人気ブログランキング |

東京都内の中小河川や用水路、それらの暗渠、ひっそりと残る湧水や池をつれづれと辿り、東京の原風景の痕跡に想いをよせる。1997年開設の「東京の水」、2005年開設の「東京の水2005Revisited」に続く3度目の正直?


by tokyoriver

タグ:貫井川 ( 3 ) タグの人気記事

貫井川を辿るシリーズの最後は、貫井弁財天のところで北東に分かれる分流と、その分流に注ぐ支流の川跡をとりあげる。下は今回のエリアを拡大した段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。貫井川最下流部流域は石神井川の低地に沿った水田地帯となっていて、分流と本流の間にも何本か水路があったようだ(図水色のライン)。貫井川の分流は水田地帯だった低地の外縁部に沿うように流れていた。そしてそこに合流する、細く、はっきりとした谷戸を流れる支流があった。この谷戸の東側の台地に名付けられていた小字名「向山ヶ谷戸(こやまがやと)」から、この支流を向山ヶ谷戸支流(仮称)と呼んでおこう。
c0163001_23261563.jpg


ではまずは貫井川分流から。
==============

前回の記事でもとりあげた貫井弁財天の敷地。赤い鳥居は後から移設されてきた御嶽神社の祠で、その右側に見える塗装のない鳥居が貫井弁財天だ。写真手前から左奥に横切る道路沿いが貫井川本流で、車止めを通って右へのびる道が分流だ。路上には暗渠サインの水色ペイントがある。この地点にはかつて「聖橋」が架かっていたという。
c0163001_23262062.jpg

分流は弁財天の東側を抜け北東へ向かう。この先は目白通りの旧道につきあたって行き止まりとなる。道路とは2mほどの段差があり、かつては「貫東橋」が架かっていたという。
c0163001_23262553.jpg

「貫東橋」跡の北側にまわると、再び川跡の道が現れる。
c0163001_23263087.jpg

しばらくは、蛇行以外は川跡の痕跡のない道が続くが、石神井川に近い地点にはこのような暗渠区間も残っている。現在でも水路敷扱いのこのあたりにはかつて水車があったという。
c0163001_23263684.jpg

川跡はカーブして東へと向きを変え、台地の縁を進んでいく。右岸のコンクリート壁の上は畑となっている。
c0163001_23264929.jpg

半円状にカーブを描く区間の出口。かすれているが水路敷のペイントが残る。
c0163001_23265740.jpg

この先は石神井川に並行した直線の暗渠が遊歩道となっている。私が今回使った1万分の1地形図(1989年刊)では、先のカーブからこの直線区間にかけてはまだ開渠として描かれている。この直線区間は大正末期の耕地整理の際に石神井川の改修とあわせつくられた水路と思われる。
c0163001_2327331.jpg

唐突に現れたパンダ2頭。手前の鳥は何ものだろう?
c0163001_2327847.jpg

川は200メートルほど続く直線区間の後、直角に曲がり石神井川に注いでいた。かつての合流口のあたりには痕跡は何もないが、やや下流の橋の下に雨水管が口を開けている。
c0163001_23271237.jpg

=========
「貫井川向山ヶ谷戸支流」

さて、続いては「向山ヶ谷戸支流」をとりあげよう。猫またぎさんが以前記事にされていた暗渠だ。全長700mほど。こちらでは下流から上流へと遡ってみる。緑色の車止めから、遊歩道となった暗渠が始まる。
c0163001_23271676.jpg

一応遊歩道風にはなっているが、路上は苔むし、道端には雑草が生えていてなかなかいい感じ。秋の日はつるべ落としで、写真は夕刻5時頃のものだが既に夜のようだ。
c0163001_23272111.jpg

