人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

タグ:三田用水 ( 3 ) タグの人気記事

JR目黒駅と恵比寿駅のちょうど中間、山手貨物線(湘南新宿ライン・埼京線)の長者丸踏切の辺りを谷頭として東~北に伸びる谷筋をかつて流れていた三田用水白金分水。恵比寿・白金という都心にありながら暗渠や湧水が残り、分水になる前は自然河川だったと思われるこの川跡を4年ぶりに訪ねてみた。

====================
白金分水についての詳細は「東京の水2005 Revisited」の以下の記事などを。
・「白金分水(1)白金御殿」
・「白金分水(2)長者丸と都電」
====================

長者丸踏切のあたりは目黒区内を山手線が通過する唯一の区間だ(目黒駅は品川区で、目黒区内に山手線の駅はない)。踏切の西側は台地となっていて、その上を三田用水が流れていた。白金分水は現在の日の丸自動車学校(赤い大玉のある不思議なビルが目印)のあたりから、この踏切の辺りに落とされていたようだ。このあたりの地名は目黒区三田。港区三田とは全然離れているが、もともとは両者とも武蔵国荏原郡御田郷(みたごう)に属していた。
c0163001_2384379.jpg

目黒区と品川区の区境になっている谷底の道を下っていくと、恵比寿ガーデンプレイスの南側の道路に出る。少し進むと暗渠が突然姿を現す。谷底を暗渠が東に向かって伸びている。柵で囲まれており一見入れないように見えるが、途中に暗渠に通じる抜け道がある。そこから下流に向けて撮った写真。
c0163001_23273143.jpg

暗渠区間の東端。山手線の内側でこれだけ暗渠っぽい空間も珍しい。このあたりは渋谷区と港区の境界線に、目黒区と品川区が食い込んだ複雑な区界となっており、そういったことも暗渠の残存に関係しているのかもしれない。
c0163001_23274535.jpg

暗渠区間の先は砂利道になったり、民家の裏手を抜けたりしたのち、並行して来た道路に出る。道路に出る場所はアスファルト舗装の道路敷が不自然な形になっているが、ここが流路の跡だ(右側手前から暗渠が合流)。ここから首都高速目黒線までの間は渋谷区と品川区の境界線になっている。両区が接する唯一の区間だ。なお、暗渠の1本南側に並行して、戦前に廃止された都電恵比寿長者丸線の痕跡も残っている。
c0163001_2328323.jpg

川は首都高速目黒線の下を抜け港区白金台5丁目に入り北東へ。ここでは白金の自然教育園からの流れがかつて合流していた。園内には谷頭の地形や湧水池、そこから流れ出る小川がかつての武蔵野の風景のまま残されている。詳細は「東京の水2005 Revisited」の以下の記事を。

・「白金分水(4)自然教育園の池」
・「白金分水(5)3つの水源と土塁」


川跡と思われる道をしばらく進むと道に沿ってコンクリート蓋の細い側溝が現れるのだが、今回そこに、途中で東から合流して来る側溝もあることに気がついた。
c0163001_23281326.jpg

辿ってみると、道の真ん中に井戸があった。
c0163001_23282542.jpg

本流のほうのコンクリート蓋の側溝の行き着く先にある排水枡(?)とそこから伸びる石蓋の暗渠もまだ残っていた。トタン板の塀を潜って民家の裏手に消えている。通りかかった近所の人に訊いたが、このあたりに三田用水(の分水)が流れていたことは知っているが、この石蓋の暗渠がそれなのかどうかは知らないとのことだった。
c0163001_23285198.jpg

外苑西通りを越え白金6丁目に入ると、曲がりくねったいかにもな暗渠が出現する。暗渠の縁に沿った大谷石はかつての護岸の痕跡かもしれない。
c0163001_2329380.jpg

戦前には暗渠化されていたようで、この辺りの暗渠は下水道白金幹線として利用されている。路面にはかなり立派なマンホールが点在している。
c0163001_2385674.jpg

しばらくいくと暗渠は川跡らしい道から、直線の道路の下に移る。道路端のドブ板(「白金分水(14)道路沿いのドブ」参照)も健在だった。すぐ近くの路地に入ると、風情のある中華料理店が。あとで調べたらラーメン350円、老夫婦がつくる昔ながらの東京ラーメンとのこと。入ってみればよかった。
c0163001_23291725.jpg

