東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

タグ:暗渠 ( 141 ) タグの人気記事

 府中シリーズ第4弾は、立川崖線(府中崖線)に食い込む谷戸を辿ってみよう。東府中駅の南側から南東側にかけ、直線的な府中崖線に大きく曲がりくねった谷戸が食い込んでいる。近年の資料などで、明確にここに川があったと記しているものは見かけないが、80年代前半までの住宅地図には一部の区間に水路が描かれていたりして、これだけはっきりした谷なので何かしら水路の跡があるだろう、と前々から気になっていた。実際に現地を探ってみると、果たして今でも水路の痕跡が残っていた。水路の推定ルートを地図にプロットしたのが下図となる(カシミール3Dより作図。以下の地図も同)。
c0163001_20415262.jpg


上流側から紹介していこうと思うが、その前にこの谷戸をめぐるもう一つの水路について記しておきたい。それは「ムダ堀」と呼ばれていた大きな掘割だ。「ムダ堀」は現在では埋まってしまい、全く痕跡はないが、1970年代初めまで一部の痕跡が残っていたという。そして明治時代の地形図まで遡ると、それははっきりと確認できる。地図中、ピンクでマークしたケバの描画となっているところがそれだ。谷戸の西側〜北側を迂回するように断続的に続いている。(今昔マップより、明治42年刊行2万分の1地形図を加工)
c0163001_20420817.jpg


「むだ堀」の名は、玉川上水が現在の羽村から取水するルートを取る前に試みられ、失敗した痕跡であるとの伝承による。伝承によれば当初玉川上水は、現在の府中用水のルートを通り、ムダ堀付近で府中崖線を越えて立川段丘上にあげようとしていたという。その存在は、痕跡が消えていくとともに忘れられていたが、1996年の武蔵国府関連の発掘調査の際に偶然ムダ堀の遺構が発見されて、実在したことが再確認された。その後も断続的に遺構が発掘され、古地図の通り、谷戸の北側をかすめるように通り、多磨霊園駅の北東側まで続いていることがわかった(下図)。しかしそれが本当に玉川上水と関連しているのかどうかは今でも議論が分かれるところのようだ。

c0163001_20422079.jpg

深澤靖幸「「ムダ堀」に関する覚書」(2012)では、古地図や地籍図の地割から、大國魂神社の南側から府中崖線の中腹を通って標高を維持しつつ、瀧神社の北方で段丘上に割り入るルートを推測している。発掘されたムダ堀の底面は標高43〜44m程度であり、確かにそのルートを取れば、府中用水の流れる低地の標高47m前後からほんの少しずつ標高を下げながら、段丘上に上がることができる(地図中薄黄色の部分が標高46〜48m、黄緑色が48〜50m)。

c0163001_20422740.jpg

水路の痕跡は京王線多磨霊園駅からさらに西武玉川線白糸台駅を越え、甲州街道に並行するように調布市境まで断続的に発見されており、伝承では調布の滝坂まで続いていたという(現京王線つつじヶ丘駅北東)。確かに現在の玉川上水も最終的には甲州街道沿いを四谷に向かっている。
しかしこのムダ堀のルートの場合、滝坂の先で国分寺崖線を登らなければならず、その標高差は15m。掘割で横切るにも深すぎる。さらに滝坂の手前で野川と入間川、越えた先で仙川などの谷も横切る。現実的には滝坂より東に水路を通すのは無理だ。
また、深澤論文では多磨霊園付近に「むた堀」の小字があることから、途中で北上していた可能性も指摘している。ただこちらについても国分寺崖線を登るのは不可能だ。
発掘された区間では、ムダ堀には水が溜まった形跡はあるものの恒常的に流れていた痕跡はないという。また、途中で整備を放棄されたような痕跡も見られるという。玉川上水との関連の有無に関わらず、掘削に失敗し放棄された水路の跡なのだろう。

 さて、ムダ堀についてはいったんこのくらいにして、谷戸を流れていた水路の跡を追ってみよう。京王線東府中駅から東に数分歩き新小金井街道近くまで来ると、一帯は浅い窪地となっていて、その低いところの未舗装路地に小さなコンクリート蓋の暗渠が続いている。これが現在確認できる水路跡の最上流部だ。水は無い。

c0163001_20423250.jpg

 暗渠の開始地点から南西を向くと、窪地はさらに続いているが、この窪地こそが発掘により「ムダ堀」が再発見された地だ。1996年、右側に見えるマンションの奥の南西の建物が建て替えられた際の発掘調査で、幅14m、深さ5mもの大規模なV字状の掘割が発見され、大きな話題となった。18世紀初頭には埋まっていたと見られ、明治期の地図で確認できないのもそのためだろう。そして2000年には、このマンションの建て替えに際しての発掘で遺構の続きが見つかっている。江戸後期の古地図では、この付近に池があり、そこから谷戸の流れが始まるように描かれているものもあるという。池はムダ堀の跡と関係はあったのだろうか。

c0163001_20423680.jpg

 暗渠に並行する道を進むと、新小金井街道に出る。京王線を潜る「清水が丘立体」の南側から、府中崖線を下るための「しみず下トンネル」方向を見ると、右側から左側に、谷筋が横切っているのがわかる。トンネルの向こうには多摩川を挟んで向かいの丘陵の緑が見える。

c0163001_20424207.jpg

そして街道を渡ってすぐ東側には、先ほどの暗渠から続く未舗装の水路跡が。奥は崖下で行き止まりになっている。

c0163001_20424507.jpg

振り返って南側を見れば、柵に囲まれ、植木鉢に占有された水路跡が南東に続いている。

c0163001_20424906.jpg

水路跡の続く先を覗き込むと、埋め立てられた水路の上に、護岸に渡された梁が並んでいる。普通なら埋まっているか、撤去されているのではないか。ちょっと珍しい風景だ。

c0163001_20425209.jpg

中に進んでいくことはできないので、谷戸の北側を通る道から回り込んで谷底に降りる。谷底の道から上流側を見ると家々の隙間となって先ほどの続きが見える。

c0163001_20425862.jpg

その奥には先ほどの梁の続きがあった。路面は高くなっており、低木にも阻まれてよく見えないが、両岸の擁壁からは水抜きのパイプや排水管の継ぎ手が見える。

c0163001_20430352.jpg

谷底の道は少し下流に下るとまた行き止まりとなる。水路跡は数mほど民家の敷地内となっており、その向こうに再び水路跡の道路が続いているのが見えるのだが、通り抜けはできない。

c0163001_20430852.jpg

再度、谷戸の上の道から回り込んで谷底に降り少し進むといかにも暗渠らしい路地が分岐している。折れ曲がった下り坂の路面の端や擁壁には苔が生している。

c0163001_20431332.jpg

擁壁が二段構えになっているところは、下の方は元は護岸だったのだろうか。

c0163001_20431868.jpg

路地は数十mで終わり、谷底の広い道に出る。

c0163001_20432285.jpg

これより先、水路跡の道とそれが流れていた谷戸は、大きくS字カーブを描いていく。かつては谷戸の底には水田が続いていたが、今では普通の住宅地となっている。西側(右手)は東郷寺の敷地となっていて、谷戸斜面の緑が残っている。東郷寺は谷戸に削られて岬状になった段丘の高台に立地する日蓮宗の寺院で、東郷平八郎の別宅跡地に1939年に建立された。東京都選定歴史的建造物に指定されている立派な山門は黒澤明の「羅生門」のモデルになったという。

