人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

空川(2)一二郎池

空川の3つの水源のひとつ、一二郎池は、東京大学駒場キャンパスの東端にある。
三方を斜面に囲まれた典型的な谷戸地形の谷底に、細長い池が横たわっている。

かつては鬱蒼としてやや荒れた森に囲まれており、秘境のようだったが、
十数年ぶりに訪れてみると、ちょうど周囲を公園として整備中だった。
名称も学内の公募で、「駒場池(通称一二郎池)」となったようだ。



c0163001_21243248.jpg


谷頭側の薮が整備で切り払われ、谷頭から池が見えるようになっていた。池の中に見える橋は整備前からあったものだ。十数年前に訪れた時には、この橋の右側手前の斜面に土が露出しているところがあって、その割れ目から綺麗な水が湧き出していた。そして、谷頭は高原の湿地にあるような水生植物が茂っていた。ずいぶんと様子が様変わりしてしまったが、現在でも湧水は枯渇していないのだろうか。



c0163001_2125162.jpg


南側の、谷の出口側の様子はあまり以前と変わりなかった。池は土手によって谷を堰き止めてできているようで、もともとは川だったのだろう。土手を越えるとその南側にも窪地があり、東大の職員住宅が建っている。以前は空き地だったような記憶がある。この場所にも、古地図を見ると池が描かれている。この先、水路の痕跡はないが、かつて池から流れ出た水は、ここから井の頭線の下をくぐり、空川に合流していたようだ。




by tokyoriver | 2009-08-13 21:26 | 目黒川とその支流 | Comments(0)