暗渠は旧白金三光町の白金北里通り商店街と交差する。商店街は戦前から残る看板建築の商店が並び下町風な風景が残っている。
c0163001_23292978.jpg

商店街を越えた先は白金5丁目。この辺りの川は幾筋かに分かれ、湿地帯になっていたようだ。暗渠化され下水となった川はこの道の下を流れている。
c0163001_23293932.jpg

川は狸橋の下流側で渋谷川(古川)に合流していた。民家の下の護岸に四角い合流口が見える。この辺りの渋谷川の護岸は戦前のものがそのまま残っているのだが、とうとう改修工事が始まっていた。合流口はどうなるのだろうか。
c0163001_23295012.jpg


by tokyoriver | 2009-12-21 23:24 | 渋谷川とその支流 | Comments(6)
渋谷から井の頭線に乗ると、明大前駅までの区間でいくつもの川/暗渠を越えていく。神泉で、宇田川の支流。駒場東大前で、空川。池の上の手前で北沢川溝が谷支流。下北沢の手前で森厳寺川(北沢川下北沢東支流)。新代田の手前でだいだらぼっち川(北沢川下北沢西支流)。東松原の手前で北沢川羽根木支流。東松原~明大前で、北沢川松原支流。
今回のシリーズはその中の森厳寺川(北沢川下北沢東支流)。京王線笹塚駅の南方より流れを発し、下北沢駅の東を下って、だいだらぼっち川(北沢川下北沢西支流)を合わせて北沢川に注ぐ流れだ。

まずは三田用水からこの森厳寺川に引かれていた分水を辿ってみよう。非常に短い区間だが趣がある。暗渠が残っているのは北沢小学校の北西側。けっこう勾配があり、尾根上を流れる用水から、谷底へと水を落としていた様子がわかる。
c0163001_22431452.jpg

この区間は90年代前半は開渠だった。別のサイトでも一度紹介したが、1992年当時の写真。
c0163001_2243273.jpg

小学校の脇を抜けた先には銭湯「山の湯」が出現する。木造で、ボイラー周りは煉瓦つくりとなっている。
c0163001_22434014.jpg

よく見ると、地面の土の中に水路が埋まっている。ここも90年代前半は開渠で、上にモノが置かれている状態だった。
c0163001_22435350.jpg

銭湯を正面からよく見ると看板建築。かなり古そうな建物だ。調べてみるとどうやら昭和初期からの建物らしい。
c0163001_2244541.jpg

銭湯の裏手にあたるあたりにはかつて水車があったというが、銭湯より先はほとんど痕跡がなくなっている。唯一はっきりと暗渠がわかるのが、南西へと下って行った道沿いに残る不自然に膨らんだスペース。植え込みやら柵で囲まれている。水路は写真手前右から来て、この区間をクランチ状に曲がり、この先で左に曲がっていたらしい。
c0163001_22445123.jpg

右に曲がってしばらく進むと森厳寺川の暗渠に突き当たる。





by tokyoriver | 2009-11-04 23:08 | 北沢川とその支流 | Comments(5)
空川は駒場東大前駅西口で、ケルネル田圃からの流れと東大駒場キャンパスからの流れをあわせ、東へ流れていた。以前は駅前のマクドナルドと花屋に挟まれたところに隙間があって暗渠があったが、現在暗渠がはっきりとわかるのはその先の一角からだ。
暗渠は谷戸の南縁、東京工業高校敷地北側の崖に沿って進んでいる。暗渠の上はしばらくの区間は立ち入り禁止となっていて、横切る道路から眺めるしかない。
c0163001_2344313.jpg

途中、通行できる区間の風景。
c0163001_2344448.jpg

一方、駒場東大前駅東口を経て東大に抜ける道を越えたところで、谷戸南縁の崖線沿いの暗渠のほかに、谷底中央を並行して東進する暗渠が現れる。恐らく二つの水路にはさまれた低地は、かつて水田だったのだろう。
c0163001_23445768.jpg

こちらはしばらく進むと車道となり、一二郎池からの流れと合流して谷の東側の崖下を進んでいく。大部分はすでに民間に払い下げられて建物が建っているが、暗渠の名残と思われる物件も見られる。
c0163001_23451552.jpg

こちらの水路には、すぐそばの丘の上を流れていた三田用水からの分水(駒場口分水か)も引き込まれていたようだ。山手通りと淡島通りの交差点の北西側から、その水路跡ではないかと思われる下り坂の道がある。道の中央には排水溝が通っている。(写真は下りきった地点から)
c0163001_23452980.jpg


by tokyoriver | 2009-10-08 23:55 | 目黒川とその支流 | Comments(5)