人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

等々力渓谷のおとなりの谷を流れる水路をたどる。

前回に引き続き、国分寺崖線から丸子川に流れ込む湧水起源の水路を遡ってみよう。
今回取り上げる小流は、23区内唯一の渓谷として有名な等々力渓谷のすぐ隣りの小さな谷を流れている。今回訪問した時点では、合流点では水が枯れていたものの、しっかりとした水路が残っていた。そしてこの水路は地図にも描かれていて、仙川傍流の記事の場所と同じく、前々から気になっていた場所だ。
丸子川が、等々力渓谷から出てきた谷沢川と交差する地点の少し上流側。護岸の間に渡された不思議な青いパイプの向こうに天神橋が見える。今回辿る水路は、その橋の直下で丸子川に接続されている。
ちなみに丸子川と谷沢川の交差、サイフォン式にでもなっていれば面白いのだが、現在では実際には丸子川が谷沢川の上流側と下流側に分割されていて、上流側の水は谷沢川と合流して南下し、下流側については改めて谷沢川から揚水して流している。
c0163001_22525982.jpg

天神橋のたもと、「浄音寺坂」の道に沿った真新しく丈の長いコンクリート蓋暗渠は橋の歩道と連続していて、暗渠とは気づきにくいかもしれない。
c0163001_225333.jpg

だが、少し遡ると、古びたコンクリートの橋が、ここが暗渠であることをはっきりと主張している。自転車の先は町工場で、暗渠上は作業場所になっていた。
c0163001_2253765.jpg

坂が少し傾斜を増す地点で蓋は一旦終わり。暗渠は坂沿いを離れ、未舗装の私道と墓地に挟まれた空間へと分かれて行き、辿ることができなくなる。暗渠上の柵の中を見てみたが水が流れている様子は伺えない。
c0163001_22531130.jpg

未舗装道の脇(前の写真の中央奥の植え込みのところ)には、古そうな川本式ポンプ井戸が佇んでいた。
c0163001_22531840.jpg

暗渠から分かれた坂道を登って、フの字で水路の流れる谷筋を横切る道へ回りこんでみた。浅い窪地の底に降り立つ。
c0163001_22532331.jpg

谷底から下流側を見ると、おなじみの寂れたコンクリート蓋が並んでいた。何ヶ所か柵もあって、こちらからも侵入は出来ない模様。
c0163001_22532736.jpg

上流側を振り返ると、野菜の無人販売所の傍らに錆びた短いガードレール。その奥にはコンクリートの欄干。
c0163001_22533211.jpg

傍らに花咲くバラの刺を避けながら中を覗き込むと、コンクリート3面張りに梁を渡したおなじみハシゴ式水路があった。水は流れていないが、湿っている。
c0163001_22533736.jpg

再度コの字で上流へと回り込んでいく。先の道から1本北側の道から水路を眺めてみる。下流側は水がないが・・・
c0163001_22534191.jpg

上流側には水が流れていた。特に汚水は流れ込んでいないようだ。護岸の苔が水々しい。水路を下ってきた水は道路の下で下水か雨水菅に落とされてしまっているようだ。
c0163001_22534792.jpg

更にコの字に遡っていくと、水路の上流端らしき窪地に出た。水路は写真真中やや左寄りに見える水色の柵から左(南東)に向かって流れている。
c0163001_22535156.jpg

柵から水路を見る。右岸側につながれた雨水溝から水が流れ込んでいた。汚れてはおらず、泡だったりもしていないが、湧水なのかどうかは判断がつかない。
c0163001_22535661.jpg

道を挟んで水路の反対側を見ると、民家の前に「湧水」と刻まれた「てくたく」の石碑が立っていた。
c0163001_22535965.jpg

民家と石碑の間の、柵に囲まれた空間を覗き込んでみると、中には水が溜まっていた。もともとは近隣の洗い場だったのだろう。澄んではいるが、水面に動きはない。涸れてしまったのだろうか。
c0163001_225446.jpg

