東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver
狛江市内にひろがる暗渠・水路跡の迷宮を辿る3回目は、前回の「内北谷用水」にひきつづき六郷用水の分水「相の田用水堀」をとりあげる。現在の小田急線狛江駅西方にあった旧和泉村田中地区の「相の田」と呼ばれた水田を灌漑し、泉龍寺の弁財天池から流れ出す清水川に合流していた用水路だ。下の地図でピンクの枠で囲った中の、青色のラインとなる。なお、地図上に描かれた水路はいずれも現存しない。
相の田用水堀はもともとは六郷用水から直接分水されていたが、寛文年間(1661〜72年)に猪方用水が開削されて以降は、猪方用水から分水されるかたちとなった。廃止時期ははっきりしないが遅くとも1960年代にはなくなっていたと推測される。
c0163001_23365825.jpg

現地を辿って見る前に、段彩図で地形を見てみよう(カシミール3Dで基盤地図情報を読み込み作成。緑が濃くなるほど低地)。先日の「東京人」の地形特集で訳の分からない記述があったが、六郷用水は段丘の下ではなく上を、掘割を開削して横切っていた。猪方用水も狛江駅南東の猪方の灌漑が主目的なので、和泉地区では本流は微高地上を通り、効率良く送水できるようになっている。一方、相の田用水堀は微低地を縫うように抜け相の田の低地に入り、その低地は清水川の谷筋の谷頭に繋がっている。
c0163001_2337796.jpg

前回の内北谷用水同様、この相の田用水堀についても資料は少ない、というかほとんどない。また、痕跡も断片的にしか残っておらず、知っていなければ水路がどのルートを流れていたのか判断するのが難しいかもしれない。しかし、この用水路が流域の水田の灌漑だけではなく、清水川の源流に接続して湧水を補うという重要な役割も果たしていた。そんな訳で地味ではあるが上流側よりその痕跡を辿っていくことにする。

*********

現在六郷さくら通りとなっている六郷用水跡。かつて猪方用水が分水されていた地点の付近から上流方向を望む。右手の林の公園一帯はかつては大塚山と呼ばれた高台で、六郷用水を偲んでか、人工のせせらぎが設けられている。猪方用水は分水された後4mほどの深い掘割で大塚山を抜けていたという。
c0163001_23371348.jpg

分水地点のすぐ東側には狛江市の運営する「むいから民家園」がある。敷地の北側、写真の道に沿って猪方用水が右手前から左奥に流れていた。むいから民家園は、かつて小田急線沿いにあった江戸後期の古民家江戸後期の古民家を移設し、2002年に開園した。庭先を含めて長閑な農家の風景が再現されている。
c0163001_23371679.jpg

民家園の茅葺き農家の中には、1935年前後の猪方用水分水地点付近の絵地図が展示されている。猪方用水の取水口のすぐ下流側に描かれている「日本水道採水場」では、ここから500mほど南東の狛江第三中学校のところにあった「狛江浄水場」の水を取り入れていた。狛江浄水場は1932年、日本水道株式会社が給水を開始した。当初は多摩川の伏流水を汲み上げて使用していたが、1934年〜36年にかけて拡張工事を行い、六郷用水からも導水するようになったという。採水場だった場所は現在田中橋児童遊園と名づけられた小さな公園になっている。そして絵地図の民家園の下、猪方用水から下にわかれるように描かれているのが相の田用水堀だ。
c0163001_23372470.jpg

下の写真が現在の相の田用水堀の分岐点。右奥に進む道が猪方用水で、中央で分かれている道がかつての相の田用水堀だ。水が流れていた頃を偲ばせるものは何一つ無い。
c0163001_23372871.jpg

猪方用水開削以前の相の田用水は、猪方用水分水地点よりやや下流の田中橋付近、「橋場」と呼ばれた辺りで分水されていたという。田中橋は全長10m、幅4mほど。橋の下の六郷用水は水面まで4mほどあったといい、橋の袂に洗い場があったものの、登り降りが大変だったという。現在は交差点にその名が残るほか、すぐそばの稲荷社の脇にコンクリート橋の親柱が残されている。写真手前の親柱には「田中橋」の名が、奥の親柱には「昭和4年2月」の竣工年が刻まれている。
c0163001_23373143.jpg

現在田中橋の交差点を南北に横切る新道が造成されている最中だが、その東側には相の田用水堀の水路跡が未舗装のまま残されている。
c0163001_23373827.jpg

未舗装区間はほんの数十mだが、なかなか風情がある。かつて水が流れていた頃の風景を想像できる唯一の場所かもしれない。
c0163001_23374466.jpg

下の写真は未舗装区間の終点を振り返ったところ。左右に横切っている道はかつて鎌倉道とも高井戸道とも呼ばれた古道で、高井戸から祖師谷を経由し、南下して多摩川を船で渡り登戸まで続いていたという。細いながらも現在でも都道扱いとなっている。
用水路は鎌倉道を潜ったのち写真左から右へ流れ、右端で手前に折れていた。その折れる地点に石造りの欄干が映っているのがわかるだろうか。
c0163001_23374852.jpg

近くから見ると側面に「鎌倉橋」の名が刻まれている。以前「「道角橋」と「田端橋」–失われた川に架かっていた2つの石橋の運命 」の記事で紹介したのと同じタイプの欄干だ。この欄干は昭和初期のものと伝えられており、前の写真の未舗装道終点のところに架かっていたと思われる。名前が鎌倉道に由来するのは間違い無いだろう。
c0163001_23375286.jpg