緑も多く、谷底独特の湿度が夕闇で増感される。猫が暗渠を横切っていく。
c0163001_23272425.jpg

横切った猫は別の路地を覗きこんでいた。
c0163001_2327285.jpg

谷を横切る道は両側とも坂や階段になっていた。その一つ。暗渠は手前を右から左に向っている。
c0163001_23273318.jpg

更に上流へと進んでいく。右岸(左側)はコンクリート擁壁だが、左岸(右側)にはちょっとした土手も残っていた。上流部は谷が細く谷底の平地がわずかだったためか、水田に利用されることもなく、木々が茂る森となっていたようだ。
c0163001_23273867.jpg

擁壁から突き出した排水管。
c0163001_23284929.jpg

暗渠は目白通りに突き当たり階段となって終る。谷戸自体もここが谷頭となっていて、古地図にはこのあたりに小さな池が描かれているものもある。
c0163001_23285976.jpg

階段の脇の擁壁からは水抜きの穴から水が滲み出していた。
c0163001_23291035.jpg

階段を登って目白通りから暗渠を振り返る。階段の反対側、目白通りの南側には特に目立った谷地形も川の痕跡もないが、戦前「練馬製氷所」があったようだ。地下水をくみ上げていたのだろうか。
c0163001_23292075.jpg


以上で貫井川のシリーズは終わり。練馬区内は他にも豊島台を刻んで石神井川に注ぐ谷筋の暗渠/川跡が沢山あり、どれもおもしろそうだ。大部分は猫またぎさんが記事にされているが、こちらでも折をみてまたとりあげたい。
by tokyoriver | 2010-12-13 23:52 | 石神井川とその支流 | Comments(4)
貫井川の記事に入る前に、以前の記事にひとつ追記を。
今回記事を書くにあたって、都の湧水台帳をみていたところ、90年代前半のリストに「豊島弁財天」が記されていました。「練馬駅北側の2つの暗渠(2)石神井川豊島弁財天支流(仮称)」でとりあげた、暗渠が突然行き止まりで終わる地点にある弁財天です。湧水量の記載はなく、弁財天の敷地内にあったのか、行き止まりの崖下に湧いていたのかも不明ですが、あの場所には源流の水源が確かにあったということになります。「豊島弁財天」自体、由来のはっきりしない謎めいた存在なのですが、そこにまたひとつ謎が増えました。いったい湧水はどのような姿をしていたのでしょう・・・
======
さて、貫井川の2回目は西武池袋線以北から石神井川へ合流するまでの区間をとりあげる。下は下流部を拡大した段彩図(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)。貫井川は上流部が浅い谷だったのに対し、下流部は深く大きな谷筋を流れていたことがわかる。このU字型の谷は「蕪ケ谷戸(かぶらがやと)」 と呼ばれていた。その形が蕪のようであることから名付けられたという。谷戸は石神井川に面した出口よりも奥の方がやや広く、袋状になっている。この谷戸の真ん中にはかつて貫井池があった。
c0163001_23301211.jpg


===
西武池袋線の高架を越えると、再び暗渠が現れ、団地の脇を抜けて北~東北東へと向かっていく。所々では、練馬区名物「水路敷」のペイントが見られる。
c0163001_23302839.jpg

この先しばらく進むと、暗渠のカーブを最近開通した環八通りが横切っていて、環八の北西側に、三日月状に川跡のカーブが取り残されている。幸いにも環八の下敷きとなった区間以外には影響はなく、その先には再び車止めの設けられた暗渠が続いている。暗渠は大きくカーブを描き、東から南東へと向きを変えて、「蕪ケ谷戸」の谷底へと下っていく。
===
かつての護岸の痕跡のようなコンクリート壁が、アスファルトの舗装に埋もれかけていた。
c0163001_23303298.jpg

