していた。写真左側から来る道路の片側に歩道があるが、これがだいだらぼっち川の暗渠の跡だ。だいだらぼっち川については次回取り上げる予定。
c0163001_23435020.jpg

川は森厳寺の西側を回り込んでいく。森厳寺は「淡島の灸」と針供養で有名だ。江戸時代後期、滝坂道(現在の淡島通り)を通って森厳寺参りをし灸を受けて、その帰りに神泉の弘法湯に寄る、というのが庶民の行楽として流行したという(神泉については、「東京の水2005Revisited」の「神泉谷・松濤の支流(3)神泉谷」前後の記事を参照してください)。
c0163001_2344173.jpg

川は森厳寺の南に出たのち、代沢小学校の脇を南下して北沢川に合流していた。北沢川もすでに暗渠となっているが、現在暗渠上にはせせらぎが造られている。せせらぎは出来た当初はやや違和感があったが、地元住民の声を生かした施策の甲斐があってか、現在ではかなり風景にとけ込んでいるように思える。
c0163001_23441657.jpg




[PR]
by tokyoriver | 2009-12-10 00:16 | 北沢川とその支流 | Comments(2)
だいぶ間があいてしまったが、森厳寺川(北沢川下北沢東支流)の第3回。
今までの記事はこちら。
森厳寺川(北沢川下北沢東支流)(1)三田用水からの分水
森厳寺川(北沢川下北沢東支流)(2)二つの源流

川は井の頭通りを越えると2本の平行した流れとなる。南側(西側)の流れは早い時期に暗渠化されたようで、下水道代沢幹線となっている。一方、北側(東側)の流れはかなり最近まで開渠だったためか、比較的川の気配が残っている。

遊歩道風になっている区間。この辺りは、暗渠沿いに小公園がいくつかあって、一体化して整備されたようだ。
c0163001_23112356.jpg

ふたつの暗渠を挟んで公園がある。奥の道が南側の水路。その後ろには谷底から丘に登る急坂が見える。
c0163001_23113324.jpg

北側の水路には一部未舗装の区間も残っている。
c0163001_23114474.jpg

下水道幹線となった南側(西側)の暗渠は普通の車道となっているが、蛇行に川の名残がある。
c0163001_23115449.jpg

北側の水路は、三田用水からの分水と合流したのち、こんな暗渠に。植え込みのところが水路だったようだ。
c0163001_2312540.jpg

道の真ん中に排水用の凹みがある。この辺りは谷の東側の斜面がかなり急になっている。暗渠となった今でも谷底で雨水が集まり易いのだろう。
c0163001_23121577.jpg

下って行くと小田急線の線路に突き当たる。現在は小田急線の立体交差化の工事で周囲は激変してしまったが、写真のように数年前までは谷を跨がる線路の土手の下を潜って行く、流路の遺稿が見えた。
c0163001_23122457.jpg

線路の反対側にも数年前まで貴重な遺構があったのだが、これは次回の下流篇で。




[PR]
by tokyoriver | 2009-12-06 23:38 | 北沢川とその支流 | Comments(0)
現在確認できる、森厳寺川(北沢川下北沢東支流)の源流(最上流部)は2つある。ひとつは笹塚駅の南方、北沢5-38付近から始まる暗渠だ。かつて湧水池があったという辺りは、緩やかな窪地のどん詰まりに住宅に囲まれた小さな駐車場があるくらいで、痕跡はない。ここから南に、暗渠が伸びている。途中から未舗装となり、北沢中学校の敷地に突き当たる。

c0163001_2332040.jpg


もうひとつの源流は大原1-12付近から北上~東新する暗渠だ。住宅街の家と家の隙間に、細い暗渠がある。ここが確認できる最上流端だ。

c0163001_23321595.jpg


暗渠はここから北上していくが、次に確認できるポイントでは、暗渠は蓋付となっていて、道路を横切るところには見事な痕跡が残っている。

c0163001_23322849.jpg


流路は更に北上して、井の頭通りの北側で向きを東に変える。駐車場の片隅に暗渠の痕跡が埋もれている。ある時期までは、写真中央部は開渠で、右の穴が見え、蓋掛けがしてあるところから先が暗渠となっていたようだ。

c0163001_23323989.jpg


近づいてみると、中にヒューム管が見える。

c0163001_23325346.jpg


こちらの流れも、この先北沢中学校の敷地に入って行く。かつては中学校の校庭となっているところで2本の流れが合流していて、大きな池となっていた時期もあったという。

川は井の頭通りを南に越えたあと、2本の並行する流れとなって南東に下る。写真は東側の流路。かなり川跡らしさを残した暗渠となっている。なお、西側の流路は下水道幹線に姿を変えている。

c0163001_2333734.jpg



c0163001_23331899.jpg



※次回はいったん森厳寺川から離れて、荏原台を刻む大森・鹿島谷の湧水と暗渠を取り上げる予定です。


[PR]
by tokyoriver | 2009-11-07 23:48 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
渋谷から井の頭線に乗ると、明大前駅までの区間でいくつもの川/暗渠を越えていく。神泉で、宇田川の支流。駒場東大前で、空川。池の上の手前で北沢川溝が谷支流。下北沢の手前で森厳寺川(北沢川下北沢東支流)。新代田の手前でだいだらぼっち川(北沢川下北沢西支流)。東松原の手前で北沢川羽根木支流。東松原~明大前で、北沢川松原支流。
今回のシリーズはその中の森厳寺川(北沢川下北沢東支流)。京王線笹塚駅の南方より流れを発し、下北沢駅の東を下って、だいだらぼっち川(北沢川下北沢西支流)を合わせて北沢川に注ぐ流れだ。

まずは三田用水からこの森厳寺川に引かれていた分水を辿ってみよう。非常に短い区間だが趣がある。暗渠が残っているのは北沢小学校の北西側。けっこう勾配があり、尾根上を流れる用水から、谷底へと水を落としていた様子がわかる。
c0163001_22431452.jpg

この区間は90年代前半は開渠だった。別のサイトでも一度紹介したが、1992年当時の写真。
c0163001_2243273.jpg

小学校の脇を抜けた先には銭湯「山の湯」が出現する。木造で、ボイラー周りは煉瓦つくりとなっている。
c0163001_22434014.jpg

よく見ると、地面の土の中に水路が埋まっている。ここも90年代前半は開渠で、上にモノが置かれている状態だった。
c0163001_22435350.jpg

銭湯を正面からよく見ると看板建築。かなり古そうな建物だ。調べてみるとどうやら昭和初期からの建物らしい。
c0163001_2244541.jpg

銭湯の裏手にあたるあたりにはかつて水車があったというが、銭湯より先はほとんど痕跡がなくなっている。唯一はっきりと暗渠がわかるのが、南西へと下って行った道沿いに残る不自然に膨らんだスペース。植え込みやら柵で囲まれている。水路は写真手前右から来て、この区間をクランチ状に曲がり、この先で左に曲がっていたらしい。
c0163001_22445123.jpg

右に曲がってしばらく進むと森厳寺川の暗渠に突き当たる。





[PR]
by tokyoriver | 2009-11-04 23:08 | 北沢川とその支流 | Comments(5)