c0163001_20432854.jpg

谷戸が北東から南へと大きく向きを変えるあたりから、上流方向を振り返ったところ。右手の民家の植え込みの隙間からは、庭にある池の水面が垣間見られ、流れ込む水の音が聞こえる。実は、1968年版の府中市史掲載の地図には、府中崖線下の代表的な湧水のひとつとして、この付近に湧水のマークが記されている。民家は雨戸が閉じられ人の気配がないので、電動で水を汲み上げて流す必要もなさそうだし、背後は谷戸の斜面となっているから、その湧水が今でも湧いているのかもしれない。

c0163001_20433202.jpg

谷戸の底はだんだんと広くなり、やがて府中崖線の下へと開ける。北側の斜面(写真右手)から下ってくるのは「かなしい坂」だ。

c0163001_20433867.jpg

こちらも玉川上水開削にまつわる地名だ。設置された銘板には以下のような命名の由来となるエピソードが記されている。
〜八幡下から掘り起こし、瀧神社の上から東方に向かい、多磨霊園駅のところをへて神代まで掘削して導水したが、この付近で水が地中に浸透してしまい、責任を問われて処刑された役人が悲しいと嘆いた云々〜
ここに書かれたルートはまさに最初に記した「むだ堀」で、銘板にもこの時の堀が「ムダ堀」「新堀」「空堀」として残っていると記している。ただ、坂はムダ堀のルートからは随分下った位置にあり、話の整合性がない。これに対して、ムダ堀とは別に通水を試み掘さくされたルートがあったのではないかとの仮説を唱えている方もいる。(新藤静夫「玉川上水 “水喰らい土” の謎を追う(3)」(2018) http://www.jkeng.co.jp/column.html

こちらは瀧神社の先も府中崖線中腹で44m〜46mの標高を維持しつつ、谷戸を築堤で越えてかなしい坂の東側を進んでいくルートだ。東郷寺南西側の府中崖線中腹に人工的な段が続いていることや、かつて谷戸を横切る伊奈石の石垣があったこと、またその両岸にも伊奈石の擁壁があったことを推測の根拠にあげている。また地質的にはムダ堀ではなくこちらの方が、水が地中に浸透しやすいという。

c0163001_20494862.jpg

 何れにしても、どちらのルートも、何とかして立川段丘の上に水を通せたとしても、その先の国分寺崖線を上がることは地形上、不可能だが、もしこの仮説が事実であったならば、この谷戸の上と下を通る、2つのルートが試みられたということになるだろう。下のルートは水が染み込んで断念、そして上のルートも何らかの理由で途中で掘削を断念し、前者は伝承が、後者は遺構が残った。そしてそれらは伝えられていくうちに一つの伝承として混ざっていったのだろうか。

 さて、谷戸の流れの痕跡はもう少しだけ、続いている。東郷寺通りを越え小柳町に入り、府中崖線下の家々の裏手を探すと、細い暗渠が続いている。おそらく谷戸を流れていた川の末裔だろう。

c0163001_20434745.jpg

暗渠は崖線を離れて南下し、しみず下通りに並行する道に出て終わる。この道沿いにはかつて多摩川から取水し、府中用水の余水をあわせた三か村用水が流れていた。玉川上水に関わる2つの遺構に上下を挟まれた谷戸を流れた水は、最終的には府中崖線下の低地を灌漑する用水路の水に合流していた。

c0163001_20435080.jpg

次回はこの三か村用水にまつわる景観を軽く、取り上げてみよう。

[PR]
by tokyoriver | 2018-07-13 20:58 | 府中の用水と川 | Comments(0)
 前回の本宿用水新田堀の記事に続き、今回は同じ本宿・四谷用水(西府用水)のうち、四谷用水の下流部を追ってみよう。前回から一転し、今回は暗渠が中心となる。

 前回も記したように、かつての多摩川の氾濫原であった立川段丘下の低地には、かつての多摩川流路跡の微低地などを利用しながら網の目のように水路が巡らされている。国立市南部と府中市中南部を潤す府中用水、そして府中市西南部を流れる本宿・四谷用水(西府用水)。いずれも現在も稲作に利用されている現役の農業用水だ。
 府中市の資料(※)には一帯の用水路のルートが細かく記されている。しかし、それらは主要ルートに過ぎず、実際に現地で確かめるとその数倍もの水路があることがわかる。そして資料は30年以上のものであり、その後の都市化や区画整理、大きな道路の開通などにより記載の流路にも改廃が発生している。(※「府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前」1985年)
 下の地図は資料に掲載されている用水路をオレンジのマーカーで、実際に現地調査で確認した水路(開渠・暗渠)もしくは水路跡を、四谷用水系を緑、府中用水新田川系をオレンジ細線で記している。いかに多くの水路があるかがわかるだろう。

c0163001_22474495.jpg

 そして明るい緑で塗りつぶしてあるところが今年の夏に水が張られていた水田だ(こちらも現地確認した範囲なので、多少漏れがあるかもしれないが)。宅地化の進行や畑作への転換で、水田は年を追うごとに少なくなってきており、西府用水組合でいうと2004年に29haあったのが、2013年のデータには22.4haと、9年間で2割以上の減少となっている。それでも四谷や住吉地区の四谷用水系沿いには今でも水田が点在しているが、新府中街道より東側に抜けるとほとんどないことがわかる。四谷用水でみると、その緑色の系統が収束する地点である南町4-30に唯一、水田が残っている(水色の丸で囲った、地図A及びaの地点)。

 水田は2本の用水路に挟まれ、たっぷりと水が供給されている。傍らには水田を借景にした船のような形の低層マンションが建っている。北側を流れる水路は水面が見え(下の写真)、南側を流れる水路は暗渠だが水田へ水を導く口が設けられている(写真は後に掲載)
c0163001_22480945.jpg

 2つの水路に流れる水は、一体どのような経路を通ってきているのだろうか。周囲には用水路がいくつか流れているが、それらはほとんどの区間で蓋がされ暗渠となっている。中には道路の歩道の下に隠れてよくわからない区間もある。これらの中には現在は用水路として使われておらず水が流されていなかったり、放棄されて空き地となっているだけのところもある。そして、現役の暗渠も稲刈りの後田植えまで、つまり秋から春先までは通水が止められていて、利用されなくなった暗渠と区別がつかない。それを見分けるには夏の間、開渠区間や暗渠の蓋の隙間から、水が流れているかどうかを確認しながら追うことが必要だ。というわけで一つ一つ水路をたどり、暗渠に設けられた柵や隙間から、水が流れているか見て回った。
水路が複雑なので、上の地図画像を別ウィンドウで開いて地点を参照しながら読んでいただくとわかりやすいかもしれない。

◾️北側の水路

 水田エリアの入り口となるB地点より上流は水路は暗渠となっている。写真左側にはここで合流する水路があったが現在は埋め立てられ空き地や道路となっており、暗渠の方から水が来ているのは明らかだ。柵の中を水が流れるのも見える。
c0163001_22481626.jpg

 暗渠の上は通れないので回り込み、C地点へ。ここでは池の川からの流れ(右側)と中河原大堀方面(左側)からの流れが合流している。またかつては府中わかば幼稚園方面への流れが分岐していたが、埋め立てられていた。そして暗渠蓋の隙間を覗き込むと、池の川からの流れは通水がないことがわかった。中河原大堀方面からは水が音を立てて流れている。
c0163001_22481911.jpg

