人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

「妙正寺川天沼本村支流(仮称)」の暗渠を辿る(3)

妙正寺川天沼本村支流を辿る3回目は、最上流部。前回の最後、三峯神社わきから再び現れた川跡の路地は、ほぼ平坦な住宅地の中を抜けていく。

マンホールや雨水枡が無造作に並んでいる。
c0163001_12203554.jpg

両側をコンクリート板塀に囲まれた、回廊のような空間。
c0163001_12204213.jpg

ライオンがマンホールの見張り番。
c0163001_12204679.jpg

車止めは赤い逆U字型のもの。脇の家の大谷石の壁はコンクリート板塀とは連続していない。川沿いの塀は川が流れていたときはおそらく必要なかったはずで、暗渠化されたときに、あらためて板塀を設けたのではないか。
c0163001_12205066.jpg

天沼稲荷神社の裏手で川跡の路地は終ってしまう。稲荷神社は天沼本村の鎮守社で、いわば村の中核だった神社だ。

1936年測図の三千分の一地形図天沼には、天沼稲荷神社の裏側、写真左側の住宅地のところに池が描かれている。前回記した通り、「杉並とその周辺の昔話」によれば池がは大正頃まで先の三峯神社のところにあったとされているが、地図が間違いでないとすると2つ池があったのか、それとも三峯神社の池がなくなったのちに更に上流部に池がつくられたのか、あるいは三峯神社というのが記憶違いだったのだろうか。さらに、いわゆる「天沼本村池」がどちらの池を指していたのだろうか。地形的にはなかなか判断できないエリアだけに、真相が気になるところだ。
c0163001_12205522.jpg

川跡の終点から西側を望む。1950年代の1万分の1地形図には、この道沿いに更に西に水路が描かれているが、路上に痕跡はない。
c0163001_12205926.jpg

天沼稲荷神社の周囲を探ってみると、神社の南西側に、コンクリート蓋の細い暗渠が見つかった。
c0163001_1221393.jpg

蓋沿いには土の地面が残っていて、苔や木が生え、なかなかいい雰囲気だ。
c0163001_1221856.jpg

しばらく進むと蓋沿いはアスファルトで固められてしまった。紅葉した落ち葉が降り積もり色鮮やか。
c0163001_12211361.jpg

かくっと左(南)へ曲がる。
c0163001_12211785.jpg

まっすぐ。暗渠ギリギリまで建物がないのがいい。
c0163001_12212133.jpg

さらにかくっと右(西)へ。つまり、クランク状にながれているわけだ。曲がり角がいやに湿っぽい。
c0163001_12212582.jpg

ふたたびまっすぐ。先に見える青い自動販売機のところで蓋暗渠は終っている。
c0163001_12212980.jpg

出て来た道路をよく見ると、写真左上に見える青い自販機の暗渠出口の向いの駐車場に、怪しい排水溝と中途半端な位置の車止めがあった。ここを更にクランク状に流れて、手前の道を右に進んでいた、ということではないだろうか。
c0163001_12213259.jpg

試しに手前の道を西に進んでみると、古びて割れかかり、中が埋められていそうなマンホールがいくつか並んでいた。
c0163001_12213746.jpg

この道の先は丁字路になっているのだが、なぜか、幅1mにも見たない区間だけ植え込みがあり通り抜けできないようになっている。写真は植え込みの脇抜けて振り返ったところ。近所の子供たちもここを通りぬけていた。
c0163001_12214030.jpg

そしてその丁字路の「ー」の道には奇妙な車止めに仕切られた、いかにも水路の痕跡じみたスペースがあった。この先にも道路沿いに不自然な未舗装空間があったりした。「杉並とその周辺の昔話」によれば、ここから50mほど西にいった場所にかつて水源の湧水があったというが、駐車場と住宅があるのみだった。そして、源流部はほぼ平坦で、谷頭型や崖線型の湧水が湧くような場所はない。
c0163001_12224116.jpg

先の湧水は、「杉並とその周辺の昔話」によれば、「長島」と呼ばれる深い掘割に湧いていたという。そして、「流域一帯の島畠(湿潤地)の中を縦横に走っていた排水用の掘割より湧き出す水を合せて天沼本村の鎮守稲荷神社の裏を流れて」とある。
島畑(島畠)とは、本来の意味でいえば、水田地帯において、水を保つために水田の底を深く掘り下げて地下水位に近づけた際に、出た土を盛って畑として利用したものだ。畑が水田の中に浮く島のように見えることからその名がついたという。しかし、古地図を見る限り、この一帯には水田はなかったようだ。
ただ、天沼本村支流の源流部は「井荻天沼地下水堆」にかかっており、宙水があって地下水位が浅かった。段彩図の薄い水色のエリアが地下水堆で、特に天沼本村支流源流近辺は宙水と本体の地下水とが繋がっていて、地下水位が非常に浅かったようだ。(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_23203378.jpg

このような場所だから、雨の後などはじめじめして、そのままでは利用できないような土地だったのかもしれない。そこを畑として利用するために、排水を兼ねて「長島」などの掘割を作り、湧き出す水をそこに集め、掘り出した土を畑に盛って水はけのよい耕作地を得ていたのではないか。その畑を「杉並とその周辺の昔話」で「島畠」と呼んでいるのではないかと思われる。いわゆる「湧水群」があるような土地が持っているような豊かな水のイメージとは違った姿がそこにはあったのだろう。現在では地下水位もだいぶ下がって、土地も乾き、湧水は枯れてしまった。暗渠や川跡だけが、かつての土地の姿を彷彿させる痕跡なのかもしれない。

※2015年追記: 肥沃ではあるが湿り気の多い、黒土の土地を「島地」という場合がある。ここでの「長島」はそれにあたるのかもしれない。白子川上流の、雨が降って水が湧いた時のみ流れる川「シマッポ」は「島地の堀」が名称の由来との説があり、この「長島」も「シマッポ」同様、土地を指す「島地」が水路の名に転用された可能性もある。

Commented by nama at 2011-01-24 21:06 x
中途半端な車止め、見落としてたかも。。それから、水源の考察、とても説得力があります。わたしが資料を読んでいたときは、「長島」からなにも連想できておらず、唐突に出た感があったのですが、「島畠」とも関連してついた名なのでしょうかね?
Commented by tokyoriver at 2011-01-24 23:42
namaさん。
長島、たぶん長い島畑のそばの掘割とか、そんな由来じゃないでしょうか。ちなみに全国各地にあった島畑、現在ではほとんど残っていないそうです。
by tokyoriver | 2011-01-16 23:35 | 妙正寺川とその支流 | Comments(2)