人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

タグ:府中用水 ( 3 ) タグの人気記事

8月も終わりだというのに、暑すぎるこの夏・・・ということで、8月最後の記事は、涼しげなところを。先日namaさん@暗渠さんぽも記事にされていた、谷保天満宮周辺の湧水と小川だ。

以前、文京区本郷菊坂の暗渠や、かつてあった汲み上げ式の井戸を紹介したが、谷保界隈もそれらと同じく21年前、高校3年生の夏に、8mm映画の撮影で訪れた場所。その時以来の訪問だった。

JR南武線の谷保駅から少し南に進むと、甲州街道沿いに谷保天満宮がある。10世紀初頭に創建されたという、東日本最古の天満宮だ。このあたりは立川崖線と、ひとつ南側の青柳崖線がひとつにまとまる地点で、本殿は崖線の下にある。ちなみに駅名は「やほ」だが、こちらは「やぼ」。尾久の「おく」(駅名)と「おぐ」(地名)と同様、駅名の方が間違いである。
c0163001_0103267.jpg

崖線の下という立地なのでかつては境内のいたるところに湧水があったという。いまでもいくつか湧水は残り、そのひとつ「常磐の清水」は東京都の名湧水57選に選ばれている。境内に入る前に、甲州街道を少し西に進んでみよう。数分ほど、やや下り坂となっている甲州街道を歩くと、道の北側に窪地がある。
c0163001_0103998.jpg

赤い縞々の坂道が印象的なこの窪地に降りてみると、民家の裏手、崖下の緑の下から水が流れ出していた。
c0163001_0104462.jpg

離れていると草が生い茂りよく見えないが、近づいてみると御覧の通り、清冽な水が勢いよく流れている。
c0163001_0105093.jpg

すぐそばに、国立市のたてた説明板があり、それによるとここは「清水の茶屋跡」。この辺りは谷保随一の湧水地で「清水の茶屋」という立場茶屋(街道筋の休憩施設にある茶屋。今で言えばパーキングエリアみたいなものか)が明治末期まであって、夏になると、湧水で冷やしたそばやそうめんを、甲州街道を旅する人々に供したそうだ。
湧水の流れは甲州街道の下を潜り、南に抜けている。同じ窪地の少し西側にも、一部が鉄板暗渠となってはいるが、湧水が水源と思われるかなりの水量の流れがあり、こちらも同じく甲州街道を潜っている。

南側に出た流れを追うと、水源から流れ出てすぐなのに、もうこんなに幅広の川となっていた。
c0163001_0105611.jpg

この川から東にすぐ行った場所に、先の谷保天満宮があって、その一角には有名な「常磐の清水」がある。清水の湧水などを水源とした弁天池があり、中島には弁財天が祀られている。
c0163001_011252.jpg

池の水は澄み切っていて、池に泳ぐ鯉は空中に浮かんでいるかのようだ。
c0163001_0116100.jpg

「常磐の清水」はこの池の裏手にある。そばにある説明板によれば、「17世紀後半に天満宮を詣でた僧侶の読んだ句「とことはに湧ける泉のいやさやに 神の宮居の瑞垣となせり」からその名がついたそうだ。「東京の名湧水57選」にも選ばれているが、正確には自然に出来た湧水ではなく、自噴の浅井戸らしい。確かに、沖縄にみられる「降り井戸(ウリカー)」のような造りをしている。枯渇したことがないというが、21年前に訪れたときには、確か枯渇寸前までいっていたような記憶がある(80年代後半、都内各地の湧水が枯渇の危機に瀕していた)。今回は浅いものの澄んだ水をたたえていた。
c0163001_0111172.jpg

池から流れ出た湧水は、天満宮境内の他の湧水からの水もあわせて、天満宮の南側の道沿いに流れて行く。道沿いの赤いポストが鮮やかだ。ポストの脇は21年前は飲み物や菓子などを扱う商店だったような気がするが、今では営業していないようだ。
c0163001_0111648.jpg

ここの流れは、水面と道路の高さにほとんど差がないうえ、縁石も何もないのが特徴的だ。水がとても身近に感じられる。21年前の夏は子供たちが水遊びをしていたが、今でもそのような光景は見られるのだろうか。
c0163001_0112240.jpg