鎌倉橋欄干より先、相の田用水堀は写真の道に沿って東へと流れていた。右岸側(写真で道路の右側)がかつて相の田と呼ばれた水田だったところで、水田を挟んで南側には分水路が分かれていて、水田への水の出入りを制御していた。
c0163001_23375776.jpg

用水堀の本流はただの道路となっているが、こちらの分水の痕跡らしきものは住宅地の合間にぽつりぽつりと残っている。下の写真は水路敷と思われる細長い空き地。
c0163001_2338337.jpg

そしてこちらは水路敷が通っていたと思われる地点で両側の家の塀が不自然に切れている。
c0163001_2338920.jpg

泉龍寺の山門に続く道のところではついにはっきりした水路跡(暗渠?)が現れる。
c0163001_23381561.jpg

よくよく見てみると、雑草に囲まれてコンクリート蓋が続いているのがわかる。近づいて確認したいところだが、さすがにこの中に入っていくのは厳しい。
c0163001_23382236.jpg

反対側に回りこむとそこはもう狛江駅の目の前だ。水路跡の出口は防災倉庫で塞がれている。
c0163001_23395882.jpg

北東側に引いて見るとこんな感じ。水路は左奥の防災倉庫のところからおそらく手前に流れ、手前の不自然な車止めのあるあたりで、相の田用水堀本流と、写真右側外れにある泉龍寺の弁財天池・ひょうたん池から流れ出した清水川に合流していたと思われる。清水川はこの不自然な二重の車止めの辺りを右から左に向かって流れていた。
c0163001_23401340.jpg

ここから先は清水川の記事で改めて扱うことにしよう。最後に復習の地図を掲載。
c0163001_23403594.jpg


(つづく)
[PR]
by tokyoriver | 2012-07-24 23:12 | 野川とその支流 | Comments(0)
前回に引き続き、「江下山堀」。今回は「あいおい損保中央研修所」の西側で分かれていた南側の流れを追っていこう。下の段彩図(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)は、前回掲載した段彩図よりもやや江下山堀をクローズアップしたもの。図の中央下方、途中から分かれるやや濃いオレンジのラインが今回辿る南側の流れだ。こちらの流路(跡)はその姿を次から次へと変えていき、なかなかにおもしろい川跡/開渠/暗渠となっている。
c0163001_23121932.jpg

二手に分かれてまず最初に現れるのは適度な幅のある普通の路地。だが、進んでいくと赤堤通りに出る地点に車止めがあって、ここが暗渠だとわかる。かつてはちょうど水路が二手に分かれる地点から、水路に挟まれて水田があった。というより、水田を潤すために二手に水路が分けられていたのだろう。各地にみられるパターンである。
c0163001_23122470.jpg

赤堤通りを越えると、水路の痕跡はいったんなくなってしまう。地形や敷地の区画、古い航空写真や古地図などから推測すると、経堂小学校の敷地北側に沿って流れていたと思われる。小学校の敷地と住宅地の間には不自然な隙間が残っている。経堂小学校は1941年開校。1965年に校舎が鉄筋化された前後で敷地が北側に拡張されたようだ。水路はそのときに埋められたのだろうか。
c0163001_23122957.jpg

次に現れるのはかなり放置気味のコンクリート蓋暗渠。前回記事の北側水路の開渠区間よりも一区画東から現れる。暗渠の始まりのところは蓋がとれて水路が露出しているが、中を覗くと水は全く流れておらず、川底は乾ききっている。
c0163001_2312344.jpg

南側水路のコンクリート蓋暗渠は、北側水路との間に住宅地を挟んで並行し東へと下っていく。コの字で回り込み、北側水路が暗渠となる地点のすぐ南側まで行くと、今度は開渠の水路となっていて、しかも水がサラサラと流れている。濁ってもおらず、臭いもしないので、北側水路と同じく、下水が流れ込んでいるというわけではなさそうだ。コンクリートの水路枠も苔生していて、湿度の高さを感じさせる。水路を挟む住宅の敷地からは排水管が逆L字に突き出している。
c0163001_23123893.jpg

さて、この地点から下流方向を見ると、次に現れたのは真新しい白色のコンクリート蓋暗渠だ。右岸側は崖となっていて、やはり逆L字型の排水管が暗渠の中へとつながれている。この区間はたいがいの地図ではまだ水路として描かれいて、かなり最近暗渠化されたことが伺われる。
c0163001_23124261.jpg

暗渠化されていてもその上に立ち入ることはできないので、再びコの字に回り込んでみると、「宮坂北小緑地」という小さな公園から、続きが確認できた。穏やかな土手の斜面の下に白いコンクリートの蓋が続いている。前回の上流部蓋暗渠と同じく、この辺りについても「世田谷の川探検隊」さんの記事で開渠だった頃の様子がうかがえる。
c0163001_23124617.jpg

コンクリート蓋暗渠は、古びたコンクリートの擁壁に突き当たって、土の下へと消えて行ってしまう。
c0163001_23125292.jpg

これより下流方向は更に姿を変え、未舗装の砂利敷き暗渠となる。先の写真からわかるように、埋め立てた際にもともとの水面よりもかなり高くまで土を入れ、周囲と同じ高さまで嵩上げされてしまったようだ。
c0163001_2312575.jpg

ここも立ち入れないので、赤堤通りに出て、前回取り上げたセブンイレブンの脇にある欄干のところから
北側水路の合流する北沢川傍流を少し下っていくと、東京電力上北沢変電所の裏手で、南側水路の合流地点に出る。写真左奥からの柵に阻まれた空間が先の砂利敷き暗渠の続きだ。嵩上げしてある分、段差ができている。
c0163001_2313175.jpg