 住宅地の隙間を縫って暗渠は多摩川の水を運ぶ。
c0163001_22482545.jpg

 地図D地点。下河原大堀方面からの流れ(右)と中河原大堀方面からの流れ(左)が合流し、右手前へと流れている。左手前に伸びる柵の間のわずかな隙間は、B地点で合流していた水路の跡だ。さて、水はどうなっているか。近寄れないのでまた迂回し2つの流れを上流側で確認する。
c0163001_22483183.jpg

 E地点の水路。「用水」と記された鉄蓋もありしっかりした暗渠だが、柵となっている部分から水路を覗くと、カラカラに乾いている。つまり、中河原大堀からは水は来ていない。とすると下河原大堀方面からの流れから水が来ていることになる。
c0163001_22483754.jpg

 少し引き返してF地点。水が流れているであろう下河原大堀方面からの暗渠が道路を横切る。E地点の暗渠に比べかなり細いが、本当に流れているのか。
c0163001_22484153.jpg


 迂回しながら暗渠を追っていくと、京王線の北側に出る(G地点)。線路をくぐりぬけて来たところで、たっぷりの水を確認することができる。
c0163001_22484634.jpg

 H地点。どう見ても道路の側溝としか思えないが、隙間から覗くと水が勢いよく流れている。
c0163001_22485091.jpg

 I地点でようやく水路が姿を現す。
c0163001_22485474.jpg


 水路は一旦暗渠になるが、新府中街道を越えた裏手で、再び姿を現す(J地点)。これより上流は下河原大堀と呼ばれる水路となっている。手前に向かって水路敷が扇型に広がっているが、これはかつて左方向に水路が分かれていたからで、現在は塞がれている。そしてそちらが資料では本来の下河原大堀となっている。つまり、下河原大堀はここより下流は廃止され、今ではここまで辿って来たルートにその水の末端を流しているということになる。
c0163001_22485806.jpg

 水田の脇を下河原大堀の水路が抜けていく(K地点)。これより上流、水路は再び暗渠に、そしてさらに開渠へと戻って中河原大堀との分岐地点に至る。それよりさらに上流は「四谷用水大堀」と呼ばれる区間となる。
c0163001_22490448.jpg

 いったん、ここまでで判明した水の経路を地図に記しておこう。水色が水が流れているルート、×印がつけてある水路は今は水が流れていないところだ。参考にしやすいよう、次の章のエリアも含めてある。
c0163001_22511124.jpg

◾️南側の水路 

 次に水田の南側を通っている暗渠の水がどこから来るか遡って探ってみよう。こちらの水路は資料によれば下河原大堀の下流にあたり「南堀」と呼ばれた水路だ。
c0163001_22512240.jpg

 遡っていくと、水田の側と同じ、白い鉄板の蓋や柵のふたがされた状態が続いている。畑の傍の木陰を流れる水路はかつては前回の記事に載せた本宿用水新田堀の分流のように、水田の傍を流れる素掘りの水路だったのだろう(b地点)。
c0163001_22512619.jpg

 c地点で、コンクリートの重そうな蓋がかかる水路を分ける。こちらは北側水路で確認した涸れた水路(E地点)へと続く。ここで分岐地点の蓋の隙間を覗き込んでも、やはりE地点方面には全く水が流れていないことがわかる。
c0163001_22513374.jpg


 さて、鉄蓋の下の流れはc地点よりやや上流で、下河原大堀からの流れと、中河原大堀の分流の流れが合流している。こちらも暗渠上は辿れないので回り込み確認することとなる。北側水路J地点で確認したように、下河原大堀の最下流部は現在水が流されていない。その流れを念のため確認すると、中川原駅南側に、雑草に埋もれた梁のわたされた水路が残っていた(d地点)。
c0163001_22513781.jpg

 では中河原大堀方面から来る流路はどうか。e地点では「用排水路につき通行はご遠慮ください」と看板の立てられた水路が確認できる。しかし暗渠上は雑草に覆われ、とても水が流れているように見えない。
c0163001_22515404.jpg

 しかし、本来の中河原大堀を暗渠化した路地を辿って、分岐地点まで来てみると(f地点)、暗渠は白い鉄板の蓋を露わにし、柵から覗き込むと水がたっぷりと流れている。そして本来の中河原大堀方面(右側)には水は全く流されていないことがわかる。下河原大堀と同じくこちらも流末で水の流れが変えられているということだ。
c0163001_22515906.jpg

 中河原駅駅舎から流れ来る中河原大堀の暗渠(g地点)。大堀というには細い路地だ。そして駅への抜け道となっていて絶え間無く人が行き交う。写真を撮っていると近所に住んでいるというご婦人から声をかけられた。平成に入る頃までは水路が見えていたこと、息子さんが何度もその水路に落ちたこと、周囲は水田だったことなど、貴重なお話を伺えた。
c0163001_22520552.jpg

 中河原駅の北側では、中河原大堀は四谷通りの歩道を暗渠となって流れているという(h地点)。写真右側の歩道のはずだが、一見ただの歩道にしか見え図、本当にここを水が流れているのか、疑心暗鬼になる。
c0163001_22521022.jpg

 しかし路上には2箇所ほど点検用か何かの鉄蓋があって、中を見ると水がしっかり流れていた。(i地点)
c0163001_22521591.jpg

そして暗渠はやがて四谷通りからそれ、中の水路が姿を現す(j地点)。
c0163001_22521905.jpg

 姿を現した中河原大堀。水路沿いには水田が広がる(k地点)。水田の反対側には先ほど遡った下河原大堀の分流(開渠)と本流(暗渠)が並行して流れている。
c0163001_22522579.jpg

 それぞれの水路をもう少し遡りたいところだが、図版の点数がだいぶ多くなってしまったため今回はここまで。最後に今回辿った2つの水の流れを、関連する周辺の水路も含めて図に記してみよう。水色が現在水が流れている区間、ピンクが現在は通水されていなかったり、廃止された区間だ。緑は最初の地図に示した通り、今年水を張っていた水田。こうしてみると、水が流れなくなった区間も多いが、現在水田が残っているところには確実に水が行き渡るように通水されていることがわかる。そして下河原大堀も、中河原大堀もその流末の水の行く末は現在の土地利用状況に対応するように、変えられていることがわかる。
c0163001_22532648.jpg

 都心部と違って、現役の暗渠と引退した暗渠が混在するエリアならではの、ちょっとした水をめぐる探索、如何だったろうか。





[PR]
by tokyoriver | 2018-07-04 23:11 | 府中の用水と川 | Comments(0)
 水で満たされた心休まる風景をひととわかちあいたく、記した。