しばらく下って行くと、水路はやや深くなってくる。民家の前に洗い場があった。
c0163001_0112615.jpg

近くにあった別の洗い場は、花に囲まれていた。ここで水路は道路沿いから離れて行く。
c0163001_0113330.jpg

そして、清水の茶屋からの川に合流する。
c0163001_011394.jpg

更にその川は、天神橋の脇で、矢川の記事の最後にとりあげた府中用水の谷保支流に合流している。水門付きの合流点のほか、なぜか導水管で橋の下流側(写真右側)にも分かれて合流しているようだ。
c0163001_0114442.jpg

府中用水の左岸にその導水管が見える。用水路に加わった水は、この先、東へと流れて行く。
c0163001_0115091.jpg

ここから東へすすむと、立川崖線沿いに、谷保天満宮の別の湧水から流れる「下の川」を経て「西府の湧水」へ、逆に西へと辿って行くと、今でもわずかに残る「谷保田圃」とそれらを潤し縦横に分岐する府中用水、そして城山下の湧水からママ下湧水へと、水を巡る散歩を楽しめる。いずれそれらについてもとりあげてみたい。
なお、この春にくにたち郷土文化館から発行された「《ハケと湧水がつくる》里山だいすきガイドマップ 立川〜国立〜府中」がとてもよく出来ており、この地域の水巡りにはオススメだ。



by tokyoriver | 2010-08-29 00:36 | 多摩川の支流 | Comments(9)
柴崎分水を辿るシリーズの最終回。

googlemapにプロットした柴崎分水流路図はこちら

_________________________

多摩川にかかる日野橋へと続く、立川通りの東側。根川が暗渠から姿を現す地点には3つの暗渠が合流している。その中で、中央に見える土管が柴崎分水の合流点だという。柴崎分水はここで根川に合流し終わりとなるが、その水の流れる先をしばし追ってみよう。
c0163001_23155189.jpg

根川は複雑な経歴を持つ川だ。根川は、もともとは立川段丘の崖線下に湧き出る水を集め、昭島市中神付近から、多摩川に並行するように東に流れていたと思われる。そこに、明治時代中期、残堀川が接続された。玉川上水に合流していた残堀川は、水質の悪化から玉川上水に流れ込まないようにするため、上水を越えて南下する下流部の新水路が開削された。その際に立川市富士見町付近で立川段丘を下って以降、根川に流れ込むようになった。このため根川の水量は一気に増したという。その後、残堀川に由来する度重なる氾濫から、1972年には残堀川の流路が変更され、途中から多摩川にショートカットする流路がつくられた。この際、根川の下流部は上流部と切り離され短い川となってしまった。そのうえ、上流部は埋め立てられた上で小川の流れる緑道として、地下水と下水処理水の混合水が流れるせせらぎがつくられた。さらに1990年代に入って、根川緑道沿いにある立川市錦町下水処理場から混合水の10倍の水量となる無色無臭の高度処理水が流されるようになり、これにあわせて再整備され、現在の姿になったなったという。

暗渠部より下流の根川は、昭和初期に整備された土手と桜並木の名残が残っているようで、なかなか風情のある景色となっている。
c0163001_23155692.jpg

根川は立川球場の北側を500mほど流れた後、多摩川に合流する。合流地点直前は川岸まで立川段丘の崖線が迫っており、貝殻坂橋という吊り橋がかかるあたりはちょっとした渓谷風になっている。橋のところで流域は立川市から国立市へと変わる。川岸ではサギが魚を狙っていた。
c0163001_2316176.jpg

この辺りは既に多摩川の河川敷内に入っている。傍らには、こんな看板があった。
c0163001_2316557.jpg

吊り橋の少し先で、根川は多摩川に合流しているのだが、正確には日野橋付近で、府中用水に水を引くために多摩川の本流から分かれた流れに合流している。そして、200mも進まないうちに、その分流が府中用水に取り入れられる地点に至る。取水口の手前は淀んだ淵になっていて、南側には堤防を越えて余水が流れ落ちている。
c0163001_23161022.jpg

府中用水の取水口には、大正初期につくられたと思われる、由緒ある取水樋門が3つ並んでいる。多摩川流域でも最古の部類に入るものだそうだ。もともとは4つの樋門が連なっていたが、北側のひとつは現在では埋められている。この水門は毎年5月から9月にかけて開けられ、それ以外の時期は閉まっている。
c0163001_23161556.jpg