近づいてみると、路上に数枚だけコンクリート蓋が残っていた。この蓋面がもともとの暗渠の高さだったのだろう。
c0163001_2313672.jpg

そして、その脇にはなぞのコンクリート建造物遺構がぽつんと。洗い場と焼却炉のようだが、位置関係がなんだか変だ。もともとこのように配置されていたようには思えないが、どのような由来があって、なぜ取り壊されずに残されているのか、謎である。焼却炉の上にはなぜかセメントで突起がつくられ、枯れ枝が挿されていた。
c0163001_23131078.jpg

江下山堀の南側の流れを併せた北沢川の傍流は、かつてこの地点のすぐ先でカクンと折れて北沢川に合流していた。この辺りの北沢川暗渠は、昔ながらのやや薄暗いうらびれた緑道となっている。
c0163001_23131417.jpg

少し上流側に引き返すと、暗渠は近年改修された明るい遊歩道になった。道路端には「江下山橋」の親柱モニュメントが立っている。ここから少し遡れば、以前の記事でとりあげた佐内弁財天、北沢川/北沢分水の水路の集積地点だ。
c0163001_2313195.jpg


アスファルト路地→消滅→細長い空き地→古いコンクリート蓋暗渠→開渠→新しいコンクリート蓋暗渠→砂利敷き暗渠→再び古いコンクリート蓋暗渠とその姿を次々と変える江下山堀の南側分流、如何だっただろうか。途中で分岐した水車堀やその上流の北沢分水上堀にも断片的に水路の痕跡が残されている。そちらも追々記事にしていく予定である。
[PR]
by tokyoriver | 2011-09-13 23:20 | 北沢川とその支流 | Comments(6)
今回は、小ネタを。以前別のところでも記した話題ではあるけど、記録の意味合いでこちらにも記事として残しておくことにする。JR山手線に乗り、田端駅から駒込駅に向かって行くと、切り通しを抜けた後に土手となって駒込駅に入り、駅の途中からは再び切り通しとなって巣鴨方面に続いていることがわかるだろう。ここで土手になっていたところがかつて谷田川が流れていた谷筋だ。駒込駅東口から、田端方面へ100mほど線路に沿って進むと、古そうなガードがある。
c0163001_23365827.jpg

線路の下を通っているのは谷田川通り。ここにかつて谷田川が流れていた。谷田川については以前この記事で「谷田橋」の遺構について取り上げたことがある。
さて、ガードの左側の土手下に注目して欲しい。何か欄干のようなものが見えないだろうか。
c0163001_2337462.jpg

近寄ってみるとこの通り。土手下のコンクリートの擁壁、というか土留めに埋め込まれて、コンクリート製の橋の欄干が残っている。両側には親柱もある。うまく嵌めこまれている上に手前に電柱や標識、放置自転車などもあってなかなか気がつきにくい場所だ。実はこの欄干の前は、子供の頃からそれこそ何百回も通っていたのだが、気がついたのはほんの数年前のことだ。
c0163001_23371373.jpg

電柱を避けて斜めから撮ってみる。欄干に開いた穴はシンプルだが、悪くない。大正後期の造作だろうか。親柱の、本来橋名が書かれているであろう場所は埋め込まれていて見ることができない。反対側の親柱も確認できなかった。長さはおよそ2mほどだろうか。ガードや現在の谷田川通りの幅に比べると短いが、暗渠化前は川沿いに道があって、ガード下も川沿いに通り抜けていたようだから、実際の川幅はこんなものだったのだろう。
c0163001_23371769.jpg

それにしても、なぜこんなところに欄干が残っているのだろう。近くに特に説明板があるわけでもなく、意図的に保存されているような雰囲気ではない。谷田川の暗渠化は大正時代、下流部より始まった。この近辺の暗渠化は1932年に始まり、1940年には完成したという。仮説としては、おそらくこの橋は線路沿いの道が谷田川を渡るところに関東大震災後に架けられ、暗渠化の際に、まだ新しいことから土留めとして転用され、この場所に埋め込まれた、といった変遷が考えられるが、ざっと調べてみた限りでは出自は明らかとならなかった。一体どういった由来があるのか、もしご存知の方がいたらぜひご教示願いたい。

さて、今度はガードの方に着目してみよう。この区間の山手線が開通したのは1903(明治36)年。その当時、ここには谷田川が流れていて、このガードは谷田川の谷を横切るための土手に掛けられた、川を渡る橋だった。
c0163001_23372482.jpg

その証拠が、ガードの名称に残っている。橋台に「中里用水ガード」の字が記された標識が付けられている。谷田川は最上流部では谷戸川と呼ばれ、以下、谷戸川、藍染川などと、地域によりその呼び名は異なっているが、中里用水という呼び名は聞いたことがない。中里はこの地の地名であることから「中里の用水路」といった意味合いで便宜的につけられた名称なのかもしれない。山手線の名も「山手電車」と記されているし、案外いい加減なものなのか。
c0163001_23372819.jpg

そして、湘南新宿ライン(貨物線)の線路側の田端寄りの橋台には赤煉瓦が残っている。開業当時の山手線は、現在の湘南新宿ラインの線路の場所を走っており、その後の1925(大正14)年の客貨分離により現在の線路の側に移ったという。とすると、この赤煉瓦は開業当初からのものであり、かつては谷田川の水面にその色を映していた可能性が高い。
c0163001_23373231.jpg