 水田風景に惹かれてしまう。関東平野ど真ん中のような広大で整然とした水田ではなく、山里の斜面に地形に沿って拓かれた水田や、曲がりくねったあぜ道の残るような水田。
 都区内の暗渠沿いの谷戸とは言い切れないような浅い谷戸にも、1950年代までは生きた川とともにそんな風景が残っていたのだろう。都心部であれば20世紀初頭頃までか。しかし、1970年代に新宿副都心のビルの森の増殖と共に生まれ育った私には、そんな風景は身近にあるはずもなく、とうに失われた昔話の中だけの原風景であり、暗渠の風景を介して幻視するしかない。
 それでも水田の風景に惹かれてしまうのはなぜだろう。母方の田舎は赤城山麓にあり、山の裾野に水田や用水路、鎮守の森の風景は確かにあった。幼少時の夏休み。水が張った水田でアマガエルをたらい一杯に集めた思い出。でもそこは決して私のふるさとではない。はっぴいえんど「夏なんです」で、松本隆が母方の田舎の風景である伊香保の風景の記憶を参照したのと感覚が近いのかと勝手に想像してみたり。

 さて、新宿から電車で3、40分ほどの東京郊外、府中市から国立市にかけて、水の流れを求めて歩くと今でもそんな田園風景をところどころで目にすることができる。比較的有名な、国立市谷保の「谷保田んぼ」の風景に出会ったのは1989年、高校3年の夏であった。大学受験から逃避するようにその風景を8mmフィルム映画の背景として収め、それ以来時折訪れている。以前に比べればだいぶ水田は減ってきたが、今でも夏になるとあちこちで、水が満ち溢れ稲穂が風にそよぐ風景が見られる。これらの水田を潤しているのが府中用水だ。国立市青柳で多摩川から取水し、かつての多摩川の氾濫原であった立川段丘下の低地に、かつての多摩川流路跡の微低地などを利用しながら網の目のように水路を巡らせている。
 そして府中用水給水域の南側一帯を補完するように流れているのが本宿用水・四谷用水だ。二つの用水は西府用水組合が管理し、あわせて「四ツ谷他二ケ村用水」「西府用水」とも呼ばれている。府中用水と同じく、田植え前の5月から稲刈り前の落水期の9月まで、多摩川から水が引かれ無数の水路に水がいきわたる。素朴な素掘りの水路、コンクリートの溝、暗渠、さらには一見道路の側溝にしかみえないようなところまで。一方、秋から春先にかけては水門は閉ざされ、水路から水は消え去る。生きている水路と今は廃止された水路、用水路とただの側溝を見分けるためには通水期に訪れることが必要だ。そしてもちろん美しい水田風景を見るためにも。谷保に見られるような昔ながらの水田風景は、府中用水流域よりもむしろこちらの方に多く残っている。

c0163001_21573037.jpg

 ここ数年、通水期になると府中用水や昭和用水など、多摩川から引かれた灌漑用水の流れを辿って歩き回っていたのだが、今年はこの西府を流れる水路たちに興味が赴き、徒然なるままに水路を辿っている。その中で直近最も気に入っている、四谷用水の水系の一つ「新田堀」の風景をここに綴っておこう。上の地図から新田堀の流域を拡大したのが下の地図だ。
 本宿用水・四谷用水は現在国立市泉2丁目に設けられた本宿圦樋で多摩川から水を取り入れている。かつては別々に多摩川に堰を設けており、四谷用水は上堰と下堰の2ヶ所から水を引いていた。下堰は今でも導水路の跡をたどることができるものの、前者は跡形もない。今では本宿用水の取水堰から200mほど進んだ「三屋上」の暗渠に設けられた水門で本宿用水から分岐して四谷用水の流路は始まる。
 水路は暗渠を500mほど流れてすぐに、古屋敷堀と中新田堀に分岐、中新田堀を1kmほど下って日新小学校前で囲堀を分岐した先が、新田堀と呼ばれる流路となる。
c0163001_21573775.jpg

中新田堀は大部分が暗渠で、歩道や遊歩道、コンクリート蓋暗渠の路地となっている。
c0163001_21574601.jpg

新田堀の始まり、日新小学校前の囲堀分岐点。新田堀は歩道となっていて、右手の柵のところで囲堀が分かれている。水面は茂みに隠れて見えない。
c0163001_21575094.jpg

新田堀の暗渠は整備され「四谷緑道」となっていて、とてもその下を水が流れているようには見えない。
c0163001_21575402.jpg

しかし緑道の終端でその先を見れば、道路を越えた先に新田堀の水路が姿を現す。さっそく左側に細い水路を分けている。
c0163001_21575880.jpg

 横断歩道の少ない野猿街道を大回りして東側に抜けると、見事な田園風景が広がっている。まずは先ほど分かれた分水路。緩やかに弧を描く流れは細いが、水面はすぐそばの水田と連続して広く感じる。
c0163001_21582548.jpg

 野猿街道を少し南下すれば新田堀本流だ。川幅は比較的広い。写真の地点では、右側から小学校前で分かれた囲堀の水の大半が勢いよく流れ込み、そのすぐ先で2本の支流を分けている。
c0163001_21583093.jpg

 そしてこちらは囲堀。水田の中を伸びる水の道の奥には屋敷林も見える。一面水と緑の広がる風景は清々しく、どこか遠くへ旅に出ているかのような錯覚に陥る。
c0163001_21583588.jpg


 すぐそばには中央高速道が通り、国立府中インターチェンジも間近にあるような一角に、このような風景が残っているとはなかなかに感慨深いものがある。
c0163001_21584107.jpg

木陰を滔々と、多摩川からの水が流れていく。吹く風は涼しく、いつまで眺めていても飽きない。
c0163001_21584698.jpg

 囲堀との合流地点で分かれた2つの水路を少し追ってみよう。ひとつは道端に沿って、最初はU字の大き目の側溝を、そしてやがて素掘りの溝を流れていく。道との境目が自然であいまいなのが好ましい。
c0163001_21585734.jpg

その水は小さな水田に注ぎ、住宅密集地に入る直前で暗渠となっている小野宮大堀に合流する。
c0163001_21590048.jpg

 もう一つの水路は屋敷林を抜け、水田の真ん中を緩やかに蛇行しながら流れていく。鮮やかな緑の中に点在する白はシラサギだ。狙っているのはザリガニか、もしくは用水経由で入り込んできた小魚か。
c0163001_21590685.jpg

 下流側から蛇行を望む。うっとりするような土揚敷のカーブ。豊かに流れる水。生命感に満ち溢れている。冬になると水路が干上がるのが信じられない光景だ。
c0163001_21591016.jpg

さて、新田堀の本流に戻ろう。先ほどの木陰の先、流路は中央高速道の下を潜って北側へと抜けていく。
c0163001_21591430.jpg

 高速を抜けた先はしばらく、高速の側道の歩道下を暗渠となって流れる。こちら側にも高速と住宅地に挟まれて、湖のような水田が広がっており、暗渠に設けられた口から田んぼに水が注ぎ込み、また何本か分流がその中を横切っていく。遠くに見えるのはNECの事業所だ。
c0163001_21592331.jpg

 新田堀本流も途中から暗渠を抜け出し、水田を横切っていく。水田エリアの東側は稲作から畑作に転換していて、とうもろこし畑が見られる。水田がなくなれば水路の役割も終わりだ。
c0163001_21593165.jpg

 NEC府中事業場の南側を抜ける道路に突き当たる地点で、新田堀は暗渠となり、道路の北側に沿って流れる本宿用水の暗渠に合流する。ここでも分水が分かれていて、道路南側に沿って側溝のように流れていく。かつては新田堀はここで本宿用水には合流せず、もう少し東へと流れたのちに新府中街道と中央高速の交差する分梅町4丁目で、府中用水新田川に合流していた。ここでの分流の流末は、その流路をなぞっている。
c0163001_21593671.jpg

