人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

矢川(2)矢川緑地からおんだしまで

前回に引き続き、矢川緑地保全地域より下流側の矢川を辿って行こう。

みのわ通りを越え、矢川緑地に入る矢川。すぐ北側は住宅地となっている。ここに暮らす人たちは目の前が前回紹介した湿地ということになる。
c0163001_23384646.jpg

川は深緑の中を抜けていく。
c0163001_2338584.jpg

保全地域の北側、矢川から少し離れたところにも別の小さな湿地があり、湧水が流れ出している。
c0163001_23391631.jpg

流れ出す川。水量は多い。こちらもすぐ北側には普通の住宅地が隣接している。
c0163001_23392970.jpg

水は澄み切っており、さらさらと流れていく。 
c0163001_23394061.jpg

しばらく流れた後、写真奥の突き当たりで右側(西側)から流れて来た矢川本流に合流している。
c0163001_23395076.jpg

緑地を出た直後の矢川。そこはかとなくワイルド。
c0163001_2340170.jpg

道路に沿って流れて行く。このあたりは穏やか。緑が川面にせり出している。
c0163001_23401057.jpg

水面では、あちこちに魚が泳いでいる。すばしっこいうえ、保護色になっているのでなかなか写真に撮れなかった。下の写真には水底に黒い影を落とす2匹の姿が見えるが、実際にはもっと沢山いる。
c0163001_2341045.jpg

国立第6小学校を西側から南側に沿って。この一角は小学校の敷地らしい。右岸には水を引き込んだ小さな池もある。子供たちが網を持って水遊びをしていた。
c0163001_2341963.jpg

小学校の南側。ホタルが棲んでいるとの標識があった。
c0163001_23412255.jpg

この辺りでは護岸はつくられているものの柵はなく、川の存在は身近だ。川沿いの個人宅専用の橋が並ぶ。
c0163001_23413295.jpg

それらの個人橋のたもとには必ずといってよいほど洗い場があった。
c0163001_23414150.jpg

奥多摩街道を越えると川は深くなる。いよいよ青柳段丘を浸食しながら下り始める。矢川沿いにときおり見られる玉石の護岸は昭和初期に多摩川から運んで来たらしい。左岸にある保育園では夏場、この流れに下り水遊びをするとか。先の小学校にしても、綺麗な水の流れる川が子供たちの日常の中にあるのはうらやましい。
c0163001_23415081.jpg

滝乃川学園の森の中、青柳段丘の崖線を下って行く。写真には木の生えた中島が見える。護岸もなく自然のままの姿だ。滝乃川学園は日本最初の知的障害児者の社会福祉施設として1891年に創設され、1928年に北区滝野川からこの地に移転してきたという。本館は国の登録文化財となっている。
c0163001_23422187.jpg

すぐ近くには「東京都水道局谷保2号水源」があった。青柳段丘の下の帯水層から水をくみ上げているのだろう。
c0163001_23423347.jpg

矢川が滝乃川学園の敷地を南側に抜けると、段丘の下を東に流れる、府中用水の谷保方面への支流に合流して終わる。合流地点は「矢川おんだし」と呼ばれている。写真右側の流れが矢川、左側の流れは青柳段丘の崖線下に湧き出している「ママ下湧水群」から流れてくる清水川だ。水温が最も高い府中用水と、湧水が水源だがしばらく流れて来たことでやや水温の高い矢川、そして、湧水からすぐに流れ込むため最も水温の低い清水川という、3種類の温度の川の水がここで混じり合っており、それぞれに棲む水生生物もここまで来るため、様々な水生生物が見られるという。
c0163001_23424494.jpg

府中用水は5月中旬から9月下旬までしか多摩川からの水が入らないのだが、谷保方面の支流には矢川と清水川の水が流れ込むため、矢川おんだしより下流は通年水が流れている(さらにここより下流では谷保天満宮付近の湧水もいくつも流れ込んでいる)。ちょうど多摩川の水を通水し始めたばかりでいよいよ水田に水が引き込まれる直前のためか、水量は非常に多い。水路は水をたっぷりとたたえてかなりの早さで流れている。ここも川沿いには縁石があるだけで水面と路面の高低差もほとんどなく、水の流れがとても身近に感じられる。
c0163001_23425315.jpg