谷田川は戦前に暗渠化されたことから、その痕跡はほとんど見当たらないが、こうしてところどころに川であった証が残っているのを見ると、ちょっとは嬉しくなる。
[PR]
by tokyoriver | 2011-08-26 23:46 | その他のエリア | Comments(8)
西武新宿線上井草駅から西に200mほどの線路上に、千川上水橋梁と記された小さな鉄橋がある。全長10mにも満たない小さな鉄橋だが、1926年竣工の古い橋だ。西武新宿線の開業が1927年だから、開業以来ずっと使われているということになる。
c0163001_2345535.jpg

橋の名前からわかるように、この下には、千川上水が流れているのだが、前後の区間が暗渠化されているのに、なぜかこの鉄橋を潜る区間の開渠のまま残されている。
c0163001_23455860.jpg

千川上水は1696年に玉川上水から分水された用水路だ。当初は小石川御殿や湯島聖堂、上野寛永寺、浅草寺などの飲料水を供給するための上水路としてひかれたが、後には現在の練馬区や豊島区のエリアの農業用水、そして明治以降は工業用水としても利用され、1971年に送水が停止されるまで、途中何度か中断をはさみながらもおよそ270年もの間流れ続けてきた。
1989年に玉川上水の清流復活事業が行われた際、千川上水のせせらぎも復活しているが、流れが見られるのは上流の5kmほどで、それより下流は、昭和初期から戦後にかけて暗渠化されたまま今に至っている。

千川上水は、青梅街道を越える関町一丁目交差点のところから千川通りの歩道の下を暗渠となって流れていくのだが、そこから1.2kmほどの西武新宿線を踏切で越えるこの場所で、再びヒューム管から顔を出す。
c0163001_2346476.jpg

暗渠から流れ出す水は1日3000トンほどだという。清流復活により千川上水には1日1万トンの高度処理水が流されているのだが、そのうち7000トンは暗渠となる青梅街道交差点のすぐ先で善福寺川へと導水されており、残りがここを流れているというわけだ。
c0163001_23461036.jpg

水路は西武新宿線が建設された際に、なるべく鋭角に川を渡るように、つまり鉄橋の長さが短くなるように付替えられたとのことだ。川底の幅は1mほどだが、V字型に深い水路敷となっていて、敷地の幅は5mくらいはある。
c0163001_23461463.jpg

鉄橋の下を流れていく。
c0163001_23461973.jpg

開渠の区間は35mほど。鉄橋を潜ってすぐの地点で、水路は再び地中に潜ってしまう。顔を出す地点とおそらく同じ太さのヒューム管に水が流れ込んでいく。
c0163001_23462589.jpg

線路の北側に続く千川通り。不自然に幅広の歩道の下を暗渠が流れているが、知らなければ地上からはまったく判らない。
c0163001_23462994.jpg

千川上水に流れる3000トンの水は、この先13kmあまりを再び暗渠で流れていく。そして、JR埼京線板橋駅の東側で、谷端川放水路の暗渠に接続され、北上した後石神井川に放水されている。ちなみに谷端川放水路の暗渠は、1924年に谷端川の氾濫対策としてつくられた水路で、現在では谷端川幹線の雨水幹線として使われている。

高度処理水とはいえ。せっかく水が流れているのだから途中の区間で水路を復活できないものだろうか、と思ってしまうが、現実的にはなかなか難しいようだ。それにしても、13kmもの距離にわたって比較的きれいな水が人知れず地下を滔々と流れていくさまは、まさに暗渠であり、なにやら秘密めいた感じがする。

[PR]
by tokyoriver | 2011-05-23 23:51 | 玉川上水とその支流 | Comments(2)
善福寺川が大きくその流路を曲げている杉並区成田西3丁目、流路の内側に囲まれた舌状台地の先端に、尾崎熊野神社が祀られている。参道に立つ解説板によれば、かつての成宗村字尾崎の鎮守社であり、鎌倉時代末期に熊野権現を勧請して建立されたという。「尾崎」とは小さな﨑に由来する地名で、土地の形状そのものを現している。他のこういった舌状台地と同様、神社が創建される以前から聖なる地だったのだろう。縄文時代の住居跡が発掘されているのもまた他の舌状台地と同様だ。

その参道の脇に、古い石橋の欄干がぽつんと据え置かれている。長さは3m弱くらいであろうか。
c0163001_18423691.jpg

欄干に刻まれたその名は「道角橋」。神社は台地の上にあるから、ここを川が流れていた訳ではない。「道角橋」はもともと、神社の300mほど南をを通る旧五日市街道が、善福寺川の「あげ堀」を渡る地点に架かっていた橋だ。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。青い線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_2005780.jpg

善福寺川は川沿いの水田の灌漑用に、両岸に「あげ堀」と呼ばれる、川に並行した導水用の水路がつくられていた。橋はそのうち右岸側のあげ堀に架かっていた。現在善福寺川に架かる尾崎橋の西側のあたりになる。欄干はあげ堀が埋め立てられた際に行方不明になっていたが、後年善福寺緑地の一角に放置されているのが発見され、神社の境内に保存されたという。
c0163001_18424524.jpg

