人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

六本木、麻布十番、元麻布の川跡(2)旧麻布宮村町の湧水の流れ

麻布十番商店街の西端、そのすぐ先は六本木ヒルズのエリアとなる一角。最近ビルが取り壊され、真新しいアスファルトの敷かれた駐車場が広がっているが、その北側の崖の下に沿って、細長く伸びるコンクリートの敷地が姿を現している。これは、旧麻布宮村町の谷から流れ出ていた川の痕跡だ。前回とりあげた「がま池」からの小川もこの川に合流していた。今回はこの川を上流に遡っていこう。
c0163001_0281749.jpg

遡る、とはいっても、先の区間より上流部は、道路から離れていて住宅地の裏側を通っており、痕跡をみることはできない。平行して谷底を通る道路を、がま池のある西に向かって進む。次に流路が見られるのは、元麻布3-6。前回取り上げたがま池からの小川の痕跡の終点のすぐ近くだ。狸坂とちょうど対になる坂の袂に、小さな欄干がある(この写真は2005年撮影)。
c0163001_0282746.jpg

下を覗き込むと、大谷石の崖の下に沿って、西から澄んだ水が流れてきている。そう、ここは暗渠や川跡ではなく、現役の水路なのである。この水路をはじめて見たのは21年前(1989年)の夏だった。六本木のすぐそばの街中にこのような水路が残っていることに非常に驚いた。当時よりもやや水量は落ちたように思うが、現在でも健在なのはうれしいところだ。
c0163001_028374.jpg

水路に流れる湧水は勿体無いことに、欄干の下で下水に落ちている。水の音が絶え間なく響いている。
c0163001_0284768.jpg

上流側に進むと、住宅地の間に「元麻布三丁目緑地」がある。湧水を利用した流れと池は、メダカやアメンボ、水生植物などが生息するビオトープとなっていて、池は地元の小学生たちによって「宮村池」と名づけられている。5年前(2005年)に訪れたときには水が澄んでいたが、今回は流れ込む水量が少なくなっていて、水もよどんでいる。それでもメダカが群れをなし泳ぐ姿が見られた。
c0163001_0285718.jpg

宮村池の北側には、5年前には家が建っていた空き地を挟んで、大谷石の崖が見える。水面は見えないが、先ほどの水路はその下を流れている。崖の途中に窓のようなものがあるのは何だろうか。
c0163001_029733.jpg

13年前(1997年)に訪れたときには、宮村池の場所には木造家屋が何軒か並んでおり、その脇、元麻布3−5番地と3−6番地の境目の道路下からは、かなりの量の湧水が流れ出していた。明治後期の地図を見ると、この水路は道路を挟んだ元麻布3−5の長玄寺境内から流れ出ていたようだ。下の写真は当時の湧水の流出口。
c0163001_0292787.jpg

その後水路の流れる谷底はこの湧水地点以北が、再開発により低層の高級マンション群に変った。現在もかろうじて湧水口は残っているが、水量は激減している。下の写真が現在の流出口。
c0163001_0291616.jpg

かつては湧水は民家の敷地の端の水路を流れ、崖に突き当たったところで先ほどの崖下の小川に合流していた。写真ではわかりにくいが、水量は多く、水流もかなり早かった。写真は当時の水路。
c0163001_0295235.jpg

現在も水路自体は何とか残っているが、崖下まで流れつくほどの水量はないようだ。2005年の訪問時には、すぐそばのビオトープへは、この湧水ではなく崖下の本流の水を、パイプで導いていた。現在もその導水管はあるが、水は出ていなかった。崖下の湧水自体は枯渇していない様子なので、取水が上手くできていないのだろうか。
c0163001_029368.jpg

宮村坂を挟む谷間には2001年竣工の、低層の高級マンション群が並ぶ。外人の居住者が多いという。 
c0163001_030329.jpg

一帯は今でこそ綺麗に整備されているが、1997年に訪問した際は更地となっていて駐車場などに利用されており、大谷石の擁壁の崖下を流れる水路の周りには雑草が生い茂り、家具が捨てられていたりして荒涼感が漂っていた。2005年に再訪したときにはその変貌ぶりに目を疑ったものだ。
c0163001_0301326.jpg

マンション群の裏手、わずかに水路を確認できそうな場所から崖の下を見ると、水路は以前よりもむしろ綺麗になっていた。澄んだ湧水が更々と流れている。水がどこから湧き出しているのかは確認できない。
c0163001_0302354.jpg