暗渠沿いの土地とは段差があるところが多い。ところどころ、暗渠に降りる階段が設けられていた。
c0163001_23303684.jpg

このように、車道の歩道になっている区間もあった。歩道の色をわざと変え、申し訳程度に車止めも設置してある。
c0163001_23304232.jpg

この場所は最近まで川が流れていたような雰囲気だ。
c0163001_23304763.jpg

かつて本貫井橋が架かっていたあたり。湿度が高く、だいぶ谷底まで下ってきたような気配となる。水を流す溝がつくられているのは水が集まりやすいからだろうか。
c0163001_23305042.jpg

暗渠部に段差がついている。コンクリートの古び方はかつての護岸の痕跡のようにも思えるが、幅が細いのでそうではないのかもしれない。
c0163001_23305382.jpg

かつて貫井橋があった地点。暗渠はここで向きを変え、東へと向かっている。また、ここでは南西から来る支流が合流していた(段彩図で左下から中央)。こちらも暗渠(川跡)として痕跡が残っている。
c0163001_23305945.jpg

支流の方をさかのぼってみる。しばらく歩道や道路の区間が続くが、やがて遊歩道風に舗装された暗渠が現れる。
c0163001_2331567.jpg

マンホール蓋が短い間隔で並ぶ。
c0163001_2331107.jpg

暗渠は西武池袋線の北側で終わっている。
c0163001_23311413.jpg

現在はこれより上流部の痕跡はないようだが、かつては線路の南側まで繋がっていて、途中富士見台1ー13の都営住宅付近にあった池を挟み、千川上水まで繋がっていたという。練馬区の資料によると、公式な分水ではなく、表向きは水量調節用の悪水路扱いだったようで、地元では「ほりっこ」と呼ばれていたという。
===
さて、貫井川本流に戻って下っていこう。幅広の遊歩道となった暗渠を東へ進んでいくと、貫井中学校の南側に出る。ここでは暗渠は二つの道に挟まれた帯状の遊歩道と緑地帯になっている。
c0163001_23311880.jpg

このあたりで「蕪ヶ谷戸」の谷底が最も広くなっている。中学校の敷地以北の一帯、谷戸を望む斜面からは、旧石器・縄文・弥生・奈良・平安・近世の各時代にわたる遺構や遺物が出土しているという。水の利がよく、古くから人が暮らしていたのだろう。
そして、右側のマンションの建っている一帯には、かつて「貫井池」「貫井の池」と呼ばれる湧水池があった。この池を潤していた湧水が、貫井の地名の由来となっているという。伝承としては、かつて一帯が水不足で苦しんでいたとき、弘法大師が訪れ、持っていた杖で地面を突くと、そこから泉が湧き出した、という日本各地によくありそうな由来譚が残っている。地面を貫いて湧き出した井で貫井というわけだ。一方で「ぬくい(貫井、温井)」は、地面から湧水が湧き出している地点を指すという地名だと言われている。同じ「貫井」では小金井市貫井が、湧水に恵まれた土地として有名で、貫井神社の湧水は現在でも野川の水源のひとつとなっている。

貫井池は大正末まであったというが、明治末の地図ではすでに湿地として描かれている。その後湧水は枯れ、池の跡地は水田や荒れ地、資材置き場といった変遷を辿り、70年代の一時期にはプールなどのレジャー施設もつくられていたらしい。現在はマンションが立ち並び、池を忍ぶ痕跡はまったくない。ただ一つ、かつて池の傍ら祀られていた水天宮が、後に紹介する円光院のわきに移設され現存しているという。

暗渠が北へと向きを変える地点では南側から短い暗渠が合流してきている。流路はかつての池の東縁にあたり、谷が西武線の南まで食い込んでいる。この流路の傍らに湧水があったように描かれている資料もある。後で地図を見て気がついたのだが、暗渠の突き当りには小さな神社の祠があるようだ。湧水と関係する物件なのだろうか。
c0163001_23312252.jpg

ここから先は貫井川遊歩道として、かなり整備された姿となって北へと続いている。川沿いはかつては水田として利用されていたようだが、今は住宅地となっている。
c0163001_23312962.jpg