欄干の真ん中に橋の名前が彫り込まれているのが特徴的だ。
c0163001_18425055.jpg

+ + + + + + + +
この意匠を見て思い出さずにはいられない、とある橋がある。
c0163001_1843994.jpg

どうだろう。やや質素ではあるものの、似ていないだろうか。
こちらは田端橋。渋谷川の支流宇田川のさらに支流である、宇田川初台支流(初台川)の最上流部、川跡上の路面に埋め込まれている橋だ。
橋の上流側から、川跡の路地を望む。この橋の遺構、初めて見たときは、橋の遺構であることは一目瞭然だったが、橋のどのパーツなのか、今ひとつ判らなかった。通常であれば、橋の名前は親柱に縦書きで記されるからである。こうして改めて遺構の全体像を見てみると、右上と左上の角にはRがつけられていて、ちょうど先の道角橋を一回り小さくした形であり、これで欄干片側まるまる全部であろうことがわかる。もしかすると道角橋と同じ職人/業者の手によるものなのかもしれない。
c0163001_18431978.jpg

欄干の長さは2mもないだろう。そうすると、橋の下にあった流れはかなり細く、そしてそんな細い流れにも関わらず、名前を記した立派な石橋が架かっていたことになる。道角橋は街道に架かる橋なのでそれなりに立派なのはわかるが、この場所を横切る道はおそらく昭和に入ってからのもので、通行量もそれほどあったとは思えない。そんな時期にこの規模の橋であればコンクリートで造りそうなものだが、なぜ石橋なのだろう。
一説によると、「田端橋」が実際にここに架かっていたのか、実はよくわからないのだという。初台川に架かっていた橋に関する文献や記録には、この場所をふくめ「田端橋」の名前はないというのだ。ではこの欄干は、単なる廃材としてどこか他の川に架かっていたものを持って来たものなのだろうか。

現在の初台川暗渠のルートは、昭和初期の農地整理に伴って幾筋にも分かれていた流路を整理したときの流路だ。それらの流路の中のひとつに田端橋が架かっていた可能性もあるが、とある古地図を見ると、この場所から北東に600mほど離れた場所に「田端橋」という名の小橋が記されている。(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。ブルーとピンクの線はかつての水路で、現在すべて暗渠化/埋立て)
c0163001_1948695.jpg

その橋は、現東京オペラシティ北側にあった「出羽様の池」から流れ出た小川が、「旗洗池」からの流れをあわせて神田川笹塚支流(和泉川)に注ぐ直前に架かっていた。初台川の田端橋とは距離はやや離れているものの、同じ旧幡ヶ谷村に属している。欄干がもし何処かから持ち込まれたものだとするならば、もしかするとこれなのかもしれない・・・。橋が架かっていた(かもしれない)場所に、別の場所から橋を運んでくるなど、まず考えられない話であるとは思うが、謎めいた欄干の存在はそんな空想を呼び起こす。

上の写真は6年ほど前のもので、現在は下の写真のように「田端橋」の字はだいぶすり減り、読みとるのも困難な状態となってる。何年か経てば刻字は消え去って、この路上の敷石がかつて橋だったことを知る人もいなくなり、道路整備などの機会に撤去されてしまうのだろう。行方不明になったものの無事見つかり、大事に保存されている道角橋とはずいぶんと扱いが違う。相似形をした2つの橋の運命は、明暗を分けているように思える。
c0163001_18432676.jpg

橋の埋まる斜面を下った左手、大谷石の擁壁の下の溝には、こんこんと湧き出す水が流れている。田端橋が歴史の中に消え去っていっても、この湧水は枯れることなく残り続けるだろうか。
c0163001_18433626.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2011-02-11 20:02 | 善福寺川とその支流 | Comments(6)
「みちくさ学会」「暗渠に架かる橋-大正13年に架けられた4つの橋跡を巡る-」という記事を書きました。先日namaさんが暗渠さんぽで取り上げられていたあの橋などについて、紹介しています。
ご感想など、向こうには書きづらいかと思いますので、よろしければこちらの方にコメントいただけたら嬉しいです。

http://michikusa-ac.jp/archives/884762.html


当初の構想では掲載するつもりで結局ボツにした写真をこちらに掲載。撮影は1996年末、渋谷川暗渠に残っていた「原宿橋」の欄干です。昭和9年の竣工。欄干の脇の暗渠上はブランコや砂場のある「遊び場」でした。
c0163001_23324114.jpg

現在では暗渠上は改修されて車道となり、邪魔となる欄干は撤去されてしまい、親柱だけがコンクリートを上塗りされて残されています。
c0163001_23324780.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2010-09-16 23:33 | お知らせ | Comments(4)
柴崎分水シリーズの第3回目は、奥多摩街道沿いを中央線沿いまで追ってみる。今回の範囲は流路があっちこっちへと曲がり複雑なので、最初にgooglemapにプロットした流路図を示しておこう。例のごとく埋め込みリンクが出来ないので画像で表示。
c0163001_109128.jpg


googlemapにプロットした柴崎分水流路図はこちら

‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
奥多摩街道沿いに出て姿を現した柴崎分水は、街道沿いに暗渠と開渠を交えながら南東へと下って行く。道路の南側を通る区間では、微妙に街道から離れ、街道沿いの民家の敷地内を通っていたりする。下の写真の民家では庭の池に分水の水を引き込んでいた。
c0163001_9354269.jpg

しばらく進むと水路は奥多摩街道から離れて北東へと静かな住宅街の中を進んで行く。古い民家の立派な門の前には、小振りだがしっかりした造りの石橋が架けられていた。
c0163001_9355584.jpg

道路の脇を流れて行く用水路。一見ただの側溝に見えなくもないが、遥か羽村で多摩川から取水された水がここまで流れてきているのだ。
c0163001_93604.jpg

水路は中途半端に穴のあいた変な暗渠〜コンクリート蓋暗渠〜鉄板暗渠となって住宅地の中を回り込み、東へと進んでいく
c0163001_936612.jpg

そして、中央線の切通しにぶつかると、細長いコンクリート蓋の暗渠となって、線路に沿って南下していく。蓋は比較的新しそうで、道路にぴったりと嵌っていて中を流れる水の気配はまったく感じられない。
c0163001_9361041.jpg

