人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

白子川上流部ー地下水堆とシマッポー(1)新川南支流

白子川は練馬区、板橋区、そして一部が埼玉県和光市を流れる、荒川の支流「新河岸川」の更に支流の川だ。源流は、西武池袋線大泉学園駅の南西約1km、練馬区東大泉7の大泉井頭公園の湧水。練馬区内北西部を北東に流れ、更に板橋区と和光市の境(東京都と埼玉県の県境)に沿って進み、板橋区の北西端である三園で新河岸川に合流する。石神井川、神田川、渋谷川、目黒川などとならぶ、武蔵野台地を流れる代表的な中小河川のひとつだ。

1980年代前半までは都内の河川の汚染ワースト1だったが、現在では下水道の普及や流域住民・行政の努力で、清流が取り戻されていること、沿岸の崖線に沿って湧水が数多く残されていることなど、興味を惹かれる部分も多く、あまり馴染みや土地勘のないエリアではあるが訪ねてみたい川のひとつだった。

今回、白子川の源流部と、そこにつながる2つの川の暗渠を辿ってみた。かなり面白かったものの記事にするには延々と蓋暗渠が続き、やや単調になるかなと思っていたのだが、その後これらの川を調べていくと「地下水堆」と「シマッポ」という興味深いキーワードが出て来たので、それらと絡めて紹介したい。

今回辿った2つの川のひとつは、白子川源流の大泉井頭公園から更に上流部に向かって伸びる、いわば白子川の幻の源流ともいうべき「新川」(上保谷のシマッポ)。そしてもうひとつは、大泉井頭公園から1.2kmほど下ったところで合流している「大泉堀」(下保谷のシマッポ)。いずれもその全て、もしくはほとんどの区間が暗渠化されている。

流路のイメージがつくよう、googlemapにプロットしたものを作成したのでご参照を。また、白子川、新川、大泉堀の流路については、都内北部〜西部の川や暗渠のレファレンスサイトといえる「東京西北部の中小河川」が簡潔かつ詳しいのでそちらもご参照を。

主な参考文献としては、「白子川を知っていますかー水辺再生に向けて」(白子川汚染対策協議会、1994年刊)や古地図、「みどりと水の練馬」(練馬区土木部公園緑地課、1990年刊)「田無市史」(1995年刊)「保谷市史」(1988年刊)など。なお、田無市と保谷市は現在合併して西東京市となっている。

まずは、白子川の上流部「新川」(上保谷のシマッポ)から辿ってみよう。新川の上流部は2つに分かれている。西東京市(旧田無市)谷戸町1丁目に発する北側の流れと、そこから南に500mほど下った北原町3丁目から発する南側の流れ。いずれも、西武新宿線田無駅と西武池袋線ひばりヶ丘駅を結ぶ谷戸新道沿いから流れ出し、すぐ西側には東大農場の広大な敷地がある。最初に南側の流れを源流から辿ってみる。

=====
田無駅から谷戸新道を北北東に進むこと1km。道路がわずかな窪地を通過する地点の西側に、住宅街の隙間を抜ける細い路地があり、その中央にひっそりと、細いコンクリート蓋暗渠が伸びている。これが現在確認できる新川の最上流端だ。写真は暗渠の開始地点から下流側(東)をみたところ。後ろは東大農場で、かつては農場の構内まで水路が延びていたという話もあるようだ。
c0163001_23435318.jpg

蓋暗渠の開始地点を隙間から覗くと、塩化ビニール管が接続されていて、わずかにちょろちょろと水が流れ込んでいる。蓋が柵になっている場所が何カ所かあったが、川底は土で、水は流れるというより地面にしみ込んでいるようだ。
c0163001_2344748.jpg

谷戸新道を反対側(東)に渡ると、道路に沿って細いコンクリート蓋暗渠がジグザグと続いている。ところどころ、蓋だけは新しくなっているところがあるものの、水路はかなり老朽化している。中はところどころ汚水が溜まっていて、流れてはいない様子。
c0163001_23442257.jpg

暗渠は都営田無北原町アパートの南側を回りこんだのち、細い路地の真ん中を東に進む。暗渠沿いは土が露出し、花壇もあったりしていい雰囲気だ。通る人も意外と多いようだ。
c0163001_23443416.jpg

暗渠は田無第2中学校前の通りに突き当たると、直角に曲がって道沿いを北上する。真新しい蓋が続いた後途中で蓋が消滅しただの歩道となってしまうが、しばらく進んでいくと再び古びたコンクリート蓋暗渠が現れる。
c0163001_23444563.jpg