府中用水は取水口から取り込まれた後、少しの間暗渠となっている。その上から多摩川の河川敷を望む。遥か遠くに右から左へと多摩川の本流が流れているのだが、遠すぎる上に手前の河川敷には木々が生い茂り、水面を望むことは出来ない。右側から画面中央奥に向かって先の余水が流れている。手前から奥に向かうコンクリートの無骨な水路は緑川だ。
c0163001_23162031.jpg

その緑川の暗渠の出口が立川段丘の崖線にぽっかりと口を開けている。上部には「緑川排水樋管」と記されたプレートがはめられている。矢川の項でも少し触れたが、緑川は立川駅北側一帯の排水路としてつくられた人工河川だ。おそらく終戦直前につくられたこの川は1960年代にはその大部分は暗渠化され、上にはみのわ通りがつくられた。十年ほどまで下流の数百メートルは開渠だったようだが、いまではこうして完全に暗渠となっている。このすぐ下を先の府中用水が潜って越えている。
c0163001_23162562.jpg

こうして辿って来てみると、柴崎分水を流れて来た水のなかには、もしかすると根川と多摩川の分流を経由して、府中用水へと流れ込んでいるものもあるかも知れない。水の旅の壮大さを垣間見るような、そんな感じだ。


___

さて、最後に柴崎分水の分水路の遺構をいくつか取り上げよう。下の地図の赤い点の地点を上流側(左側)から。
c0163001_23163172.jpg

まずは、柴崎分水東側水路の暗渠というか流路跡。西立川駅の南東で分かれていた分水路は、水車が4カ所ほど設けられ、途中柴崎町1丁目の諏訪神社付近では二手に分流するなど、こちらも重要な役割を果たしていたようだ。現在では埋め立てられその面影はほとんど残っていないが、この水路が再び本流に合流する直前の地点には暗渠が残っていた。水は涸れているものの、細いコンクリート蓋の水路が路地の真ん中を通っている。
c0163001_23164646.jpg

よく見ると、コンクリート蓋の外側のアスファルトに玉石が埋もれているのが見える。もともとはこの玉石のところまでが水路で、玉石の右側のコンクリートに玉石がはめ込まれていたようだ。暗渠化される際に、水路を埋め立てたのち、一回り幅の狭いコンクリート溝を埋め込んで暗渠としたのだろう。
c0163001_23165212.jpg

次に取り上げるのは、前回紹介した、柴崎分水が滝のように流れ落ちる邸宅の中で分岐していた、立川段丘の上を流れて行く分水路跡。
敷地の北東角、水路が屋敷から外に出て行っていた地点に、石垣の下に水路の抜けていた痕跡が残っていた。石垣の中をのぞいて見たが、埋め立てられてしまったのか、水路の痕跡はなさそうだった。
c0163001_23165813.jpg

その痕跡の向いの家の玄関前には石蓋の暗渠の跡が残っていた。一見ただの敷石にも見えるが、隙間があって中は空洞だった。
c0163001_2317212.jpg

更にその延長線上にある、別のお屋敷の脇には未舗装の細長い空き地が。ここに水路があったようだ。
c0163001_2317790.jpg

この水路は細長い空き地のある屋敷の中を抜けた後、モノレールの柴崎体育館駅の東側に抜け、立川段丘の崖線を下って、柴崎分水本流に合流していた。柴崎体育館駅の東側の崖線には高い木が茂っている。
c0163001_23171271.jpg

崖線の直下に行ってみると、分水路が暗渠から顔を出している地点が残っていた。ここのすぐ南側は前回紹介した菖蒲田となっている。水路はかつて崖線下をしばらく南東に向かって、前回紹介した田圃のそばで本流に合流していた。
c0163001_2321710.jpg

長くなったが以上で玉川上水柴崎分水(立川用水)のシリーズを終わりとする。玉川上水からは数多くの分水路が引かれていたが、取水口から末端まで現在でも水が通じている分水路は、現在ではほとんどないのではないだろうか。そういった意味で柴崎分水は非常に貴重だと思われる。そして、往時の姿を留める素堀の水路、様々なタイプの暗渠、線路を渡る水路橋、斜面を直に降下する水路、最後に現れる水田など、みどころに富んでおり、地図上でも住宅地図レベルにならないと記載されておらず、迷路を辿るように流路を解明していく楽しみもある。興味を持たれた方がいたら、ぜひ辿ってみていただきたい。
by tokyoriver | 2010-07-27 23:38 | 玉川上水とその支流 | Comments(2)
前回に引き続き、矢川緑地保全地域より下流側の矢川を辿って行こう。