あまり暗渠の蓋らしからぬコンクリート板の先に、左に曲がる蓋が。
c0163001_9365598.jpg

曲がった先には、中央線の切通しを鉄橋で越える水路があった。中央線は立川段丘の台地を日野方面に下るために、台地を切り開いて下っている。その台地の上を柴崎分水が流れているため、このように橋となっているわけだが、よくあるような送水管ではなく、水面が露出した状態で越えるのはそう多くはないのではないか。かつて恵比寿駅の西方で三田用水が旧山手通りを越えるところで同じような水路橋となっていた事例を思い出させる。
c0163001_937092.jpg

水は深さこそ浅いものの勢いよく流れている。雨で増水したときなど、溢れやしないのだろうか。
c0163001_937338.jpg

線路を渡りきると、玉石の護岸の水路が姿を現す。線路沿いに少し北上したのち、再び暗渠となり、個人宅の敷地内を東へと抜ける。
c0163001_937965.jpg

抜けた先は再び道路沿いに東進。水路端に説明板が設置されていた。今年の1月に建てられたばかりのものだった。
c0163001_9371433.jpg

そばには洗い場の跡もあった。脇は駐車場になっているが、かつては民家か畑だったのだろう。
c0163001_938668.jpg

石でできた、丸みを帯びた欄干があった。かなり古そうだ。この少し先で水路は南へと向きを変え、再び奥多摩街道沿いに出ると今度は西向きへと流れて行く。
c0163001_9381079.jpg

街道からやや離れて個人宅の中に入っていったり、建物の下を通ったりしたのち、奥多摩街道の脇へ。水路は少し深り下げたところを通っている。
c0163001_9381344.jpg

街道沿いに熊手や簀の子、籠などの竹細工の店があった。もともと近隣の農家の農具を売っていたのだろう。店の前は鉄板暗渠となっている。
奥に見えるのは奥多摩街道が中央線を越える陸橋の欄干だ。少し先(西)にいけば、最初に紹介した池や石橋のあったエリアだ。流路がずいぶんと迂回してきたことを示している。
c0163001_9381831.jpg

水路は竹細工店の敷地内を経由した後、再び中央線沿いに戻り、未舗装の道端を南下して行く。そして、写真の青緑の柵のところで中央線を離れ、東に曲がり住宅地の中へと流れて行く。
c0163001_9382393.jpg

(以下次回)


[PR]
by tokyoriver | 2010-07-12 23:32 | 玉川上水とその支流 | Comments(7)
※今回は本文については2005年版の記事をベースに加筆修正しています。

六本木6丁目の南側、現在六本木ヒルズレジデンスが建っている一帯は、旧町名でいうと北日下窪町と麻布宮村町の境目にあたる。かつてこの一帯は谷底となっていて、湧水が各所でわき出し、細流が流れ出していた。再開発で六本木ヒルズが出来る前は、テレビ朝日通りから「玄碩坂(げんせきざか)」と呼ばれる急な坂が谷底まで下っていた。写真は1997年の玄碩坂の様子。
c0163001_23562869.jpg

周囲の地形は六本木ヒルズの造成で、跡形もなく改変され、玄碩坂が通っていたルートとだいたい同じ位置に「さくら坂」が通っている。坂の傾斜を緩やかにするためか、かなり盛り土がされているようだ。
c0163001_23563937.jpg

坂の西側~南側は急な斜面となっていて古い家屋が並び、風情のある石段がいくつか、宮村町の丘の上から下っていた。坂沿いの家や路地、駐車場にはあちこちに猫が見られた。これらの猫たちはどこに行ってしまったのだろう。写真は階段のひとつ(1997年撮影)。
c0163001_23565110.jpg

かつての風景のほとんどが失われた中で、さくら坂公園の西側の斜面に、下半分が埋まった階段が遺跡のようにひっそりと残っている。ブラタモリ最終回でも取り上げられていた。
c0163001_2357194.jpg


c0163001_00483.jpg坂沿いの一帯は字藪下と呼ばれていた。江戸時代より湧水による池が点在し、「岡場所」(私娼窟)があったという。かなり悪質なものだったらしく江戸後期、天保10年(1839年)にはぼったくられた久留米藩士達が取り壊しを行い、以後岡場所はなくなったというエピソードが残されている。一方入れ替わるように、江戸後期から下級武士たちの副業として、湧水池を利用した金魚養殖が始まった。明治初期の地図にはあちこちに湧水を利用した金魚の池が描かれている。左の地図は五千分の1地形図「東京府武蔵国麻布区永坂町及坂下町近傍(明治16年)」より。その下は現在の同じエリアをgooglemapから。

岡本かの子の1937年の短編「金魚撩乱」では、冒頭に界隈の風景が描写されている。

c0163001_001735.jpg
「崖の根を固めている一帯の竹藪の蔭から、じめじめした草叢があって、晩咲きの桜草や、早咲きの金蓮花が、小さい流れの岸まで、まだらに咲き続いている。小流れは谷窪から湧く自然の水で、復一のような金魚飼育商にとっては、第一に稼業の拠りどころにもなるものだった。その水を岐にひいて、七つ八つの金魚池があった。池は葭簾で覆ったのもあり、露出したのもあった。逞ましい水音を立てて、崖とは反対の道路の石垣の下を大溝が流れている。これは市中の汚水を集めて濁っている。」(「金魚撩乱」より)