田無第2中学校の正門前で、東に伸びる暗渠が分かれる。道沿いの暗渠も更に北へのびているが、こちらが本流のようだ。両側を塀に囲まれ本来なら殺風景なのだろうが、ハナダイコンが咲き乱れていて、花園へと誘う暗渠のよう。奥へ進んでいくと、住宅の塀のところで行き止まりとなる。ここはちょうど旧田無市と旧保谷市の境目となっている。
c0163001_23445736.jpg

通り抜けられないので、北へ延びる暗渠のほうから回りこんでいく。コチラの暗渠は中学校北東側の、商店の密集したエリアで消えている。旧字名を上宿といい古くからあった集落のようだ。1本の通りに沿った商店街ではなく、何本かの路地に沿って店が並んでいるのが不思議な感じがする。このエリアを南側に回り込むと、ハナダイコンの暗渠の続きが住宅地の中から現れる。蓋の幅がずいぶんと広くなっている。わずかな区間だが道路沿いを流れる。短いが桜並木があって、川が姿を見せて流れていた頃の風景を想像させる。
c0163001_23451046.jpg

桜の木の幹をよけるためか、蓋がずれているのが面白い。
c0163001_23453871.jpg

しばらく進むと橋の痕跡が出現する。
c0163001_23455015.jpg

そのすぐ先、鉄柵の向こうに突然開渠区間が現れる。水路の幅は蓋の幅よりも狭いことがここで判る。
c0163001_2346178.jpg

水路には水は流れていないが、護岸を補強するような、真新しい構造物が作られている。これから蓋を閉めるための準備なのだろうか、それとも単なる補強なのだろうか。水路沿いを進むことは出来なさそうなので、道を東側に回りこんでみる。
c0163001_2346136.jpg

反対側に回り込むと、よくある梁を渡したコンクリート水路となっていた。この地点の東側から再びコンクリート蓋暗渠となる。
c0163001_23463131.jpg

暗渠は道沿いにしばらく流れた後、住宅地の中へと北上していく。この区間から一段低くなっている。
c0163001_23464210.jpg

数メートルおきに暗渠の蓋が鉄柵となっているところがあり、中を覗くと何と水が流れている。川底は土で、水は澄んでいて、臭いも特にない。かつては下水道代わりに使われ悪臭が漂っていたようだが、現在は下水が整備されており、基本的には暗渠には流れ込んでいないはずだ。ではここに流れる水は何なのだろう。
c0163001_23465215.jpg

実はこの近辺、泉町(旧保谷市)から谷戸町1丁目(旧田無市)〜東大農場にかけては、地下水位が地表から2〜3mと浅くなっており、特に窪地ではかつては地下水位が0.5m程度と非常に浅かったという。これは、地下水が凸レンズ状に盛り上がっている「地下水堆」に拠るものだ。新川の2本の流れはまさにその「上宿地下水堆」の真上の窪地を通っている。
そして新川はもともと、常に水の流れている川だったというわけではなく、雨の後などにこの地下水堆の水位が上がり地上に湧き水として溢れ出した時にその水が流れる、いわゆる悪水路だったという。保谷地域ではそのような水路を「シマッポ」と呼んでいる。戦前の調査によれば、シマッポは幅1m、深さ50cm程度の空堀だったという。
地下水位は戦後、宅地化や工場の進出に伴う地下水の過剰な汲み上げで低下したものの、現在ではかなり回復しているそうだ。新川の水路は覗きこんだ限りでは地上から大人の背丈ほどは掘り下げてあるように見える。とすると、川底が「地下水堆」に達している地点もあり、今流れている水はそこから滲み出している水だという可能性があるのではないだろうか。現在新川は雨水排水路として扱われているようだが、そんな水も混ざっているかもしれないと考えるとなかなか面白い。

新川の南側の流れは、泉町2-12で、谷戸町1丁目から流れ出している北側の流れと合流する。こちらもまさにその地下水堆に関係する「谷戸」からの流れだ。そして、この合流点の北側には、かつて、地下水堆が地上に姿を現し池となっていた「マツバ池」があったという。写真右奥から新川南側支流、手前から新川北側支流、そして合流後は左へ流れている。
(以下次回)
c0163001_234726.jpg