府中用水も面白そうだが、あまりにも水路が多岐にわたるため、その全貌を捉えるにはなかなか時間がかかりそうだ。

Commented by nama at 2010-06-28 10:00 x
先週、国立からどこへさんぽにいこうか迷いましたが、谷保を歩きました!HONDAさんの地図を見るとおそらく同じ水路は歩いていないんですが、

>川沿いには縁石があるだけで水面と路面の高低差もほとんどなく、水の流れがとても身近に感じられる。

これとまったく同じ感想を持ちましたw 違う場所のはずなのに、同じような写真になっているものもあります。いま書いている松本の記事が終わったら、谷保のことを書こうかと思うんですが、そんなに語彙があるほうじゃないんで、似たような表現になってしまったらお許しくださいね。。
Commented by リバーサイド at 2010-06-28 21:34 x
どの写真を見ても、東京都内って思えません。
まだ多摩の河川は野川・仙川・玉川上水しか歩いていませんが、
多摩の河川沿いにはこんな雰囲気があるところ多いですね。
通勤は大変かもしれませんが、週末はのんびりできそうで
いつも羨ましく思っちゃいます。

洗い場でスイカを冷やしたら、美味しそうですね。
Commented by 庵魚堂 at 2010-06-29 21:18 x
おっと撤去されてますね、洗濯機。(urlをご参照)

こうした現役の水路沿いでは、「不法占拠はやめよう」という風潮が静かに広がっています。
自分ちの洗い場に洗濯機を置くのは不法じゃない気がするんですが、まあこの昨今では風当たりが強いのかもしれませんね。

府中用水は面白いですよ。農繁期と農閑期で様相ががらっと変わりますし。
わたしもピーク時にはほぼ毎週通いました。でも一向に完全攻略はできません。(決して諦めちゃったわけではなくて休止中です休止中)
Commented by tokyoriver at 2010-06-29 23:44
namaさん。
谷保だと、天満宮の湧水が府中用水の支流に注ぎ込んでますね。あのあたりも水が近いですよね。実はこの日は谷保の湧水群の水をスタートに、矢川源流に行き着く行程でした。表現はぜんぜん気にしてませんので、お気遣いなく。
Commented by tokyoriver at 2010-06-29 23:45
リバーサイドさん。
国分寺とか国立、立川あたりは、ちょっと駅から離れるといい景色が残ってますよね。でもそういったエリアでもだんだんと開発が進んでいるようで、いつまで残っていることやら。洗い場のスイカ、いいですね~!夏の夕涼みに、個人橋の上に腰掛けながら食べたら気持ちいいでしょうね~
Commented by tokyoriver at 2010-06-29 23:49
庵魚堂さん。
おっと、おんなじ場所、撮ってますね。その1枚前も。以前取り上げた本郷菊坂と同じ8mm映画のロケで谷保〜城山の水辺を使ったのですが、今回21年ぶりに訪れて初めてあの用水路が府中用水だと知りました。で、偶然行き着いた国立市の郷土文化館で府中用水の資料を入手したのですが、あれ、完全攻略は至難の業かもしれませんね・・・
Commented by てつろう at 2014-10-02 23:30 x
矢川から自転車で15分くらいの場所に住んでますが、近所にこんな美しい風景があったんですね。良い写真を見させていただきました。
矢川の府中用水合流地点を下った中央高速高架下で昔はよく魚取りをしていました。今でも魚は結構いるみたいです。
Commented by tokyoriver at 2014-10-07 23:02
てつろうさん。
コメントありがとうございます。住宅地の中にぽっかりと湿地がある様はなかなか不思議です。府中用水もこの辺りは風情がありますよね。
by tokyoriver | 2010-06-28 00:02 | 多摩川の支流 | Comments(8)