再開発のときまで残っていた金魚店「原安太郎商店」は、ちょうど岡場所が取り壊された翌年の天保11年(1840年)創業で、「はらきんの釣り堀」として親しまれていた。金魚屋の主人は現在ヒルズに建つ高層マンションに住んでいるという。写真はかつて通り沿いに掲げられていたはらきんの看板。

はらきんの向かいの谷の南側斜面は、木の茂る大谷石の擁壁となっていて、崖下には湧水が流れ、側溝をせき止めた水たまりには金魚が泳いでいた。1991年に港区が刊行した書籍にはその写真が掲載されている。はっぴいえんどのドラマー兼作詞家であった松本隆の1972年刊行の単行本「風のくわるてっと」に収められたエッセイに、この湧水が描写されている。

「坂を下りおわったところに養魚場がある。ここでも水は渇いた石畳に叩きつけられる驟雨の叫びに似た音であたりをいっぱいにふくらましている。都市の近代化が置き忘れていったこの一画は、砂鉄が磁石によってある一点に引き寄せられるように、水の重いしずくのさやめきに満たされている。というのは、その先に行けば、やはり水に関するエピソードにぶつかることができるからである。ちょうど苔でぬめぬめと光っている石垣の下に、「湧き水を汚さないようにしましょう」と書かれた小さな立て札がたてかけてある。おまけにその綺麗な水の中には金魚まで放し飼いになっているのだ。何と風流な。きっと近所の人が世話を焼くのだろうなどと、つい道端にしゃがみ、その中を覗きこんで時間を潰してしまう。そこには都市の偶然や錯覚を許す余地の無い人為的な神秘がある。」(「ピーター・パンの街」より)

c0163001_23573460.jpg



道は六本木高校(旧城南高校)の崖下で、ほぼ平坦になる。現在は崖の反対側はヒルズの敷地となって開けているが、かつては塀に囲まれたやや殺伐とした風景だった。
c0163001_23574457.jpg

同じ場所の現在の様子。奥に見える5階建てほどのビルだけが、今も姿をとどめている。六本木高校の看板がある辺りの崖面からは、わずかであるが湧水が染み出して、道路の側溝に流れ出していた。かつて豊富だった湧水の痕跡なのだろう。
c0163001_23575658.jpg

薮下の谷が六本木交差点方面からのびる芋洗坂の谷とあわさる辺りの北側、六本木ヒルズの敷地内には、「毛利庭園」がある。かつてこの場所は窪地となっていて湧水池があった。江戸期には毛利家上屋敷となっていて、1702年には赤穂浪士のうち10名が預けられ、敷地内で切腹している。その後明治期には中央大学創始者の邸宅に、そして戦後はニッカウヰスキー東京工場の敷地となった。この時代に池は「ニッカ池」と呼ばれるようになり、1977年にテレビ朝日の敷地となったのちもニッカ池と呼ばれ続けていたが、近年では湧水はほとんど枯れていたようだ。六本木ヒルズが造成された際、ニッカ池は防護シートで覆われて「埋土保存」され、その上に新たにつくられたのが現在の毛利庭園の池だ。この池からの流れは特になかったようだ。
c0163001_2358698.jpg

薮下の湧水や養魚池、六本木方面からの谷やニッカ池のあたりの窪地からの水を集めた流れは、麻布十番を東に流れていた。現在も路地裏となって水路敷が残っている。ゴミがあったりしてだいぶ荒れた感じであはあるが、まぎれもなく川の跡である。古川(渋谷川)の下流域の別名として赤羽川という呼び名があるが、資料によってはこの麻布十番の流れを赤羽川と呼んでいる。
c0163001_23581688.jpg

流路は更に、先にとりあげたがま池(→こちらの記事)や宮村町からの流れ(→こちらの記事)もあわせて流れていた。流路の両岸はかつては「宮下町」という町名だった。現在の「麻布十番」という地名は江戸期の古川の拡張工事時のエピソードに由来する。
c0163001_23582867.jpg

流路跡の暗渠は途中でなくなってしまうが、旧宮下町と旧新網町の境目からはクランチ状( ̄|_型)に曲がって、以東は十番商店街の南側に沿っていわゆるドブ板状となっていながれており、昭和の初期には暗渠化されたという。ちょうど写真の歩道のところをかつて川が流れていた。
c0163001_23583845.jpg

麻布十番稲荷の敷地内の片隅には、麻布十番商店街の流路に架かっていた「網代橋」の欄干の柱石が特に説明もなく放置されている。境内にはがま池からの流れの項で紹介したガマガエルの伝承にちなむカエルの石像もある。写真は05年撮影だが、現在柱石の前には柱や柵が出来、ますますその存在は隅へと追いやられている。
c0163001_23585080.jpg

水路は一の橋のたもとで古川に合流していた。江戸時代には、橋のたもとから麻布十番商店街の方に向かって船運用の堀留があった。明治にはこの堀留は埋められたようだが、川の暗渠の方は現在でもその口を古川の護岸に開いている。断面がかまぼこ型をしており、昭和初期の暗渠化時の姿をとどめていると思われる。このあたりは感潮域で、満ち潮の時には暗渠内まで水が入り込んでいる。暗渠の口の横の護岸からは、湧水が染み出している。すぐ上は一の橋公園だ。
c0163001_23585932.jpg