 NECの前を流れる本宿用水の暗渠。雑草が伸び、やや荒涼としている。ところどころに設けられた柵を覗き込むと、中を水が勢いよく流れている。これらの水は府中用水の水系に注いている。
c0163001_21594017.jpg

 半ば都心に生まれ育った者としての宿命のように、失われた水の流れを追い続けてきているが、こうして今も水の流れる風景の中を歩くと、自分は多分暗渠よりも、小川のせせらぎが好きなのだろうとつくづく思う。暗渠にはどこか内省的な思考や想像力をもたらす効用があるし、見えない風景を幻出させるが、リアルに流れる、都心の川からは失われてしまった水の風景の輝きは直接的に心を洗い、清々しくさせる。

稲穂が頭を垂れ始め、用水路の送水が止まる直前にまた訪れてみよう。





[PR]
by tokyoriver | 2018-06-26 22:18 | 府中の用水と川 | Comments(2)
ブログでは3年ぶりの新規記事となります。リハビリがてら、昨日訪問したところを敢えて細かいことを記さずにtweet的にサッと載せてみました。

================

多磨霊園のそば、平坦な立川段丘の上にこぶのように盛り上がる浅間山。古の多摩川が削り残した残丘として知られているが、その周囲に、流末のない川の跡が残っている。

普段は涸れていたり、わずかばかりの湧水が流れる程度で、大雨の後には砂漠のワジのように水が流れる。しかしその流末は地面に吸い込まれ、他の川に繋がっていたりということはない。そんな川を武蔵野台地上では「野水」と呼んでいた。かつての仙川の上流部(下流までは繋がっていなかった)や、白子川の上流「シマッポ」などがその代表例だろう。

この浅間山周辺の野水は「野溝」と呼ばれていた。2つあった流れはいずれも現在では埋め立てられたり暗渠になっているが、、北側のものは奇跡的に最上流部が残っており、下流も変化に富んだ暗渠として辿ることができるので、追ってみよう。こちらは主に浅間山山麓に湧き出す水を集めていたらしい、そしてその流れは現・府中市紅葉丘2ー33付近の雑木林の中で自然に消えていたという。
c0163001_11310967.jpeg


府中市若松町5丁目、浅間山の南側を切り開いた明治大学のボールパークの南に沿って進む道沿いに怪しい歩道が現れる。

c0163001_11311635.jpg


道は浅いV字に窪んでおり、その一番低いところの南側の公園の下に、柵をされた半円の穴が空いている。

c0163001_11312455.jpg


穴は公園の地下を抜け、反対側に出ている。そこには細長く深い敷地がある。いかにも水路のようだが・・・

c0163001_11312489.jpg


公園の植栽をかき分け南側の畑地を眺めてみると、かなりの規模の窪地が続いていた。これが野溝だ。特にコンクリートの溝や改修水路が設けられているわけではなく、簡易な土どめがあるだけの窪みとなっている。おそらくかつての野水の様子をそのままにとどめている、奇跡的な風景だ。大雨が降ると、先ほどの穴からこの窪地に水が流れ込むという算段だろう。

c0163001_11312595.jpg

右手の丘の上は人見稲荷神社。伝承によれば鎌倉期より続く古い社だ。

c0163001_11411029.jpg

野水は南側の住宅地の脇まで続く。

c0163001_11312584.jpg

その先も道を横切って畑地の脇の窪地となるが、道の下をくぐる水路は側溝程度の幅。おそらく水は先ほどの場所で地面に吸い込まれるのだろう。



c0163001_11312654.jpg


残念ながら水路が残っているのはここまでだが、浅間山通りの東側に渡ると、今度は暗渠として辿ることができる。道端からは雑草が生い茂り、いかにも湿度が高そうだ。


c0163001_11314113.jpg

暗渠沿いをよく見ると玉石を積み上げた護岸が続いていたり、


c0163001_11314134.jpg

欄干跡のようなものも残っている。

c0163001_11314215.jpg

路面からは雨の後もなかなか水が引かないようだ。


c0163001_11315250.jpg


暗渠は府中第10小学校の前でいったん車道の歩道になるが、学校の敷地を左側に回り込むと再び暗渠の路地が始まる。

c0163001_11315285.jpg

路地は途中から下り坂の未舗装の路地になり。。。

c0163001_11315329.jpg

宅地のブロック塀に挟まれた隙間へとなる。通り抜けられそうにないので回り込む。

c0163001_11315371.jpg

回り込んだ先はこんな感じ。奥が前の写真の場所だ。

c0163001_11315328.jpg

下流方向を振り返る。畑との境界が曖昧になっている。これより先を直接辿ることはできないが、住宅地の隙間や、多磨寺の敷地境となっているようだ。

c0163001_11315489.jpg

多磨霊園のすぐ近くまで来ると、このような隙間空間が確認できる。

c0163001_11315404.jpg

そしてこの隙間空間は最終的に、多磨霊園の正面の通り沿いの石材店の勝手口として終わる。かつてはちょうどこの辺りで流れが地中に染み込まれて姿を消しており、それが今でも暗渠(水路跡)の終点となっているのが面白い。

c0163001_11315556.jpg

一説によればここで伏流水となった流れは、水量が多い時には調布飛行場の北側で姿を再び現し、野川へと流れていたという。今でも府中飛行場敷地北側に直線状に、周囲の雨水などを集める排水路がある。(下の地図右側参照)

c0163001_11305961.jpeg


浅間山の西側に発するもう一つの野溝についても、いずれ取り上げよう。



[PR]
by tokyoriver | 2018-06-17 21:11 | その他のエリア | Comments(5)
【11/7更新】
末尾に書店でのお買い上げ特典情報を追記しました。お近くの方はよろしくお願いします
-------------------------------------------------------------------------------------
 8月に「東京暗渠学」を上梓したばかりではありますが、11月10日に今度はちくま文庫より「はじめての暗渠散歩ー水のない水辺をあるく」を刊行します。こちらは高山英男さん、吉村生さん、三土たつおさんとの共著となります。

c0163001_21280564.jpg
 お話をいただいた当初は「東京「暗渠」散歩」の文庫化案もあったのですが、カラー写真が多く文庫に向かないとのことから、新たに文庫オリジナルの形で、サイト「みちくさ学会」に私がかつて連載していた記事、そして高山さんのコーディネートにより高山さん、吉村さん、三土さん、本田の4名で連載していたサイト「ミズベリング」の記事を核に刊行することとなりました。もちろんそれらの記事はいずれも大幅にアップデートされていますし、新たな書き下ろしの記事も多数収録されています。

 企画構成にあたっては、本著が
 (1)サイズの小さい文庫での刊行となること
 (2)全国に文庫新刊としてあまねく流通し、(支持をいただければ)文庫の棚に長く残ること
 (3)「東京暗渠学」と連続してのリリースになること(当初は9月刊行で2ヶ月連続となる予定でした)

となることから、以下を念頭に置きながら、執筆者4名の間で記事テーマの取捨選択や分担を行い、執筆しました。
 (1)入門者向けのコンテンツを多くする
 (2)図版や写真に頼りすぎず、文章そのもので読ませる記事を中心とする
 (3)土地鑑があまりなくとも読めるよう、土地の固有名詞よりも切り口で読ませる工夫をする
 (4)エリアを扱う記事については、なるべく日本各地に広がりを持たせる
 (5)「東京暗渠学」とはコンセプトや内容がなるべく重複しないようにする