目白通りを越える辺りは谷戸のボトルネックとなっていて、通りを越えた先はもう石神井川の谷筋だ。暗渠沿いにちょっとした空き地があって、貫井弁財天と御嶽神社の祠が並んでいた。元禄年間の創設という。御嶽神社のほうはどこかから移設されてきたようだ。このあたりにもかつて湧水があったらしいが、詳細は定かでない。弁財天があるくらいだから池でもあったのだろうか。ここで東側に分流が分かれていく。こちらについては次回とりあげる。
c0163001_23313538.jpg

暗渠上の植え込みに混じって、1箇所、遊具のようなオブジェがあった。公園によくあるカバやサイとはずいぶん趣きが異なっている。
c0163001_2333744.jpg

暗渠は円光院という大きな寺院の脇を北上していく。
c0163001_23331955.jpg

円光院は正式には「南池山貫井寺円光院」といい、かつて寺の南に大きな池がことから「南池山」と号し、地名を取って「貫井寺」と称したという。大きな池は貫井池のことをさしているのか、あるいは貫井弁財天のところに池があったのだろうか。山門の脇には古そうな石仏が並んでいる。
c0163001_23333226.jpg

暗渠は円光院を過ぎると、車道と同じくらいの幅の歩道となる。このあたりは石神井川沿いの水田地帯で、東側に並行して2本ほど支流が流れていた。
c0163001_2333474.jpg

貫井川の川跡/暗渠は向山4丁目で石神井川に合流して終わりとなる。護岸に口を開けた暗渠が見える。貫井川下流の暗渠は下水道貫井幹線となっているのだが、円光院より北側の数百メートルの区間は下水は別ルートへ分かれ、暗渠は雨水路となっている。
c0163001_23335797.jpg

暗渠の合流口の下側は堰状になっていて、そこに空けられた穴から水が流れ出ている。練馬区の調査によると、この水は湧水だそうだ。暗渠の雨水路となっている区間のどこかで湧き出した水が、暗渠内を流れてここで石神井川に注いでいるという。貫井川はほとんどがもはや川跡としかいえないような姿だが、ここだけは暗渠の中に堆積した土とその上を流れる水も見え、川が生き残っているかのようだ。
c0163001_2334558.jpg


======
次回は、貫井弁財天で分かれた分流と、そこに注ぐ支流(仮に向山ケ谷戸支流とした)を取り上げる。後者は以前猫またぎさんが記事にしていたところだが、こちらでは逆向きに下流側からさかのぼっていってみる。
by tokyoriver | 2010-12-09 00:23 | 石神井川とその支流 | Comments(2)
貫井(ぬくい)川は、西武新宿線上井草駅の北方、練馬区下石神井5丁目近辺にその流れを発し、石神井川と千川上水の間を北東に流れて練馬区向山4丁目で石神井川に注いでいた、全長4kmほどの川で、現在は全区間が暗渠となっています。その名前は、下流部の地名「貫井」からとられていますが、その「貫井」の地名は貫井川下流にかつてあった大きな池「貫井の池」に由来します(語源など詳しくは次回に記します)。下流部は「蕪ヶ谷戸」と呼ばれた比較的大きな谷筋で湧水もあり、谷底は水田として利用されていたのに対し、上流部は谷筋は浅く、荒野や畑地を流れる悪水路(雨水や湧水の排水路)として扱われていて、川の呼び名もとくになかったようです。(段彩図は数値地図5mメッシュをgoogle earth「東京地形地図」からキャプチャ)
c0163001_2320491.jpg

川が暗渠となったのはおそらく1970年代後半から80年代末頃にかけてと比較的最近だったようですが(今回歩くのに使った、私の手許にある1万分の1地形図(1989年発行)には、下流部の一部区間は開渠として描かれています)、ほとんどの区間は完全に下水道化されていて、その流路も途中何ヶ所かで分断されており、暗渠というよりは川跡といったほうがよさそうです。