しばらく眺めていると、洗い場の傍らの民家に暮らしているらしき人がやって来て、話しかけてきてくれた。湧水はここで湧いているわけではなく、裏手の擁壁の下に湧き出した水を、パイプでここまで引いてきていたものだという。向いの水路の水源について尋ねると、ここから溢れた水が流れ込んでいたとのお答えで、この湧水が川の水源だということになる。
そして、最近その擁壁を作り替える工事があって、それ以来湧水が止まってしまったそうだ。施工業者は、2〜3週間したらまた水が出てくるはずだと言ったけれど、まだ全然出てこないんだ・・・と仰っていたので、工事があったのは数週〜数ヶ月前くらいなのだろうか。
西側の敷地が更地になっていたので、問題の擁壁を見てみた。写真左側の灰色の真新しいコンクリートが問題の擁壁のようだ。側面には水抜きの穴が点在している。湧水の洗い場は写真右端となる。斜面を階段状に造成して住宅を立てたことがわかる。
c0163001_22541396.jpg

擁壁の背後は木が疎らに茂る斜面となっていた。googleの空中写真を見ると、数年前まで斜面の木々は鬱蒼としていて、手前の更地も邸宅になっていたようだ。今後の更地の開発次第では、擁壁工事だけではなくって、そんな環境の変化も湧水に影響を及ぼしていくかもしれない。まずは擁壁からの湧水が見込み通り復活することを祈りたい。
c0163001_22545916.jpg

最後に例のごとく段彩図を。(数値地図5mメッシュ(国土地理院)をgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_22551340.jpg

図中央、等々力渓谷(谷沢川)の西側の、短い青いラインが今回たどった水路だ。等高線をみると、この界隈では国分寺崖線は2段構成になっていて、上段と下段の境目から湧き出す水が水源となっていたように見える。水路の延長線上、上の段丘上には野毛大塚古墳の等高線が浮かび上がっている。そして流れが丸子川に合流する直前の東側、谷沢川との間に挟まれた丘の上にもかつて「天神山古墳」があった。源流の洗い場は、かつては近隣の農家が利用していたというが、古墳をつくった古代人たちもこの湧水を生活に利用していたのだろうか。
Commented by lotus62 at 2011-07-08 09:58 x
丸子川と谷沢川の交差点のことは、現場を見たことがなかったので不思議に思っていたところでした。この辺りは見た目にも興味深いところですが、擁壁と湧水についてのくだりは、歴史を記しておく意味でも意義のあるお話だと思いました。
Commented by 庵魚堂 at 2011-07-08 14:49 x
上流端の湧水溜、少なくとも昨秋まで水草が植えられ、金魚まで飼われていました。
http://tanken.life.coocan.jp/weblog2/?p=2898
↑このページの後半でそれを「ひどい状態」なんて書いてますが、この時点でもう水流は止まっていて藻が繁茂していました。
でもいざきれいに取り払われてしまうと、それもちと寂しい気もしますね。
Commented by tokyoriver at 2011-07-09 09:45
庵魚堂さん。
ほんとうだ!金魚たち、どこに行ってしまったんでしょうね。隣りの家はその時は健在だったんでしょうか。
Commented by tokyoriver at 2011-07-09 09:47
lotus62さん。
そうですね。ある時点での何気ない風景の記録、という意味では、わたし(たち)のブログにも多少の歴史的意義があるのではかと思います。
Commented by blognest at 2011-07-19 16:26
こんにちは
以前こちらでリンクを置いていただいておりました ふろっぐねすと の いいらさん と申します。
長いこと中断していましたが、川歩きを再開しました(下記)
http://blognest.exblog.jp/
HONDAさまのエリアに越境になってしまいますが、少し走ってきましたので、お目汚しですが見ていただけるとうれしいです。
とりあえず、ご挨拶まで
Commented by tokyoriver at 2011-07-20 23:39
blognestさん。
ごぶさたしております。再開、お待ちしていました。同じexblogですね。追々リンクも張らせてください。
by tokyoriver | 2011-07-07 23:04 | 丸子川とその支流 | Comments(6)