宮村坂を登っていくと、マンション群の北端、道の舗装がアスファルト敷に戻る地点に、なぜか取り壊されずに残っている古そうな欄干がある。向かい(西側)の崖の下にも同じような欄干があり、もしかすると向かいの崖下からも細流が流れ出し、東側の崖下の小川に合流していたのかもしれない。
c0163001_0303494.jpg

次回はこの旧麻布宮村町の小川が合流していた、六本木ヒルズとなった谷、旧日下窪町藪下から麻布十番にかけての小川を取り上げる。

Commented by lotus62 at 2010-03-23 11:05 x
すごいエリアなんですね、ここ。まさかの湧水、まさかの欄干・・・。
ヒルズのすぐ近く、というコントラストもすごいです。
特に1~3枚目の場所は、すぐにでも見に行きたくなりました。
Commented by nama at 2010-03-23 11:33 x
21年前ってすごいですねww
六本木や麻布にはあまり行かないので、もはやこれがどこなんだかわかりませんが、湧水の音が聞けるなんて!ビオトープにメダカ!
夏にアイスでも食べながら行ってみようかな~、、などと考えました。(涼めますかねぇ・・・?)
Commented by 庵魚堂 at 2010-03-23 12:13 x
2003年の元麻布探検リポートです。
サイトを再構成する際に埋れたままになっていたのを発掘しました。(内容は古いまま)
ページ内にも書かれていますが、HONDAさんの紹介を聞いて行ってきました。
7月下旬という暑い時期にも関わらず、あちこち走り回って見てきました。(なんせ見所が多いので自然と足が早くなる)

http://tanken.life.coocan.jp/setagaya/azabu.html
Commented by リバーサイド at 2010-03-23 23:04 x
麻布も奥が深そうですね。
六本木ヒルズの近くながら、よく再開発もされず、残っているものだと感心してしまいました。(ヒルズ完成時には、バブルが終わっていたので助かったのかも)
Commented by tokyoriver at 2010-03-23 23:52
lotus62さん。
水路の方は今後もしばらくは消えることはなさそうですが、1枚目の場所はもしかすると今のうちに見ておいた方がいいかもしれません。
Commented by tokyoriver at 2010-03-23 23:53
namaさん。
涼むのはさすがにキビシイかと(笑)。晩夏に麻布十番納涼まつりとがま池とここのセットで訪問なんて、いいかもしれませんよ。各国大使館の屋台が出てます。
Commented by tokyoriver at 2010-03-23 23:56
庵魚堂さん。
うわぁ、懐かしい記事ですね。そうそう、庵魚堂さんのところの掲示板でここの話を書き込んだこと、思い出しました。ベロタクシーは今でも走ってるんでしょうかねえ。
Commented by tokyoriver at 2010-03-24 07:35
リバーサイドさん。
麻布界隈は意外とまだ古い風景が残っています。本村小学校そばの釣り堀「衆楽園」なんかもタモリ倶楽部などでも取り上げられたりして有名ですね。
Commented by ABBY at 2012-03-16 03:07 x
みちくさ学会の青山橋の記事、拝見させていただきました。
ありがとうございました。
六本木にある公立中学校での同級生と結婚しているのですが、
その主人は子供の頃あの橋で遊んでいたようです。
それで思い出したのですが、一の橋の麻布十番4丁目と小山町の境にある新広尾公園の小山橋の隣に、ちいさな橋があったのをご存じないですか?もし既出でしたら申し訳ありません。
付近の住人がまな板をつなげて作った橋だから「まな板橋」というのだと、小山町の友人は言っていました。
この橋も主人は子供の頃遊び場所にしていたようです(笑)
今思えば20年くらい前でしょうか、公園を新しくしたときにこの橋もなくなった気がします。


さてこの宮村の記事ですが、この下から4番めの写真の場所に住んでいました。
もちろんマンションができる前の駐車場になるさらに前のことです。
記憶の中に、マンションの裏に湧き水が流れていた風景がいつも浮かびます。
この角には、木造の小さな魚屋さんがありました。
この付近に最後まで残っていた木造3軒と三巴マンションも、昨年すべてなくなってしまいましたね・・・
Commented by tokyoriver at 2012-03-16 23:39
ABBYさん。
貴重なお話、ありがとうございます。通れなくなった青山橋も、近所の子供達の遊び場として役に立っていていたのですね。「まな板橋」は知りませんでした。そして、宮村町のあの場所に住まれていたとは!魚屋さんは十数年前はまだあったような気がします。
by tokyoriver | 2010-03-23 00:54 | 渋谷川とその支流 | Comments(10)