人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

練馬駅北側の2つの暗渠(2)石神井川豊島弁財天支流(仮称)

前回に続き、「練馬白山神社支流(仮称)」のすぐ近くで石神井川に合流していた「豊島弁財天支流(仮称)」を、こんどは上流に向かって辿ってみよう。こちらの仮称は源流地点にある弁天様の名前からとった。今回の流路についても、猫またぎさんの「暗渠徘徊の日々」でもとりあげられていて被っているが、辿った向きが逆ということでご容赦を。

「豊島弁財天支流(仮称)」の石神井川への合流地点ははっきりしないが、1960年刊行の「東京都市計画図・練馬区」には、中央大学運動場(現・練馬総合運動場)と「中大グランド」(現・練馬2丁目アパート)の間を北西に、ほぼ直線状に抜けて東中央橋付近で石神井川に合流する水路が、波線で描かれている。最近この区間には練馬駅方面から抜けてくる道路が開通し、そのためか合流部付近の川の痕跡はみあたらない。
この近辺の石神井川流域は、大正末期から昭和初期にかけ、耕地整理事業が行われた。これはちょうど用賀の谷沢川上流域などと同じ時期にあたる。石神井川の流れは蛇行の直線化や流路の整理といった改修が行われ、沿岸の農地も区画を区切って道路整備がされた。(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。
c0163001_2345667.jpg

川跡がはっきりするのは、運動場の南側の角から上流側だ。崖の下に蛇行した道が通っている。
c0163001_23451083.jpg

しばらく進むと、道幅は中途半端な広さとなり、ガードつきの歩道が片側に現れる。バイクなどが止められていて、歩道としての用をなしていない。写真には写っていないが、バイクの下には猫がたむろしていた。
c0163001_23451371.jpg

こちらの川跡の東側にも並行して傍流の暗渠が残っている。ふたつの暗渠にはさまれた幅20mほどの細長い谷底の土地は、ご他聞に漏れずかつて水田だった。東側の暗渠の方がやや高いところを通っており、こちらが水田に水を引き入れる水路だったのだろう。それゆえ、こちら側の水路が先に消滅したようだ。
c0163001_23451752.jpg

西側の川跡に戻って遡っていくと、やがて暗渠らしい、くすんだコンクリートにパイプの突き出した擁壁が現れる。
c0163001_23452079.jpg

暗渠はだんだん狭くなっていく。排水管が露出し、車止めもある。
c0163001_23452355.jpg

さらに進んでいくと、峡谷とでも呼びたくなる細い路地となった。路上は苔むしていて、湿度が高そうだ。カーブしていて先が見えない。
c0163001_23452773.jpg

そして、暗渠は突然に、行き止まりとなる。三方をコンクリートの壁やブロック塀に囲まれ、正面の壁の上には社が見える。源流に弁財天があることは知っていたが、まさかこのようなかたちで急に行き止まりになっているとは思いもよらず、意表をつかれる。
しかも、ここでカメラの電池が切れてしまった・・・
c0163001_23453163.jpg

ここからは携帯電話のカメラでの撮影となる。こちらも電池が危うく、解像度の低い画像での撮影となったなので、画像が粗くなってしまっているがご容赦を。

行き止まりの暗渠をわずかに引き返すと、左岸側からコンクリート蓋の細い排水溝のある路地が合流している。この路地も、猫またぎさんの記事でも取り上げられている。ここから谷を脱出することにする。S字を描く坂道を登りきると、台地上の住宅地に出た。
c0163001_23453443.jpg

先ほど見えた社を探すと、飲み屋の脇にこんな入口があった。
c0163001_23453949.jpg

排気ダクトの並ぶ怪しい路地を抜けるとぽっかりと空間が開け、鳥居の先に社があった。弁財天だ。鳥居の下には小さな石橋がある。弁財天につきものの池の名残なのだろうか。
c0163001_23454324.jpg

社の中には、小さな石造りの祠が祀られていた。扉は閉ざされていて弁天像は確認できない。道端にでもありそうな小さな祠だが、真新しい榊が供えられていて、現在でも信仰されていることがわかる。
c0163001_23454678.jpg