結果、4名の筆者がそれぞれの持ち味を生かし、腕をふるって書き上げた23本の記事からなる本著は、自信を持って人にお薦めできる仕上がりとなりました。また、さくらいようへいさんの手による表紙イラストも、従来の散歩本とは一味違うテイストになっています。さらに、帯文には泉麻人さんのコメントをいただきました。

 私の担当記事は次の8本です。

「暗渠散歩へのいざない」
「蛇行する暗渠」
「排水管の継手と暗渠」
「夜の暗渠歩き」
「暗渠に架かる橋ー大正13年に架けられた四つの橋跡を巡る」
「生きている暗渠ー水路橋や水門へと続く、かつての上水路をたどる」
「玉の井 永井荷風と滝田ゆうー綺譚と奇譚を結ぶ、あるドブ川」
「新宿の秘境・玉川上水余水吐跡の暗渠をたどる」

他のメンバーが書いた記事については、ぜひ本をお手にとって確かめていただければと思います。「東京暗渠学」が対象を東京に限定し、敢えてソリッドで密度を濃くした文体で、東京の暗渠を体系的に捉えることに重きを置いていたのに対し、本著では景観や事物起点の切り口で、文体も軽めだったり叙情的なものを多く掲載しました。「東京暗渠学」の文章とはまた違った印象を持っていただけるのではないかと思います。

 ちくま文庫はいわゆるサブカルチャー系に強いという特徴があり、路上観察、トマソン、飲み歩き、赤線・遊郭、ガロ系といったテーマの本が創刊時より数多く刊行されています。今回それらのラインアップの一冊として加わらせていただくことができ、ちくま文庫創刊時より愛読し、ちくま文庫手帳を四半世紀愛用してる身として感慨深い限りです。
 暗渠になんとなく興味を持った方から、暗渠ならよく知ってるよという方まで、幅広くお楽しみいただけると思いますので、宜しくお願いします。

ちくま文庫「はじめての暗渠散歩ー水のない水辺をあるく」
11月10日発売
税込821円 256ページ 筑摩書房

----------------------------------------------------------------------
【書店でのお買い上げ特典】

あゆみBOOKS瑞江店:お買い上げの方に著者特製しおり配布
東京都江戸川区瑞江 2-5-1

文禄堂荻窪店:お買い上げの方に著者特製しおり配布
東京都杉並区荻窪 5-30-6

SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS):お買い上げの方に著者特製しおり配布
東京都渋谷区神山町17-3

文禄堂高円寺店:お買い上げの方対象に著者トークショー(11/10 19:00〜20:00 予約不要)
東京都杉並区高円寺北 2-6-1

往来堂書店:お買い上げの方に藍染川下りさんぽ会(11/26 午後)参加券(先着10名様)
東京都文京区千駄木2-47-11






[PR]
by tokyoriver | 2017-11-01 00:00 | お知らせ | Comments(0)
 長らく更新が滞っておりました。その間に単行本の準備を進めておりました。このたび「東京暗渠学 TOKYO ANKYOLOGY」と題して、8月10日に洋泉社より上梓することとなりましたのでお知らせさせてください。
 2012年11月に同じく洋泉社から刊行された「地形を楽しむ東京「暗渠」散歩」は共著でしたが、今回は単著です。目一杯詰め込んだ結果、ページ数が足りなくなり、まえがきもあとがきも省略してしまいましたので、ここに補足としてまずは、まえがき的なものを記します。おって補足の記事や、「あとがき」的なものも随時こちらに記していこうと思っておりますのでよろしくお願いします。

c0163001_17283158.jpg

【本書のねらいと構成について】

 本書では、東京の失われた川ー暗渠について、空間・時間・景観の3つの軸から体系的にその姿をひもとくことを試みています。序章ではまず景観としての暗渠を定義し、第1章では目に見えない複合的なレイヤーとして広がる東京の暗渠空間を、第2章では東京の川が失われていった過程を、そして第3章では再び景観に立ち戻り、暗渠に潜む東京の空間と時間の記憶を論じました。

 それぞれの章では、冒頭の節で概論を記しています。これらについては、2011年以来、筆者がいくつかの講座やイベントでプレゼンを行なってきたスライド「東京暗渠概論」をベースとし、書き下しています。そして、以降の節では概論でのトピックに対応するように、各論として、都内各地の暗渠を具体的にとりあげています。これらの過半は、ブログやウェブメディア、雑誌に発表したものをベースにしてはいますが、いずれも直近の取材に基づいて大幅に手を加えております。また、3分の1ほどは、新たに書き下ろしたものとなっています。

【「東京「暗渠」散歩」との関連性について】

 本の帯には「「東京「暗渠」散歩」第2弾」とありますが、実際には冒頭に記したように共著と単著の違いもあり、本著はあらためて独立した著作として記しています。「東京「暗渠」散歩」をお読みでない方も、安心して読んでいただければと思います。
 しかしながら一方で、各論でとりあげた暗渠については東京「暗渠」散歩」と原則的には重複しないように選んでいます。(「三田用水」と「和泉川(神田川支流)」については重複していますが「東京「暗渠」散歩」では他の方が執筆した記事となっており、また、そちらとは切り口を変えています。)
 したがって、本書は個々の暗渠のガイドという側面では、「東京「暗渠」散歩」の続編的なものとしても、お楽しみいただくことができるようになっています。また、東京「暗渠」散歩は水系別に章立てされており、散歩ガイド的なスタイルとなっていましたが、こちらは軸(切り口)別の章立てで、より読み物的な文章となっていますのでその違いもあわせてお楽しみいただければと思います。

ページ数は東京暗渠散歩より16ページ増えて256ページ、お値段はそのまま税抜2400円となっております。文字が多くデザインなどもやや地味な仕上がりとなっていますが、価格に見合うだけの内容を詰め込めたと思っておりますので、ぜひお手にとっていただければと思います。宜しくお願いします。なお、Amazonでの発売日は1日早い9日となっており、予約も受付中です。

東京暗渠学 TOKYO ANKYOLOGY
2017/8/10 洋泉社刊
256ページ 2400円+消費税


【もくじ】

#序章
## 暗渠とはなにか ―景観から空間へ
## 暗渠図鑑
## 東京暗渠地図

#1章
##1 東京の暗渠空間 ー多層的なレイヤーとネットワークの広がり
##2 新川と大泉堀(白子川上流部) ー浮かびあがる微地形と地下水脈 【西東京市】
##3 鮫川〜桜川 ー暗渠が結ぶ意外な場所のつながり 【新宿区】
##4 前谷津川 ー台地に刻まれた深い谷 【板橋区】
##5 三田用水とそこからの分水路 ー動脈と静脈のネットワーク【目黒区・渋谷区】
##6 仙川のあげ堀 ー川の両岸に残る双子の暗渠 【調布市・世田谷区】
##7 石神井用水 ー根と枝葉のネットワーク 【板橋区・北区・荒川区】

#2章
##1 東京の暗渠史ー水のネットワークの形成と消滅
##2 神田堀(竜閑川)・浜町川と神田大下水(藍染川)ー堀割の開削と埋立て 【千代田区・中央区】
##3 指ヶ谷と鶏声ヶ窪の川(東大下水)ー戦前に暗渠化された川 【文京区】
##4 谷沢川ー耕地整理と暗渠 【世田谷区】
##5 立会川とその支流ー36答申で暗渠化された川 【目黒区・品川区】
##6 小沢川ー小さな川の暗渠化 【杉並区】
##7 古戸越川ー消滅していく暗渠 【品川区】