みのわ通りを越え、矢川緑地に入る矢川。すぐ北側は住宅地となっている。ここに暮らす人たちは目の前が前回紹介した湿地ということになる。
c0163001_23384646.jpg

川は深緑の中を抜けていく。
c0163001_2338584.jpg

保全地域の北側、矢川から少し離れたところにも別の小さな湿地があり、湧水が流れ出している。
c0163001_23391631.jpg

流れ出す川。水量は多い。こちらもすぐ北側には普通の住宅地が隣接している。
c0163001_23392970.jpg

水は澄み切っており、さらさらと流れていく。 
c0163001_23394061.jpg

しばらく流れた後、写真奥の突き当たりで右側(西側)から流れて来た矢川本流に合流している。
c0163001_23395076.jpg

緑地を出た直後の矢川。そこはかとなくワイルド。
c0163001_2340170.jpg

道路に沿って流れて行く。このあたりは穏やか。緑が川面にせり出している。
c0163001_23401057.jpg

水面では、あちこちに魚が泳いでいる。すばしっこいうえ、保護色になっているのでなかなか写真に撮れなかった。下の写真には水底に黒い影を落とす2匹の姿が見えるが、実際にはもっと沢山いる。
c0163001_2341045.jpg

国立第6小学校を西側から南側に沿って。この一角は小学校の敷地らしい。右岸には水を引き込んだ小さな池もある。子供たちが網を持って水遊びをしていた。
c0163001_2341963.jpg

小学校の南側。ホタルが棲んでいるとの標識があった。
c0163001_23412255.jpg

この辺りでは護岸はつくられているものの柵はなく、川の存在は身近だ。川沿いの個人宅専用の橋が並ぶ。
c0163001_23413295.jpg

それらの個人橋のたもとには必ずといってよいほど洗い場があった。
c0163001_23414150.jpg

奥多摩街道を越えると川は深くなる。いよいよ青柳段丘を浸食しながら下り始める。矢川沿いにときおり見られる玉石の護岸は昭和初期に多摩川から運んで来たらしい。左岸にある保育園では夏場、この流れに下り水遊びをするとか。先の小学校にしても、綺麗な水の流れる川が子供たちの日常の中にあるのはうらやましい。
c0163001_23415081.jpg

滝乃川学園の森の中、青柳段丘の崖線を下って行く。写真には木の生えた中島が見える。護岸もなく自然のままの姿だ。滝乃川学園は日本最初の知的障害児者の社会福祉施設として1891年に創設され、1928年に北区滝野川からこの地に移転してきたという。本館は国の登録文化財となっている。
c0163001_23422187.jpg

すぐ近くには「東京都水道局谷保2号水源」があった。青柳段丘の下の帯水層から水をくみ上げているのだろう。
c0163001_23423347.jpg

矢川が滝乃川学園の敷地を南側に抜けると、段丘の下を東に流れる、府中用水の谷保方面への支流に合流して終わる。合流地点は「矢川おんだし」と呼ばれている。写真右側の流れが矢川、左側の流れは青柳段丘の崖線下に湧き出している「ママ下湧水群」から流れてくる清水川だ。水温が最も高い府中用水と、湧水が水源だがしばらく流れて来たことでやや水温の高い矢川、そして、湧水からすぐに流れ込むため最も水温の低い清水川という、3種類の温度の川の水がここで混じり合っており、それぞれに棲む水生生物もここまで来るため、様々な水生生物が見られるという。
c0163001_23424494.jpg

府中用水は5月中旬から9月下旬までしか多摩川からの水が入らないのだが、谷保方面の支流には矢川と清水川の水が流れ込むため、矢川おんだしより下流は通年水が流れている(さらにここより下流では谷保天満宮付近の湧水もいくつも流れ込んでいる)。ちょうど多摩川の水を通水し始めたばかりでいよいよ水田に水が引き込まれる直前のためか、水量は非常に多い。水路は水をたっぷりとたたえてかなりの早さで流れている。ここも川沿いには縁石があるだけで水面と路面の高低差もほとんどなく、水の流れがとても身近に感じられる。
c0163001_23425315.jpg

府中用水も面白そうだが、あまりにも水路が多岐にわたるため、その全貌を捉えるにはなかなか時間がかかりそうだ。

by tokyoriver | 2010-06-28 00:02 | 多摩川の支流 | Comments(8)