社の裏手に回りこむと、ブロック塀の向こう側に、先ほどの行き止まりの暗渠が見える。弁財天の由来、そして、ここからどのように川が流れ出ていたのか、区史などいわばメジャーな資料をあたった限りではわからなかった。戦前の地図には現在と同じ場所に神社マークがみられることから、比較的古くからあったのだろうか。終戦直後の空中写真では先ほどの路地を囲むように木々が茂っていて、少し北側には池のような小さな黒い斑点が写っている。
弁財天があることを考えると池があってそこから流れ出していたと考えるのがふつうだが、そうだとすると暗渠と弁財天のある場所との落差がよくわからない。滝でもあったのか、崖の下から水が湧き出していたのか。。。
いずれにしても今の地形から、かつての姿を想像することは難しい。
c0163001_23455074.jpg

かつて小さな森だった弁財天の周りは、今では生活感のにじみ出るアパートや住宅に囲まれている。脇のアパートを見上げる。猫またぎさんの撮られた写真では枯れていた蔦が、葉を方々に茂らせている。
c0163001_0195792.jpg

入口を振り返る。狭い路地には排気ダクトのパイプが宙を走り、石畳を挟むようにエアコンの室外機が並んでいて、弁天様の参道とは思えない。
c0163001_23455458.jpg

弁財天を囲む不思議な空間を出て、すぐわきの弁天通り商店街を練馬駅方面へと向かう。豊島弁財天からその名をとったであろう商店街には、イラストの描かれたペナントが掲げられている。
そこに描かれた弁天様の笑顔から、先の祠とそれを取り巻く空間はとても想像できない。あの小さな祠の扉の中には、果たしてにこやかな弁財天像が鎮座していたのだろうか。
c0163001_2346769.jpg

Commented by 猫またぎ at 2010-10-13 19:27 x
いやー、面白いですねぇ!
やっぱり自分とかなり視点が違います。
結構重要なところを見逃していたようです、というか、私はそういう人なのですが(笑)。
例えば私は祠の中には全く目を向けていませんでしたね。

自分が訪問したところの、ほかの方の訪問記っておもしろいんだなぁと、今回強く感じました。
拙ブログ開設以来、ほかの方が訪問されている暗渠の報告は何となく控えていましたが、解禁してみようかなぁ、とちょっと思ってしまいました。
Commented by WeekendOutdoors at 2010-10-13 22:09 x
こんにちは。

今回も、びっくり。
長年住んでいた場所に、こんな世界が広がっていたとは。(今は両親が住んでいます、江古田川の方に引っ越しましたが)
確かに子供の頃、ここいらは暗くて、ちょっと近寄りがたいところがありましたっけ...

今度帰省したら、行ってみようと思いました。
Commented by tokyoriver at 2010-10-13 23:48
猫またぎさん。
楽しんでいただけたようで、よかった。同じ場所の記事でも、当然ながらひとによって目のつけどころが少しずつ違っていて、いろいろと発見がありますよね。ぜひ解禁してください!
Commented by tokyoriver at 2010-10-13 23:51
WeekendOutdoorsさん。
馴染み親しんだ場所でも、意外とすっぽりと抜けているエリアって、あるのかもしれませんね。そして、川の視点からみることで同じ場所でもまた違って見えたりするのこともあるのではと思います。
Commented by WeekendOutdoors at 2010-10-17 23:22 x
今日(10/17)、実家(練馬)に行ったついでに前回の(1)とこの(2)を歩いてみました。
特に(2)は、小生の中学校の通学路のすぐそば。
弁財天にも初めて入ってみました。
子供の頃は何故か怖くて、近寄らなかったのですが、大人(オヤジ)になると、平気。

父親に聞いてみると、父親が上京してきた、昭和30年頃には中大グラウンドのあたりを残して、暗渠になっていたはず、とのこと。(記憶なので、不確かなところはあろうかと)

記憶が中学生時代に戻ったひと時ではありました。
ありがとうございました。
Commented by tokyoriver at 2010-10-18 23:08
WeekendOutdoorsさん。
行かれたのですね。記憶の手がかりになったようならよかったです。
お父様の貴重な証言も、ありがとうございました。
Commented at 2014-10-08 02:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-08 23:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tokyoriver | 2010-10-13 00:31 | 石神井川とその支流 | Comments(8)