#3章
##1 暗渠に残る川の記憶ー失われた空間と時間への手がかり
##2 和泉川(神田川支流)ー今なお架かる数々の橋 【新宿区・渋谷区・杉並区】
##3 仙川を渡る3つの用水ー谷に抗う掛樋の遺構 【小金井市・武蔵野市】
##4 狛江暗渠ラビリンスー絡み合う無数の水路 【狛江市】
##5 練馬の谷戸の暗渠群ー旧地名が呼び起こす水の記憶 【練馬区】
##6 石神井川の源流を探してー旧石器時代から続く人と水のかかわり【小平市】
##7 白子川於玉ケ池支流と幻の兎月園ー夢と挫折を秘めた暗渠 【練馬区】
##8 麻布十番・六本木界隈の暗渠ー失われた水・今も残る水 【港区】
##9 明治神宮「清正の井」から流れ出す川と暗渠ー都心に残る原風景 【渋谷区】

#おわりに
## 暗渠へのまなざし
## 参考文献
c0163001_17382245.jpg

c0163001_17384418.jpg

c0163001_17400079.jpg








[PR]
by tokyoriver | 2017-08-05 20:30 | お知らせ | Comments(0)
2015年10月3日に発売の月刊誌「東京人」11月号は、「東京「地理」散歩」と題した、東京の地理にスポットをあてた特集となっています。錚々たる執筆陣に混ざって、私も実践編として暗渠探索記事を書かせていただきました。題材は、西東京市を流れていた白子川の幻の源流「シマッポ」こと新川、大泉堀の暗渠と、その水源の地下水堆、地下水瀑布線についてです。

新川、大泉堀については、それらの支流も含めて5年前にこちらの「東京の水」にて全7回の記事にしていますが(記事はこちら)、今回は、地理特集ということで地理的側面に特に焦点をあて、ブログの記事化後新たに入手した情報・資料に基づく考察や、ブログでは紹介しなかったスポットなどを追加し、6ページの記事にまとめています。カシミール3Dを利用した、綺麗な段彩図、吉村信吉の論文からの図版も掲載することが出来、充実した記事に仕上がったかと思います。

東京人は創刊30年ほどとなる、老舗の地域雑誌で、近所の図書館においてあったことから初期の頃から読んでいました。そんな中高時代からの愛読誌に寄稿するのは何だか感慨深いといえば感慨深いです。
c0163001_23113860.jpg

ちなみにこちらは、本文中で引用・紹介した吉村信吉の著書「地下水」(1942年、河出書房刊)です。この本を記した時、吉村は35歳。気鋭の湖沼学者でした。本文には専門的な記述に混じって随所に詩的な表現や、和歌の引用などがあり、独特のムードを漂わせています。そして目に見えない地下水を求めて武蔵野台地の井戸調査を遂行していくその姿は、暗渠を追うものにとってどこか親近感を抱かせる面があるように思えます。
c0163001_2312486.jpg


現在都内を中心に書店店頭に並んでいるかと思います。ぜひ御覧ください。

東京人 2015年 11 月号 (amazon)
[PR]
by tokyoriver | 2015-10-06 23:16 | お知らせ | Comments(0)
サイト"MIZBERING"に、3回目の記事を寄稿しましたのでお知らせします。

水のない水辺から・・・「暗渠」の愉しみ方 第10回 台地の上の、水のない水辺 三田用水跡をたどる
c0163001_22441839.jpg



 長大な三田用水を1回の記事で紹介したため、端折ったポイントも多いですが、前2回の神田川支流(和泉川)渋谷川水系と異なり今までブログ記事としてまとめたことはなかったので、ぜひお読みいただけたらと思います。

 記事中にも記しましたが、三田用水の流路の大部分は、現在そのものの「跡」としては残っていません。たまに目黒区と渋谷区の区境の道などが三田用水の跡として紹介されているのを見かけますが、実際にはそれらの道ではなく、道沿いの家々が立ち並んでいるところが三田用水の水路跡となります。
 通常の場合だと、暗渠は水路と同様公有地となるので、道路や緑道、あるいは未利用の土地として流路を留めることが多いのですが、三田用水がこうなってしまったのには、用水の権利をめぐる、水利組合と東京都の争いが背景にあります。
 長年にわたる裁判の結果、最終的に水利権は東京都に、一方で水路敷は水利組合の所有となりました。これにより、水利組合の清算業務に伴って1984年の組合解散時にはすべての水路が民間の土地となりました。

スペースの都合上本文には掲載しなかった、水路敷のかすかな痕跡の写真をいくつか。
下の写真では、屋根付きの駐車場の部分が三田用水の水路敷だったスペースです。用水は手前から奥に向かって流れていました。駐車場左端の境界石が三田用水の痕跡です。
c0163001_224526.jpg

近づいてみると「水用」つまり、用水の文字が刻まれているのが見えます。その下は何と書いてあるのか、よく読み取れません。
c0163001_22451167.jpg

こちらは道路のクランクが、用水の痕跡です。手前では道の右側、駐車場の前のスペースとなってるところを三田用水が流れていて、クランクのところで橋の下をくぐり道路左側へ移って流れていました。
c0163001_22452657.jpg

こちらは道路ではなく、左側の平屋建ての家や、その奥の細長い2階建ての建屋の敷地がかつての水路敷です。路上に埋まる境界石もおそらく三田用水に関連するものです。
c0163001_22453625.jpg

今里橋の先、唯一暗渠らしい雰囲気の残る区間に、小さな橋と欄干のような遺構が残されています。
c0163001_22454697.jpg

他にも、現地をじっくり見ていくと、かすかな痕跡が残っています。これらは写真で見ても面白く無いものばかりなので、興味を持たれた方はぜひたどってみてください。
[PR]
by tokyoriver | 2015-09-25 22:54 | お知らせ | Comments(0)
 集英社刊行の総合季刊誌「kotoba」2015年秋号に、「地図から始める暗渠散歩」という6ページほどの記事を書かせていただきました。本号では、「地図を旅する。小地図からGoogleマップまで」と題し、140ページ、28本の記事を擁する充実した特集が組まれています。その中の記事の1本となります。
 ここ数年、各所でお話させていただいた「暗渠概論」をベースに、読者層にあわせてより初心者向けに自分の体験に引き寄せた切り口で、暗渠の愉しみ方について書いております。また、暗渠概論では、暗渠の3つの要素について詳しく触れてきましたが。今回は特集にあわせ、空間=地図の話をメインにおき、歴史や景観といった他の要素にはほとんどふれないかたちとしました。暗渠散歩のきっかけとなるような記事が書けたのではないかと思います。編集者のご尽力により、小さいながら出来の良い暗渠地図も載せていただきました。
 私の記事もさることながら、錚々たる執筆陣が様々な角度から地図について語られており、非常に読み応えのある特集となっています。よろしければぜひ御覧ください。
c0163001_23121880.jpg
なぜか表紙に名前をのせてもらえました。
c0163001_23123043.jpg
豪華執筆陣。

kotoba(ことば) 2015年秋号(amazon)