「一の橋公園」の場所には、戦前までは銭湯「一の橋湯」と活動写真館「福宝館」があった。一の橋湯の前には水が吹き上げる井戸があって名水として知られ、銭湯にもこの水を使っていたという。現在公園には湧水を利用した噴水があるが、この自噴の井戸と同じ水源なのかもしれない。なお、2010年3月より、古川の川筋の地下に、洪水用の遊水地を建設する大規模な工事が始まり、一の橋公園は今後数年間、工事現場となり、立ち入ることができなくなっってしまった。噴水の湧水は工事で枯れてしまうのだろうか。
c0163001_23591098.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2010-03-31 00:15 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)
今回とりあげるのは、私の暗渠探訪のルーツのひとつである、「谷田川」と「谷田橋」だ。
~~~~~
上野飛鳥山台地の北東の崖下に位置する田端駅。高架の駅舎を出ると、田端駅前通りが台地を切り通しで横切り南西へと伸びている。切り通しを抜け、本郷台地との間の低地に出たところに「谷田橋交差点」がある。標識はないが、交差点には「谷田橋」の名を冠した薬局がある。ここで交差しているのが「谷田川通り」。昭和初期に暗渠化された谷田川の流路である。そして、この川に架かっていたが「谷田橋」だ。正確には現在の駅前通りではなく、数メートル西側、薬局の裏手にある旧道(薬局の右奥の白いビルとの間の道)の方に架かっていた。
c0163001_2336747.jpg


谷田川は、北区西ヶ原の旧外東京語大学敷地と豊島区駒込の染井霊園(ソメイヨシノ発祥の地)にあった長池を水源とし、上野飛鳥山台地と本郷台地との間の谷を南東に流れて上野の不忍池に注いでいた川だ。(不忍池からは更に忍川となって東京湾に注いでいた)。

かつては石神井川の流路だったが、その後石神井川は飛鳥山で台地を横切って低地に出る流路になった。これは谷沢川と九品仏川のような河川争奪だったとも、神田川の御茶ノ水界隈のような人工的な開削だったとも云われている。また、下流部では藍染川とも呼ばれていた。有名な谷中のへび道も藍染川の暗渠だ。(なお、大正中期に洪水対策としてつくられた、西日暮里で分岐し三河島方面へ抜ける排水路も藍染川と呼ばれていた)。川は大正後期から暗渠化が始まり、昭和初期にはほぼ全区間が暗渠となっている。

c0163001_23373368.jpg


谷田橋の架かっていた場所には今や何の痕跡もないが、交差点から少し駅方向に戻った田端八幡神社の参道に、谷田橋の欄干が保存されている。

c0163001_23383590.jpg


全長2メートルほどの石橋で、明治期につくられたもののようだ。昭和初期に、暗渠化の際に記念に移設されたという。キックボードに乗った小学生の女の子が颯爽とやってきて、橋のたもとで神社に手を合わせ、去って行った。彼女はこの橋に気がついているだろうか?

c0163001_23401618.jpg


参道のとなりには「赤紙仁王」が2体。1641年の造立とされる。もともとは神社の参道にあったが、明治時代の神仏分離策で、隣の東覚寺境内に移った。病気のある箇所に赤紙を貼って祈願し、治ったらわらじを奉納するという信仰があり、今でも時期によっては仁王像の表面が見えなくなるほど赤紙が貼られている。

c0163001_23411493.jpg


赤紙仁王の前から谷田橋交差点にかけては、現在区画整理事業が進行中で、風景が大きく変わりつつある。関東大震災後に計画され、終戦直後に起こった区画整理事業で途中まで建設されたものの、中途で挫折していた道路建設が、数年前から再開されたのだ(仁王像自体が、道路予定地のため場所を移動している。)。80年以上の歳月をかけて完成する道路に果たして意味はあるのだろうか・・・

~~~~~
幼少期から社会人になるまで過ごした町を横切る「谷田川通り」。日々の生活での通り道として、あるいは自転車で谷中・上野方面へ行くときのルートとして、幾度となく通ったこの通りがかつて川だったのを知ったのはいつの頃だろう。おそらく最初に聞いたのは祖父母の話からだったように思う。そして、小学校のときに学年の先生が中心となって編纂した、地域に昔から住む人からの聞き書き集では、様々な人が、この川について触れていた。
今では曲がり具合以外には何の面影もない道に秘められた、川の記憶。
今では失われてしまった、「故郷」の風景。
神社の片隅にひっそりと残る橋。道路の下に埋もれ、流れるかつての川。
そういったものへの思いが、その後の自分の川跡への興味へとつながっているような気がする。


[PR]
by tokyoriver | 2009-12-03 23:53 | その他のエリア | Comments(4)
東急大井町線下神明駅から少し北に歩いたところに、
暗渠とそこに架かる橋が残っている。
欄干には「古戸越橋」の名が刻まれている。


c0163001_23205148.jpg


ここに流れていたのは通称「古戸越川」。
戸越公園の池から流れ出し、品川用水の末流のひとつと
戸越銀座を流れていた川をあわせて目黒川に注いでいた。

戸越公園はもともとは江戸時代につくられた細川家の抱屋敷で、庭園の池の水を
得るために玉川上水から引かれた「戸越上水」が品川用水の前身。
そういう意味では古戸越川自体が品川用水の末支流のひとつといってよい。

品川用水は1950年代には廃止され、現在ほとんどその痕跡は残っていない。
橋が残っているのはここだけではないだろうか。

戸越公園からこの橋のあたりまではほぼ全区間暗渠が残っているが、
現在都道25号線の工事が進んでおり、かなりの部分が消滅してしまいそうだ。


[PR]
by tokyoriver | 2009-07-22 23:30 | 品川用水とその支流 | Comments(12)