Commented by lotus62 at 2010-04-08 12:04 x
地下水堆。初めてききました!
きれいな地下水が地表に現れたり隠れたり、想像するとすごくおもしろい現象ですね。
ハナダイコン暗渠にはヤラレましたwここだけも見に行きたくなりましたーww
Commented by 庵魚堂 at 2010-04-08 13:07 x
ちゃんと見るのは初めてのエリアですが、ちょっとした既視感を覚えました。
単なる錯覚ではなくて、数年前まで世田谷界隈に残っていた構造によく似たものがいくつか‥‥。
不思議なもので、単純に辺遠地(失礼)に行けば残っているというものでもないんですよね。
それにしても「シマッポ」の語源が気になります。語感が可愛らしくていいですけど。
Commented by tokyoriver at 2010-04-08 23:25
lotus62さん。
地下水も文字通りアンダーグラウンドに別の地理空間が広がっていて、奥が深そうです。ハナダイコンは今の季節ならではですよね!
Commented by tokyoriver at 2010-04-08 23:29
庵魚堂さん。
言われてみれば確かに、ちょっと前の世田谷西部などを思い起こさせるかもしれませんね。「シマッポ」の語源、何なんでしょうね〜?
Commented by 猫またぎ at 2010-04-09 15:25 x
初めてコメントしますが、ここはつい昨日行ってきました。
コンクリート蓋が延々と何kmも続く暗渠は23区内にはありませんよね。コンクリート蓋の合流地点もちょっと興奮しました。
Commented by nama at 2010-04-09 15:26 x
こんにちは。地下水堆、って、かなり面白いですねえ。そのための空堀なんてのもあるのですねえ。すんごい勉強になります。他の場所にもないか、調べたくなっちゃいます。
ここらへんの、コンクリ蓋もけっこう楽しめますね。東伏見にある「のんびり温泉」という銭湯に行ってみたかったことを思い出しました。
Commented by tokyoriver at 2010-04-09 23:08
猫またぎさん。
初めまして。緑道ではなくコンクリート蓋がずっと続いている暗渠、確かに23区内だと谷沢川くらいでしょうかね。ここの暗渠は水路にそのまま蓋をしただけな感じがいいですね。
Commented by tokyoriver at 2010-04-09 23:10
namaさん。
仙川の上流部なんかも、似たような生い立ちのような気がします。それこそふだんは全然水が流れていない空堀状態です。「のんびり温泉」知りませんでした。名前がいいですね。
Commented by やっとマン at 2013-10-09 20:35 x
はじめまして。10年前に練馬区から西東京市谷戸町に越してきたやっとマンと申します。近所の暗渠があの白子川の源流だったとは! つぶさなフィールドワークにも脱帽です。
Commented by tokyoriver at 2013-10-09 22:41
やっとマンさま。
はじめまして。コメントありがとうございます。ちょうどこの記事のあたりにお住まいなのでしょうか。暗渠が途中で途切れてしまっているのでなかなか白子川に繋がっているとは気づきにくいと思います。
Commented by higetti at 2014-12-20 13:12 x
保谷町5丁目に住んで30年間、毎日のように北原3丁目の暗渠の上を歩いておりましたが、ブログを拝見しましてまさに目からうろこでした。詳細な調査に拍手喝采、
まさに脱帽です。
Commented by tokyoriver at 2014-12-21 10:59
higettiさま。
コメントありがとうございます。日頃何気なく通っている場所がどこかに繋がっているということが判るのは面白いですよね。そんなことを愉しみに、記事を綴っています。
Commented by morinomi-shinbun at 2015-11-08 22:02
西東京市ひばりが丘に住んでいます。たまたま書店で『東京人』を手にし、このブログにたどり着きました。8年ほど前に引っ越してきた新住民のためか“シマッポ”という名前は初めて知りました。新川北側支流の最上流地点という谷戸小学校のあたりをよく通るのですが、大雨のあと学校の門のあたりから大量の水が流れます。最初に見たときは水道管が破裂でもしたのかと思い、びっくりしました。どこからともなく学校の門のあたりから水が出て歩道が川のようになり、車道脇の側溝に流れ込むのです。雨がやんでも一週間くらい水が出つづけ、ここの歩道は水浸しになります。どうしてこんなことになるのか疑問でしたが、『東京人』の記事を読み、納得がいきました。
ひばりケ丘に来る前に成増に住んでいたので、兎月園の記事もとても興味深く読ませていただきました。
暗渠散策から地域の歴史にまで深く掘り下げる取材力に脱帽です。とても面白かったです。
Commented by tokyoriver at 2015-11-10 23:34
morinomi-shinbunさま。
東京人の記事をお読みいただきありがとうございます。わざわざブログまで探してくださり、嬉しい限りです。そして谷戸小学校のお話についても、非常に貴重な証言ありがとうございます。。谷戸新道が改修される前は谷戸小学校の前に窪地があり、水が時折湧き出ていたそうなのですが、現在でも水が出ているとは驚きです。
by tokyoriver | 2010-04-08 00:06 | 白子川とその支流 | Comments(14)