9月5日より、書店店頭やオンラインストアにて発売中です。
よろしくおねがいします。
[PR]
by tokyoriver | 2015-09-16 23:16 | お知らせ | Comments(2)

戸越銀座最深部の暗渠へ

山手線五反田駅から3両編成の東急池上線で3駅、戸越銀座駅で降り立つと、線路を踏切で横切って賑やかな商店街が東西に伸びている。「戸越銀座商店街」だ。全長1.3kmに及ぶ商店街は、近年特にメディア等でとりあげられることが多く、近隣以外からも人を集めている。
c0163001_23155059.jpg

商店街の通りができたのは昭和2年。現在商店街になっているところは浅い谷筋となっていて、かつては水はけの悪い低湿地で、水田などに利用されていた。宅地化されたのは関東大震災で都心から人々が移住してきたことがきっかけだ。関東大震災以前と以後で1万分の一地形図を見比べてみると、以前は中原街道以外は人家は街道沿いや台地の上に点在するだけで、谷底に沿って水田や池、川が見られるのに対し、以後は一気に市街化したことがわかる。
(地形図は東京時層地図より引用)
c0163001_7583845.jpg

底の水田は整地され中央には東西に伸びるまっすぐな道がつくられたが、この際に水捌けをよくするために、銀座から運ばれた煉瓦が舗装に使われた。北品川にあった品川白煉瓦製造所の仲介で譲り受けられた敷石用煉瓦で、銀座の道路の舗装に使われていたが、震災を契機とした敷き替えで不要になったものだという。そして、この煉瓦を由来に通りは「戸越銀座通り」と名付けられた。全国各地にある「○○銀座」地名の始まりである。

段彩図で地形をみてみると、今でも西から東に向かって徐々に深くはっきりしていく、目黒台に刻まれた谷戸の地形がはっきりと確認できる。山の手の他の谷戸と同様、かつて、この谷筋も川が流れていた。図で青いラインが今はなくなってしまった川、そして赤いラインは今はなくなってしまった用水路である。川の水源は中原街道を越えた西側の窪地だったようだ。台地の上には戸越銀座の谷を挟むように品川用水が通っており、そこからの漏水も加わっていたのだろう。段彩図には便宜的に一本のラインで表したが、実際には川は戸越の谷戸の両縁に沿って2〜3筋に分かれ、水田を潤しながら流れていた。そして、戸越銀座通りが作られた際に、一本にまとめられ、通りの下を暗渠で流れるように改修された。
現在は通りの直下に、「下水道戸越幹線」と呼ばれる2m四方ほどのコンクリートの暗渠が埋まっている。このように水路の改修と暗渠化、道路整備が同時に行われたため、戸越銀座の谷を流れていた川の痕跡はほとんど残っていない。
c0163001_7592669.jpg

さて、ほぼ一直線に近いこの谷だが、東急池上線戸越銀座駅付近で、十手の先のように北側にL字型に折れ曲がった枝谷が分かれている(段彩図でピンクの丸で囲ったところ)。そして、この谷筋に流れていた小川の痕跡は今でも暗渠として残っている。短い区間ではあるが風情のあるこの暗渠をたどってみよう。

ーーーーーーーー
戸越銀座駅の改札口を出て、五反田方面ホームの裏手の住宅地に入ると、家々の植栽に挟まれて、少し高くなったか細い路地がひそんでいる。これがかつての小川の跡だ。意識しないと見過ごしてしまいそうな、しかし一度気がつけば、暗渠者なら辿らずにいられなくなるような、暗渠路地である。
c0163001_23163246.jpg

奥へと入っていくと、家々の隙間をすり抜けるように、細いコンクリート敷の暗渠が続いている。下水道台帳を確認すると、足もとには幅60〜70cm、深さ1mほどの矩形の暗渠が下水道になって埋まっているようだ。
c0163001_23164195.jpg

しばらく進むと、路上にはマンホールが間隔を開けず次々に連なっていく。
c0163001_23165734.jpg

いずれも東京都(の下水道)の紋章がついたマンホールだが、中には、紋章の位置が中心からずれているものもあった。なぜだろう。
c0163001_23171422.jpg

道の両側には暗渠の入り口から途切れることなく、コンクリートの縁石が続いている。もともと水路にあった護岸の名残なのか、暗渠化したときに合わせてつくったのか。いずれにせよ路地の暗渠感を高めるのに一役買っている。
c0163001_23172242.jpg

やがて縁石はなくなり路地はさらに細くなっていく。路上はコンクリートの上からセメントを塗ったような、まばらな色合い。左側には擁壁が迫り、排水管の継手が何本か突き出して暗渠に接続されている。
c0163001_23173127.jpg

左のカーブを抜けると、急に視界が開ける。かつての2つの水路の合流地点なのか、右側へと細い路地が分かれている。今辿ってきた暗渠はコンクリートの路面はその幅のまま、道幅は右側のアスファルトの分だけ広くなる。
c0163001_23174011.jpg

振り返って見ると、暗渠のコンクリート敷が路地の幅のままにカーブを描き、一種の美しさを醸し出している。
c0163001_23175082.jpg

コンクリート暗渠は道がクランク状に折れ曲がる地点まで続いて唐突に終わる。
c0163001_23182586.jpg

暗渠が尽きた地点から、下流側を望む。かつてはちょうどこの辺りに小さな池があったようだ。湧水や雨水を集めたため池だったのだろうか。ため池を流れ出たこの小川は、谷底の水田を潤していたはずだ。今、小川は下水となって、谷底の排水や雨水を集める。
c0163001_2319017.jpg

暗渠のなくなったやや上り坂のクランクを抜けると、そこは中原街道の新道だ。東に少し進んで、暗渠の道とは別の谷底に降りる道を駅方向に戻ると、さきほど分れた方の暗渠の"上流端"に出る。路上はうっすらと苔むしており、大谷石の擁壁も湿気を孕んで緑がかっている。50mほどの細い路地を抜けると先ほどの"合流地点"となる。
c0163001_23192876.jpg


ここまで辿ってきた暗渠は小さな谷戸の西側の縁に沿って流れているのだが、谷戸の東側にもかつて平行して水路があったようだ。そちらの痕跡もあまり暗渠らしさはないものの、路地として残っている。こちらもマンホールが点在していて、東京都の紋章が入った大きなものもいくつかあるが、なぜか下水道台帳にはこの路地には下水道は通っていないことになっている。どのような扱いになっているのだろうか。
c0163001_23194727.jpg

再び、戸越銀座駅。戸越銀座の発足と同じ年に開業したこの駅の開業は昭和2年と地下鉄の銀座駅より数年早い。そして、補修されてはいるものの、ホームは開業当時のままだという。いま辿ってきた川は、駅付近のどこかで戸越の谷の本流に合流していたはずだ。本流は駅ができた時にはすでに暗渠化されていたはずだが、今辿ってきた支流はどうだったのだろうか。90年前、できたばかりのホームに立ち電車を待つ人たちには、小川の水面は見えていたのだろうか。もっとも、地図を見る限り川沿いはすでに宅地化されているから、いずれにせよ小川はその役割をすでに終え、ドブになってしまっていたのかもしれない。ホームで電車を待ちながら、ふと何となくそんなことが気になった。
c0163001_2316245.jpg

[PR]
by tokyoriver | 2015-06-26 22:51 | 目黒川とその支流 | Comments(6)