人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

中野区大和町の2つの妙正寺川支流暗渠(1)大和町3丁目支流(仮称)

中野区大和町3丁目~4丁目、駅で言うと中央線の高円寺駅と阿佐ヶ谷駅、西武新宿線の都立家政駅と野方駅のいずれからも同じくらいの距離の住宅地に、かつて妙正寺川に注いでいた小さな支流の暗渠が2つ残っている。ひとつは大和町3丁目からの流れ、もうひとつは大和町蓮華寺の池からの流れだ。早稲田通りの北側の台地を刻んで北に向かって流れていたこれら2つの小川は、いずれもかなり短く、目立った見所は数箇所しかないのだが、見所自体はなかなか味わい深いので、今回と次回で取り上げてみることにする。
(段彩図は、数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ。妙正寺川以外はすべて暗渠)
c0163001_22543986.jpg

まずは大和町3丁目からの流れから。以下、仮に大和町3丁目支流としよう。

今回は西武新宿線野方駅から現地に向かってみた。駅を降りて南に数分歩くと妙正寺川にたどり着く。環七通りの通る新昭栄橋西側には、環状七号地下調節池の取水口が見える。ここから神田川まで南へ4.5km、環七通りの地下40mに直径12mのトンネル状の地下調節池が埋まっている。大雨の際にはこの取水口からトンネル内に水が流れ込むようになっている。
c0163001_22271576.jpg

トンネルの敷地の隣には大きな屋敷がある。取水口の施設が出来る前までは川沿いまでが敷地で、池もあったようだが、空中写真を見る限り現在は池はなさそうだ。屋敷の西側には野方団地がある。全部で5棟と小規模だが、そのうち2つがいわゆる「スターハウス」となっている。1950年代半ばから60年代半ばにかけてのみ建てられた「スターハウス」は、いずれも老朽化が進んでおり、近いうちになくなってしまうだろう。
c0163001_22272176.jpg

川沿いに西へ500mほど進むと、大和町3丁目支流のかつての合流口に着く。丸い排水口が見える。かつてはもう少し西側で合流していた時期もあったようだ。
c0163001_22272786.jpg

川跡の道を遡っていく。道の傍らにそって川が流れていたようだが、現在では道の曲がり具合以外に痕跡はない。猫と目が合った。
c0163001_22273364.jpg

そろばん塾の看板にはそこはかとなく面白いものが多い。
c0163001_2227409.jpg

ゆるやかな登り坂になっているが、川を彷彿させるのは相変わらず道のカーブのみだ。もはや川の痕跡は残っていないのだろうか。
c0163001_22274518.jpg

道がやや谷筋らしくなってきたところで、ようやく少し風景が変わって来る。まずはこんなクランク状の地点に遭遇。車は通り抜けできなさそう。
c0163001_22275222.jpg

更に遡っていくと、道端に何やら現れた。
c0163001_222848.jpg

コンクリート蓋暗渠だ。細いながら、かなりしっかりした作りの蓋が並ぶ。
c0163001_22281127.jpg

蓋暗渠の上流端から下流方向を眺める。けっこうな下り坂になっている。
c0163001_22352994.jpg

蓋暗渠の上流端から上流方向を見ると、道を挟んだ向かい側になにやら怪しい空間が見える。
c0163001_22283128.jpg

そこにあったのは半ば埋もれた水路だった。ちょうど谷底となっていて、左側の短い階段もなかなか風情がある。
c0163001_22292073.jpg

大谷石の護岸の下に荒れた水路が奥から続いている。
c0163001_22293239.jpg

奥の方には半ば埋もれた水路の護岸らしきものも見えるが、さすがに立ち入るのはためらわれる。
c0163001_22293996.jpg

奥側に回り込んでみるが、変わった形の門のある家の敷地となっていた。この家の裏手から始まっているようだ。古地図を見ると、この家のある辺りに、戦後しばらくの時期まで池があったようだ。次回とりあげる蓮華寺の池と同じくらいの標高となっており、おそらく湧水池だったのだろう。
c0163001_22294785.jpg

途中まで引き返し、その蓮華寺の池から流れ出していた川の暗渠へと向う。途中にはこんなパイプの行列があった。
c0163001_22303353.jpg

(以下次回)
Commented by nama at 2011-02-25 17:29 x
あくまで桃園川周辺のはなしですが、中野区にコンクリ蓋暗渠って、まず見かけません。なので、これとっても貴重な気がします。埋もれた狭い水路跡も、みごとです。あー、ここ、入っていきたいなぁ・・・。
Commented by tokyoriver at 2011-02-25 23:01
namaさん。
いわれてみれば、中野区の蓋暗渠、思いつかないですね、確かに。水路跡はちょっと入っていくには細いし、そばの家の出窓が迫っているので厳しそうでした。
by tokyoriver | 2011-02-24 23:06 | 妙正寺川とその支流 | Comments(2)