そんな貫井川を、今回から数回にわけ、いくつかある支流や分流もあわせて紹介していきます。まずは上流部分を辿ってみましょう。

+++++++++

西武新宿線上井草駅から北方へ歩くこと10分ほど。貫井川の痕跡が残る最上流端は、井草通りと新青梅街道の交差点の北東側にある。駐車場の脇に、一段窪んだ細長い空き地が残っている。1960年代の空中写真や1970年代半ばの住宅地図をみると、ここまで水路があったことがわかるが、現在では雑草が生い茂っていて川の痕跡を確認するのは難しい。道路との接点はゴミ集積所になっていて、冴えない上流端だ。ここより西側にも浅い窪地がしばらくのびており、戦前の三千分の1地形図には井草通りの西側の方まで水路が描かれている。ちなみに、この地点から北に1km行くと石神井池・三宝寺池、一方南に1kmほど行くと、妙正寺川上流部である井草川の源流地帯(現在は暗渠となり湧水も枯渇)となっている。
c0163001_23203669.jpg

水路はかつて、新青梅街道に突き当たった後に街道の南側を流れ、再び北側へと戻っていたようだが、現在ではその痕跡は全くない。再び川跡がはっきりするのは下石神井四丁目交差点よりやや東側、新青梅街道から北東へと離れて行くゆるやかな下り坂の道の歩道だ。
c0163001_23204197.jpg

しばらくは、まったく車の通らない道に不自然に幅の広い歩道、というかたちで北東に進んでいく。川の痕跡自体はまったくないが、路上のアスファルトにはあちこちに苔が生えていて、水の気配が濃厚だ。貫井川の上流部は地下水位が浅いという。川はおそらく、明確な湧水地点から流れ出していたというよりは、あちこちの地面から滲み出した水を何となくじわじわと集めて流れていたのだろう。以前とりあげた、白子川上流部の新川(シマッポ)などがまさにそのタイプだ。こちらは地表へ現れる水は枯れてしまったが、土の下にはまだ水がひそんでいるのかもしれない。

川跡は石神井小学校の近くで歩道から離れクランチ状に曲がり、急に川跡らしくなる。
c0163001_23204693.jpg

小学校の南側でいったん歩道になったのち、練馬区の暗渠サイン「水路敷」のペイントとともに暗渠らしい道が始まる。このあたりはかつての字名を「上久保」といったそうで、貫井川の谷に由来する地名だったのだろう。
c0163001_2320519.jpg

暗渠沿いに古そうなコンクリート擁壁が残っていた。護岸の痕跡だろうか。
c0163001_23205526.jpg

進んでいくと遭遇した猫と銭湯。暗渠の定番が2つそろった目出度い(?)風景。貫井川沿いではたくさんの飼い猫や野良猫に遭遇した。暗渠は銭湯のボイラー室の脇を抜けていく。
c0163001_23205963.jpg

貫井川の暗渠はくねくねと蛇行していて、辿っていて決して飽きることはないのだが、しかしなぜか、実際の距離以上に長く感じられる。
c0163001_2321570.jpg

旧早稲田通りを横切ると、川跡は大きく向きを変える。そこにはかつて、川に沿って「喜楽沼」があった。写真の住宅となっているところは、かつて喜楽沼の北端があったところで、土台から水が滲み出し、苔むしている。
c0163001_232194.jpg

苔は水を吸って生き生きしている。
c0163001_23211356.jpg

暗渠は南ヶ丘中学校に突き当たって南下する。右側の住宅地のところに喜楽沼があった。左側は南ヶ丘中学校で、かつては中学校の校庭となっているところを横切っていたが、学校の建設時に現在の水路敷のところに移されたようだ。
c0163001_23212343.jpg

「喜楽沼」は少し謎めいた存在だ。沼は下の地図のように、4つに分かれ、南北に細長い台形をしていた。ネット上をみると、もともと沼があって、そこが後に釣堀になったとする説が多い。しかし、ざっとみたところ区史や郷土資料などで「喜楽沼」の名をみかけることはなかった。そして、航空写真を時代別に追ってみてみると、1960年代半ばになるまでこの場所に池や沼らしきものは写っていないのだ。地図をみても、同じく1960年代半ばまで、池や沼を記したものはない。
おそらく、「喜楽沼」は1960年代後半に、釣堀として人工的につくられた沼だったのではないだろうか。貫井川上流部は、ちょうどこのあたりまでが地下水位の浅いエリアだという。したがってもともと湿地になっていたのかもしれないし、少し掘れば水が湧き出たのかもしれない。調べてみると、都内では1960年代後半に釣り堀ブームがあったらしい。「喜楽沼」は、その流れにのって作られた釣堀のひとつだったのではないか。ここで連想されるのが、さきほども触れた白子川上流部の新川(シマッポ)の暗渠沿いに一時期存在した「保谷フィッシングセンター」だ。こちらも1960年代後半から70年代にかけて存在していたらしいが、今はあとかたもなく消え去っている。
喜楽沼は1970年代半ばにまず北側が、ついで80年代に真ん中が埋め立てられ、順次宅地となった。最後に残った南側の池は90年代に入ってから埋め立てられた。かつてここに沼があったことを示しているのは旧早稲田通りにあるバス停「喜楽沼」くらいだ(かつての釣堀経営者だった「合名会社喜楽沼」は、現在でも不動産管理業者として残っているようだ)。
c0163001_23212880.jpg

貫井川の暗渠は南ヶ丘中学校の南側で再び向きを東に変え、環八通りと笹目通りの分岐点につきあたる。ここの環八通りは、2006年、最後の区間として開通したばかりだ。トンネルも地下にあり、暗渠は完全に分断されている。通りの東側に渡ると、川跡の道自体は無事に残っていた。右岸は古そうな苔むした大谷石の擁壁、左岸は草の生えた土手と、川が流れていたころの様子を髣髴させる。
c0163001_23213697.jpg

ここから先しばらく、川跡らしい道が続く。護岸から水が滲み出しているところがあった。
c0163001_23214320.jpg

路上のマンホールや雨水枡の柵。コンクリートの隙間から生える雑草。湿気に蝕まれたブロック塀。いかにも暗渠らしい雰囲気が漂っている。
c0163001_23214895.jpg

どこでもドア?
c0163001_2331254.jpg

やがて暗渠は道路沿いに出る。暗渠の上には等間隔に車止めが設けられて、歩道としては歩きにくそうだ。
c0163001_23314188.jpg

石神井東小学校の敷地に沿って、歩道となって北東へ進んでいく。
c0163001_2332442.jpg

暗渠沿いの道路が暗渠の右側から左側に筋を違える地点に、橋の痕跡が残っていた。路面の細長いコンクリートが、ここに確かに川が流れていたことを主張している。
c0163001_233229100.jpg

上流方向に振り返る。欄干の痕跡。
c0163001_23324840.jpg

橋跡のすぐさきで、川跡は西武池袋線の高架に突き当たる。暗渠の歩道の先、建物のあいだがすっぽりと抜けた怪しい空間になっている。
c0163001_23325830.jpg

近づいてみると、コンクリート蓋暗渠が残っていた。貫井川流域で唯一の蓋暗渠だ。脇の酒屋の荷物置き場と化していて中に入ることはできない。
c0163001_2333933.jpg

足下には欄干の痕跡と思しき構造物も残っていた。
c0163001_23332099.jpg


+++++++++
ここから先、西武池袋線より北側の区間以降は次回以降に紹介していきます。
by tokyoriver | 2010-11-29 23:45 | 石神井川とその支流 | Comments(14)